ゼルダ の 伝説 夢 を みる 島。 ゼルダの伝説 夢をみる島 > 秘密の貝殻

nJOY:ゼルダの伝説 夢をみる島 の攻略

ゼルダ の 伝説 夢 を みる 島

ゲームボーイ版『夢をみる島』の発売から実に26年、 ついにリメイク版が発売されましたね。 「リメイクはオリジナルに及ばない」という意見はあります。 まあ、これは仕方ないことでしょう。 私にとっても、オリジナルを少なくとも 2桁くらいは周回したので、 思い出深い作品であります。 しかしながら、このリメイク版はオリジナルに負けず劣らずな作品と 個人的に思っています。 古参の自分がそう思ったのだから、リメイクとしては十分いい出来でしょう。 そんな思い出深いゲーム 『ゼルダの伝説 夢をみる島』が、 なぜ今なお語り継がれる名作なのかを考えてみたいと思います。 それではまず、この『夢をみる島』のコンセプトとしては、 『ゲームボーイにおける最高傑作』というのは有名な話でしょう。 そして、そのコンセプト通りに、ゲームボーイにおける名作の一角として その名を連ねています。 当然、『ゼルダ』の名前だけで売れたわけではないため、あらゆる要素が 合わさって、プレイヤーの心に残り続けているのです。 この記事では、その要素を洗い出してみます。 個人的な意見がありますので、参考程度に思ってください。 ・世界観について 『夢をみる島』のストーリーは、『コホリント島』という南の島が 舞台になっています。 嵐に遭い、遭難したリンク プレイヤー はこの島の浜辺に流れ着き、 ゼルダ姫とよく似た少女『マリン』に介抱されて目を覚まします。 この島に生活する人々 たまによくわからない生物 はどれも個性的な キャラが多く、非常にコミカルな雰囲気があります。 この作品は『ゼルダ』シリーズの 第4作に当たり、これの前の作品は スーファミにおける名作の一つ『神々のトライフォース』です。 『神トラ』の時点で個性的なキャラは数多く存在しましたが、 今作『夢をみる島』のキャラがこれ以降の作品に登場したことを考えると、 今作の雰囲気が及ぼした影響は少なくはないでしょう。 例:マリンの父親で、マリオにそっくりな風貌の『タリン』、要所で リンクに助言を与える『フクロウ』が『時のオカリナ』にも登場している。 ただし、どちらも全くの別人 また、他のシリーズとは大きく異なる点が数多くあります。 それは、『クレーンゲーム』や『黒電話』など、 現実かつ現代の品物が 普通に存在していることや、クリボーやパックンフラワー、ヘイホー、 カービィ ただし別人? などが敵キャラとして登場し、『マリオUSA』の ラスボスであるマムーや『カエルの為に鐘は鳴る』のライバルである リチャード王子が住人として普通に存在したり、あるキャラに至っては なぜかピーチ姫のブロマイドを持っていたりなどです。 また、後に発売された『どうぶつの森』のような童話的な村も存在し、 現実とファンタジーが入り混じった不思議な世界観を形成しています。 複数の他シリーズのキャラが『コホリント島』に存在している理由や、 妙に混沌としたキャラ 歌って踊るマンボウや現代的な服装の釣り人など が 存在していることは、すなわち これこそが 終盤の伏線であると考えられます。 眠ったときに見るであろう『夢』は整然としている物ばかりではないこと。 かつ、クリアには かつて 『夢の国』を支配したマムーに会う必要がある。 また、他シリーズのキャラは登場してないものの、後年の『ムジュラの仮面』は 『夢をみる島』と酷似した要素が存在します。 夢をみる島:風のさかなが見た夢に リンクの意識が同調した世界 『コホリント島』を冒険。 妙に現代的な品物 黒電話など が存在する。 ムジュラの仮面:リンク、ムジュラ、スタルキッドの 意識が同調し、 あたかもパラレルワールドのように生まれた世界『タルミナ』を冒険。 妙に機械的でファンタジーの雰囲気にそぐわないダンジョンである 『グレートベイの神殿』が存在する。 『ムジュラ』にもバンドグループ『ダル・ブルー』の演奏する曲として 『風の魚』というものが存在しており、裏設定によると、 『タルミナ』の世界もリンクが去った後は 消滅してしまったようなので、 あまり無関係とも言えないと思います。 