でもでも僕は知っている カマキリ。 カマキリの大好物はなんでしょうか?とんぼとバッタをよくあげる...

カマキリは大雪を知っていた―大地からの“天気信号”を聴く (人間選書)

でもでも僕は知っている カマキリ

本書は、カマキリの生態観測(具体的にはカマキリが卵のうを作る位置と積雪の関係の観測)から、地球の不思議に迫るライフワークのお話。 酒井さんの科学的アプローチはとてもワクワクする。 仮説と検証、統計処理、科学的な考察・・・カマキリという身近な昆虫を通じて、地球や自然の不思議を知ることができる。 すばらしい科学読本だ。 植物(樹木)は地球の微妙な振動を感知し、樹木の中を流れる水の流れや保水の状態を変える。 それの振動をハチやカマキリは聞き分け、未来の天気変動を予知する。 それによって生命の保存を図るため、卵のうをつける場所を年によってかえるのだ。 カマキリの産卵は、初雪のおよそ3ヶ月前だという。 1ヶ月前でも5ヶ月前でもない。 この3ヶ月というのも実はヒミツがある。 フレミングの法則、地球ダイナモ説などとあいまって、非常に興味深い考察がある。 (詳しくは本書でお楽しみを!) うーん、僕らは地球人なんだ。 カマキリも植物も人間もみんな同じ星に住んでるんだぁ・・・って思える本である。 カマキリは嫌いだって方も、ぜひ!読んで欲しい。 (電気工学を学んだ方は、ぜったいハマルね。 ) カマキリの卵嚢は、雪に埋もれても大丈夫なんですけれど、その事例が具体的に検証されず、卵嚢は雪に埋もれると死んでしまうと言う前提から始まっている。 データなども自身の都合の悪い物は削除し、都合の良い素材だけを集めて計測している様な感じは否めません。 目の前にある事実に目を閉ざしている感じは有りました。 著者も博士号をおとりになっていますが、生物学や自然科学ではなく、工学系の博士号なのが良く判りません。 おそらく一番の残念な点は、著者に適切なアドバイスをすることが出来る人物が近くにいなかったのだろうと言うことです。 どうして様々な疑問を自分の理念に向けさせることが出来なかったのかと思います。 著書の中の探求心を自分に向けられたなら確固たる物になったと思います。 そうなると普通は、タイトルが変わってしまうと思います。 軽く読めてしまう本なので、中学生でも読めますが、カマキリに関して初めての本には向いていません。 エッセイとして、その探究心を伝えるのなら、いいかもしれませんが、ちゃんとした事実も伝えないといけません。

