お力添えいただき。 「お力添え」の意味や使い方!「お力添えをいただく」は正しい敬語?

「お力添え」の意味や使い方!「お力添えをいただく」は正しい敬語?

お力添えいただき

「お力添え」のビジネスシーンにおける使い方・例文 「お力添え」の使い方は3パターンあります。 お願い・要求・要望するとき 2. お礼・感謝するとき 3. お詫び・謝罪するとき ビジネスシーンで「お力添え」を使う場合、この3つの場面で用いられます。 「お力添え」の使い方としては、 ・お力添えいただく〜 ・お力添えのほど〜 ・お力添え賜る〜 といったようになります。 ただその言葉だけでは相手の事情などお構いなしに言っているような印象を与えるので、前に一言添えるのが良いでしょう。 主に「大変恐れ入りますが」「お手数おかけして申し訳ありませんが」などが使われています。 よく「お力添えがあったからこそ〜」などとよく使われています。 これは 「何事かを達成・実現したことに対し、相手の支援や助力が大きな要因となったことを表明する言い回し・物事の結果に関して相手に謝意を伝える場合の表現」となります。 「お力添え」を使用するときは長期に渡る援助に対するお礼や、大勢の相手に対してのお礼が多くなります。 長期にわたるサポートや一人一人の手助けが集まったことによって、結果を得ることができたということに感謝をする意味合いが強いからです。 また「お力添え」はどんなに些細なことであっても、相手から援助や手助けを得た場合には使うことができます。 良い結果を出せなかったときなど、手助けや協力をしてもらっていた相手や、顧客・取引相手に対して用いることができます。 バリエーションを多く持つことによって、状況に合わせて使い分けすることができるでしょう。 「お力添えできずに申し訳ありません」や「お力添えさせていただきます」などは誤った言い方になります。 自分が手を貸すことについては「ご協力いたします」や「お手伝いいたします」などと言いましょう。 ・(誤)お力添えできずに、誠に申し訳ありませんでした。 ・(誤)今回の件で、お客様のお力添えになれなかったことを深くお詫び申し上げます。 「お力添え」は目下の人には使用不可 上記で説明した通り「お力添え」の「お」は尊敬を表す接頭語なので、上司や顧客など目上の相手に対して使うことができます。 そのため 目下の相手や同等の相手に「お力添え」を使うと違和感があります。 その場合は「お」を外して、「力添え」のみだけで使いましょう。 または「協力」「手助け」「支え」などを使って、力添えしてくれたことへの感謝や力添えしてほしいとお願いするようにしましょう。 使い方は下記の例文を参考にしてください。 「力添えありがとう」 「今手空いてたら協力をお願いしたいです」 「わざわざ手助けしてもらったのに、こんな結果になってしまって申し訳ない」 「今回は支えてもらい、助かりました」 「ご力添え」と「ご尽力」の違い 「お力添え」・・・手を貸してもらう・助言してもらう程度のこと 「ご尽力」・・・できる限り一生懸命努めること どちらも非常に似ている言葉ですが、ニュアンスが少し異なります。 「お力添え」は手を貸してもらう・助言してもらうことを指しています。 「ご尽力」はできる限り一生懸命努めることを指しています。 使い方を間違ってしまうと相手に誤解を招いてしまうこともあるので、違いについてしっかり理解しておきましょう。 2つに共通している点は、 敬語なので自分の行為に対しては使えないということです。 ただ接頭語を外して「力添え」「尽力」とすると、自分に対して使うことができます。 「ご尽力」の意味は「あることのために力を尽くすこと」 「ご尽力」の読み方は、 「ごじんりょく」です。 まず「尽力」の意味は、 「あることのために力を尽くすこと」「努力する」「苦労する」ことになります。 それに尊敬を表す接頭語「ご」を付けて、「ご尽力」となります。 「尽」は「あるかぎりを出す」「終わるまで精一杯する」という意味なので、「尽力」は 一生懸命努めるといったイメージになります。 「ご尽力」は丁寧を表す接頭語「ご」がついているので、 目上の相手に使うことができます。 「ご尽力」の使い方 「ご尽力」の使い方も3パターンあります。 お礼・感謝するとき 2. お詫び・謝罪するとき 3. 自分に対して使うとき 「ご尽力」の使い方としては、 ・ご尽力いただき〜 ・ご尽力を賜りまして〜 ・ご尽力いただいたおかげで〜 といったようになります。 相手に対して使うときは「ご尽力」ですが、自分に対して「ご尽力」を使う場合は、「ご」をとって 「尽力」と使います。 「尽力」と使うときは、 「微力ながら」「及ばずながら」とクッション言葉を前におくことで、謙虚な気持ちを表すことができます。 「力不足ではありますが」「十分ではありませんが」といった意味になり、自分の力を謙遜した表現になります。 また 「ご尽力の賜物」という言い方もあります。 「賜物」とは「他人から受けた恩恵や試練などの結果与えられた成果」という意味です。 つまり「ご尽力の賜物」は 「相手が力を尽くしてくれたおかげで成果を得た」という意味合いになります。 「ご尽力の賜物」は話し言葉というよりも、書き言葉なのでメールや文書で使うことが多いです。 「ご尽力」は使い方によっては、少し大げさな印象を与えてしまう恐れがあるので、相手や状況をよく考えて使うようにしましょう。 「ご尽力」の間違った使い方 「尽力」という言葉から「尽力を尽くす」という言葉を連想する人もいるかもしれません。 しかしこれは 「尽力」と「尽くす」で意味が重複してしまうため、間違った使い方になります。 使ってしまわないように気をつけましょう。 また、 依頼やお願いをするときに「お力添え」とは言うことができますが、「ご尽力」とは言うことができません。 なぜなら「ご尽力」は「努力する」という意味なので、目上の相手に「ご尽力お願いいたします」と言うと、努力することをお願いしていることになり、失礼な印象を与えてしまうからです。 「ご尽力」の例文 「この度の事業成功にあたり、関係者各位の皆様のご尽力には感謝申し上げます」 「この度はご尽力いただいたのにもかかわらず、残念な結果となりましたことを深くお詫び申し上げます」 「今後は、誠心誠意尽力して参ります」 「微力ではございますが、尽力させていただく所存でございます」 「これもひとえに皆様からの厚いご尽力の賜物と心よりお礼申し上げます」.

