退職の挨拶。 【定年退職の挨拶】そのまま使えて参考に!

感謝の気持ちが伝わる「退職挨拶状・手紙」の書き方・例文

退職の挨拶

その中には社内・社外でお世話になった人への挨拶メールの送信も含まれるデジね。 本来なら全員に丁寧に挨拶へ行きたいところデジが、会社の規模によっては難しいためメールで挨拶を済ませることも多いデジ。 また、直接の挨拶とは別にメールを送ることもあるデジね。 特に社外へのメールは送信後、引継ぎをする部下や同僚と共に挨拶へ訪れることもしばしばデジ。 ここでは、そんな 退職の挨拶メールの書き方を例文付きで紹介するデジ!また退職の挨拶メールに対して返信が必要なのかについても解説するデジよ。 退職の挨拶メールを書く時の注意点 まずは退職の挨拶メールを書く上で注意したいポイントを紹介していくデジ。 件名は分かりやすいものに ビジネスメールの件名は分かりやすいものにするのが基本デジ。 これは退職の挨拶メールも同じこと。 「退職のご挨拶」など誰が見ても内容が分かるものにしておくデジよ。 無駄に凝る意味がないからね。 分かりにくい件名だと迷惑メールに紛れたり、読み飛ばされてしまう危険もあるデジ。 それと、件名には自分の名前も入れておくと親切デジね。 詳しくは後で紹介する例文をチェックしてほしいデジ! 退職理由は「一身上の都合」 それぞれ退職する理由があるとは思うデジが、ビジネスマナー的に退職理由は 「一身上の都合」としておくのが一般的デジ。 込み入った内容は書かない方がいいデジよ。 件名だけじゃなく内容もシンプルにってことか。 ただ、結婚などおめでたい理由の時は書くのもありデジね。 一斉送信は「Bcc」を使う 会社の規模によってはかなりの人数にメールを送ることになるデジよね。 この時、1人1人に個別にメールを送るのは大変デジ。 内容をコピー&ペーストしたとしても・・・面倒そうだ。 そのため一斉送信を活用してほしいところデジが、 「TO(宛先)」や「CC」欄に大量のアドレスを入れると、受信者側から全てのアドレスが見えてしまうデジ。 これ単純にズラズラッとアドレスが並んで見づらいうえ、プライバシー的にもちょっと・・・となるデジ。 特に社外に送るメールだと大変なことになりそうだ。 全く接点のない会社にメールアドレスが漏洩したりね。 というわけで 一斉送信の時は「BCC」を使うといいデジよ。 BCC(ブラインド・カーボン・コピー)に入力したメールアドレスは受信者から見ることができません。 つまり同一メールを送った複数人のメールアドレスを隠しつつ一斉送信を行えます。 「BCC」の欄に入れたメールアドレスは受信者側に見られないデジからね。 これで プライバシーは守られるし、スッキリしたメールになるはずデジ。 なるほど。 ちなみに「BCC」を使ったとしても『社内+社外』で一斉送信するのはよくないデジよ。 そもそも社内と社外ではメールの内容を変えるのが一般的デジからね。 また上司は一斉送信ではなく個別にメールを送ることをおすすめするデジ。 このあとメールの例文を紹介しているデジから、じっくりチェックしてほしいデジ。 社内へのメールは最終出社日が一般的 社内と社外で挨拶メールを送るタイミングは異なってくるデジ。 たとえば 社内向けのメールは最終出社日に送るのが基本と言われてるデジよ。 社内へのメールは最後の挨拶的な役割が強いみたいだからね。 ただ、会社によっては「退職の1週間前」「最終出社日の定時過ぎ」など独自のルールが存在することもあるデジから、事前に会社のルールが無いかは確かめておいてほしいデジ。 そんなのもあるのか。 このたび、一身上の都合により〇月末で退職することになりました。 本日が最終出社日となります。 本来であれば直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 在籍中はたくさんのご指導をいただき、また支えていただいたこと心より感謝しております。 ここまで仕事を続けられたのは皆様のおかげです。 この会社で学んだこと、そして経験を今後に活かしていければと考えております。 今後の連絡先は下記になります。 何かありましたらご連絡いただければ幸いです。 メール:(メールアドレス) 電話:(電話番号) 最後になりましたが、皆様方の今後のご活躍とご健康をお祈りしております。 今まで本当にありがとうございました。 ポイントとしては 退職後もやりとりができるよう連絡先を入れておくことデジかね。 