面接 転職。 転職面接の合格フラグとは?「面接時間が長い」「入社後の話が出る」は採用のサイン?│#タウンワークマガジン

面接質問集 [完全版]|エン人事のミカタ by エンジャパン

面接 転職

2017. 05 転職面接では自己紹介をすることが求められるのが一般的なのですが、急に自己紹介をするようにと言われると何を話していいのか分からなくなって焦ってしまう可能性がありますし、また自己紹介を通してプレゼン能力なども見られています。 そのため、事前にしっかり準備をしてから臨みたいものです。 すでに新卒の採用の際に面接を経験したと言われる方も多いはずなのですが、転職の面接では採用担当者が聞きたい内容が新卒の面接の場合と違うので、伝えるべきことをきちんと把握しておく必要があります。 では、転職面接の自己紹介で伝えるべきこととは何なのでしょうか。 そこで、今回の記事では転職面接の自己紹介で話すべき内容や面接を受ける際の注意点を詳しくご紹介し、イメージがしやすいように例文も交えてご紹介していきます! 転職面接で自己紹介を求められる理由から見る話すべき内容と注意点 転職面接では、自己紹介を求められるのが一般的です。 では、なぜ自己紹介が必要なのでしょうか。 その理由を知ることで、何を話せばよいのか、どのようなことに気をつければよいのかが見えてきます。 では、自己紹介を求められる理由を元に、話すべき内容や注意点について詳しく見ていきましょう。 転職面接で自己紹介を求められる理由 企業側から考える転職者を採用するメリットは、転職者の場合すでに実務経験があるということです。 つまり、すでに仕事を経験しているわけですから、それを生かして即戦力となってくれることを期待しているわけですね。 そのため、採用担当者は以下のようなことを知ることを目的として面接を行っています。 これまでにどのような仕事をしてきたのか• どのような実績・スキル・ノウハウ・経験があるのか• 今後どのような仕事をしたいのか これを見ると、新卒の際の面接とは話すべき内容が違うことがわかりますね。 また、自己紹介をしてもらうことで、以下のようなことを実際に見ることもできます。 プレゼン能力• コミュニケーション能力• 仕事に対する意欲• 声の大きさや話し方、明るさなどその人の印象や人柄 それでは、面接担当者が自己紹介を求める理由をもとに、面接の際に話すべき内容と注意点を確認しましょう。 知りたいことを聞ければOK!長すぎる話は要点をぼかすことに 面接担当者が知りたいのは職務経験についてなので、それに関する話を欠かすことはできません。 また、転職を希望するということは何らかの理由があったということですから、志望動機もきちんと伝える必要があります。 ですが、熱意が入るあまり話が長すぎると、せっかく伝えたい職務経験や志望動機を印象付けることができず、話の要点をぼかすことになってしまいます。 そのため、話が長くならないように注意しなければいけません。 自己紹介の時間が例えば3分以内など決められている場合はそれを超えることがないように、もし指定がなければ1分程度でまとめるようにしたいものです。 短くわかりやすくまとめることでプレゼン能力があることも示せますので、話が長くならないよう要点をまとめておいてから面接に臨むことが大切です。 ちなみに、1分程度の自己紹介を文字数で考えると、300字~350字です。 意外に短いと思われたかもしれませんが、これくらいの文章の中に全ての要素を盛り込むことが大切です。 印象が良くなるような話し方を心がけて! 面接ではコミュニケーション能力や転職者の人柄なども見られていますから、できる限り印象が良くなるような受け答えをしたいものです。 そこで、以下のポイントをもとに、印象のよい受け答えができているかをチェックしてみましょう。 落ち着いてゆっくり話す• はっきりと大きな声で話す• 採用担当者の目を見て話す• 明るい表情になるよう意識する その不安はもっともですけど、大切なのは長く話すことではなく、要点をきちんと採用担当者に伝えることです。 長く話すと、結局何が言いたいのか採用担当者も絞れず、かえって印象が悪いんですよ。 だから、時間指定がなければ1分程度で十分です。 一覧で紹介!転職面接の自己紹介で話すべきこと話すべきではないこと 先ほど、転職の際の自己紹介ではこれまでの実務経験に関する内容を主に話せばいいことを確認しましたが、それはどのようなことなのか、逆に自己紹介では話さない方がいいことは何か、具体的に一覧形式でご紹介します。 転職面接の自己紹介で話すべきこと まずは、転職面接の自己紹介で話すべきことについて確認しましょう。 初めの挨拶• 職務経歴• 自己PR• 志望動機• 終わりの挨拶 意外と忘れがちなのが、最初と最後に挨拶をすることです。 いきなり内容から話し始めてしまうと唐突ですし、また挨拶の部分で面接をしてもらうお礼の気持ちを伝えることで、印象を良くすることにもつながります。 最初のあいさつでは、自分の名前を名乗ることも忘れないようにしましょう。 終わりの挨拶は、自己紹介が終わることをはっきり示すことで、歯切れ良い印象を与えることができますし、今からの面接をお願いしますという気持ちも伝えることが可能です。 職務経歴に関しては、以下のようなことについて伝えましょう。 