金沢八景 荒川屋。 料金プラン

八景 荒川屋

金沢八景 荒川屋

東京湾LTアジ【金沢八景/荒川屋】 初挑戦でしっかり本命をキャッチした村上さん夫妻。 18~28センチトップ42尾 東京湾金沢八景(瀬戸橋)のでは脂の乗った アジを ライトタックルで狙える半日船が出ている。 7月7日(火)の午前船は、ナギにも恵まれ、沖釣り初挑戦の女性も開始早々に本命をゲットするなど、快適な船釣りを楽しんだ。 船宿に到着したのは出船1時間半前。 店直下の船着場から乗船する。 船長のアドバイスを受けやすく船の揺れが少ない左舷胴の間に村上さん夫妻、常連・竹山さんが右舷ミヨシに先に入っており、私は左舷ミヨシへ。 その後、右舷トモに近藤さんと小路さんの2人組が入った。 池島剛船長の操船で7時半に出港。 ナギの海を滑走し、航程約10分でエンジンがスローダウン。 追浜の沖提が近くに見えるポイントに到着。 船首を東に向けてエンジン流しにすると、「水深は16~17メートルです。 エサの青イソメはタラシ1. 5センチくらいになるように切って付けてください。 コマセは詰め過ぎるとカゴから出なくなりますので八分目にしてビシを底まで落とします。 タナは底からリール3巻きくらい(約1. 5メートル)に取って、アタリを待ってください」と投入の合図。 曇り時どき小雨、無風で海面はナギ。 夏場の東京湾奥独特の緑茶色の潮は8時の満潮に向けてわずかに上げ(北西への流れ)が予測されていたが、流れは弱かった。 コマセにイワシミンチを詰め、ビシを仕掛けと重ならないように離して投入。 反応は底付近なので底からビシを約50センチ巻き上げてからビシをひと振り、さらに約50センチ刻みで上へ向かってコマセを振って海中に煙幕を作り、底から1. 5メートルにビシが留まるようにしてアタリを待つ。 「船は少しずつ流されて、水深が変わることもあります。 2~3分に一度はビシを底まで落とし、タナを取り直してください」とアナウンス。 開始から2~3分後、底を取り直した直後に小アジ特有のキュン、キュン、キュンという軽快なアタリ。 竿先を30度ほど上へ向けるように聞き上げ、そのままの角度を保ってリールを中速で巻き上げる。 キュ、キューンと何度も竿先が入り、ライトタックルならではの釣り心地がいい。 真ん中のハリに掛かってきた船中第一号は20センチ級。 近藤さん、小路さんもキャッチ。 これをきっかけに船内18~27センチが入れ食い。 「釣りは初めてです」と言っていた村上りささんもご主人の利克さんのサポートを受けて早々に18センチをゲット。 近藤さん、小路さんの2人組も シロギスや カタクチイワシなどのゲストを交えて次つぎと魚を上げていた。 特に竹山さんは電動リールを使い、 アジ釣りマシンと化し、1時間で20尾を突破。 「タナは低めですね。 2メートルの仕掛けで1. 5メートルです」と言っていた。 常連の竹山さんが竿頭。 9時をすぎると潮の流れが変わってきたせいか、アタリが急に少なくなる。 突然大きな魚信でリールのドラグを滑らせるやり取りをして 40センチオーバーのアジを海面下まで浮かせたが、残念ながら口切れ、「潮変わりに大物が来る」という定説を思い出す。 その後、私には本命の魚信がこなくなり、いろいろとタナを探ってみるうちにギュン、ギューンといいアタリ。 24センチ クロメバルのダブルで美味しいゲストをキープ。 船長は9時半ごろからいい反応を探して、移動を繰り返し、ぽつりぽつりと拾い釣り。 私は右舷トモ方向へ流れる底潮にアタリをだせず、11時に沖上がり。 釣果は18~28センチが6~42尾。 ほかに カタクチイワシ、 シロギス、 メバル、 カサゴなどが交じった。 (左)この看板が目印。 (右)池島剛船長。 【船長と女将のコメント】 「朝はいい潮が流れていたようですが、途中から船の向きも安定させづらい潮が流れてきて、魚が食わなくなってしまいました。 誘って何とかアタリをだしている人もいましたのでマニアックな釣りの様相も一つのハードルとしてみれば楽しみ方を見出せるのではないでしょうか。 ぜひ遊びにきてください」 (週刊つりニュース関東版APC/木津光永) 【釣行記事一覧はこちら】 『』 昼12時30分に出船して16時に終了、16時30分には帰港という手軽な午後船のプランです。 ターゲットのアジは、いわずと知れた庶民派の代表魚。 LTはライトタックルの略で、ほかのアジ釣りに比べて道具が軽いのが特長。 釣り方はコマセという撒きエサを使い魚を寄せてながら釣ります。 食材として、どんなものにも応用がきく魚ですので、女性や親子釣行、初めての人にもオススメです。 15~20センチが平均的に釣れますが、いい群れにあたると、25~30センチ以上にもなり、強い引き味が楽しめます。 料理としては、刺し身やナメロウはもちろん、空揚げ、干物、煮付けなどがあげればきりがありませんよ! 新鮮なので、釣り人ならではのフワフワのアジフライに挑戦したりするのもいいでしょう。 女性・大学生・高校生は4,200円、中学生以下は3,100円です。 必要であれば、予約時に備考欄に記入してください。

