離乳食 9 ヶ月 メニュー。 月齢9ヶ月の離乳食【1カ月間献立表・カミカミ期前半】

離乳食後期(9〜11か月頃)

離乳食 9 ヶ月 メニュー

不足しがちな鉄分を補える工夫を 手づかみ食べが始まった離乳食後期頃の赤ちゃんは、 鉄分が不足になることが多いといわれます。 赤ちゃんがママのお腹にいる妊娠8ヶ月くらいから、へその緒を通じて「貯蔵鉄」という鉄分が送られていて、しばらくは赤ちゃんの体内にストックされていると言われています。 しかし生後9ヶ月を過ぎる頃には、その鉄分を全て使い切ってしまうために不足しがちになってしまいます。 赤身の肉や魚、ほうれん草や小松菜、納豆などは鉄分が豊富に入っているので、手づかみ食べのメニューに取り入れるように意識してあげるといいですね。 ごはんや卵、小麦粉などをつなぎに使って、鉄分など栄養のある食材を混ぜて作るおやきやハンバーグがおすすめです。 さらに小麦粉も加えて滑らかになるまで混ぜ合わせます。 野菜はやわらかくなるまで茹でるかレンジで加熱し、みじん切りにします。 鮭は茹でてほぐしておきます。 3.1に2と3を混ぜ合わせます。 4.フライパンに油を熱し、3を流し入れます。 少し固まったらうどんを乗せ蓋をして弱火で焼き、軽く焼き色が付いたら裏返して両面焼きます。 食べやすい大きさにカットし、ソースを少しだけ塗り、青海苔をかけたら出来上りです。 2.豆腐とひき肉をボウルに入れて混ぜてから1とほかの材料を全て入れ、粘りが出るまで手でこねます。 3.油をひいたフライパンに生地を丸く入れ、弱火~中火で焼き目が付くまで加熱します。 4.裏返して、ふたをして蒸し焼きにし、焼き色をつけて完成です。 2.1に鶏ひき肉、塩、小麦粉をいれてよく混ぜます。 3.ラップに材料を等分して乗せ、食べやすい大きさに成形します。 4.キャンディーのようににくるくる巻いて細くしたら、両端を軽くひねります。 きつく閉じると破裂するので気をつけてください。 5.耐熱皿に少し隙間をあけて並べ、電子レンジで1分加熱します。 6.一度取り出して上下を返してしっかり火が通るまでさらに1分程加熱します。 7.ラップにくるんだまま、冷ましたら完成です。

次の

生後9ヶ月の赤ちゃんの離乳食の進め方とおすすめレシピ

離乳食 9 ヶ月 メニュー

離乳食後期の進め方!生後9・10・11ヶ月の量やおすすめレシピ 2018年4月10日 こそだてハック 数ヶ月前からスタートした離乳食もいよいよ後期。 この時期になると、赤ちゃんの食べたい欲求も高まって、自分なりのリクエストをしてきたり、手づかみで食べたがったりと、また新たなステージへと入っていきます。 今回は離乳食後期の進め方について、食べさせる量やコツ、おすすめのレシピをご紹介します。 離乳食後期とは?生後9・10・11ヶ月頃から量が増える? 母乳やミルクを「飲む」ことから、食べものを「食べる」ことへの移行期間を離乳期といいます。 その間に食べるのが「離乳食」。 離乳期に噛む、飲み込むといった食べる運動をして、いろいろな味や食感を覚えることで食生活の基盤を作っていきます。 離乳食には、初期、中期、後期、完了期の4段階があり、初期(生後5~6ヶ月頃)は食べ物を飲み込む練習をし、中期(生後7~8ヶ月頃)は舌で食べ物をつぶす練習をします。 初期から中期では、1日1回食から2回食へと回数も増やしていきながら食事のリズムを覚えていきます。 離乳食後期は、生後9〜11ヶ月頃で、カミカミ期とも呼ばれます。 歯茎でつぶせる固さや大きさのものが食べられるようになる時期です。 しかし、赤ちゃんの発達や好みには個人差があるので、月齢よりも「豆腐を舌で上手につぶせる」「1回に子供茶碗約1杯食べられる」といったことを目安に判断するといいでしょう。 後期からは1日3回食となり、食事のリズムが完成する時期です。 関連記事 離乳食後期の進め方は?9・10・11ヶ月頃の量の目安は? この時期になると、食べる量も、食べられる食材も多くなります。 メニューによっては、大人の献立から取り分けることもできますよ。 取り分ける際には、塩分や食材の固さ・大きさに注意しましょう。 回数・時間 後期になったら、食事の回数を1日3回にしましょう。 時間帯は大人とほぼ同じで、朝・昼・晩です。 ただし、寝るのが遅くならないように、夕食は19時までには食べ終えられるようにしたいですね。 1回あたりの食事量 おかゆや軟飯80〜90g、野菜や果物30〜40gにたんぱく質をプラスしましょう。 関連記事 固さ・大きさ ごはんは5倍粥、野菜やたんぱく質は歯茎でつぶせるバナナ程度の固さを目安にします。 噛む力を育てる時期だからといって、固すぎるものを与えないように注意しましょう。 固いものが口に入ると、吐き出したり丸飲みしたりしてしまうことがあるので、噛む練習になりません。 ついイライラしてしまうこともあるかもしれませんが、今はそういう時期だと認識して、離乳食後期の注意点とポイントを参考に工夫しながらスムーズに進めていきましょう。 食べやすい形にする 野菜はスティック状にして手づかみ食べをさせると、食べ散らかされても汚れにくいのでおすすめです。 薄くきったリンゴや梨などのフルーツも食べやすいですよ。 調理方法に変化をつける 一度受け付けなかったからといって、その食材が嫌いだと決めつけずに、調理法を工夫してみてくださいね。 ホワイトソースやトマトソースは、味の変化をつけるのに便利です。 調理方法に迷ったときは市販のベビーフードやレシピ本を参考にするのもいいですね。 まとめて作ってストックする 食事回数が増えるので、離乳食を毎回作っていると時間も手間もかかってしまいます。 赤ちゃんが昼寝をしている時間やパパと遊んでいる時間を使って、まとめて作って冷凍しておくと便利ですよ。

