デレステ ニコニコ。 『デレステ』綾瀬穂乃香 メモリアルコミュ①~④ アイドルマスター ニコニコ動画のニコッター

【デレステ】「ほほえみDiary」イベントコミュまとめ [ニコニコあっぷる]

デレステ ニコニコ

デレステNIGHTとは、で不定期に放送される、「」の発売日前後に表題曲の歌唱者が出演する特別番組である。 本記事では、名称が異なるが同様の番組である「 CINDERELLA SPECIAL NIGHT」「 シンデレラNIGHT」「 デレパNight」についても併せて説明する。 番組について• には「デレステNIGHT」の後に回数分の「」が付く。 このまま増やしたら表示しきれなくなりますしね• 第8回以降、以外に近い時期に発売される関連のがある場合、それも一緒に取り扱う(そのの歌唱者も出演する)場合がある。 そのこともあってか、第8回と第9回は「 CINDERELLA SPECIAL NIGHT」の名称で実施された。 ただしそれ以後は別のの発売と重なっていても「デレステNIGHT」の名称が利用されている。 には、の「」の発売記念が、「 デレパNight」という名称で実施された(番組内でも、「デレステNIGHT」にちなんだ名前だと言及されていた)。 ムというデレステNIGHTらしさのある も設けられていた。 固定された進行役は存在せず、各放送の出演者の中で進行役を交代しながら進めていく。 は発売元である。 そのためか、配信はで配信しているの「」のから行っている(ただし、第1回は「」のから、第4回と第9回は定なし)。 また「もっと!10」の回()ででの配信も行われるようになったが、こちらものでの実施となる。 「デレパNight」のOPは、の通常回同様に「」が用いられた。 主な放送内容 ここではほぼ毎回放送されるを紹介する。 (初期はズと呼ばれていた、内容は一緒) 今回発売となるの表題曲をのと共に振り返る。 は基本的に。 が流れている間、による芸が披露されることが多い。 曲紹介後は、出演者同士で曲の感想などをり合う。 ムコンペ 内の機にて設置できる新を、出演者それぞれがに考え、プレゼンをするである。 のプレゼン終了後、の機を使い、どのが一番実現してほしいかをにをとり、を取ったものが後日、でとなる。 (以下) 番組の中盤あたりに挟まれる。 このはではなく、あらかじめ収録したを流す形となっている。 基本的に今回発売のに収録されている曲の歌唱者が出演する。 出演者が提示されたお題に沿った曲を形式で紹介するほか、とは別に曲の紹介も行う。 の曲は実際に出演者がするのが恒例となっている。 曲紹介ではのではなく、が生で実際にしていた。 その際、ジュを砕いてもいい(してもいい)ということでがで挑戦するのだが、5回も砕くはめになっていた。 「他人のジュでやるは楽しいなあ」 また、ではが3曲ともする形となっていた。 では佳村はのをせず、に任せていた。 「」終了後の放送であったため、番組後半ではの感想をり合った。 同で5人中一の個人を着られなかった(演に出演していない)がふてくされるがあった。 「」からは原・、「」からは・渕上・、「」からは高・原が出演。 ムコンペもそれぞれのごとの戦となった。 原はコンペ2連勝。 はの都合によりと渕上が別撮りとなり、それを理やり繋げた形となった。 曲もで紹介したためか、の放送はかった。 開催告知のの時点では、は出演予定に含まれておらず、またの名前は未発表であった(「役」とのみ掲載されていた。 のちのに発表)。 ムコンペは(・・種崎)、ちん(・)、(・千・)に分かれての開催。 ムコンペでは、第6回放送で惜しくもされなかった考案の をして再挑戦した結果、見装となった。 放送当日はのであり、放送内でも盛大にお祝いされた (ただしがである某球団はを勝ち取れなかった模様)。 ムコンペの考案「人育成キット」は、の再来ともいわれる衝撃を与えた。 」から・大が出演。 は通常とは異なり、「」の紹介を・が行った。 ムコンペでは、当初は(ターボ)のみであったが、プレゼン中に紹介したもう一つの案であったのものご厚意によりとなった。 これで大もコンペ2連勝となった。 終始、がを炸裂しまくっていたり、芸を披露したりと一門のを見せつけていた。 また、が当初提案しようとしてたムがを出されて書き直させられたということがられていた。 4人体制でのは第11回以来。 ムコンペでは2連勝中だった原を抑えてが初となった。 (多分原がの案に便乗しすぎたせい) は上記の通り一人での出演となった。 が一人だったのは第1回以来。 では「」に挑戦するも苦戦、 ジュ(別名: )を何度も繰り返すことになってしまい、回数が7回と最多の5回(第1回のとき)をしてしまった。 また、放送当日はの放送が控えていたのに配慮して通常より5分程度く放送が終了した。 より・・が、「」よりが参加。 前回のとばかりにもいいとこ取りのコンペを狙うも残念ながら惨敗。 のでは「」に挑戦することになったが、8回と前回された記録をまたもしてしまった。 前回のよろしく原が単独で「」のからの出演となったため(他は「」の)、一人で積極的にプッシュしていた。 ムコンペは、 毎回恒例を一つではなくム全体として作ってきた原がし3度の採択。 3人協で「」に挑戦するも、フが多いという協には厳しいだったこともあり、は4回を要した。 16の同時収録曲からの出演者はなし。 出演は「」のから2人。 井との2名に関しては、関連の番組への出演は今回が初めてであった。 ムコンペは個人戦で行われ、番組史上最多(当時)のとなる6択の戦を井が制した。 また番組内では「」に関するとして、を担当した弦氏が井にレッスンを導する模様を収めたが披露された。 では「」の参加より、当人の名前が「あつみ」であると、演じるの名前が「あつみ」であるが出演。 種は普段はを使うのだが、この日は忘れてきてをかけているというな姿が見られた。 のちの「哀妻のコ」である で「」を二人協でするのだが、 種は5列中1列しか担当しないことになった(が残り4列)うえ、が尽きてしてからはすべてが担当していた。 番組終盤には、「」の商品化が発表された。 生出演が3人となるのはこれまでで最少となった。 (ちなみに単独での放送で表題曲歌唱がわなかったのは今回が初)そんな中でのムコンペは、の楽屋で「に人が入った状態を撮する」ということをたびたびしていたがなムを提案したが得票率. の圧勝。 出演は同時収録の曲を歌う2人。 の(「」)は、は自信がなかったため1列だけ受け持とうとするのだが、フの多いということで原から2列担当するよう頼まれ、何とか対応。 