いつまでも変わらないもの。 神田沙也加、松たか子、武内駿輔、原慎一郎 ずっとかわらないもの 歌詞

いつまでも輝いて

いつまでも変わらないもの

ロッカーズ上映時よりも年を取ってしまったのもあり、なおかつ今は日々の暮らしでいっぱいいっぱいで【観に行かなくても良いか】になっている自分もいて、その自分のが勝っています。 ・・・ 諦める&面倒だと思うことが増えると年を取ったんだと実感します。 このまま何の病にも倒れず何の事件事故にも巻き込まれず寿命まで生きて行けるとして、 日本の平均寿命で換算すると早くて70代くらいになれば訂正:健康寿命とやらが終わる頃には、やりたいこともやりたくないこともできなくなると言うのに、やろうと思えばやれる今からやらない選択をしなければならないのは。 時間と金銭の両方がうまく使えない人間の宿命(大げさ)にしても良いだろうか。 ・・・ 世の中やっぱ金なのかな。 金があってある程度娯楽に使えれば人生楽しくポジティブになれるんだろうな。 金じゃないと思っているのも、もう古い考えで時代遅れなんだろうかな。 いまだそうじゃないと思いたい自分がいます。 そもそも自分が金持ちや貧乏ってのは自己申告に過ぎない。 他所が金持ちだと思っても本人が貧乏と言えば貧乏。 ・・・ 自分より金持ちに見える人ばかりなんだが。 何にいくら使っていると言わない人に限って、貧乏と言う言葉をやたら強調して言っている気もしています。 酔っぱらっちまったな。 映画の話がどっかに行ってしまった。 ありがとうございました。 すべてありがたく読ませて頂きました。 このブログは基本朝に更新しています。 更新されてもされなくても一日に何回も何十回も見に来てくれる方がたくさんいてありがたいと同時に。 それとこのブログに好感を持って見に来ている人ばかりではないのにも気付いています。 ロボットでないトップページ(最新記事)のみ一日何十回もただ見に来るだけなのは理由が分からないだけに正直怖いと思っているのと、ブログ更新のモチベーションがどうにも上がらないのと、勝手にプレッシャーとなっているため、ヘタしたらアクセス制限かけさせてもらうかもです。 ご了承ください。

次の

いつまで経っても変わらない、そんなものあるだろうか

いつまでも変わらないもの

で行われている「東西SHOW合戦」。 関西ジャニーズJr. として選抜された・・・が、関東Jr. 選抜のと舞台に立っている。 そこで歌っているのが の ' 2nd Movement ' だ。 誰もがびっくりしたのではないだろうか。 そして、たくさんの人が昔を思い出し、色んな感情が引き起こされたのではないだろうか。 私もすごくびっくりした。 胸が締め付けられた。 康二くんは、どんな気持ちでこの曲を選んだのだろう、どんな想いを持ってこの曲を踊るのだろう……答えが出ない疑問をグルグル考え続けていた。 まず、この曲がどのようにして選ばれたのか分からない。 けれど、相当な覚悟を持ってやることにしたのだろうなというのは想像がつく。 きっと、セカムブをやったらKinkanを思い出す人たちがたくさん出てくる。 全員が嬉しい思いをするわけじゃない、それも分かっていたことだと思う。 だけど、やることを選んだ。 2回SHOW合戦を見に行き、2回とも康二くんだけを見た 3人ごめんなさい。 踊りを、表情を、見た。 あぁ…………大人になったんだな……… と思った。 ダンススキルはもちろん上がっているし、当時Kinkanとして魅せていたセカムブは熱くて、闘志でメラメラで、感情が溢れているようなものだったと思うが、で見た康二くんのセカムブは、冷静に、落ち着いて、真っ直ぐ前を見据えて、届けるようなセカムブだった 主観。 【2月24日夜公演】 かつて一緒にセカムブを踊っていた、グループとして肩を組んで歩んできた紫耀くんが、東西SHOW合戦を見学しにきた。 ただでさえ、紫耀くんがいないときでも儚くて切ない表情をしながら踊っていた康二くんが、どんな表情で踊ったのか、どんな想いで踊ったのか、想像がつかない。 そして、紫耀くんはどう思ったのだろう。 紫耀くん黒髪だったしANOTHERで覚えたあの甘い香りに似た懐かしい香りがしたし絆で勝手にしょぉこじの世界作るくせにアンコールでは互いが互いを見るタイミングが全然合わなくて康二は寂しそうに花道戻って行ったけど………康二の2nd Movementを見て、俯いたのは、紫耀くんだよ。 — 6 wakana0615 の2nd Movementの時、私泣いちゃって、周りにも泣いてる人いて、でも紫耀くんの反応を見たくて、振り返った時に見えたのは、切なそうに見つめて、俯いてた紫耀くんでした。 思い出で溢れているに決まってて。 紫耀くんは、ずっとたくさんのことを自分で抱えて受け止めて歩いてきたんだろうな、と思う。 引きずらないで、今を一生懸命生きてアイドルをしてくれていたのはいつも紫耀くんだった。 本当は無理やり引きずらないでいてくれたのかなぁ、と思う。 無理やりでも前を向いて受け入れて、ファンの人に素敵なパフォーマンスを、今一番最高なものを、って一生懸命活動してくれていたのかなと思うと、こんなにかっこいい人はいないと思う。 物議をかもした。 棘がある言い方にもとれるけれど、これが紫耀くんなりの精一杯の覚悟だったのかなぁ。 今読むと、彼の精一杯に涙が出てくる。 そんな、少し早めに割り切って大人になった紫耀くんが、昔のことを思い出して何かを感じたりできる時間があったことが嬉しくてたまらない。 ずっと止まったままではいけない。 今が一番最高だっておもってもらえるようにしないといけない。 それは舞台に立ち続ける人たちの責任だと、私は思う。 康二くんも覚悟を決めた。 そして動き出した。 もうみんな、動き出している。 その覚悟に、ついていきたい。 そしていつか、康二くんと紫耀くんの一万字インタビューが読みたい。 西畑さんや廉ちゃんや流星の話も聞きたい。 ずっと私たちの中で当時のセカムブは生き続けるから、ずっと好きでしょうがないから、6人にはこれからも自分の道を信じて歩んでいってほしい。 6人とも、いつまでも輝いて。 osamnkanj15.

