あこがれの夏 歌詞。 あこがれの夏の歌詞・楽曲情報

井上陽水 少年時代 歌詞

あこがれの夏 歌詞

インデックス• 1,816• 140• 105• 139• 102• 208• 128• 111• 1,793• 128• 351• 169• 103• 122• 112• 176• 102• 174• 103• 4 最近の公開• 最近のコメント• に eikashi より• に 夏樹 より• に eikashi より• に eikashi より• に 匿名 より• に はやし より• に 夏樹 より• に eikashi より• に 夏樹 より• に 匿名 より.

次の

井上陽水 少年時代 歌詞

あこがれの夏 歌詞

本日はディズニー映画『 アナと雪の女王(Frozen)』の挿入歌、「 In Summer(あこがれの夏)」の歌詞で英語の勉強をしてみたいと思います。 この歌、英語の表現は簡単なものばかりなのに、意味合いが全体的に抽象的なので、解釈は難しいという、ちょっと面倒な歌詞ですね。 ただボキャブラリーはそこそこ充実しているので、いろんな言葉は覚えられます。 まずは英語の歌詞と私の和訳をどうぞ。 冬も家にこもって抱き合ってる分にはいい季節だけど 夏よ来い、そしたら僕はゴキゲンな雪だるま! 人生、うまくいかないこともあるけれど そんなときは夏の太陽の下でくつろぐ夢を見て ガス抜きするのさ Oh, the sky will be blue And you guys will be there too When I finally do what frozen things do in summer! ああ、青い空 そしてそこには君たちもいて 僕はついに、凍ったからだで夏を満喫してるんだ 目次• whatever の後にくるセンテンスが snow does in summer になってますね。 ここがもし — snow can do in summer — snow would want to do in summer などみたいに助動詞が入っていると訳しやすいんですが、無いので、どう日本語に直すのが適切か一瞬、迷うところですね。 直訳すると 僕は、雪が夏にすること、みんなやっちゃうぞ といったところです。 「もう、やれることは、みんなやりたい」みたいな、気持ちを語っているところですね。 主節と従属節でぶっきらぼうに動詞を重ねることで、理屈を超えて「もうなんでもやりたい」という気持ちを強調しているんだと思います。 こういう言い回しは映画を見ているとよく出てきますので、見慣れておくといいですね。 例えば What will be, will be (成るように成るさ) とか You gotta do what you gotta do (やるべきことをやるんだ) みたいに。 ちなみにオラフは雪だるまですから、当然、夏に存在したことがないわけで、夏に憧れるのも無理ないことですよね。 しかし実際のところ、夏になったら雪はただ溶けてなくなるだけなんですね。 この歌、ずっと最後までこのノリです。 後に出てくる一節でこんなのもありますが find out what happens to solid water when it gets warm 暖かくなった時、氷にどんな変化が生じるのか、見届ける これなど、雪だるまが自分で言うセリフとしてはかなりおもしろいですね。 find out という言葉、本人は「見届ける」意味で言っていますが、実際には「身をもって体験する」ことになるわけですから。 つまり発信側と受け手側で find out の意味合いが微妙に違うというユーモアです。 The hot and the cold are both so intense … こちらも訳すのが難しい一行です。 暑さも寒さも強烈だから 一緒にしちゃえば、いい感じ! キーになるのが、intense と make sense の意味。 make sense(意味がある、道理に合う)というのは、平たく言うとそういうことですね。 When life gets rough, I like to hold on to my dream … 実用的な英語を学べるのがこの2行。 When life gets rough, I like to hold on to my dream Of relaxing in the summer sun, just letting off steam 人生、うまくいかないこともあるけれど そんなときは夏の太陽の下でくつろぐ夢を見て ストレス解消するんだ まず rough というのは、「ラフ」と読み、「デコボコした」ものとか「ザラザラした」ものを説明する形容詞です。 そこから、「粗い」とか「荒削り」などの意味でも使われます。 日本語で「下書き」だとか「大まかな段階の原稿」のことを「ラフ原稿」と言ったりする、その「ラフ(rough)」と同じです。 日常会話では「辛くて耐えられない」とか「気分が悪い」とか「体調が悪い」とか「危険」だとか「乱暴」だとか、ほとんど悪い意味で使われる言葉ですね。 まとめると、rough とはこういう意味の言葉です。 次に hold on to ですが、これもよく使われる言葉ですね。 「人生が辛くなったときは、何か楽しいことを夢見ながら気を紛らわす」みたいなことを言っているんですね。 映画のシーンでもオラフのからだから湯気が出てますよね。 日本語にも「ガス抜きする」って似たような表現があります。 ちなみに、かの let it go という言葉も同じ let が入っているし、意味も似ていますね。