終了後は疲れ切っていた。 前回と同じく番組史上最少となる3名での放送となった。 なお出演者のうち、和氣は同時収録の曲も担当している。 ちなみに、 の3名がって出演するのは、のあるいは『』等の番組でも前例がなく、既に出演が告知されている「」に先んじて、今回の配信が初の機会であった。 9と圧勝。 は同時収録の曲からが1人で出演した。 今回は楽曲の紹介が、和氣と別収録だったため「」はで、「」はでの紹介となった。 また、()は一人のだったことと、恒常、限定Rの回復二段構えだったこともあり難なくコンを達成した。 また「 」からと原の2名も参加し、総勢7名が出演した。 コンペでは制ではなく個人別7名によるプレゼンとなり、票が分かれた中でがと僅差で勝ち取った。 は「 19 」の同時収録曲から、と井が登場した。 「でしたい曲」では「どうせはだろう」というの予想を覆し「」がとなった(同曲の内版編成では、井が演じるも歌唱参加している)。 でも両名悲鳴を上げつつコン達成。 放送日時:() 発売(表題曲):「 」 出演者:、 :、 ム採用案: の「」()における、単独のとしては3曲となる「」の発売記念として、(:00~)の前に実施された番組。 は「」の宰()2名が出演した。 収録曲(「e C」で歌われたもの)に参加しているからのも配信したほか、特別「生・まで生」の中でから送られたム案を紹介し、1案のも決まった。 さらにや、「」演のも放送された。 この2本は配信後に、の会員限定としてされた。 「」歌唱(S)のうちだけが不在であったが、の魂の化身として。 コンペはそこまで弾けた案がないながらもよい案がい、結果は. 4を獲得したが。 のには「」が映るも描かれていたが、漏れなくされた には「」歌唱のうちの一人として達が出演。 達はデレステNIGHT初出演となった。 名の「」というな名前もさることながら、選曲のまで「直前、心を落ち着かせたい時にしたい曲」というものであった。 達はに自身も歌っている「」を選んだが、「この曲聞いたらも飛べるかもしれない」と言っていた。 は「」。 表題曲に関連して、今回不在だったからのが紹介された。 出演は「 」歌唱から瀬との2名。 (「」)では、 今までの他の出演者と違ってのためにジュを消費するのも遠慮がちであった。 結局3回消費して。 また3周年記念ということで、内でも出演者がをした。 ですればご褒美ももらえるとのことだった (できないとは言ってない)。 野は がして救援3人3回しながら「」を。 自称「そこそこ下手です」と言っていた都丸は「」をで。 てかを切らさないのは結構強いような 都丸に「想像以上に下手くそでした」と言われていたは「(Cute)」をで。 以上の結果を受けて、と都丸の2名がご褒美(3年熟成葉)を獲得した……が、都丸はそのご褒美をに忘れた模様。 番組内で、「 」の残る収録曲は「 ~For re ~」であることが発表された。 加えて「 」の表題曲を歌う9名から、、の3名も出演。 原とはの同時収録曲「」にも参加している。 フカガワサンこと深が以前にに出演した際に称が決まらなかったことを受け、この番組内でめて考えてみるも決まらなかった。 ムコンペは、「」のを想起させるをで作ったが だった案を抑え. 出演は「 」から安野が単独出演。 「でしたい曲」には「」を選択。 出をるのにふさわしい。 は回復編成でなかったこともありで挑戦。 こそ5つあったが・なしでした。 「」直後の配信ということで、演秘話もられた。 「」の紹介では、「」(演がこの直前であった)での、二人の仲が良すぎるがに(「」の記事を参照)。 ムコンペでは難に置きに来た佳村、をよそにが攻めたプレゼンを展開。 それ担当ののじゃないよね? 結局の所とが接戦の上、がした。 は同時収録の版「」を歌うと井が出演。 井の「コブシ」にちなんでが「タゴシ」という名前を名乗っていた。 に挑むこと自体が番組史上初であり、見ている側からすれば不安だらけだったわけだが、でした。 余談だが、はかつて佳村とが「生ホビ」出演時に挑戦したことがある。 なお同時収録曲は全て既存曲のであるため、番組内での紹介楽曲は「」1曲のみとなった。 なお、渕上は多忙のためか席についたのが放送開始5前というギリギリの状態で、コンペの際もに描いたを受け取り忘れるも。 ムコンペでは、渕上が半数近くの票を集めてした。 はツの2名が出演。 では「」のに挑戦するも、1回を喫した。 「」演終了後の配信ということで、・の両方で演秘話がられた。 前回同様、曲紹介は表題曲のみ。 ムコンペは三者ともに難かつ実用可なを用意したものの、の案が採用された。 にとっては、意外にもこれが初であった。 は、同時収録の曲を歌うが単独で出演する。 では「」のを単独で挑戦。 不慣れなでの(は)とはいえ危なげなく。 ではに表題曲収録に関わると、「」演秘話がられた。 () 生出演は「 26 」から、表題曲を歌うの2名と、同時収録の版「」から会沢の計3名。 番組冒頭で3周年記念「」の商品に関して、発売日()決定を告知し、後から受注予約を開始した。 買わなかったら、……ぶん殴るぞ。 () で紹介した楽曲については同演でも披露したため、演も版でされた。 また演の裏話もられた。 また楽曲紹介の際には、普段はが使用されているが、今回はしのが使用された。 ムコンペは、接戦をが制し初を収めた。 は、上旬開催の内「」にてされた「」を歌うから、田澤とが出演。 までに4回を要した。 番組終盤には「 27 」決定が告知された。 そしても出演した演からとが参加し、総勢7名となった。 当初は咲の出演予定はなかったが、に出演決定が告知された。 () では「」や演「」、そして演の秘話がられた。 番組終了後にはにてが開された。 ムコンペは今回実施されなかった。 は、同時収録曲「」を歌うが単独で出演。 では「」のをだけの片手でし、でした。 番組終盤では「」単行本第5巻の発売決定が告知された。 では上述の3曲に関するがられた。 なお楽曲紹介の際にはが使用された。 ムコンペでは、・・千の3人が僅差となったがが。 なおが提出した案「ご利益」は、実際に提出されたのはののであったのだが、もともと考えていた案としてのの部分が の頭()になっているという絵を描いていたことが発覚、他の出演者と達に衝撃を与えた。 は「」と「」を歌う守が単独で出演。 選ぶ曲は「老いを感じて時にしたい曲」というであったが、そのに「」を挙げた際、「 仁奈ちゃんがから全部です」「 私がさんになるよ、って感じ」「 仁奈ちゃんをギュッてすれば、すべての悪いことを忘れられる」と熱すぎる気持ちをっていた。 