次の

#黒子のバスケ いつまでも変わらないもの

いつまでも変わらないもの

日々、時代は この慌ただしい世界の中で、巡っていくよう だけれど・・・ 皆様、いつもありがとうございます。 鑑定師孔雀 でございます。 季節の変わり目、時間の経つのが はやく感じることも あるのではないでしょうか。 そんな この頃でもありますが、 どんなに 時が流れても、時代は巡っていっても 変わらないものが、あるのですよね。 皆様は、何だと思われますか。 本日は、女神様が、 いつまでも変わらないもの について、お話してくださいますよ。 それでは、早速 はじめていきましょうね。 本日も おとぎ話でございます。 題しまして 「いつまでも変わらないもの」 女神様は、インターネットで、人間の国の ニュースをチェックしたり、 いつものように、お勤めの合間に 雲の上から、人間の国の 様子を そっと、見守っていたり しておりました。 「人間の国は、随分とせわしいのね。 時間の経つのも、神の国よりも だいぶ早く感じるわ。 」 そう呟きながら、女神様は、ひらめきました。 「そういえば、人間の国で どんなに 時が流れても、時代は巡り 続けても いつまでも 変わらないもの があるわ。 それは、本当に人々のことを 大切に思う心なのよね。 そうだ、本日も、神の国から メッセージを 発信してみよう!」 そして、女神様は、メッセージを発信 しはじめました。 「人間の国の皆様、いつも お世話になっております。 改めまして、女神様です。 本日は、 いつまでも 変わらないもの という テーマで、お話していくわね。 どんなに 時が流れていても 時間が 経過しても 人が 人々を 大切に思う気持ち というのは、 変わらないもの なのかもしれないわ。 本当に 大切に思うからこそ、 本当に、皆様方の幸せを 願っているからこそ 正面から 向かい合っていこうと 真剣に 皆様方のことを考えて くださっている 人々も いるのね。 真剣だからこそ、時には ぶつかり合ってしまったり 厳しいことも 言ってしまったり してしまうの 決して、皆様方のことが 嫌いだからでは ないのよ。 むしろ、大好きだからこそ、とことん真剣に 向き合っているのね。 大切で、大切で、しかたないから。 こうして、本当に 本当に 皆様方のことを 大切に し続けている 思いというのは、 やがて 自然と 皆様方の 心に 響いて 伝わり、それが、様々な 人々にも 自然と 絆として、広がっていくの。 そして、絆の輪 が できていくのね。 その 絆は、しっかりと、つながっていて まさに、本物の 絆なのよ。 その絆によって 皆様方や様々な人々が 元気になったり、 皆様方や、様々な人々の 表情が、自然と笑顔に なったり するのね。 それは、すごい 力となって、願望成就や 夢の実現にもなるのよ。 素晴らしいわ。 だからこそ、お互いに この絆を 誇りに思いながら、大切にしていくと いいわよね。 皆様方のことを 誰よりも、大切に 大切にと 思ってくださる人々に、感謝をしながら。 普段は、照れくさくて、恥ずかしくて なかなか 伝えることが 出来ない ありがとう という 思いを いつか 必ず お伝えしていくのだと、心に誓いながらね。 それから、皆様方のことを 大切に考えてくださっている 人々のためにも、 メッセージを 発信していくわね。 真剣に 向かい合い、心の底から、人々のことを 大切にしていく思いは、 どんなに 時が流れても、何があっても 変わらないものだから、 必ず、伝わるわ。 だから、これからもずっと、伝え続けてね。 それで いいのよ。 皆様方のことを大切にして くださっている人々のことを、 皆様方は、人々が 思っている それ以上に 感謝しているし、これからもずっと、 一緒に 歩んでいきたいと 思っているものなのよ。 だから、自信を持って、胸を張ってね。 最後に、本当に人が、人々のことを 大切にしていくことが、 お互いに 大切にし合うことに つながっていくし、 支え合っていくことにも つながっていくのね。 だからこそ、本物の絆も 生まれてきて、 それが 生きていくための 原動力にも なるのよね。 いつまでも変わらないもの それは、人と人々が、お互いに大切にし合うことから 生まれた 本物の絆なのかもしれないわ。 これからもずっと、ずっと、続いていく 絆・・・ それは、永遠なのかも しれないわ。 そんなわけで、お話は、これでおしまいに するわね。 本日も、ここまで お聞きいただきまして ありがとうございました。 これからもずっと、皆様の幸せを願いながら エールを送り続けて いるからね。 」 こうして、メッセージを発信し終わりました 女神様は、お勤めに 戻っていきました。 おしまい 秋の香り漂う 空気の中で、時の流れを感じながら いつまでも変わらない 大切な思いや、絆についても 考えてみるのも いいのでは ないでしょうか。 皆様方の すぐ側で、もしかすると、本当に大切に考えてくださっている人々が そっと あたたかい眼差しで、見守ってくださっているのかもしれませんよ。 本日も 皆様の幸せを祈り続けております。

次の