後藤 謙次 入院。 後藤謙次が休み→降板理由は病気?腰痛手術で入院も

気になるツイート : 【テレ朝、わずか1年で宮川晶報道局長を更迭?】桜を見る会などの報道捏造で3ヶ月連続の不祥事〜ネットの反応「ジャパンライフ後藤の謝罪マダーwww」

後藤 謙次 入院

05 ID:u9RnWzro9. net ぶりのすけ taiyouman さんが11:08 午後 on 木, 12月 12, 2019にツイートしました。 後藤謙次 さん入院するって不祥事起こした政治家が逃げるのと同じ手使う気かな? ジャパンライフの件、まだ何も説明してないよなあ 報道ステーション ゴルフ大会?福山哲郎より出川哲朗。 84 ID:qRM1Drci0. 97 ID:waZp3RWb0. 88 ID:NPRtee0u0. 48 ID:TzQ2xFEf0. 41 ID:p9H0ZMfE0. net ジャパンライフはメディアのほうがはるかにずぶずぶなのに、 それを隠して報道できるのは凄い。 20 ID:epqh1PUl0. 46 ID:FWLutk7K0. 12 ID:DP5YxeAh0. 70 ID:xKl0MZda0. net 後藤さん、ジャパンライフの広告塔の件についても 「ダーンと発言しちゃえば良かった」ね ギリギリセーフなんでしょ 後藤 謙次(70歳) 早稲田大学法学部卒 2007年10月23日 編集局長から総務局付・局長同等に異動。 10月末で共同通信社を退社。 共同通信社政治部記者時代には、竹下登や野中広務の番記者を長く担当。 竹下が結成した三宝会では世話人を務めた。 79 ID:jyyNszJQ0. 82 ID:KtLWhGZ10. 36 ID:BGdGS46G0. 97 ID:BGdGS46G0. 25 ID:naS7sCvT0. 19 ID:naS7sCvT0. 93 ID:BGdGS46G0. 50 ID:naS7sCvT0. 50 ID:naS7sCvT0. 98 ID:gbrO5ai30. 91 ID:LCEpjzeQ0. 23 ID:fQ58zqOU0. 37 ID:R4zIQyh70. 招待状は安倍政権以前から届いていた。 鳩山元総理の時も届いてた。 61 ID:qP4ZkbSB0. 58 ID:PRaPgE5s0. 79 ID:X2trg1F30. 45 ID:raCfS0Rl0. 51 ID:cQr7RSLF0. 69 ID:vWYskrHW0. 21 ID:o00PHjvOh NHkも民放もこの件はスルーするんだろう。 73 ID:4GYvNG54e 公安警察の実態 犯罪組織公安警察の活動と手法 (1)概要 これまでにわかっている公安の活動と手口は以下の通りである。 公安警察官の品性から見れば当然の成り行きといえる。 特筆すべきは女性に対して行われるSM拷問殺人である。 秘密の保持のための抹殺を目的とし て、局部に行われる凄惨な拷問は、鬼畜の所業でありこれがまさに公安警察の正体である。 厚顔無恥の偽善者め 総レス数 358 74 KB.

次の

【報道ステーション】ジャパンライフ後藤謙次が腰痛を理由に逃亡 説明責任は果たしたのか?

後藤 謙次 入院

このに関して「 news23」への がされています。 議論はを参照してください。 製作 プロデューサー 米田浩一郎(編集長兼務) 制作 () 放送 映像形式 第1期:なし 第2期:(全国ネットのみ) 音声形式 第1期: 第2期: 放送国・地域 2008年度(第1期前半) 出演者 オープニング 「」 エンディング HASYMO「The City of Light ambient ver. 」 放送期間 - 放送時間 【月 - 木】を参照 【金曜日】23:30 - 翌0:35 放送分 【金曜日】65分 2009年度(第1期後半) 出演者 膳場貴子 岡山裕子 オープニング 「翼」 エンディング KOBUDO-古武道-「明日は晴れるかな? () 金曜日の正式な放送開始時刻は23:31:00。 旧タイトル名:(1989. 10 - 2008. 3) NEWS23(2008. 4 - 2010. 3、2013. 4 - 2019. 5) (2010. 3 - 2013. 3) 『 news23』(ニュース・ツー〈もしくは「トゥー」〉スリー)は、(元年)よりをはじめとした系列がしている最終版の。 番組開始からまでは『 』(ちくしてつやニュースツースリー(もしくはトゥースリー))として放送しており、初代を務めたのであった。 から3月29日まではNEWS23の名を残した新番組『 』( - クロス)として放送していたが、2013年からまでは『NEWS23』に名前を戻して放送。 2019年放送分からは『news23』にタイトルが変更された。 本稿では2008年3月31日から2010年3月26日までと2013年4月1日から放送の『NEWS23』を中心に記述する。 詳細は「」を参照 『NEWS23』シリーズの最初の番組。 何度かのリニューアル、出演者の入れ替えが行われたが、筑紫が5月より入院治療に入ってからは、不定期の出演となり、同年12月にメインキャスターを譲る。 この番組名での放送は翌3月28日で最後となった。 NEWS23 - 後藤時代(2008年3月31日 - 2009年3月27日) [ ] このリニューアルより番組テーマソング・オープニングCGや番組ロゴ、コーナー名も変更となり(オープニングCGの隅に小さく「JNN」ロゴが挿入されていた)、スタジオパートもバーチャル合成の常用を前提とした形となった。 また、「 最強最良の夜ニュース」をキャッチフレーズに制定した。 出演者は筑紫以外の全員が続投。 2008年10月改編で22:54(実質22:56)からのを廃止し、10年半ぶりに23:00開始・23:54終了に戻し、月曜日の第2部をの放送をもって廃止した。 視聴率低迷は2008年春のリニューアル以降も続いた [ ]。 筑紫哲也の死 2008年、前年5月から病気治療していた筑紫が死去。 当日の「NEWS23」は番組冒頭から18分間に渡って筑紫の死について報じた。 さらに、「金曜解放区」では当初の予定を変更して筑紫の追悼特集を放送し、・・がゲスト出演した。 特集のは、かつて番組の男性サブキャスターだったが担当した。 その他、番組OGの、、がVTR中でインタビューに応じたほか、も出演こそなかったがコメントを寄せていた。 この日は特例として「金曜解放区」ブロックもJNN協定適用枠に準じた扱いとなり、毎日放送などでも臨時フルネットとなった。 