のは「推奨」と言われたこともあって「」のに挑戦するが大苦戦、 ジュを8回消費していた(「シンデレラNIGHT」の・に並ぶ最多回数)。 守「 石は砕くためにある!」 番組終盤では「」単行本第3巻の発売決定が告知された。 番組前半では上述の2曲に関する収録や「」の秘話がられた。 収録時からの解釈を変えてに臨んだとのことだが、解釈の詳細に関しては緘口が敷かれているため明かされなかった。 は「」の同時収録曲「」を歌うが単独で出演した。 では「片想い」のをしたが、4回を喫した。 今回は番組全体を通して、初めてがされた。 番組後半では「」のがされた。 その後のでは野が思わず落する場面もあった。 番組終盤では「 」決定と、「」単行本第3巻・発売記念の開催が告知された。 また次回以降のデレステNIGHTに関して、プが予告された。 ではが一新されたほか、収録曲の歌唱者以外のもとして出演することになった(・別1~3位入賞の担当がを務めると予告されていた)。 続いて後のを紹介する。 もっと! 以外の出演者が複数に分かれ、今回発売となるの表題曲や曲のをでし、にくじで選ばれた内容(ect数、数等)で競う。 ただし、対となる曲の歌唱者が1人しかいない場合はが助っ人で入る場合がある。 曲後には収録時のをる等、曲紹介も兼ねている。 負けたはとして、ので選ばれた通りの曲紹介をすることとなっている(は「Cuteに」「に」「onに」の3択)。 もっと!コンペ 従来のムコンペから、コンペの対をム以外(2D等)にも広げた。 出演者それぞれがに考えプレゼンし、のプレゼン終了後、の機を使い、どのが一番実現してほしいかをにをとり、を取ったものが後日、でとなる点は同じだが、はコンペには参加しない。 (以下) に代わり、番組中盤に挟まれる。 収録の新規曲を歌うの担当が出演し、その曲について深く掘り下げて紹介していく。 さらにだけでなく、の氏や、曲作りに携わったも出演し、に参加する場合もある。 紹介は1曲だけになったが、その分、今までよりもより深く曲について掘り下げる内容となっている。 さらに、この限定で内では収まりきらなかった内容を追加したが後日、のにて配信されている。 もっと! 3で開催。 に配信を開始した「」()を紹介する。 番組終盤の告知では、の新Rがで予告される。 また番組開催記念として、各回終了後から放送日の当ににすると「ジュ個」がされる。 放送日時:()~• 発売(表題曲):「」• 生出演:、、、• :、智浩• (2D) 番組初回となる今回から、・別1~3位入賞の担当がを務める。 初回は第8代(総合第・第)・役の。 番組冒頭では「」宰()として、配信日の翌日に控えた番組録のを紹介した。 生出演は「 」の表題曲からと井、そして同時収録曲「」から嘉山と小の計4名。 はの中で行われ、今回はECTの数を争った。 前半では「」のをと井がし、4回を喫しながらECT数6を記録した。 新形式のコンペでは、「」をにしたの2Dのを懸けて競われた。 結果は嘉山の。 「・・」は同時収録の曲「」を歌うと、のP・智浩が出演し、「」の秘話や収録時のを披露した。 また同曲の・からのも紹介された。 こののは後日、のにて配信された。 () 後半では「」のを、嘉山に全てを託された小がし、ECT数9を出してフロ組を僅差で上回った。 放送日時:(火)~• 発売(表題曲):「」• 出演:、、• :、、智浩• 今回からOP曲が「」に変更された。 生出演は「 」から、表題曲を歌う(見・)と、同時収録曲「」からの計3名。 見は(前身番組から含めて)デレステNIGHT初出演となる。 は「数」を競った。 前半では「」のを見とがし、でしを記録した。 コンペはムのを懸けて競われ、見が過半数の得票を集めてした。 は同時収録の曲「」を歌うに加えて、同曲の・とPのが出演し、秘話や収録時のを披露した。 番組終盤で、が歌う「」()と、話に関連しての曲「」のが予告された。 放送日時:()~• 発売(表題曲):「」• 出演:、、• :、磯佳江• コンペ勝者:開催し は・第(総合第)役のが担当した。 生出演は「 」から、表題曲を歌うドリッチ・テ(千・咲)と、同時収録の「」()から佳村の計3名。 は「」を競った。 前半では千と咲が「」をし、2回を喫しながら,1点を記録した。 今回はコンペに代えて「もっと!」を開催し、出演者を代表して千がを体験した。 は同時収録の曲「」を歌うと、の磯佳江が出演した。 また作のbinもを寄せた。 の回復も手伝って2回にとどまり、は4,点だった。 番組終盤では、楽曲に関するとして下記の告知があった。 「」「」「」以降の楽曲は新「」として、「」から「」までは従来の「」として、並行して発売する。 なお「」などの7th「」関連楽曲は別の()に収録され、から順次発売予定。 4周年記念楽曲・第2弾として5曲が発表された。 「亜麻色のの」(ver. 放送日時:(火)~• 発売:• 「 33 」• 「 01 」• 出演:、、、• :、智浩• 生出演は「」から高と、「」からとの計4名。 は「BO数」を競った。 前半では高とが「」をするも3回を喫し、肝心のBO数は27にとどまった。 コンペは「」用のを懸けて行われ、な争いを高が制した。 は「」からと、Pのが出演した。 後半ではとが「」を。 高とのガヤやの悲鳴が飛び交う中、4回ながらを出した。 番組終盤では、楽曲「」を使用した「 」の開催予告や「」限定R([まとう])の紹介を行った。 また「5年のはイヤー!」と銘打ち、に続く第2弾の近日開を予告した。 () この第2弾に関して、7th「」演にて「」が発表された。 放送日時:()~• 発売:• 「 02 」• 「 for the s! 」(・・)• 「 」• 「 03 」• 出演:、、、• :、路• コンペ勝者:開催し は・第3位(総合第7位)役のが担当した。 生出演は「」と「」から、「」から、「」から、「」からの計4名。 は「ECT数」を競った。 前半ではとが「」を。 3回を喫しながらECT数を出した。 その後は「」と「」に関するを展開した。 は「」からと、の路が出演した。 () 終了後にが「」名義ので番組出演を報告し、同じくがした「」発表時点で伏せられていた素性を明かした。 なお、名義でも「」()をした実績がある。 後半ではとが「」を。 1回ながらECT数は669で、の結果は組のに終わった。 () 第話については「」を参照。 放送日時:(木):00~• 発売:• 「 」(・)• 「 04 」• 出演:、、、• 希は今回が関連の番組に初出演となった。 