足首 を 柔らかく する に は。 足首が硬い子供が急増する理由。柔らかくするメリットとその方法│トイコタエ

目的別の足首ストレッチ方法 ~知らなきゃ損!4つのNGとコツ~

足首 を 柔らかく する に は

こんにちは! 今日は足首を柔らかくする方法を紹介します。 画像引用 目次• この記事を読まれている方の中で、足首が柔らかくなりたい!という方は多いのではないでしょうか? そんな中で足首が硬いと感じる方も多いと思います。 僕自身の感覚として、最近足首が硬い方が多い気がします。 具体的に言うとしゃがみ込めない方が多い気がします。 いろんなストレッチやトグをしても、なかなか思うように結果が出なかった方も多いかもしれません。 ですが、あなたはこのブログをきっかけに柔らかい足首を手に入れることが出来ます。 しかも、足首が柔らかくなると同時にふくらはぎも細くなるというおまけつきです。 皆様の答えとしては、• 足首周りの筋肉が硬い。 過去に捻挫をしたが、治療していない。 足首の向きが正しくない。 などが挙げられるでしょうか。 全て正解だと思います。 ということです。 そんなこと言われても足首を動かす機会は少ないし…という意見があるかと思います。 足首を動かす機会が無いなら、作ればいいのです! 例えば、足首を回しましょう。 つま先立ちを繰り返して行いましょう。 これらの方法を正しくやれば柔らかくなってくると思います。 ですが、正直なところめんどくさくないですか? 毎日繰り返すのはなかなか大変だと思います。 実は、足首回しやつま先立ちをしなくても足首が柔らかくなる方法があるのです。 その方法は… 歩くことです。 歩き方の記事で紹介させていただいた通り、重心を運ぶ歩き方をすれば足首は自然と動いてくるはずです。 歩き方についての記事はこちらから! 自然と足首が動いてくると柔らかくなっていきます。 ここで、もうひとつ紹介したい方法があります。 その方法は階段を降りるという方法です。 階段を降りる方法ならわかりやすいと思うので、紹介していきますね! まずは階段を降りてみましょう。 スムーズに降りられましたか? 降りれた!という方もいれば、降りれなかったという方もいらっしゃるかと思います。 また、よくわからないという方もいらっしゃると思います。 スムーズに降りれたか、降りれなかったかの違いは無駄な力を使わずに楽に降りれたか?ということです。 大事なことは足首の力を抜くことで、衝撃を上手く吸収するということです。 足首は力を抜くと下の写真のようになりますね。 画像引用 なので、無駄な力が入らずに階段を降りる際はつま先から着地するはずです。 これを力んでかかとから着地するとスムーズに動けず、衝撃を吸収出来ません。 つま先から着地した後にかかとを着きます。 すると自然に足首が動いているのがわかるかと思います。 画像引用 上の図を見ていただければわかると思うのですがつま先を伸ばした状態を底屈、つま先を上に上げた状態を背屈と言います。 下の段につま先が着いた時は底屈、そこからかかとを着いた状態になると背屈になります。 コツとしては足音を立てないように静かに降りることです。 スムーズに降りれると足音を立てずに降りれるはずです。 初めはゆっくりでも良いので、どうすれば足音が立たないか探りながら降りてみましょう。 出来てくれば少しずつスピードを上げていきましょう。 ふくらはぎは別の名を「第2の心臓」と言います。 結果として、ふくらはぎが太くなってしまうのです。 スムーズに階段を降りることで、ふくらはぎの筋肉が動き、循環も良くなります。 むくみが原因で脚が太くなっていたのなら、循環が良くなり細くなっていくと思います。 足首が硬くなる原因は普段から動かしていないから。 足首を普段から動かしていると柔らかくなる。 足首を動かす方法として、スムーズに歩く事。 階段を降りること。 足首が動くとふくらはぎの筋肉も動く。 ふくらはぎの筋肉が動くと循環が良くなり、むくみにくくなる。 結果として階段をスムーズに降りることが出来ると足首は柔らかくなり、循環が良くなる。 そして、むくみにくくなる。 ということでした。 足首が硬いから〇〇をするのではなく、なぜ硬くなってしまったかを考えなければいけません。 考えた先にあるのは、日常の動きを変えることです。 歩く、階段を降りるという何気ない動作を改善していくことが大切です。 何気ない動きを正しく行うことで、体は変わってきます。 普段カレーターやエレベーターを使うのがメインで階段をあまり使わないのなら、まずは階段を降りるところから初めてみましょう。 初めは難しいかも知れませんが、続けていくうちに出来るようになってくると思います。 是非実践していただき、柔らかい足首を手に入れ、循環の良いむくみにくい脚を目指していただければと思います。 次回は足の指を動かす方法を紹介する予定です。 楽しみにしていてください! 今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。 質問がある方は、コメント欄まで! オンライン治療も始めましたので、気軽にご相談ください。 4 個人情報の収集について 5 利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。 お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。 しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。 6 広告の配信について 7 当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。 その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。 また にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、をご覧ください。 8 ウェブサーバの記録 9 当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。 利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。 10 免責事項 11 利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。 また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。 12 初出掲載:2018年8月16日 13.

