カルコン dc。 タックルインプレッション

【SHIMANO】カルコンDCの追加モデル「20カルカッタコンクエストDC右巻き」発売!

カルコン dc

技術的に特筆すべき点はない 19カルカッタコンクエストDCですが、仕様的には特に真新しいところはない。 形はカルカッタコンクエスト200とほぼ同じ。 DCブレーキはI-DC5というメタニウムDCやスコーピオンDCと同じ物が採用されている。 DCでちょっと違うのが 「W(ウインド)モード」というモードがあり、強風時にここにセットするとバックラッシュなしで投げられるようです。 まあ単にブレーキが強くかかるというだけのような気はしますが、、。 スプールはMGLスプールが搭載されている。 これは第二世代?のMGLスプールなのでこれも特に新しいものではない。 という感じで今回のカルコンDCのために新しくなったものはない。 現行のカルコン200にDCを入れて自重が260gになった。 DCの分20g重くなったリールという印象です。 その他スペックはこちら 品番 ギア比 最大ドラグ 自重 スプール寸法 ナイロン糸巻量 最大巻上長 ハンドル長 ベアリング 価格 200 RIGHT 4. 8 6. 8 6. デカくて重いイメージだったのですが、 意外とコンパクトでパーミングしやすかったですね。 260gの重さもあまり気にならない感じでした。 実際にロッドに付けるとまた印象が変わるかもしれませんが、ギリギリ使いこなせる重さではないかと思いますね。 フィッシングショーでリールを触っている動画はこちら。

次の

カルカッタコンクエストとコンクエストDCの大きな違いはDCは...

カルコン dc

低慣性化を徹底追求した超薄肉スプール。 水面を這うがごとく、意のままに狙い撃つ。 スプールのさらなる薄肉化に挑み、耐久性を損ねることなく、従来を上回る低慣性化を実現しました。 遠投性能はもちろん、従来を遥かに上回る軽やかな立ち上がりと、どこまでも伸びる爽快なキャストフィール、そしてトラブルレス性能の大幅な向上を実現しています。 そしてアンタレスの名を冠しているので、 その飛距離にも大注目です。 品番 ギア比:6. 2/7. 4 ラインキャパ:12ポンド-100メートル(70番サイズ) 価格(税別) 58,000円 発売日 RIGHTモデルは2019年2月 LEFTモデルは4月発売予定 19カルカッタ コンクエスト DC 出典: 丸型リールで不動の人気を誇るカルカッタコンクエストに、DC搭載のNEWモデルが登場! 技術特性 カルコンに+DC+MGLでマキモノを征す W(ウインド)モード付きI-DC5の搭載により、強風への対応力を強化。 空気抵抗の大きいマキモノ系ルアーも強風下で楽に遠投できます。 軽く立ち上がり、低弾道で伸びやかな飛びを実現するマグナムライトスプールとの相乗効果でキャスタビリティもアップ。 高剛性の冷間鍛造ボディに組み込まれたマイクロモジュールギアはローノイズで滑らかな巻きごこちを実現。 NEWローラークラッチによって回転抵抗が低減され、巻き上げパワーにさらなる磨きがかかりました。 (出典:) リールに剛性感や巻きの安定性を求めるならカルコンシリーズは外せません。 そして 更なる飛距離(MGLスプール)や、キャスト時の安定性(DCブレーキ)を追加したのが、19カルカルカッタコンクエストDCといった所でしょうか。 カルカッタコンクエストDCには、 強風時に対応するW(ウインド)モードが設定されており、強風や空気抵抗の大きいルアーへの対応力を強化しているそう。 海水にも対応している為、様々な用途に使えそうですね! 品番 ギア比:4. 8 ラインキャパ:20ポンド-100メートル(200番サイズ) 19年1月10日現在で発表されたのは200番のみとなっておりますが、これから続々と発表されるであろう? 他の番手の発表にも期待です! 価格(税別) 69,000円 発売日 RIGHTモデルは2019年3月、LEFTモデルは5月発売予定 19スコーピオン MGL 出典: 現在も『スコーピオン』『スコーピオンDC』『スコーピオン BFS』の3シリーズが販売されているスコーピオンシリーズに真っ赤なMGLが追加! 技術特性 スコーピオンの血統にMGLが追加! 立ち上がりの軽いMGLスプールを採用し、高い遠投性とキャスタビリティ、低弾道の伸びやかな飛びを獲得した新生スコーピオン。 高剛性のHAGANEボディ内にはマイクロモジュールギアを搭載。 滑らかかつパワフルな巻き上げで多彩なルアーに対応します。 (出典:) 19スコーピオンMGLには今までのスコーピオンにはなかった MGLスプールとマイクロモジュールギアを搭載しています。 まさに多彩なスタイルに対応する新たなる機種と言えそうですね。 お値段も据え置きで、この仕様は驚きです。 品番 ギア比:6. 2/7. 4/8. ラバージグの点撃ちからトップウォーター、スピナーベイトやクランクベイトといったマキモノまで幅広く対応します。 (出典:) 驚くべきはその価格。 定価21,000円という事は、実売は2万円を切る事はほぼ間違いないでしょう。 それでいてMGLスプール・SVSインフィニティ・ハガネボディの性能を味わえる。 これだけでも買いの一台ではないでしょうか? 品番 ギア比:6. 3/7. 2/8.

次の

20カルカッタコンクエストDC(釣りフェス行ってきました!)

カルコン dc

現在主流のベイトリールとは一味違う形をした「丸型リール」。 このクラシカルなボディデザインに魅了される人も多く、昔から定着したファンが多い人気のシリーズです。 丸型リールは、金属の塊から削りだして作られたフレームにより、非常に強い剛性と重量感を特長としています。 その為、大きい魚やビッグベイトなどの大型ルアーを使う釣りに適しているとされています。 しかし、キャストできる軽量ルアーの限界や飛距離など、ベイトフィネス機としての性能は他機種に劣る部分が多い為、どちらかと言うと、性能よりも見た目重視のリールです。 2017年2月、ベイトフィネス専用のカルコン『』が発売されました。 4つのブレーキモードをダイヤルで設定。 2」はノーマルギアモデル。 回収スピードが遅いので、手返しが悪く、打ち物系ルアーにはあまり向いていない。 巻き物 小型プラグ(ミノー、シャッド、バイブレーション)、スピナーベイトなど 6. その分、軽量ルアーを投げにくくはなるものの、太いラインを巻いたり、遠投が可能。

次の