生出演は「」を歌う(・)と「」を歌うデア・アウ(・崎)の計4名。 は「」も歌唱している。 番組発表当初は・・の3名のみ出演予定だったが、後日崎の追加出演が決定した。 は実施し。 は「数」の少なさを競った。 前半ではとが「」をしたが、たちの妨に屈し3回、数を喫した。 コンペはの・をにし た上でに配慮した2Dのを懸けて争われた。 の結果、がした。 後半では崎とが「」をし、たちの妨を意に介さず1回、数に収めた。 番組終盤の告知では、の翌日に開始予定の「」のほか、R[クルホーリーナイト]の復刻予告に加えて、新登場Rの(1名=)が紹介された。 放送日時:(木):00~• 発売:• 「 」• 「 」• 出演:、、、• :、()、智浩• 生出演は「」を歌う(・種・)と「」から原の計4名。 「」にはのも歌唱参加している。 は「数」の少なさを競った。 前半ではの3人が「」を。 と原の妨をものともせず、1回、数に抑えた。 コンペはムのを懸けて争われ、上ので強なを与えた種がした。 は、前発売の「 」の同時収録曲「」を歌うと、・を担当した、そしてPの智浩が出演した。 () 後半では原とが「」をしたが、の圧に屈し、3回、数を喫した。 番組終盤では「」と「」に関して の近日追加と、近日登場予定の(各1名ずつ=・・)の他、第2弾・の開催時期(下旬予定)に加えて、「 for the! 」の発売()を発表した。 放送日時:(木)~• 発売(表題曲):• 「 05 」• 「 36 」• 「 for the! 」(・・)• 出演:、、、、• :、ミフ()、智浩• コンペ勝者:開催し• は・第(総合第4位)役のが担当した。 生出演は「」を歌う(・深)と「」を歌う(田澤・嘉山・)の計5名が登場した。 は「BO数」を競った。 前半ではが「」をし、6回を喫しながら、BO数は46を記録した。 今回はコンペ開催に替えて、7th「」のを行ったほか、に商品が発売される演「 s! 」のを開した。 は「」からと作のミフ、Pのが出演した。 後半ではが「」を3人でした。 がイアを押してしまうがあり、した結果こそ2回に抑えたものの、肝心のBO数はにとどまった。 の結果はのに終わり、負けたはをに宣伝した。 番組終盤では新として、近日開催予定の「」限定Rの紹介(2名=・)とともに、「 06 」の発売決定を告知した。 放送日時:()~• 「 」• 「 06 」• 「 s! MA M」• 出演:、、、、• コンペ勝者:開催し• は・第(総合第5位)役のが担当した。 生出演は「」を歌う(・)、「」を歌う・(・)、7th「」演「 s! 」からの計5名。 なお同演にはとも出演した。 コンペ・ともに実施なし。 は「数」の少なさを競った。 前半ではが「」を。 今回はコンペ開催とに代えて、7th「」演「 s! 」のを開した。 その後のではとがを流し、それを見たがする場面もあった。 同演の第2弾は放送後に開された。 途中がを始めるも2回、に収めた。 終盤の告知は下記の通り。 「 38 」発売決定• 翌日のから、「」開催• の上旬開催「 」にて、「」との楽曲「」が楽曲として登場• ・第4弾「」開催決定• はが続投。 ED「」(歌:、、、、)• 放送日時:()~• 「 38 」• 「 s! MA M」• 「 0-0 ・・」• 「 07 」• 「 08 」• 出演:、、• 紹介:石()、、()、ミズンキ、YY()• のによりを取りやめ、収録の音のみ配信した。 出演は「 0-0」から、、の3名。 では従来のを実施せず、同発売の作品を紹介するを展開した。 また各楽曲の者から寄せられたも紹介した。 番組終盤に告知された新は下記の通り。 配信翌日の同日に第話を追加、関連楽曲として「」• 近日開催、限定R([はのに])のを開• 楽曲「」歌:(・・)• ・第5弾「」開催決定、作品と楽曲は後日発表• 放送日時:()~• 発売(表題曲):「 」• 出演:、、、、智浩• 前回に引き続き、収録の音のみ配信した。 出演は「」を歌うの2名。 他にの、作の、Pのも出演した。 番組終盤に告知された新は下記の通り。 ・第5弾「」の追加• 「~ ~」OP曲「」(、歌唱:・)• 「」OP曲「」(、歌唱:)• 近日登場予定・新規Rのを開• 放送日時:(木)~• 発売(表題曲):• 「 for the! 」(・・)• 「 」• 「 09 」• 出演:、、、• :、、小伸五• 今回からでの同時配信を開始した。 また限定も配信あり。 生出演は「」から、「」を歌う(原・)、「」からの計4名。 は感染症予防対策として、曲の途中で一旦停止してする方式に変更した。 今回は「BO数」の長さで競った。 を記録した。 は「」を歌う安野、作の、の小が出演した。 内では、配信日が当日だった安野を祝う一幕もあった。 が4回と苦戦し、記録はに終わった。 番組終盤では7th「」演「i! 」商品の特別を上映した。 他に発表された新は下記の通り。 近日開催「」の報酬紹介(・)• の曲「」近日• ・第6弾「」開催決定 関連動画 関連項目•

次の

うたいわけ(デレステ)とは (ウタイワケとは) [単語記事]

デレステ ニコニコ

プレミアム会員になると回線混雑時に優先視聴、高画質映像でお楽しみいただけます。 THE IDOLM STER CINDERELLA MASTER 3chord for the Rock! 09 オタク is LOVE! 番組全編をご視聴するにはプレミアム会員のご登録をお願い致します。 また、プレミアム会員は回線混雑時の 優先視聴や 番組を 高画質でお楽しみ頂けるようになれます。 スマートフォン、タブレットをご利用の方はニコニコ生放送アプリでご視聴ください。 ------------------------------------------------------------------------- 初めてニコニコ生放送をご利用になる方へニコニコ生放送でコメント投稿頂くには会員登録 無料 が必要になります。 コメント投稿行いたい方は をクリックし、会員登録の手続きをお願い致します。 本放送は プレミアム高画質でお送りします。 プレミアム会員になると 回線混雑時に優先視聴、 高画質映像でお楽しみいただけます。 この機会にぜひ、 プレミアム会員 有料 への登録をお試しください。 ニコニコ生放送の詳細な説明は をご覧下さい。 ご不明な点がございましたら、 をご参照下さい。 本番組は日本国内でのみ視聴できます。 海外からの視聴はできません。 This program is only available in Japan. 此節目僅限日本國?

