あいみょん - マリーゴールド 歌詞。 あいみょん マリーゴールド 歌詞&動画視聴

あいみょん『マリーゴールド』歌詞の意味・解釈と考察

あいみょん - マリーゴールド 歌詞

楽曲名「マリーゴールド」とは 「マリーゴールド」とは キク科コウオウソウ属( マンジュギク属)のうち、草花として栽培される植物の総称。 という意味になっています。 この楽曲名が歌詞の内容と どう関与しているのでしょうか。 花言葉に着目してみましょう。 マリーゴールドの花言葉は? この 「マリーゴールド」には いい意味と 悪い意味を 兼ねそろえているという特徴があります。 いい意味の代表としては• 永遠の愛 悪い意味の代表としては• 悲しみ などが一般的に挙げられます。 これを見ただけでも 複雑な花言葉であることがわかりますね。 恋愛という 複数の気持ちが交差する男女関係を 「マリーゴールド」という 複数の意味がある花言葉で 表現したかったのでしょう。 歌詞にも密接に関わってきそうです。 フルMVが公開されました。 本楽曲についてあいみょんは ずっとこのままでいたいし、欲深く、素直に誰かを求めていたい。 1番近くにいる誰か、遠くにいる君。 届きそうで届かない気持ち。 残したい記憶、懐かしいと笑えたあの日の恋。 とコメントしています。 歌詞はどうなっているのでしょうか。 細かく解釈していきます。 歌詞 風の強さがちょっと 心を揺さぶりすぎて 真面目に見つめた 君が恋しい でんぐり返しの日々 可哀想なふりをして だらけてみたけど 希望の光は 目の前でずっと輝いている 幸せだ 麦わらの帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 「もう離れないで」と 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて 抱きしめて 離さない 本当の気持ち全部 吐き出せるほど強くはない でも不思議なくらいに 絶望は見えない 目の奥にずっと写るシルエット 大好きさ 柔らかな肌を寄せあい 少し冷たい空気を2人 かみしめて歩く今日という日に 何と名前をつけようかなんて話して ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 遥か遠い場所にいても 繋がっていたいなあ 2人の想いが 同じでありますように 麦わらの帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 「もう離れないで」と 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて離さない ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 離さない いつまでも いつまでも 離さない 歌詞の意味・解釈 1番 風の強さがちょっと 心を揺さぶりすぎて 真面目に見つめた 君が恋しい 前提として、本楽曲は 男性目線の歌詞になっています。 心が揺さぶられるとは 強く感銘を受け、印象に残る。 感動する。 ということ。 何気ない風に吹かれる「君」 この日常的な姿を見るだけで 心が感銘を受けるほど 君が恋しいのです。 主人公の君への気持ちが伝わります。 でんぐり返しの日々 可哀想なふりをして だらけてみたけど 希望の光は 目の前でずっと輝いている 幸せだ でんぐり返しとは ひっくり返すという意味です。 つまり、 でんぐり返しの日々とは 何をやっても逆に作用する 上手くいかない日々ということです。 そんな上手くいかない日々に 挫けそうになる主人公ですが 彼女の姿を見ると救われるのです。 それくらい、 彼女の存在が大きいのでしょう。 サビ1 麦わら帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる 上でも述べたように 「マリーゴールド」には複数の意味があります。 ここでは 君と マリーゴールドを重ねていますが いったい、どの意味なのでしょう? 掘り下げていきます。 あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 過去に過ぎ去った彼女との夏を 主人公が想起しているようですね。 今では笑える思い出になった 下で想起した内容が描かれています。 もう離れないでと 泣きそうな目で見つめる君を ここから主人公と彼女は 別れては、寄りを戻して といった行為を繰り返していたのでしょう。 しかし、これは上で言ったように 今では懐かしいと笑える思い出 つまり、そういった困難を乗り越えて 今は、 固い絆で結ばれているのでしょう。 雲のような優しさで そっとぎゅっと抱きしめて 抱きしめて離さない この部分から マリーゴールドの花言葉の 永遠の愛が連想されますね。 いい意味の花言葉が 今回のキーワードなのかもしれません。 しかし、あいみょんの 今までの楽曲を踏まえると 嫉妬、絶望、悲しみといった 内容が入ってくる可能性があります。 2番はどうなっているのでしょうか。

