神戸大学 法学部。 神戸大学法学部の情報(偏差値・口コミなど)

神戸大学法学部出身です。先日神戸大学を知らない人が明治大学...

神戸大学 法学部

法学部への入学を希望される方へ 新型コロナウイルス感染症の流行を受け、当面の間大学構内への立ち入りを禁止しています。 入学願書等を含む募集要項請求方法 下記の一覧にある学生募集要項には、入学願書等は含まれていません。 入学願書等については、を参照し、郵便で請求してください。 下記に新年度版の学生募集要項が掲載されると同時に、 郵送による入学願書等請求の受付けを開始します。 編入学試験の募集要項(出願書類)の発送については7月中旬を予定します。 法学部学生募集要項等 過去の入試問題等 一般入試 (前期・後期) 一般入試は神戸大学全学で実施していますので、詳しい情報については上記リンクから全学ウェブサイトをご覧下さい。 編入学 2020年7月更新 単位修得見込科目リスト 【】【】 【編入試験問題】 筆答試験の一部は大学外に著作権がある文献が使われますので、著作権法の規定により本サイトでは表示できません。 ただし教務係にて閲覧することは可能です。 科目等履修生 (2020年7月8日更新) (2020年7月1日更新) 書類選考と口頭試問のみによるため過去の入試問題はありません。 聴講生 (2020年7月8日更新) (2020年7月1日更新) 書類選考と口頭試問のみによるため過去の入試問題はありません。 留学を希望される外国人の方へ 外国人特別学生(私費)入試 入試は本学部で実施されます。 をご覧下さい。

次の

神戸大学法学部の就職について。法科大学院にはどれくらい進学するのか?公務員、民間企業への就職状況はどうか?

