ハイキュー 西谷 その後。 西谷 夕

ハイキュー 386話 ネタバレ 感想 西谷夕 驚きの卒業後進路

ハイキュー 西谷 その後

田中はバレー部に入って間もない頃、初対面の清水に一目惚れし、その場でプロポーズまでしてしまいます。 清水が部活に来れば、声をかけるために荷物を持とうとしたり、他校の生徒が清水に話しかけようとすれば、にらみを利かせて阻止したりと、清水がらみのこととなると必ず田中が登場していました。 【ハイキュー】田中のことをうざがっていた清水 一方、清水は、田中から何を言われてもクールに対応し、まったく関心を示していませんでした。 田中が「潔子さん今日も美しいっス」と絡めば、無視して通り過ぎる清水。 それでもめげない田中は「無視興奮するっス」と無視すら喜ぶという、やりとりが行われていました。 同級生の縁下にも 田中の清水好きは「もはやネタに見える」とまで言われ、田中本人も清水とのやり取りを思い出して、『脈なし』だと思ってしまう一幕もありました。 【ハイキュー】田中と清水はいつから付き合っていたのか? あくまで推測ですが、 春高が終わるまでは、部員とマネージャーという関係だったと思われます。 その後清水を含めた3年生は高校を卒業しますが、清水が卒業するタイミングで告白していたら、青春っぽい流れだなと思います。 ただ、翌年は田中が3年になるので部活に打ち込みそうな感もあり、恋愛をしている余裕はないかもしれません。 そうなると清水が卒業するタイミングで告白はしたものの、1年待って田中が卒業してから、付き合ったのかもしれません。 【ハイキュー】清水はどうして田中を好きになったのか? 田中のアピールを断るか無視しかしなかった清水が田中の気持ちに答えたのではと思わせるシーンがあります。 それは春高の帰り道、いつものように田中が清水に「荷物持ちます!」と声をかけるシーンです。 清水は、いつも田中に荷物を持つと言われても「いい」とすっぱり断っていたのですが、この瞬間だけは少し悩んで、「じゃあお願いしようかな」と手伝ってもらうことを了承します。 春高の試合の中で、田中がプレッシャーに押しつぶされそうになっても、まっすぐに立ち向かっていく姿をみて、今までの発言や行動も冗談ではなく、まっすぐな好意だと気付いたのではないでしょうか。 【ハイキュー】田中と清水の結婚式はどうだったのだろうか? 日向と影山の試合会場に現れた二人に、 周囲から「まだ慣れない」と言われているシーンがあります。 このことから、結婚したのはすごく最近の話なのかもしれません。 残念ながら二人が結婚式をしたいという描写は今のところありません。 ただ、仮に二人が結婚式を済ませていたら、清水のウエディングドレス姿は招待客全員を魅了するほど美しかったと思います。 田中に関しては憧れの人と結婚できたのですから、今日が人生最高の日だと幸せを噛みしめていたのではないでしょうか。 【ハイキュー】清水を好きだった西谷はどう思っているのだろうか? 田中と二人で清水に猛アピールをしていた西谷ですが、彼の【清水好き】は、熱心なアイドルのファンのようなものだったのかもしれません。 そもそも西谷が烏野高校を選んだ理由の1つとして、【女子の制服がすごく好みだった】ということを言っています。 さらに入学してからの女子のレベルも期待を裏切らなかったと言っていました。 そういった点から、清水のことは恋愛感情というより、『美人マネージャー』という言葉の響きも含めて、熱烈なファンだったのではないでしょうか。 ただ、『清水潔子ファンクラブ』の仲間だと思っていた田中が清水と結婚したという事実には、驚いたのではと思います。 【ハイキュー】田中と清水の結婚後は子供を設けるのだろうか? 結婚後登場した二人は、田中が22歳で、清水が23歳というとても若い夫婦です。 そうなると、まだ仕事も頑張りたいところでしょうし、将来のために貯蓄をしたり、色々と準備をしているところなのではないかと思います。 年齢も若いので二人の子供はできたとしても、まだ少し先になりそうな予感がします。 ただ、もし二人の子供が女の子だったら清水似の美人で、男の子だったら田中似のとても元気な子になるのではと思います。 まとめ 当初、烏野高校バレー部は一時は落ちた強豪と言われていました。 それでももう一度全国へ行くという一つの目標に向かって邁進し、挑戦することを決してやめなかった結果、チームとして著しい成長を遂げました。 もしかすると、田中の清水への思いも、諦めず、何度も挑んだ『一途でまっすぐな想い』が通じた結果なのかもしれません。 田中と清水がゴールインしていると言うまさかの衝撃展開ではありましたが、 バレーにしても恋愛にしても気持ちが大切だったということだったのかもしれません。 二人が結婚した経緯などは詳しく描かれていませんが、今後スピンオフや作中で二人の馴れ初めなどについて触れられる機会があることを期待します。

次の

【ハイキュー】その後の進路・職業まとめ!みんなの成長を観察!