次の

デレステNIGHTとは (デレステナイトとは) [単語記事]

デレステ ニコニコ

デレステNIGHTとは、で不定期に放送される、「」の発売日前後に表題曲の歌唱者が出演する特別番組である。 本記事では、名称が異なるが同様の番組である「 CINDERELLA SPECIAL NIGHT」「 シンデレラNIGHT」「 デレパNight」についても併せて説明する。 番組について• には「デレステNIGHT」の後に回数分の「」が付く。 このまま増やしたら表示しきれなくなりますしね• 第8回以降、以外に近い時期に発売される関連のがある場合、それも一緒に取り扱う(そのの歌唱者も出演する)場合がある。 そのこともあってか、第8回と第9回は「 CINDERELLA SPECIAL NIGHT」の名称で実施された。 ただしそれ以後は別のの発売と重なっていても「デレステNIGHT」の名称が利用されている。 には、の「」の発売記念が、「 デレパNight」という名称で実施された(番組内でも、「デレステNIGHT」にちなんだ名前だと言及されていた)。 ムというデレステNIGHTらしさのある も設けられていた。 固定された進行役は存在せず、各放送の出演者の中で進行役を交代しながら進めていく。 は発売元である。 そのためか、配信はで配信しているの「」のから行っている(ただし、第1回は「」のから、第4回と第9回は定なし)。 また「もっと!10」の回()ででの配信も行われるようになったが、こちらものでの実施となる。 「デレパNight」のOPは、の通常回同様に「」が用いられた。 主な放送内容 ここではほぼ毎回放送されるを紹介する。 (初期はズと呼ばれていた、内容は一緒) 今回発売となるの表題曲をのと共に振り返る。 は基本的に。 が流れている間、による芸が披露されることが多い。 曲紹介後は、出演者同士で曲の感想などをり合う。 ムコンペ 内の機にて設置できる新を、出演者それぞれがに考え、プレゼンをするである。 のプレゼン終了後、の機を使い、どのが一番実現してほしいかをにをとり、を取ったものが後日、でとなる。 (以下) 番組の中盤あたりに挟まれる。 このはではなく、あらかじめ収録したを流す形となっている。 基本的に今回発売のに収録されている曲の歌唱者が出演する。 出演者が提示されたお題に沿った曲を形式で紹介するほか、とは別に曲の紹介も行う。 の曲は実際に出演者がするのが恒例となっている。 曲紹介ではのではなく、が生で実際にしていた。 その際、ジュを砕いてもいい(してもいい)ということでがで挑戦するのだが、5回も砕くはめになっていた。 「他人のジュでやるは楽しいなあ」 また、ではが3曲ともする形となっていた。 では佳村はのをせず、に任せていた。 「」終了後の放送であったため、番組後半ではの感想をり合った。 同で5人中一の個人を着られなかった(演に出演していない)がふてくされるがあった。 「」からは原・、「」からは・渕上・、「」からは高・原が出演。 ムコンペもそれぞれのごとの戦となった。 原はコンペ2連勝。 はの都合によりと渕上が別撮りとなり、それを理やり繋げた形となった。 曲もで紹介したためか、の放送はかった。 開催告知のの時点では、は出演予定に含まれておらず、またの名前は未発表であった(「役」とのみ掲載されていた。 のちのに発表)。 ムコンペは(・・種崎)、ちん(・)、(・千・)に分かれての開催。 ムコンペでは、第6回放送で惜しくもされなかった考案の をして再挑戦した結果、見装となった。 放送当日はのであり、放送内でも盛大にお祝いされた (ただしがである某球団はを勝ち取れなかった模様)。 ムコンペの考案「人育成キット」は、の再来ともいわれる衝撃を与えた。 」から・大が出演。 は通常とは異なり、「」の紹介を・が行った。 ムコンペでは、当初は(ターボ)のみであったが、プレゼン中に紹介したもう一つの案であったのものご厚意によりとなった。 これで大もコンペ2連勝となった。 終始、がを炸裂しまくっていたり、芸を披露したりと一門のを見せつけていた。 また、が当初提案しようとしてたムがを出されて書き直させられたということがられていた。 4人体制でのは第11回以来。 ムコンペでは2連勝中だった原を抑えてが初となった。 (多分原がの案に便乗しすぎたせい) は上記の通り一人での出演となった。 が一人だったのは第1回以来。 では「」に挑戦するも苦戦、 ジュ(別名: )を何度も繰り返すことになってしまい、回数が7回と最多の5回(第1回のとき)をしてしまった。 また、放送当日はの放送が控えていたのに配慮して通常より5分程度く放送が終了した。 より・・が、「」よりが参加。 前回のとばかりにもいいとこ取りのコンペを狙うも残念ながら惨敗。 のでは「」に挑戦することになったが、8回と前回された記録をまたもしてしまった。 前回のよろしく原が単独で「」のからの出演となったため(他は「」の)、一人で積極的にプッシュしていた。 ムコンペは、 毎回恒例を一つではなくム全体として作ってきた原がし3度の採択。 3人協で「」に挑戦するも、フが多いという協には厳しいだったこともあり、は4回を要した。 16の同時収録曲からの出演者はなし。 出演は「」のから2人。 井との2名に関しては、関連の番組への出演は今回が初めてであった。 ムコンペは個人戦で行われ、番組史上最多(当時)のとなる6択の戦を井が制した。 また番組内では「」に関するとして、を担当した弦氏が井にレッスンを導する模様を収めたが披露された。 では「」の参加より、当人の名前が「あつみ」であると、演じるの名前が「あつみ」であるが出演。 種は普段はを使うのだが、この日は忘れてきてをかけているというな姿が見られた。 のちの「哀妻のコ」である で「」を二人協でするのだが、 種は5列中1列しか担当しないことになった(が残り4列)うえ、が尽きてしてからはすべてが担当していた。 番組終盤には、「」の商品化が発表された。 生出演が3人となるのはこれまでで最少となった。 (ちなみに単独での放送で表題曲歌唱がわなかったのは今回が初)そんな中でのムコンペは、の楽屋で「に人が入った状態を撮する」ということをたびたびしていたがなムを提案したが得票率. の圧勝。 