台風 温暖 化。 強力化する台風 列島上陸リスク増大|日本列島 どこで何が起きるのか|災害列島 命を守る情報サイト|NHK NEWS WEB

台風と地球温暖化〜危機の根本原因に目を向ける〜

台風 温暖 化

この数年は台風の季節になると、地球温暖化により影響を受けて巨大化・凶暴化した台風が数多く上陸するといった論調のマスコミ報道が目立つようになってきました。 確かに子供の頃の記憶と比べると、この10年ほどは巨大な台風がたくさん上陸して、日本の各地に大雨や洪水、土砂災害などの甚大な被害を与えている印象があります。 マスコミの地球温暖化報道もあり、これは二酸化炭素の増大で地球が温暖化してきた結果なのではと心配な気持ちになってきますね。 そこで、台風が地球温暖化によって影響を受けているのは本当なのかを調べてみました。 近頃の台風は巨大化しているのか?数が多くなっているのか?など、客観的なデータを見てみましょう。 ぜひ最後までお付き合いくださいね。 台風は地球温暖化の影響を受けている? 結論から書くと、 台風が地球温暖化の影響を受けているという説に根拠はありません。 日本で気象観測が始まったのは1871年で、およそ150年の歴史を持ちます。 その150年間 、台風の規模が巨大化しているとか数が増えているというデータはありません。 実際のところ、観測史上で最も巨大な台風が日本に上陸したのは1961年のこと。 地球温暖化説が広く流布したのが1990年頃ですので、そこから数えても30年近くも前の話です。 「でも経済活動が活発化してCO2濃度が上がり始めたのは1700年代末からだ。 200年かけて徐々に台風の勢力が強くなっている筈だ」という反論が出そうです。 しかし、観測機器を使って気象データを取り始めたのは1800年代初頭のことで、それ以前の客観的データは存在しません。 つまり「人間の活動で二酸化炭素がたくさん出て温暖化し、台風に影響を与えた」という証拠はないのです。 そもそもの話として、地球は本当に温暖化しているのかといった懐疑的な意見も多くあります。 さらにIPCC(気候変動に関する政府間パネル)という国際機関でも「温暖化」と言わずに「気候変動」という言葉を使っています。 では実際のところ、台風の規模は巨大化しているのか?していないのか?過去のデータと合わせて見ていきましょう。 地球温暖化で台風が巨大化している? 結論としては、 地球温暖化により台風が巨大化しているという事実はありません。 これを客観的に見るために、気象庁が公表している台風の規模に関するデータを見てみましょう。 まずは台風の規模に深く関係している中心気圧の歴代10位までです。 中心気圧は上陸時のものです。 順位 中心気圧 hPa 上陸年月 1 925 1961年9月 2 929 1959年9月 3 930 1993年9月 4 935 1951年10月 5 940 1991年9月 5 940 1971年8月 5 940 1965年9月 5 940 1964年9月 5 940 1955年9月 5 940 1954年8月 ご覧のように、中心気圧の歴代10位までを見ると殆どが1950年代、1960年代に上陸した台風です。 90年代に上陸したものは2個、2000年以降のものはランクインしていません。 もしも地球温暖化の影響で台風が巨大化しているのなら、温暖化の対策が始まった1990年代の台風がたくさんランクインしているはず。 でも実際にはこの様に、温暖化などという言葉はなかった時代にはとても強い勢力の台風が上陸していました。 では台風が日本に上陸した数を比較するとどうなるでしょうか?続いてご覧下さい。 地球温暖化で台風の数が増えている? データを見る限り、 1990年代や2000年代になって台風の数が増えているとは言えません。 これも台風の強さと同様に、気象庁のデータから数字を見てみましょう。 ご覧いただくのは台風が上陸した年の歴代10位です。 順位 西暦年 上陸数 1 2004年 10 2 2016年 6 2 1993年 6 2 1990年 6 5 2018年 5 5 1989年 5 5 1966年 5 5 1965年 5 5 1962年 5 5 1954年 5 このように、最多は2004年の10個と他の年と比べて突出しています。 続いて2016年、1993年、1990年が6個。 さらに5個の中にも2018年、1990年、1989年と近年のものが多くランクインしています。 しかし、このデータを見て「やはり近年になって台風の数は増えているんだ」と考えるのは早計です。 逆に、上陸した数が少なかった年のデータも見てみると驚くべき事が分かります。 順位 西暦年 上陸数 1 2008年 0 1 2000年 0 1 1986年 0 1 1984年 0 5 2009年 1 5 1995年 1 5 1987年 1 5 1980年 1 5 1977年 1 5 1973年 1 5 1957年 1 これを見れば一目瞭然でしょう。 上陸0個の年が4回あり、そのうちの2回は2000年代になってからのことです。 他に上陸1回の年は1970年代から2000年代までに分布しています。 こうしたデータを素直に見れば、「昔から台風が多い年も少ない年もあって、最近だけ多いわけじゃないんだ」という結論になるでしょう。 逆にこれらのデータを元に「近年になって台風が多い年と少ない年の両極端になり始めた!」と主張する人は、よほど頭が固いか素直じゃないかどちらかだろうと思いますが、どうでしょうかね? 関連して、本当に温暖化は進んでいるのか、二酸化炭素との関連はあるのか、などをこちらの記事で解説しています。

