ハウスメーカー 転職。 住宅メーカーの営業職の仕事内容と気になる年収事情【ハウスメーカー】

ハウスメーカーの平均年収ランキング|ハウスメーカー比較ランキング

ハウスメーカー 転職

目次 ハウスメーカーの住宅営業は、顧客がライフスタイルを作っていくことに深く関わりつつ、高い報酬が得られることから、非常に人気のある職業です。 しかし、異業種に転職したいという人が出てくる要因があるのも事実です。 現役のハウスメーカーの社員の人からも、異業種に転職したいという相談も頂くことが増えています。 今回はハウスメーカー 住宅営業 の人が転職を考える動機と転職先について、分かりやすくご説明します。 ハウスメーカー 住宅営業 によくある転職理由 転職サイトを見られたことがあれば、ハウスメーカーの求人がいつも掲載されていることに気がつく人は多いのではないでしょうか? 高単価の商品を扱う営業職であるが故に、入社初年度から高収入が期待できる反面、仕事は想像以上に激務です。 残業時間が長い 住宅を販売する場合、お客様は一般的に日中仕事をしているため、訪問するのは夕方から夜になります。 それから、会社に帰って事務作業をおこなうと、帰宅時間は早くて22時になることが多いです。 また、3月から4月の引越しシーズンを迎える繁忙期はとくに忙しく、帰宅が深夜になることや、会社に寝泊りすることもあります。 お客様とのアポイントがない時間帯は電話営業や、営業ツールの整理をするなどの仕事をおこないます。 ですが、問題点として、営業職は「個人事業主」としての側面あり、仕事とプライベートの境界線が曖昧なことや、お客様の都合でアポイントの時間が変更になった場合に喫茶店などで時間をつぶしたりすることも多いため、勤務時間は長くなりがちです。 また、そのような時間を勤務として申請しないことも多く、サービス残業を請求する裁判は頻繁に起きています。 休みが平日・少ない・不規則 住宅の展示会で来客が多く見込めるのは週末であり、それにあわせてイベントを企画することが多いため、週末や祝日に休めることはほとんどありません。 「残業時間が長い」でもお話しましたが、営業活動はお客様の都合に振り回されます。 休みの日でもお客様からクレームの連絡があれば、出勤せざるを得ません。 繁忙期には月2~3日しか休めないとの話もよく聞きますので、ハウスメーカーの営業職の休日は、平日に偏り、休みが取れても時期によっては極端に少なく、不規則であると言えます。 給料が不安定 ハウスメーカーの営業職は歩合制であるため、高い給料が期待できる反面、営業成績によっては食べていくのがやっと、といった状況も見られます。 転職サイトでは「年収1千万円以上可能!」といった記載がありますが、そのような営業マンは営業担当の中でせいぜい1割いないと考えてよいです。 収入が不安定だと、生活も安定しません。 結婚や子育てをおこなう上では計画が立てられません。 自分の将来に不安を感じて、転職を考える人が多いことが、このような営業職の特徴です。 ノルマが厳しい 営業=ノルマのイメージがあると思いますが、ハウスメーカーの営業担当に課せられるノルマはハイレベルと言えます。 これは、会社の人件費や一般管理費、研究開発費等を捻出する必要に基づいて逆算された数字なので、達成してもしなくてもよい数字ではなく、会社の維持と成長のために必要な数字だからこそ、厳しく管理されます。 この数字が果たして本当に大変なのか?についてですが、顧客と内・外装の調整や、物件の確認、契約後の事務作業も含めると、月1棟が限界です。 更に、このノルマを達成できるのは営業マンの1割~2割程度。 波はあるものの、0. 7棟が会社の考える本当のノルマとしても入社1~2年では0. 7棟も厳しい数字。 上司の叱責や会議での吊るし上げなどから感じるプレッシャーで体調を壊すことも多いです。 ハウスメーカー 住宅営業 にオススメの転職先は? ハウスメーカーの営業は、いまだに大部分の人にとって「人生で1番高い買い物」である住宅を通じて、生活空間の演出に携わりながら、高額の報酬を得ることができるという良いイメージがありますが、これまで見てきた通り、大変な仕事です。 もし、ハウスメーカーの住宅営業の経験がある人が転職を考えるとしたら、どのような仕事が向いているのか。 ここでは、ハウスメーカーのキャリアを持つ人にオススメの転職先をいくつかご紹介します。 