松山 矯正 歯科 いい ん 紹介 大谷 歯科 矯正 歯科。 愛媛の認定医・臨床指導医名簿一覧

大谷歯科・矯正歯科(松山市和泉南)の口コミ5件|エキテン

松山 矯正 歯科 いい ん 紹介 大谷 歯科 矯正 歯科

医院紹介 医院紹介 大谷歯科矯正歯科のコンセプト お口の中の2大疾患として、 「虫歯」と 「歯周病」が挙げられます。 みなさんは、虫歯や歯周病になったら、その時に治療すれば良いと思っていませんか? 風邪、頭痛、腹痛、など日常で起こる病気の大半は、医療機関を受診することでほとんど治癒します。 言い換えれば、 「治る」と言うことは、 「病気になる前と同じ状態に戻る」ということです。 しかし、「虫歯」や「歯周病」は、一度発症すると、本当に早期発見であった場合を除いて、自然治癒が望めないばかりか、たとえ歯科医院を受診して十分な治療を受けたとしても、 完全には元の状態には戻りません。 「虫歯」は悪くなった歯を削り、金属や樹脂など 人工物を詰めなければいけません。 また、「歯周病」に罹患して減ってしまった骨を元の状態に戻すのは、ある特別な条件の場合を除いて 不可能なのです。 ベビーブームと言われた昭和30年〜40年代は、重度の虫歯を持つ子供が多く、歯科医院に順番待ちの列ができる状態でした。 その結果、日本では歯科医師数を増やし、「歯を削って詰める」「悪くなった歯を抜く」といった治療を数十年にわたって続けてきました。 きっと、当時の歯科医師の先輩達は、必死になって治療にあたっていたことでしょう。 その成果もあって、現在では、小学生のDMFT歯数(むし歯・むし歯で抜いた歯・むし歯で治した歯の合計数)は0. 6本(平成28年度歯科疾患実態調査結果)と、小学生1人あたり虫歯が1本あるかないかという水準まで良くなってきました。 つまり、小学生から高齢者まで自分の歯を失うことなく生活できるようになってきているということです。 しかしながら、35歳〜75歳のDMFT歯(むし歯・むし歯で抜いた歯・むし歯で治した歯の合計数)は、12. 1本〜22. 6本と非常に高い値のままです。 さらに、歯周病に罹患している人の割合は、35歳〜75歳で42. このことは、みんなお口の中に自分の歯はたくさんあるけれど、その歯が虫歯だったり歯周病になっているということを意味しています。 これでは、とても健康的な生活を送れているとは言えませんよね。 なぜこのような状態になっているのでしょうか? 歯科医学は年々進歩し、新しい治療薬や治療方法が開発されているものの、我々歯科医師は「歯や歯ぐきの治療」に時間をとられてすぎて、 「どうしたら虫歯や歯周病にならないか?」ということを患者さんへ伝えてこなかったことが最大の原因ではないかと私は考えています。 現代の日本の歯科医療は、大きな曲がり角に入っています。 歯科医師数は需要に対して過剰で、景気も冷え込み、歯科医院の経営状況は年々悪化していると言われています。 「予防に力を入れていますよ」とか 「なるべく歯を削らない治療を心がけていますよ」という言葉を、最近の歯科医院ではよく耳にするかもしれませんが、保険診療を行なう上で、一人一人の患者様にゆっくりと時間を割く余裕はないのが現状です。 ある一定の収入を保つために、結局は、 「削って」、 「詰めて」、 「歯磨きがんばれよ!」と一言伝えて帰してしまうだけになっているのです。 これでは、結局のところ数十年前の歯科治療と一緒ですね。 大谷歯科矯正歯科では、「痛い」「咬めない」「見た目がわるい」などの最初の症状を改善したあとに、歯の大切さについてお話する時間、を来院してくださったすべての患者さんに、無料でお伝えしています。 また、年代別に注意すべきお口のチェック項目をお伝えする時間(歯っぴープログラム)、舌・呼吸・姿勢のトレーニング(口腔筋機能療法)など、多彩なプログラムを準備しております。 患者さんが自分の歯を健康的に維持し続けるためには、歯を支える骨と歯ぐきが健全であること、その上で歯ならびが整っていてお掃除しやすい環境であること、この2点が最重要であると考え、歯周病治療と矯正歯科治療を主軸に、患者さんのニーズに合わせた多彩な診療体制を整えております。 予防とは、「歯磨き」と「定期検診」を行なうことではありません。 患者さんご自身が、歯についての正しい知識を獲得し、歯の病気になることを未然に防ぎ、健康な状態を維持することこそが、 「真の予防」ではないでしょうか? 「そのために、何をすべきか?」多くの患者様は知りません。 我々は、「保険制度上、十分な時間がとれないから。 」という理由で、こんな大切なことを患者様に伝えなくてもよいのでしょうか? 大谷歯科矯正歯科の目指すべき目標は、患者さんと呼ばれる前の皆さんにお会いして、健康なお口の維持・管理をお手伝いしながら、地域社会に貢献することです。 当院を受診していただいた患者さんたちが、健康なお口を維持し続けることで全身の健康も増進され、自信を持って笑える社会生活を送ることができれば。 そんな、笑顔が素敵な人たちがたくさん増えること、そんな願いが、当院の理念「Shine on You」〜あなたを輝かせるために〜 に込められています。 「あの病院に行けば、歯を大切にしてくれる。 」そう言っていただけるような歯科医院でありたいと、心から強く願っています。 大谷歯科矯正歯科 院長 大谷 淳二.

