シェル 洗車 機。 Shell(出光昭和シェル石油)の支払い方法

ガソリンスタンドの洗車機について。

シェル 洗車 機

Contents• ガソリンスタンドの手洗い洗車 手洗い洗車はスタッフが車を隅々まで手洗いし、 拭き上げまで行ってくれる洗車です。 依頼すれば待っているだけで洗車は完了し、 自分が何かすることはありません。 手洗い洗車は、ボディーに優しいムートンを使用し、 泡をたっぷりかけて車を洗います。 汚れがひどい車も事前に砂や泥などを念入りに 洗い流すことができるため、 傷がつきにくいという メリットがあります。 一方、洗車機を使用した機械洗車に比べて 値段が 高い ことや 時間がかかる ことがデメリットでしょう。 手洗い洗車はフルサービスのガソリンスタンドは もちろんですが、セルフのスタンドでも行っています。 ただし、車検やメンテナンスなどを行わないセルフの ガソリンスタンドでは少人数で営業されていることが 多いため、基本的に手洗い洗車はやっていないはずです。 手洗い洗車の値段 手洗い洗車の値段はお店によって異なります。 また、車が大きいほど料金が高くなるようになって いるところが殆どです。 ただし、サイズの定義がそれぞれ少し違うことや、 店舗によっても違う可能性がある点には注意して下さい。 具体例として、 宇佐美の手洗い洗車の料金は 以下の通りです。 しかし、お店の混雑状況や車の大きさ、汚れ具合 などによっても時間は変わるため、あくまで目安と して考えて下さい。 24時間営業しているガソリンスタンドでも夜間の 受付は行っていないところが殆どで、遅くても20時 くらいまでだと思ってください。 利用する際は受付時間を調べておき、余裕を もって利用しましょう。 手洗洗車の頼み方 手洗い洗車の頼み方は簡単で、フルサービスの ガソリンスタンドなら給油前、もしくは給油中に スタッフへ洗車をしたいと伝えるだけです。 セルフのガソリンスタンドであれば、給油後に 店内へ行き、洗車をお願いしましょう。 洗車を依頼したら、後は車のキーを預けて店内で 終わるのを待つだけです。 終わったら仕上りを確認し、料金を精算して完了となります。 また、手洗い洗車は飛び込みで利用することも 可能ですが、 ネットから予約できるガソリンスタンドもあります。 混雑していると結構待つ場合があるので、 できれば予約してから行くことをおすすめします。 ガソリンスタンドの洗車機による機械洗車 洗車機による機械洗車はセルフのガソリンスタンドに多く、 車に乗ったまま洗車ができるタイプが主流で ドライブスルー 洗車とも言われます。 洗車機による機械洗車は手洗い洗車よりも値段が安く、 スピーディーに洗車できるのがメリットです。 洗車メニューも豊富で、簡易的なコーティングが短い 時間で完了します。 一方、最近の洗車機はボディーに優しい布やスポンジを 使用しているとはいえ、 手洗い洗車と比べればボディーに 傷がつきやすいというのが機械洗車のデメリットでしょう。 洗車機のブラシが直接傷をつけることは殆どないですが、 手洗い洗車のように念入りに砂や泥を落としたりすること はできないため、砂や泥の引きずりが傷の原因になります。 また、洗車機も進化していますが、 機械洗車ではどうしても 洗えない部分がでてきます。 洗い残しによって拭き上げ時に 砂などが引きずられることも洗車傷の原因です。 さらに、洗車機を利用するため、 車のサイズや形状に よっては利用できないというデメリットもあります。 フルサービスのガソリンスタンドでは、スタッフが洗車機を 操作して行う場合もありますが、今はセルフのガソリンスタ ンドが増えているため、洗車機を自分で操作して利用する 店舗が多いでしょう。 洗車機の操作は難しくないですが、使い方を間違えると 車の破損に繋がる場合もあるため注意して下さい。 洗車機のコース 洗車機には様々なコースがあり、自分の好みに合わせて 洗車メニューを選ぶことができます。 