その後22時台の『』を挟み、23時から本編という形だった。 翌日の『』でも筑紫の追悼コーナーを数分にわたり放送、の『』()最終回後の「筑紫哲也 NEWS23」の「多事争論」のコーナーが放送され、VTR後、かつて『Nステ』のメインキャスターだったが筑紫へのお悔やみの言葉を添えつつ、筑紫の思いを語った。 主なコーナー [ ] TODAY フラッシュニュース。 「 ニュースラウンドアップ」「 NEWS INDEX」と改称して、2008年4月のリニューアルで再度改題。 遡れば『』の「フラッシングToday」にあたる。 膳場・三澤が担当し、不在の場合はナレーターや出水・岡山が担当。 リニューアル当初は、オープニングCGとトップニュース・特集予告等に続いてTODAYへと続き、そのあとにスタジオ挨拶となっていて、裏番組『』()を意識した構成 となっていた。 その後、2008年8月のの開会を機に、番組中盤での放送に固定された。 明日(来週)のNEWS 2008年4月の番組リニューアル時に、それまでエンディングに配置されていた天気予報を番組中盤に移動し、代わって設けられたエンディングコーナー。 翌日(金曜日は翌週一週間)に何が行われるか(、、、の大会など)をバーチャルモニターによる箇条書きで紹介し、後藤がそれに対するコメントを述べた(スポーツ関連の項目については出水がコメントする)。 月 - 木曜日については翌日放送予定の特集の予告も項目として入ることがあった。 なお、天気予報は同年9月末のフライングスタート廃止時に番組終盤へ移った。 コーナー自体は2009年3月30日スタートの『総力報道! THE NEWS』に引き継がれ、同番組終了後は『』で同様のコーナーを放送した。 月ONE 2004年10月から放送している月曜日第2部『マンデープラス』を2008年4月の番組リニューアル時に「 月ONE」(読み:ゲツワン)に改題。 主にドキュメンタリーを中心とした特集コーナーが組まれた。 また、重要なニュースを第1部で放送した場合は第1部の内容を引き継いだ討論やレポートなどを放送した。 55マンデープラス」と表記していたが、「月ONE」になると表記されなくなった。 2008年8月11日放送分が生前の筑紫哲也の登場した最後の回であった(7月に収録)。 2008年9月29日に終了。 「月ONE」の内容は、2008年10月15日にスタートした、がキャスターを務める『』に引き継がれた。 (MBS)・(CBC)・・はネットしなかった。 なお、CBCは、9月まで「マンデープラス」を定期ネットしていた。 但し、2007年の「マンデープラス」(テーマは「屋久島移住 その夢と現実 大定年時代到来」)はCBCが制作を担当した関係で、この日に限りCBCでも同時ネットされた。 (RSK)は不定期でローカルスポーツ中継(録画)を行うために休止することがあった。 金曜解放区 『筑紫23』開始以来続いた金曜日第2部。 2008年4月の番組リニューアルを機に「」から「 金曜解放区」に改題した。 「金曜深夜便」時代は放送内容が新聞ラ・テ欄に表記されていなかったが、「金曜解放区」から表記された。 2009年3月27日に最終回を迎えた。 毎日放送(MBS)、、は金曜第2部「金曜解放区」をネットしなかった。 CBCでは、の開催週(原則としてが該当)に、同大会予選ラウンドのハイライトを放送するため「金曜解放区」を休止した。 ネット局について [ ] JNN協定に基づき、原則として28局ネットで放送するが、第2部の「金曜解放区」と「月ONE」は「協定」対象外のために、非ネット放送局がある。 毎日放送は月曜から木曜については2008年10月から半年間、編成の都合で他地域より2分早い23:52で放送終了してローカルニュースを放送した。 金曜のように本編自体がカットされることはないものの、番組終了時はエンディングの提供ゾーンの直後に、CMを挟まずにMBS出しのが表示した(他の地域は従来通り、提供ゾーンの後CMを挟んでTBS出しのエンドクレジットという段取りであった)。 NEWS23 - 膳場時代(2009年3月30日 - 2010年3月26日) [ ] 後藤は夕方の『』に異動。 これに付随する形で以降の『NEWS23』は、30分に縮小(月曜から木曜は23時台前半、金曜は後半30分)、特集が廃止、とのみへと衣替えした。 空いた月曜から木曜の23時台後半はバラエティ枠(『』)を編成。 特例として、2010年期間中は放送時間を10分延長して放送した。 膳場がメインキャスターとして、岡山がサブキャスターとして続投。 スポーツキャスターとして、お天気キャスターとしてが加わった。 森田の出演は「ローカル枠」での出演で、大雨被害や台風などのニュースを取り上げる際には、全国枠にも登場する。 1時間時代の最後期と同様に、(を記載しない)新聞の番組表には1行目に「NEWS23 膳場貴子」と表記した所がある。 番組開始以来初めて座席が置かれなくなり、平日昼の『』(『』に内包)と同じくキャスターが起立した状態でニュースを伝えた。 画面構成が簡素のものになり、当時のニュース番組では珍しく日本人の発言のがなかった。 視聴率は『NEWS ZERO』には相変わらず抜かれていたが、日によっては『』()を追い抜かすこともあった。 『総力報道! THE NEWS』の視聴率低迷での打ち切りによるゴールデンタイムのニュース番組撤退に伴い、30分版『NEWS23』も改編の対象となり、2010年をもって終了した。 番組の構成は、ニュース、「flash 23 JAPAN」(日本国内のフラッシュニュース)、「SPORTS23」、「flash 23 WORLD」(世界各国のフラッシュニュース)、「ローカル枠」全国の天気予報(ローカルニュース)の順。 ニュース部分で時間を割いたり、「SPORTS23」でミニ特集を組んだ場合、「SPORTS23」の直後に、「JAPAN」と「WORLD」を一括りにした格好の「flash23」として伝えた。 末期はflash23を統合して放送することが多かった。 放送時間が少なくなったが、その日のニュースを文字ニュースでも伝えた。 画面下部に「 JNN HEADLINE」と題した文字ニュースを本編中常時で表示。 地方局取材のニュースは文末に取材局を表示し、2009年5月1日まで略称で表記していたが(例:、など)、2009年5月4日からは正式名称(例:、など)に変更。 スポーツニュースだけはその日のスポーツコーナーのあと、flash23 WORLD の時間のみ表示した。 