ハウスメーカーの営業職の人材は営業力 コミュニケーション能力・交渉力・プレゼンテーションスキル があり、建築の知識が豊富であること。 それに加え、設計や融資の担当者と一緒にプランを進めていける推進力や、何より顧客の夢を正確につかんで形にする理解力や企画力、行動力を転職市場に評価されています。 よくある転職先としては、そのような能力が生かせる 法人の資産管理や異業界の営業職といった仕事があります。 ハウスメーカーの営業を経験した上で、「キャリアチェンジしたい!」「仕事の幅を広げたい!」という人にはWeb・IT業界や広告、人材業界など、無形商材の法人営業職がオススメです。 無形商材の法人営業がオススメな理由• 未経験でも積極的に採用する• 専門性を身につけやすい• 他社からの引き合い、選択肢を増やしやすい• やりがいを感じやすい• 中長期的に給与・年収を上げやすい• 物売り的な要素が少ない 無形商材の営業では見込み客の開拓や顧客管理をおこなう管理能力、商品提案力が要求されます。 住宅は高価で、頻繁に買い替えが発生する商材ではないことに対して、無形商材であれば、商材が何であれ顧客ターゲットは広がり、収入は安定します。 また、仕事をコントロールできるようになるため、休日や残業を自分の理想と考える生活に合わせることが可能になります。 無形商材の営業職については以下の記事で詳しく説明していますので、ぜひお読みください。 今感じているやりがいは他の仕事では得られないのか ハウスメーカーの住宅営業の仕事は確かに激務。 休みも少なく不規則かもしれませんし、収入も不安定です。 でも、新築物件が完成して、内覧会や引渡しの際に施主の人生に少しでも関わることのやりがいはハウスメーカーの営業担当にしか経験できないものです。 有形で高額な商材の営業として様々な能力が自分の知らない内に身に付くのも、この職種の特徴です。 このようなやりがいや、能力が他の仕事で得られるのかを考えてみましょう。 「大金を動かすような仕事をしたい」というのであれば、金融業界や他の有形商材を扱う企業でもやりがいを感じることができるかもしれません。 「お客様のニーズを聞いて、それを満たすような提案を考えるのが好き」なら、無形商材の営業でもよいかもしれません。 自分のやりがいや能力を伸ばしていくには、ハウスメーカーの営業でなければならないのでしょうか? 10年後の自分は想像できるか 皆さんは10年後の自分にどのようなイメージを持っているでしょうか?ノルマに耐えながら、そうはいっても仕事を軌道に乗せて成績を伸ばしている姿でしょうか? それとも、疲れて仕事に後ろ向きな姿でしょうか? 今いる職場が、「自分は10年後に絶対こうなる!」という明確なビジョンが描ける職場か、「今の職場で働き続けた10年後の自分の姿がなりたい人間像か」を想像して、転職を判断するのもひとつの方法です。 抱えている不満は自分で解決できるのか 「よくある転職理由」にも書きましたが、仕事をする上では、誰もがそれぞれの立場で不満を抱えています。 それらの不満が転職で解決できるのか考えてみましょう。 不満の原因が会社の制度や考え方、方針に基づくもので、個人ではどうしても解決できないと判断した場合は転職で解決する方法もあります。 ハウスメーカーの営業であれば、繁忙時期や商談日時、会社が定めるノルマを自分がコントロールできるわけではありませんし、給料は自分が達成した営業成績に依るため、安定的に稼いでいくためには相応の経験が必要になります。 自分の価値観に対して不満がどの程度のウェイトを持つ問題なのかを考えて、我慢できないようであれば転職を考えてみてはいかがでしょうか? 「それでも決意できない…」「自分にあった業界がわからない…」という時は 「住宅営業からのキャリアチェンジに興味あったけど本当に大丈夫かな」と転職に迷いを感じている人も多いと思います。 弊社では平均10時間ほど面談や電話、LINEで転職者の人の悩みや将来の夢について、面接で迷いなく言えるよう徹底的に対策します。 その結果、大手転職エージェントよりも転職決定率が5倍と大きな結果を残すことができています。 現職や今後のキャリアに悩んでおり、転職を検討している人は、ぜひ弊社にご相談ください! 年収350万から700万以上を目指す20代のための転職エージェント.