もちろん必須ではないデジが、これにより「今後もお付き合いしたい気持ち」が伝わるデジ。 また、何か退職にあたって記念品を貰っていれば、このメールでお礼を言っておくといいデジね。 お世話になったエピソードがあれば、そのことに対するお礼を加えるのもグッドデジ。 ただ、その場合は一斉送信しちゃダメデジよ。 ちなみに、退職の挨拶メールでネガティブな内容はNGデジ。 特に会社の悪口はご法度。 このたび、一身上の都合により〇月末で退職することになりました。 本日が最終出社日となります。 本来であれば直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 〇〇課長には入社当初からご指導ご鞭撻を頂き、多くのことを学ばせていただきましたこと大変感謝しております。 特に私が〇〇の仕事で成果をあげられない時、叱咤激励のお言葉をいただいたこと今でも忘れていません。 在籍中なにかといたらぬ点もあったとは思います。 そんな私を根気よく支えていただき本当にありがとうございました。 〇〇課長から教えていただいたことを糧にし、今後より精進していきたいと考えております。 今後の連絡先は下記になります。 何かありましたらご連絡いただければ幸いです。 メール:(メールアドレス) 電話:(電話番号) 最後になりましたが、皆様方の今後のご活躍とご健康をお祈りしております。 今まで本当にありがとうございました。 基本は社内向けのメールと同じデジが、 上司には、よりお世話になったことをアピールできる内容のメールを送りたいところデジ。 具体的に感謝したいエピソードがあれば、そのことを盛り込んでおくといいデジよ。 ちなみに、上司向けのメールが一斉送信だと気分を害してしまう可能性があるデジ。 このたび、一身上の都合により〇月末で退職することになりました。 本日が最終出社日となります。 本来であれば直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 〇〇社長には入社当初からご指導ご鞭撻を頂き、多くのことを学ばせていただきましたこと大変感謝しております。 在籍中なにかといたらぬ点もあったとは思いますが、いつもあたたかく激励をいただき誠にありがとうございました。 〇〇社長から教えていただいたことを糧にし、今後より精進していきたいと考えております。 最後になりましたが、〇〇社長はじめ皆様方の今後のご活躍とご健康をお祈りしております。 今まで本当にありがとうございました。 大きな企業になるほど、社長宛に退職メールを送る必要性はなくなるはずデジ。 私事で大変恐縮ではございますが、一身上の都合により〇月末をもって退職することとなりました。 在職中はお世話になり、誠にありがとうございました。 まずはメールでの挨拶になりましたことお詫び申し上げます。 後日、新しい担当者と一緒に挨拶に向かう場合は上記のようなメールを送っておくデジ。 ポイントとしては 社内向けのメールと違って連絡先は書かないこと。 たとえば、転職先の連絡先を書いてビジネスに発展した場合、現職の顧客情報を利用していると誤解を与えてしまうデジ。 私事で大変恐縮ではございますが、一身上の都合により〇月末をもって退職することとなりました。 在職中はお世話になり、誠にありがとうございました。 本来であれば直接ご挨拶にうかがうべきところ、メールでの挨拶になりましたことお詫び申し上げます。 基本は訪問予定ありのメールと同じデジが、新しい担当者のみが挨拶にうかがうこと、また本来であれば直接挨拶に行くところ、メールだけになってしまったことに対してお詫びしておくのが基本デジね。 個人宛でメールが届いた• 退職する人と親しい• 退職する人にお世話になった• 仕事上で今後も関係が続く メールの内容が多人数向けではなく、個人に届いたものなら返信しておいた方がいいかもデジ。 また、親しい、またはお世話になった人なら返信で感謝などを伝えたいところデジ。 せっかく、その人用のメールを作成したのに返信がこないのは少し寂しいしね。 また社外からのメールで、退職者の会社と取引が続く場合も返信した方がいいと言われてるデジね。 ちなみに返信はなるべく早い方がいいデジ。 早めの返信はビジネスメールの基本さ。 ただ、社内向けのメールは最終出社日に送られてくることも多く、すぐに返信しても退職者は見られないかもしれないデジ。 そのため、 社内向けのメールに返信する時は、メールの中に記載された新しい連絡先に返信するといいデジよ。 返信する場合の例文.