次の

「やりすぎ都市伝説」テラーが明かす“バッタ大量発生”のその後「僕らに打つ手はない」

でもでも僕は知っている カマキリ

こんにちは!の〜ざんです。 乳児期はまだご飯が食べられないので、母乳やミルクで育ちますが、特にミルクを飲ませているときなんて、不思議ですよね。 なんでご飯も食べず、ミルクで生活できるんだ!? 育児をしている人なら、必ず疑問に感じたことがあると思います。 の〜ざん家では、第二子については生後3ヶ月にして母乳が出なくなったので、それ以降はミルクだけで過ごしています。 (この記事を書いている2020年5月時点で生後5ヶ月です。 もうすぐ離乳食を始めます!) それ故、ミルク選びが大事だなと感じているのですが、一口に粉ミルクと言っても、色々なメーカーさんから発売されています。 全国のパパママさんたちは一体どのようにして粉ミルクを選んでいるんでしょうね? そんな疑問から、自分の子どもに適した粉ミルクは何だろうと検証しました。 あくまで主観なので、どの商品をオススメするとかいったものではありませんので、ご了承ください。 ママ友パパ友から聞いた話・・・のような感覚で読み進めてみてください。 の~ざん家で試した粉ミルク E赤ちゃん(森永) 産院で用意されていた粉ミルクです。 メーカーから産院にお願いして、宣伝効果も考慮して置いているのでしょうが、使ってみた感じは「good!」です。 粉がすぐに溶けます。 難点としては、価格が他の製品よりも一段上であることですね。 これがいつも買えたら一番良い!とは思いますが、毎日使うものなので、価格が抑えられるに越したことはありません。 僕が知っている粉ミルクの中では、価格が最も高いものになります。 はいはい(和光堂) ママ&長男の退院後に使い始めたのが、この粉ミルクです。 今は5歳になる長女が生まれたときにも気に入ってずっと使っていました。 ところが、あるとき「他の粉ミルクとどう違うんだろう」と思って、比較サイトを検索してみると、他の粉ミルクよりも一段甘いことがわかりました。 生まれてから暫くは、赤ちゃんはミルクでしか栄養を摂取できないので、甘い=カロリーが高い=ちゃんと栄養補給できているはず!と考えれば良いのですが、甘いことが引っかかって、他の粉ミルクを試してみようかなという気になりました。 価格としては真ん中くらいに位置すると思います。 ぴゅあ(雪印) はいはい以外に信用性があって価格もそこそこなものはないかと比較サイトで検索して、使ってみようと思ったのが、この「ぴゅあ」です。 雪印といえば乳製品で有名ですし、はいはいで気になっていた甘さの条件をクリアしていたので、使ってみることにしました。 使ってみるまでは、商品の名前を聞いたことはありませんでした。 当時1~2カ月の長男に与えてみると、何となく溶けにくい・・・全部飲み干したと思っても哺乳瓶の内側に粉が残っているということがしばしばありました。 さらに、便秘を起こしやすい・・・ウンチを出せずに苦しそうにしていることが何度かありました。 残念ながら、長男にはこの粉ミルクは合わなかったようです。 ほほえみ(明治) 「ぴゅあ」が長男に合わないとなってから試してみようと思ったのが、この粉ミルクです。 「ほほえみ」シリーズからは、固形ミルクや缶ミルクが発売されていますね。 いずれも長女が赤ちゃんだった5年前にはなかったものなので、便利になったなぁとつくづく思います。 これらについては、後ほど触れたいと思います。 「ぴゅあ」から「ほほえみ」に変えた途端、長男の便秘は解消されました。 というより、ほぼ毎日うんちをしてくれるようになりました。 うんちは毎日出た方が良いに決まっていますので、夫婦揃って一安心でした。 また、お湯に溶けやすいことも嬉しい材料でした。 粉ミルクは赤ちゃんによって合う合わないがあるみたい! やはり粉ミルクの種類によって、子どもに合う合わないがあるのですね。 それにちゃんと溶けてくれるかどうかも、気にしなければそこまで気にならないのでしょうけれど、の~ざん家では「ほほえみ」を使い始めてからずっと使い続けています。 番外編 「ほほえみ」シリーズには固形ミルクや缶ミルクがあります。 いずれもお出掛けの際に荷物にならないように開発されたものだと思います。 さすがに大きな缶に入った粉ミルクをお出掛けの度に持ち歩くのはしんどいですよね。 長女が赤ちゃんだった5年前には、むしろそれが普通だったので、お出掛けの度に「荷物が増える~」と嘆いていたものですが、今ではこの固形ミルクを重宝しています。 缶ミルクはコスパがあまりよくないと考えているので、利用する機会はありませんね。 ミルクを卒業したお友達から3つほどいただいてみましたが、缶を開けると蓋がないので保存が利かないのかなという印象でした。 近々、この缶ミルクに直接哺乳瓶用の乳首を取り付けることができるアダプターが発売予定のようなので、気になる方は試してみると良いでしょう。 お得に粉ミルクを手に入れる方法はある? 色々な粉ミルクを試そうと思うと、結局買ってみなきゃわからないじゃん! と言われそうなところですが、お得に粉ミルクを手に入れる方法があるんです。 それは、キャンペーンをうまく使うということ! 各メーカーがサンプルを無料で配布するキャンペーンをやっていることがあります。 抽選になることが多いですが、応募してみるのも良いと思います。

次の

カマキリのオス・メスの見分け方!交尾してオスが逃げることもある?

