東出 唐田えりか。 『凪のお暇』再放送で騒然…唐田えりかの“かわいすぎる大胆小悪魔女子”が超ハマり役

唐田えりか裏アカツイッターインスタ写真流出?東出の手紙の内容全文は?

東出 唐田えりか

唐田えりか 放送作家でコラムニストの山田美保子さん(62)が22日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。 番組では、俳優、東出昌大(32)が不倫騒動に謝罪した会見を特集し、東出の不倫相手だった女優、唐田えりか(22)の近況を明かした。 東出は17日にドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」のトークイベントで不倫騒動後初めて公の場に姿を見せた。 トークイベント終了後に行われた会見で東出は報道陣に対応し、妻の女優、杏(33)に対して「一生消えない傷を負わせてしまった」と謝罪した。 番組ではこのニュースを取り上げると、MCを務めるお笑いコンビ、爆笑問題の田中裕二(55)は「あの会見すごかったですね?」と現場に駆けつけた山田さんに感想を求めた。 山田さんは「囲み、すごかったですね」と同調し、リポーターの「8人中7人がベテラン独身女性。 相当怖かったです」と回顧。 続けて「東出さんなんですけど5月1日に公開される映画が待っていて。 ファンの方たちなんかはすごくそれを楽しみにしていて」と説明した。 一方、唐田に関しては「消息不明でして。 事務所の方も行方をつかめていない」と言うと、田中は「そう」と心配そうにつぶやいていた。

次の

【動画】唐田えりかと東出昌大の濃厚キスシーンがリアルすぎ・・(不倫)|Media Sunshine

東出 唐田えりか

唐田えりか(「」より) 黒木華が主演を務めた連続ドラマ『 凪のお暇』(TBS系)が「お家でイッキ見SP」として、再放送される。 2019年7月期に放送された同ドラマは、女性漫画雑誌「Eleganceイブ」(秋田書店)で連載中のコナリミサトの漫画を実写化した作品だ。 黒木が演じる28歳のOL・大島凪は、場の空気を読みすぎてしまう自身の性格を直すため、仕事も恋もリセットして新たな人生を歩もうとする。 凪の元恋人・我聞慎二を高橋一生が、引っ越し先のアパートの隣人・安良城ゴンを中村倫也が演じており、ほかに市川実日子、片平なぎさ、武田真治、吉田羊、三田佳子が名を連ねる豪華な共演陣も話題となった。 5月16日には第1~第3話が、17日には第4~第7話が、23日には第8~第10話が放送される上、カットされた未公開シーンもオンエアされるという。 再放送にあたって、主演の黒木は「また見て頂けるのが嬉しいです。 ご覧になった方も、見逃していたという方も、是非、お家で凪飯を作って食べながら見てください」とコメントを発表した。 視聴率は全話平均9. 9%とわずかに2ケタに届きませんでしたが、視聴者の満足度は高く、業界内でも好評でした。 特に、会社では営業成績トップで完璧なビジネスパーソンながら、凪に対しては未練タラタラで不器用にしか振る舞えないという難しい役柄を演じきった高橋の力量が、改めて注目を浴びることとなりました。 さらに、武田真治もスナックのママ役で出演しており、オネエ言葉で人生の本質を突くシーンの連発に『キャラが濃すぎる』『ハマりすぎ』と大きな反響が上がるなど、今の再ブレイクにつながったといえます」(芸能ライター) また、見逃せないのが、慎二の会社の後輩・市川円役で出演している 唐田えりかの存在だという。 慎二に「圧倒的に顔がかわいい」と言わしめる円は、「頭の回転が早く、美人で気が利いて、性格も良い」という非の打ちどころがない設定だ。 「唐田は、仕事もルックスも完璧すぎるがゆえに女性からは嫌われてしまう八方美人の役柄を演じており、当時はあまり知名度も高くなかったため、『かわいすぎる』『あの子は誰?』と話題になりました。 また、凪への気持ちを引きずっている慎二に積極的にアプローチし、時に大胆な行動で交際にこぎつける小悪魔的な展開で視聴者をざわつかせました。

次の

【画像】唐田えりか裏アカ(非公式SNS)内容が衝撃的!東出の直筆手紙画像も流出!

東出 唐田えりか

第4回 東出昌大 『週刊文春』が報じた、俳優・東出昌大(以下、でっくん)の不倫に衝撃を受けた人は多かったのではないでしょうか。 でっくんの妻は女優の杏で、3人のお子さんがいますが、彼の不倫が原因で現在、夫妻は別居中だそうです。 でっくん・杏夫妻といえば、『週刊文春デジタル』が2019年11月29日発表した 「好きな夫婦」ランキングでは第6位に輝いています。 『週刊文春』の記事によると、でっくんは子育てに関して 《面倒な世話はすべて杏さん任せで、ほとんど何もしてないのが本当のところ。 彼女が妊娠中も身重の妻を置いて、夜な夜な飲みに歩いていた。 料理や洗濯などの家事を手伝うどころか、帰宅すると同時に温かい料理が用意されていないと、ぷいと怒って外に飲みに出てしまう》と、イメージとは正反対のクズ夫ぶり。 これまでの不倫と質の違うヤバさ 不倫報道にはすっかり慣れた感がありますが、でっくんの不倫はこれまでに見聞きしたどの不倫とも質の異なるヤバさが漂っているように感じられてならないのです。 『週刊文春』によると、でっくんは映画『寝ても覚めても』で共演した女優・唐田えりかと3年もの間、不倫関係を続けているそうです。 杏との結婚生活は5年ですから、半分以上を不倫している計算になります。 長年連れ添った夫婦ならともかく、ほぼ新婚、それも妻の妊娠時から不倫を始めている。 身重の妻に双子の育児と家事を押しつけての不倫は、「ゲスの最高峰」と言えるでしょう。 唐田は映画のプロモーションで「10代最後の夏、大恋愛しました」と意味深な話をしたり、でっくんと頬をよせて撮った写真をプリントアウトして仲間に配ったりと、関係を匂わせるような行動をとっています。 お蔵入りかと報じられているテレビ東京のドラマでは「売れかけの女優が不倫をする」というストーリーを唐田が本人役で演じる予定だったそうです。 唐田とスタッフが打ち合わせをして作ったセリフの中には、でっくんの名前が入っていたといいます。 公共の電波にのせて不倫相手の名前を口にするとは、もはや匂わせを超えて、嫌がらせの域に達しているのではないでしょうか。

次の