面接お礼メール 面接官 複数。 面接のお礼メールの書き方|志望度や熱意を伝える効果的な文面【例文あり】

人事が2人いる場合、メールの宛名はどのようにすれば良いのでしょう?

面接お礼メール 面接官 複数

新卒の就職活動では、お礼状を出すことで選考通過の可能性が上がるという説があるようです。 社会人経験のない学生を採用する 新卒採用はポテンシャル採用となるため、お礼メールの書き方や、そこに込められた熱意を 採用のポイントの一つとしている企業もあるといわれています。 しかし 中途採用は基本的にはキャリア採用。 それまでの経験や技能、即戦力としての採用になります。 お礼のメールを送ったからといって選考が有利になる、そこで 採否が大きく変わるということは考えにくいものです。 では、転職活動において、お礼のメールは不要でしょうか? 採否が変わらないという点においては不要と思う方もいるでしょうが、 お礼メールを出すことは、ビジネスマナーをアピールするだけでなく、それ以上の意味もあるのです。 お礼メールを出す意味と、実際に出す時に、押さえておきたいポイントを解説します。 社会人だからこそ、採用担当者が忙しいことを理解できるという方も多いでしょう。 だからこそ、メールでの連絡をNGとしていたり、お礼メールは不要と明記していたりする企業でなければ、社会人のマナーとして面接の時間をいただいた感謝の気持ちを伝えるお礼メールを送ることは悪いことではありません。 ですが、「送らなければいけない」というような義務感でお礼メールを書いても、事務的な文章になり相手に伝わってしまいます。 ネットや本などのテンプレートをコピペしてそのまま送るぐらいなら、かえって出さないほうが良いかもしれません。 お礼メールを送るのであれば、自らの言葉で感謝の気持ちと共に働きたいという気持ちを綴ることが重要なポイントです。 本日(昨日)はご多忙のなか、面接の機会をいただき、誠にありがとうございました。 貴社の成長の一端を担うことができたら、幸甚でございます。 取り急ぎ、面接のお礼を申し上げたく、メールいたしました。 ご多忙かと存じますので、ご返信には及びません。 末筆ながら面接のお礼を申し上げますとともに、 貴社のますますのご発展と社員皆様のご多幸をお祈り申し上げます。 本日(昨日)はご多忙のなか、面接の機会をいただき、誠にありがとうございました。 貴社の仕事内容や現在のプロジェクト、今後のビジョンを伺い、ますます貴社で仕事をしたいという気持ちが強くなりました。 この経験をいかし、貴社成長の一端を担えることができたら、幸甚でございます。 ご多忙かと存じますので、ご返信には及びません。 末筆ながら、面接のお礼を申し上げますとともに、 貴社のますますのご発展と社員皆様のご多幸をお祈りいたします。 com 電話番号:xxx-xxxx-xxxx 住所:(都道府県から建物名、号室まで記載) お礼メールはいつ出すべきか。 当日中? 翌日でも良い? お礼メールを 出す前に、先方からメールが来る場合があります。 面接後すぐに企業側から連絡が来るときは、採用・不採用の連絡や次回の面接日程の調整など、選考に関わる内容であることがほとんどですので、迅速に対応しなくてはなりません。 その場合はわざわざお礼メールを別に送ることはせず、 返信メールの冒頭でお礼を伝え、先方からの問い合わせ内容に対する回答を記載したうえで、すみやかにメールを返しましょう。 お礼メールに対し、企業から返信が来る場合は、主に 2つのケースが考えられます。 一つ目のケースは、今後、お礼メールは不要だということを知らせるための 形式的なもの。 もう一つのケースは、お礼メールの 内容に対しての返信です。 前者の場合は、選考に通過したとしても今後お礼メールを送る必要はありません。 後者の場合は採否に影響する可能性がありますので、内容をしっかりと把握し、返信に対するお礼を簡潔にまとめ、迅速に返信しましょう。 メールの文面の中に質問事項などがあれば回答することも、忘れずに。 返信メールを送る際に気をつけたいマナーについては、も参照してください。 パソナキャリアは転職活動のお礼メールもフォローします 最初に述べたように、お礼メールを出すことで合否結果が大きく変わることはありません。 一番大切なことは、面接の限られた時間の中できちんと志望動機や自分のことをアピールできるようにしておくことです。 しかし、面接はとかく緊張するもの。 うまく自分の力を発揮できなかったという方は、何もアクションを起こさずに不採用の結果を受け取ったら悔いが残ってしまうでしょう。 自分のことをきちんと知ってもらうため、アピールできることはすべて伝えるための手段として、お礼メールを出すことは決して間違った行動ではありません。 時間を割いていただいた企業の方に、 社会人として感謝の気持ちを伝えるとともに、入社の意思を改めて伝える。 そういったアピールの場としても、お礼メールは活用することができるのです。 また、仮に不採用という結果になった場合も、転職活動で選考に参加した企業の方々と、 ビジネスの場で再会するということも大いにあり得ます。 転職活動をきっかけに新たな出会いが生まれる可能性もあります。 ビジネスパーソンとして、 常に丁寧な対応を心がけることで、転職先が決まるだけでなく、今後の 新たなつながり、人脈となる可能性もあります。 今回の転職を今後のキャリアに活かす手段の一つとして、お礼メールを送ってみても良いかもしれませんね。