神戸大学 法学部

A ベストアンサー 経営学部のことに絞りお話します。 神戸大学経営学部は日本で最も古い経営学部です。 またそれまでの伝統もあり、絶大な人脈を構成しています。 もし、あなたが将来研究者になるとしたら、大阪大学経済学部よりも神戸大学経営学部に行くべきです。 大阪市立大商学部は神戸大学経営学部の次くらいの印象です。 近畿地方以西の国公立大学の経営・商学分野では神戸大学経営学研究科(大学院)出身者があふれています。 滋賀大学経済学部、和歌山大学経済学部、岡山大学経済学部、香川大学経済学部などはその象徴的な存在です。 私立大学も同じような状況です。 長くなりましたが、経営学を学ぶなら、神戸大学、大阪市立大学、大阪大学の順です。 A ベストアンサー 神戸大の経営・経済・法学部は以下の理由で一橋とともに伝統があり格が高いです。 東京の企業でも卒業生数のわりにはそれなりの勢力ですよ。 難易度についても旧帝大と一橋と神戸大はセンター5教科7科目、2次3教科以上あり比較できますが、筑波大、千葉大、横浜国大、広島大は教科数が少ないので難易度は下がります。 明治時代から昭和初期にかけて財界に必要な学問研究と財界人養成のために官立商大、公立商大、官公私立高商が設立されました。 格の高さは、官立商大>公立商大>官立高商>公立高商>私立高商>私立専門部 現在でも旧商大・高商系の大学は文系財界人で一大勢力を持ち、偏差値に比して就職が強い傾向にあります。 6 東大経 90. 0 67. 4 京大経 88. 0 一橋法 87. 4 京大法 87. 2 京大文 85. 6 一橋経 84. 8 65. 8 大阪文 84. 0 神戸法 84. 0 62. 7 九州法 83. 3 神戸経 82. 0 東北法 81. 3 名大法 81. 1 九州文 80. 4 神戸文 80. 4 60. 0 名大経 81. 1 北大文 80. 7 名大文 80. 0 東北経 79. 6 東北文 78. 9 57. 3 北大経 78. 東京の企業でも卒業生数のわりにはそれなりの勢力ですよ。 難易度についても旧帝大と一橋と神戸大はセンター5教科7科目、2次3教科以上あり比較できますが、筑波大、千葉大、横浜国大、広島大は教科数が少ないので難易度は下がります。 明治時代から昭和初期にかけて財界に必要な学問研究と財界人養成のために官立商大、公立商大、官公私立高商が設立されました。 格の高さは、官立商大>公立商大>官立高商>公立高商>私立高商... Q 高3の者です。 私は今年度、神戸大学受験を考えています。 しかし、学部がまだはっきりと決まっていません。 私は、将来地方公務員もしくは一般企業への就職を考えています。 私は文系ですが、数学が好きで得意です。 そして国語が嫌いで大の苦手です。 偏差値(河合全統記述)で言うと、英語60~65、数学65~70、国語50~55程度です。 また、私は経済学にはあまり興味がありません。 法学には少し興味があります。 (ただ、めちゃくちゃ興味があるというわけではありません。 ) 私は神戸大学の法学部、経済学部、経営学部のどこかへ行こうと思っています。 理由としてまず、文系の場合、法、経済、経営のどの方向へ行っても将来の就職はそんなに変わらないと思うし(私は将来法曹の世界に行くつもりはないので)、そんなに学部に対して強いこだわりもないからです。 ただ、この考え方はまずいでしょうか? 神戸大学は法学部は数学の配点が低く国語の配点が高い、(数学:国語=1:2)。 それに対して、経済、経営学部は数学の配点が上がり国語の配点が下がる(数学:国語=1:1)なので、得意不得意で決めると、経済、経営向きなのですが、興味で選ぶと法に傾きます。 皆さんならば私と同じ状況ならどうしますか? また、実際に大学へ入ると、法学部と経済、経営学部では大きな違いはあるのでしょうか? 回答お願いします。 高3の者です。 私は今年度、神戸大学受験を考えています。 しかし、学部がまだはっきりと決まっていません。 私は、将来地方公務員もしくは一般企業への就職を考えています。 私は文系ですが、数学が好きで得意です。 そして国語が嫌いで大の苦手です。 偏差値(河合全統記述)で言うと、英語60~65、数学65~70、国語50~55程度です。 また、私は経済学にはあまり興味がありません。 法学には少し興味があります。 (ただ、めちゃくちゃ興味があるというわけではありません。 ) 私は神戸大学の法学部、経済学... A ベストアンサー 私はむしろ、私が考えるところの難関大学 阪大より上 の二次ボーダーが、高すぎるように思っています。 大学にも依るんでしょうが、部分点部分点で相当拾ってくれないと、あの点にはならないような。 そもそも、センターの難易度で8割しか取れないのだから、それよりは難しい試験だと、得点はもっと下がりそう。 7割を割り込む、というのは、妥当な線だと思いますが、如何でしょう。 私は理系ですが、入学後、うちの大学の連中に色々話を聞いてみると、数学が5問中1問半しか解けなかったという話が多かったです。 いやぁ落ちたと思ってさぁ、と。 当然、正解だと受験生が思ったところでも、減点を喰らうこともあるでしょうから、部分点を拾い上げないと、まともなスコアにはならないはずです。 大学の偏差値、というのは、人気によって決まります。 明日、郵便受けに、京都大学の合格チケットが入っていたら、行ってやっても良いよなぁ、と思うんじゃないでしょうか。 ところが、摂南辺りなら、ゴミ箱直行かもしれません。 つまり、潜在的人気も含めれば、京都大学は人気が高い、潜在的な倍率が高いのです。 人気があるから、その中で上から合格者を採っていけば、ボーダー付近の偏差値は、京都でも大阪でも神戸でも、そうなるのです。 