ティッカーでは番組からのお知らせも流れる時があり、最終回(2010年3月26日)には「1年間ご覧いただきありがとうございました」という文章と翌週からの『』の開始告知文が流れた。 ネット局について [ ] ・毎日放送・山陰放送・・では編成上の都合で、金曜に限り全国ネット枠のみで番組を終了した(23:55で終了。 テレビ山口も一時期同様の編成であったが、現在は金曜に限り天気を含めて完全ネットしている)。 なお、毎日放送の場合は月 - 木曜で内包扱いになっているローカルニュースが独立番組扱いで直後に放送されるため、実質的には月 - 木曜の放送形態と変わらなかった。 RKB毎日放送は独自のエンドクレジットの後、レスで「」に接続した。 NEWS23X(2010年3月29日 - 2013年3月29日) [ ] 詳細は「」を参照 2010年から事実上の続編となる新番組『 NEWS23X』(ニュース ツースリー クロス)が開始。 放送時間は月 - 木曜日は22:54 - 23:45の51分、金曜日は23:30 - 翌0:15の45分に再拡大、2009年3月まで行われていた特集コーナーも再開、ニュースワイド番組へと衣替えした。 月曜から木曜については2008年10月改編以来廃止されていた22:54からのが1年半ぶりに復活した。 30分版『NEWS23』からは膳場のみ引き続き出演、が8年ぶりにニュースキャスターを務める。 NEWS23 - 岸井・膳場時代(2013年4月1日 - 2016年3月25日) [ ] 2013年春の改編によりをもって『NEWS23X』としての放送は終了。 翌週のからは2010年3月以来3年ぶりに『NEWS23』に戻されることになった。 放送時間は月 - 木曜日は8分拡大され22:54 - 23:53、金曜日は2012年度までと同じで23:30 - 翌0:15。 『NEWS23X』でコメンテーターの以外の出演者は続投し、新たにアンカーとして、スポーツ・スペシャルキャスターとしてが加わる。 金曜日は岸井に代わり、週替わりでゲストコメンテーターが出演する。 さらに2013年9月30日からは天気キャスターとしてが加入した。 2014年3月31日より番組が一部リニューアル。 2012年度の『NEWS23X』からスポーツキャスターを務めていたが降板し、後任としてが加入。 また、番組テーマ曲の変更や一部コーナーのリニューアルも行われ、2010年3月26日以来廃止されていたローカルニュース枠が復活した(金曜日を除く)。 さらに、も開始された。 2016年3月25日をもって、膳場・岸井ら全出演者が降板。 2006年9月25日からの『筑紫哲也 NEWS23』から通算9年半にわたってキャスターを務めた膳場は、翌週から土曜夕方の『』に異動となった。 主なコーナー [ ] NEWS23 HEADLINE 番組オープニング後に伝えるフラッシュニュースコーナー。 一部のニュースでは直後に岸井のコメントが入る。 2013年8月頃からは、本コーナーを行わず、オープニング後トップニュースというスタイルになることも多くなっており、2013年9月30日以降は一度も行われておらず、事実上のコーナー廃止となった。 だが、要素自体は「NEWS23 TODAY」に引き継がれた。 23特集 政治・経済・社会問題を掘り下げる。 『NEWS23X』時代よりも多く特集を取り上げていた。 シリーズで特集が組まれる場合、シリーズタイトルがつけられていた。 スタジオにゲストを招いて討論形式で行う場合、事前にTwitterで意見を募集し、募った意見を膳場が読み上げながら進行していた(討論中にテロップでも紹介した)。 また、芸能人や文化人の特集を組む場合には「23 文化部」というタイトルがつけられていた。 2014年3月31日からはコーナーをリニューアル。 通常のニュースの後に一部の小項目のスポーツニュースも本コーナーで伝えていた。 SPORTS23 スポーツコーナー。 2014年3月31日からは、前述の「NEWS23 TODAY」からの流れでコーナーがスタートする。 また、同時期以降は「NEWS23 TODAY」で一部のスポーツニュースを伝えるため、スポーツに関する特集を中心に行った。 ただし、プロ野球の試合結果などの大項目のものについては本コーナーで伝えていた。 ツイッター問答 Twitter(ミニブログ)を用い、膳場が番組が指示したハッシュタグ news23と共に投稿されたツイートを紹介し岸井(金曜日はゲスト)とともに改めてその話題について議論を行う。 コーナー自体は2013年9月27日で終了。 2013年9月30日以降はエンディングで投稿されたツイートをテロップで紹介していた。 ツイッター問答が行われていた時間帯で行われている。 2014年3月31日以降は、月 - 木曜日に限って翌日の全国の天気・予想気温を伝えた後の部分が、一部系列局でローカルニュースに差し替えられた(金曜日は全局コーナーの最後まで放送)。 Last News 2013年9月30日より開始。 前述のとおり天気予報の時間が前倒しとなったため、本コーナーが開始された。 2014年3月31日以降は月 - 木曜日のローカル枠での放送となり、毎日放送など一部系列局ではNEWS23 Weatherの後半部分と同様ローカルニュースに差し替えられていた。 今夜のランキングトップ5 2014年10月6日より開始されたエンディングコーナー。 本・音楽・映画・ビジネス関連などあらゆるテーマに沿ったランキングトップ5を蓮見(蓮見不在時は古谷)が紹介し、膳場・岸井ら出演者とやりとりをする。 重大報道などにより時間の都合や蓮見不在時でも行われない場合があった。 金曜日は放送されなかった。 多くは次回放送の予告(スポーツに限らない)になることが多いが、その日の内容の感想などになることもある。 2013年9月30日からはこの日から加入した気象予報士の國本に交代し、タイトルも変更された。 翌日の天気に関するコメントとなっていた。 2014年11月からは季節の言葉(季語)の意味に関するコメントも入るようになり、翌日の天気が絡むとそれと合わせてコメントすることもあった。 綾瀬はるか戦争を聞く 毎年8月に行われるシリーズ企画。 シリーズは『NEWS23X』から継続。 「綾瀬はるか戦争を聞く 原爆直後に生まれた命」を2013年8月6日から3日間放送(8月6日ヒロシマ - 前編、8月7日 - ヒロシマ後編、8月8日 - ナガサキ編)。 