次の

面接のお礼メールは送る?採用の確率を上げるメールの書き方

面接お礼メール 面接官 複数

書き方と宛先は? 面接後のお礼状やお礼メールは、必ずしも送る必要はないと言われています。 しかし、「送らなければ選考が不利になるのでは」「送る場合はどのような点に気を付けるべきか」など、気になっている人も多いのではないでしょうか。 そこで、マイナビ転職によく寄せられるお礼状・お礼メールに関する5つの疑問にキャリアアドバイザーの谷所健一郎さんに答えていただきました。 お礼状・お礼メールの基本や、送る時のマナー・注意ポイントを学んでおきましょう!最後に書き方・例文のページもご紹介しています。 <INDEX>• 3人に1人が面接後にお礼状・お礼メールを送っている!? まず気になるのは、面接後のお礼状やお礼メールを送っている人が実際どのくらいいるのか、という点でしょう。 転職経験者129名にアンケートしたところ、「お礼状・お礼メールを送ったことがある」と回答した人は33. 3人に1人が送っているようです。 面接のお礼状・お礼メールは、必ず出さなければいけないというものではありません。 面接終了後にお礼状・お礼メールが送られてこなかったとしても、面接官が下す採否に直接影響することはありませんが、もし送付すべきか迷っているのであれば送付すべきです。 ただし、面接のお礼状・お礼メールは、あくまで面接を行ってもらったお礼と、面接を受けてより一層入社したいという気持ちが強くなったなど、感謝の気持ちを示すものだと考えてください。 アピールを行う場はあくまで「面接」であることを覚えておきましょう。 お礼状・お礼メールはいつまでに送る? 面接後のお礼状・お礼メールはいつまでに送ればいいのでしょうか? 時間が経ってしまった場合は送らないほうがいいでしょうか? A2. 面接当日中がベスト。 時間が経ってからのお礼状・お礼メールは逆効果になることも できれば面接当日中、遅くとも翌日までには送る(投函する)ようにしましょう。 マナーの観点では、お礼は早ければ早いほうが良いとされていますし、時間が経てばあなたに対する印象も薄れてしまいます。 また、面接官はメールのやりとりからあなたの仕事ぶりをイメージするので、面接後何日も経ってからお礼状・お礼メールが届くと「仕事もスローペースなのでは?」と不安を抱かせてしまうことも。 採否が決まる前に見てもらうという意味でも、なるべく早く送るほうが良いでしょう。 お礼状はメールではなく手紙? 面接後のお礼状の送り方について教えてください。 面接後、応募した転職情報サイトを通して企業にお礼メールを送ったのですが、手紙で送ったほうが良かったのでしょうか? 手紙の場合、ハガキと封書のどちらが良いのでしょうか? A3. 感謝の気持ちと入社意欲が伝われば、お礼はメールでも手紙でもOK 面接で時間を割いてもらったことへの感謝の気持ちと入社への熱意が記載されていれば、メールであっても手紙であっても、面接官が受ける印象に大きな差はありません。 メールで送付した場合、速やかに気持ちを伝えることができます。 一方手紙であれば手元に形として残り、より丁寧な印象を与えますが、次の面接が迫っている場合、送付先に届くのが、面接後になってしまうケースもあります。 ハガキか封書かという点ですが、内容に機密事項がなければハガキでも可能ですが、封書で送付することでより丁寧な印象を与えます。 面接が複数回ある場合は、毎回お礼状・お礼メールを送るべき? 現在、選考が進み面接を受けています。 