次の

住宅メーカーの営業職の仕事内容と気になる年収事情【ハウスメーカー】

ハウスメーカー 転職

ども、Tです。 今回は一級建築士を取得したのち栄転を果たした諸先輩方について紹介したいと思います。 僕が働いている事務所は中小の組織設計事務所です。 給料も休みも、魅力的な仕事すらない3重苦揃った事務所です。 そのため一級建築士を取得すると、皆さんそそくさと辞めてしまいます。 今回は、そんな諸先輩方の転職先について紹介します。 皆さんが転職するときの参考になればと思います。 大手ハウスメーカーへの転職を決めた先輩 意匠系の先輩で10年くらいキャリアのある方がいました。 うちの会社なら課長クラスです。 そんな先輩がある日突然、退職したのです。 学歴 地方四大卒• 実務歴 10年目• 部署 意匠• 年齢 35歳• 性別 男性 理由は転職でした。 どこへ転職するのかチラッと聞いてみると、「ハウスメーカー」と答えてくれました。 さらに、どのメーカーか突っ込むと、名前を聞けば誰でも知っている有名企業でした。 先輩はこれから働く会社に希望を持っているような顔つきでした。 それから半年後、その先輩と会う機会がありました。 仕事はどうですか?とそれとなく話を聞くと真っ先に、• 「年収はこれまでの1. 5倍になった」 と言いました。 身に着ける時計やスーツも高価なものに。 大手ってスゲェな!と思った瞬間です。 僕は久々に会った先輩に聞けなかったことを聞くつもりでした。 それは「なぜハウスメーカーを選んだのか?」ということ。 先輩はなぜハウスメーカーを選んだのか? 「先輩、なんで事務所やめちゃったんですか?」 「中々ストレートなこと聞くね。 まぁいいけど。 辞めた一番の理由は1つ。 お金だよ。 子供の養育費も結構必要なんだ。 これから娘が大学にも行くだろうし」 「なるほど。 色々とお金が必要なんですね。 じゃあ大手設計事務所という選択肢はなかったんですか?」 「なかったね。 正直設計事務所の所員という働き方は合わなかったんだ。 毎日遅くまでサービス残業して、非効率な仕事をする。 それが耐えられなかった。 」 「そうなんですか・・・。 確かに手戻りや、余計な資料作りが多いですものね」 「その点、今の会社はシステマチックだよ。 企業の母体がしっかりしているから、色々なことがマニュアル化されている。 僕はこっちの方が性に合っているね。 創造的な仕事よりもこなす方が好きなんだ」 「お金以外にも思うことがあったんですね。 ちなみに帰宅時間はどうですか?」 「随分と早上がりになったね。 事務所にいた頃は、22時退社が基本だったけどね。 今は19時には帰宅できているよ。 やっぱり子供や妻との時間も大切にしたい。 今の若い人も、そういう考え多いんじゃないかな。 仕事だけじゃないって人」 「はい。 僕も同じことを考えています。 仕事に打ち込める人はいいけど、そうじゃない人がほとんど。 そういう人にとって設計事務所って働き口は合わないかもしれませんね」 「そうだね。 所員をこき使って、修行という名の元に搾取する時代は終わったよ。 だから転職するんだ、という事実を社長や幹部は知った方が良いよね。 」 「ですね。 ただ、ウチの会社は60以上の老害が力を持っているので、簡単に変わりそうにありません笑」 「だな笑」 「ところで転職したデメリットはありませんか?」 「実はあるんだよね。 業務は全て上司の承認がいるし、1つの書類を外に出すときでも、自分の判断では済まない。 大手なりのルールがあるんだ。 スピード感が無くなっている気がする」 「逆に言えば中小の事務所はチェック機能が杜撰ということですか?」 「そうとも言えるね。 どちらが良いかはもう少し見極めてみる必要があるかな」 ハウスメーカーへ転職した先輩は笑顔だった 中小の事務所からハウスメーカへ転職した先輩の顔は晴れやかでした。 笑顔が多くなったと思います。 年収は1. 5倍、休日や平日も休む時間が増えたのだから当然ですね。 やっぱり大手の会社っていいなあ。 そう思った日でしたね。 別れ際「T君もウチきなよ」と言われました。 よほど人材を募集しているようですね。 そういえばオリンピック需要で人が足りないと言われています。 また団塊世代が一気に抜けることも懸念されています。 転職するなら「今がチャンス!」ですねぇ。