膳場の後任となる新メインキャスターには筑紫哲也と同じく出身の(元)が迎えられた。 更に星のサポート役となるサブキャスターとして・(共にTBSアナウンサー)、スポーツキャスターとして(TBSアナウンサー)がそれぞれ加入した。 また、月 - 木曜日の放送時間が23:00 - 翌0:10に変更となり 、23:55を境とした2部制が取られた(ただし、第2部〈23:55 - 翌0:10〉はローカルセールス枠)。 月曜から木曜の放送時間が1時間以上(日をまたぐ)になるのは、月曜は2008年9月以来7年半ぶりで、火曜から木曜は1997年9月の『筑紫哲也 NEWS23』以来18年半ぶりとなる。 なお、金曜日の放送時間は2015年度までと同じ23:30 - 翌0:15のまま。 なお、時間移動により空いた月 - 木曜日の22:54 - 23:00にはTBSでのみ「先出し! NEWS23」が放送を開始したが、2017年4月時点で月曜日を除き放送を終了している。 2016年1月の番組リニューアル発表時に新キャスターとして(TBSアナウンサー)が出演することが発表されていたが、その後の3月3日に行われた「TBS2016年4月期番組改編説明会」において、小林が自身の健康上の理由により出演取り消しとなったことが明らかにされている。 その後小林は2016年3月4日付でTBSを依願退職している。 星が報道番組初キャスターということや進行を行うことに不慣れな部分が生じ 、星の不慣れな進行を補うため、2016年7月25日より星の新たなサポート役となるメインキャスターとして、『』や『』などで司会・進行を務めていた(元TBSアナウンサー)が加入し 、以降は星と雨宮・駒田を中心に進行し、雨宮は星の不慣れな進行を補いつつ、星に代わって主に番組全体の進行を務める。 2017年4月3日から、後続番組『』の放送時間が23:56 - 翌0:55(水曜日のみ23:56 - 翌0:26)に変更された ため当番組の放送時間も短縮され、第2部が廃止。 全局で放送時間が統一された。 これに先立って2017年3月27日にスタジオセットが一部マイナーチェンジ、テロップ類がリニューアルされた。 2018年4月2日より、月 - 木曜日に限り、TBS系列の22:00開始番組(加えて19:00・20:00・21:00開始の特別番組も)の終了時刻を従前の22:54から23:07に拡大・繰り下げるため、本番組は従前より10分繰り下げ・短縮となる、23:10 - 23:56に放送。 をもって、皆川が同年から『』へ異動となるのに伴い降板した。 さらに、新元号となる直前のから、月 - 木曜日の開始時間を1年1か月ぶりに23:00に戻して放送。 2019年をもって星時代の放送を終え、同日限りで雨宮・駒田・宇内は揃って降板。 一方で、星は翌週からの『』に続投となった。 解説時にはその日のテーマが手書きで書かれていた。 筑紫時代の1コーナー『多事争論』と似たスタイルであった。 2016年度、2017年度は番組中盤で放送。 2018年4月以降は番組中盤と番組終盤にて放送され、後者には月曜 - 木曜に限り「23TODAY」というコーナー名も付いていた(月曜 - 木曜は一部系列局ではに差し替えられていたが、金曜は全局で放送)。 SPORTS スポーツコーナー。 新着 2017年3月まで月 - 木曜日に放送。 最新のニュースを伝える。 1本目のニュースの後はローカル枠となり、第1部でネットを終える局は実質ここで飛び降りていた。 金曜日はこのコーナーの代わりに、エンディングでストレートニュースを1本伝える形を取った。 2017年度からは不定期で放送。 セカイは今 JNN海外支局からその国の最新情報を支局員が伝えた。 天気予報 2016年度は全曜日放送していたが、月曜 - 木曜は第2部で放送。 2017年度は月曜 - 木曜は一部系列局ではに差し替えられていたが、金曜は全局で放送。 2018年4月以降はエンディングで放送していた。 働き方図鑑 著名人らの多様な働き方を紹介していた。 TOKYOアスリート名鑑 SPORTS内にて放送。 きょうの (ハッシュタグ) 2017年度にエンディングで放送。 ネット上で今起きていることをキャッチし紹介していた。 綾瀬はるか戦争を聞く 毎年8月15日に放送されたシリーズ企画。 シリーズは『NEWS23X』時代からの継続。 TBSでは2018年4月2日から、月曜日の22:57 - 23:00 に、『先出し! NEWS23』からリニューアルする形で『 トップニュース先出し』という単独番組を関東ローカル向けに生放送。 当日の本編で最初に取り上げるニュース(トップニュース)や、本編の見所をいち早く伝えている。 news23 - 小川・星時代(2019年6月3日 - ) [ ] 2019年6月3日放送分から、全面的なリニューアルを実施。 「 ひとりが、ひとりに語りかけるように。 あなたと、わたしが、繋がるニュース。 」というキャッチコピーを掲げるとともに、番組のタイトル表記を『NEWS23』から『news23』に変更した。 改編期から2ヶ月遅れのリニューアルであったが、TBSでは同日以降も、毎週月曜日の本編直前に『トップニュース先出し』の関東ローカル放送を継続している。 出演者については、星をアンカーへ異動させる一方で、星以外の出演者を一新。 星に代わる後任の新メインキャスターには競合番組の『』 で2018年9月までサブキャスターを務めていた(元テレビ朝日アナウンサー)が起用された。 また、サブキャスターとして、スポーツキャスターとして(いずれもTBSアナウンサー)、取材キャスターとして(TBSテレビ報道局記者)が新たに加入した。 その一方で、高橋尚子は、「スペシャルスポーツキャスター」として不定期での出演を継続する。 さらに、アニメーション監督のが過去に発表した映像作品から、「働く人の一日」をテーマにが改めて編集した風景映像をオープニングタイトルに採用。 スタジオセットや字幕のデザイン・表示方法などを一新したほか、の「ワンダーランド」をオープニングテーマ曲、の「Changes Far Away」をエンディングテーマ曲に用いている。 主なコーナー [ ] newstories 5項目程度のフラッシュニュースで、山本とナレーターの宮島史年が交互に伝える。 タイトルの「newstories」には、「ニュース」(news)と「ストーリー」(stories)を重ねている。 特集 月 - 木曜日に不定期で放送。 場合によっては、当日のニュースにちなんだゲストが出演することがある。 