国民 年金 保険 料 学生。 国民年金は20歳から 学生はいつから?親が払う?学生納付特例制度の追納とは?

「年金未払い学生」だった48歳以上の人はヤバイ

国民 年金 保険 料 学生

国民年金制度は、基本的に日本国内に住む20歳~60歳の全ての人に加入義務があります。 つまり、収入がない大学生であっても20歳になったら「国民年金加入手続きのご案内」が送られてきます。 原則として、国民年金に加入し、保険料(2017年度は16,490円)を支払わなければなりません。 しかし、アルバイトをしていても学生が毎月保険料を支払うのは厳しいため、「学生納付特例」という制度があります。 学生納付特例制度は、20歳以上であっても所得が一定以下の学生については申請することにより、在学中の納付が猶予される制度です。 あくまで猶予であり、免除ではないので、後で保険料を払う「追納」をしないと、将来受け取る老齢基礎年金が減額されてしまいます。 筆者の息子も、学生納付特例制度を利用しました。 自分自身の年金である自覚を持たせたいと思い、親子での話し合いの上で、あえて息子自身に申請の手続きをさせました。 この制度を利用する場合は、社会人になったときに、学生の間猶予されていた分も含めて自分で保険料を支払わなければならないということを、はじめにお子さまとよく話し合っておきましょう。 (1)基本の加入手続き お子さまの20歳の誕生日が近づくと「国民年金加入手続きのご案内」が管轄の年金事務所から届きます。 同封されている書類「国民年金被保険者資格取得届書」を、誕生日前日から14日以内に、住民票のある役所の国民年金課か管轄の年金事務所に提出します(郵送も可能)。 後日、年金手帳と国民年金保険料納付書が別々に届くので、保険料の支払いをして納付完了となります。 次に実際に我が家が行った学生納付特例の手続きをお話しします。 (2)保険料の学生納付特例 学生納付特例制度を利用する場合には、加入手続きとして「国民年金被保険者資格取得届書」を提出する他に、猶予手続きとして「国民年金保険料学生納付特例申請書」の提出も必要となります。 申請後承認された場合には、しばらくすると管轄の年金事務所より「承認通知書」が届きます。 年金手帳と保険料納付書も別々に届きます。 届いた納付書は納付期限から2年間はこれで支払が可能なため、追納の際に使用できるのでお手元に保管されることをオススメします。 申請は年度毎に必要であることに注意しましょう。 次年度以降は、管轄の年金事務所から「国民年金保険料学生納付特例申請のご案内」というハガキが送られてくるので、学生納付特例申請書部分に記入して返送すると申請手続きが完了します。 我が家の場合は、息子が2月生まれのため、初年度の申請手続き完了に年度末近くまでかかりました。 翌年度の手続きはハガキが送られてくるのを知らずに自分から申請に行ったため、余計な手間がかかったということもあり、参考になれば幸いです。 (3)手続きをしなかった場合 重要なのは、20歳になったら保険料を払えても払えなくても、まずは加入手続きを行うことと、払えない場合には学生納付特例の申請の手続きを併せて行うことです。 理由は、学生納付特例制度の承認を受けている期間、保険料の支払いをしていなくても保険料を支払ったものとして扱われ、病気やケガで障害が残ったときに障害基礎年金を受け取ることができるからです。 