以前の勤務先の業種や職種• 関わってきた仕事の内容 ここでは、どのような仕事に就き、どのような分野の仕事を担当していたかがわかるように伝えることがポイントです。 自己PRに関しては、以下のようなことについて伝えましょう。 身に付けたスキルやノウハウ• 業績 ここでは、前職の仕事を通してどのようなことを身に付けたのか、どのようなことがアピールできるのかなどを伝えることがポイントです。 社内で表彰された、目標の150%の売上を達成したなど、インパクトのあることを持ち出したり具体的な数字を踏まえて述べたりすると、説得力が高まります。 志望動機の部分では、転職して何がしたいのか、今度どのような仕事に携わっていきたいのかということを具体的に伝えましょう。 この時、転職先として志望する企業に入りたいということが伝わるように、その企業の経営方針や商品内容などに沿って話をすることがポイントです。 転職面接の自己紹介で話すべきではないこと 次に、転職面接の自己紹介で話すべきではないことについて確認しましょう。 前の職場の批判となるようなこと• 前の職場の企業秘密にかかわるようなこと これを見てもらうと、仕事に直接関係ないことと前の職場に関することに大きく分かれていることがおわかりいただけると思います。 仕事に直接関係ないことについては、採用担当者が知りたいこととは違うので要点がぼけてしまい、プレゼン能力などが疑われるため言わない方がいいということです。 前の職場に関しては、ネガティブなことを言ったり、社外に漏らしてはいけないようなことを言ったりすることが問題視されます。 なぜかというと、もし採用したとしたら、自社に対しても不満を持つのではないか、再び転職することがあれば自社のことを他社に話してしまうのではないかなどと不安に思われるからです。 これらのことは自己PRや志望動機に絡めてうっかり言ってしまいそうなことなのですが、印象を悪くすることに繋がるので前向きなことを口にする、企業が知られて困るようなことは言わないということを徹底しましょう。 これまでに経験してきた仕事の内容も、それによって身に付けたことも人によって違いますから、自己分析をきちんとすれば十分特色を出すことができますよ。 数字や取っている資格など、印象付けられる内容を含めるとさらに良くなります。 実際に文章にするとどんな感じ?自己紹介の例文を見てみよう ここまで、転職面接の自己紹介で言うべきことや言ってはいけないことを見てきましたので、それを元にどのような自己紹介にすればよいのか、例文を見ていきましょう。 最初にお話ししたように、自己紹介は1分程度にまとめることがお勧めなので、ここでは1分程度に当たる300字~350字でおさまる例文をご紹介しています。 一般的な自己紹介の例文 まずは、一般的な自己紹介の例文を見てみましょう。 ここでは、営業の仕事をしていた人を例に挙げています。 本日は貴重なお時間を頂き、誠にありがとうございます。 仕事を通して顧客のニーズを引き出すことに注力した経験と、培ってきた企画力を生かして、年間売上目標に対して140%の成果を達成するなどの形で会社に貢献してまいりました。 今後は、もっと幅広い種類の商品を扱う仕事がしたく、御社に応募いたしました。 顧客のニーズを引き出し、それに合う提案を企画するスタイルの営業には自信がありますので、御社の営業職においても前職での経験を生かして貢献できると考えております。 本日は、どうぞよろしくお願いいたします。 最初に面接の時間を割いてもらったことに対するお礼を伝え、どのような会社でどのような仕事に関わって来たのかという職務経験に就いてまとめています。 自己PRの部分では、仕事を通して身に付けた力について述べ、その成果がわかりやすいように数字を踏まえて伝えることで説得力を持たせています。 志望動機については、どこの職場でもいいのではなくその企業を選んだ理由があることをわかってもらうために、転職先の企業にまつわる内容を踏まえることが大切です。 その際には、前職の経験で身に付けた力をどう生かせるのかについても触れるようにしましょう。 最後に、自己紹介が終わることを知らせるために、挨拶で締めくくります。 転職が多く話が長引きそうな際に短くまとめた場合の例文 転職の回数が多い人の場合、長くなりがちな職務経歴を短くまとめる工夫が必要です。 例えば不動産業界で2年間・物流業界で6年間など業界別にまとめる、アピールしたい仕事を中心に述べるといった方法があります。 その中で、主にどのような仕事をしていたのかわかれば大丈夫です。 では、例文を見てみましょう。 本日は貴重なお時間を頂き、誠にありがとうございます。 その際の仕事を通して顧客のニーズを引き出すことに注力した経験と培ってきた企画力を生かして、年間売上目標に対して140%の成果を達成するなどの形で会社に貢献してまいりました。 また、事務職の経験もあることから、MOSの資格も取っています。 今後は幅広い種類の商品を扱う仕事がしたく、御社に応募いたしました。 顧客のニーズを引き出し、それに合う提案を企画するスタイルの営業には特に自信がありますので、御社の営業職においても前職での経験を生かして貢献できると考えております。 本日は、どうぞよろしくお願いいたします。