sports23(today's sports) 石井を中心に進行するスポーツコーナーで、メインキャスターの小川も参加。 小川は主にスポーツニュースに対してコメントを述べる。 スペシャルスポーツキャスターの高橋も、月曜日を中心に随時出演する。 エンディングパートには、「スポットライトvoice」(本編で伝えたスポーツニュースに関連するアスリートのコメントやインタビューから印象深い一言を紹介するミニコーナー)を編成。 他にも、ニュースや特集の内容に応じて、ミニコーナーを随時放送している。 2016年4月のリニューアルから使われていなかった「SPORTS23」というコーナータイトルを復活させているが、番組タイトルの英字表記をアルファベットの大文字から小文字へ変更したことに伴って、放送上はコーナータイトルを「sports23」と表記している。 OBJECTION を復活。 当時と同じくローカル枠に組み込まれているため、ネット局の一部ではリアルタイムで放送されない。 ただし、放送済みの動画を放送後にTBSテレビ報道局の公式アカウントから配信することや、でも視聴者の意見を受け付けることが『筑紫哲也 - 』 時代と異なる。 天気予報 エンディングで山本が担当。 小川とのクロストークをはさみながら、全国の天気概況を伝える。 「毎回様々な人々の生き方に触れることで、生きるヒントを得よう」という趣旨の下に、各界で活躍する人物へのインタビューを通じて、その人物の略歴や生き方を紹介する 備考 [ ]• ローカル枠を除く本編(関東地区は全編)の放送中には、画面上端に紺色の帯状スペースを常時表示(速報時はこれが赤色に変わる)。 番組のタイトルロゴをスペースの左隅、ロゴの隣に全国主要都市の気象概況を表すマークをループ方式で表示させている。 また、リニューアル前までは2行で表示されていた小見出しテロップを、1行に集約させたうえでスペースの右上に表示している。 リニューアル前は白色基調のスタジオセット(『』・『』と共通)から放送していたが、リニューアルを機にセットも一新。 文字や映像を表示できるドーナツ型の円卓 をスタジオセットの中央へ据えるとともに、のパイプを連想させる金管のオブジェを、円卓の周囲へ螺旋状に新設した。 本編では、「sports23」を除いて、キャスター陣やゲストが円卓を囲む格好で着席で進行。 「sports23」のみ、石井と小川が円卓の前に立ちながら進行するため、通常は星・山本が円卓から進行を見届けていた(そのシーンがごくわずかながら映っている)。 また、天気予報では、折々の気候の特徴を表す言葉、データ、映像を円卓の中央部に映し出していた。 2020年4月6日(月曜日)放送分から、スタジオセットを再度リニューアル。 金管のオブジェや円卓に代わって、大型のモニターを設置したほか、スタジオの色調を明るく変えた。 番組名やコーナー名を表すロゴには、二本線と三本線を1セットずつ入れている。 (ローカル枠と天気予報を除く)コーナーのオープニングで流れるタイトル映像では、上記のロゴの右隣に二本線、左隣に三本線を配置。 線の一部やロゴにアニメーションの演出を施しているほか、複数の男女が「23(ツースリー)! 」と静かに叫ぶ声をサウンドロゴとして添えている。 メインキャスター• (・元アナウンサー)• (金曜日)の本番前に、第一子を懐妊中であることを当番組のtwitter公式アカウントで発表。 同年の夏頃に出産を予定している ため、(金曜日)放送分への出演を最後に、扱いで当番組を休演する。 このような事情に加えて、当番組に携わっていないTBSテレビの派遣契約スタッフがに感染したことがに判明したため、翌(水曜日)から7月3日まではスタジオと別の部屋からの生中継方式で全編に出演している。 アンカー• (・元)• 新型コロナウイルスへの感染拡大の影響で、2020年(月曜日)から一時、小川とは別の部屋からの生中継方式で全編に出演していた。 サブキャスター• 小川が上記の事情で別室からの中継出演を始めてからは、メインスタジオ側の進行を単独で担当。 スポーツキャスター• (TBSテレビ報道局記者) スポーツ・スペシャルキャスター• (元マラソン選手) - 不定期出演、毎月1 - 2回出演。 特集レポーター• (女優) - 2012年からの戦争と平和を考えるコーナー『綾瀬はるか「戦争」を聞く』担当。 ナレーター• 過去の出演者 [ ] 期間 メイン サブ スポーツ 天気 2008. 31 2009. 27 1 2009. 30 2010. 26 膳場貴子 岡山裕子 2 2010. 29 2013. 29 『』として放送 期間 アンカー メイン サブ ゲスト スポーツ フィールド 天気 2013. 1 2013. 27 3 膳場貴子 (不在) (週替わり) 4 出水麻衣 5 (不在) 2013. 30 2014. 28 2014. 31 2015. 21 6 2015. 23 2015. 27 (不在) 7 2015. 30 2016. 5 8 2016. 8 2016. 25 膳場貴子 2016. 28 2016. 22 不在 (不在) 9 (不在) 宇内梨沙 2016. 25 2019. 29 星浩 皆川玲奈 2019. 1 2019. 31 駒田健吾 宇内梨沙 2019. 3 現在 星浩 村瀬健介 山本恵里伽• 当初のキャスター陣は全員、前身番組『』から続投。 1 (MBS)からの出向。 2 ローカル枠での出演。 3 月曜日から木曜日の出演。 4 金曜日のみの出演。 5 スペシャルキャスターとして不定期及び毎月1-2回出演。 6 フラッシュニュースも担当。 7 蓮見が担当。 8 膳場の産休に伴う代役。 9 2019年4月から金曜日のみ『』を兼任。 金曜日ゲストコメンテーター• (大学院教授・政治学者)• (東京大学大学院法学政治学研究科教授・国際政治学者)• (国際関係学科准教授・哲学者)• (編集委員)• (環境ジャーナリスト)• (理事長)• (経済学部准教授・哲学者)• (社会活動家・事務局長)• (社会起業家・代表理事)• (・日本代表)• (株式会社代表)• () ナレーター• (月曜日 - 木曜日、2008年10月 - 2009年3月)• (スポーツ、月曜日 - 水曜日、2008年4月 - 2009年3月)• (スポーツ、木曜・金曜、2009年4月 - 2010年3月は全曜日一貫してスポーツニュースのみ担当)• (2013年4月 - 2016年3月)• (同上)• (スポーツ、同上)• ほか 代役について [ ] 出演者の誰かがスタジオに不在の場合、代役を設けずに分担しあうことも多いが、2013年度から2015年度までは代役を設けることがあった。 