出演は同時収録の曲を歌う2人。 の(「」)は、は自信がなかったため1列だけ受け持とうとするのだが、フの多いということで原から2列担当するよう頼まれ、何とか対応。 終了後は疲れ切っていた。 前回と同じく番組史上最少となる3名での放送となった。 なお出演者のうち、和氣は同時収録の曲も担当している。 ちなみに、 の3名がって出演するのは、のあるいは『』等の番組でも前例がなく、既に出演が告知されている「」に先んじて、今回の配信が初の機会であった。 9と圧勝。 は同時収録の曲からが1人で出演した。 今回は楽曲の紹介が、和氣と別収録だったため「」はで、「」はでの紹介となった。 また、()は一人のだったことと、恒常、限定Rの回復二段構えだったこともあり難なくコンを達成した。 また「 」からと原の2名も参加し、総勢7名が出演した。 コンペでは制ではなく個人別7名によるプレゼンとなり、票が分かれた中でがと僅差で勝ち取った。 は「 19 」の同時収録曲から、と井が登場した。 「でしたい曲」では「どうせはだろう」というの予想を覆し「」がとなった(同曲の内版編成では、井が演じるも歌唱参加している)。 でも両名悲鳴を上げつつコン達成。 放送日時:() 発売(表題曲):「 」 出演者:、 :、 ム採用案: の「」()における、単独のとしては3曲となる「」の発売記念として、(:00~)の前に実施された番組。 は「」の宰()2名が出演した。 収録曲(「e C」で歌われたもの)に参加しているからのも配信したほか、特別「生・まで生」の中でから送られたム案を紹介し、1案のも決まった。 さらにや、「」演のも放送された。 この2本は配信後に、の会員限定としてされた。 「」歌唱(S)のうちだけが不在であったが、の魂の化身として。 コンペはそこまで弾けた案がないながらもよい案がい、結果は. 4を獲得したが。 のには「」が映るも描かれていたが、漏れなくされた には「」歌唱のうちの一人として達が出演。 達はデレステNIGHT初出演となった。 名の「」というな名前もさることながら、選曲のまで「直前、心を落ち着かせたい時にしたい曲」というものであった。 達はに自身も歌っている「」を選んだが、「この曲聞いたらも飛べるかもしれない」と言っていた。 は「」。 表題曲に関連して、今回不在だったからのが紹介された。 出演は「 」歌唱から瀬との2名。 (「」)では、 今までの他の出演者と違ってのためにジュを消費するのも遠慮がちであった。 結局3回消費して。 また3周年記念ということで、内でも出演者がをした。 ですればご褒美ももらえるとのことだった (できないとは言ってない)。 野は がして救援3人3回しながら「」を。 自称「そこそこ下手です」と言っていた都丸は「」をで。 てかを切らさないのは結構強いような 都丸に「想像以上に下手くそでした」と言われていたは「(Cute)」をで。 以上の結果を受けて、と都丸の2名がご褒美(3年熟成葉)を獲得した……が、都丸はそのご褒美をに忘れた模様。 番組内で、「 」の残る収録曲は「 ~For re ~」であることが発表された。 加えて「 」の表題曲を歌う9名から、、の3名も出演。 原とはの同時収録曲「」にも参加している。 フカガワサンこと深が以前にに出演した際に称が決まらなかったことを受け、この番組内でめて考えてみるも決まらなかった。 ムコンペは、「」のを想起させるをで作ったが だった案を抑え. 出演は「 」から安野が単独出演。 「でしたい曲」には「」を選択。 出をるのにふさわしい。 は回復編成でなかったこともありで挑戦。 こそ5つあったが・なしでした。 「」直後の配信ということで、演秘話もられた。 「」の紹介では、「」(演がこの直前であった)での、二人の仲が良すぎるがに(「」の記事を参照)。 ムコンペでは難に置きに来た佳村、をよそにが攻めたプレゼンを展開。 それ担当ののじゃないよね? 結局の所とが接戦の上、がした。 は同時収録の版「」を歌うと井が出演。 井の「コブシ」にちなんでが「タゴシ」という名前を名乗っていた。 に挑むこと自体が番組史上初であり、見ている側からすれば不安だらけだったわけだが、でした。 余談だが、はかつて佳村とが「生ホビ」出演時に挑戦したことがある。 なお同時収録曲は全て既存曲のであるため、番組内での紹介楽曲は「」1曲のみとなった。 なお、渕上は多忙のためか席についたのが放送開始5前というギリギリの状態で、コンペの際もに描いたを受け取り忘れるも。 ムコンペでは、渕上が半数近くの票を集めてした。 はツの2名が出演。 では「」のに挑戦するも、1回を喫した。 「」演終了後の配信ということで、・の両方で演秘話がられた。 前回同様、曲紹介は表題曲のみ。 ムコンペは三者ともに難かつ実用可なを用意したものの、の案が採用された。 にとっては、意外にもこれが初であった。 は、同時収録の曲を歌うが単独で出演する。 では「」のを単独で挑戦。 不慣れなでの(は)とはいえ危なげなく。 ではに表題曲収録に関わると、「」演秘話がられた。 () 生出演は「 26 」から、表題曲を歌うの2名と、同時収録の版「」から会沢の計3名。 番組冒頭で3周年記念「」の商品に関して、発売日()決定を告知し、後から受注予約を開始した。 買わなかったら、……ぶん殴るぞ。 () で紹介した楽曲については同演でも披露したため、演も版でされた。 また演の裏話もられた。 また楽曲紹介の際には、普段はが使用されているが、今回はしのが使用された。 ムコンペは、接戦をが制し初を収めた。 は、上旬開催の内「」にてされた「」を歌うから、田澤とが出演。 までに4回を要した。 番組終盤には「 27 」決定が告知された。 そしても出演した演からとが参加し、総勢7名となった。 当初は咲の出演予定はなかったが、に出演決定が告知された。 () では「」や演「」、そして演の秘話がられた。 番組終了後にはにてが開された。 ムコンペは今回実施されなかった。 は、同時収録曲「」を歌うが単独で出演。 では「」のをだけの片手でし、でした。 