次の

退職の挨拶の書き方(社内向けメール、取引先向けメール、挨拶状)

退職の挨拶

定年退職『スピーチ』 退職の挨拶をする場合、どのような場で行うかで挨拶文が変わってきます。 ・社内で挨拶をする場合 ・送別会で挨拶をする場合 大きく分けるとこの2つに分けられます。 社内の場合は、少しかしこまった挨拶になります。 送別会の場合は、少し砕けた挨拶をすることで場を和ますことができます。 この違いに気を付けてそれぞれの場に合った挨拶文を考えてみてください。 まずは、社内で行うスピーチについてご説明させていただきます。 <社内スピーチ> 社内での退職の挨拶は、定時の前などにスピーチの場を設けてくれることがあります。 話がだらだらならないためにも、予め考えておくべきです。 社内で挨拶を行う場合は聞く人が社内の同僚になるため、ほとんどの人が年下になります。 定年退職の挨拶ではありますが、同時に先輩としての立場でも挨拶することになります。 そのことも踏まえて挨拶文を考えなければいけません。 また、職場の人数によっても話す内容が変わってきます。 少人数の職場で定年退職の挨拶を行う場合は、ほとんどが顔見知りで毎日会っていたことになります。 ですから、あまり堅苦しい挨拶をする必要はありません。 職場の雰囲気に合った挨拶を心掛けていただけたらいいでしょう。 逆に大人数の職場では、担当している業務によっては全然関わりが無かった人も存在します。 そのため挨拶の冒頭で礼儀用の挨拶文を先に使用することで、 職場の雰囲気に合った挨拶文にすることができるでしょう。 ポイント! ・あいさつの場を設けてくれ、集まってくれた方へのお礼 ・退職の報告 ・これまでの感謝の気持ち ・職場の今後への応援の気持ち 以上を伝える内容を盛り込みましょう。 だいたい 60 秒くらいを目安に! 【社内スピーチ例:少人数の職場】 「勤務中にも関わらず、貴重なお時間をさいていただき、ありがとうございます。 みなさんご存知だとは思いますが、本日をもちまして定年を迎え退職することになりました。 入社したての頃は、失敗の連続でたくさんの方に迷惑をかけていましたが、 多くのことを学び、経験しながらここまでやってくることができました。 いろいろなことがありましたが(過去のエピソードを入れても良い)、 ここまでこられたのも皆さんのサポートがあったからこそだと思っています。 どうかみなさま、これからも健康には十分ご留意され、一層のご活躍を期待しております。 長い間、本当にお世話になりました。 【社内スピーチ例:大人数の職場】 「勤務中にも関わらず、貴重なお時間をさいていただき、ありがとうございます。 月日が経つのは本当に早いものですが、みなさんに支えられ、 良い刺激を受けながら、おかげ様で大過なく今日まで勤め上げることができたと思っております。 そして、私を導いてくれた先輩・上司の方々や、私に従いサポートしてくれたみなさんに心より感謝いたします。 どうぞよろしくお願いいたします。 最後になりましたが、会社のさらなる発展と、皆様のご活躍、ご健康をお祈りして、退職の挨拶に代えさせて頂きます。 長い間、本当にお世話になりました。 」 また少人数・大人数関係なく付け足すといい文章は、 ・ 送別会を開いてくれることが確定している場合 「お忙しい中私のために送別会を開いていただけること、誠に恐縮している至大でございます。 」 など嬉しい気持ち・感謝の気持ちを伝えると良い印象を与えられるでしょう。 ご興味のある方はお声をかけていただければ幸いです。 」 などみなさんと今後も関係を続けたいという気持ちも伝えられたらよりいいです。 ですが、自慢しすぎるような内容は避けてください。 良い思いをしない方も中にはいるかもしれません。 次は、送別会で行うスピーチをご紹介します。 <送別会スピーチ> 定年退職となれば、会社や職場の方たちが送別会の場を用意してくれることがあります。 もちろんあなたのために設けてくれる場なので、ここでも挨拶をする機会が必ずあるでしょう。 また、送別会で定年退職の挨拶を行う場合は、居酒屋などのお酒の場がほとんどです。 