2013年9月23日 - 27日は出水が夏季休暇のためが代役を担当した。 2014年2月3日 - 24日は出水が取材に伴いスタジオを不在(ソチから中継出演する)のため、が代役を担当した。 2014年9月15日 - 10月3日は古谷が取材に伴いスタジオを不在(から中継出演する)のため、が代役を担当した。 2014年10月13日 - 17日は古谷が夏季休暇のためが代役を担当した。 2014年12月12日・15日は古谷が第42回出場に伴い小林悠が代役を担当した。 2015年7月27日 - 31日は膳場が夏季休暇のため小林悠が代役を担当した。 2015年9月14日 - 18日は古谷が夏季休暇のため14日・15日・17日を、16日・18日をが代役を担当した。 膳場は2015年11月23日 - 2016年2月5日の間は産休を取得。 産休中は2015年11月23日 - 27日の一週間は蓮見が代行し、翌週の11月30日 - 2月5日の間は(TBSアナウンサー兼報道局経済部記者)が代行を務めた。 補足 [ ]• 一部のスポーツ項目はスポーツ担当キャスターがナレーション(事前撮り)を行っていた。 「金曜解放区」「月ONE」は、出演者がそのまま出演していたが、出水は退席。 岡山も毎回いたわけではない。 岡山は、担当初期は『』出演と重なることがあり、当該日はオープニングに登場せずに、原則天気のみの担当であった。 出水は2009年3月13日の時には出演せず、膳場がスポーツニュースを担当した。 また、3月17日、3月25日もスタジオに出演しなかったが、3月25日はVTRで出演。 岸井はまれに金曜日に出演することがある。 放送時間 [ ] 表記はすべて。 「NEWS23」放送時間の変遷 期間 月曜日 火 - 木曜日 金曜日 2008. 31 2008. 26 22:54 - 翌0:25(91分) 22:54 - 23:50(56分) 23:30 - 翌0:35(65分) 2008. 29 2009. 27 23:00 - 23:54(54分) 2009. 30 2010. 26 23:00 - 23:30(30分) 23:30 - 23:59(29分) 2010. 29 2013. 29 『』として放送 2013. 1 2016. 25 22:54 - 23:53(59分) 23:30 - 翌0:15(45分) 2016. 28 2017. 31 23:00 - 翌0:10(70分) 2017. 3 2018. 30 23:00 - 23:56(56分) 2018. 2 2019. 26 23:10 - 23:56(46分) 2019. 29 現在 23:00 - 23:56(56分) ・の拡大・特番編成により、放送時間が変更される場合もある。 番組開始当初から年末年始は、特番編成の関係上、放送を休止。 代替として、23時台もしくは翌0時台に10 - 15分間の『』(2009年末から2010年正月は10分間の『』)を設けている。 また、2016年以降年内最終放送(曜日問わず)は時間を拡大し、特別企画を中心に放送している。 報道特番・放送時間拡大の事例 [ ]• :首相辞任• 『』を途中で中断。 そのまま報道特番を放送。 『』中継に伴う特別編成のため22:30より開始(通常より24分前拡大)。 なお、該当日は前拡大部分を世界陸上関連ニュースやそれに付随した特集にのみ充て、一般ニュースは23:00頃から伝える形を取った。 この日の21:26頃に熊本県で最大震度7を観測する地震が発生し、当時放送されていた『2時間スペシャル』を途中で打ち切り。 そのまま当番組の出演者・テロップを踏襲した報道特別番組を放送。 なお、のネット局のうち、などテレビとのでを編成した局については、結果的に当番組がラジオでも流れていた。 ちなみに、当番組のフォーマットを踏襲したのは翌15日1時過ぎまでで、それ以降はのフォーマットが踏襲されたが、スタジオについては翌15日の報道特番終了まで当番組スタジオだった。 14:50 - 15:53にJNN報道特別番組『陛下「お気持ち」表明 生前退位のご意向は…』として当番組の出演者・テロップを踏襲した形で放送した(スタジオは『』『JNNニュース』のスタジオを使用)。 1:45 - 2:40に報道特別番組「トランプ米大統領就任式」を放送。 当番組に出演する駒田・皆川がキャスターとして出演した。 JNN協定非適用。 当番組の前座の時間帯(21:50 - 23:00)で、前日に投開票が行われたに関する報道特別番組『緊急! 首都大決戦の全真相』を放送。 星が『』の・と共に出演した。 この特番は生放送だったため、星はそのまま続けて当番組にも出演した。 15:00 - 16:24 に『終戦72年特別番組 秘密〜いま明かされる4の真実』を放送。 星・雨宮が出演し当番組のテロップ等を一部流用。 JNN協定非適用。 この日の21:21頃に北海道で最大震度6弱を観測する地震が発生し、当時放送されていた『』を中断し21:25頃から10分間、地震関連の臨時ニュースを放送。 ニュース終了後、『 - モニタリング』の続きを放送した関係で後続の番組が全て10分繰り下げられたのに伴い、当番組も10分繰り下げ(23:20 - 翌0:06)となった。 また、この日は当初予定の番組内容を一部変更し、地震関連の最新情報を中継を交え随時伝えた。 2019年:・元号• 放送時間を29分拡大(23:00 - 翌0:25)し、午前0時のからへの改元の瞬間を、全国各地からの中継を交えリアルタイムで伝えた。 この日の22:22頃に新潟県で最大震度6強を観測する地震が発生し、合わせて沿岸全域・沿岸全域(を含む)・能登地方沿岸にが発令されたため、『』最終回を途中で打ち切り、22:25頃から翌1:10まで当番組の出演者を踏襲したJNN報道特別番組を放送。 なお、この日の当番組は急遽休止扱いとなったが、スタジオは当番組のスタジオから放送された(テロップなどは『』仕様のものを使用)。 また、報道特番はやCS放送・でもされた(ただし、前者での放送は翌0:30で終了。 地上波でのCM中は前者は静止画、後者はTBS NEWSのスタジオからの地震関連ニュースをそれぞれ流して対応)。 これに伴い、翌週同月25日は前枠で『わたし、定時で帰ります。 