マイナポイント エラーmkcz405e。 マイナポイントについて/三郷市公式サイト

マイナポイントのアプリ エラー[MKCZ355E],エラー[MKCZ405E]への対処方法|一碧@デザインを歩く|note

マイナポイント エラーmkcz405e

マイナポイントで発生しているエラー一覧 7月1日からサービスが開始されたマイナポイントは、自分のマイナンバーカードと利用しているクレジットカード等の決済サービス・電子マネーがあれば誰でも活用できます。 お得にポイントを手に入れるチャンスで現在では予約を行う段階ですが、 予約時等でエラーが発生しています。 マイナンバーカードが読み取れない マイナポイントに予約登録するためには、 「自分が持っているマイナンバーカード」の情報が必須です。 iPhone等でスキャンすれば簡単に情報を読み取ることができる仕様ですが、 マイナンバーカードをかざしても反応しない・エラーが出るエラーが発生しています。 マイナンバーカードの読み取り画面に戻された際、 エラーコード「MKCZ405E」が表示されます。 エラーが出る原因として考えるるものは「本当に読み込めなかった」か「カードのかざし方が間違っているか」のどちらかです。 一部の決済サービス・電子マネー登録時にエラーが起こる 一部の決済サービス・電子マネーを登録する際に上記の「MKCZ374E」エラーが出ることがあります。 決済サービスID・セキュリティコードが確認できないというエラーですが、 何度正しい番号を入力してもこの画面が表示されるので、エラーもしくはマイナカード申し込み対応開始時間でない可能性が高いです。 2020年7月1日午前11時現在では、下記の決済サービス・電子マネーでMKCZ374E1エラーが確認されています。 nanacoカード• PASMOカード• メルペイ• LINE Pay• dアカウント• PayPay など マイナポイント予約時のエラー マイナポイントに予約する際(もしくはマイナンバーカード読み取り時)に下記のエラーコードが表示されることがあります。 エラーコード エラー内容 MKCZ302E マイナンバーカードが既に使われています MKCZ346E マイナンバーカードが読み取れません MKCZ355E 利用者クライアントソフトのライブラリ読み込みに失敗 このうち「MKCZ302E」と「MKCZ346E」はマイナンバーカード読み取りの際に出るエラーで、302Eの方は読み取りはできているけれど使われている旨が記載されるエラーです。 もちろん、過去にマイナポイントに登録していなくてもなぜか上記エラーが表示されるので、エラー・不具合であることがわかります。 346Eエラーはマイナンバーカードの読み取りが成功しても出てくるエラーですが、表示はマイナンバーカードが読み込めない旨が記載されています。 公式サイトも重い 2020年7月1日現在では マイナポイントの公式サイトも重たくなっています。 お問い合わせを開けたとしても画面がリロードを繰り返して、しばらく時間が経てばようやくページが開かれることになります。 これも 「公式サイトにアクセスが集中したこと」が原因だと考えて構いません。 また、上記画像はPCでマイナポイントのサイトを開いた場合のトップ画面の一部ですが、文字が小さく表示されています。 元々スマホ画面で開かれることを想定して作られたサイトであることが原因ですが、PCから公式サイトを開くとさらに重たくなっている原因にもなっている可能性があります。 エラーが出る原因 様々な可能性を考えて対処するため、まずは原因を把握しておきましょう。 アプリでエラーが発生している• アクセスエラー• 運営が告知を出した内容のエラー• アプリが重たい・再起動する等 万が一自分の端末が原因で上記エラーが起こっている可能性もあるので、スマホやアプリの再起動を試したのち、運営からの告知を調べる等の対処法を取るのがいいでしょう。 「暗証番号入力時」にマイナンバーカードをかざしていない 上記のMKCZ405Eエラーが出る場合は、なんらかの原因でマイナンバーカードが読み取れなかった場合で、マイナンバーカード読み取り方法が間違っている可能性がある場合に出るエラーです。 iPhone版の手順について iPhone版のマイナンバーカード読み取り機能は、マイナンバーカードを常にかざしておく必要はありません。 上記の「読み取り開始」を押した後すぐに読み取りが開始されるわけではなく、 スマホ端末の4ケタの暗証番号を入力してスキャン開始画面が出てから読み取りが開始されます。 最初にマイナンバーカードをAndroid端末の下にかざす• 「読み取り開始」を押す• 暗証番号を入力する Android版は「マイナンバーカードをかざしながら暗証番号・パスワードを入力する」のが正しい手順で、何度もマイナンバーカード読み取りエラーが出たとしても1回でもこの手順通りに試せばエラーは出てきませんでした。 iPhone版が暗証番号を押してスキャンが開始されるのに対して、 Android版は最初からスキャンが必要で、暗証番号入力・読み取り開始ボタンを押す際も常にマイナンバーカードをかざしておく必要があるのが原因です。 暗証番号入力・スキャン準備の項目が出る前にエラーが出る場合 iPhone版・Android版それぞれの手順が間違っていたせいでエラーが起こる場合は、一番最後のスキャン準備ができた旨の記載の後にしばらく待ってからエラーが出ます。 このエラーはマイナンバーカードのかざし方を間違えたから出たエラーではなく 「マイナンバーカードとスマホ本体の位置が読み取り完了までにずれてしまった」ことが原因で発生しているエラーです。 特にAndroid版だとカードと本体がズレたせいでマイナンバーカード読み取りエラーが発生しやすく、iPhone版と比べて読み取り開始を押した直後からカードをかざし続けないといけない仕様のせいです。 