次の

あこがれの夏 ピエール瀧 歌詞情報

あこがれの夏 歌詞

本日はディズニー映画『 アナと雪の女王(Frozen)』の挿入歌、「 In Summer(あこがれの夏)」の歌詞で英語の勉強をしてみたいと思います。 この歌、英語の表現は簡単なものばかりなのに、意味合いが全体的に抽象的なので、解釈は難しいという、ちょっと面倒な歌詞ですね。 ただボキャブラリーはそこそこ充実しているので、いろんな言葉は覚えられます。 まずは英語の歌詞と私の和訳をどうぞ。 冬も家にこもって抱き合ってる分にはいい季節だけど 夏よ来い、そしたら僕はゴキゲンな雪だるま! 人生、うまくいかないこともあるけれど そんなときは夏の太陽の下でくつろぐ夢を見て ガス抜きするのさ Oh, the sky will be blue And you guys will be there too When I finally do what frozen things do in summer! ああ、青い空 そしてそこには君たちもいて 僕はついに、凍ったからだで夏を満喫してるんだ 目次• whatever の後にくるセンテンスが snow does in summer になってますね。 ここがもし — snow can do in summer — snow would want to do in summer などみたいに助動詞が入っていると訳しやすいんですが、無いので、どう日本語に直すのが適切か一瞬、迷うところですね。 直訳すると 僕は、雪が夏にすること、みんなやっちゃうぞ といったところです。 「もう、やれることは、みんなやりたい」みたいな、気持ちを語っているところですね。 主節と従属節でぶっきらぼうに動詞を重ねることで、理屈を超えて「もうなんでもやりたい」という気持ちを強調しているんだと思います。 こういう言い回しは映画を見ているとよく出てきますので、見慣れておくといいですね。 例えば What will be, will be (成るように成るさ) とか You gotta do what you gotta do (やるべきことをやるんだ) みたいに。 ちなみにオラフは雪だるまですから、当然、夏に存在したことがないわけで、夏に憧れるのも無理ないことですよね。 しかし実際のところ、夏になったら雪はただ溶けてなくなるだけなんですね。 この歌、ずっと最後までこのノリです。 後に出てくる一節でこんなのもありますが find out what happens to solid water when it gets warm 暖かくなった時、氷にどんな変化が生じるのか、見届ける これなど、雪だるまが自分で言うセリフとしてはかなりおもしろいですね。 find out という言葉、本人は「見届ける」意味で言っていますが、実際には「身をもって体験する」ことになるわけですから。 つまり発信側と受け手側で find out の意味合いが微妙に違うというユーモアです。 The hot and the cold are both so intense … こちらも訳すのが難しい一行です。 暑さも寒さも強烈だから 一緒にしちゃえば、いい感じ! キーになるのが、intense と make sense の意味。 make sense(意味がある、道理に合う)というのは、平たく言うとそういうことですね。 When life gets rough, I like to hold on to my dream … 実用的な英語を学べるのがこの2行。 When life gets rough, I like to hold on to my dream Of relaxing in the summer sun, just letting off steam 人生、うまくいかないこともあるけれど そんなときは夏の太陽の下でくつろぐ夢を見て ストレス解消するんだ まず rough というのは、「ラフ」と読み、「デコボコした」ものとか「ザラザラした」ものを説明する形容詞です。 そこから、「粗い」とか「荒削り」などの意味でも使われます。 日本語で「下書き」だとか「大まかな段階の原稿」のことを「ラフ原稿」と言ったりする、その「ラフ(rough)」と同じです。 日常会話では「辛くて耐えられない」とか「気分が悪い」とか「体調が悪い」とか「危険」だとか「乱暴」だとか、ほとんど悪い意味で使われる言葉ですね。 まとめると、rough とはこういう意味の言葉です。 次に hold on to ですが、これもよく使われる言葉ですね。 「人生が辛くなったときは、何か楽しいことを夢見ながら気を紛らわす」みたいなことを言っているんですね。 映画のシーンでもオラフのからだから湯気が出てますよね。 日本語にも「ガス抜きする」って似たような表現があります。 ちなみに、かの let it go という言葉も同じ let が入っているし、意味も似ていますね。

次の