次の

転職で一番難しい「一次面接」の成功法:一次面接官の特徴と対策

面接 転職

転職面接の合格フラグとは?「面接時間が長い」「入社後の話が出る」は採用のサイン? 【目次】• 合格・採用フラグのサイン 一概には言えませんが、面接中やその後、合格・採用のサインである可能性が高い面接担当者の反応をご紹介します。 面接時間が長い・経験や自己PRを深堀りされる・メモされる… 面接担当者が応募者に興味を持ったなら、質問が増えて会話のキャッチボールが生まれ、必然的に面接時間は長くなるでしょう。 あなたの回答に対して「なぜそう思うのか」「どんな経験があるか」など深掘りされることが多ければ、面接が盛り上がった証拠です。 また、面接担当者が、あなたの回答を数多くメモしている場合も合格が期待できるサインかもしれません。 次回選考日や最短入社日を聞かれる 多くの応募者と会っている面接担当者は、自社に合う人材かは面接の終盤にはおおむね判断しています。 次回の選考日や今後の流れを伝えたり、最短で入社できる日程を聞くこと=採用に前向きのサインであることが多いでしょう。 他社の面接状況を聞かれる 他社の面接状況を聞く意図は、主に「一貫性を持った仕事探しをしているか」という選考用の質問の場合と、「ぜひ来てほしいが、他にライバルはいるかのか」の確認と2つあります。 面接の終盤に他社状況を聞かれた場合は、採用フラグの可能性があります。 不合格・不採用フラグのサイン 残念ながら面接で手ごたえを感じられなかった場合、ありがちな不合格や不採用のサインと思われるようなものを紹介します。 面接時間が短い 面接担当者がいくつか質問した結果、その応募者を「自社には合わない」と判断した場合は、面接を早めに切り上げることがあります。 面接予定時間が30分だったのが20分以内に終わってしまったなど、極端に短いときは不採用と判断されているかもしれません。 形式的な質問しかされない、深堀りされない 転職理由や志望動機などの答えに対して「わかりました」「次の質問ですが」など、深堀りされることなく進んでしまうのは興味を持たれていないサインかもしれません。 今一度、自分の回答が自分らしさのあるものだったかどうかなど、振り返ってみるといいでしょう。 入社後の説明や勤務地などを積極的に提示されない 勤務地やシフトが多数ある職種でも、希望など入社後の具体的な働き方を提示されないのは、不採用と面接担当者が思っているからかもしれません。 合否に関係のないサイン 巷で言われる「こんな行動は不採用フラグ」というサイン。 実は合否に全く関係がありません。 エレベーターまで送られると不採用 よく聞く「お見送りサイン」ですが、エレベーターまで送るのがマナーと考えている会社もあります。 このような会社は応募者全員に見送りをしている場合が多いです。 「最後にアピールしたいことはありますか」と聞かれると不採用 この質問も応募者全員にしている可能性が高いもの。 最後に意欲を確かめるための質問だと考えられます。 簡潔に「応募先で何ができるか/何がしたいか」を答えましょう。 交通費を支給されると不採用 こちらもその会社ごとにルールがあり、最終面接まで残った応募者には全員支払うという会社もあります。 規則として決められていると考えましょう。 合格フラグが立ちやすい応募者とは? それでは、どんな応募者だと合格フラグが立ちやすいでしょうか? 応募先の業界・企業研究がきちんとできている 応募先企業の事業内容、社風などをネットや実際に見ることで、募集職種の仕事内容のみでなく、その企業が求める人の仕事の進め方、仕事への向き合い方を感じることができます。 結果、志望動機や自己PRの説得力を高めることができ、内定につながりやすくなります。 企業の募集内容と合ったスキルや経験がある 企業が求めているのは、募集職種に合うスキルや経験を持っているか、または、仕事の進め方(長所)があるかを見ています。 営業職で即戦力を求めている企業に、これまでの事務職スキルをアピールしても採用は難しいでしょう。 企業が求める職務要件を把握したうえで、面接時に的確に伝えられれば合格のサインは出やすくなります。 入社後にやりたいことが明確で意欲が伝わる 面接担当者は入社してから企業にどのように貢献してくれるのかを知るために面接をしています。 3年、5年後のキャリアプランを明確に伝えられたり、目標がしっかりあったりと、入社後にやりたいことやビジョンが具体的に描けている人は採用に一歩近づくと言えるでしょう。 最後の逆質問で挽回できることもある 面接中に「うまく話せなかった」「面接担当者からの質問があまりなかった」と不採用サインを感じたとしても、挽回できるチャンスがあります。 面接の最後で「何か質問はありますか?」と聞かれたときに自分のスキルや経験をアピールできそうな質問をすることです。 その内容次第では面接担当者が興味をもってくれる可能性もあります。 自分の面接がどうだったか振り返ってみる ここまで読んで、不採用サインがあった人や残念な結果になってしまった人は、面接の振り返りをすることが大切です。 まずは「募集内容、希望職種、これまでの経験」が企業のニーズに合っていたのかを考えてみましょう。 募集要項だけでなく、企業研究をするなど事前準備に時間をかけていたでしょうか。 そして、ただ自分のアピールポイントだけを伝えるのでなく、入社後にどんなふうに貢献できるかを伝えられていましたか。 できなかったことや足りなかったことをきちんと洗い出し、次の面接に生かせるようにしましょう。