次の

離乳食後期(9〜11か月頃)

離乳食 9 ヶ月 メニュー

離乳食、一食に何品も食べさせていますか? 9ヶ月の娘に、昨日から三回離乳食をあげています。 知恵袋を見ていたら、一度の食事にお粥、おかず2品、フルーツ、と4品もあげている方がいてビックリしてしまいました! 皆さん、一度の食事に4品、二回食だとすると8品も作っているのでしょうか? 私は主食をお粥、うどん、そうめん、パンと変えるくらいで、毎回だいたい同じ食材になってしまいます…これでは栄養的に悪いでしょうか? 娘は離乳食をまあまあよく食べてくれるのですが、ここ1ヶ月全く体重が増えていないので、離乳食の栄養が偏っているせいなのかと心配になってきました… 体重8. 4キロなので、もともと大きい方だし、動くようになってきて、スマートになってきたね~と喜んでいたのですが、1ヶ月全く増えないのは良くないでしょうか? 昨日初めて三回食にした日の献立を書きますので、先輩ママさんのご意見聞かせて下さい。 8~9か月以降は1ヶ月間体重が増えていなくてもキープしていればOKです。 9カ月で8.4キロでしたらグラフの真ん中くらいなので大丈夫ですよ。 ご飯の品数は、毎回同じでなくても良いと思います。 疲れて余裕がない時は主食とおかずだけでも 今日は頑張ろうという時は品数を多くしたりデザートも付けたり 3回食すべて何品も作るのは大変ですから出来る範囲で続けましょう。 頑張って3回食工夫されていると思います。 同じ食材でも味付けによってトマトを入れてトマト味にしたり チーズを入れてチーズ味にしたり 出汁をきかせて和風にしたりなど変えることができます。 後はまだ食べていない食材も1さじから挑戦しながら進めると良いですね。 補足 納豆食べた後だけでなく食事の後に麦茶を飲ませると良いです。 それからお口の周りについて臭ったりするので お口の周りもこすらないように何回か拭いてあげましょう。 それでもにおいが気になる時はシートタイプの歯磨きがあります。 (ぬれティッシュみたいなのが入っていてお口の中を拭きます) こんにちは! 1歳の息子がおります。 うちはアトピー気味&乳アレルギーということもあって 離乳食は5ヵ月半から始めたもののゆっくり進めてきました。 3回食になったのは1歳になってからです。 うちもメニューはそんな感じですよ~。 たくさん作らなきゃ!と思うと毎日のことなので気が滅入ってきちゃいますよね。 お子さんがおいしそうにちゃんと食べてくれているのなら問題ないと思います。 うちは乳製品が食べれないのでヨーグルト、チーズ、ホワイトソースなど… 離乳食に使いたい素材が使えずメニューもワンパターンになりがちです。 ただ、息子が美味しそうに食べてくれるしそれでいっか!と思っています。 質問者様のお子さんは9ヶ月ということなのでそろそろ他のお肉にも挑戦してみてはいかがですか? 9ヶ月だと豚肉、牛肉、鳥のムネやモモ肉も食べれます。 ひき肉を使うと細かくなって使いやすいですよ! お魚もしらすは小さいので食べやすく、湯通しして冷凍すれば結構もちます。 あとは麩や、高野豆腐、とろろ昆布、あおさ(青海苔)など乾物も 保存がききますし、何かと使えます!栄養豊富ですしね。 納豆のひきわりにあおさを少し混ぜておかゆにかけたり。 高野豆腐や麩などはすりおろしても使えます。 うちは上に5歳の娘もいますが、離乳食時期はやっぱりワンパターンでしたし、 品数も少なかったですが、元気に大きくなってます(笑)大丈夫ですよ。 体重は月齢が小さい時は増えの幅も大きいですが、だんだん落ち着いてきます。 息子は1歳で8. 3キロ。 ここ数ヶ月そんなに増えていません。 ですが検診では特に問題なしでしたよ。 離乳食って本当に大変ですが、お互い頑張りましょうね! 9ヶ月頃になると運動量も増えて、体重増加は落ち着いて、1,2カ月増えないというお子さんもいます。 3回食に進まれたばかりの今は無理してあれこれ作らなくてもよいと思いますが、今後は、上のメニューに大人のお味噌汁の具を取り分けたり、果物を追加するなど大人のメニューからもう一品は付け加えられるとよいでしょう。 一汁三菜などと言いますが、娘の通う保育園でも主食・主菜・副菜・果物の給食が提供されています。 正しい食生活を身につけられるよう、3回食に慣れたころには品数や量を様子を見ながらふやされていかれるとよいと思いますよ。 補足 うちは11ヶ月で8本きれいに生えてるので、夜だけ歯磨きしています。 いきなり歯ブラシだとそのうち嫌がるようになると思いますから、濡れたガーゼで歯を軽く磨く程度から始められるといいですよ。

次の