次の

温暖化の影響 Q2 台風やハリケーンによる被害の増加は温暖化の影響?

台風 温暖 化

上陸直前まで非常に強い勢力を維持した台風19号は東日本を中心に大きな被害をもたらしたが、地球温暖化が進めば19号を上回る強大な台風が年に複数日本に上陸する危険性が指摘されている。 このままのペースで温暖化が進むと、今世紀末には世界の平均気温が現在より3度ほど上がるとされている。 気象庁気象研究所の予測によると、平均気温が3度以上高くなると「スーパー台風」と呼ばれる最大風速59メートル以上の台風の発生数は地球全体で3割ほど減る。 その一方、海面水温の上昇などにより日本の南海上を猛烈な台風が通る頻度は増加するとみられ、日本列島への影響が懸念される。 日本ではまだスーパー台風の勢力を保って上陸した例はないが、坪木和久名古屋大教授(気象学)のシミュレーションによれば、20世紀末より約2度上昇すると、スーパー台風のまま本土に接近・上陸する台風が1年間に複数発生するようになるという。 氾濫する恐れのある水位を超えた河川数の推移 平均気温が1度上昇すると、大気に含まれる水蒸気量が7%増える。 温暖化が進むと、台風だけでなく前線などによる豪雨でも一度に降る雨の量が以前より増えることになる。 昨年の西日本豪雨も温暖化の影響で降雨量がかさ上げされ、多大な被害をもたらしたとの指摘がある。 国土交通省によると、国と都道府県が管理する河川のうち、氾濫する恐れのある水位を超えた河川数は、2014年は83河川だったが、16年は368河川、18年は10月末時点で475河川と年々増加している。 国交省の検討会は今年、現在より約1度上昇すると洪水の発生頻度が約2倍、3度以上上昇すると約4倍になるとのシミュレーションを公表している。 木本昌秀東京大教授(気象学)は「今後気象災害がより顕著にひどくなるのは間違いない。 堤防などのハード面には限界がある。 最終的に逃げるのは一人一人。 避難勧告が出てから準備しては遅く、普段から心づもりをしたり、近所の人とコミュニケーションを取ったりすることが大事だ」と話す。 【信田真由美、大場あい】.

次の

地球温暖化と台風災害

台風 温暖 化

今回の台風19号は、海面水温が比較的高い海域を進んだことにより勢力が急激に増す「急速強化」と呼ばれる現象が起き、一時「スーパー台風」と呼ばれる勢力となった。 専門家は「地球温暖化による海水温の上昇が続けば、同規模かそれ以上の勢力の台風が発生する確率は高まり、日本列島を襲う可能性がある」と指摘する。 気象庁などによると、台風19号は6日、本州から南東約1800キロの南鳥島近海で発生。 7日から8日にかけて、中心気圧が915ヘクトパスカルまで急降下し、24時間で急激に発達する「急速強化」が起きたと考えられる。 一時は、米国が最も強いクラスに分類する1分間の平均最大風速が秒速65メートル以上の「スーパー台風」と同規模の勢力となった。 台風は、海水面の温度が高いと水蒸気の供給を受けて発達する。 通常は北上して海水温が下がると勢力は衰えるが、今回は日本列島南岸に至るまでの水温が平年より1、2度高い27~28度だったため、勢力を維持したとみられる。 東大大気海洋研究所の新野宏名誉教授(海洋大気力学)は、「発生周辺海域の海水温が30度以上と高かったために急速に大型の猛烈な台風に発達した」と説明。 「台風が大型で比較的ゆっくりとしたスピードで北上したことも、記録的な大雨となった要因の一つ」と指摘する。 国立環境研究所地球環境研究センターの江守正多(せいた)・副センター長も「個々の台風の発生や進路は不規則で、傾向を見いだすのは難しい」とした上で、「一般的に海水温が1度上がれば、その分だけ台風の勢力は強くなる」と話す。

次の