』最終回の振替放送を実施 した関係で、通常より15分繰り下げて(23:15 - 翌0:11)放送した。 その他の事例 [ ] ・と期間中も、共通の協賛スポンサー3-4社程度が提供する大会ハイライト番組をコーナーとして内包するため、10分拡大して放送するが、期間はこの番組への内包・拡大はせず、同番組終了後に別枠で10分のハイライト番組を放送した。 期間は5分拡大して放送。 同時間帯に・各地で開催される「」の競技生中継を実施するため、出演者(ロンドンに競技中継のリポーターとして派遣された宇内を除く)の夏休みを兼ねて休止。 世界陸上中継の中で代替の『JNNニュース』を放送した。 『サッカー・』中継のため休止。 各日とも、翌2:00 - 2:03に代替の『JNNニュース』を放送した。 2018年・• 『』中継のため休止。 アジア大会中継の中で代替の『JNNニュース』を放送した。 また、同大会関連の事前特設コーナーを放送のため、 - (後述するを除く)は5分拡大して放送。 さらに、15日は前述の理由に加え、当日が終戦記念日に当たることから、終戦記念日恒例の特別企画「綾瀬はるか戦争を聞く」を放送のため、35分拡大(23:10 - 翌0:31)して放送した。 その他、22日はアジア大会中継延長のため5分繰り下げ(23:15 - 翌0:01)となったほか、29日は20:00 - 23:40にアジア大会中継を放送のため30分繰り下げて(23:40 - 翌0:26)放送した。 この期間に・各地で開催される『』(大会自体は10月6日〈現地時間〉まで開催)の競技生中継を実施するため、出演者(ドーハに競技中継のリポーターとして派遣された石井を除く)の遅めの夏休みを兼ねて休止。 世界陸上中継の中で代替の『JNNニュース』を放送した。 また、同大会関連の事前特設コーナーを放送のため、 - は5分拡大して放送した。 ネット局 [ ]• 2019年4月29日より。 「NEWS23」番組ネット局 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 (TBS) 【 制作局】 月 - 木曜日 23:00 - 23:56 金曜日 23:30 - 翌0:15 (HBC) (ATV) (IBC) (TBC) (TUY) (TUF) (UTY) (SBC) (BSN) (SBS) (TUT) (MRO) (CBC) (MBS) ・ (BSS) (RSK) (RCC) (tys) (itv) (KUTV) (RKB) (NBC) (RKK) (OBS) (MRT) (MBC) (RBC) テーマ音楽 [ ] 「NEWS23」テーマ音楽の変遷 期間 オープニング エンディング 備考 2008年3月31日 - 2009年3月27日 (・・) 『』 HASYMO 『』 2009年3月30日 - 2010年3月26日 (・・) 『』 KOBUDO-古武道- 『』 エンディングはオープニングのアレンジ 2010年3月29日 - 2013年3月29日 『』として放送 2013年4月1日 - 2014年3月28日 『starting point』 『』 2014年3月31日 - 2015年3月27日 『』 オープニングはインストアレンジ版。 エンディングは原曲を使用。 2015年3月30日 - 2016年3月25日 () 曲名不詳 『』 2016年3月28日 - 2018年3月30日 『cerulean eyes』 『Someday Somehow』 2017年3月27日よりオープニングテーマはアレンジされたものを使用。 2018年4月2日 - 2019年5月31日 兼松衆 『cerulean eyes』 ピアノをメインとしたアレンジに変更されたものを使用(アレンジの変更は2018年3月26日から)。 スポーツコーナーでも別バージョンのアレンジを使用。 2019年6月3日 - 『』 『』 オープニングはスポーツコーナーでもBGMとして使用。 参考文献 [ ]• 筑紫哲也『ニュースキャスター』 番組誕生から今日まで• 1995年12月号 『キャラクターニュース久米宏か、キャスターニュース筑紫哲也か』 脚注・出典 [ ] [] 注釈 [ ]• 19:56 - 21:48。 この日の『キミハ・ブレイク』は放送中止扱い。 当時の『ZERO』では、オープニングCG・提供クレジットの後スタジオ挨拶に続いてフラッシュニュースコーナー「24H」を放送する構成を取っていた。 2010年6月14日放送より同年9月24日放送まで。 関東ローカル扱いとされ、TBSのみの放送だった。 ただし、当時の『NEWS23』は23:30終了だったため、『ニュースJAPAN』(23:30開始)とは直接競合していなかった(月 - 木曜の場合)。 もっとも星はテレビの出演経験はあるものの、進行経験はほとんどない。 2017年10月より水曜日も23:56 - 翌0:55に変更され、全曜日で放送時間が統一された。 開始当初は23:07 - 23:10だったが、開始時間の変更により2019年4月29日から現在の放送時間に変更された。 ただし、新聞等の番組表でのタイトル表記は従前通り『NEWS23』のまま。 『筑紫哲也 NEWS23』末期の2007年12月から2009年3月までメインキャスターを経験した後藤謙次が、2016年4月から月 - 木曜日のコメンテーターとしてレギュラーで出演。 小川も、サブキャスターを降板するまで後藤と共演していた。 キャスター席にドーナツ型の円卓が用いられたのは、『筑紫哲也 ー』時代の初代セット以来である。 第1期時代の2008年10月 - 2009年3月は金曜日のみ。 また第2期時代の2014年2月10日 - 3月11日の期間のみが代行した。 なお、この報道特番を放送のため『』はTBSなど制作局のを除く当日の全ネット局で14:50終了となり、CBCテレビでは14:50 - 15:53に一時中断扱いとした。 後日遅れネットした系列局もいくつかあった。 なお、揺れの強かった北海道の地元局・では『 - モニタリング』をこのまま途中打ち切りとし22:10まで地震関連のローカル報道特番を放送した。 その後、『』が始まった22:10から通常放送に復帰したが、L字画面での情報提供などを続けた。 なお、当初この日の前座番組として設定されていた『2時間スペシャル』(当日の『その他の人に会ってみた』の通常放送とは別枠で放送)は、20:00 - 22:00に時間繰り上げの上放送した。 