次の

八景 荒川屋

金沢八景 荒川屋

海釣り公園、岸壁、堤防、地磯、サーフ、ボートと、今まで様々な釣りを経験してきました。 しかし、父親が船酔いすることから船釣りだけは未経験でした。 そんな折、高校時代の友人Kと、Kのお父さんから「船釣り行かない?」とのお誘い。 船酔いが少し心配でしたが、せっかくなら、とご一緒させてもらうことにしました。 ターゲットはシロギス 今回のターゲットはシロギス。 道具・釣り方ともにシンプルなことから、船釣りで最も初心者向けと言われる魚です。 船でのシロギス狙いの仕掛けには「胴突き仕掛け」と「天秤仕掛け」の2種類がありますが、今回は天秤仕掛けを選択。 片天秤に2本針、エサはアオイソメと、陸での投げ釣りの仕掛けとほとんど変わりありません。 シロギス自体は投げ釣りやボート釣りで釣ったことがあるので、餌の付け方や仕掛けの扱いは問題なさそうです。 使用タックル 竿 船宿のレンタル品 リール 船宿のレンタル品(スピニング) 道糸 船宿のレンタル品(PEライン・1号前後) 天秤 キス用の小型片天秤 オモリ 15号 仕掛け 船宿オリジナル仕掛け(ハリス1号・全長60cm・2本針) エサ アオイソメ 初心者も安心の船釣り 初の船釣りということで緊張していましたが、船宿の対応はとっても親切で安心できました。 大まかな手順は以下の通り。 上の手順を済ませ、船に乗り込んで準備開始。 クーラーボックスやバケツを足元に配置し、船べりの下にはエサやハサミなどを準備します。 ボート釣りに比べ、清潔で広々とした釣り座にビックリ。 ゴウンゴウンというエンジンをふかす音に、ワクワク感が高まっていきます。 実釣記録 出船~渋い午前中 午前8時、出船の時刻となりました。 釣り船は係留してある平潟湾を抜けるまではゆっくりと進んでいましたが、湾を抜けると猛スピードで加速します。 ちょっとしたクルージングに大興奮。 あっという間にポイントに到着し、船長さんの「はい、どうぞ」の掛け声とともにスタートです。 Kのお父さんによると、 海底に根やカケアガリがあるので投げるよりも船の下を丁寧に探った方が良いとのこと。 (結果として、このアドバイスが大正解でした。 隣で仕掛けを投げていた若者2人は全然釣れていませんでした。 ) Kのお父さんのアドバイス通り、投げずに仕掛けを真下に投入し、海底をトントンとオモリで小突いて誘ってみます。 すると、少しモタれたような前アタリの後、プルプルっとキスらしい引き込みがきました。 軽くアワせてリールを巻くと、釣れたのは15cm程のシロギス。 「おお、一投目から釣れるとは、さすが船釣り!」 ……と思ったのもつかの間、後が続きません。 忘れたころにポツリ、ポツリと釣れるといった感じです。 原因はおそらく 茶色く濁った潮の色。 濁りを嫌うシロギスには 悪条件です。 