ハイキュー 西谷 その後

ハイキューのアニメ TO THE TOPの2クール目が7月に控えていましたが、なんと放送延期となり、1クールの再放送が行われることになりました。 詳細は以下に掲載しましたのでぜひご確認ください。 また、2020年7月6日 月 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定のハイキュー本誌400話のネタバレ最新確定速報もお届けします。 ハイキューのでは、影山がスーパープレイを連発して、ブラックジャッカルとの差を埋めました。 影山はロングプッシュでブラックジャッカルを出し抜い後、サービスエース、ネットを越えたボールを追ってトスするなど、バレーの化身のような執念を見せつけます。 そして再びサーブの位置に入り、日向の目が影山がサーブしたボールを捉えます。 流れを取り戻したアドラーズがこのまま逆転となるのでしょうか。 日向は影山のサーブを取ることができるのか、倒すヒントはどこにあるのか考察しました。 今回は「【ハイキューネタバレ400話最新話速報】影山を倒すヒントは及川が持っていた?」と題し紹介していきます。 これまでのハイキューの話を読み返したいと思われる場合は、ハイキュー単行本を電子書籍でお得に読みましょう。 電子書籍でしたら 売り切れも気にせず、外に出ることなく すぐにハイキュー無料で読むことができます。 今すぐハイキューを読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 ハイキューネタバレ400話考察 見つけてしまった〜〜〜ADvsBJで飛雄がサーブする前に言ってたやつ2話で似たようなこと言ってたの見つけてしまった〜〜〜〜繋がっている〜〜〜!!!!! — すぬとら sunutorapon ハイキューの前話では影山がスーパープレイを連発して同点となりました。 今後の考えられるハイキューの展開を紹介していきたいと思います。 ハイキューネタバレ400話考察 影山のサーブを取れる? マジでそれな。 ランキング1位の影山のサーブ、日向は取れるのでしょうか。 影山のサーブはここまで失敗もありました。 狙いすぎたり力み過ぎたりした可能性もありますが、実は宮のように新しいサーブを会得していて、それを試そうとしていたのかもしれません。 日向は影山のサーブを捕捉している描写はありましたが、新しいサーブだとすると反応しきれないという展開もあるのではないでしょうか。 獲っても獲らなくても、田中の姉はアガってくれそうですね。 ハイキューネタバレ400話考察 影山を倒す方法 第四セットも終盤となり、日向と影山が火花を散らしています。 お互いのことはよく知っているし、チームメイトでなくなって数年たちますが、もう第四セットなのである程度の手の内は晒しています。 少なくとも影山は直近でも読み合いを読むということをやっているので、日向の行動もある程度予測できるでしょう。 しかし日向にも読まれているかもと考えることで、多少動きづらくなるかもしれません。 宮との打ち合わせ 日向と影山の勝負は役割的に、日向アタックで影山がブロックとなるでしょう。 となると宮との連携が重要なわけですが、直前に三回目のタイムアウトを取っています。 ここで宮と日向が影山を出し抜くための作戦の打ち合わせをしていた、という展開はありそうです。 影山の読みがすごいということは嫌というほどわかっているので、読まれることを前提として動いた方がよいでしょう。 例えばブロックと時間差になるようトスを調整するというベーシックなものや、今までにない超スピードによる速攻、実は温存していた超ハイジャンプなど必殺技的なものを披露したりしそうです。 期待しちゃう。 — solanine🌱 mataaeruyoQ3 影山を超えるためにどうしたらいいのか、日向はブラジル修行中も考えていたことでしょう。 そんな中、影山のセッターの師匠である大魔王こと及川とビーチバレーで組む機会がありました。 