ベクトルは違うものの、『混沌とした』要素があることも共通しています。 少し話は逸れましたが、この 混沌としつつも親しみやすい世界観が 印象に残りやすかったのだと思います。 ・ストーリーについて 間違いなく、本作の評価点の大部分を占めている要素です。 ゲームボーイ中期の作品とはいえ、グラフィック面で魅せる演出は 不可能でないにしろ、容量的にはかなり難しい問題ではあります。 後期では容量が増えたため『ふしぎの木の実』で実装されている 容量をうまくやりくりして印象深くするには、やはりストーリー面に 特に力を入れる必要があります。 グラフィックとテキストでは、テキストの方が容量をあまり使わずに済む 『夢をみる島』のストーリーをざっくり説明すると、• 遭難したリンクが『コホリント島』に辿り着く• ヒロインである『マリン』と出会う• 自分の持ち物を探していると、喋る『フクロウ』に導かれる• 『8つの楽器』を集めることが島を出る唯一の方法と教えられる• 個性的な住民たちと交流し、島の冒険を進めていく• 終盤でマリンの葛藤が描写される• 『消えたくない』という思いを持った『悪夢』を撃破する• 島の全てを犠牲にして、リンクは『夢』から目覚める という、 『勧善懲悪』では済まされないどんでん返しがあります。 この真実をプレイヤーは知ってしまいますが、それでもなお島の住人は いつものように生活を続けています。 唯一、マリンだけがこの世界の正体を察してしまっているような描写が あることが、プレイヤーにさらなる迷いを生むでしょう。 そして、ダンジョンのボスとラスボスのセリフを要約すると、 『お前 プレイヤー さえこの島に来なければ、 自分たちは存在し続けられた』 というものであるため、 本当の 『悪』はリンク プレイヤー というような、 善悪をプレイヤーに問いかける要素もあります。 プレイヤーもまた 現実の存在であるため、いつかはゲームを終えて、 現実の生活に戻る必要があります。 自分が『生きる』ことを 『善』と捉えるか 『悪』と捉えるかは、 ここはもう、個人の思想に関わる問題でしょう。 しかしながら、『風のさかな』がリンク プレイヤー に授ける言葉に、 「この島の思い出は 現実として心に残る。 君はいつか、 この島を思い出すだろう」 ・・・・・・というものがあります。 目覚めることで =ゲームを終えて いつもの生活に戻るということ、 生きている限りは 再び 『コホリント島』 という世界の夢をみる =ゲームを新たに始める ことを想定しているようなメッセージであり、 目覚めの使者リンクへの言葉でありながら、メタの存在であるプレイヤーへの 言葉であるように思えます。 『善』か『悪』かでは決して割り切ることができない展開や、 メタ要素であるとすぐには気付けない絶妙なメッセージ性が、 今なお名作と語り継がれる要素なのでしょう。 ・小ネタについて ストーリー面で特に評価されていると思いがちですが、 非常にカオスなギャグ要素もまた、この作品の魅力であると思います。 特にマリン関連。 例3:マリンと一緒にクレーンゲーム リメイク版は 上か右かしか動かせないのに、 右下 店主のいるところ に クレーンを移動させるようなバグ技を知っているほどのプロらしく、 この直後に放り出される。 ゲームボーイでは自分も店主にクレーンを向かわせることができるが、 掴むことは不可能。 ・・・・・・とまあ、妙にはっちゃけた小ネタが満載であったことも 印象深さに拍車がかかったのでしょうねぇ。 他も多数アリ よくもまあ、これだけ詰め込んだな・・・・・・。 『名作である』と言われ続けているだけあり、考えていて「なるほど」と 思った要素がかなりありましたね。 個人的に オリジナル版をやったことが無いのに読んでしまった方も、 この機会にプレイしてみてはいかがでしょうか? オリジナルしかやったことが無い方も、現代的解釈が盛り込まれていて、 なかなかいい感じのリメイクになっていますよ。 さすがに、人魚のアレは修正されてしまいましたが。