滞納の状態で万一病気やケガで障害が残った場合には、障害年金を受け取ることができない可能性があります。 親としても、お子さまのために押さえていただきたいところです。 納付特例申請をしていなかった際、最大2年1カ月までさかのぼり猶予が受けられますが、申請が遅れると、やはり万一の場合に障害年金が受け取れない場合があります。 海外へ留学した場合はどうなるの? 学生であり定収入もないお子さまが自分自身で支払いをするのは厳しいというのは、筆者自身、実際に親として感じるところです。 3年度目以降に追納すると保険料が高くなるので、お子さまの将来の負担を少しでも軽減してあげたい場合は、立替払いをする選択もあります。 その際、お子さまの保険料を親が支払うことで、親の所得控除とすることができ、結果として節税につながるメリットがあります。 お子さまより収入が高く所得税率の高い親が支払ったほうが社会保険料控除で戻ってくる税金が多くなるでしょう。 また、保険料をまとめて前払い(前納)すると保険料が安くなります。 2017年7月現在では、2年間で15,000円程度の割引となっています。 もし、親が代わりに国民年金保険料を支払う場合、数年後、お子さまが収入を得るようになったときに分割で返済してもらうなど、今後のことも話しておきましょう。 以上、大学生の国民年金についてみてきました。 学生の納付特例を利用する場合もしない場合も、親子で手続きを確認してお子さま自身で手続きをされることをオススメします。 その際、国民年金制度についても改めて家庭内で話しておきたいですね。 子どもが大きくなったら保険の見直しを検討しよう 万一の場合に備えて、死亡保険などお子さまの学費や生活費をカバーするための保険に加入していたという方も多いのではないでしょうか。 保険は、万一のときにどのようなリスクがあるかを踏まえて、定期的な見直しが必要です。 お子さまが大学生ともなれば、独り立ちが近づいてきているということですね。 保険の見直しをするのに就職する前がちょうど良いタイミングだといえます。 今後必要な保障がどのようなものかを考え、必要に応じて保険の一部解約や特約の途中付加、乗り換えなどを検討しましょう。 これまで支払っていた保険料を抑え、老後の貯蓄にあてるということも考えられますね。 まずは一度保険のプロにご相談ください。 以下の理由で、当社が推奨している商品になります。 当社の株主またはそのグループ会社である保険会社の商品• 当社子会社である再保険会社Advance Create Reinsurance Incorporatedと広告代理店 株式会社保険市場との間で再保険取引または広告取引のある保険会社の商品• 顧客の利便性、並びに保険募集品質の向上を目的として、当社のACP(注1)とAPI(注2)連携を前提としたシステム連携を行っている保険会社の商品• 当社のみが専門的に取り扱える保険商品• 申込件数およびWebサイトでの資料請求件数が上位である保険商品 注1:共通プラットフォームシステム(名称:Advance Create Cloud Platform)の略称 注2:Application Programming Interfaceの略称 広告主のPRを目的に掲載している商品になります。