もし人気が維持できるなら、京都の入試がセンターのみ、出題難易度が激落ちしても、 センター模試の 偏差値は維持されるだろうと思います。 出題難易度が低いから偏差値が下がる、ということは無いでしょう。 しかし、その逆なら大いにあり得ます。 偏差値が下がってしまって、つまり、優秀な受験生が集まらないために、出題難易度を下げざるを得ない、下げてしまったらセンターとどこが違うのか判らなくなったから、二次の英語は無くしましょう、そんな大学を見かけるような気がします。 神戸の場合、その出題難易度で大学が求めるような学生が来てくれるなら、大学としてはそれで良いんだろうと思います。 例えば出題難易度を上げると、基本的なことが一通りはできないが、その問題は解けちゃった、という学生が増えるかもしれません。 それに対して、難しいことはできないが基本的なことが一通りできる、という学生と、どちらを好むのか、という問題でしょう。 直感的には、基本的なことができていて欲しいのだから、そのマナーには五月蠅そう。 マナー違反は即減点、ということはあり得るかと。 うちの大学では上記のようだったためか、一時、数学の出題難易度が激下がりしたことがあります。 もうちょっと基礎的なことを出題した方が良いのではないか、ということでしょう。 関関同立の、しかもサービス問題のような、どの参考書にでもバッチリ載っているような問題が出題されていた時期がありました。 たぶん数年。 おそらく入ってきた学生を見て、やっぱりダメ、ということで、出題難易度を元に戻したようです。 あなたの疑問が、偏差値が高い割に二次ボーダーが低い、ということなら、私には、推測は色々できますが、明確な答えは持ち合わせていません。 難関の定義ですが、 少子化によって、18歳人口はピーク時の6割です。 当然、かつては難関大学であった大学の下位4割が、難関大学レベルを維持できている保証はどこにもありません。 普通に考えて、全てが難関レベルを維持できるはずはありませんが、さて、仰る連中が、難関大学のメンバーを変えたでしょうか。 最近大学入試が易しくなって、なんて言ったら、連中喰いっぱぐれそうですが。 難しいよ難しいよ、予備校行かなきゃ、うちの教材買わなきゃ、と脅したいのですから。 脅して脅して、あなたならともかく、塾に行く必要すら無いようなバカまで塾に行くように仕向け、それで儲けているのですから、今更簡単だと言うのは困難でしょう。 5とあります。 神戸の経済の方は、しっかり少し下がっていますよね。 学部として組織されていることにどこまで意味があるのかは私には不明ですが、経営は、まぁ神戸の看板にはなっているのでしょう。 二次が大変、というのがどういう意味かは判りませんが、偏差値相応には大変でしょう。 ただ、出題難易度的に大変になる、ということは無いでしょう。 地方国立の医学部が顕著かもしれません。 理工農系で集まる学生は、センター6割台、まともな進学校の学習内容が殆ど身についてません、という連中で、それに合わせて出題したいところです。 ところが、そうなると、依然として難関大学入学レベルを維持している医学部の出題難易度としては、極めて不適切な物になってしまいます。 そこで、 1. そのまま出題して高得点争いさせる 2. 一部を医学部向けの難易度にして、他の連中の得点はあまり期待しない 3. 一部を選択問題にして医学部向けとその他とで問題を分ける 4. 医学部だけ全て問題が別 少なくとも教科毎に という対応が為されているように思います。 神戸も、看板学部は難関レベルだから、2. の対応をする、という手もあるんでしょうけど。 ただ、そうやって出題難易度を上げてしまうと、今度は、京大阪大の出題難易度に対応しきれないから神戸にしたのに、という連中に避けられ、つまり人気がそれだけ下がり、偏差値が下がるかもしれません。 就職については私には判りかねます。 ただ、会社が考えているネームバリューは、おそらく世間一般のそれや、近所のおばちゃんのそれとは違うだろうと思います。 実際に、そこの学生を採ってみて、どうだったのか、と見ているはずです。 ただ、直感ですが、経営学なら神戸でしょ、という議論は、少なくとも阪大に対してならありなんじゃないかと思います。 しかし、阪大と並んでいる、というよりは、阪大が凹んでいないでしょうか。 関西圏の人口は首都圏の半数ですから、関西圏の二位が、首都圏の二位よりは下になるというのはそうでしょう。 しかし、それにしては三位と近い。 三位の方がよりボリュームゾーンに近づくということはあっても。 考えてみれば、大学の偏差値は人気に依りますので、阪大の受験生内人気が、大学の社会的価値ほどでは無いのだろうと推測します。 例えば、落ちている単位を拾えば良い京大、普通の神戸、高い木に登って取りに行かなければならない阪大、なんて言われますが、「良い指導があるから自らを比較的容易に高められ、結果、認定基準が高くなる」のではなく、「単に単位取得を困難にしているだけ」であるなら、もしそうなら、あまり良い評判は流れないでしょうね。 結果、人気が。 実際私も、入試の際に、阪大にはエライ目に遭わされています。 それと立地。 私は大阪に土地勘がありませんが、あの立地は、京阪神の人口重心に対してどうなのか。 人気、という観点でどうなのか。 あるいは、ネームバリューの割に、神戸に人気があるとも言えて。 それは、「偏差値60の壁」に対して、壁の手前を出題してくれる事への対応のし易さが「受験生内の」人気に繋がっているということは。 京大阪大から神戸ということはあり得ても、逆は困難。 神戸志望が少し成績が上がったくらいでは、難問対応力の点で、ステップアップが上手く行くとは。 だから受験生が留まりやすくもなるかもしれない。 