イノシシ 駆除 毒。 群馬県

イノシシに殺されそうです

イノシシ 駆除 毒

(同法第44条1項) この「みだりに」という部分が引っ掛かりますよね。 「みだりに」とは「これと言った理由もなく」と言う意味なので、正当な理由があればこの動物殺傷罪には該当しないということです。 どういう状況なら野良猫に毒餌を盛っていいのか 私は法律の専門家ではないのではっきりとは言えませんが、例えば 野良猫による被害が生活に大きな支障をもたらしていて、あれこれ手を尽くしたけどどうしようもない。 もう他にとりえる手段が無くなってしまった。 といった状況なら、正当な理由となる可能性があるのかもしれません。 しかし、こういう状況でも近所の野良猫をむやみやたらに殺してしまうと、動物殺傷罪に引っかかるリスクは大きくなりそうです。 野良猫の駆除に関する違法性は、野良猫の駆除を行った状況や弁護士によっても考え方が分かれるようで、違法だという弁護士もいれば合法という弁護士もいます。 また、状況によっても変わってくるので一概に申し上げることができません。 注意!放し飼いの飼い猫が毒餌を食べてしまった場合 自分はもうどうしようもない状況だから、毒餌を盛っても大丈夫そうだな。 と思っても、一度考えてみてください。 たしかに、正当な理由、状況があれば野良猫を駆除することは動物愛護法でも認められていますが、もしも毒餌を盛った猫が近所で放し飼いされている飼い猫だった場合はどうなると思いますか? 答えは 飼い主に慰謝料や損害賠償が発生するそうです。 より参照 そんなの猫を放し飼いにしている飼い主が悪いと思ってしまいますが、これが法律なのでどうしようもないですね。 もし、近所でうろついている猫に首輪がついていたら、この方法はとても危険です。 また、家の前などに置いてしまうと、散歩中の犬が誤って食べてしまうこともあるので置き場所にも注意が必要です。 誤ってペットを殺してしまい、飼い主に訴えられると器物損壊罪になります。 器物損壊罪になると、3年以下の懲役または30万円以下の罰金若しくは科料が与えられます。 毒餌・不凍液で野良猫を駆除する方法 毒餌や不凍液を使って野良猫を駆除するのは、法律的にはグレーゾーンです。 野良猫を「みだりに」殺す駆除については、2年以下の懲役または200万円以下の罰金という重い罰則があることを忘れないでください。 これから野良猫の駆除に役立つ毒餌のつくり方と不凍液についてご紹介しますが、毒餌による駆除以外にも取りえる方法があるとすれば違法行為に該当する可能性が非常に高くなります。 くれぐれも自己責任でお願いします。 毒餌 ホウ酸団子 の作り方 毒餌をつかうとゴキブリなどの害虫やネズミなども一緒に駆除することができます。 しかし、 近所に放し飼いされている猫や散歩中の犬が誤って食べてしまう危険があります。 毒餌となるホウ酸団子の作り方は以下の通りです。 ホウ酸50gに対して小麦粉30g、すりおろした玉ねぎ35g、砂糖小さじ1杯、牛乳適量を混ぜて団子状にする。 できた団子を2~3日天日干しにして固める ホウ酸団子はたったこれだけの手順で簡単に作れますが、野良猫を十分に殺す効果があります。 しかし、野良猫の駆除はグレーゾーンの扱いであり、毒餌は野良猫を苦しめる殺し方なので推奨できる方法ではありません。 また、ホウ酸団子は野良猫だけでなくゴキブリやネズミも食いつくので同時に駆除できます。 これらの動物に関しては個人で駆除しても違法性はありません。 不凍液を使った野良猫の駆除 不凍液に含まれるエチレングリコールは甘いので、置いておけば野良猫が舐めに来ます。 この成分は有毒なので舐めた猫は腎障害を発症して苦しみながら死亡します。 しかし、日本で販売されている不凍液では野良猫を駆除することはできません。 日本の不凍液は誤飲防止のために苦味成分が添加されているので、野良猫が舐めに来ることがないからです。 ヨーロッパ製の不凍液のみ苦み成分が含まれていないので駆除効果が期待できます。 しかしこちらも毒餌と同様に法律でグレーゾーンの扱いとなっています。 野良猫駆除で法律に触れないための別方法 毒餌や不凍液で野良猫を駆除するのは場合によって違法に扱われる行為です。 野良猫も苦しみながら死んでしまいますので、できれば避けたいですよね。 