この試合のことは373話と374話で描かれ、日向は次を最大限考えている及川に学ぶところが多かったようです。 その後及川のことも、その試合でのことも描かれていません。 このビーチバレーで打倒影山のヒントを得ていて、その回想とともに勝負に入ると予想します。 その時にはぜひ現在の及川の姿も見せて欲しいですね。 何とこのショーセツバン、卒業後の各校の様子が描かれているとそうです。 本編でも試合の合間や回想シーンなどで、少しずつ明らかになっている登場人物たちの進路ですが、何しろ登場人物が多いので紹介しきれなさそうです。 烏野OBやBJやADメンバーの高校時代チームメイトだった人たちの進路は比較的明らかになっています。 しかし黒尾や夜久といった音駒高校メンバーの進路は少ないです。 本編で紹介されたでは、及川のアルゼンチンリーグ入団や宮治のおにぎり屋開業、西谷の世界放浪などに驚かされました。 まだまだ驚かせてくれそうですね! 感想・予想ネタバレツイートは? 烏野が最も不遇だった時代の現状を目の当たりにした際も、一年の控えに回された可哀想な三年だと哀れまれても、最後の春が終わった瞬間にさえも涙を見せなかった菅原。 誰よりも辛酸を舐めてきた彼の表情が崩れる場面が、後輩の成長を目にした随所での嬉し涙だって所が胸に響く。 — 🌙. 影山が吹っ飛ばされたボールをネットをくぐって追いかけたシーン なんか既視感あるなーって思って調べたら260話稲荷崎戦のとこでも同じ感じのシーンがあったわ〜 影山のスパイクモーションに筆ペン?でオーラみたいなのが表現されてるの好きぃい! — Sea Seamanga25 ああああああーーーーーーいつだってどこからあげる時も真摯にトスする影山にウルウルしてる菅さんにこっちもグッときちゃうよね。 一生終わらないでほしい、この試合。 今週も最高のジャンプをありがとう — ヨシオカ kotatsudegoron5 ハイキューさ、手の描写が印象的なシーン多いよね。 つっきのガッツポーズとかじじい達の握手とかこの間の武ちゃんのとか今回の一与さんととびおも。 他にもたぶん沢山あるよねきっと。 手だけで泣かせてくる。 — まつこ matsuko209 まずヤバいなって思ったのは冒頭で、あれっ前回こんな終わりだったっけ?と思って見に行ったら、やっぱりアオリで「0歩目の助走」つって日向がレシーブからスパイクに行くフリ出してるのに、トマスが打ってて日向の小さい「ゲーン」でその一連の流れが略され、違和感がない所。 4~6の発売も延期させて頂くこととなりました。 発売日は決定次第改めて公式HP等でご案内致します。 何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。 — アニメ「ハイキュー!! コロナの影響を受け、放送開始日が延期となりました。 いつ放送となるかは未定ですが、またお知らせがあり次第続報をお届けいたします。 再放送日の日程は次の通りです。 詳しくはハイキュー公式ツイートもご確認ください。 「ハイキュー!! 【MBS】 7月3日より毎週金曜 26:25~ 【TBS】 7月3日より毎週金曜 26:25~ 【BS-TBS】 7月3日より毎週金曜 27:00~ — アニメ「ハイキュー!! 日向は絶好調のままですが、影山もまた調子を上げ続け、ロングプッシュしてサーブ権を奪い返すと、サービスエースを決めました。 そして執念のバックトスのあと、サーブ位置に入り、日向を挑発しました。 日向の目は影山のサーブを捉えていましたが、取れるかどうかは微妙なところだと考え、日向アタックで影山がブロックに入るという展開があると予想しました。 さらに影山への対抗策として、日向は及川とのビーチバレーからヒントを見出すと考えました。 次は誰のスーパープレイが見られるのでしょうか。 ハイキューの次話も楽しみですね! 日亜キュー400話の内容がわかり次第確定速報としてネタバレを追記していきますので、ご確認ください。 以上「ハイキューネタバレ400話速報!影山を倒すヒントは及川が持っていた?」と題しお届けしました。