各種入力情報に誤りがある 登録時はマイナンバーカードさえ読み取ってもらえれば、個人情報を自分で入力する必要はありません。 ただし、 各種決済サービス・電子マネーの登録番号やパスワードの入力は必要で、このいずれかの情報が一致しなかった場合、エラーが出て先に進まないことがあります。 この場合は自分が入力ミスを起こしていることになるのでエラーではありませんが、何度正しい情報を入力してもエラーが出る場合は、アプリそのものに問題がある可能性が高いです。 対応している時間帯でない 主にMKCZ374Eエラーが出た場合の原因ですが、 マイナポイントに対応している決済サービス・電子マネーでも、対応開始時間になっていないせいで登録時にエラーが出てしまう可能性はあります。 7月1日になればマイナポイントそのもののサービスは開始されますが、各決済サービス・電子マネーが「マイナポイントと紐づけする準備」が出来ていないのが原因です。 マイナポイントエラーの対処法 あらかじめ自分のマイナポイントにどのようなエラーが発生したのか抑えた上で、手順通りに対処を行ってください。 マイナポイントのお知らせ等をチェックする 総務省の公式アカウントです。 総務省は行政運営の改善、統計、地方行財政、選挙、消防防災、情報通信、郵政行政などを所管しております。 それぞれの施策について、わかりやすくみなさまに情報を発信いたします。 — マイナポイント事業 mynumberpoint マイナポイント公式Twitter(アカウントはです)や公式サイトを見て、エラーの情報等を調べるようにしてください。 暗証番号入力時にマイナンバーカードをかざすようにする iPhone版もAndroid版も共通で「読み取り開始を押してからカードをずっとかざすようにしておく」と、「MKCZ405E」のエラーは出にくくなります(出た場合はカードと本体がズレた場合です)。 Android版は元々読み取り開始を押して暗証番号入力・スキャン開始の全ての流れでマイナンバーカードをかざす必要があるので読み取り開始を押してからカードをずっとかざすようにするのは必須です。 それに対してiPhone版はスキャンが開始されてからマイナンバーカードをかざせばいいのですが、最初から最後までかざしていたとしても「スキャンが開始されてカードを読み取る」という条件を満たすことは可能です。 読み込み中に本体とカードをズラさない iPhoneの場合だとスキャンが開始された表示が出た直後、Androidの場合は読み込み開始を押すと同じタイミング以降、マイナンバーカードと本体がズレた場合、MKCZ405Eは出てしまいます。 操作中はなるべくスマホを動かさないようにして、当然、マイナンバーカードも動かさないようにすれば、ズレが原因でエラーが出ることはなくなります。 マイナンバーカードの利用者証明用電子証明書を発行する マイナンバーカードをかざした上で暗証番号を入力してもマイナンバーカード読み取りエラーが出てしまう場合は、 マイナポイントのエラーポップアップ通り「利用者証明用電子証明書」が発行されていない可能性があります。 利用者証明用電子証明書とは、 コンビニやその他企業等でなんらかの交付をする際に本人だと証明するための証明書のことで、オンラインで決済する場合にも必要です。 マイナンバーカードには「署名用電子証明書」というマイナンバーカードの内容が正しいかどうかを判断する証明書は備わっていますが、 利用者証明用電子証明書はマイナンバーカードを発行した市町村区役所で発行してもらう必要があります。 利用者証明用電子証明書を自分のマイナンバーカードに登録した上で、マイナポイントの読み取りを行ってみてください。 市町村区役所の窓口にて相談できます。 正しい情報を入力しているか確認する 決済サービスや電子マネーのコード・番号を入力する際、正しい番号が入力されているかは確認してください。 番号が間違っていた場合は自分のカードだと認識されず、マイナポイントと連携してポイントを貯めることができなくなるからです。 PC版のマイナポイントを試す PC版のマイナポイントにもプラットフォームが存在するので、こちらからインストール・マイキー取得を行うこともできます。 ただし、スマホアプリ版マイナポイントと比べて条件がやや厳しくなっているので、環境によってはマイキー取得が不可能の可能性があります。 Internet explorer 11である必要がある• OSがWindows7以降のもの• 対応ICカードリーダーが必要 マイキーID作成・登録準備ソフトをインストールすることになりますが、 インストールしたとしても上記の条件を満たしていないとPC版でマイナポイント(マイキーID登録)が不可能です。 特に、対応ICカードリーダーに関しては市販されているものを家電量販店や電気屋等で購入する必要があります。 値段は2000円から10000円くらいのもので、対応されているカードリーダーはを参考にしてください。 マイキーID作成・登録準備ソフトのインストールは、マイキープラットフォームサイト(です)のトップ画面の赤枠からインストールできます。 マイキーID作成・登録準備ソフトのインストーラーが開かれます。 「インストール」を押せばPC版JKP利用者ソフトのインストールが開始されます。 インストールした後はアプリの起動等は必要なく、インストールしているだけでマイキー取得が可能となります。 公式サイトを開いてアプリ版と同じ手順でマイキーを取得してください。 クライアントソフト(JKP利用者ソフト)をインストールする) マイポイントが使えなかった場合、マイナンバーカードに搭載された電子証明書をチェックできるアプリの「JPKI利用者ソフト」をインストールしてみてください。 「MKCZ355E」のエラーは利用者クライアントソフトに関連するエラーで、 この利用者クライアントソフトこそJPKI利用者ソフトのことです。