その「偏差値60の壁」を、企業がどう評価するかは、おそらくそれぞれだろうと思います。 私はむしろ、私が考えるところの難関大学 阪大より上 の二次ボーダーが、高すぎるように思っています。 大学にも依るんでしょうが、部分点部分点で相当拾ってくれないと、あの点にはならないような。 そもそも、センターの難易度で8割しか取れないのだから、それよりは難しい試験だと、得点はもっと下がりそう。 7割を割り込む、というのは、妥当な線だと思いますが、如何でしょう。 私は理系ですが、入学後、うちの大学の連中に色々話を聞いてみると、数学が5問中1問半しか解けなかったという話が多かったです。... A ベストアンサー 現役神戸大学生で、下宿(寮ではない)、親の仕送りも無く家賃光熱費などすべて自分持ちで生活している者です。 参考になるかな?と思います。 思いついたことをどんどん書いていくので、凄く読みにくいとは思います。 寮は白鴎寮を仮定して話します(近年新しい寮も増えているようです。 すべて立地は悪いです。 ) まず寮に関してですが、電車やバスを使用して乗り継ぎなど含めて45分ぐらいかかります。 場所も少し悪くて、神戸大学生が多く利用する阪急電車orJRの駅は寮から少し遠いです。 阪急に乗り(阪急岡本)阪急六甲駅から徒歩でも通学可能ですが、夏は暑いし冬は北風寒くて結構大変です。 人によっては授業がしんどいのではなく、通学がしんどいという人も多いと思います(笑) バスはかなり混むので、バス通学をされるならばJRで通うのが賢明だと思います。 阪急六甲からは乗れないことも多いです。 JRでかなりの人が乗ることも・・・) 場所も悪いですし、寮によってはたまに早朝から整列、掃除をさせられたり、新入生には大声でのあいさつを練習させたり、 守衛室の当番になったりと面倒なことも多いです(白鴎寮)。 住吉寮は立地も雰囲気もしりませんが、どっちにしろ不便です。 僕が4年間住んできてそれを元に考えるなら、僕なら寮は選びません。 しかし、お金の問題で仕方ないのならば寮にするしかないでしょう。 多少きつくてもいいのなら問題ないかも? 寮ならば月10万円で生活できるでしょう。 寮じゃないのなら、阪急六甲かJR六甲道の付近に住むのが良いです。 家賃が若干安いという理由で隣の阪急王子公園付近に住む人も多いですが、実際生活を始めると結局電車に乗らないといけないし、面倒だという人もいます。 ただ、阪急六甲やJR六甲道は若干家賃が高いという印象です。 徒歩圏内ではありますが、やはり歩くとしんどいですね。 大学行きのバス沿線という手もあるかと思います。 阪急六甲やJR六甲道か阪神沿線(阪神新在家~阪神御影の間)です(阪神は阪急やJRより南、海側)。 ただ、阪神御影まで行くと家賃もかなり上がるので、阪神石屋川~阪神新在家という駅の周辺ならば安い物件もあるかな?という感じで、4万円はかかると思っておいた方がいいです。 阪急六甲やJR六甲道は4~5. 5万ぐらい必要です。 サークル活動などされるのであれば10万円はどうかな?というラインです。 アルバイトなどして、12~3万円ぐらいのベースでの生活にすれば十分生活できます。 自炊等して節制できるタイプならば10万でも大丈夫かもしれませんね。 話は変わりますが、神戸市バスには定期券がありますが、特に学割等もなく、月8000円ちょっとかかります。 1乗車で200円ですので、平日20日毎日往復乗ってやっと元を取り戻せるぐらいです。 大学からの帰り道は下り坂なので、歩きましょう!帰りは夏でもしんどくないですし、適度な運動にもなります。 行きだけバス、帰りは徒歩というひとも多いですよ。 バス定期は損ですのでお気を付けください。 ただ、決められた路線どこでも使える(中心部の三宮も同じ定期で行くことができます)というメリットもありますので購入の際はよく考えてください。 僕はいらないと思います。 あと、原付で通学する人も多いのでそれも視野に入れてみてはどうでしょうか。 あるとかなり便利です。 親御さんとしては少し心配だと思いますが・・・ 僕は1年間は徒歩通学していました(阪急六甲最寄)ので、しばらく様子見で良いとは思います。 長くなってしまいましたが、僕が考えるならば 1 とにかく節約プラン 寮(白鴎寮を仮定)に住み、JR(摂津本山)で通学、JR六甲道からバス、帰りは徒歩 もしくは、阪急(岡本)で阪急六甲まで、そこから徒歩通学 2 とにかく家賃を押さえて通学は考えるプラン 通学圏内(阪急六甲~阪急王子公園、JR住吉~JR灘、阪神御影~阪神岩屋あたり)でとにかく安い物件で一人暮らし。 電車で大学最寄駅まで行き、そこからバスor徒歩。 もしくは家から原付。 3 学校に近くがいいプラン 阪急六甲、JR六甲道周辺に下宿、徒歩(バス)通学。 後に原付も考える。 3 の人が一番多いと思います。 僕も 3 です。 家賃や携帯、光熱費など(学費以外)で10. 5万ぐらいで生活しています。 ですので、やり方によっては10万でも生活できると思いますよ。 ただ、サークルなどに入るのならばそこら辺のお金もかかってくるので注意です。 長くなりました。 読みにくい文章ですみません。 お役に立てれば幸いです。 現役神戸大学生で、下宿(寮ではない)、親の仕送りも無く家賃光熱費などすべて自分持ちで生活している者です。 参考になるかな?と思います。 思いついたことをどんどん書いていくので、凄く読みにくいとは思います。 寮は白鴎寮を仮定して話します(近年新しい寮も増えているようです。 すべて立地は悪いです。 ) まず寮に関してですが、電車やバスを使用して乗り継ぎなど含めて45分ぐらいかかります。 場所も少し悪くて、神戸大学生が多く利用する阪急電車orJRの駅は寮から少し遠いです。 阪急に乗り(阪急岡本...

