タピオカ恫喝騒動。 木下優樹菜のタピオカ騒動とは?サルでもわかるお手軽かんたん解説!

なぜ今、マスコミ解禁に? 木下優樹菜「タピオカ恫喝騒動」全内幕

タピオカ恫喝騒動

活動再開の発表からわずか5日で芸能界を引退したタレントの(32)。 木下から恫喝(どうかつ)めいたメッセージを受け取ったタピオカ店のオーナーが損害賠償を求めて提訴し、木下に訴状が届いていることが6日、分かった。 引退しても解決しなければならない課題が残った。 引退して子供2人との静かな生活を取り戻そうとしている木下だが、これからも落ち着かない日々が続くことになる。 騒動は昨年10月上旬に勃発。 実姉が都内のタピオカ店で働いていたが、オーナーとトラブルになり退店。 これに木下が怒り、インスタグラムで「事務所総出でやりますね」などと恫喝めいたメッセージを送った。 この内容がSNS上で公開されたため大炎上。 同11月から芸能活動を自粛した。 昨年7月の同店の開店当初は木下が「姉の店」としてSNSで積極的に宣伝。 木下のファンも多数訪れていたというが、実姉の退店後から「もうお店には行かなくて大丈夫です」と態度を一変させた。 関係者によると、騒動後にタピオカ店にはいたずら電話が度々かかってくるようになり、オーナーは営業を妨害されるきっかけをつくったとして木下を提訴した。 昨年10月中旬に元夫のFUJIWARA・藤本敏史(49)と木下の母が店主に謝罪に行ったが、受け入れてもらえず。 木下の対面謝罪も実現していない。 ただ、関係者は「結果がどうあれ、木下さんにとって裁判になることで事態は進むことになる」とした。 外部サイト.

次の

【木下優樹菜】タピオカ店騒動って恫喝DMトラブルの始末、活動自粛?復帰確実かと紹介!

タピオカ恫喝騒動

結婚前にデートを楽しんでいた2人。 タレント木下優樹菜が11月18日に、芸能活動の無期限活動自粛を発表した。 これにより、ようやくテレビやスポーツ紙が一斉に報道した。 それをオーナーサイドがSNSで暴露したため、木下は謝罪から謹慎状態に追い込まれたものだ。 当初はテレビやスポーツ紙などが一切この騒動を扱わないことにより、ネット上では所属事務所やマスコミの報道の在り方に対し物議を醸していた。 ワイドショー関係者が内情を明かす。 「11月18日に事務所サイドから連絡があり、木下が休業する旨が伝えられました。 「事務所サイドはレギュラーの収録済み番組が2本あったので、引き続き協議を重ねていた結果、発表がこの時期になったと言っていました。 「騒動が発覚したら即座に会見を開き、記者からの質疑応答がなくなるまで長時間でも対応するという真摯な態度が復帰への一番の近道だったでしょう。 また、テレビやスポーツ紙などがこのニュースを扱わなかったことも、ネット全盛の時代には逆効果になってしまった」(芸能リポーター) 今回の騒動では、人気ママタレの「ウラの顔」が公になってしまった。 復帰にはまだまだ時間がかかりそうだ。 撮影:桑田真.