次の

国民年金の【学生納付特例制度】保険料免除の継続や追納の手続き

国民 年金 保険 料 学生

日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられていますが、学生については、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。 本人の所得が一定以下(注1)の学生(注2)が対象となります。 なお、家族の方の所得の多寡は問いません。 【ねんきんネットによる届書の作成支援】 「ねんきんネット」の画面上で学生納付特例申請書を作成することができます。 必要項目を入力のうえ、印刷用ファイルをダウンロードし、届書の印刷をしてください。 印刷した届書の署名欄にご署名・ご捺印のうえ、住民登録をしている市(区)役所・町村役場の国民年金担当窓口にお持ちいただくか、郵送にてご提出ください。 (メリット) ・届書の入力にあたり、「ねんきんネット」で保有している基礎年金番号等の基本情報が自動表示されるため、入力時の手間が省かれます。 ・入力項目のエラーチェックにより、入力の誤りも防止できます。 詳しくはをご覧ください。 なお、ご利用には「ねんきんネット」のIDが必要です。 (IDをお持ちでない場合には、から登録をお願いします。 〈必ず必要なもの〉• 年金手帳 または 基礎年金番号通知書• ただし、各種学校(国民年金法施行規則第77条の6第1号「学校教育法第134条第1項に規定する各種学校(修業年限が1年以上である課程に限る。 ))にあっては、修業年限が1年以上の課程に在学していることを証明する書類(在学証明書等で証明できる場合は必要ありません。 )を添付してください。 ただし、申請手続きを行う際に市(区)町村役場の窓口で直接これらを提示する場合は添付の必要はありません。 〈場合によって必要なもの〉• (申請は毎年必要です)• 学生納付特例の申請が遅れると、申請日前に生じた不慮の事故や病気による障害について、障害基礎年金を受け取ることができない場合がございますので、ご注意ください。 国民年金の資格取得届と学生納付特例申請書を同時に提出した場合であっても、納付書が送付されることがあります。 学生納付特例は、原則として申請日にかかわらず、4月から翌年3月まで(申請日が1月から3月までの場合は、前年4月から3月まで)の期間を対象として審査します。 ただし、保険料の納付期限から2年を経過していない期間(申請時点から2年1か月前までの期間)についても、さかのぼって申請することができます。 詳細は「」をご覧ください。 課税所得がある方であって学生納付特例を申請する際には通常、前年(または前々年)所得を証明する書類を添付する必要はありませんが、申請者ご本人の前年(または前々年)の所得についての税の申告(確定申告や年末調整)が行われていない場合は、市(区)役所・町村役場の税務担当窓口にて市区町村民税の申告を行ったうえで、申請書を提出してください。 なお、市区町村民税の申告を行っていない方で、前年(または前々年)の所得が118万円以下となることが見込まれる場合は、申請書の「(10)前年所得」欄を記入することにより、学生納付特例の申請をすることができる場合があります。 詳細は「」をご覧ください。 申請書に記入した内容をご確認いただくため、「 」もご利用ください。 学生納付特例の承認を受けた方が、承認期間の途中で、退学等の理由により学生でなくなった時は、が必要です。 令和元年10月30日からは、マイナンバーによる行政機関間の情報連携の仕組みを活用し、審査に必要な所得情報を確認します。 機構における情報連携の実施については、「」をご覧ください。 令和2年5月1日から新型コロナウイルスの感染症の影響により国民年金保険料の納付が困難となった場合の臨時特例手続きが開始されます。 具体的な手続きについては、「」をご覧ください。 老齢基礎年金を受け取るためには、原則として保険料の納付済期間等が10年以上必要ですが、学生納付特例制度の承認を受けた期間は、この10年以上という老齢基礎年金の受給資格期間に含まれることとなります。 ただし、老齢基礎年金の額の計算の対象となる期間には含まれません。 (注:満額の老齢基礎年金を受け取るためには、40年の保険料納付済期間が必要です。 ) このため、将来、満額の老齢基礎年金を受け取るために、10年間のうちに保険料を納付()することができる仕組みとなっています。 (承認を受けた年度の翌年度から起算して、3年度目以降に保険料を追納する場合には、猶予されていたときの保険料に一定の加算額が加わります。 保険料の後払い(追納)は、保険料が高くなることはあっても、安くなることはありません。 経済的に余裕がある場合は、を利用されることをおすすめします。