次の

マイキーIDの設定方法とマイナアプリエラーコード[MKCZ405E][MKCZ355E]への対処法

マイナポイント エラーmkcz405e

再度実行してください。 」の画面に遷移する場合です。 この罠の 解決方法としては、「ICカードをセットしてください。 」の画面のままで、一旦マイナンバーカードをスマホから離して再度近づけてみると実は認識します。 1度駄目でも決して前の画面に戻らずに根気よく繰り返しましょう。 自分は最初にこの事象に出くわした時に、最初の画面に戻ってを4度繰り返した後に気付きました。 とほほ。。 2つ目の罠 2つ目の罠は、 1つ目の罠を攻略した直後に起きます。 すると下記エラーメッセージに出くわしましたw エラー[MKCZ405E]マイナンバーカードが読み取れません。 マイナンバーカードが正しくセットされているか確認してください。 なお、何度試してもカードが読み取れない場合、利用者証明用電子証明書が発行されていないことが考えられますので、混雑を避けていただいた上、お住まいの市区町村の窓ロにて、利用者証明用電子証明書を発行してください。 なんと、実は 「パスワード入力」画面でもマイナンバーカードをスマホにかざさいたままにしていないといけません。 カードをかざしたままにする案内は一切無いですが、パスワードを認証する際に再度マイナンバーカードを読み取る仕様になっているようです。 この2つ目の罠は画面に一切案内が無いので、マイナポイントを管轄している総務省さん!すぐに改善しないと、相当叩かれると思いますよ。