洗車機のコースは店舗によって名称は違いますが、 洗車機の料金 洗車機の料金は選ぶコースによって変わりますが、 店舗によってコースが違うので、一概にいくらとは言えません。 同じ会社のガソリンスタンドでも、洗車機のメーカーが 違えばコースも違うので、利用予定の店舗で確認が必要です。 具体例として近くにある出光昭和シェルの洗車メニューを 御紹介しますが、店舗によっても違うので参考程度に考えて下さい。 コーティング系のコースは何往復もするため、 時間もその分かかりますが、それでも5分程度です。 ただし、これは車が洗い終わるまでの時間で、 ここから拭き上げをしなくてはなりません。 また、一部のフルサービスのガソリンスタンドでは、 拭き上げまでやってくれる機械洗車があります。 その場合、複数人のスタッフが手際よく拭き上げして くれるので、洗車機の時間を入れても15分程度で 洗車が完了するはずです。 ちなみに、洗車機が利用できる時間はガソリンスタンド によって違います。 24時間利用可能な店舗もあれば、夜間は停止して いる店舗もあるので、利用予定の時間に合わせて スタンドを選ぶというのも良いかもしれません。 手洗い洗車と洗車機はどちらがおすすめ? 傷がつくのが嫌だから手洗い洗車を選ぶ方は 多いと思いますが、個人的には余程神経質な 方以外は洗車機で良いと思っています。 最近の洗車機は殆どがボディーに優しいブラシを 使用していて、目に見える傷がつくことは殆どありません。 黒などの濃色車は細かい洗車傷が目立つといい ますが、それが本当に洗車機によるものかも疑問です。 例えば、円を描いたような洗車傷はワックスがけや 拭き上げ時についたもので、洗車機による傷ではありません。 なぜなら、洗車機のブラシは回転こそしていますが、 ボディーを通り抜けるようにあたるため、傷がつくと しても直線の傷であり、曲線的な傷はつかないからです。 また、仮に長年洗車機を利用したことで洗車傷が 目立ってきたとしても、専門店で磨きを依頼すれば 新車のようにピカピカになります。 毎回手洗い洗車に高い料金を払い続けるよりは、 安い洗車機を利用し、洗車傷が気になるようなら 磨きを依頼するほうが経済的ではないでしょうか。 このような理由から、個人的には洗車機で十分だと 思っていますが、お金に余裕のある方や、洗車が 面倒だという方には手洗い洗車はおすすめです。 結局は人によって何を重視するかは違うので、 自分に合った洗車方法を選びましょう。 ガソリンスタンドって洗車だけでも利用して良いの? いつもガソリンを入れている店舗は手洗い洗車を やっていなかったりする場合、他のガソリンスタンドで 洗車だけしてもらいたい方も多いでしょう。 もしかしたら洗車だけの利用に抵抗を感じている かもしれませんが、 給油をしなくても全く問題ありません。 ガソリンスタンドは油外商品に力を入れているため、 むしろ歓迎されるくらいです。 もちろん手洗い洗車だけでなく、 洗車機の利用や 掃除機(有料)などの設備も給油せずに利用できます。 このように、ガソリンスタンドは洗車だけでも利用する ことは可能です。 ただし、やる気のあるガソリンスタンドだと、手洗い洗車 の時に色々と点検されて何か提案されることもあります。 洗車だけのつもりが余計な商品を買ってしまった なんてことも多いので注意して下さい。 まとめ ガソリンスタンドの洗車には手洗いと洗車機があり、 どちらもメリットとデメリットがあります。 自分に合った洗車方法を選び、定期的に洗車を していれば、車を綺麗な状態に保つことができるでしょう。 最近ではセルフのガソリンスタンドが増えてきて、 手洗い洗車をやっていない店舗も多いので、 利用する際は事前に調べておくと良いかもしれません。 また、洗車をしたのにボディーに白い跡が残って しまって悩んでいる方も多いのではないでしょうか? それは イオンデポジットや ウォータースポットなどと 呼ばれるもので、普通に洗車しても落とすことはできません。 下記の記事で詳しく解説しているので、興味があれば 参考にしてみて下さいね。