次の

ガチガチの足首を柔らかくする方法 :理学療法士 安部元隆 [マイベストプロ大分]

足首 を 柔らかく する に は

このライフレシピのもくじ 【】• 足首というのは、よく使っている部分であるにも関わらず、意識してストレッチをすることが少ない部分です。 ですが、この足首をストレッチし、柔らかくしておくことは、スポーツを行う際にもおすすめです。 また、普段意識しない足首を意識的に動かすことで、むくみ対策にもつながります。 筆者の娘は、 バレエ教室に通っており、その教室のレッスンで一番最初に必ず足首をストレッチします。 そのバレエ教室で教えてもらった 足首のストレッチ方法を紹介したいと思います。 足首ストレッチの準備 ストレッチのタイミング 入浴中やお風呂上りなどの血行が良くなっているときに行うと、むくみ対策によいです。 また、スポーツをする前の準備運動として取り入れても良いでしょう。 適した服装 動きやすい服装で、靴や靴下はできるだけ脱ぎ、裸足に近い状態で行います。 バレエ教室では、タイツと柔らかいバレエシューズを履いた状態で行います。 足首のストレッチの方法 STEP1:足首を手前に倒す 両足の指を手で持って、手前にゆっくりと倒します。 ふくらはぎの辺りが伸びている感じがあると思います。 十分に伸びたところで、 5秒くらいキープします。 STEP2:足首を向こう側に倒す STEP1とは逆の方向に足首を倒します。 両足の指を手で持って、ゆっくりと向こう側に倒していき、 足の甲がしっかり伸びたところで 5秒くらいキープします。 STEP3:繰り返す STEP1とSTEP2を、交互に 2~3回繰り返します。 STEP4:足を立てて正座 次に、足を立て、足のかかとにお尻を乗せるような形で 正座をし、 5秒くらいキープします。 これを 2セット行います。

次の

足首を柔らかくする運動方法!アキレス腱のストレッチの効果は?