それに万一にも野良猫駆除のために犯罪者になってしまっては割りに合わないと思いませんか。 そこで、法律的にグレーゾーンな毒餌などの方法以外の、違法性のない駆除の方法もご紹介します。 当サイトではこちらの方法を推奨します。 捕獲機で捕まえて保健所に送る 捕獲機を使って野良猫を捕まえ、保健所に引き取ってもらう方法には違法性がありません この方法を行う場合は、自分の所有する敷地内に捕獲機をセットしましょう。 自分の所有する敷地内であれば、申請を行うことなく捕獲機を設置して野良猫を捕獲することが可能です。 捕まえた野良猫は、順に保健所に送ることで野良猫被害を食い止めることができます。 ただし、保健所にお願いしても役員の方が捕獲してくれることはありません。 自分で捕獲して連れていく必要があります。 毒餌よりも手間のかかる方法ですが、この方法なら法的に問題はありません。 おすすめの捕獲機や捕獲のコツについてはこちらの記事をご覧ください。 保健所に送れば里親が見つかるだろうと思うかも知れませんが、実際は保健所の猫の9割ほどが殺されています。 保健所が受け取り拒否する場合には 送られてくる野良猫の数が多く処理が間に合っていなかったり、駆除目的で野良猫を連れてくる人が多いなどの状況によっては、保健所が受け取りを拒否してくる場合があるそうです。 しかし、動物愛護管理法には 第四章 都道府県等の措置等 (犬及び猫の引取り) 第三十五条 都道府県等(都道府県及び指定都市、地方自治法第二百五十二条の二十二第一項の中核市(以下「中核市」という。 )その他政令で定める市(特別区を含む。 以下同じ。 )をいう。 以下同じ。 )は、 犬又は猫の引取りをその所有者から求められたときは、これを引き取らなければならない。 より引用 と記されているので、保健所は基本的に受け取りを拒否できません。 もしも受け取り拒否されたときには、これを見せてどうするのかもう一度問いただしてみましょう。 業者にお願いして捕まえてもらう 捕獲機で野良猫を捕まえると数によっては数か月かかります。 しかも、その度保健所まで連れていくのは時間も労力もかかって大変ですよね。 そこで、野良猫の捕獲を業者に頼むという方法もあります。 しかし、動物愛護法があるので基本的に害獣駆除業者も野良猫の駆除を引き受けてはくれません。 仮に業者が見つかったとしても、野良猫の駆除を依頼するとあなたも同様に罪に問われるかもしれません。 また、業者に依頼した場合の料金は1匹あたり数万円と、自分で捕まえるのとは比べ物にならないくらいの費用が発生するそうです。 合わせて読みたい• また、一匹一匹捕獲していく手間も考えると、駆除ではなく追い払う方法を取るのが最適です。 野良猫を追い払うには猫よけグッズが必須アイテムです。 猫よけグッズには超音波やスプリンクラー、トゲトゲなどいろんなタイプがあります。 ただ、猫よけにもコツがあるので、全くの素人だという方には難しいかもしれません。 そんな場合には、 猫よけの専門家が猫よけに関するあらゆる疑問に答えてくれる購入特典が付いたという猫よけグッズを選んでみてはどうでしょうか? 私は番人くんを購入して、 野良猫の糞尿被害を受けている場所の写真と共に猫よけの方法を聞いたところ、その通りにするだけで本当に猫がやってこなくなりました。 猫よけグッズにしては値段が高めですが、野良猫を駆除して動物愛護法に抵触するリスクを考えると試す価値は十分にあると思います。 トゲトゲシートや忌避剤、超音波グッズを使っても野良猫を追い払うことができず、困り果てた私は 「番人くん」という超音波グッズを購入しました。 番人くんには、猫よけのあらゆる疑問に専門家が答えてくれる特典が付いています。 野良猫の被害にあっている場所の写真を送ると、専門家がアドバイスしてくれるんです。 そのアドバイスに従ったところ、これまで自分でやってきた猫よけが嘘のように、野良猫がやってこなくなりました。 確実に猫よけを成功させるには、ノウハウの豊富な専門家に頼るのが1番です。 さらに、 万が一、専門家のサポートでも猫よけに成功できなければ、全額返金してもらえるので、お金が無駄になる心配もありません。 野良猫に頭を悩まされている方は、ぜひチェックしてみてください。