次の

考察:ゼルダの伝説 夢をみる島はなぜ『名作』なのか

ゼルダ の 伝説 夢 を みる 島

基本情報 夢をみる島とは 『ゼルダの伝説 夢をみる島』は1993年6月6日に任天堂が発売したゲームボーイ専用のアクションアドベンチャーゲームです。 他作品のキャラクターやパロディが登場するコミカルな世界観、他のシリーズ作品とは大きく異なるストーリー展開、歯ごたえのある謎解きや戦闘が特徴で、シリーズファンからも根強い人気を得ている作品です。 1998年12月12日にはカラー化・新要素の追加が行われたリメイク版『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』 ゲームボーイカラー対応 が発売され、2011年6月8日にはニンテンドー3DSでバーチャルコンソールのダウンロード配信が開始されています。 Nintendo Switch版 2019年9月20日にNintendo Switch専用ソフトとしてリメイクされた『ゼルダの伝説 夢をみる島』が発売されました。 基本的なゲーム内容は同じですが、グラフィックの一新、新要素の追加、操作性の改善などが行われています。 ストーリー 神の眠る島「コホリント」 修行の旅を終え、ハイラルに帰る途中の船で嵐に巻き込まれたリンクは神の眠る島「コホリント」に流れ着く。 島から出る方法を探すリンクの元にフクロウが現れ 「コホリント島を収める神『かぜのさかな』が眠る限り、外への道は開かれぬ」と告げる。 島から出るため、リンクはかぜのさかなを目覚めさせる冒険に出る。 夢をみる島の主人公。 ゼルダの伝説シリーズにおける主人公の名前は「リンク」が一般的であるが、今作では自由に名前を決められる。 タリンと2人で暮らしている。 夢をみる島のヒロインで、ゼルダの伝説シリーズにおけるメインヒロインの「ゼルダ姫」に似ている。 タリン マリンと一緒に暮らしている男性。 おっちょこちょいで、食いしん坊。 かぜのさかな 島中央の山 タマランチ山 の頂上にある「せいまるたまご」の中で眠る島の神。 リンクが島を出るためには風のさかなを起こす必要がある。 システム 謎解き ストーリーを進める中で挑む各地のダンジョンには、いたるところに謎解きが仕掛けられています。 敵を倒すだけの簡単なものから、アイテムや知恵を駆使しなければいけないものまで謎解きの種類も多彩です。 バトル バトル操作の基本は「剣を使って攻撃」と「盾を使って防御」の2つとシンプルですが、ストーリーが進むにつれて出来ること 使えるアイテム が増えていきます。 「それぞれの魔物に有効なアイテムを探し出し、うまく使い分けて戦っていく」というシンプルながらも奥が深いバトルシステムとなっています。 やりこみ要素 パネルダンジョン Switch版限定の新要素として、パズルのようにパネルを組み合わせてダンジョンを作る「パネルダンジョン」が登場します。 お題に沿ってパネルの通路がうまくつながるようにダンジョンを作っていき、完成したダンジョンをクリアできればご褒美がもらえます。 完成させたパネルダンジョンはamiiboを使えば、他の冒険者に渡すこともできます。 ミニゲーム コホリント島では島のレジャーとしてクレーンゲーム、釣り、急流すべりといったミニゲームが遊べます。 お金 ルピー を払って挑戦すると、結果に応じて冒険に役立つアイテムやストーリーを進めるために必要なものが入手できます。 タイトル ゼルダの伝説 夢を見る島 発売日 [GB] 1993年6月6日 [Switch] 2019年9月20日 対応機種 ゲームボーイ ゲームボーイカラー ニンテンドー3DS バーチャルコンソール Nintendo Switch ジャンル アクションアドベンチャー メーカー 任天堂 プレイ人数 1人 公式サイト.

次の

26年前の作品がここまで面白いとは!『ゼルダの伝説 夢をみる島』レビュー

ゼルダ の 伝説 夢 を みる 島

看板の迷路を目指す ウクク草原のワープから少し南にあります。 看板の迷路で300ルピー必要になるので、足りない場合は先に集めてきましょう。 看板の迷路• 看板の指示に従って移動する 指示された方向にある看板を調べながら進みましょう。 指示とは違う看板を調べると最初からやり直しになります。 地下でマムーから「カエルのソウル」を教わる 看板の指示通りにすべての看板を調べると、地下に続く階段が現れます。 マムーに話しかけて300ルピー払うと、オカリナの曲「カエルのソウル」を教えてくれます。 メーベの村に戻る メーベの村• 風見鶏を押して地下に降りる• 骨の前でカエルのソウルを吹く 空飛ぶニワトリが生き返って、リンクについてくるようになります。 ニワトリを持ち上げれば空を飛ぶことができます。 道具屋で弓矢を買う 必要になるのは次のダンジョン カメイワ なので後でも良いですが、このタイミングで買っておけば移動が少なく済みます。 弓矢は高いですが「」を使えばすぐに入手できます。 タルタル山脈を目指す タルタル山脈でバードのカギを入手する タルタル山脈• 洞くつ内で「バードのカギ」を入手する ニワトリ小屋近くの洞くつを空飛ぶニワトリで進めばカギが拾えます。 オオワシの塔を目指す オオワシの塔をクリアする オオワシの塔• 鍵穴にバードのカギを使う 塔の横にある鍵穴に使えばオオワシの塔へ入れるようになります。 オオワシの塔をクリアする オオワシの塔はこれまでと違ってダンジョン内で目的のアイテム かがみの盾 を入手しなくてもクリアできるようになっています。 かがみの盾は次のダンジョンへ入るために必要なので、忘れず回収しておきましょう。

次の