でもでも僕は知っている カマキリ

【更新】思春期ラブコメ「僕の心のヤバイやつ」最新話が更新されました。 山田は見ているが、市川は行ってしまう。 僕はLINEをやっている Karte15で恋心に気が付いた市川。 Karte30で恋心に気が付いた山田。 そんな二人の3巻の始まりはすれ違いから。 せっかく好き合っているのに 勇気を出せないのは山田の方だ。 市川… LINEやってる? 普通だったら十分だけど、市川に真意をわからせるには弱い。 そして、市川の反応はよりにもよって" バカにされてる"。 山田はそんなことをしないと知っているはずだが、どうしても自己評価と現実がマイナスのバイアスをかけてしまう。 プライドから嗜む程度……とぼかして答える市川に、山田は笑顔でツッコミだ。 山田の人の好さが出ている気がする。 ………… スマホをじっと見る山田。 3巻からはこういったシーンが非常に増えた。 考えがあるのだが、言い出せない。 山田はLINEを交換したい。 けど素直に言えない。 もうめちゃめちゃに弱気である。 Karte16で自分のことが好きなんじゃないかとアタリを付けて接近しておきながら、いざ距離を縮めようとしたら、できない。 乙女かな?……乙女だったわ……14歳の等身大の少女山田。 Karte26で市川が炎上した 非常に厄いワード。 頑張ってこれは泣けてくる。 こんなことを言うのは、嫌なら仕方ないけど~みたいな防衛線を引かないと聞けない気持ちがあるのだろう。 まともに行って玉砕したら立ち直れないんだ。 逆に言えば、Karte31の山田は直接聞けない。 この時は、まだ。 そして山田の好きな カマキリシリーズは市川にウケてない。 市川が話を合わせてくれていると知らない山田なので、当然要らないと拒否られる(Karte35でようやく愛想笑いと知る)。 無料マンガサイト「マンガクロス」で「僕の心のヤバイやつ」番外編1を読んでるよ! — くらもりさん FMaiKazefan 番外編で市川のツボと山田のツボが違いすぎるのがわかる。 LINEトーク 会話が切れるもなんとか続行を試みる山田。 なのだが、当の市川が分かっていない。 山田のお願いやピンチにはめちゃくちゃ鋭敏なのに、 自分のこととなるとどうしてもメガネが曇る市川。 まあ、このLINEグループトークは山田と市川の生活圏というか、生態の違いが互いに理解できていなくて上手くいかない場面。 友達に囲まれている山田にはわからないし、 友達に聞かれたこともない市川にもわからない。 山田にはわからないよな まあ全くその通り。 だが、市川もわかってない場面。 山田はLINEを交換したいんだ。 Karte25の最後の1コマと通じる、相互不理解のツッコミどころ。 珍しく萌子の行動が助け船に。 目を見開く山田。 突然我を忘れてがっついてしまう。 ……にゃあ、驚愕。 市川も当然聞いていて(ひとはカバーの本を手に)、その計画に青くなる。 息をするより簡単だろ!! 山田は息を吸うより簡単に彼氏を作れるけど、好きな人を彼氏にするのは難しいんだぞ、市川。 — くらもりさん FMaiKazefan 当時の私の発言。 誰でもいいから付き合うとなれば、市川の発言は正しい。 だけど、 山田が付き合いたい人は一人しかいない。 その枠はもう決まっていて、目黒区イチ難攻不落なんだろう。 直進 駆け引きナシ。 一直線。 身内への言い訳も立った。 もはや恐れるものなど何もない。 えっ……本当に? 吉田・ばやしこ・萌子の目線が同じだけど、意味するところは結構違ったのかも。 っていうか山田、この辺りで勘繰られた気がするのだが。 まあそれはさておき、言い訳を手に入れた山田は今度こそとLINE交換をしてくれと市川にアプローチをかけるのだが……。 市川のLINE童貞は萌子に奪われてしまう(しかもあだな呼びもされてしまった。 踏んだり蹴ったりだ)。 ここはもうどうしても萌子の軍配が上がる。 " 教えて"の言葉に、 市川が断るはずがない。 市川は足立の頼み事ですらそうそう断らないんだから。 これはチャンスがあったのに、上手くアプローチできなかったから萌子に先制点を許してしまった。 といっても、何でも上手くいくほど世の中上手く出来ちゃいないんだってことでもある。 山田は14歳。 初めてばかりできっとわからないことだらけ。 初恋杏奈は大変だ。 あわあわ 白抜き表現はおおむねポジティブなので、市川は喜んでる。 女子とのLINE交換体験に浮足立ち、 市川のアイコンがリゼロのレムであることも判明してしまう。 SNSのアイコンが可愛い女の子の男子、結構いるでしょ。 そして萌子の兄、まさかのオタク。 秋田書店編でマンガに詳しいと自負したのは、このあたりの影響があったのかもしれない。 また、にこにこしてることから萌子は兄の趣味に否定的ではないのかも。 (まあ、今時オタク趣味は割と一般的な趣味だし……) マンガ趣味が通じたせいか、ニヤニヤする市川。 チョロすぎる。 (人殺しの目) Karte1で人殺しの目で山田を見ていた市川が、 ここにきて 山田から人殺しの目で睨まれることになる。 そういえば、Karte1で心を奪われた市川なんですが、今度もまたLINEなんてものを奪われたんですか。 