マニー 栃木。 マニー

マニー株式会社(栃木県宇都宮市)の企業詳細

マニー 栃木

・代理店交渉や市場ニーズをとらえるため医者とのコミュニケーションも発生するため、柔軟かつ粘り強くコミュニケーションできる方。 針金を素材とした微細加工技術を確立し、医科・歯科の治療機器メーカーとして高品質製品を世界120カ国以上に提供、世界トップクラスのシェアを持っています。 【求める人物像】 ・困難に事にも熱心に粘り強く取り組め、自ら提案できる人 ・グローバルな視点を持っている人 ・他部署と良好なコミュニケーションが取れる方 ・後輩の教育を行い、将来の継続的発展に協力できる方 設立 1959年12月 資本金 989百万円 従業員数 296人 売上高 18327百万円 株式公開 東証一部 事業内容 医療機器の製造販売を事業としています。 ご登録いただいた内容をもとに、業界専任のキャリアアドバイザーが、求人状況についてお調べいたします• 就業開始後も実際にエンジニアが働く現場に訪問し、就業状況などを確認。 エンジニアとも連絡をとり、職場の悩みなどの相談にものります。 営業担当として、顧客の要望や潜在ニーズに合わせて、プラスチック加工製品の開発・提案活動をお任せ致します。 個人差はありますが、約1年間はご自身での営業予算を持たず、業務をしっかりと覚えて頂く期間となります。 【営業スタイル】既存9割:新規1割。 ルート営業が中心です。 【売り先】半導体/航空機/医療器具業界向け。 中でも、主に半導体製造装置メーカーをご担当頂く予定です。 また、エンジニアの方々向けの営業活動となります。 主な担当顧客は3~4社です。 【ミッション】お客様から頂いたオーダーをそのまま製造するのではなく、本質的に困っている事や課題に対して、問題解決の提案をして頂けることを期待しています。 その後、北関東営業所での勤務となります。 医療事業(医療事務の業務委託・人材派遣、病院経営支援等)の営業職として、医療機関に対する営業、受託先で業務を行う当社の医療事務スタッフのマネジメントを中心にご担当いただきます。 ・スタッフの適性を見極め、病院マネージャーと共に、適切な人員配置を検討・実行します。 日々研究開発に試行錯誤しているメーカーへの営業をお任せします。 【具体的には】 定期的にお客様を訪問し関係性を構築、何かあった時には同社を思い出していただく関係性構築をします。 実際にニーズが発生した際には社長や先輩社員が同行し商談を詰めていきます。 電話対応や見積もり資料の作成補助や書類の整理などを中心にお任せします。 半年程度かけて営業の仕事の流れを覚えていただいてから営業としてお客様への訪問を始めます。 同社にてハイブリット構法の新商品の開発促進・営業活動をしていただきます。 【主な業務】 ゼネコン向けに柱部材を提案、仕様のすりあわせ、技術的問い合わせの対応、見積作成などを行います。 【入社後は、、】 工場や配属部署にて技術の知見を学びつつOJTにて学んでいただきます。 部署自体試行錯誤の段階の為、共に学び成長をしていただきます。 【配属先】 人数:6人、内営業2名 【残業】 月10時間程度 【取扱商品】ハイブリット構法による柱部材 【 顧 客 】ゼネコン、施工主 既存先 関連するカテゴリから求人を探す.

次の

一般財団法人マニー松谷医療奨学財団の情報

マニー 栃木

2010年10月に閉鎖された栃木県高根沢町花岡のキリンビール旧栃木工場跡地について、医療機器製造販売のマニー(宇都宮市清原工業団地、高井寿秀(たかいとしひで)社長)は2日、キリンビール(東京都)と工場跡地の売買契約を結んだと発表した。 マニーは創業の地の同町を新たな拠点として本社機能を移転するほか、新製品の研究開発や生産拠点、研修施設などを設ける方針。 中長期にわたり研究開発や生産に十分な広さの土地を確保することが狙いで、2024年8月期の使用開始を目指す。 マニーの高井社長と高根沢町の加藤公博(かとうきみひろ)町長が2日、県庁で記者会見し、発表した。 マニーが取得した工場跡地は約28・7ヘクタールで、東京ドーム6個分の広さ。 先月30日に売買契約を結んだ。 取得額は非公表。 次世代を見据えた本社機能に加え、研究開発拠点、研修や宿泊施設などを建設する考え。 将来的に新製品の開発や生産、管理などを担う。 高井社長は「創業の地の高根沢にグループのコアとなる場を創設したい。 高根沢町から世界に向けて発信していく」と語った。 マニーによると、宇都宮市清原工業団地の本社・清原工場と高根沢町中阿久津の高根沢工場で主に新製品開発と生産を、主にベトナムの二つの工場で既存製品の生産を行っている。 新製品や生産技術の開発活動が活発化し、清原工場が手狭となったほか、今後の新製品生産や生産機械の増加・大型化を考慮し、広大な用地の取得を決めた。 工場跡地の地下にある建物の構築物を撤去した後、来年5月ごろに引き渡しとなる見通し。 高井社長は「製品のほぼ100%を海外、主にベトナムで生産している」と説明した上で、新拠点について「最先端の技術の生産方法を日本で模索していく」と述べた。 本社機能の移転に伴い、清原工業団地から移転する可能性にも言及した。 一方、加藤町長はマニーの工場跡地取得を歓迎し、進出準備を進める3人体制の企業立地支援室を3日に新設することを表明した。 福田富一(ふくだとみかず)知事は「世界に冠たる企業が創業の地、高根沢町に立地されることは大変喜ばしい。 本県産業、地域経済の発展の貢献に期待している」とのコメントを出した。

次の

マニー 株式会社

マニー 栃木

その他 [ ] 元々松谷製作所という名前であったが、海外からは長くて発音がしづらいとのことから略してマニーとなった。 沿革 [ ]• 5月 - 松谷製作所創業。 アイド縫合針の製造販売を開始。 12月 - 株式会社松谷製作所設立。 旧厚生省の国庫補助金を受けステンレス製アイド縫合針の開発に着手。 - 世界初のステンレス縫合針を製品化。 - 歯科用根幹治療機器に参入。 5月 - 現社名に変更。 6月 - 株式を店頭公開(現在の、2011年10月22日上場廃止)。 - 2部に上場。 9月5日 - 東京証券取引所1部へ指定替え。 北京(中国)に馬尼(北京)貿易有限公司を設立。 所在地 [ ]• 本社・清原工場 -• 高根沢工場 - 栃木県 脚注 [ ].

次の