ですから、長々と挨拶で喋ってもその場を退屈させてしまうかもしれません。 社内での挨拶の文例を基に手短に要点だけを伝えて、乾杯へもっていきましょう。 【送別会】 「この度は皆様、お忙しい中お集まりいただきありがとうございます。 皆様とこうして集まることができるのも最後になると思うと少し寂しくなります。 入社したての頃は、失敗の連続でたくさんの方に迷惑をかけていましたが、 多くのことを学び、経験しながらここまでやってくることができました。 私は現在65歳になりますが、 定年まで頑張ってこられたのも皆様の助けがあってこそだと思っています。 話せば長くなってしまいますので手短ではございますが、定年退職の挨拶とさせていただきます。 これからの皆様のご活躍大いに期待しております。 今日は最後まで楽しく飲みましょう!乾杯!! この文例に、少し砕けた話を入れるなど、 楽しい雰囲気を出すようにしながら喋ることで、「さすがだな!」と感じさせることができます。 これまでの苦労や思い出話などは、 お酒が進んでから、長い付き合いの同僚などと一緒に話すと盛り上がるでしょう! 2. 定年退職『メール』 <定年退職の挨拶・メール> 退職する際、職場の人・取引先・お世話になった企業の方に退職のことを伝えなければいけません。 その際に必要なのが退職の挨拶メールです。 また、定年退職の挨拶メールは、 社内用と 社外用で文章が違ってきます。 まずは社内用の挨拶メールからご紹介していきます。 私事となり、大変恐縮ではありますが、 この度3月末日をもって定年退職することになりました。 在職中はひとかたならぬお世話になり、本当にありがとうございました。 本来ならば直接ご挨拶したかったのですが、 お会いできない方も多数おられるのでメールでのご挨拶にて失礼いたします。 いつも無理難題をもちかけ、ご迷惑をおかけしてしまったにもかかわらず 毎回助けていただきましたことを、熱く御礼申し上げます。 最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 今後の連絡先は下記になりますので、 何かありましたらこちらへご連絡いただけると幸いです。 メールアドレス:~~@. この度、3月末日をもちまして、定年退職を迎えることになりました。 本来であれば、伺ってご挨拶すべきところですが、 急なご連絡となり大変失礼いたしました。 長い間、ありがとうございました。 ポイント! ・お世話になった取引先や企業様宛のメールは退職日の2週間~3週間前には送る ・お世話になったことのお礼 ・後任者の紹介 ・いつ退職するのか 以上を伝える内容を盛り込みましょう。 定年退職『挨拶状』 <定年退職の挨拶・挨拶状> 定年退職の挨拶状とは、付き合いのあった取引先やお客様に自らの退職を知らせるご挨拶です。 それまでにお世話になったことに対するお礼と、自分の今後の生活について書くのが一般的です。 長い間お付き合いをされてきたからこそ、 挨拶状でお礼を伝えたいと思われている方もいるはずです。 挨拶状の書き方と例文をご紹介させていただきます。 ・定年退職の挨拶状を出す時期 退職後3か月以内には出すようにしましょう。 (企業) ・青葉が美しい季節となりました。 お元気でお過ごしでしょうか。 在職中は皆様にひとかたならぬお世話になり、厚く御礼申し上げます。 長い歳月大過なく勤めることができましたのも、 ひとえに皆様のご厚情のおかげと深く感謝致しております。 今後とも変わらぬご厚誼をお願い申し上げます。 まずは 略儀ながら書中を持ちましてお礼かたがたご挨拶申し上げます。 まとめ ここでは、定年退職の挨拶について詳しくご説明させていただきました。 スピーチ、メール、挨拶状の例文をご紹介しましたが、 形にとらわれすぎないように気をつけてください。 言葉遣いなどマナーさえ守ってさえいれば、 あとは、あなたの思いが伝わる文章を盛り込むだけです。 また、退職日当日は、スピーチやメールの挨拶だけではなく、 菓子折りを持って同じ部署の方1人1人にお礼を言いながら配るのもいいでしょう。 また、無事定年を迎えられたことに誇りを持って、第2の人生を楽しんでください。