次の

イノシシに効果のある撃退方法は、これだった!

イノシシ 駆除 毒

イノシシOUT 全ての商品に農薬や薬物は使われていません 「イノシシOUT」原液 イノシシ対策が出来るイノシシ専用の忌避剤です イノシシOUTとは? 強烈なプサイシン・辛味・苦味・渋味・えぐみ・煙臭の合成刺激剤です。 唐辛子エキス(=カプサイシン)は動物の粘膜に激しい辛味と強烈な苦味を与える刺激剤です。 一度、その痛みを体験したイノシシはその場所に寄り付かなくなります。 このような刺激をイノシシに与える刺激剤を、無毒、無農薬で製造する技術を研究開発いたしました。 爪楊枝などに微量の原液をつけて舌先で味覚感触を体験してください。 強い辛味と苦味の刺激が理解できます。 無農薬なので、人体や植物に対して、薬害を与えません。 ベント芝生への心配も一切ありません。 ゴルフ場や官公庁緑地帯でイノシシなど大型動物の忌避剤として使用されています。 (漢方薬センブリに似た味を1000倍以上濃縮した成分) イノシシOUT 使用方法 イノシシOUTを約200倍に希釈して使用します。 イノシシに荒らされた場所や荒らされる恐れのある場所に希釈液をじょうろで散布します。 30ミリほどの深さに浸透させることが大切です。 すでに、掘り返された場所に繰り返し散布することも忘れないでください。 イノシシの侵入が無いことを確認できるまで散布することも大切です。 何度かの散布を繰り返すことでイノシシにとって嫌な場所と認識すると近づかなくなります。 多くの場合、一回の散布で近づかなくなりますが、経験のないイノシシが来ることもあるので安心できません。 雨後は忌避効果が落ちることもあるため、様子を見る必要があります。 忌避効果が下がっていれば、改めて散布してください。 イノシシは体格も大きく、知能の発達した警戒心の強い動物です。 自らに害が及ばないと知ると地面を掘り始めます。 多くの場合、特殊な刺激や臭いに驚きその場を離れますが、中には負けじと頑張るイノシシもいます。 被害を受けた後も改めて多めの散布をしてください。 散布車で一気に広範囲に散布することはあまり意味がありません。 要所、要所に何度か集中的に散布する方が被害を少なく済ませます。 イノシシ対策にはしっかりとした知識とやり方が重要となります。 希釈濃度が下がると効果が下がります。 (広さに合わせて希釈してください) 2.タンク車などで一気に散布しないでください。 3.被害場所が狭い場合も広めに散布してください。 4.農作物に直接散布しないでください。 イノシシOUT 使用上の注意 1.直接、手で触れないでゴムかビニール手袋を着用してください。 2.お子様の手が届かない場所に保管してください。 3.直射日光の当たらない場所に保管してください。 4.容器に残量がある場合は、しっかりとキャップを閉めてください。 5.食用農産物への散布はできません。 イノシシの被害と駆除について• 【被害】• 近年、中山間地域などにおいて、シカ、イノシシ、サルなどの野生鳥獣による農林水産業被害が深刻化・広域化しています。 イノシシは警戒心が強く、田舎であったとしてもできるだけ人前に姿を現しません。 しかし、農作物を荒らすなどの被害は跡を絶ちません。 また、万が一イノシシに遭遇した際には直接被害を受ける可能性もあります。 イノシシは昆虫やミミズ、蛇などを食べる動物ですが、稲やスイカなどの果物、さつまいもをはじめとする農作物も好みます。 また、基本的には雑食ですので家庭から出る残飯を食べることも少なくありません。 一頭で行動することもありますが、集団でやって来た場合は一晩で畑中の農作物がなくなってしまうというケースも有るくらいです。 【駆除】 当社のイノシシ駆除用忌避剤 「高濃度イノシシOUT」は、水で薄めてジョーロで散布するだけなので作業が簡単で、広範囲の面での忌避が可能です。 また、即効性があり、持続性も高く、無農薬ですので人や動物、植物にも安心・安全です。 