ジクロフェナク na 錠。 ジクロフェナクNa錠25mg「トーワ」

ジクロフェナクナトリウム錠・カプセルの効果と副作用

ジクロフェナク na 錠

1 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 2 アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等により誘発される喘息発作)又はその既往歴のある患者 [重症喘息発作を誘発するおそれがある。 症状の悪化や副作用などのリスクが高まる可能性もありますので医師に伝えておきましょう。 ・気管支喘息のある患者 [気管支喘息患者の中にはアスピリン喘息患者も含まれており、それらの患者では重症喘息発作を誘発するおそれがある。 ] その他 妊娠中・授乳中・子供の使用 妊娠中はできるだけ控えることとなっています。 どうしても必要な場合は、必要最小限の範囲で用います。 授乳中も同様で、止むを得ず使用する場合は、授乳を避けてください。 小児等に対する安全性は確立していません。 併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示を仰いでください。 ・ニューキノロン系抗菌剤(エノキサシン等): 痙攣を起こすおそれがある。 痙攣が発現した場合には、気道を確保し、ジアゼパムの静注等を行う。 薬効・薬理 炎症の原因となるプロスタグランジンの合成を阻害して、炎症を抑え、痛みを和らげる効果を示します。

次の

ジクロフェナクNa徐放カプセル37.5mg「トーワ」

ジクロフェナク na 錠

ジクロフェナクNa徐放カプセル37. 5mg「トーワ」に関連する病気 関連する可能性がある病気です。 変形性関節症 緊張型頭痛 関節リウマチ 変形性肘関節症 変形性膝関節症 変形性股関節症 片頭痛(偏頭痛) 椎間板ヘルニア 脊椎圧迫骨折 脊椎骨折 ジクロフェナクNa徐放カプセル37. 5mg「トーワ」の主な効果と作用• 痛みや 炎症の原因となる物質(プロスタグランジン)が作られるのをおさえる働きがあります。 炎症による痛みやはれをやわらげるお薬です。 ジクロフェナクNa徐放カプセル37. 5mg「トーワ」の用途• の消炎• の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の消炎• の鎮痛 ジクロフェナクNa徐放カプセル37. 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 浮腫、貧血、クレアチニン上昇、喘息発作、肝障害、小腸潰瘍、大腸潰瘍、出血性大腸炎、クローン病悪化、潰瘍性大腸炎悪化、膵炎 起こる可能性のある重大な副作用 ショック、胸内苦悶、冷汗、呼吸困難、四肢冷却、血圧低下、意識障害、アナフィラキシー、蕁麻疹、血管浮腫、出血性ショック、穿孔、消化管潰瘍、消化管狭窄、消化管閉塞、再生不良性貧血、溶血性貧血、無顆粒球症、血小板減少、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、紅皮症、剥脱性皮膚炎、急性腎不全、間質性腎炎、腎乳頭壊死、乏尿、血尿、尿蛋白、BUN上昇、血中クレアチニン上昇、高カリウム血症、低アルブミン血症、ネフローゼ症候群、重症喘息発作、アスピリン喘息、間質性肺炎、うっ血性心不全、心筋梗塞、無菌性髄膜炎、項部硬直、発熱、頭痛、悪心、嘔吐、意識混濁、重篤な肝障害、劇症肝炎、広範な肝壊死、急性脳症、かぜ様症状、激しい嘔吐、痙攣、ライ症候群、横紋筋融解症、急激な腎機能悪化、筋肉痛、脱力感、CK上昇、CPK上昇、血中ミオグロビン上昇、尿中ミオグロビン上昇、脳血管障害 上記以外の副作用 食道障害、吐血、下血、食欲不振、下痢、口内炎、胃部不快感、胃痛、腹痛、消化性潰瘍、胃腸出血、便秘、口角炎、軟便、口渇、胃炎、出血傾向、血小板機能低下、出血時間延長、白血球減少、好酸球増多、黄疸、AST上昇、ALT上昇、Al-P上昇、光線過敏症、過敏症、多形紅斑、紫斑、皮膚そう痒症、アレルギー性紫斑、発疹、顔面浮腫、潮紅、神経過敏、しびれ、振戦、錯乱、幻覚、抑うつ、不安、記憶障害、不眠、眠気、眩暈、聴覚障害、視覚異常、霧視、耳鳴、味覚障害、血圧上昇、動悸、頻脈、発汗、脱毛、胸痛、血管炎、夜間頻尿、全身倦怠感 ジクロフェナクNa徐放カプセル37. 5mg「トーワ」の用法・用量• ジクロフェナクナトリウムとして1回37. 5mgを1日2回食後に経口投与する ジクロフェナクNa徐放カプセル37. 5mg「トーワ」の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• アスピリン喘息• 過敏症• 重篤な肝障害• 重篤な高血圧症• 重篤な心機能不全• 重篤な腎障害• 消化性潰瘍• 重篤な血液異常• 非ステロイド性消炎鎮痛剤等により誘発される喘息発作• トリアムテレン投与中• SLE• 潰瘍性大腸炎• 肝障害• 感染症• 気管支喘息• クローン病• 血液異常• 高血圧症• 腎血流量低下• 出血傾向• 腹水を伴う肝硬変• 食道通過障害• 心機能障害• 腎障害• 全身性エリテマトーデス• 大手術後• 非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期投与による消化性潰瘍• 利尿剤投与中• 腎機能に著しい影響を与える薬剤投与中• MCTD• 肝性ポルフィリン症• 消耗性疾患• 高熱を伴う高齢者 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 高齢者 65歳〜• 高熱を伴う高齢者 65歳〜• 長期間投与されている女性• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 高齢者 65歳〜 ジクロフェナクNa徐放カプセル37.