陸から投げ釣りで狙う時も、潮が濁った日は外道ばかりが釣れてしまい貧果に終わることが多いです。 しかし、そこは船釣り。 船長は、アタリが少ないとすぐにポイントを移動してくれ、少しずつ魚を拾っていくことができます。 他のお客さんを見ると、積極的に誘ってもあまり釣れていないようなので、自分なりに違うパターンを試してみることにしました。 すると、 なるべく底から離さないようにしてたまにじわーっと誘うパターンでシロギスが連発ヒット! 中には20cm超えの良型も混じり、キュンキュンと竿を絞り込む引きを楽しめます。 午後からは活性アップ! 午前中は地味な状況が続きましたが、午後に入ると潮が効き始め、魚の活性が上がり始めました。 トラギス・メゴチ・ヒイラギ・クサフグなどの外道を含めて本命シロギスが活発にヒットします。 ただ、一ヶ所で釣れ続くということはあまりなく、ポイントを移動する度に1人につき3~4匹のシロギスが掛かるといった状況でした。 ここですごかったのが友人Kのお父さん。 常連さんに負けないペースでどんどんシロギスを釣りあげていきます。 それも、 外道を掛けずにシロギスばかりを釣るのでビックリ。 これが年季の差ってことなのでしょうか……! 後で知ったのですが、こまめに誘いながらも食わせるタイミングを作ったりと 積極的に仕掛けを動かしていたようです。 活性の高いときのシロギスは外道を蹴散らしてエサを食べるので、どうやらこの方法が正解だったようです。 その後はみんなでポツリポツリと釣り続け、15時30分に納竿・帰港となりました。 シロギス船としては少し渋い日に当たってしまいましたが、それなりに釣れて満足の一日となりました。 今回の釣果 集めるとそれなりの数になったシロギス 最終釣果はシロギス28匹、トラギス3匹、その他外道(メゴチ・ヒイラギ・クサフグ・ヒトデ)でした。 友人Kはシロギス20匹ほど、Kのお父さんは35匹ほどでした。 船でトップの釣果だった常連さんは、シロギスだけで70匹越え!(おそらく2本竿を出していました) 初めての船釣りでしたが、船酔いもせず存分に楽しめました。 行き帰りのサポートから料理まで、万全のサポートで楽しませてくれた友人KとKのお父さんに感謝感謝です! 今日のポイント 仕掛け• 胴突き仕掛け・テンビン仕掛け共に差は無し• 船宿の仕掛けは全長60cmと短く扱いやすかった エサ• アオイソメは針に対して真っ直ぐになるよう丁寧に刺す(食いの渋い時は特に大切)• チョン掛けは餌を食いちぎられることが多かった 釣り方• 根回りやカケアゲリのポイントを狙う場合は投げずに竿下を狙うと良い• 食いが渋い時は底付近をゆっくり誘う• シロギスの食いが良い時は外道も活性が上がりやすいため積極的に誘う• ヒイラギやクサフグ等の外道が多い場合は底を少し切るのも良い.

