デジタルパーマ。 デジタルパーマの特徴

デジタルパーマとカラーの順番はどっちを先にするべき?同時にすることは可能?

デジタルパーマ

最新記事 by きもやん• - 2020-04-10• - 2020-04-09• - 2020-03-08 『デジタルパーマとカラーを同時にしたいけど、順番はどちらが先がいいの?』と悩むことはないでしょうか? ぼくもヘアサロンでお客さまに接していると、よく聞かれる質問なんです…! これ実はとても大事な話で、どちらを先にするかによって仕上がりにもかなり影響してくるんですよ! 加えて 『デジタルパーマとカラーを同時は同時に出来ますか?』というのもよく聞かれます。 これらは意外と知られていないケースも多く、知っているかどうかで髪型の仕上がりは大きく変わります。 カラーの色味が、後からしたパーマ液によって薄くなる• パーマ液は髪のキューティクルを開くため、内部で発色している色素が流出しやすい状態を作り出してしまうんです。 パーマ液はほとんどの場合髪の中間から毛先につけるため、色が落ちるのもその部分になります。 今日はアッシュグレーにしたい!と思っていても、仕上がりがすでに色落ちしていると少し残念ですよね?しかしカラーの後にパーマをすると割と起こりやすいんです。 流す頻度が増えてカラーの色が落ちやすくなる カラーを先にした場合、そのあとのパーマをする際に何度か髪を流す作業が増えます。 で、そのときに影響を受けるのが、ここでも色味。 ただでさえ染めたばかりで色素が流出しやすいのに、そこへ数回の流しを受けることで色落ちにつながります。 そもそも同じ日に両方を施術することは可能なのでしょうか? これは 『施術自体は可能、ただし髪への負担は大きい』という答えになります。 それなら逆にカラーを濃く入れておけば、パーマを後からしても大丈夫なのでは? ところがどっこい!これが難しいところなんですが、実は 濃く色味を入れていたとしてもパーマ液を付けると簡単に落ちてしまうんです。 しかも毛先だけが色落ちするため、後からのパーマを逆算して染めておくのは至難の業。 こういう意味もありパーマが先の方が仕上がりのクオリティは高まると考えています。 まとめ デジタルパーマとカラーの順序と、それによって仕上がりがどう変化するかが分かったかと思います。 ちなみに今回はデジタルパーマでしたが、一般的な普通のパーマ 水パーマ、コールドパーマ、エアウェーブ に関しても理屈は同じです。 カラーとパーマを同時にしたいときに、この知識があるとスタイリストの提案も理解しやすくなるのでおすすめです。 それではまた!.

次の

デジタルパーマに最適なスタイリング剤はコレ!プロがおすすめを徹底解説

デジタルパーマ

あなたは、今のヘアスタイルに満足していますか? 髪は切りたくないけどちょっと印象を変えたいと思う方は、パーマをかけて変化をつける方法があります。 パーマをかけることで、大人っぽくしたりオシャレで可愛い印象にチェンジすることができます。 パーマにも色々種類があり、迷ってしまう方もいるでしょうが、その中でも女性に人気なのが、コスメパーマとデジタルパーマです。 パーマをかける上で大事なのは、自分の髪質や髪の長さに合ったパーマをかけることです。 それぞれの特徴を見ながら、自分に合ったパーマを選んでいきましょう。 コスメパーマとは コスメパーマとは、髪に負担の少ないパーマ剤を使用し仕上げていく方法です。 パーマをかけたいけど髪の傷みが不安という方は、コスメパーマを試してみるのも良いかも知れません。 一般的なパーマ剤は医薬部外品に分類されていますが、コスメパーマに使われるパーマ剤は化粧品に分類されます。 髪のダメージが全く無いわけではありませんが、化粧品系なので一般的なパーマ剤に比べると髪のダメージは大分軽減されます。 デジタルパーマとは デジタルパーマは、パーマ剤に加え器具を使って熱処理を加えることで、髪の毛にカールを記憶させる方法です。 パーマ剤だけでかけるパーマより、カールが出やすく長持ちしやすいのが特徴です。 くせ毛で毎日のスタイリングが大変な方でも、デジタルパーマをかけることによってスタイリングが楽になります。 コスメパーマとデジタルパーマの違い コスメパーマとデジタルパーマの違いは、ウェーブの出方にあります。 コスメパーマは、髪が濡れている状態でもウェーブが出やすいですが、デジタルパーマの場合は、しっかり髪を乾かさないとウェーブが出ません。 また、ショートヘアの方は、コスメパーマの方がボリュームを出しやすいのでおすすめです。 ただし、コスメパーマは他のパーマに比べて髪に優しい分パーマがかかりにくく、とれやすい点がありますので、細くて柔らかい髪には不向きといわれております。 デジタルパーマの場合は、パーマがかかりにくい髪質の方でも比較的かかりやすいといわれていますので、髪質を気にせずかけることができます。 熱を加えている分髪が傷みやすい点はありますが、他のパーマに比べると持ちが長いといわれています。

次の

【保存版】ボブさん必見!デジタルパーマの人気ヘアスタイルを大特集

デジタルパーマ

最新記事 by きもやん• - 2020-04-10• - 2020-04-09• - 2020-03-08 『デジタルパーマとカラーを同時にしたいけど、順番はどちらが先がいいの?』と悩むことはないでしょうか? ぼくもヘアサロンでお客さまに接していると、よく聞かれる質問なんです…! これ実はとても大事な話で、どちらを先にするかによって仕上がりにもかなり影響してくるんですよ! 加えて 『デジタルパーマとカラーを同時は同時に出来ますか?』というのもよく聞かれます。 これらは意外と知られていないケースも多く、知っているかどうかで髪型の仕上がりは大きく変わります。 カラーの色味が、後からしたパーマ液によって薄くなる• パーマ液は髪のキューティクルを開くため、内部で発色している色素が流出しやすい状態を作り出してしまうんです。 パーマ液はほとんどの場合髪の中間から毛先につけるため、色が落ちるのもその部分になります。 今日はアッシュグレーにしたい!と思っていても、仕上がりがすでに色落ちしていると少し残念ですよね?しかしカラーの後にパーマをすると割と起こりやすいんです。 流す頻度が増えてカラーの色が落ちやすくなる カラーを先にした場合、そのあとのパーマをする際に何度か髪を流す作業が増えます。 で、そのときに影響を受けるのが、ここでも色味。 ただでさえ染めたばかりで色素が流出しやすいのに、そこへ数回の流しを受けることで色落ちにつながります。 そもそも同じ日に両方を施術することは可能なのでしょうか? これは 『施術自体は可能、ただし髪への負担は大きい』という答えになります。 それなら逆にカラーを濃く入れておけば、パーマを後からしても大丈夫なのでは? ところがどっこい!これが難しいところなんですが、実は 濃く色味を入れていたとしてもパーマ液を付けると簡単に落ちてしまうんです。 しかも毛先だけが色落ちするため、後からのパーマを逆算して染めておくのは至難の業。 こういう意味もありパーマが先の方が仕上がりのクオリティは高まると考えています。 まとめ デジタルパーマとカラーの順序と、それによって仕上がりがどう変化するかが分かったかと思います。 ちなみに今回はデジタルパーマでしたが、一般的な普通のパーマ 水パーマ、コールドパーマ、エアウェーブ に関しても理屈は同じです。 カラーとパーマを同時にしたいときに、この知識があるとスタイリストの提案も理解しやすくなるのでおすすめです。 それではまた!.

次の