次の

お力添えを使った例文|感謝/お礼/挨拶/依頼・書き方や注意点

お力添えいただき

自分について使う場合は、「ご」をつけない「尽力」とします。 ちょっとの努力ではなく全力で頑張ります!とアピールするニュアンスになります。 例文としては「会社の信用回復に尽力します」ですとか「問題解決に尽力いたします」など、「これから頑張ります」という自分の意欲を相手に伝える場合に「尽力」を使います。 ビジネスメールでは「微力ながら尽力させていただく所存です」が、失礼のない言い回しとして定番化しています。 「たいしたことはできませんが」というニュアンスの、丁寧なクッション言葉と組み合わせて使用するケースが多いことが特徴といえます。 「尽力」単独で使った場合、やや謙虚さに欠ける失礼な印象を与えてしまう可能性があります。 例文としては ・「微力ながら尽力いたします」 ・「力不足ではありますが尽力いたします」 のように使います。 すでに説明しましたように、「ご尽力」は「全力を費やして助ける」ニュアンスですが、 「お力添え」はニュアンス的に「ちょっと手を貸してもらう」程度のことになります。 「助けてもらうためにかけてもらった労力の度合」の軽重で、どちらの表現を使うべきかを判断します。 隣の部署にいる先輩社員が、ビジネス上のマナーをアドバイスしてくれたことは「お力添え」、上司が一緒に休日出勤してあなたを手伝ってくれたら「ご尽力」が適当、のように考えられますが、明確な線引きや客観的な基準はどこにもありません。 手伝ってもらったあなた自身の判断になります。 誰かにしてもらった手助けの内容が、例えば「ちょっとした協力」程度にもかかわらず「ご尽力」を使ってしまうと、お礼のつもりが逆に「もっと手伝ってくれると思ったのに」という、失礼な嫌味と受け取られかねません。 外部からのアドバイス程度であれば、深く気にせずに「お力添え」を使いましょう。 今回は「ご尽力いただき」と、その代表的な類語である「お力添え」について説明して参りましたが、いかがでしょうか。 「あぁ、これまで深く考えもせずに使ってしまっていたのはマナー違反だったかなぁ」などと気づいていただけたら嬉しい限りです。 今回は長くなるので割愛しましたが、「ご尽力いただき」の類語は他にも「ご支援いただき」「お骨折りいただき」など、丁寧な言い回しがいくつかあります。 このような類語の使い分けは、一朝一夕にできるようにはなりません。 まずは「ご尽力いただき」と「お力添えいただき」だけでも、今後は正しく使い分けるように意識してみましょう。 取引先や目上の人の、あなたへの評価も「マナーをわきまえた人物」へと徐々に変わっていくことでしょう。

次の

「お力添え」「ご尽力」の正しい意味と使い方を解説【例文あり】

お力添えいただき

「お力添え」という言葉は「手助け」や「協力」といった相手からの支援を意味する言葉で、本来「力添え」という単語の頭に「お 御 」という丁寧表現がついた単語です。 単語自体の意味は変わりません。 「力添え」は対等な立場の相手 同僚等 や目下の相手 部下や後輩等 に対して使うことが出来る言葉です。 頭に「お 御 」がつく「お力添え」は丁寧な敬語表現となり、自分よりも目上の相手 先輩や上司等 に対して使用する謙譲語になります。 「お力添え」は目上の相手に使うものですので、目下の相手に「お 御 」をつける必要はありません。 ビジネスの場では一つのお仕事を上司や部下、多くの人々で協力して仕上げることが必須です。 そのためよく使われる言葉の一つと言えるでしょう。 自分の立場で使う場面は変わりますが、主に「お力添え」は相手に支援・協力を依頼したり、後で支援してくれた相手にお礼を述べる際に使うことが多いでしょう。 また「お 御 」がつくと謙譲語になり、上司等の目上に使用します。 部下や後輩等の目下の相手には「力添え」を使います。 支援の依頼をする際は「お力添えをいただきたく」や「お力添えを賜りたく」と言います。 目上の人が相手ならば、必ず「いただく」「賜る」といった「もらう」の尊敬語を用います。 「お力添え」に限らずですが、使う相手の立場で言葉を柔軟に変えるのが敬語の基本マナーです。 支援のお礼をする際は「お力添えいただきありがとうございます」や「お力添えを賜りありがとうございます」と言います。 支援を受けることは「お力添えいただく」とするのが正しい表現です。 「お力添えをしていただき」等としないようにしましょう。

次の