次の

未経験でも余裕?ハウスメーカーの住宅営業に転職、仕事内容・年収・ノルマとおすすめの会社

ハウスメーカー 転職

ページコンテンツ• ハウスメーカー・住宅営業の仕事内容・年収・将来性は? 住宅営業の仕事は家を売った後もずっと続く 住宅販売の営業は「コンサルティング営業」と呼ばれ、 住宅の購入をすすめるだけでなく、 ライフプランのヒアリングや資金計画のアドバイスなども行います。 また、 顧客のニーズを汲み取って、設計部門との橋渡しをするのも住宅営業の仕事です。 家を売って終わりではなく、 物件を引き渡した後もメンテナンスやリフォームなどを通じて、顧客と長く付き合っていきます。 ハウスメーカー・住宅営業の年収は成績次第 住宅業界の営業職は、インセンティブの比率が高く、1棟売り上げるごとに5~10万円前後の歩合がつきます。 したがって、契約が取れる人であれば、20代後半で年収1. 000万円を超える人も珍しくなく、30代では年収2,000万円を超える人も出てきます。 ただし、契約が取れない人は年収が低いばかりでなく、担当の展示場を異動させられたり、接客させてもらえなくなるなどで退職に追い込まれます。 住宅営業のノルマは毎月1棟が相場 大手ハウスメーカーの営業ノルマは、毎月1棟が相場になっています。 退職に追い込まれない最低ラインとしては、 新入社員の場合で2ヶ月に1棟は契約を取ることが必要になります。 入社5年目以降は、少なくとも3ヶ月に2棟のペースで契約を取れないと厳しいです。 また、戸数ではなく、「年間3億」など 金額でノルマを設定している住宅メーカーも多いです。 その場合は、安い住宅しか売れないと厳しいです。 住宅営業は長時間勤務で休みが少ない 住宅営業は個人の顧客が営業先になるため、顧客の都合に合わせて営業に行く必要があります。 そのため、日中は営業活動をし、夜に会社に戻ってから事務処理を行い、 退社できるのは22時~終電近くです。 また、住宅購入の決定権を持つのがご主人の場合も多いので、夜間や土日に営業に行かなければならないことも多く、 休みが月に1~2日といった企業も多いです。 さらに、 ハウスメーカーは労働組合がない企業も多いです。 住宅営業のキャリアパスは、入社5年目くらいから役職がつくのが一般的 住宅営業として入社後は、 5年目くらいで課長、10年目くらいで支店長といったキャリアパスが一般的です。 入社15年くらいになると、役員になる人も出てきます。 ただし、これはノルマをこなせる人の場合の話で、 契約が取れない人は入社3年以内に退職に追い込まれます。 時代に適合できないハウスメーカーは淘汰されていく可能性が高い 少子高齢化に伴い、国内の人口は減少傾向にあるため、 ハウスメーカーの将来性は、時代に合った住宅を開発できるかどうかにかかっています。 2015年の国内世帯数は5,340世帯でしたが、2035年には4,956万世帯まで減少すると予想されています。 こうした中、ハウスメーカーが生き残っていくには、 「海外に市場を求める」、「今後も増加が見込まれる、単身者世帯や高齢者世帯をターゲットとする商品企画」といった工夫が必要になります。 時代のニーズに適合できないハウスメーカーは、淘汰されていく可能性が濃厚です。 ですが、ハウスメーカーを利用することは消費者にとってメリットが多いため、規模を縮小しながらも、市場自体は残っていくと考えられます。 未経験からハウスメーカーに転職する方法 未経験で住宅営業に転職できるのは、基本30歳まで 30歳までは、住宅業界が初めてで営業経験もなくても、住宅営業として採用してもらいやすいです。 他業界でも営業職の経験がある人の場合は、35歳まで可能です。 35歳を過ぎて未経験の人の場合は、営業職としての実績がないと住宅営業への転職は厳しいです。 