次の

東京湾LTアジ【金沢八景/荒川屋】

金沢八景 荒川屋

東京湾LTアジ【金沢八景/荒川屋】 初挑戦でしっかり本命をキャッチした村上さん夫妻。 18~28センチトップ42尾 東京湾金沢八景(瀬戸橋)のでは脂の乗った アジを ライトタックルで狙える半日船が出ている。 7月7日(火)の午前船は、ナギにも恵まれ、沖釣り初挑戦の女性も開始早々に本命をゲットするなど、快適な船釣りを楽しんだ。 船宿に到着したのは出船1時間半前。 店直下の船着場から乗船する。 船長のアドバイスを受けやすく船の揺れが少ない左舷胴の間に村上さん夫妻、常連・竹山さんが右舷ミヨシに先に入っており、私は左舷ミヨシへ。 その後、右舷トモに近藤さんと小路さんの2人組が入った。 池島剛船長の操船で7時半に出港。 ナギの海を滑走し、航程約10分でエンジンがスローダウン。 追浜の沖提が近くに見えるポイントに到着。 船首を東に向けてエンジン流しにすると、「水深は16~17メートルです。 エサの青イソメはタラシ1. 5センチくらいになるように切って付けてください。 コマセは詰め過ぎるとカゴから出なくなりますので八分目にしてビシを底まで落とします。 タナは底からリール3巻きくらい(約1. 5メートル)に取って、アタリを待ってください」と投入の合図。 曇り時どき小雨、無風で海面はナギ。 夏場の東京湾奥独特の緑茶色の潮は8時の満潮に向けてわずかに上げ(北西への流れ)が予測されていたが、流れは弱かった。 コマセにイワシミンチを詰め、ビシを仕掛けと重ならないように離して投入。 反応は底付近なので底からビシを約50センチ巻き上げてからビシをひと振り、さらに約50センチ刻みで上へ向かってコマセを振って海中に煙幕を作り、底から1. 5メートルにビシが留まるようにしてアタリを待つ。 「船は少しずつ流されて、水深が変わることもあります。 2~3分に一度はビシを底まで落とし、タナを取り直してください」とアナウンス。 開始から2~3分後、底を取り直した直後に小アジ特有のキュン、キュン、キュンという軽快なアタリ。 竿先を30度ほど上へ向けるように聞き上げ、そのままの角度を保ってリールを中速で巻き上げる。 キュ、キューンと何度も竿先が入り、ライトタックルならではの釣り心地がいい。 真ん中のハリに掛かってきた船中第一号は20センチ級。 近藤さん、小路さんもキャッチ。 これをきっかけに船内18~27センチが入れ食い。 「釣りは初めてです」と言っていた村上りささんもご主人の利克さんのサポートを受けて早々に18センチをゲット。 近藤さん、小路さんの2人組も シロギスや カタクチイワシなどのゲストを交えて次つぎと魚を上げていた。 特に竹山さんは電動リールを使い、 アジ釣りマシンと化し、1時間で20尾を突破。 「タナは低めですね。 2メートルの仕掛けで1. 5メートルです」と言っていた。 常連の竹山さんが竿頭。 9時をすぎると潮の流れが変わってきたせいか、アタリが急に少なくなる。 突然大きな魚信でリールのドラグを滑らせるやり取りをして 40センチオーバーのアジを海面下まで浮かせたが、残念ながら口切れ、「潮変わりに大物が来る」という定説を思い出す。 その後、私には本命の魚信がこなくなり、いろいろとタナを探ってみるうちにギュン、ギューンといいアタリ。 24センチ クロメバルのダブルで美味しいゲストをキープ。 船長は9時半ごろからいい反応を探して、移動を繰り返し、ぽつりぽつりと拾い釣り。 私は右舷トモ方向へ流れる底潮にアタリをだせず、11時に沖上がり。 釣果は18~28センチが6~42尾。 ほかに カタクチイワシ、 シロギス、 メバル、 カサゴなどが交じった。 (左)この看板が目印。 (右)池島剛船長。 【船長と女将のコメント】 「朝はいい潮が流れていたようですが、途中から船の向きも安定させづらい潮が流れてきて、魚が食わなくなってしまいました。 誘って何とかアタリをだしている人もいましたのでマニアックな釣りの様相も一つのハードルとしてみれば楽しみ方を見出せるのではないでしょうか。 ぜひ遊びにきてください」 (週刊つりニュース関東版APC/木津光永) 【釣行記事一覧はこちら】 『』 昼12時30分に出船して16時に終了、16時30分には帰港という手軽な午後船のプランです。 ターゲットのアジは、いわずと知れた庶民派の代表魚。 LTはライトタックルの略で、ほかのアジ釣りに比べて道具が軽いのが特長。 釣り方はコマセという撒きエサを使い魚を寄せてながら釣ります。 食材として、どんなものにも応用がきく魚ですので、女性や親子釣行、初めての人にもオススメです。 15~20センチが平均的に釣れますが、いい群れにあたると、25~30センチ以上にもなり、強い引き味が楽しめます。 料理としては、刺し身やナメロウはもちろん、空揚げ、干物、煮付けなどがあげればきりがありませんよ! 新鮮なので、釣り人ならではのフワフワのアジフライに挑戦したりするのもいいでしょう。 女性・大学生・高校生は4,200円、中学生以下は3,100円です。 必要であれば、予約時に備考欄に記入してください。

次の