次の

マイナポイントアプリでマイナンバーカードが読み取れない時の解決方法

マイナポイント エラーmkcz405e

登録 マイナポイント事業でポイントを受け取るためには、マイナポイント事業に参加する「予約」と、マイナポイント事業で利用するキャッシュレス決済を選択する「申込み」という2つの手順を行う必要があります。 マイナポイントの予約・申込みは、次のいずれかの方法で行えます。 パソコンで予約・申込み• スマホで予約・申込み• コンビニのマルチコピー機で予約・申込み• 市区町村の窓口で予約・申込み 予約・申込みの方法によって、必要なものが異なります。 このとき、スマホをマイナンバーカードにかざした状態のまま操作してください。 カードを外してしまうと、エラーになります。 利用者証明用電子証明書について詳しくは、次の記事をご覧ください。 関連記事 マイナンバーカードの読み取りに失敗すると、次のエラーメッセージが表示されます。 ICカード通信制御エラー エラーコード:E0008 詳細コード:00210026 内容:ICカードへのコマンド送信に失敗しました。 Exception:jp. jpki. mobile. utility. JPKIMobileException これはパスワード入力中にマイナンバーカードがずれた可能性が高いです。 スマホとマイナンバーカードを動かさないようにしてパスワードを入力してください。 エラー[MKCZ405E]マイナンバーカードが読み取れません。 マイナンバーカードが正しくセットされているか確認してください。 なお、何度試してもカードが読み取れない場合、利用書証明用電子用名書が発行されていないことが考えられますので、混雑を避けていただいた上、お住いの市区町村の窓口にて、利用者証明用電子証明書を発行してください。 パスワードの入力に成功すると、マイナポイントの予約画面が表示されます。 「発行」をタップすると、マイナポイントの予約が完了します。 「申込へ」をタップすると、マイナポイントの申込みができます。 マイナポイントに紐づけるキャッシュレス決済サービスをひとつだけ選択します。 使用するキャッシュレス決済サービスの「選択」をタップすると、各サービスに応じて申込方法が案内されます。 ここから先は、決済サービスによって操作が異なります。 対応機種 「マイナポイント」アプリは、NFC機能に対応したスマホでのみ利用できます。 具体的な対応機種は、下記の公式サイトでご確認ください。 公式 子供 マイナポイント事業は子供でも利用できます。 ただし、15歳未満の子供の場合は、親などの法定代理人が予約・申込を行う必要があります。 親が予約・申込を行えば、キャッシュレス決済の利用は子供だけでもできます。 家族分 マイナポイント事業では、ひとりひとりが異なるキャッシュレス決済を選択する必要があります。 家族4人であれば合計20,000円分の還元が受けられますが、そのためには楽天カード・イオンカード・Suica・PayPayのように、異なる4種類のキャッシュレス決済サービスを用意しなければいけません。 家族分のポイントをまとめてひとつのキャッシュレス決済サービスで受け取るといったことはできません。 決済事業者 マイナポイント事業では、任意の決済事業者を選ぶことができます。 利用する決済事業者によって、付与されるポイントの種類が異なります。 交通系電子マネー マイナポイント事業に参加する決済事業者のうち、交通系電子マネーはつぎのとおりです。 交通系電子マネー 付与されるポイント nanacoポイント WAON バンドルカード Edy Kyashポイント チャージ残高 QRコード決済 マイナポイント事業に参加する決済事業者のうち、QRコード決済はつぎのとおりです。 QRコード決済 付与されるポイント J-Coin Pay メルペイ ポイント FamiPay LINEポイント au PAY au PAY残高 PayPayボーナス ゆうちょPayポイント クレジットカード マイナポイント事業に参加する決済事業者のうち、クレジットカードはつぎのとおりです。 