次の

木下優樹菜、タピオカ店主へ恫喝メール、脅迫罪の可能性も…テレビ各局、一斉に起用自粛の動き

タピオカ恫喝騒動

木下優樹菜さんは昨年10月6日にインスタグラムやブログを更新し、次姉・さやかさんが働いていた東京・西小岩のタピオカドリンク店『#ALL RIGHT』(同7月20日オープン)で、人間不信になるようなトラブルに巻き込まれていることを明かし、 「ごめんなさぃ もうお店には行かなくて大丈夫です」などとフォロワーに呼び掛けていました。 木下優樹菜さんがタピオカ店の店長に送ったダイレクトメッセージには、 「 弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるから、これからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね。 いい年こいたばばあにいちいち言うことじゃないと思うし、ばかばかしいんだけどさー(中略)給料明細出すの常識な。 ww 色々頭悪すぎなw あと逆に週刊誌に姉がこういう目にあったって言えるからさ、ほんと、そろそろちゃんとしないと立場なくなるよー もーさ、やめなぁ?覚悟決めて認めなちゃい おばたん」などといった言葉が綴られており、この恫喝めいたメッセージが物議を醸し、今度は木下さん側に批判が殺到し大炎上騒動に発展しました。 』(フジテレビ系)では、木下優樹菜さんが謝罪コメントを投稿した日に、タピオカドリンク店の店長に再びダイレクトメッセージを送っていたことが判明したとし、関係者から入手したそのメッセージを公開しました。 木下優樹菜さんは謝罪や反省の言葉に加えて、 「 〇〇〇(番組では伏せ字)親同士ですので、今回のことがずっと尾を引くようなことは、子供のためにもよくないと思います。 私の至らないメッセージがあった中恐縮ですが、今回の件については、お店のことも含め『お互いに、誹謗中傷をしない』、『お互いに、第三者に話をしない』ということで解決させていただけないでしょうか。 」との要望も綴っていました。 記事ではテレビ関係者が、 「 店の関係者は、すでに代理人弁護士を立て、実は年末年始にも訴える予定でした。 ところが、年末にユッキーナが離婚したので様子を見ていたようです。 そしたら、折からのコロナ禍で裁判所が止まってしまったらしい。 でも、緊急事態宣言も解除されたし、 いよいよ動きだすようですよ。 裁判所から通知がタワーマンションにいくはずです」と証言しています。 また、芸能関係者は活動自粛を続けている木下優樹菜さんの様子について、 「姉のことを思ってやったこととはいえ、ユッキーナもさすがに軽率だったと反省している。 直接謝罪できないと、やはりテレビに復帰することは難しい。 騒動が勃発して以降、バッシングが全く収まらないことに頭を抱えていましたよ」と語っています。 東スポはこのように伝えているのですが、これに対してネット上では、• 公然と誹謗中傷した罰はキチンと受けるべき• 一回すっきりさせたほうがいいよね。 なあなあに済ませよう感満載だったし。 法廷まで行ったかー、和解して終わりかな。 しかし、芸能界復帰は難しいだろう。 店主さんもせっかくお店オープンしたのに、稼ぎどきの暑い時期にトラブルに巻き込まれて、今はコロナで本当に心底同情するわ• 正直、示談になるとは思うけどやったが良いと思う。 今はSNSでの誹謗中傷が問題になってるしこれも色々な意味で問題やろ。 恫喝してるし。 「芸能人なら何をやっても許される」という古くからの習慣を根絶する意味でも徹底的に争ってほしい。 できることなら芸能事務所にも踏み込んで芸能界そのものを浄化してほしい。 フジモンや周りの共演者が、バラエティー番組で離婚だけじゃなくてタピオカ騒動までネタにするからね。 被害にあった方からすれば、悔しいと思います。 自分のしたことや普段からの暴言によって、相手次第では訴訟までされることがあると、初めて知ったんではないでしょうか。 日本には法律があるということを勉強したほうがいいですね。 ちゃんと法廷で自分が発した事への説明と相手側への謝罪、そしてその事によっての代償責任を果たしてください。 もしうやむやになったりしたら、時間が経てばまた同じことを繰り返すかもしれない。 是正させる為にもとことんやってほしい! などの声が上がっています。 タピオカ店側はトラブルに発展した当初から法的措置を検討していることを明かしており、昨年10月に店の関係者は東スポの取材に応じ、木下優樹菜さんの投稿によって誹謗中傷が相次ぎ、しばらく閉店を余儀なくされたことを明かし、 「 完全な営業妨害です。 いくら削除済みとはいえ、被害は大きい。 お店をオープンするのは大変だったのに…。 木下さんから謝罪のDM(ダイレクトメッセージ)が来たが、その内容も『第三者にしゃべるな』などあまりに一方的。 だいたい、DM1本で終わる話なのか。 私は、法的措置も考えていますよ」と怒りをあらわにしていました。 それから3ヶ月後の今年1月には週刊誌『週刊新潮』が、木下優樹菜さんの姉がママ友との会話の中で、 「お店が(半グレ集団の)関東連合と繋がっていたから、優樹菜は謝ることになったの」などと語り、周囲も呆れ返っていたことを伝えていました。 週刊新潮は真相を確かめるためにタピオカ店側に取材を行い、木下優樹菜さんの姉が周囲に語っていた内容を伝えると、 「 私ども夫婦が関東連合と繋がりがあると言われているのは知りませんでした。 そんなことあるわけないし、まっとうに商売しているだけ。 記事に書かれるだけでも、そういう風に見られてしまうじゃないですか」と答えていたほか、この時点でも木下さん側から謝罪は来ていないと明かしていました。 そして、最終的には訴訟沙汰にまで発展してしまうようですが、木下優樹菜さん側にも色々と言い分があるようですし、今後のためにも法廷で白黒ハッキリさせた方がいいのかもしれませんね。 木下優樹菜さんは自身が持つ影響を考えずに、店の印象を著しく悪化させるような書き込みをインスタグラム、ブログに書き込み、店を一時営業中止にまで追い込んだほか、店長に対しては恫喝めいたメッセージを送って脅迫するなどしており、裁判になった場合には木下さん側が不利なことは間違いないとみられますが、今後どのような展開を迎えるのか引き続き見守っていきたいです。

次の