番組終盤では「」単行本第5巻の発売決定が告知された。 では上述の3曲に関するがられた。 なお楽曲紹介の際にはが使用された。 ムコンペでは、・・千の3人が僅差となったがが。 なおが提出した案「ご利益」は、実際に提出されたのはののであったのだが、もともと考えていた案としてのの部分が の頭()になっているという絵を描いていたことが発覚、他の出演者と達に衝撃を与えた。 は「」と「」を歌う守が単独で出演。 選ぶ曲は「老いを感じて時にしたい曲」というであったが、そのに「」を挙げた際、「 仁奈ちゃんがから全部です」「 私がさんになるよ、って感じ」「 仁奈ちゃんをギュッてすれば、すべての悪いことを忘れられる」と熱すぎる気持ちをっていた。 のは「推奨」と言われたこともあって「」のに挑戦するが大苦戦、 ジュを8回消費していた(「シンデレラNIGHT」の・に並ぶ最多回数)。 守「 石は砕くためにある!」 番組終盤では「」単行本第3巻の発売決定が告知された。 番組前半では上述の2曲に関する収録や「」の秘話がられた。 収録時からの解釈を変えてに臨んだとのことだが、解釈の詳細に関しては緘口が敷かれているため明かされなかった。 は「」の同時収録曲「」を歌うが単独で出演した。 では「片想い」のをしたが、4回を喫した。 今回は番組全体を通して、初めてがされた。 番組後半では「」のがされた。 その後のでは野が思わず落する場面もあった。 番組終盤では「 」決定と、「」単行本第3巻・発売記念の開催が告知された。 また次回以降のデレステNIGHTに関して、プが予告された。 ではが一新されたほか、収録曲の歌唱者以外のもとして出演することになった(・別1~3位入賞の担当がを務めると予告されていた)。 続いて後のを紹介する。 もっと! 以外の出演者が複数に分かれ、今回発売となるの表題曲や曲のをでし、にくじで選ばれた内容(ect数、数等)で競う。 ただし、対となる曲の歌唱者が1人しかいない場合はが助っ人で入る場合がある。 曲後には収録時のをる等、曲紹介も兼ねている。 負けたはとして、ので選ばれた通りの曲紹介をすることとなっている(は「Cuteに」「に」「onに」の3択)。 もっと!コンペ 従来のムコンペから、コンペの対をム以外(2D等)にも広げた。 出演者それぞれがに考えプレゼンし、のプレゼン終了後、の機を使い、どのが一番実現してほしいかをにをとり、を取ったものが後日、でとなる点は同じだが、はコンペには参加しない。 (以下) に代わり、番組中盤に挟まれる。 収録の新規曲を歌うの担当が出演し、その曲について深く掘り下げて紹介していく。 さらにだけでなく、の氏や、曲作りに携わったも出演し、に参加する場合もある。 紹介は1曲だけになったが、その分、今までよりもより深く曲について掘り下げる内容となっている。 さらに、この限定で内では収まりきらなかった内容を追加したが後日、のにて配信されている。 もっと! 3で開催。 に配信を開始した「」()を紹介する。 番組終盤の告知では、の新Rがで予告される。 また番組開催記念として、各回終了後から放送日の当ににすると「ジュ個」がされる。 放送日時:()~• 発売(表題曲):「」• 生出演:、、、• :、智浩• (2D) 番組初回となる今回から、・別1~3位入賞の担当がを務める。 初回は第8代(総合第・第)・役の。 番組冒頭では「」宰()として、配信日の翌日に控えた番組録のを紹介した。 生出演は「 」の表題曲からと井、そして同時収録曲「」から嘉山と小の計4名。 はの中で行われ、今回はECTの数を争った。 前半では「」のをと井がし、4回を喫しながらECT数6を記録した。 新形式のコンペでは、「」をにしたの2Dのを懸けて競われた。 結果は嘉山の。 「・・」は同時収録の曲「」を歌うと、のP・智浩が出演し、「」の秘話や収録時のを披露した。 また同曲の・からのも紹介された。 こののは後日、のにて配信された。 () 後半では「」のを、嘉山に全てを託された小がし、ECT数9を出してフロ組を僅差で上回った。 放送日時:(火)~• 発売(表題曲):「」• 出演:、、• :、、智浩• 今回からOP曲が「」に変更された。 生出演は「 」から、表題曲を歌う(見・)と、同時収録曲「」からの計3名。 見は(前身番組から含めて)デレステNIGHT初出演となる。 は「数」を競った。 前半では「」のを見とがし、でしを記録した。 コンペはムのを懸けて競われ、見が過半数の得票を集めてした。 は同時収録の曲「」を歌うに加えて、同曲の・とPのが出演し、秘話や収録時のを披露した。 番組終盤で、が歌う「」()と、話に関連しての曲「」のが予告された。 放送日時:()~• 発売(表題曲):「」• 出演:、、• :、磯佳江• コンペ勝者:開催し は・第(総合第)役のが担当した。 生出演は「 」から、表題曲を歌うドリッチ・テ(千・咲)と、同時収録の「」()から佳村の計3名。 は「」を競った。 前半では千と咲が「」をし、2回を喫しながら,1点を記録した。 今回はコンペに代えて「もっと!」を開催し、出演者を代表して千がを体験した。 は同時収録の曲「」を歌うと、の磯佳江が出演した。 また作のbinもを寄せた。 の回復も手伝って2回にとどまり、は4,点だった。 番組終盤では、楽曲に関するとして下記の告知があった。 「」「」「」以降の楽曲は新「」として、「」から「」までは従来の「」として、並行して発売する。 なお「」などの7th「」関連楽曲は別の()に収録され、から順次発売予定。 4周年記念楽曲・第2弾として5曲が発表された。 「亜麻色のの」(ver. 放送日時:(火)~• 発売:• 「 33 」• 「 01 」• 出演:、、、• :、智浩• 生出演は「」から高と、「」からとの計4名。 は「BO数」を競った。 前半では高とが「」をするも3回を喫し、肝心のBO数は27にとどまった。 コンペは「」用のを懸けて行われ、な争いを高が制した。 は「」からと、Pのが出演した。 後半ではとが「」を。 高とのガヤやの悲鳴が飛び交う中、4回ながらを出した。 番組終盤では、楽曲「」を使用した「 」の開催予告や「」限定R([まとう])の紹介を行った。 