クレジットカード 付与されるポイント au PAYカード au PAY残高 楽天ポイント 三井住友カード Vポイント オリコカード オリコポイント エポスポイント WAON dカード dポイント JP BANKカード JPバンクカードポイント デビットカード マイナポイント事業に参加する決済事業者のうち、デビットカードはつぎのとおりです。 この制度に加えて、独自のキャンペーンを行っている事業者があります。 キャンペーンに参加するためには、2020年7月1日~2021年3月31日の期間中に申し込みのうえ、2020年9月1日~2021年3月31日の期間中にチャージを行う必要があります。 公式 ゆうちょPay キャッシュレス決済サービスとして「」を選択のうえ、マイナポイントの申込みをすると、ゆうちょPayポイントが1,500ポイント分プレゼントされます。 マイナポイントのキャッシュレス決済サービスで「ゆうちょPay」を選択すれば、1,500ポイントもらえます。 買いものやチャージをする必要はありません。 公式 Suica マイナポイントを申し込む際にキャッシュレス決済サービスとしてを選択すると、マイナポイント事業の還元に加えて、JRE POINT 1,000ポイントが付与されます。 総額1億ポイント山分けキャンペーン 等級 付与ポイント 当選者数 1等 10,000,000円相当 1人 2等 1,000,000円相当 10人 3等 50,000円相当 150人 4等 5,000円相当 1,500人 5等 500円相当 130,000人 PayPayやnanacoより金額は大きいですが、当選者数が少なくなっています。 メルペイのマイナポイントキャンペーンについて詳しくは、下記の公式サイトでご確認ください。 公式 公式 nanaco 2020年7月1日~8月31日のキャンペーン期間中に、キャッシュレス決済としてnanacoを選択してマイナポイントを申し込むと、もれなく500nanacoポイントがプレゼントされます。 nanacoのマイナポイントキャンペーン 等級 nanacoポイント 当選者数 1等 50,000ポイント 500名 2等 10,000ポイント 1,500名 3等 5,000ポイント 3,000名 4等 1,000ポイント 5,000名 5等 775ポイント 10,000名 nanacoのマイナポイントキャンペーンについて詳しくは、下記の公式サイトでご確認ください。 公式 FamiPay マイナポイントを申し込む際にキャッシュレス決済サービスとしてを選択すると、マイナポイント事業の還元に加えて、先着10万名にFamiPayボーナス500円相当がプレゼントされます。 公式 J-Coin Pay マイナポイントを申し込むときにキャッシュレス決済サービスとしてを選択すると、マイナポンと事業の還元とは別に500円がプレゼントされます。 公式 LINE Pay マイナポイントを申し込む際にキャッシュレス決済サービスとしてを選択すると、LINE Pay加盟店で利用できる特典クーポンがプレゼントされます。 2020年8月25日までに申込むと、翌月から3か月間にわたって月々5枚(3か月間で合計15枚)の特典クーポンがもらえます。 LINE Payのマイナポイントキャンペーンについて詳しくは、下記の公式サイトでご確認ください。 公式 PayPay 2020年7月1日~8月31日のキャンペーン期間中に、キャッシュレス決済サービスとしてを選択してマイナポイントを申し込むと、抽選でPayPayボーナスが当たります。 PayPayのマイナポイントキャンペーン 等級 PayPayボーナス 当選者数 1等 1,000,000円相当 10人 2等 50,000円相当 150人 3等 5,000円相当 1,500人 4等 500円相当 150,000人 PayPayのキャンペーンについて詳しくは、下記の公式サイトでご確認ください。 公式 三井住友カード マイナポイントを申し込む際にキャッシュレス決済サービスとして三井住友カードを選択すると、抽選で100名にVポイント10,000ポイントがプレゼントされます。 三井住友カードのマイナポイントキャンペーンについて詳しくは、下記の公式サイトでご確認ください。

次の