ドラゴン ヒストリー 攻略。 【ドッカンバトル】ドラゴンヒストリーの攻略とおすすめパーティー

「ドラゴンヒストリー ステージ5 ドラゴンボール超 ブロリー」攻略パーティ【ドッカンバトル】|GAMY

ドラゴン ヒストリー 攻略

スポンサーリンク ステージ6「DB超 未来トランクス編」 ドラゴンボール超の「未来編」のキャラが登場 ステージ6「DB超 未来トランクス編」では、未来トランクス編で登場したキャラ達がBOSSとして登場します。 各ラウンドクリアごとにミッション報酬が貰えるので、ステージをクリアできなくても挑戦できるところまで挑みましょう! 「ポタラ」「時空を超えし者」の編成ミッション ステージ6の編成ミッションには ・「」を3体以上編成してクリア ・「」を3体以上編成してクリア の2種類あります。 ベジットなど「ポタラ」「時空を超えし者」の両方のカテゴリに属しているキャラを入れて、なるべく1回のクリアでミッションを達成できるのが理想ですが、 無理なら2回に分けて、それぞれミッションを達成できるようにクリアを目指しましょう! スポンサーリンク 攻略おすすめパーティー 「ポタラ」や「時空を超えし者」には、使えるキャラが多くパーティー編成の幅が広いです。 サブキャラには「ポタラ」や「時空を超えし者」のキャラを中心に編成している。 ATK・DEF無限上昇キャラを多めで安定感抜群。 1回のクリアで編成ミッション同時達成可能。 サブキャラには「ポタラ」や「時空を超えし者」のキャラを中心に編成し、1回のクリアで編成ミッション同時達成可能。 スポンサーリンク 攻略オススメキャラ 「ポタラ」「時空を超えし者」キャラ 編成ミッションを効率よく達成するために、「ポタラ」・「時空を超えし者」の両方のカテゴリに属するキャラをいれましょう! 必殺技を撃つたびにATKとDEFが上昇する。 追加攻撃もありATKとDEFを上昇させやすい。 必殺技を撃つたびにATKとDEFが上昇する。 超必殺技には無限上昇効果がないので序盤は気玉取りすぎに注意。 変身後の追加攻撃 必殺技 やアクティブスキルでアタッカーとして活躍する。 火力が高くアタッカーとして活躍する。 必殺技を撃つたびにDEFが大幅に上昇する。 会心効果も持っているので攻守に渡り活躍する。 アクティブ変身後はアタッカーとして活躍する。 必殺技封じも持つ その他注目キャラ 必殺技を撃つたびにATKとDEFが上昇する。 後半は攻守に渡り活躍する。 アクティブスキルによる変身後の必殺技はATKとDEF上昇から敵のDEFを超大幅に低下に変わるので注意。