また「5年のはイヤー!」と銘打ち、に続く第2弾の近日開を予告した。 () この第2弾に関して、7th「」演にて「」が発表された。 放送日時:()~• 発売:• 「 02 」• 「 for the s! 」(・・)• 「 」• 「 03 」• 出演:、、、• :、路• コンペ勝者:開催し は・第3位(総合第7位)役のが担当した。 生出演は「」と「」から、「」から、「」から、「」からの計4名。 は「ECT数」を競った。 前半ではとが「」を。 3回を喫しながらECT数を出した。 その後は「」と「」に関するを展開した。 は「」からと、の路が出演した。 () 終了後にが「」名義ので番組出演を報告し、同じくがした「」発表時点で伏せられていた素性を明かした。 なお、名義でも「」()をした実績がある。 後半ではとが「」を。 1回ながらECT数は669で、の結果は組のに終わった。 () 第話については「」を参照。 放送日時:(木):00~• 発売:• 「 」(・)• 「 04 」• 出演:、、、• 希は今回が関連の番組に初出演となった。 生出演は「」を歌う(・)と「」を歌うデア・アウ(・崎)の計4名。 は「」も歌唱している。 番組発表当初は・・の3名のみ出演予定だったが、後日崎の追加出演が決定した。 は実施し。 は「数」の少なさを競った。 前半ではとが「」をしたが、たちの妨に屈し3回、数を喫した。 コンペはの・をにし た上でに配慮した2Dのを懸けて争われた。 の結果、がした。 後半では崎とが「」をし、たちの妨を意に介さず1回、数に収めた。 番組終盤の告知では、の翌日に開始予定の「」のほか、R[クルホーリーナイト]の復刻予告に加えて、新登場Rの(1名=)が紹介された。 放送日時:(木):00~• 発売:• 「 」• 「 」• 出演:、、、• :、()、智浩• 生出演は「」を歌う(・種・)と「」から原の計4名。 「」にはのも歌唱参加している。 は「数」の少なさを競った。 前半ではの3人が「」を。 と原の妨をものともせず、1回、数に抑えた。 コンペはムのを懸けて争われ、上ので強なを与えた種がした。 は、前発売の「 」の同時収録曲「」を歌うと、・を担当した、そしてPの智浩が出演した。 () 後半では原とが「」をしたが、の圧に屈し、3回、数を喫した。 番組終盤では「」と「」に関して の近日追加と、近日登場予定の(各1名ずつ=・・)の他、第2弾・の開催時期(下旬予定)に加えて、「 for the! 」の発売()を発表した。 放送日時:(木)~• 発売(表題曲):• 「 05 」• 「 36 」• 「 for the! 」(・・)• 出演:、、、、• :、ミフ()、智浩• コンペ勝者:開催し• は・第(総合第4位)役のが担当した。 生出演は「」を歌う(・深)と「」を歌う(田澤・嘉山・)の計5名が登場した。 は「BO数」を競った。 前半ではが「」をし、6回を喫しながら、BO数は46を記録した。 今回はコンペ開催に替えて、7th「」のを行ったほか、に商品が発売される演「 s! 」のを開した。 は「」からと作のミフ、Pのが出演した。 後半ではが「」を3人でした。 がイアを押してしまうがあり、した結果こそ2回に抑えたものの、肝心のBO数はにとどまった。 の結果はのに終わり、負けたはをに宣伝した。 番組終盤では新として、近日開催予定の「」限定Rの紹介(2名=・)とともに、「 06 」の発売決定を告知した。 放送日時:()~• 「 」• 「 06 」• 「 s! MA M」• 出演:、、、、• コンペ勝者:開催し• は・第(総合第5位)役のが担当した。 生出演は「」を歌う(・)、「」を歌う・(・)、7th「」演「 s! 」からの計5名。 なお同演にはとも出演した。 コンペ・ともに実施なし。 は「数」の少なさを競った。 前半ではが「」を。 今回はコンペ開催とに代えて、7th「」演「 s! 」のを開した。 その後のではとがを流し、それを見たがする場面もあった。 同演の第2弾は放送後に開された。 途中がを始めるも2回、に収めた。 終盤の告知は下記の通り。 「 38 」発売決定• 翌日のから、「」開催• の上旬開催「 」にて、「」との楽曲「」が楽曲として登場• ・第4弾「」開催決定• はが続投。 ED「」(歌:、、、、)• 放送日時:()~• 「 38 」• 「 s! MA M」• 「 0-0 ・・」• 「 07 」• 「 08 」• 出演:、、• 紹介:石()、、()、ミズンキ、YY()• のによりを取りやめ、収録の音のみ配信した。 出演は「 0-0」から、、の3名。 では従来のを実施せず、同発売の作品を紹介するを展開した。 また各楽曲の者から寄せられたも紹介した。 番組終盤に告知された新は下記の通り。 配信翌日の同日に第話を追加、関連楽曲として「」• 近日開催、限定R([はのに])のを開• 楽曲「」歌:(・・)• ・第5弾「」開催決定、作品と楽曲は後日発表• 放送日時:()~• 発売(表題曲):「 」• 出演:、、、、智浩• 前回に引き続き、収録の音のみ配信した。 出演は「」を歌うの2名。 他にの、作の、Pのも出演した。 番組終盤に告知された新は下記の通り。 ・第5弾「」の追加• 「~ ~」OP曲「」(、歌唱:・)• 「」OP曲「」(、歌唱:)• 近日登場予定・新規Rのを開• 放送日時:(木)~• 発売(表題曲):• 「 for the! 」(・・)• 「 」• 「 09 」• 出演:、、、• :、、小伸五• 今回からでの同時配信を開始した。 また限定も配信あり。 生出演は「」から、「」を歌う(原・)、「」からの計4名。 は感染症予防対策として、曲の途中で一旦停止してする方式に変更した。 今回は「BO数」の長さで競った。 を記録した。 は「」を歌う安野、作の、の小が出演した。 内では、配信日が当日だった安野を祝う一幕もあった。 が4回と苦戦し、記録はに終わった。 番組終盤では7th「」演「i! 」商品の特別を上映した。 他に発表された新は下記の通り。 近日開催「」の報酬紹介(・)• の曲「」近日• ・第6弾「」開催決定 関連動画 関連項目•

次の