イノシシ被害を防ぐ方法 イノシシの被害を防ぐためには、どのようなことをすればよいのでしょうか?体が大きく頭の良い動物ですが、イノシシを駆除する方法はいくつかあります。 ここでは、その方法の一部を紹介します。 対策方法 メリット デメリット 電気柵 一度電気ショックを経験した動物は近寄らなくなる。 定期的に漏電管理(電圧チェック)と草刈りが必要。 金網フェンス 物理的に侵入を防ぐ。 耐用年数が長くメンテナンスがほとんど必要ない。 電気柵に比べ初期費用がかかる。 柵の高さによっては飛び越えてしまうことがある。 柵の下の土を掘ってくぐりぬけることがある。 青色ライト イノシシが嫌う青色のライトで侵入を防ぐ。 光に慣れたり光の場所を覚えることで、効果が薄れる。 音 (爆竹・花火) 大きな音に驚き侵入を防ぐ。 頻繁に利用すると慣れてしまい、効果が薄れる。 1.イノシシが隠れる場所を作らない• イノシシは警戒心が強く臆病なため夜間に行動し、できるだけ人前に姿を見せない動物です。 隠れるところがなければイノシシは侵入できなくなることが多いのです。 例えば背の高い雑草などが多い場合は、刈り取ってしまい身を隠せないようにするのも良いでしょう。 2.食べ物を置かない• イノシシが食べるモノを置かないということも効果の高い方法です。 例えば、残飯などを放置しておくとそこに餌があるということを学習しますので、頻繁に現れるようになります。 イノシシの豆知識 生息環境・形態• 落葉広葉樹林や竹林、カヤ・ススキなどの草地に生息。 体の大きさは、体重で通常100kg前後。 キバがあるのがオスです。 一夫多妻制。 2歳で初産し、以降毎年平均4〜5頭を出産。 発情期は12月〜2月、 妊娠期間が4〜5ヶ月で4月〜6月に出産します。 出産は通常1年に春1回だが、 春の出産に失敗した雌の中には発情して秋に子どもを産むものがある。 行動パターン• 日没から夜明けにかけて活発に活動。 本来は昼行性、人間の活動の影響で夜行性 を示す。 社会性• 生後6ヶ月くらいまでは、体に縞模様があるためウリ坊と呼ばれます。 オスは成長すると単独行動、メスは子や姉妹と群れをつくります。 野生での寿命は10歳前後と言われています。 (オス6歳、メス10歳)• 極めて臆病で、警戒心が強い。 慣れた獣道では大胆だが、開けた場所では警戒して 行動します。 視力は弱く、青色のみ識別可能。 嗅覚は犬に匹敵する。 農地に侵入する際は、鼻で探索して目で確認します。 能力・運動能力• 鼻の力は非常に強く、大きな石でも簡単に動かすことができます。 50〜60kg程度重さのものを持ち上げ、地面を掘り起こす力も強力です。 鼻のみ電気柵の電気ショックを感じます。 成獣は1. 2m程度の跳躍力がありますが、上を越えるよりも下をくぐって通り抜けようと する傾向があります。 幼獣は15cm格子を通り抜け、成獣は20cm程度の隙間はくぐり 抜けます。 「一度覚えると忘れない」「侵入に成功した仲間を真似る」「光、音、ニオイを使った 防除方法の効果は一時的。 すぐ慣れてしまう。 」など、学習能力が高いです。 雑食性で、タケノコ、イモ、クリ、ドングリ、稲の穂(乳熟期)、クズの根などの植物や ミミズ、昆虫の幼虫など、ほとんど何でも食べます。 鳥獣による平成24年度の農作物被害については、被害金額が230億円で前年度 に比べ3億円増加 対前年1%増 、被害面積が9万7千haで前年度に比べ6千ha減少 対前年6%減 、被害量が70万tで前年度に比べ1万3千t減少 対前年2%減 しています。 主要な獣種別の被害金額については、シカが82億円で前年度に比べ5千万円減少 対前年1%減 、イノシシが62億円で前年度に比べ1千万円減少 対前年0. 2%減 、サルが15億円で前年度に比べ7千万円減少 対前年4%減 しています。 ( :47KB)• ( :63KB).