次の

ガソリンスタンドの洗車機について。

シェル 洗車 機

追記:この記事は2017. 27に執筆し、2020. 22に更新しました。 「エッソ」「モービル」「ゼネラル」がすべて「ENEOS エネオス 」ブランドに変わりました。 それに伴ってこの記事で紹介しているエッソも現在はエネオスになりました。 料金だけ飛ばして読みたい方はからどうぞ。 調べた経緯 先日、上司と話をしてて「週末何してた」って聞かれたので「ガススタの洗車機フルオプションで入れてました! 3000円くらい」 っていうと大ホラ吹き扱いされてしまいまして 「3500円払ったレシート見せたろかアホウ」とは言いませんでしたが 言えませんでしたが 私は比較的洗車機に入れる方ですがあまり洗車機を利用しない人やコイン洗車場を利用する人にとっては3000円の洗車機はあり得ないようです。 ガソリンスタンド洗車機の注意 古い洗車機や回転率の悪いガソリンスタンドの洗車機は車に傷を付けやすいそうです。 なので近所で出来るだけキレイで大規模で新しそうなガソリンスタンドの洗車機を利用しているので高いんでしょうか。 利用しているのは旧エッソモービル、現エネオスのエクスプレスウォッシュ。 いつもお世話になってます。 エッソモービル、エネオスの洗車機すべての値段がこの通りとは限りません。 シャンプーの値段 いわゆる通常のシャンプー洗車の値段は 300円です。 最安値は300円でした。 ワックス洗車 カーシャンプーだけではなく仕上げにワックスも行うワックス洗車は 700円でした。 泡ジェットワックス洗車 「話題の泡ジェット洗車」と書いてありました。 高圧ジェットでほこりを飛ばし、泡で汚れを浮かせてから洗い上げた後、シリコーン樹脂をコーティング。 ワックスよりもはるかに強固な被膜は、水はじきと塗装の保護に。 洗車の度に、保護効果が愛車を包み込みます。 出典: 泡ジェットワックス洗車の値段は 1000円でした。 泡ジェットコーティング 泡ジェットの後にコーティングする感じでしょうか。 高圧ジェットでほこりを飛ばし、柔らかい泡で洗い上げた後、ワックスを塗布。 光沢や水はじきをよくするだけでなく、酸性雨など大気中のさまざまな有害物質から愛車を守ります。 出典: 値段は 1200円でした。 泡ジェットグラスコート(ガラスコート) コーティングのさらに上のグラスコート ガラスコート 仕上げですね。 値段は 2500円でした。 グラスコートたけー。 トッピングオプションの値段 下部洗浄 ボディ下の洗車ですかね。 寒冷地の塩化カルシウムなどの撒いてある道を走った後は是非利用したいところです。 あれ錆びるんですよ。 山間部に住んでいてブレーキを多用する私には非常にありがたいです。 まとめ 通常料金• シャンプー洗車300円• ワックス洗車700円• 泡ジェットワックス1000円• 泡ジェットコーティング1200円• 泡ジェットグラスコート2500円 トッピング料金• …やっぱりフルオプションではなかったですね。 ガラスコート+パワフル洗浄だったわ ガソリンスタンドの洗車機を使おうという方は参考にしてみてください。 ではまた。

次の

エネオス洗車機のメニューや料金は?『WING WASH』のコース毎に比較したおすすめは?