なお、前述のドラマが予定通り最後まで放送されていた場合、18日が15分繰り下げとなる予定だった。 また、同日は性的マイノリティーに関する特集を放送する予定だったが、こちらについては6月26日に振替放送された。 出典 [ ]• 日刊スポーツ2016年3月3日配信、同日閲覧• TBSホット情報 2016年1月26日発行、同日閲覧。 スポニチアネックス 2016年3月3日配信・同日閲覧• TBSホット情報 2016年7月19日配信・同日閲覧• ウォーカープラス 2017年2月25日発行、同日閲覧。 Sponichi Annex 2018年1月25日発行、同日閲覧。 Sponichi Annex 2018年3月2日発行、同日閲覧。 スポーツ報知 2019年3月3日発行、同日閲覧。 Sponichi Annex 2019年5月8日発行、同日閲覧。 TBSテレビ公式サイト 2019年5月7日発表、同年5月9日閲覧。 『アニメ! アニメ! 』2019年5月20日付記事、同年6月5日閲覧。 TBSテレビ公式サイト 2019年5月20日発表、同年5月21日閲覧。 TBSテレビ公式サイト 2019年5月30日発行、同日閲覧。 スポーツ報知 2019年3月27日発行、同日閲覧。 2014年3月31日までは同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更並びに分社化前のため、中部日本放送。 2019年3月29日(2018年度最終放送日)までは同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更並びに分社化前のため、山陽放送。 - TBSホット情報 2013年3月18日• 関連項目 [ ] ウィキニュースに NEWS23に関するニュースがあります。

次の

後藤謙次が休み→降板理由は病気?腰痛手術で入院も

後藤 謙次 入院

報道ステーションに 政治評論家・コメンテーターとして出演していた 後藤謙次さんが3月26日の放送で 最後の出演を果たしました。 後藤謙次さんは4年間報道ステーションの政治評論家・コメンテーターとして出演していましたが、最後には政治、政治家が劣化したと想いを指摘しています。 また、過去には 病気で一時休むといったこともあり、今回の降板にはそういった身体的な不安なども要素にあるのでしょうか。 さん「4年間感じたのは政治と政治家の劣化。 特に日本の民主主義の根幹をゆるがすような事態が日々起きていた。 例えば国会軽視とか当たり前に見られていた公文書が平気で改ざんをされてしまう。 弱い人たちへのまなざしがほとんどないような政治が行われてきた」趣意 — 正木伸城 lumCIniNGnBDurw 後藤謙次 最後の出演!報道ステ政治評論家コメンテーターで出演 報道番組として人気のある報道ステーションに4年間出演していた後藤謙次さんは、この4年間はあっという間だったと明かし、始めた当初には熊本地震、そして最後には新型コロナウイルス、東京五輪パラリンピックの延期と自分の中では想像外の出来事が起こった。 と振り返りました。 そういった中で後藤謙次さんが感じたことを明かしています。 「4年間感じたのは、やはり政治と政治家の劣化。 それを政治部記者を長くやってきて強く感じます。 特に日本の民主主義の根幹をゆるがすような事態が日々起きていた。 例えば国会軽視とか当たり前に見られていた公文書が平気で改ざんをされてしまう。 そして、弱い人たちへのまなざしがほとんどないような、そういう政治が日々行われてきた」と指摘した。 スポーツ報知より引用 政治評論家として最後はやはり政治のことでコメントを振り返っています。 今回は報道ステーションを降板することになりましたが、今後もジャーナリストとして取材活動は続けていくということです。 コメンテーターでジャーナリストの後藤謙次氏は今回の小池氏の要請に「小池さんのこれまでの発信力がやや弱かったんではないか。 北海道知事、和歌山県知事は果敢に立ち向かっていた。 今回の記者会見も私は一手遅れの印象です」と指摘した。 さらに「先週の3連休で自粛ムードがゆるんで人が出てしまった。 それに対して大阪、兵庫は、ややイザコザめいたものがありましたが、かなり強くメッセージが伝わったと思うんです」とした上で「昨日、一昨日ですかいきなり小池さんがロックダウン、都市封鎖という非常に過激な極めて強いメッセージを送った。 こういう場合はリーダーの発言は非常に大きく響く。 つまり、その場合にはこういうことをやってますよ、っていうのがきちっと伝えるのが責任。 そうしないとパニックばっかり誘発する」と指摘していた。 また、小池氏が首都圏の一都六県のテレビ会議を提案したことに「遅きに失した感じがするんです」とコメントし、国と密に連携する重要性を訴えていた。 スポーツ報知より引用 東京都は新型コロナウイルス感染者が全国的にも多いですが、感染者が多い北海道なども速くに外出自粛要請や非常事態宣言をしたりしている中で、東京都はそれに対応するスピードが遅いことを指摘しています。 日本の経済の中止部である東京都ですので、外出自粛要請や非常事態宣言を出すタイミングは難しいものだと思われますが、こういった状況の中でも判断を間違えずに早々と対策を講じることがもしかしたらできたのかもしれません。 後藤謙次 最後の出演!病気で報道ステーションを休むことも 現在70歳を迎える後藤謙次さんですが、報道ステーションを病気で休むということもありました。 その時の病気以外にも命に関わるような病気も若い時にしています。 報道ステーションに出演していた時には持病の腰痛が悪化したのか、腰痛の手術をするということで2019年12月12日の放送以降は出演を休んでいました。 手術をするならば仕方がない事だと思う一方で話題になったことがあり、それはジャパンライフへの関与があったのでは?それについての説明責任から逃げたのでは?という事が話題になりました。 さん入院するって不祥事起こした政治家が逃げるのと同じ手使う気かな? ジャパンライフの件、まだ何も説明してないよなあ — ぶりのすけ taiyouman 事実はわかりませんが、体のこととは言えタイミングが良すぎるという事で世間から批判をうけました。 今回報道ステーションを降板となりましたが、この時の事も降板の理由になっているのでしょうか。 ともあれ、今後もジャーナリストとして取材を続けていくという事を明かしていますので、今後も日本のことが良くなっていくように尽力してくれることを祈ります。

次の