次の

ジクロフェナクNa徐放カプセル37.5mg「トーワ」

ジクロフェナク na 錠

今回の流れ• ジクロフェナクの効果!頭痛にも効く? ではまず最初に、ジクロフェナクの効果について見ていきます。 ジクロフェナクは炎症を鎮めることで、解熱するためや痛みを和らげることを目的に用いられる薬です。 この薬は、 ・頭痛を抑える働き ・熱を下げる働き ・喉の痛みを抑える働き ・膀胱炎を和らげる働き 以上のような働きをします。 さらにジクロフェナクは関節痛や神経痛、筋肉痛に対しても効果的な薬です。 関節痛や神経痛・筋肉痛の炎症を鎮めてくれる働きもこの薬にはあるので、 関節痛や神経痛・筋肉痛に対しても効果的です。 このようにジクロフェナクは様々な症状に対して効果的なことから、内科や整形外科さらには泌尿器科でも処方される薬です。 そういう場合には病院に行きましょう。 ジクロフェナクは様々な症状に効果的ですが、痛みの種類によっては効果を発揮しないこともあります。 そういった場合はむやみやたらに服用する量を増やすのではなく、必ず病院に行って医師に相談するようにしましょう。 ちなみにジクロフェナクは即効性にも優れている薬で、 2時間程度で効果がMAXとなります。 ジクロフェナクの種類! では続いて、ジクロフェナクの種類についていきます。 ジクロフェナクには、 ・ジクロフェナクナトリウム錠 ・ジクロフェナクナトリウムクリーム ・ジクロフェナクナトリウムテープ ・ジクロフェナクナトリウム坐剤 の4種類があります。 ちなみにジクロフェナクの薬の主成分は ジクロフェナクナトリウムです。 このジクロフェナクナトリウムという成分は、ボルタレンと呼ばれる薬などにも使われています。 (なんかすごい片仮名ばっかになってすみません。 笑) 錠タイプのものは頭痛や発熱などに効果的、 クリームタイプ・テープタイプのものは筋肉痛・関節痛・神経痛などに効果的、 坐剤(下剤)タイプのものは腰痛さらには陣痛の時や手術の後の鎮痛などに効果的です。 このようにそれぞれの症状に最も適した形で服用できるように、ジクロフェナクには様々な種類の薬があります。 ちなみにジクロフェナク坐剤は肛門から入れる薬です。 大体坐薬を入れて 1時間前後で体内に溶けます。 坐薬は入れるのが大変ですが、その分早く溶けますよ。 ただ坐薬を入れた後に排便をしてしまうと薬が溶けずに体外へ排出されてしまうので、排便してから坐薬を入れるようにしましょう。 ちなみに薬の1日の服用回数や服用量は症状や年齢によって異なりますので、医者に指示された服用回数・服用量を守るようにしてください。 ジクロフェナクの副作用! これが最後の見出しです。 最後はジクロフェナクの副作用について見ていきます。 ジクロフェナクの種類によっても副作用の恐れがある症状も異なるので、それぞれの種類別に副作用についてお伝えしていきます。 ジクロフェナクは 副作用の症状が基本的に現れることの少ない薬ですが、万が一のことも考えて副作用についても把握しておきましょう。 ・クリームタイプ、テープタイプ この2つは体の外につけるだけで 体の内部に入れるわけではないので、副作用の恐れはほとんどありません。 ただクリーム・テープタイプのジクロフェナクをつけて、皮膚に発疹ができたり・皮膚が赤くなったり・皮膚がかゆくなったりした場合は薬をつけるのをやめて医師に相談しましょう。 ・錠タイプ、坐剤タイプ 錠タイプ・坐剤タイプのジクロフェナクを服用すると、 胃腸の働きが弱くなってしまうことがあります。 ですので、胃腸が弱い方や高齢の方はよく注意するようにしましょう。 胃腸が弱くない方でも、 ・胃痛がする ・食欲がなくなる ・お腹が痛くなる といった副作用が稀に生じるので注意が必要です。 また重大な副作用として、 ・手足が冷えたり、震えたりする ・吐血したり、血痰が出る ・息苦しくなったり、気持ち悪くなったりする などの症状が現れることがあるので、念のため注意をするようにしましょう。 (ただ上記のような重大な副作用が現れることはほとんどありません。 ) 何かおかしいと感じた場合には、必ずかかりつけの医師・薬剤師に相談するようにしてください。 では、まとめの方に移っていきます。 スポンサーリンク まとめ では、今回のまとめの方に移っていきます。 今回はジクロフェナクの効果や副作用を中心に様々なことをお伝えしてきました。 今回の要点を押さえると・・・ 1. ジクロフェナクは頭痛や発熱、喉の痛みにも効果的! 2. ジクロフェナクは4つの種類がある! 3. ジクロフェナクは副作用で胃腸が弱くなることがある! こんな感じでしょうか。 カロナールという頭痛や発熱に効く薬があります。

次の