面接後にお礼状・お礼メールを送りたいと考えているのですが、3回面接がある企業の場合は、その都度、送るべきなのでしょうか? A4. お礼状・お礼メールの送付回数よりも、内容に気を付けよう 面接が複数回ある場合、それぞれの面接でお礼状・お礼メールを送付しても問題ありませんが、形式的な文章を毎回送るようでは事務的でしつこいと受け取られて逆にマイナス効果になることもあります。 感謝の気持ちと共に、それぞれの面接で感じたことを一言添えるだけでも、受け取る側の印象は変わります。 面接時に伝えきれなかったという理由で、お礼状・お礼メールに自己PRなどを記載する人がいますが、内容が採否に影響することはありません。 むしろ「なぜ面接時にアピールしなかったのか」と疑問を持つ面接官もいます。 お礼状・お礼メールは、あくまでも感謝の気持ちと今後の熱意を伝えるという目的で送付してください。 業界や役員面接時など、メールと手紙を使い分けるべき? 面接後にお礼状を送る際、「この業界は手紙がいい」「役員面接時はハガキを送るべき」など、礼儀や作法があれば教えてください。 それまでの連絡方法を基準に判断しよう IT系企業などでメールを主体に面接担当者とやりとりを行っているのであれば、お礼の言葉をメールで送っても問題ありませんが、直接メールでのやりとりを行っていない場合は、業界を問わず手紙で送るほうが良いかもしれません。 お礼状は面接を受けさせてもらったことへの感謝の気持ちを示すものですから、タイミングは必ずしも役員面接時とは限りません。 1次面接時の説明に共感し、応募企業で働きたい意欲が高まったのであれば、1次面接後に担当者宛てに送付しても構いません。 また役員面接後は、採否の決定がすぐに行われる可能性もありますので注意が必要です。 お礼状・お礼メールは、面接官全員に送るべき? 先日役員面接を受け、社長、副社長、総務部長、経理部長の4名に面接していただきました。 面接のお礼状は1次面接も担当していただいた総務部長と経理部長へ送ったのですが、全員に送ったほうが良かったのでしょうか? A6. 採用担当者宛に送るのが一般的ですが、状況によって送り分けよう 面接のお礼状は、送付先も誰に送らなければいけないという決まりがあるわけではありませんが、採用担当者宛に送付し、面接にかかわった方々に対して「くれぐれもよろしくお伝えください」という文章を添えるのが一般的です。 ただし、送付先は面接の状況によっても異なります。 社長と打ち解けて長い時間面接を行ったのであれば、社長宛に直接感謝の気持ちを伝えても構いませんし、形式的な役員面接であったのであれば、採用実務担当者宛に送付するだけで十分です。 今回、1次面接から担当している総務部長、経理部長へ送付したわけですから、社長、副社長へ送付しなかったことが採否に影響することはないでしょう。 内定をもらった際は、感謝の気持ちと入社に向けての志を全員に伝えたいと思えば、社長、副社長を含めてお礼状を送られたらいかがでしょうか。 【例文・書き方】より丁寧な印象を与える面接後のお礼状・お礼メール 面接後のお礼状やお礼メールは、必ず送る必要はありませんが、面接への感謝の気持ちと入社意欲を伝えるために送付するものです。 採否に直接影響を与えることはないですが、送り方や内容によっては、より丁寧な印象を与えることも可能なようです。 本日はお忙しい中、面接の機会を頂きまして 誠にありがとうございました。 まずは、面接のお礼を申し上げたく、メールいたしました。 末筆ながら貴社のますますのご発展とご活躍をお祈り申し上げます。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の