次の

転職における最終面接・役員面接の役割とよく出る質問例&逆質問例

面接 転職

転職の面接の質問1:どうして当社に応募したのですか? どんなに優秀な人でも、本人に入社する意志がなければ意味がありません。 そこで会社は、この質問で、応募者がどこまで会社に興味を持っているかを探るとともに、この会社に何を求めて転職しようとしているのかを探ろうとします。 具体的には、会社についてどれだけの知識を持ち、理解しているかによって会社への関心の度合を知ろうとします。 また、会社への興味が給与、休日・休暇など待遇面にあるのか、それとも事業や仕事に対する興味からなのかをチェックします。 会社は当然、仕事に前向きに取り組む姿勢を持っている人を好みます。 安定性や知名度、待遇の良さなどを惹かれたポイントとして挙げるのはさけるべきでしょう。 転職の面接の質問2:この仕事を選んだのはなぜですか? とくに未経験で応募してきた人に対して、仕事に対する意欲、熱意を図ろうとする質問です。 応募者自身の適性と絡めて、希望する仕事の中身をどれだけ理解しているかがチェックされます。 なぜこれまでの仕事を捨てて、新しい仕事に賭けてみたいと考えたのか。 その仕事に就くためにこれまでどんな努力をしてきたのか。 将来に向けての自分の目標、仕事に関する研究の跡を示し、単なる憧れで応募したわけではないことを訴えましょう。 転職の面接の質問3:この業界で働こうと思ったきっかけは何ですか? まったく違う業界から応募してきた人にはもちろん、経験を生かして転職しようとしている人にも、そもそも新卒の時点で、この業界で働くことを志望したのはなぜか、といった形で質問されることがあります。 業界をどのようにとらえているのかを聞き出すことで、仕事選びの動機や会社選びの動機の裏付けをとるのが狙いです。 この質問と前後して、業界の現状や今後について、応募者なりの考えを尋ねることもあります。 業界の動向をどれだけ正しく把握できているかを探ることで、これまでの仕事に関する理解度や業界への関心度をチェックできるからです。 転職の面接の質問4:当社に対してどんな印象をお持ちですか? Q1の角度を変えた質問。 会社は、関心が高ければ何らかのイメージを持っているはずだと考えています。 世間的な評判がどうかというより、メーカーならその会社の製品、小売店や飲食店なら扱っている商品や店舗の雰囲気などについて、自分なりに受けた印象を反すといいでしょう。 そのためには、当然、会社の事業内容についてしっかり研究するとともに、小売業や外食産業では少なくとも一度は店舗を訪ねて現場を見ておく必要もあります。 転職の面接の質問5:なぜ転職したいと思うようになったんですか? 転職を決意した理由が何であれ、採用しても、同じような理由で辞めてしまうようなことにならないかを確かめることが狙いです。 仕事上あるいは人生上の目標達成のためには転職する以外にないと、納得させられるだけの理由を述べることが肝心です。 転職の面接の質問6:いまの会社ではどんな仕事をしていますか? 現在携わっている仕事内容から、希望する仕事への適合性をみようとする質問です。 このあと、さらに具体的な内容についての質問が続きます。 この一連の質問で、仕事の実力がチェックされることになります。 ポイントは、自分の担当している業務、そこで果たしている役割、得意としている分野などについてきちんと説明すること。 職種によっても質問の内容は変わってくるので、以下を参考に、それぞれの職種に応じて、自分の仕事とそれに対する考え方を整理してください。 