ですが、営業職は他の職種に比べて採用のハードルが低いので、 営業向きな性格の人の場合は、多少年齢が高くても採用してもらえることもあります。 住宅営業で活かせるスキル・経験 他業界での経験やスキルの中にも、住宅営業で活かせるものがいろいろとあります。 これまでの経験でアピールできるものがないか、探してみましょう。 コミュニケーション能力 営業職の中でも、 住宅営業は特に、コミュニケーション能力が重要になります。 住宅営業は、専門知識のない顧客のニーズを漏れなく聞き出す必要があるからです。 さらに、家を買ってもらった後も顧客との付き合いが続くので、コミュニケーションが苦手だと本人的にも辛いです。 また、設計にも気持ちよく動いてもらうなど、社内での人間関係も円満に処理できなければなりません。 PC・事務スキル 不動産営業の仕事では、 Word、Excelに加え、画像処理ソフトも使用します。 パソコンの勉強から始めていたのでは仕事にならないので、応募前にマスターしておいた方がよいです。 また、営業職は 事務作業も多いため、事務経験も評価されます。 マネジメント・接客経験 プロジェクトリーダーなどのマネジメント経験があれば、 コミュニケーション能力の証明になるので有利です。 販売職経験者など、接客に慣れていることも営業の仕事に通じるので評価されます。 住宅営業への転職に有利な資格 普通免許が必要な求人もありますが、 未経験・資格なしで応募できる求人も多いです。 しかし、以下の資格を持っていると転職に有利になり、入社後の仕事もやりやすくなります。 ・宅地建物取引主任者 ・ファイナンシャルプランナー ・住宅ローンアドバイザー ・不動産仲介士 賃貸仲介からスタートすると即戦力が身につきやすい 未経験から住宅営業に転職したい場合は、先に賃貸仲介の仕事に転職するのもおすすめです。 売買よりも契約数が多く、場数を踏めるので、住宅営業に必要な即戦力を習得しやすいからです。 未経験で入社する人も多いので、 いきなり住宅営業に転職するよりも採用されやすく、住宅営業へのステップアップも目指しやすいです。 賃貸仲介でも、入居から退去までの一連の仕事を覚えることができ、不動産投資の運用のノウハウなども学べます。 また、新規開拓が中心の住宅営業と違い、 反響営業がメインなので、営業の経験がない人も比較的取り組みやすいです。 未経験からハウスメーカーに転職、失敗しない転職先の選び方 ハウスメーカーからブラック企業を見分ける方法 住宅営業の離職率が高い 住宅営業の多くがすぐに辞めてしまうハウスメーカーは、 商品価値に対してノルマが厳しすぎる可能性があるので、避けた方が無難です。 同じ内容でいつも求人を出している 同じ内容でしょっちゅう募集を掛けていたり、中小のハウスメーカーが大量募集している求人は、 離職率が高いブラック企業の可能性が高いです。 ですが、リフォームなどの新規事業に参入するために、人員を大幅に増やす必要がある場合もあります。 志望先の事業計画などを調べてみるとよいでしょう。 「夢」「やりがい」などの抽象的な前向きワードが多い 求人情報やホームページの社長挨拶に、抽象的な前向きワードが多用されていたら要注意です。 こうしたワードは、 ブラック企業の研修という名目の洗脳でも多用されるワードだからです。 特に、メッセージが熱いわりに、勤務条件や待遇などの 応募者に必要な情報が網羅されていない場合は、ブラック企業だと思った方がよいです。 年収例が異常に高い、昇給について書かれていない 異常に高い年収例が掲載されている場合は、 ノルマが厳しい可能性があります。 また、昇給についての説明がない場合は、 在籍期間が長くなっても、給料が初任給と変わらないままの可能性があります。 ハウスメーカーからホワイト企業を見分ける方法 平均年収が高い 平均年収が高い企業は、事務などインセンティブがない職種も年収が高い可能性が高い可能性があります。 