急いでいます!面接のお礼メールのあて先について

面接お礼メール 面接官 複数

書類選考を通過し、いざ面接となった場合、面接の日程調整はどうしたらよいの?応募先企業から面接日程を打診するメールが来たけど、どう返信すればよい?と、迷う方も多いのではないでしょうか。 ここでは、面接の日程調整メールのポイントと、例文を交えて書き方や返信方法について、わかりやすく解説していきます。 面接の日程調整のメールの返信は、早めに返信 面接では複数の候補者がいることも多く、日程調整に時間がかかるとその間に他の応募者に内定が出てしまう、といったケースもあります。 また、在職中などで、やっと現職との調整がついたとしても、調整した日程がすでに埋まっている可能性もあります。 そのため、応募先企業の採用担当者から日程調整のメールを受け取ったら、自身の調整がつく範囲で、できる限り早めに対応するようにしましょう。 応募企業の日程調整に、すぐに回答できない場合は、「大変申し訳ございません。 希望の日程を自分で決められる場合は、複数候補を設定 応募先企業から面接の候補日の指定がなく、応募者が設定する場合は、可能な限り多くの候補日を設定することをおすすめします。 応募企業の採用担当者は、通常の業務を行いながら面接の時間を調整しています。 このような採用担当者の状況を考慮し、応募者側から面接希望日を伝える場合はできる限り多い日程を設定しましょう。 同じ日でも、違う時間帯(例えば、10時~11時と17時~18時など)がある場合は、その旨を伝えたほうが親切です。 提示された日程で調整できない場合は、希望日を打診 応募先企業から面接の候補日を調整されたけれど、どうしてもその日は時間の調整ができない…という場合も考えられます。 その場合は、調整できず申し訳ないという気持ちを表した上で、応募先企業から提示された日とできる限り近い日程、あるいは最短の日程を提示し、改めて調整をお願いしましょう。 この際、採用担当者に理解してもらえるよう、「諸事情により」などのあいまいな理由ではなく、調整できなかったやむを得ない理由を簡単に添えておくとよいでしょう。 日程調整のメールの例文 日程調整のメールの例文を紹介します。 ここでは、「自分から面接候補日を提示する場合」 「企業から候補日をもらって返信する場合」「調整済の日程を変更したい場合」の例文を記載しています。 ぜひ参考にしてください。 面接日程のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。 希望日程を下記に記載いたします。 日程のご調整の程、何卒よろしくお願いいたします。 ご確認・ご検討いただけますと幸いです。 ご多忙の折、大変恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。 例えば、「13時~16時」とした場合、16時は面接の開始時間なのか、面接の終了希望時間なのかが分かりにくいからです。 また、「13時~」とする場合、「13時からが希望なのか」「13時以降であれば、いつでもよいのか」が分かりにくいため、状況を加えておくほうが親切です。 この度は面接日程のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。 ご指定の書類を持参の上、下記日時におうかがいさせていただきます。 貴重なお時間を頂戴することとなりますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 面接担当者も選びやすくするためです。 採用担当者との認識のずれがないようにするためです。 この度は、面接日程のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。 たいへん恐縮なのですが、ご提示いただきました日程では出張の予定が入っており、 貴社におうかがいすることが難しい状況です。 私の都合でたいへん恐縮です。 