次の

ハイキュー!!ネタバレ最新387話確定【旭は西谷とイタリアで再会?】

ハイキュー 西谷 その後

ハイキュー最終回のネタバレ予想と、ラスト結末のその後はどうなるのか?について見ていきましょう。 バレーボールがテーマとなっており、毎回熱い戦いが描かれていますね。 特に、宿命のライバルである音駒高校との『ゴミ捨て場の決戦』については、もう最終回か!?と思うほどの試合展開で、読んでいても燃えるものがありました! ハイキューの最終回がどうなるのか?と気になっている方も多いと思いますが、今回は、最終回をネタバレ考察で予想していきたいと思います! また、ハイキュー最終回後の続編やその後はどうなっていくのか?ということも紹介していくので、漫画を読んでいる方はぜひご覧ください。 1997年スタートの『ONE PIECE』• 2004年スタートの『銀魂』• 2012年スタートの『ハイキュー!! 』 と、4番目の長寿連載です。 ファンの反応でも、「嘘だろ!? ハイキューなんてまだまだ若手だったはずが……」「時代を感じる」「ここまでの世代交代が訪れるとは感慨深い」と声が出ています。 まだ回収されていない伏線もあるだけに、どんなラスト・結末を迎えるのか?は気になって仕方がありませんね! ではまだ見ぬラスト・結末を考察予想でご紹介していきます。 その舞台となるのが、全国大会。 全国大会で優勝を果たして、全国制覇した所で完結・・・となるのが、王道であり最も想像しやすいラストと言えるでしょう。 一番キレイな終わり方であるという見方がある一方で、ファンの間からは「それじゃつまらない」という声も上がっています。 確かに長年読んできた読者の最終回の感想が「やっぱりそうなると思った」ではちょっと納得がいかないですよね。 もし最終回で全国大会優勝が描かれるとしても、そこまでには波乱や問題やトラブルが発生して努力する姿というのが描かれる事は間違いありませんね。 「勝利が全てではない」の意見も? 少年雑誌の連載という事もあり、優勝で完結をすればハッピーエンドで後味も良い作品になりますよね。 しかし、「勝利が全て」という印象を、読者に与えてしまうのではないかとの意見が、ファンの間で根強く残っているのは事実です。 確かに、挫折や壁とぶつかって尚努力し続ける姿に感銘を受ける人も多いですよね。 またその部分にハイキューの魅力を感じている人も多いという事なのでしょう。 となれば、全国大会の優勝のシーンは見られない…という事になるのかもしれません。 主人公が高校を卒業し、大学に進学する形で新しいステージに突入し終わりを迎えます。 「3年後…」などのシーン展開があり、大学生活でバレーに打ち込み実力をつけたキャラクター達が描かれていれば、これは別の形のハッピーエンドと言えそうですね。 一方こちらの予想は、ハイキューは最終回を迎えず、高校編が終了した後に「大学編」がスタートするという考察です。 もうすぐ最終回!?とファンの間では噂になっているわけですが、その予想をはるかに超えて、まだまだ連載が続くというわけですね。 そうなればファンとしては嬉しい限りですが、高校編で描かれている仲間たちと一緒に努力する姿が好きだった読者としては微妙だと感じる部分でしょう。 みんなが同じ大学へ進学してまた同じチームでプレイできれば不満も出てこないかもしれませんが、それでは現実味が全くありませんよね。 プロ入り決定で完結? 大学編が描かれるのであれば、次に気になるのがプロ入りのエピソードですよね。 大学で努力が報われ飛躍すれば、プロの目に留まる可能性は高いですし、自然な流れ的にプロ入りについて描かれない方が逆に不自然とも言えます。 日向たちが3年生になった姿を見たいという声も少なからずありますが、それ以上に多いのが「今のチームを応援している」という声です。 そのため、日向が3年生になって新メンバー(後輩)を取りまとめる姿は描かれない可能性もあるでしょう。 となれば、3年生が引退する時点で試合が描かれる事はなくなります。 最終回は3年生の先輩に対してバレーを頑張る事を改めて表明して、完結…となるのかもしれません。 「俺たちの戦いはこれからだ!」と意思表明? 春高で優勝して3年生が引退して完結、となればとてもキレイなラストを飾る事が出来ますが、上記した通り、春高で敗れる可能性も考えられますよね。 しかし、その後の3年生がいないストーリーが描かれないのであれば、インターハイに向けて日向が「俺たちの戦いはこれからだ!」と決意表明をして完結する、という予想もできます。 その舞台として有力候補となっているのがインターハイ。 宮侑、宮治の過去が稲荷崎戦で描かれなかったことや、宮侑がIHでと言った伏線もあるので、そこまで描いて欲しいと願う読者も少なからずいます。 3年生がいないハイキューは寂しい気もしますが、できるだけハイキューを続けてほしいという人も多いはずですし、見続けていたいファンにとってはインターハイでの姿まで描かれると嬉しいですよね。 アクの強い1年生のキャラクターが登場するなど、また違った楽しみも増えるかもしれません。 スポーツ漫画ですが、この「小さな巨人」については、名前など詳細な情報がほとんど不明である意味謎の多いキャラクター。 