次の

国民年金保険料の免除制度・納付猶予制度|日本年金機構

国民 年金 保険 料 学生

国民年金の「学生納付特例制度」ってなに? 日本に住む20歳以上60歳未満の人は、全員、国民年金の加入が義務付けられています。 学生でも20歳になると国民年金に加入することになっていますが、学生の方は社会人とは違い十分な収入がなく、毎月16,540円(令和2年度)の国民年金保険料を負担することは難しいですよね。 そこで、学生の方には国民年金保険料の納付が猶予される 「学生納付特例制度」が用意されています。 この制度の仕組みを簡単に説明すると、「学生の期間中は年金の支払いを待ってあげますよ!その代り将来、満額の老齢基礎年金を受け取りたいなら、学生の期間中に納めなかった年金は社会人になってから納めてくださいね!」ということです。 この学生納付特例制度は「年金を払わなくていい」という免除でなく、「払うべき年金を先延ばし後払いする」猶予になります。 次の項目で「学生納付特例制度」について、もう少し詳しく見ていきましょう。 「学生納付特例制度」のメリットとデメリット 事前にチェック! 国民年金は、 老齢基礎年金:老後(65歳以降)に受け取ることができる年金 障害基礎年金:不慮の事故などで障害が残ってしまったときに受け取ることができる年金 遺族基礎年金:家族の働き手が亡くなったときに子供のいる配偶者や子供が受け取ることができる年金 の3つの種類があります。 老齢基礎年金を受け取るためには、国民年金保険料の納付済期間が最低でも10年以上必要です。 ) 「学生納付特例制度」を受けた期間は、この年金を受け取るための受給資格期間にはカウントされますが、年金額の計算にはカウントされません。 (不慮の事故などで障害を負った場合に受け取れる障害基礎年金の受給資格期間もカウントされる。 ) そのため、将来、満額の老齢基礎年金を受け取るためには、 10年以内に国民年金保険料を後払いする必要があります。 これを 追納といいますが、「学生納付特例」を受けた年度の翌年度から起算して、3年度目以降に国民年金保険料を追納する場合には、猶予されていたときの国民年金保険料に一定の加算額が加わります。 ここで「学生納付特例制度」のメリットとデメリットを確認しておきましょう。 メリット ・収入の少ない学生期間中に国民年金保険料を負担しなくて済む。 ・老齢基礎年金を受け取るための「受給資格期間」にカウントされる。 ・在学中に不慮の事故や病気で障害を負った場合に満額の年金(障害基礎年金)を受け取ることができる。 ・所得税や住民税が安くなる。 デメリット ・老齢基礎年金額の計算には反映されない。 ・3年度目以降に年金を追納する場合は、猶予されていたときの保険料に一定の加算額が加わる。 「学生納付特例」は、本人のみの所得で審査されます。 また、ここでの 所得とは 収入ではありませんので注意してください。 「所得=収入-必要経費」となりますので、給与収入を得ている方は源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」を確認してください。 申請期間を確認 「学生納付特例制度」の申請期間は 毎年4月から翌年3月まで(申請日が1月~3月までの場合、前年4月から3月まで)となります。 (令和2年度分は、令和2年4月~令和3年3月までですね。 ) そのため、「学生納付特例」を希望する期間は 毎年、申請書の提出が必要です。 また、平成26年4月からは、 申請時点から2年1ヶ月前までさかのぼって申請ができるようになりました。 例えば、令和2年4月に申請する場合は、下の図のように平成30年3月までさかのぼって申請することができます。 以降、1ヶ月経過するごとにさかのぼって申請できる期間が1ヶ月縮小していきますので、申請を忘れていたという方は早めに手続きをするようにしてください。 下の表では、申請年度ごとに申請期間と審査の対象となる前年所得をわかりやすいようにまとめてみました。 (令和2年4月に申請した場合) 年度 申請が可能な期間 審査対象になる前年所得 平成29年度分 平成30年3月 平成28年(1月~12月)の所得 平成30年度分 平成30年4月から平成31年3月 平成29年(1月~12月)の所得 令和元年度分 平成31年4月から令和2年3月 平成30年(1月~12月)の所得 令和2年度分 令和2年4月から令和3年3月 平成31年1月~令和元年12月の所得 スポンサーリンク 学生納付特例制度の申請方法 ここからは、学生納付特例制度の申請方法について、「どこで手続きをすればいいのか?」また申請に必要な書類などを確認していきましょう。 申請する場所 申請は次の場所で受付けています。 住民票のある市区町村の窓口(年金担当課など)• 最寄りの年金事務所 全国の年金事務所はこちらから検索することができます。 手続きに必要なもの• 国民年金保険料学生納付特例申請書• 年金手帳を紛失してしまった方は、こちらの再発行手続きをご確認ください。 <郵送で申請する場合に必要なもの>• 国民年金保険料学生納付特例申請書• 年金手帳(氏名が記載されているページのコピー)• 学生証のコピーまたは在籍証明書の原本 国民年金保険料学生納付特例申請書の書き方について、こちらの記事でまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。 審査結果が出る前に届いた納付書の支払いは保留でokです。 また、これから20歳になる方は、20歳になる前に送られてくる「国民年金被保険者資格届」と同時に「学生納付特例」の申請をすることができますので、書類が届いたら「国民年金保険料学生納付特例申請書」も同封して申請するようにしてください。 まとめ 「学生年金納付特例制度」のポイントは「学生の期間中の年金は払わなくていいのではなく後払いになる。 」という点ですね。 私の勤めている職場にも、学生期間中の年金を追納している人がいますが、納めた年金は全額社会保険料控除となりますので、うまく節税できているようです。 現在、年金の未納分がある方で、未納分が学生期間中のものであれば(時効を迎えていなければ)、さかのぼって申請することができますので、早めに確認するようにしてください。

次の