次の

【定年退職の挨拶】そのまま使えて参考に!

退職の挨拶

退職が決まり、最終出社日が近づいてくると、気になるのが退職の挨拶。 特に新卒で入社した会社を退職する際や、退職の経験が少ない場合は、挨拶で何を伝えれば良いのか迷うものです。 「先に退職した先輩は、部署の朝礼で退職のスピーチをしていた…。 自分も話すの?」 「取引先から、退職の挨拶メールが届くことがあるけど、自分の場合はどこまでの範囲で送るべき?」 「とてもお世話になった人に退職挨拶の手紙を送りたい。 何を書けば?」 そんな声をよく聞きます。 そこで今回は、転職による退職や出産等の家庭の事情などケース別に、退職挨拶のスピーチ、退職報告のメール、手紙の文例をご紹介します。 ぜひ、退職前の最終出社日前に確認し、準備にお役立てください。 退職の挨拶|スピーチ、メール、手紙の内容例 スピーチで退職挨拶する際のポイント お世話になった社員に対して行なう退職挨拶。 業務の引き継ぎ、レンタルPCや社員証の返却など、何かとバタバタしている退職日や最終出社日に、急に挨拶を要請されて何を言うか困った…とならないよう、事前に準備しておくことが重要です。 会社によって退職スピーチのタイミングは様々ですが、朝礼や夕礼、退社後の送別会でスピーチを要請される場合が多いはずです。 退職スピーチの時間は多くても3分以内程度。 時間が長すぎても、聞く側の社員が疲れてしまいますので、端的に、ゆっくりと、感謝を込めてスピーチをすることがポイントです。 スピーチの際、退職理由などについては触れる必要はありません。 「一身上の都合で本日、退職することになりました」と伝えればOK。 もし、退職理由がネガティブなものだったとしても、そこに触れることは厳禁です。 退職後の転職先がどこであれ、いつまた縁があって一緒に仕事をするかはわかりませんし、世の中の人のつながりは狭いもの。 悪い噂は広まりやすいとも言われます。 立つ鳥跡を濁さず。 最後の印象を良くしておくことをお薦めします。 このたび、一身上の都合で退職させて頂きます。 新卒で入社して3年。 初めて社会人となったこの会社で、多くの方にご指導をいただきましたことを重ねて感謝申し上げます。 社会人として、多くのことを学ばせていただきました。 この会社で学んだことや、経験したことは、私の人生において何者にも代えがたい財産だと思っております。 この経験を今後に生かすと共に、場所は変わっても皆様にご恩返しができるよう、頑張っていきたいと思っています。 これまで本当にありがとうございました。 皆様には大変お世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。 結婚後も仕事を続けるつもりでおりましたが、配偶者の転勤に伴い、遠方への転居が必要となりました。 この会社でやり残したことが多々あるのですが、退職させていただきます。 皆様のこれまでのご指導を忘れず、新しい場所でも頑張って参ります。 重ねて感謝申し上げますと共に、今後の皆様の健康とご活躍をお祈り申し上げます。 ありがとうございました。 メールで退職挨拶する際のポイント 退職のスピーチや社内を回って挨拶など、お会いできる方には口頭で挨拶が可能ですが、退職日当日までになかなか会えない方には退職報告のメールを送りましょう。 退職挨拶のメールを送信するタイミングは様々。 しかし、退職が決定し、社内で退職情報がオープンになってから、最終出社日までに送信しましょう。 情報がオープンになっていないタイミングでのメール送信は厳禁。 