以下の日程であれば、おうかがいすることが可能です。 この際、できる限り最短の日程を複数提示することをおすすめします。 これにより、採用担当者側に面接希望の意欲を伝えることができるでしょう。 日程調整でお手数をお掛けしたにも関わらず、たいへん申し訳ございません。 誠に勝手なお願いで恐縮なのですが、可能であれば、以下の日程で再度ご調整を検討いただけませんでしょうか。 この際、できる限り最短の日程を複数提示することをおすすめします。 これにより、採用担当者側に面接希望の意欲を伝えることができるでしょう。 面接をキャンセルしたい場合 選考の過程で入社意欲が下がってしまった、並行して受けていた別の企業に採用が決まったなどの理由から面接を辞退したい。 または、体調を崩した、怪我をした、身内に不幸があったといった事情で、設定されている面接日程をキャンセルせざるを得ない場合については、下記の記事を参考にしてください。 メール連絡の気を付けたいマナー 在職中の場合、会社のメールは使用しない 応募先企業の営業時間内にメールを送信しようと、現職の社用メールから送信することは避けましょう。 メールを送信する際は、プライベートで使用しているメールを使用するのが無難です。 自分からメールを作成する場合、件名はわかりやすく。 メールを開かなくても、要件・誰からのメールかが分かるように 採用担当者の業務内容によっては、日々、多数のメールを処理している可能性があります。 また、採用の時期は通常の業務のメールに加え、他の応募者からのメールも受信・送信していることが考えられます。 場合によっては、メールを見逃してしまうかもしれません。 こうした状況を考慮し、件名は、わかりやすくシンプルにし、自分の名前を入れましょう。 「面接日程のご調整につきまして(陸栄治)」といったようにし、メールを確認しなくても内容がわかるように工夫することをおすすめします。 また、採用担当者からのメールに返信する際は、件名を変えず返信し、「Re:」は付けたままにしておくことをおすすめします。 件名を変えると、どんな用件でのメールのやりとりかが分からなくなってしまうからです。 同じ用件でのメール連絡が増え、「Re:」が続いてしまった場合も一目で件名が分からなくなってしまうため、「Re:」を1~2つ残し、件名は削除・変更しないようにするとよいでしょう。 返信するメールは本文を残す メールを返信する際、本文は削除せず、そのまま残しておくことをおすすめします。 採用担当者も自分も、どのような連絡をしていたのかが1通のメールで確認できるようにするためです。 宛名は、会社名+部署+フルネームの順に正式名称で メールの宛名は、会社名・部署・フルネームを記載しましょう。 ていねいな印象を与えるため、会社名の法人格や部署名を略したり、名前を苗字のみにするのは避けましょう。 会社名や部署名が長くとも、2行以内におさめるのが一般的です。 メールにはお礼の文面を入れる 応募先企業の採用担当者にメールを送信する際は、好印象を持ってもらえるよう、お礼の文面を入れましょう。 「面接の日程調整ありがとうございます」「ご返信いただき、誠にありがとうございます」と言った文面を加えることをおすすめします。 こうすることで人柄や、ビジネスマナーがある人だ、というアピールにもなるでしょう。 署名を忘れずに入れよう 応募先企業にメールを送る際には、署名を入れることをおすすめします。 署名がないと誰からのメールかが分からず、採用担当者を困らせてしまう可能性もあるからです。 また、署名があることで「メールの内容はここで終了」という意味にもなります。 署名には、名前、メールアドレス、携帯電話番号を記載し、間違いがないか念入りにチェックしましょう。 署名に使用する罫線などは、ビジネスシーンに合うシンプルなものをおすすめします。 あまりにも装飾が多く派手な罫線は、ビジネス向きでありません。 また、入れ忘れがないよう、メールソフトで自動挿入にしておくことをおすすめします。

次の