大阪 郷土料理。 近畿地方の郷土料理レシピ一覧

【白みそ雑煮】大阪の伝統的料理の由来と材料は?

大阪 郷土料理

大阪府 一年の福を願い節分に丸かじりする関西の風習 恵方巻き 起源や発祥は明らかではなく、花街で生まれた遊びからという説もあるが、江戸時代の終わりに町人文化の中心地であった大阪市船場の商家で、商売繁盛・無病息災・家内円満を願い食べたのが始まりというのが通説となっている。 恵方巻きの特長はなんといってもその食べ方。 恵方は陰陽道により定められ、2013年は南微東(南南東)、2014年は東微北(東北東)、2015年は西微南(西南西)とその年によって異なる。 風習で食べられていた巻き寿司にはとくに決まりや規定はなかったが、近年では七福神にあやかり7種類の具を使った太巻きが主流になっている。 資料提供 :• 徳島県 お祭りに欠かせない五目ずし• 大分県 身近な乾物を使ったもてなし料理• 奈良県 まろやかな風味の酢めしと、脂のり際立つ鯖・鮭とのベストコンビ• 愛媛県 瀬戸内の魚をふんだんに使ったちらし寿司• 岡山県 名前の通り、ほっと一息ついてしまう昔ながらの家庭のおやつ• 岩手県 正月に欠かせないエゾアイナメの酢のもの• 鹿児島県 カニに似ていることから名付けられた野菜の揚げもの• 福岡県 定番のお惣菜は朝鮮生まれ?懐かしいお袋の味.

次の

【大阪】郷土料理・ご当地メニュー!特集(居酒屋)