次の

入試情報

神戸大学 法学部

国連などの国際機関で世界のために働く職員 平成28年(2016年)9月現在、193ヵ国が加盟する国連・国連機関、またその他の専門機関といった国際機関で働く正規職員のことを国際公務員といいます。 国際機関とは、国際社会の共通の利益(平和や貧困の撲滅、繁栄など)のために、各国政府から独立した国際的な組織で、大きく分けて4種類あります。 国際公務員は、多くの国際機関の本部が置かれたニューヨークやジュネーブをはじめ、事務所や支部などが置かれた世界の主要都市で働くほか、発展途上国、紛争地帯に赴任することもあります。 国際公務員になるにはいくつかの道がありますが、採用においては専門知識や語学力、修士号以上の学歴、専門領域での実務経験などが求められ、難易度は高いといえます。 国際公務員は、専門職と一般職に分かれますが、一般職は現地採用で採用基準や待遇が機関や地域によって異なるため、ここでは主に専門職について取り上げます。 報道を通して、社会のできごとを広く伝える ジャーナリストの定義は確立されていませんが、広い意味で「新聞や雑誌、テレビ、インターネットなどのメディアで報道する人や寄稿する人」とする場合、新聞記者や放送記者、雑誌記者、編集者、ルポライター、フリーライター、キャスター、報道写真家などを総称名しているといえます。 なかには自分でジャーナリストと名乗ればいい、という人もありますが、少なくとも多くの第三者や社会からジャーナリストとして認められることが必要でしょう。 また、会社や組織に所属するのではなく、自らの信念に従いフリーランスで取材活動や執筆を行う人を、狭い意味でジャーナリストと呼ぶ場合もあります。 ジャーナリズムの影響力は大きく、報道(発信)の仕方や内容によっては、ひとつの業界のみならず、国民意識や政治まで変えることもあります。 法学部 授業科目は、基礎法、公法、国際法、政治学・国際関係論の諸分野の学習をバランスよく、1年次から段階的に積み重ねられるように、カリキュラムに工夫を施している。 また、履修コース制を採用しており、3年次から個々の将来のキャリア設計を考え、司法(法科大学院進学=法曹志望者向け)、企業・行政(公務員、民間企業就職希望者向け)、政治国際(国家公務員、NGOやNPO職員、その他政治関連職志望者向け)のいずれかのコースを選択し、コースごとに設定された選択必修科目を履修する。 通常のカリキュラムに加えて、法経連携専門教育プログラム、EUエキスパート人材養成プログラム、法科大学院進学プログラム(法曹コースへ移行予定)など、多様なプログラムも展開されている。 学部には多彩な教員がそろっており、各分野において高いレベルの研究水準を保っている。 また、多くの教員が国や地方公共団体に設置されている審議委員会であったり、国際的な領域で重要な活動を委嘱されていたりするなど、幅広く活躍している。

次の