次の

間違っていませんか?プロが教える殺鼠剤の正しい使い方と注意点 │ みんなのネズミ駆除屋さん

イノシシ 駆除 毒

イノシシによる農作物被害は、年間約50億円ほどに達しています。 イノシシは繁殖力が高く、によると、イノシシの個体数は30年前のおよそ3倍になっています。 個体数が増えると、その分農作物の被害も増えますが、作物の被害だけでなく農家の営農意欲も奪いとられるため、離農が増える結果となります。 そのため、イノシシ対策として多くの自治体で罠の設置などによる捕獲・駆除が積極的に行われています。 最近では捕獲・駆除だけでなく、田畑や家の庭、生ゴミ置き場などにイノシシを寄せ付けないための新しい対策も行われるようになってきています。 この記事では、そのうちのいくつかを紹介したいと思います。 オオカミロボット「スーパーモンスターウルフ」 イノシシを田畑などに寄せ付けないための対策としては、電気柵などの防護柵を設置することが一般的です。 しかしながら、イノシシは学習能力が高く、「この柵は入ることができる」と学習すると、多少の困難はものともせず柵を突破しようとします。 柵はイノシシから田畑を守る最終防衛ラインであるため、突破されると直ちに新たな対策を講じる必要が出てきます。 そこで出てくるのがイノシシを寄せ付けないための威嚇対策ですが、単純な威嚇装置ではイノシシが慣れてしまい効果がなくなってしまいます。 それを踏まえ、北海道奈井江町の太田精器が開発したのがオオカミロボット「スーパーモンスターウルフ」です。 装置は全長65センチ、高さ50センチ。 機器本体にマスクをかぶせ、外観をイノシシの天敵であるオオカミそっくりに作り込んでいます。 50種類以上の多種多様な威嚇音を出すことができ、イノシシが慣れてしまわないよう考慮されています。 また、赤外線センサーで動物の接近を感知すると、目の部分の発光ダイオード(LED)が赤く点滅し、首を左右に振って威嚇します。 太田精器は早くからLED鳥獣忌避装置の開発に取り組んでおり、スーパーモンスターウルフにもそのノウハウが活かされています。 イノシシは警戒心が高いため、普段とは異なるものを感知すると回避行動をとります。 そのため、スーパーモンスターウルフを田畑周辺に設置すれば、イノシシが近づかなくなることが期待されます。 イノシシが嫌がる超音波装置 広島県では、人間の生活圏へのイノシシの侵入が相次いでいます。 そのため、市街地にイノシシが近づかないようにする対策を望む声が多くあがっています。 そこで尾道市は、県立広島大学の重点研究事業・地域課題解決研究を活用して、市街地にイノシシを近づけさせない取り組み「イノシシ等有害鳥獣を近づけさせないプロジェクト」を開始しました。 このプロジェクトにより、今月6日に超音波を発する装置が尾道市の住宅地近くに設置されました。 この装置は、県立広島大学と民間の企業が共同開発したもので、人の耳ではとらえることのできない周波数の超音波を広範囲に照射できるというもの。 所定エリア内に侵入したイノシシを超音波によって威嚇し、逃避させることを目的としています。 によって、イノシシは超音波を嫌うことはないものの、特定の周波数においては忌避反応を示すことが確認されており、これまでにも北広島町や庄原市などの山間部において、実際にこの装置を用いてイノシシを追い払う効果が確認できたとのこと。 今回もその有効性が確認できれば、人慣れしたイノシシでも田畑に近づけないようにできることが期待されます。 グレーチング付きU字溝「わたれません」 グレーチングとは、鋼材を格子状に組んだ溝蓋のことです。 道路にある排水のためのU字溝や側溝、歩道などに使用されます。 グレーチング付きU字溝「わたれません」は、人や車は問題なく通行可能ですが、イノシシやシカなどにとっては通行しにくくするグレーチング付きU字溝です。 「わたれません」には、直径8cm・深さが4cm程度の六角形のグレーチング構造が採用されており、イノシシが侵入しようとしても蹄でバランスが取れず踏ん張りがきかないようになっています。 くくり罠を設置するときにもよく考慮することなのですが()、イノシシは足の踏ん張りがきかない箇所があると、踏み抜かずに足を引っ込めます(そのため、くくり罠を設置する場合はグラグラと不安定にならないよう注意を払います)。 また、警戒心も高いので、「わたれません」が設置してある部分は通行せずに引き返すことが期待されます。 金網や柵を設置する場合、入口まで完全に囲ってしまうと人や車も出入りできなくなってしまいますが、かといって入口をガラ空き状態にするわけにもいきません。 そこで、道路上の対策として「わたりません」を活用すれば、柵を設置できない入口部分においてもイノシシの侵入を防止することができます。 「わたれません」の実証調査では、9割を超す侵入防止効果があったとのこと。 まとめ 現在のイノシシ対策の主軸は捕獲・駆除による個体数調整であり、今後もしばらくその流れは続くと思いますが、それだけでは根本的な解決にはなりません。 イノシシを地域に寄せ付けないための環境づくりや、住民の意識の持ち方、設備の整備など、総合的な施策が望まれます。 人手が足りなくても、それをカバーできるような新しいイノシシ対策が望まれるところです。 皆様にお役立ちの農林情報を配信いたします。 関連する記事• 2018. 10 近年、数多く報告されるようになったイノシシ被害。 なかでも農作物の被害は甚大で、農林水産省の発表によると、年間50億円ほどの被害額が算出されています。 […]• 2017. 10 猟友会の方に話を聞くと、稀に100キロ超えの大きさのイノシシが捕らえられるそうですが、この記事では特大イノシシの捕獲ニュースを紹介します。 最近の特大[…]• 2017. 04 猪(イノシシ)は数を減らしていると思っている人も多いですが、そうではありません。 2013年度末のデータでは、イノシシはおよそ98万頭いると推定され、[…].

次の