大阪 郷土料理

候補料理• 大阪府の候補料理一覧 このページに掲載されている料理は「農山漁村の郷土料理百選」選定時、 候補となった料理です。 掲載情報は選定時(平成19年)に関係機関等から寄せられたもので、内容や画像についての個々のお問合せ対応は出来かねます。 農山漁村の郷土料理百選」 選定料理は下記URLをご覧ください。 「農山漁村の郷土料理百選」との企画提携、及び郷土料理百選の 選定料理(説明文、画像、レシピなど)に関しては、 ロケーションリサーチ株式会社(電話番号: 03-5244-9484)にお問い合わせください。 広告 001 うどんすき(うどんちり) 鍋で煮立てた汁に、鶏肉、魚介類、野菜、うどんを入れた寄せ鍋風の高級鍋料理です。 大阪の老舗料理店の美々卯(みみう)が昭和初期に考案したそうです。 002 大阪ずし 江戸前の握り寿司に対して、大阪には手間隙かけた大阪ずしというものがあり、大阪は瀬戸内海の新鮮な魚介類に恵まれ、春は鯛、夏はハモ、秋はサバとその種類も豊富です。 江戸前の握り寿司は魚介のネタが勝負ですが、大阪ずしは飯の味はもちろん、タネにも味付けして見た目の美しさを強調しています。 箱ずし、巻ずし、蒸しずし、散らしずし、バッテラ、雀ずし等、多種多様な大阪ずしがあります。 003 お好み焼き 水と卵で溶いた小麦粉に、小さく切ったキャベツ、肉、イカなどを入れ、鉄板で平たく両面を焼いたもの。 ソース、ケチャップ、マヨネーズなどをぬり、味付けします。 街のいたるところにお好み焼きの専門店があり味自慢を競っています。 004 小田巻(おだまき)蒸し 丼の底で渦を巻くうどんの様子が、紡いだ麻糸を玉のように巻いた苧環(おだまき)に似ていることから「おだまき蒸し」の名がついた、と言われています。 005 かやくご飯 かやくとは元々漢方の用語で主要薬に対する補助的な薬(加薬)の意味です。 料理では主材料に加える補助材料を加役といい、かやく飯は加役を入れた炊き込みご飯の事で、加役には、ゴボウ、ニンジン、ハス、こんにゃく、油揚げ等を入れます。 沢山入れるとご飯が増量され、お菜もいらず、またビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、汁を添えれば食事としても十分です。 元々は、精進料理だったので鶏肉は入れません。 006 きつねうどん きつねうどんは、明治時代、大阪の「松葉屋」から始まったものだといわれています。 名前の由来は、油揚げが狐の好きな食べ物だと思われていたことや、狐が商売繁盛の神様として縁起の良いものと考えられていたことなどの諸説があります。 007 くるみ餅 堺市ではお土産と言うと「くるみ餅」が定番です! くるみ餅と言っても胡桃が入っているわけではありません。 餡を餅でくるむところから、「くるみ餅」と呼ばれるようになったそうです。 008 魚すき 沖の魚を使用することから、沖すきともいいます。 元々、鍬、鋤を使って焼くすき焼きは大阪で発達した料理といわれ、鍋としては鋤、平貝が使われていました。 明治時代以降に牛肉のすき焼きが一般化し、魚すきは別の鍋料理として発達し、調味の仕方や食べ方が変化しました。 材料は瀬戸内海の新鮮な季節の魚介類と季節の野菜、豆腐、蔦きり、湯葉をいれて、薄味に調味して煮て食べます。 溶き卵を付けて食べるところは、牛のすき焼きと一緒です。 009 桜餅 関東では「道明寺」とも呼ばれている関西風の桜餅は、道明寺粉の独特のプチプチした歯ごたえが魅力のひとつです。 関東風の「長命寺」とは、またちがった桜餅を楽しめます。 010 たこ焼き 大阪にはその昔、ちょぼ焼きと言う食べ物がありました。 大阪ではたこ焼き器が1家に1台あり、昼食や夕食に作られます。 子供達には、タコの代わりにウインナーをいれたりもします。 011 てっさ 皿の絵柄が透けてみえるほど薄く切られたふぐの刺身です。 ポン酢醤油にもみじおろしなどを添えて食べます。 大阪ではフグの毒は当たれば命が危ないという意味で「てっぽう」と呼ばれており、てっぽうの刺身を省略して「てっさ」と呼ばれています。 012 箱寿司 大阪発祥の木型に、えび、魚の切り身などと、酢で味付けしたご飯を入れて押したあと、取り出して食べやすい大きさに切り、食べます。 大阪寿司とも呼ばれています。 天保12年創業の老舗吉野寿司の三代目がタイやエビ、アナゴなどの素材を用いた高級志向の寿司として考案したのが始まりと言われています。

次の

恵方巻き

大阪 郷土料理

大阪府 一年の福を願い節分に丸かじりする関西の風習 恵方巻き 起源や発祥は明らかではなく、花街で生まれた遊びからという説もあるが、江戸時代の終わりに町人文化の中心地であった大阪市船場の商家で、商売繁盛・無病息災・家内円満を願い食べたのが始まりというのが通説となっている。 恵方巻きの特長はなんといってもその食べ方。 恵方は陰陽道により定められ、2013年は南微東(南南東)、2014年は東微北(東北東)、2015年は西微南(西南西)とその年によって異なる。 風習で食べられていた巻き寿司にはとくに決まりや規定はなかったが、近年では七福神にあやかり7種類の具を使った太巻きが主流になっている。 資料提供 :• 徳島県 お祭りに欠かせない五目ずし• 大分県 身近な乾物を使ったもてなし料理• 奈良県 まろやかな風味の酢めしと、脂のり際立つ鯖・鮭とのベストコンビ• 愛媛県 瀬戸内の魚をふんだんに使ったちらし寿司• 岡山県 名前の通り、ほっと一息ついてしまう昔ながらの家庭のおやつ• 岩手県 正月に欠かせないエゾアイナメの酢のもの• 鹿児島県 カニに似ていることから名付けられた野菜の揚げもの• 福岡県 定番のお惣菜は朝鮮生まれ?懐かしいお袋の味.

次の