足首 を 柔らかく する に は

足首ストレッチのメリットBEST3 足首は普段の生活においてよく使う部位なのに関わらず、意識してストレッチを行っている人はあまり多くはありません。 しかし日常生活の中でストレッチを続け、足首を柔らかくしておくとスポーツをしている人にとっては特にうれしいメリットが見込めます。 思わぬ怪我の予防 運動の前後に関わらず、日常生活においても足首が硬いままだと怪我をする可能性が高くなります。 特に ねん挫は足首が硬いと起きやすい怪我のひとつなので、普段からねん挫しやすいという人は足首のストレッチを続けることでねん挫の予防にもつながるかもしれません。 筋肉の修復 足首をストレッチすることで血行が促進されます。 これにより筋肉へ酸素が送られやすくなるため、 疲弊した筋肉の修復が促され、運動後でも足の軽さを実感できることも。 運動後ではなくても、例えば立ち仕事が続いた時やいつも以上に歩いた時に足首のストレッチを行うことで足の疲れがとれるのでスッキリしますよ。 動きが良くなる 足首をストレッチすることで柔軟性が身につき、可動範囲を広げることができます。 そのため、怪我の予防だけでなくサッカーや陸上競技で技術向上につながることも期待できます。 硬い足首の原因は足首だけではない? 足首が硬いとなると、普通は足首自体に不具合があると考えがちですが、実は硬い足首の原因は足首だけによって起きるものではありません。 実際に足首をぐるぐる回してみるとふくらはぎが動いているのが分かりませんか?それもそのはず、 足首はふくらはぎと密接な関係にあり、足首の硬さも実はふくらはぎの筋肉が硬くなっていることが原因となっているのです。 では、どうしてふくらはぎの筋肉が硬くなってしまうのでしょうか。 これは大体の場合普段の生活習慣が関係しているようです。 例えば日頃から運動不足であったり、むくみがひどかったりするとふくらはぎの筋肉が硬くなる傾向にあります。 さらに、 ストレスが溜まっていたりひどい疲労感を感じることが多かったりといった場合にも、ふくらはぎの筋肉に影響を及ぼすことがあります。 まずは柔軟性をチェックしよう! 自分の足首が硬いかどうかわからないという人も多いのではないでしょうか。 そこで足首のストレッチを始める前に、まずは足首の柔軟性を確かめてみましょう。 具体的な方法は以下の通りです。 youtube. まずは足首のストレッチ方法として、壁を使ってアキレス腱を伸ばす体操を紹介します。 壁に向かって足を前後に開く(後ろの方の足のかかとは床につけておく)• 両手を壁に当てたら背筋を伸ばし、手で壁を押しながら後ろ足のかかとを床に抑え込んでいく• そのまま普通に呼吸しながら30秒待つ• 左右の足を入れ替える ポイント 2.の段階で後ろの方の足のふくらはぎが伸びているのを感じることができると思います。 もしふくらはぎが伸びていないようであれば、足の位置を前後にずらして行ってみてください。 youtube. 両足をまっすぐ伸ばした状態で座る• 手前と奥の両方向に交互に足首を伸ばしていく ポイント 手前側、奥側へ交互に10~20回行うと効果的です。 また、行うときは息を止めずに自然に呼吸しながら行うようにしましょう。 効果的な足首のストレッチ方法3.正座で行う方法 最後に足首の前後を伸ばすストレッチ方法を見ていきましょう。 こちらは、アキレス腱や足の甲のストレッチにも役立ちます。 床に正座をする• 右足の膝を立てる• そのまま身体を前に倒して、両手を前に伸ばす• さらに左の膝を手で掴んで上へ引っ張り上げる• 左右の足を入れ替えて同様に行う ポイント 両手を伸ばした時にあくまで気持ち良い範囲で行いましょう。 ただ、年齢とともにどうしても足首は固くなりやすいものです。 ストレッチボードって何? ストレッチボードとは、角度のついたボード(板)状のストレッチ器具のことです。 ただ立つだけでも足首に角度がつき、足首からふくらはぎにかけて自然とストレッチできます。 また、ストレッチボードの中にはX脚やO脚など姿勢の歪みを矯正してくれるものもあります。 細かく角度を変えられるものもあり、初めは緩やかに徐々に急にとやわからさに合わせて角度を調節できるのもポイントです。 ストレッチボードの効果 ストレッチボードはただ足首を柔らかくするだけではありません。 先述した通り、足首を柔らかくすることで怪我の予防や筋肉の修復、パフォーマンスの向上など様々な効果が期待できます。 足首周りは血行が滞りやすい部位でもあります。 その為、足首を柔らかくすることで肩こりや腰痛など、血行の滞りから起こる体の不調を整える効果も。 足先からくる冷え性の予防にも繋がります。 ストレッチボードの正しい使い方.

次の