次の

母子家庭の保険についてです! かずきさんの相談(2015/01/03/ 21:56)

松山 矯正 歯科 いい ん 紹介 大谷 歯科 矯正 歯科

いくら良い矯正歯科でも不便な場所や遠方にあると通う時間がかかったり、交通費も高くなりますし、なにかトラブルがあったときにすぐにみてもらえない可能性があります。 また、遠方にあると通院時間がかかることで予定を合わせにくくなります。 通院スパンが長くなったり、予約を変更する機会が多くなると矯正期間もおのずと長くなってしまいます。 また、矯正治療では抜歯するケースとそうでない場合があるのですが、これも矯正歯科医によって抜歯を薦める薦めないなどまちまちだったりすることがあります。 そこで、大事なことは 現在歯の状態と自分の希望を伝えた上で、納得いく治療法を提示してくれるかどうかだと思います。 例えそれが自分が希望していた治療法でなかったとしても、根拠をしっかりと説明してくれる先生であれば問題はないと思います。 できれば、一つの治療法を推し進めている矯正歯科より複数の治療法である程度症例数がある矯正歯科が良いと思います。 いくら腕があっても、こちらが気になったことを質問しにくい雰囲気の先生だと、途中で治療方針に関して私たち患者たちと認識のズレが生まれやすくなります。 「 こんなの聞いてなかった」 「 思ってたのと違う! 」 そういったことを避けるために、話しやすい雰囲気でいつでも気になったことを聞けそうな先生を選んだ方が良いと思います。 それぞれのメリットデメリットを簡単にあげると、 専門歯科は スケジュールが柔軟、営業日であればいつでも矯正に関することが聞ける。 一方、抜歯や虫歯治療はまた 別の一般歯科に行かないといけなく面倒。 併設歯科の場合は、歯列矯正はもちろん虫歯など歯全般を見てもらえるため、 通院が面倒ではない。 デメリットは歯列矯正の診察日が指定の曜日だけの場合が多いので、 スケジュールを合わせにくい、矯正のトラブルにすぐに対応できない。 個人的には、 矯正歯科専門に通うことをおすすめします。 矯正以外の歯の問題を診てくれる歯医者さんはどこにでもありますが、矯正に関することは通っている矯正歯科以外では対応してくれない場合が多いので。 ただ、近くに矯正専門歯科がなく併設でやっているところしかない場合など、そちらでもいいと思います。 価格の違いは経験年数や立地など様々な要因があると思いますが、意外と安価なところでも、良い矯正歯科もあるので、やっぱり費用の比較はした方がいいと思います。 そりゃ誰だって安いに越したことはないですよね。 また費用だけでなく、治療費の支払い方法でも自分の希望する方法が対応しているかどうかなども確認しておいた方がいいと思います。 支払い方法に関して、以前詳しく書いているので、気になった方はそちらをチェックしてみてください。 今回は、矯正歯科の先生の基準である「認定医」と「専門医」には触れていませんが、それも矯正歯科を選ぶ一つの目安になるとは思います。 認定医になるには、歯科医師のライセンス取得後に継続して 5年以上の臨床研修を積むことや、学術刊行物に矯正歯科臨床に関する報告を発表する。 専門医になるためには日本矯正歯科学会認定医資格をもち、 10年以上の臨床研修が必要。 引用元:日本臨床矯正歯科医会 ちなみに僕が通っている矯正歯科の先生は認定医です。 全国的にみても専門医の数は300人程度とかなり少ないので、個人的には認定医であれば十分ではないかと思います。 以上が僕が矯正歯科を選んだポイントになります。 少しでも、これらの情報が皆さんの矯正歯科選びの参考になれば幸いです。 全国の矯正歯科の口コミがみれるサイトがあるので、そちらもみてみると良いかもしれません。

次の

【予約可】大谷歯科矯正歯科(市坪駅)の詳細情報

松山 矯正 歯科 いい ん 紹介 大谷 歯科 矯正 歯科

新着情報• 2020年06月19日 スタッフブログ:を更新いたしました• 2020年06月12日 スタッフブログ:,を更新いたしました• 2020年04月21日 スタッフブログ:,を更新いたしました• 2020年04月15日 スタッフブログ:,を更新いたしました• 2020年04月09日 スタッフブログ:を更新いたしました• 2020年03月24日 スタッフブログ:を更新いたしました• 2020年03月11日 スタッフブログ:,,,を更新いたしました• 2020年02月28日 スタッフブログ:を更新いたしました を公開いたしました• 2020年02月13日 スタッフブログ:を更新いたしました• 2019年09月13日 ,を更新いたしました• 2019年08月08日 を更新いたしました• 2019年06月06日 ,,,を更新いたしました• 2019年04月25日 を更新いたしました• 2019年04月02日 を更新いたしました• 2019年03月28日 スタッフブログ:を更新いたしました• 2019年03月26日 ,を更新いたしました• 2019年01月16日 スタッフブログ:を更新いたしました• 2018年12月14日 を更新いたしました• 2018年11月28日 を更新いたしました• 2018年09月05日 ,,を更新いたしました• 2018年08月31日 ,を更新いたしました• 2018年08月06日 を更新いたしました• 2018年07月27日 を更新いたしました• 2018年05月24日 ,を更新いたしました• 2018年05月23日 を移転致しました。 2018年05月07日 を更新いたしました• 2018年05月01日 を更新いたしました• 2018年04月10日 を更新いたしました• 2018年04月05日 を更新いたしました• 2018年04月02日 ,,を更新いたしました• 2018年03月08日 ,を更新いたしました• 2017年12月29日 を更新いたしました• 2017年12月19日 ,を更新いたしました• 2017年07月12日 2018年01月より診療時間を変更いたします。• 2016年11月28日 ,更新いたしました• 2016年11月17日 ,,更新いたしました• 2016年11月02日 ,更新いたしました• 2016年10月28日 ,更新いたしました• 2016年09月01日 サイトリニューアルいたしました•

次の