次の

ストーリー攻略

ドラゴン ヒストリー 攻略

逆に言うとそれだけパーティ編成は非常に強力である必要がある。 2つしか無いサポートアイテムはある程度吟味する必要がある。 「ドラゴンヒストリー」という名称から、今後もステージが追加されていくものと思われる。 更に7戦目の超サイヤ人孫悟空は瞬間移動効果を持つという表れなのか、確率で回避が発生する。 回避率はそこまで高くないが、連続発動する可能性もあるので注意しよう。 サポートアイテムは「人造人間8号」や「蛇姫」など、HP回復効果を持ち、なおかつ追加効果もあるものを選びたい。 ミッションの「純粋サイヤ人」3体編成、「混血サイヤ人」3体編成は、「孫悟空の系譜」でパーティを組むと両方とも同時にクリアも可能。 クリア編成 LEADER FRIEND TEAM ミッションクリアも兼任するチーム編成。 常に人造人間17号が行動できるようにしておきたい。 3体のセルはそれぞれ必殺技効果にHP回復があるため長期戦にも向いており、パーフェクトセルは必殺技効果が更にATKとDEF無限上昇で、後半戦ではDEF数値のみでかなりの攻撃を抑え込む。 ただしDEFだけでは最終戦付近の必殺技は10万以上のダメージを受けることは必至。 HPが20万くらいでなおかつセルによる回復、もしくは17号によるダメージ軽減ができそうにないなら回復しよう。 1・2戦目の人造人間19号、20号は 気弾系必殺技を吸収しHPを回復してしまう。 編成時に気弾系必殺技キャラクターだけで挑んでしまうと圧倒的に不利になるぞ。 6・8・9戦目のセルは再生効果でHP回復するが、この闘いに挑むプレイヤーならそこまで驚異となるほどの数値ではないと思うが、あまり使わせたくはないので注意しよう。 初回行動などでは基本的に使ってこない。 また8・9戦目は 威圧により 行動順番を固定させて動かせなくする効果を毎ターンしかけてくる。 下手に順番を固定されると「受けたくないキャラクター」で集中攻撃されることも少なくない。 こういう時は サポートアイテム「仙豆」や「デンデ」を使い、HP回復ついでに状態異常を回復してしまおう。 持ち込めるアイテムが少ないので、HP状態を常に確認しながら使い所を考えよう。 クリア編成 LEADER FRIEND TEAM ミッションクリアも兼任するチーム編成。 気弾系必殺技所持は2体のみなので、1・2戦目の気弾系必殺技吸収に対応できる編成。 ダメージ軽減を持つ超サイヤ人孫悟空と超サイヤ人孫悟飯 未来 は最終戦までにダメージ軽減率が最大になっているだろう。 とはいえ最終戦が極技属性なので、超速属性の超サイヤ人孫悟空はあまり集中攻撃は受けさせないようにしよう。 パン ハニー は必殺技と超必殺技発動の必要気力が3低く、攻撃ダメージからHP回復までできる上に確率ながらダメージ軽減もできるので長期戦を見込めば編成は確実にしておきたい。 最終戦までにはDEF12万ほどにはなっているので、必殺技以外は完全に抑え込める。 また極限Z覚醒までしておけばATK低下が必殺技効果に追加されるので更に攻略が安定する。 ステージ3 孫悟空の系譜 属性 BOSS HP およそ 超速 バーダック 7,500,000 ・- 極力 ラディッツ 6,200,000 ・威圧(行動順固定) 超技 孫悟空 10,000,000 ・気絶、必殺技封じ、ATK低下無効、回避 超体 孫悟飯 青年期 9,500,000 ・気絶、必殺技封じ、ATK低下無効 超速 孫悟天 幼年期 8,500,000 ・気絶、必殺技封じ、ATK低下無効、全気玉ランダム変化 超技 パン GT 8,000,000 ・気絶、必殺技封じ、ATK低下無効、全気玉ランダム変化 極技 孫悟空Jr. 