無用な心配事が起きる場合や、引き継ぎに悪影響を及ぼす可能性もあります。 また社外の取引先などへの退職挨拶は直接会って、後任を紹介して引き継ぎをすることを推奨しますが、どうしても会いに行くタイミングがない場合は、退職挨拶のメール内に、後任の紹介などを必ず盛り込みましょう。 退職報告と引き継ぎがきちんとできていない場合、取引先の会社への不信感を醸成してしまいます。 辞めるから後は知らないではなく、社会人として去り際をしっかりしておくことで、良い印象を与えることができます。 退職挨拶のメール文面は、これまで退職する方から受け取った内容も参考になります。 退職メールを受け取った時の気持ちを思い起こして、受け取る側の気持ちになってから文面を作成しましょう。 本来であれば、直接お伺いしてご挨拶するべきところですが、 メールにて失礼させていただきます。 在職中は大変お世話になりました。 皆さまの叱咤激励のおかげで、 ご迷惑をかけながらもやってくることができました。 今後もこの会社で得た経験を活かし、頑張っていきたいと思います。 重ねて感謝を申し上げます。 ありがとうございました。 末筆ながら、皆様のご健康と今後のご多幸を心よりお祈り申し上げます。 突然のご連絡となり、お詫び申し上げると共に、在職中に大変お世話になりました。 重ねて感謝申し上げます。 どうぞよろしくお願いいたします。 末筆ながら、今後の貴社の心よりお祈り申し上げます。 ————- 署名 ————- 手紙で退職挨拶する際のポイント 退職挨拶を手紙(ハガキ)で送ることは、メールに比べると、より丁寧な印象を与えることができます。 近年は、メールでの退職挨拶が一般的ですが、お取引先の役職者の方や、士業の方、医師の方など地位の高い方に対しては、手紙で退職の挨拶状を作成したほうが良いでしょう。 手紙を送る相手があまりに多い場合は印刷会社を利用して挨拶状を作ることも問題ありませんが、数人の場合や、誠意をしっかりと伝えるためにも、手書きで手紙を書くのがベターです。 また、手紙とメールで大きく違うのは、文章の書き方です。 いわゆるビジネスレターとしての書き方に準拠することが絶対のマナーとなっています。 具体的には、手紙の頭語となる「拝啓」、結語となる「敬具」を必ず入れること。 そして、前文として「時候の挨拶」を必ず入れた後に、本文を開始。 本文は「さて、私儀~」「さて、私こと~」を必ず入れて、退職の報告をしましょう。 在職中は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 後日改めて〇〇〇〇がご挨拶に伺いますので、変わらぬご指導の程よろしくお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます。 末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 多年にわたり格別のご厚情を賜り 心から御礼申し上げます。 何卒、今後とも倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 取り急ぎ書面をもって失礼とは存じましたが、ご通知方々ご挨拶申し上げます。 末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 スピーチ、メール、手紙それぞれに特性がありましたが、お世話になった方々へ感謝の気持ちが伝われば、円満な退職になるはずです。 ぜひ、参考にしてください。

次の