社員全体の年収が高い企業は、従業員を大事にしていることが多く、働きやすい可能性が高いです。 福利厚生が充実している ホワイト企業は従業員を大切にするので、福利厚生が充実しています。 最低でも、以下の4つの福利厚生が用意されている企業を選びましょう。 ・労災保険 ・雇用保険 ・健康保険 ・厚生年金 上記の保険・年金は、正社員に加入させることが法律で義務づけられています。 パートやアルバイトも、労働時間などによっては加入させなければなりません。 したがって、 年間休日日数が120日以上ある企業なら、きちんと休みを取れる可能性が高いです。 また、育児休暇や介護休暇など、 自分に必要な休暇の取得実績の有無も見ておきましょう。 研修などの育成制度がある 雇用した人材を長く使う気がある企業は、育成制度も整っていることが多いです。 特に未経験の場合は、働きながら必要な知識を学べるので安心です。 採用ステップが長い 採用ステップが長い企業は、人間性も重視して選考するので、 人格が円満な人が集まりやすく、職場の人間関係が良好なことが多いです。 志望先の業績も調べておく ですが、これらの条件を満たしていても、業績が落ちていている企業は、入社できても先行きが不安です。 応募前に、志望先の最近の業績もリサーチしておきましょう。 効率よく住宅営業の優良求人を見つけたいなら転職エージェントを利用する ハローワークや転職サイトの求人票を注意深く読んでも、 求人票に嘘の情報が書かれていることもあり、求人票の嘘を見破るのは困難です。 また、 未経験可で本当に条件がよい求人は、応募の殺到を避けるために、 非公開求人になっていることも多いです。 効率よく住宅営業の優良求人を見つけたいなら、 転職エージェントで非公開求人を紹介してもらう方法がもっとも手っ取り早いです。 志望先の詳しい内部情報も教えてもらえるので、 求人票の嘘に騙される心配もありません。 さらに、 選考通過のための転職支援も受けられるので、不利になりがちな未経験転職もスムーズに進められます。 未経験から住宅営業に転職したいなら大手総合型転職エージェントがおすすめ 未経験から住宅営業に転職したい人が利用するなら、 大手ハウスメーカーの求人が多く、サポート力が高い転職エージェントがおすすめです。 リクルートエージェント 最大手の転職エージェントで、 求人数が業界最多です。 大手企業の求人を中心に、幅広い業種・職種の求人が豊富に揃っています。 全国対応なので、首都圏以外の求人も豊富です。 良質な求人が多いことで知られており、 住宅・不動産業界の非公開求人は約2万件を保有しています。 取扱い求人数が多いので、紹介してもらえる求人数も他社より多いです。 サポート力が高く、対応がスピーディーなので、転職が決まるまでも早いです。 不動産業界の転職におすすめの転職エージェント・転職サイト30社を比較してランキング形式で紹介しています。 不動産営業として年収アップ転職したい人、不動産業界から異業種転職したい人、未経験で不動産業界に転職したい人それぞれおすすめの転職エージェントを紹介します。 まとめ ハウスメーカーの住宅営業は、経験者の方が有利ですが、 未経験OKの求人もあります。 他の仕事での経験やスキルでも、住宅営業への転職に活かせるものは積極的にアピールしましょう。 特に、 コミュニケーション能力は、住宅営業でも非常に重要です。 また、以下の資格は実務経験がなくても取得でき、住宅営業への転職に有利です。 ・宅地建物取引主任者 ・ファイナンシャルプランナー ・住宅ローンアドバイザー ・不動産仲介士 ただし、 ハウスメーカーはブラック企業も多いので、 良質な求人を見極めることも大切です。 効率よく住宅営業の優良求人を探すには、転職エージェントで非公開求人を紹介してもらう方法がもっとも効率がよいです。

次の