9,000,000 ・気絶、必殺技封じ、ATK低下無効 攻略 全ステージDEF低下効果が通るが、あえて狙うほどDEFが高いというわけでもない。 ステージ1と2に比べるとラウンド数は2少なくなっているが、全体的に敵のHPが高く、強さも中盤が非常に厄介になっている。 強さで言えば3ラウンド目のvs孫悟空が最も強力で、攻撃力も高ければ低確率回避で攻撃が当たらないことがあるため非常に厄介。 その後の孫悟飯戦も戦闘力は大きく落ちてはおらず、強力な連戦となる。 そのため、「必殺技でDEFが上昇する」キャラクターを多く配置して、最終戦に向けて強化する戦法をするには能力がそもそも高くないと少々きついか。 必殺技で強化されていくので、最終ラウンド近くでは非常に固くなっている。 また魔人ベジータ作成した力気玉を大量取得でHP回復も兼ねることができるので回復アイテムの節約にもなるだろう。 ステージ4 ベジータの系譜 属性 BOSS HP およそ 極知 ベジータ王 8,000,000 ・- 超速 ベジータ 10,000,000 ・気絶、必殺技封じ、DEF低下無効 超知 ターブル 6,500,000 ・- 超体 トランクス 青年期 9,300,000 ・気絶、必殺技封じ、DEF低下無効 超力 トランクス 幼年期 8,800,000 ・気絶、必殺技封じ、DEF低下無効 超技 ブラ 5,500,000 ・気絶、必殺技封じ、DEF低下無効、全気玉ランダム変化、高確率で必殺技を封じる ・行動全てが必殺技(毎ターン2回) 超体 ベジータJr. 9,000,000 ・気絶、必殺技封じ、DEF低下無効 攻略 全ラウンドATK低下効果が通る。 ATK低下効果を持つ極限Z覚醒済みのなどが非常に効果的。 ラウンド数は少ない敵全体のHPが高いので油断はできない。 更にラウンド2がいきなりこのステージ最強のベジータが相手で、DEFUPを地道に積み上げて防御する戦法を行う暇がない。 属性的に有利なでATK低下させて被害を少なくしよう。 また、ラウンド6のブラはHPが少なく行動回数も毎ターン2回だが、その全てが必殺技となっている点に注意しよう。 威力は少し低めだが、通常攻撃より数段痛いのは確かだ。 クリア編成 LEADER FRIEND TEAM 「かめはめ波」と「孫悟空の系譜」が3体以上入っているミッションクリアを両立できる編成。 ダメージ軽減を持つ超サイヤ人孫悟空と超サイヤ人孫悟飯 未来 は言うまでも無く防御役として役割が高く、超サイヤ人3孫悟空 ゼノ も属性関係なくガードできるので使いやすい。 613 444 423 397 329 320 247 205 204 201 200 188 186 185 175 172 164 162 162 152 150 142 142 137 135 132 129 124 121 119 119 114 112 111 108 108 107 101 100 99 95 94 93 93 86 84 77 76 76 74 74 72 69 69 69 69 67 67 64 64 61 60 59 57 53 53 52 49 47 46 45 45 43 41 41 41 35 35 35 33 32 31 31 30 30 29 29 28 27 26 25 25 25 25 23 23 23 23 21 21 21 19 19 19 19 18 18 18 17 17 16 16 14 13 13 13 12 12 12 10 10 10 10 10 10 9 9 8 8 8 8 8 7 7 7 7 7 6 6 6 6 6 6 6 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1.