まあ、流石にこれはたまたまの一致だと思うけど。 しかしこの場面、吉田は山田を目で追っている? 幼馴染のおかしな挙動、気になるよね。 普通なる。 ……が、小林はスマホいじってる。 色恋沙汰に興味がない。 そういう無関心で浮気を許すんだぞ、彼氏さん。 上から攻略 当て馬君。 石室君は1巻の扉絵・2巻の扉絵にもいる。 太田を差し置いて。 ひでえ。 デブが何したって言うんだ。 さて石室君、異常に厳しい市川に陸上エースで成績優秀と言わしめる、中々のポテンシャルを持つ男のようだ。 天は簡単に二物を与える。 だがフツメンだ。 しかし萌はステイタスで人を選ぶタイプだな。 将来婚活でもかなり選びそう。 まあ選べそうだけど。 完全に余談妄想。 マ!?じゃ 仲良いの!? 市川が反応。 山田は即座に気が付いて、ビビッと行動に出る。 ちょっと焦らせるような恋の駆け引きをやってのけるの、天性の頭の良さだと思う。 陰キャだったら全然仲良くないよとかそういうアピールしそうなものだが、 わざわざ近寄って聞かせるあたり、" 私売れ筋かもよ?"的な。 いや実際めちゃくちゃ売れ筋なんだけど。 そして市川、同じ屋根の下くらいで焦るのちょっと笑う。 それはそうと おなマンは語感が最悪なのだが? で、たぶん山田はここまでしかするつもりが無かったんじゃないだろうか。 LINE知ってるんだ? それは知らないと山田は言う。 しかもふにゃふにゃした物言いで。 あまり乗り気じゃなさそうなので、想定外なのではなかろうか。 ところで、石室君に話しかける山田の姿はどうにも陰キャ臭い。 まあ普通か。 萌子が異常にコミュ力が高すぎるだけだろう。 ここで山田のIQが爆裂する。 石室くん… LINEやってる? 山田、市川のことしか見てねえ。 お前にLINEを聞いたんだと、言外に伝える山田。 大冒険である。 そしてきちんとその違和感に引っかかる市川。 脳内でリフレインされる山田の言葉。 こういう時は市川は察しがいい。 そういう所が山田に信頼されてるんだろうか。 されるよな、されるわな。 あ 特大フルボイス市川。 クラス中のみんながびっくりする声を上げて意図せず阻止。 山田はにんまり。 ここで察してくれたと察してくれる山田。 控えめに言ってヤバイ。 市川クイズを外さない女山田。 そしてこの前コマの市川がやたらペドい。 ヤバイ。 僕らの性癖のヤバイやつ。 目的を達成した山田、あっさりと引き下がって幕。 ……座ることも忘れて自分の世界に入ってしまう市川に萌子はドン引き。 こうして山田と市川の親密気付かれポイントの加点を潰していくんだ……。 まとめ 1巻は知らずに恋に落ちる所から。 2巻は恋を受け入れて踏み出す所から。 3巻は……ちょっとしたすれ違いから。 3巻の出だしはすれ違いと気付きから。 山田との距離の変化に伴って、女子グループとの距離感もちょっぴり縮まってきてますね。 (事故的な接触以外で話しかけられたのは3巻くらいから) 今回はタイトルが非常に重要で、 3巻の中で始まったこの事件が3巻の最後であるKarte44で回収されることが最も大きなポイントでしょう。 LINEすら交換できない二人が、いかにしてそこまで踏み出すのかが描かれている……。 というところで。 聞けなかった山田。 わからなかった市川。 この二人がKarte44でどう変わったのか見てみると、ちょっと胸に去来するものがあるような気がするのです。 ところでこの回、実は萌子回だったのでは……。 その他 LINEの一番手を取れなかった山田は今後市川の"はじめて"に執着を見せることになるんですが、それはまた別のお話……。 でもなんだろう。 今回の山田いつもの山田と違いすぎて混乱する。 いつも通りなんだけど、あまりにもたくさんの山田が出てきて翻弄されまくるというか。 切なく、不理解で、恐ろしく、いじましく、年相応で、市川の理解者で、ずるい。 — くらもりさん FMaiKazefan すでに山田に嫉妬し始めているダメな読者 LINEの交換すらできなかったんですよ、この二人。 今なんか渋谷で絶賛イチャイチャ中ですけど、おそらくこの12月頭にはこんな……まだもどかしくて……距離感が……。 石室君を当て馬にするあたりから女子らしいというか、戦略的というか、そんな感じの山田が出てきます。 恋を自覚したから山田の見せる行動が全然違うんですが、山田もどうしていいか全然わかんない感じなんですよね。 そんな山田が、Karte44でああなるわけなんですが……。 少しずつ距離が詰まっていくこの静かなドキドキ感は、1巻と2巻のダイナミックさとは違って。 事件とかイベントとかじゃなくて、あたりまえの日常の中で育まれていくのがかなり印象深い巻でした。 この3巻の距離感が掴めないもどかしさはすでにだんだん失われ、渋谷で初デートとか口走る クソデカアホ女~~~~~~~!!!!!うぐおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!! こっちを見ろとか言って……ッ!!なんじゃこれは!!!距離感暴走脱線ひかりこだま機関車ヤーマダか!?アホか!!?!?!ああっ!!?エエッ!!?衆目を!!意識しろ!!モデルだろ!!?!?.

次の