【営業職】 ・どんな商品を扱ってきましたか ・どのような営業方法をとっていますか ・営業成績はいががでしたか ・自分のどんなところが営業に向いていると思いますか ・営業職を選んだきっかけは何ですか ・営業という仕事をどのように考えていますか 【技術職】 ・あなたが一貫して追求してきたテーマは何ですか ・どんな専門誌を購読していますか ・専門以外にどんな勉強をしていますか ・チームを組んでやる仕事と単独の仕事ではどちらが好きですか ・プロジェクトリーダーの経験はありますか ・今後研究したいことは何ですか 【サービス職】 ・あなたの専門は何ですか ・サービス業の基本は何だと思いますか ・当社の店舗に関する感想は? ・あなたが店長になったらどんな店づくりをしたいですか ・将来独立したいと思っていますか 転職の面接の質問7:当社に入社したら、どんな仕事をしてみたいですか? 編集、ソフト開発、商品開発など、専門性が分かれる職種に応募している場合に、希望するセクションを確認したり、応募者が抱いているイメージと実際の仕事内容との間にズレがないかどうかをチェックする質問です。 ただ希望を述べるだけでなく、自分はその仕事で何を実現したいのか、その仕事を通してどんな貢献ができると思っているのかといった、仕事にかける意欲を盛り込んで回答しましょう。 転職の面接の質問8:あなたの長所と短所をあげてください 自分をどれだけ客観視できているかをチェックすると同時に、その長所・短所を仕事でどう生かし、どう補っていくつもりなのかを聞き出そうとしています。 長所・短所を述べる場合には、具体的なエピソードを交えて、「そんなこともあって周囲からこう評価されている」といった話し方をすると、納得してもらいやすくなります。 なお、短所について、消極的、人のコミュニケーションをとるのがうまくない、あきっぽいなどマイナス面を正直に回答するのは避けるべきです。 「一つのことに熱中しやすいタイプです。 そのために、ほかが見えなくなるのが短所。 その代わり、やり始めたことは最後まで責任を持って対処します」というように、先に短所を挙げて、それをうち消す長所を挙げていくと印象もよくなります。 転職の面接の質問9:残業があってもかまいませんか? 仕事に対する意欲を確認するために、探りを入れる質問。 実際には、それほど残業はないケースも多いようです。 答えに窮したり、一瞬でもひるんだりすると、やる気に疑問をもたれることにもなります。 転職の面接の質問10:勤務地はどちらを希望しますか? 勤務地を限定したい特別な事情があるかどうかを確認する質問です。 とくに事情がなければ、自宅から通える範囲ならどこでも受け入れる姿勢を見せましょう。 ヘタに通勤時間にこだわったりするのは、意欲を見せる点でマイナスとなります。 転職の面接の質問11:給与はどれくらいをご希望ですか? 希望給与が規定に合致するかどうかを確認するとともに、応募者が、自分自身のキャリアや能力をどう判断しているかを探る質問です。 能力以上に高い給与を要求するのは、自分本位の人間と嫌われますが、逆に、あまりに低い給与で満足する姿勢を見せるのも、能力に自信がないのではと疑われかねません。 現在の給与に1~2万円ほどプラスした額とするのが妥当な要求といえるでしょう。 転職の面接の質問12:いつごろ入社できますか? いつから戦力に組み込めるかを確認します。 すでに退職している人は、できるだけ早く出社したいと意欲を見せるべきですが、在職しながらの転職活動では、今の会社の退職手続きを無視して入社時期を決めるわけにはいきません。 自分の退職スケジュールからみて間違いなく退職できる時期を計算し、それまで入社を待ってもらえるようお願いしましょう。 退職者が出て、その補充のために人材募集しているケースでは、入社時期を先延ばしするのは不利になりますが、それで採用にならなかったとしたら縁がなかったとあきらめるほかありません。 【関連記事】•

次の