次の

ドラゴンヒストリー VS超戦士 ノーアイテムクリア攻略【ドカバト】

ドラゴン ヒストリー 攻略

育成モードには通常のエンカウントの他に黒駒のシンボルエンカウントがある。 黒駒の敵は通常エンカウントやクエストに出現する敵よりも数段強く、訓練を積めず、装備も弱いままでは苦戦すること必至。 中には訓練したキャラに強い武器を持たせても負けそうになる敵もいる。 特に通常の敵に対しても消耗しがちな序盤ではHPやブレイブが減った状態で戦うのは非常に危険である。 この黒駒はほとんどランダムに動く為、移動先の予測がしにくく、避ける為に遠回りした先で鉢合わせるのも少なくない。 だが、クエストのアイコンを除く、おそらく全てのお店や宝箱のアイコンの上には来ないという特徴がある。 これを知っているだけでもだいぶ鉢合わせがなくなる。 金策 回復アイテムに装備品と序盤はお金がない割に必要な物が多すぎるのはRPGの宿命。 始めたばかりでは戦争でお金を稼ぐのも至難の業、育成モードでクエストをクリアしてゆくのが序盤、一番無難に稼げる方法。 また、宝箱からは換金専用アイテムが手に入る可能性もあるので ミミックに襲われる危険もありますが近くに宝箱があるようだったら積極的に空けにいこう。 始めのうちはストーリー攻略、訓練書集めなどを念頭におき、武器は全部揃えようとせず必要なものだけ厳選するように心がける。 また金策メインでクエストを回す場合は戦闘が面倒に感じることが多くなる。 キャラのレベルが高ければ黒駒の賞金首を狙うのもいい。 サポートスキルの戦闘準備を1~2人につけておくと何かと便利• ストーリーで対峙する敵対策に、範囲攻撃が重宝する• PT構成は、多数対4人になる事と、ラスボス対策に範囲回復&ドレインアクトが欲しいので、ウィザードが2名いると安定する。 ドレインアクトは「火10水10」なので、ファイアやヒール辺りを装備させておく。 ウィザードの範囲攻撃としては風属性が便利なので、ウィンドを装備して経験を積ませる。 アイテムやスキルの回復量は、「HPの何%」であるので、聖石で優先的にHPを上げておくと生存しやすい。 アイテムをちゃんと装備しよう。 何はなくともAP0で使用できる山羊の乳は全員に必ず持たせておきたい。 このゲームに於いて、戦闘中に蘇生させる手段は非常に乏しい上に、一人でも欠けるとボス戦は途端に不利になる。 蘇生手段は実質的にリヴァイヴしかないので、回復を超優先。 ボス攻略 ゴーレム 十字攻撃&炎上効果の火炎放射が非常に厄介、炎上回復アイテムや対炎上スキルがあると楽だろう。 同じアイテムは1枠に9個積める。 全員に詰めとこう。 戦闘前に攻撃力、防御力3ターン強化を使うのもいい。 ちなみに、移動により全員を1列に並ばせ、前1人はひたすら防御、後ろの3人で攻撃回復に徹すると、時間はかかるが安定して倒すことが出来る。 トライチェイサーかブルファイトなら開始から1列に纏まっており、効果もあいまって有用。 トライチェイサーなら火炎放射の分散を狙う事も出来る。 全員の回復がそれでも追い付かない場合、盾役に毎ターンHP回復のアクセ・スキルを付けるとHP次第では回復要らずの鉄壁に化けさせることも可能。 防御時AP回復スキルもあると尚便利。 長期戦になるほどLvが高いときはAP1の攻撃で削り、ダメージが蓄積されたら節約したAPで一気に回復すると安定する。 この場合はスキル主体で回復するとさらに安定する。 と、Lvだけが無駄に上がった初期PTには大変辛い設定。 しかし、陣形をばらけさせておけば回復も十分追い付き、更にはHPがそれほど高くない為、余程運が悪くない限りは倒せるだろう。 第二形態との連戦になるため、戦闘不能者を出すことは避けたい。 混沌の王 第二形態 以下に筆者が取った戦法を載せる。 ラスボスで詰まっている方の参考になればと思う。 第一・第二形態に共通して言えることだが、戦法としてはAP1スキルでちまちま削りつつAPを余らせ、相手のAPが溜まりきるの見計らってミラージュアイ発動が安定。 ナイツフォームは最初から入手済みな上、キャラがばらけて配置されている点も喜ばしい。 アクセに関しては、HP回復・上記の遊撃の心得を活かすためにも回避率upを装備するのが好ましい。 ラスボスは素のナイトよりも遅いのでネコ耳などで先制を気にする必要はないと思われる。 1000以上はHPを確保しておきたい。 追記 全員を攻撃に回す余裕などありはしないので、一人 ウィザード は各範囲回復スキル・ミラージュアイを搭載して完全に回復専用に仕立てあげてしまおう。 回復量が心許ない場合でも、4番目に配置すれば騎士の誇りを治癒の知識に交換できるので安定感が増す。 武器で更に底上げできると尚良し。 剣重騎士・弓狩人・杖魔女・槌聖職者、勿論初期パではなく訓練三段開放からの訓練漬けメンバーです。 初期訓練レベルが高いほど楽になると思われます、また、もっと低いレベルでも撃破できた感覚がします。 陣形は上記の筆者様の方法をとらせて頂きましたが、この場合ですとボスのHPが非常に低くなるため、 回避を捨てた攻撃特化の陣形でもいけると思います。 第一形態は1ターンで終了し、第二形態も2ターンで終わりました。 熟練度不足のため全員ほぼ初期スキルでした。 戦法は、剣ツイスターorスラッシュ・弓クイックシュート・杖ファイアの繰り返しでおkです。 また、混沌の王到着までの中ボスは先代パーティーですべて片付けました。 装備品も彼らからのお下がりです。 シナリオで詰まっている方の参考になれればと思います。 :::.. リ/ヾヾ,. / l l:::::::::lヽ/. i, リi. i l l. :'i, 'l l.

次の