次の

Marigold

あいみょん - マリーゴールド 歌詞

深い意味はないが の大ヒット曲「」の歌詞を深読みしてみた。 「」 作詞 作曲 風の強さがちょっと 心を揺さぶりすぎて 真面目に見つめた君が恋しい でんぐり返しの日々 可哀想なふりをして だらけてみたけど 希望の光は 目の前でずっと輝いている幸せだ 麦わらの帽子の君が 揺れたに似てる あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 「もう離れないで」と 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて抱きしめて離さない 本当の気持ち全部 吐き出せるほど強くはない でも不思議なくらいに 絶望は見えない 目の奥にずっと写るシルエット 大好きさ 柔らかな肌を寄せあい 少し冷たい空気を二人 かみしめて歩く今日という日になんと 名前をつけようかなんて話して ああアイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ二人の影を残すから いつまでもいつまでもこのまま 遥か遠い場所にいても 繋がっていたいなあ 二人の想いが同じでありますように… 普通に考えると男女二人の恋話の歌詞だと想像されますが。 僕は深読みして、この歌詞は人と人ではなく 人と動物。 深読みして、とペットの犬の歌詞。 物語と考えました。 とペットの犬の死です。 ズバリ犬はトイプードルです笑 では深読みしていきます。 【風の強さがちょっと 心を揺さぶりすぎて 真面目に見つめた君が恋しい】 風の強さとは愛犬の病気の容態 心が揺さぶられて真面目に見つめる 君とは愛犬。 恋しい。 【でんぐり返しの日々 可哀想なふりをして だらけてみたけど 希望の光は 目の前でずっと輝いている幸せだ】 でんぐり返しの日々とは ひっくり返しの日々 ここはの日々 先に行かない上手く行かない日々だがまだ元気な愛犬を 見つめていると幸せと言う意味 【麦わらの帽子の君が 揺れたに似てる あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋】 麦わらの帽子の君は 揺れたに似てる 愛犬のトイプードル なんとなく麦わら帽子かぶってるように 見えるかも?にも似てる笑 のは 変わらぬ愛 絶望 ここからも歌詞の内容がと愛犬の死を想像されます。 【もう離れないでと 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて抱きしめて離さない】 ここの歌詞も人と犬の話しなら すごく自然です 人と犬だからこそ「雲のような優しさでそっとぎゅっと」「抱きしめて抱きしめて離さない」自然ですよね。 人と人ならなんやら恥ずかしい笑 【本当の気持ち全部 吐き出せるほど強くはない でも不思議なくらいに 絶望は見えない】 本当のことは言えない 死にむかう愛犬のことを思う気持ち しかし絶望は見えない 【目の奥にずっと写るシルエット 大好きさ 柔らかな肌を寄せあい少し冷たい空気を二人 かみしめて歩く今日という日になんと 名前をつけようかなんて話して】 愛犬の目の奥に写る自分のシルエット 柔らかな肌を寄せあい 生まれたての子犬を抱いて歩く 名前をなんてつけようか 愛犬に言葉を投げ掛けている 【ああアイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ二人の影を残すから いつまでもいつまでもこのまま】 ここの歌詞も人と犬だっくりきます 「アイラブユーの言葉じゃ足りないからとキスして」とか人と人ならなんかな~みたいな笑 愛犬と散歩した想い出 いつまでもいつまでもこのままでいたい 【遥か遠い場所にいても 繋がっていたいなあ 二人の想いが同じでありますように】 ここの歌詞で愛犬が天国に逝ったことが想像されます。 遥か遠い場所にいても繋がっていたいな。 二人の想いが同じでありますように…と。 このの歌詞を深読みするにあたって、ネットでの歌詞の意味とか検索しましたが、ほぼ人と人の恋愛話しでした。 それじゃ当たり前。 深読みじゃない笑 本人は聴く人によっていろんな捉え方が出来る歌詞。 とインタビューで言ってたみたいです。 僕はこれは多分人と犬の歌詞だと!確信しています笑。 どうですか?笑 歌詞の深読みは中々面白いので是非やってみてくださいね~暇ならw 歌詞 深読み sabu69.

次の

あいみょん『マリーゴールド』歌詞の意味・解釈と考察

あいみょん - マリーゴールド 歌詞

その心のざわつきが、君を思い出させたのでしょう。 君を思いながら風に揺られていたのではないでしょうか。 成功とは言えませんが、夢を終えているということは希望が少し見えているということかもしれません。 そういう状況が一番幸せなのではないでしょうか。 花言葉は「嫉妬」「絶望」「悲しみ」だそうです。 開花時期は6〜10月だそうです。 君が麦わら帽子をかぶっていると、マリーゴールドに似ていると言っています。 マリーゴールドは麦わら帽子によく似ています。 まだ君のことを懐かしいと思えていた時のことを思い出しているようです。 今は懐かしいのではなく、悲しみの方が強いのかもしれません。 これは過去のことなのでしょうか。 大きな雲のように君を抱きしめたようです。 とても素敵な表現です。 絶望はないと言っています。 でも本当の気持ちは吐き出せないと言っているので、思いを抱え込んでいる状態のようです。 まだ君のことが好きだけど、目の奥に映る君にしか言えません。 本人には想いを伝えることができないのです。 二人寄り添いながら歩いた日があったのです。 これは冬と春の間の日の話かもしれません。 雲がまだ二人の影を残すとは、雲が増えてきても、二人は輝いていたということかもしれません。 辛いことがあっても二人なら乗り越えられたのではないでしょうか。 そんな幸せがずっと続いて欲しかったのです。 いつものように会えていた二人は今、離れ離れになってしまったのです。 これは失恋ではないのかもしれません。 懐かしいと笑えたのは、まだ離れ離れになっていない時のことではないでしょうか。 今は悲しいことを強調しているように思います。 そんな君が心配でならないのではないでしょうか。 どんなに遠く離れても、その絆は切れないと言っている気がします。 タイトルの意味 タイトルの「マリーゴールド」の花言葉は絶望などのマイナスな意味です。 ですが、絶望などないと言っています。 君が麦わら帽子をかぶっていた時、マリーゴールドに似ていたのです。 マリーゴールドを良い意味で捉えているのではないでしょうか。 このタイトルは絶望という意味ですが、その逆の感情を伝えたいのかもしれません。 遠距離になってしまい、とても悲しい状況ではありますが、二人の愛はそんなに簡単に崩れないのです。 絶望を跳ね返す、美しいマリーゴールドなのかもしれません。 PR MV考察 君がいないことで、様々な感情が交差しているのです。 不安、希望、絶望、寂しさなど。 君がいなくて寂しいけれど、強く生きなければならないのです。 きっと君も同じように辛いのかもしれません。 それなら尚更強く元気にいたいのです。 雨の中オレンジ色のスケボーで駆け抜けるあいみょんさんの姿があります。 雨が降っているのに笑っています。 辛いことがあっても笑うのです。 君が心の中にいるからかもしれません。 あいみょんさんが駆け抜けているのは中国のように思います。 もしかすると遠くへ行ってしまったのは、主人公の方なのかもしれません。 きっと君の愛がとても強く残っているから、離れ離れでも寂しくないのです。

次の