ラスボスとも受け取れそうな雰囲気をしていますが、このキャラクターが何等かのカギを握っている可能性は十分に考えられるでしょう。 読者の予想としては、この小さな巨人が誰なのか明らかになったタイミングで最終回を迎えるというもの。 名前や所属チームなどが明らかになったタイミングで、小さな巨人が物語に登場し彼の全容が明らかになったところで終わります。 日向は目を見開いて驚きに満ちた顔をしているアップが、最終回の最後のコマに描かれて完結する、というスポーツ漫画としては珍しく華々しさとは違ったラストを迎える可能性もあるでしょう。 「小さな巨人」と直接対決? 日向の憧れでもある「小さな巨人」と直接戦う試合が、最終回の舞台となるという見方も強まっています。 小さな巨人がどこのチームに所属しているのか、詳しい情報は何も明らかにはなっていませんが、物語が終盤に差し掛かるうちに発覚します。 どのようなタイミングでどんな試合が行われているのか?についての予想は様々な意見が上がっていますが、日向が今よりもパワーアップしている事は間違いありません。 もしも日向が大人になってプロになっているのであれば、その間をずっと書き続けられてはいわゆる「中だるみ」の状態となる事も危惧されています。 人気がずっと続くのであれば1年ごとに主人公の年齢を重ねていく手法を取るかもしれません。 最終回が気になる!という方もいる一方で、最終回が来てほしくないという声も多く挙がっているのがこの作品の特徴でもあります。 それだけ熱狂的なファンが多いのであれば、続編を連載しようという動きがあってもおかしくないと思いますが、ハイキューに続編の可能性はあるのでしょうか? 続編がスタートする場合、どんなストーリーが展開されていくのか?についても予想してみました! ハイキューの続編が描かれる可能性はある? ハイキューはこれまでに長期間連載が続いていますが、これから先も需要があれば続いていく可能性は十分に考えられます。 なんたって登場人物たちは高校生ですし、バレーボールに打ち込むスポーツマンとしては未来がありますよね。 この先も数々の試合をこなし、高校を卒業した後のバレーボール人生も見たい所。 そのため、ファンが多く応援してくれる人がたくさんいるのであれば、続編が描かれる事も不可能ではないと考えます。 ただ、現在ハイキューを応援している人も「中だるみになるくらいならスパッと完結してほしい」という人も多いですよね。 そんなファンの声が制作サイドにどれほど届いているのか?はわかりませんが、もしも認知していたらファンの事を考えて読者の想像にゆだねるという選択をする可能性もあるでしょう。 作者・古舘春一の年齢的にも続編はアリ!? ハイキューの連載だけを見ても、少なくても7年間は続けてきた古舘春一先生。 続編をイチからスタートさせるとなると、今何歳なの!?という所も気になりますが、2019年に36歳を迎えた若い漫画家さんですので、年齢的な問題は無さそうです。 実際に、相棒でありライバルである影山飛雄が全日本ユース強化合宿に選ばれていますし、日向は自分が選ばれなかったことにかなりショックを受けていますから、そこでプロの道を確実に意識したでしょうね。 となれば、大学もバレーボールの強豪校を選んで進学したり、新たなライバルと一緒に努力を続ける姿が描かれる可能性があります。 大学編は描かれる? 日向が大学へ進学した後の姿も描かれる可能性は十分に考えられます。 高校生の時よりも身体も強くなった大学生のバレーボールは、これまで以上の迫力のある試合が見られそうですよね。 しかし、日向が強くなるにあたって影山の存在はとてつもなく大きいものだと思いますが、進学先の大学が同じだとは限りませんよね。 同じ大学に進学してくれたら問題はありませんが、もしも別々だった時に、影山以上のライバルは日向にはいないはずですので、どうやって接点を持たせていくのか…?という所も気になります。 そこで日本選抜やプロという世界が大きく関わってきそうな気がしますね。 オリンピックが描かれる? 日向が日本代表に選出され、オリンピックに行く姿が描かれるとしたら、2020年には東京オリンピックを控えていますし、日本人なら盛り上がる事間違いありませんよね。 もしかすると、最初は影山だけが選ばれて日向は悔しい思いをして、そこからさらに努力を続けてトップ選手になるという未来もあるかもしれません! テレビに映し出される日向の姿…これはファンなら絶対に見たい1コマですね! スポンサーリンク 『ハイキュー 最終回 ネタバレ』まとめ 成長が目に見えてわかる!TVアニメ『ハイキュー!! 』新シリーズより日向&影山の設定画が公開! — にじめん編集部 nijimen 今回は、ハイキューのラスト・結末のネタバレ予想や、最終回のその後、続編についてもたっぷりとご覧いただきました。 やはり、高校バレーの最高峰である春高バレーで最終回というのが、一番きれいに完結できるのでは?と思いますね。 王道ではありますが、どうせなら勝って気持ち良く完結してほしいという気持ちになります。 まだまだハイキューが続いていくとしたら、3年生が引退した後に入学する1年生と新たな烏野高校編がスタート、大学編、プロ入りと様々なシーンが描かれる可能性がありますね。

次の