シェル 洗車 機

洗車は手洗いしていますか? それともガソリンスタンドの洗車機を使っていますか? 僕は初めて新車(黒のbB)を買った時は自分で洗車していました。 今から15年くらい前ですね。 洗車の仕方もろくにわからず適当(当時は真剣でしたが)にやっていたら キズもつくし、仕上がりはイマイチでした。 あるとき面倒くさくなって洗車機にかけちゃいました。 洗車機を何回かやった後に手洗い洗車してみたところ細かな円形のキズが無数に入っていてショックを受けたのを覚えています。 今では手洗いすることもなく、もっぱら洗車機に突っ込んでいます。 子供も生まれ、時間に余裕が無いこともありますが、最近の洗車機の性能も上がっているというのも一つの理由です。 今日は洗車について悩んでいる方に• 洗車機って傷がつくんじゃないの?• どのコースを選んだらいいの?• やっぱり手洗いのほうがいいよね?• 手洗いと洗車機だったらどっちがお金かかる?• 確かに僕も洗車機に入れて後悔したことはあります。 でも、 最近の洗車機はとっても性能がよくてあまりキズがつかなくなりました。 昔はナイロンのブラシが付いているものがほとんどでしたが、最近はスポンジや布素材に変わって車に優しくなったんです。 しかし、キズが付く理由は素材だけじゃないんです。 泥や砂が車を傷つける! 洗車機に入れると水が出てきてブラシが回り始めます。 もし、車の汚れが酷くて泥や砂、小さな石があった場合、ブラシにそれらが付着しちゃいますよね。 石が付着したスポンジで車をこすると・・・・傷になります。 自分の車にはついてなくても、 前に洗車機を使った人の車がひどく汚れていたらどうでしょうか? といっても、洗車機によっては一回一回ブラシを洗浄する仕組みになっているものもあります。 洗車機には種類があるので、キズが気になる方は、なるべく新しい機種が入っているガソリンスタンドを見つけると良いでしょう。 気になる方は、洗車機の型番を調べて検索してみると良いでしょう。 スポンサードリンク 手洗いでも傷がつきます。 実はスキルが必要です 洗車をするということは、車をこする行為なので 洗車機であっても手洗いであっても少なからずキズはつきます。 手洗いの場合、なるべく柔らかい素材で、洗剤を使うならたっぷり泡立てて使うなどの工夫をすることでキズはつきにくくなります。 しかし、先ほどの洗車機と同じようにいくら柔らかい素材を使ってもスポンジに砂や砂鉄がついていれば傷がついてしまいます。 車を走らせていると目に見えない鉄粉がボディに刺さります。 鉄粉を除去せずに洗車してしまうと細かなキズが付くんです。 だから、僕みたいに適当に手洗いしていると洗車機よりもひどくなる可能性もあります。 新車を買って大事にしたい! いつまでも綺麗に乗りたい! というのであれば 洗車の仕方を徹底的に調べてから行なってください。 専用の布、スポンジ、洗剤、コーティング剤などを揃えるのもなかなか大変でしょうが、洗車スキルも上がればいつまでもキレイな状態を保てるでしょう。 えー!そんな面倒くさい・・・でもキレイに乗りたい。 そんな方は 洗車業者に手洗いをお願いしてみてはどうでしょうか? ガソリンスタンドやオートバックス、イエローハットなどでも手洗い洗車をしてくれますよ。 やっぱり手洗いのほうがいい?手洗いと洗車機のメリット・デメリット より丁寧に、キレイにしたい方はやはり手洗いのほうがいいでしょう。 しかし、そこまでこだわりはない方や時間を掛けたくない人は洗車機でも全然いいと思います。 ここで手洗いと洗車機のメリット・デメリットをまとめてみました。 車が好きで愛しているなら手洗いしかないでしょう。 ただ、調べた限りでは洗車機にぶち込んでいる人が圧倒的に多いですね。 その理由は、 「手洗いは面倒だから」「洗車機は安くて楽だから」というものです。 車をどのように捉えているかによりますが、やはり人は安くて簡単なものに惹かれるんですね^^; そんな僕ももっぱら洗車機です。 洗車機のモードはなにがおすすめ? 洗車機って沢山のコースがあって迷ってしまいますよね。 基本的には下記のコースがあります ・水洗い ・シャンプー ・ワックス ・撥水コート 価格は場所や機種によって違うと思いますが、僕の言っている GSは水洗いやシャンプーなら500円以下でできます。 ワックスや撥水加工でも1000円~1500円くらいだったと思います。 あと、冬は下回り洗車が200円でできるようになっています。 おすすめはシャンプー洗車です。 水洗いだと汚れ落ちもイマイチですし、洗剤がない分摩擦でキズがつきやすいって話も聞いいたことがあるんで(検証はしてません)。 あとは好みに合わせてワックスや撥水加工を追加してもいいと思います。 洗車機の撥水加工ってどんなもん? ただ、ワックスは窓ガラスにもつくので油膜の原因になることもあります。 また、撥水加工も長持ちはしません。 もって1週間~2週間じゃないでしょうか。 2週間毎に撥水加工洗車をするものいいでしょうね。 ただ、あまりコスパがいいとはいえません。 もし、艶出しをしたい!撥水加工をしたい!という方は市販されている「フクピカ」という商品で仕上げをするのもおすすめです。 洗車機を通した後に、柔らかい布(セーム皮やマイクロファイバーなど)で水を拭きとってからフクピカで仕上げをするとかなりキレイになりますよ。 通常のワックスよりは耐久性がないですが、簡単にできるので時間がない人にはおすすめです。 とってもすぐれモノですが、洗車しないで使うと砂や鉄でキズが付くかもしれませんのでご注意を。 洗車の価格比較。 洗車機、手洗い、洗車場の価格を比べてみた 洗車の価格を比較してみました。 地域やお店によって違うとは思いますが参考にしてください。 そして、業者によって価格差が結構あります。 安いから!という理由だけで選ばないようにしましょうね。 価格差には理由があります。 用具にこだわっているのか、いないのか。 洗車をするのは昨日入ったバイトか、熟練さんか。 洗車安くして集客したいのか。 などなど。 価格だけじゃなくてその価格の理由を探ってみると失敗は減ってくるでしょう。 業者に洗車を依頼すればそれなりのお金がかかります。 でも、 自分でやるとかなり時間がかかるので、「時間を買う」という概念があれば業者にお願いするのもありかと思います。 あと、業者の洗車は様々なオプションがあります。 コーティングや油膜取りはもちろんですが、水垢取りなどもできるので汚れが酷い時や気になる部分があるときは利用するのもありですね。 また、車内掃除もしてくれるので一緒にお願いするのもいいですよね。 まとめ。 用途によって使い分けて賢くキレイに 新車だったり、大事な車でキズを付けたくないなら手間でも自分でやったほうが良いでしょう。 洗車用具を揃えて洗車場に行けば比較的簡単に洗車できます。 素人なら洗車の仕方をしっかり勉強してから行きましょう。 そんなにこだわりがない。 という方は、洗車機にぶっこんじゃってぜんぜん大丈夫です。 昔とは違って、キズもつきにくいしキレイに仕上がってくれます。 業者にコーティングをお願いして、コーティングが切れるまでは洗車機の水orシャンプーで済ますというのも効率が良いでしょう。 すぐに落ちるものと割りきって洗車機の撥水コートやワックスを2週間に1度くらいで使うのもいいでしょう。 それぞれの特徴を把握して使い分けていきましょう。

次の