競技 かるた 聖地。 かるた世界大会、仏が優勝 大津の「聖地」で熱戦 (写真=共同) :日本経済新聞

「ちはやふる」人気すごすぎ?かるた甲子園への参加者急増で連盟が悲鳴

競技 かるた 聖地

人気の火付け役は、競技かるたを題材としたアニメ「ちはやふる」だ。 2011年にアニメの放映が日本で開始されてから、50以上の国と地域で配信されている。 競技かるたは、詠まれた歌の上の句に対応する下の句が書かれた字札を、相手より先に払い飛ばす瞬発力と集中力が必要な競技で、ハイレベルな戦いになるとゼロコンマ数秒の差で勝敗を決することもあり、非常に緊迫感がある。 原作は末次由紀による少女漫画で、主人公の高校生・綾瀬千早が競技かるた日本一のクイーンを目指す、というストーリーを中心に数々のドラマが展開され、躍動感のある競技かるたの描写とともに人気を博している。 2007年12月に講談社『BE・LOVE』への連載がスタートした原作漫画も、2009年以降、台湾やタイ、フランスなどで翻訳され、国際的に親しまれている。 かるた好きの外国人が日本に来て向かう場所は、滋賀県大津市の近江神宮だという。 「ちはやふる」の物語の中でも大会会場として描かれており、訪れたいと思うファンが多いようだ。 ここがカルタの聖地である近江神宮の入口だ 近江神宮は、祭神として飛鳥宮よりこの地に遷都した第38代天智天皇を祀っており、その天智天皇が詠んだ「秋の田の かりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ」という歌が、百人一首の第一番として選出されているという縁から、かるたの殿堂とも言われ、親しまれている。 個人戦はこれまでで最多の1,650人がエントリーしている。 ボストンには、2011年9月に「なかまろ会」というかるたの同好会が設立されている。 在米日本人とその子どもたちを中心に、5歳から50歳代の日系のハーフ、クウォーター、及び現地の白人層や中華系など様々な背景を持ったメンバーがおり、なかには日本語がまったく分からないメンバーもいるが、互いに日本文化を愛する仲間として活動している。 全員がボストンでかるたを始め、インターネットや日本の知人に教えてもらった情報をもとに練習している。 現在、中国、台湾、韓国、タイ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、ハンガリー、ベルギー、アメリカ、ブラジルなどにかるたのサークルがある。 ストーンさんによると、日本語のわからない外国人は、文字をデザインとしてとらえ、音と関連づけて記憶することもあるそうだ。 アメリカの上級者レベルのエリックとビアンの対決だ さて、近江神宮では、近年の「ちはやふる」のブームもあって競技かるたの試合で着用するはかま衣装のレンタル(1時間500円)が、若い女性に人気を呼んでいる。 外国人の利用も珍しくないという。 さらに従来の体験レンタルに加えて、近江神宮衣裳部では、びわ湖大津観光協会との共同企画により模擬十二単(じゅうにひとえ)の着用体験「かるたなりきり体験」を2017年より開始した。 八重畳の上で金屏風・几帳の前で模擬十二単の姿になり、かるたの気分に浸ろうというものだ。 かるたアニメの海外人気、海外でのかるた愛好者の拡がり、そしてかるたの聖地。 それが一本の糸でつながり、大津に訪れる外国人が増えている。 yamatogokoro.

次の

かるた世界大会、仏が優勝 大津の「聖地」で熱戦 (写真=共同) :日本経済新聞

競技 かるた 聖地

視界いっぱいの朱が印象的な近江神宮 近江神宮は 滋賀県大津市にある由緒正しい神社です。 私が近江神宮を知ったのは上にも書きましたが「 ちはやふる」です。 ホンモノはやはり凄かったです。 近江神宮は 天智天皇を御祭神として祀った神社です。 天智天皇と言えば 中大兄皇子ですね。 こっちの名前の方が知名度が高いような…(汗) 当時は中国や朝鮮による本土侵攻の危機にある危なっかしい時代でした。 そこで交通の要として重要な場所だった近江に都をうつして 大津京を作りました。 琵琶湖が近いので海へ出るアクセスも良かったんでしょうね。 天智天皇は 学校制度を作ったことでも知られています。 そんな天智天皇を祀った近江神宮は 全国にファンが多い神社なんです。 すぐそこに琵琶湖が見える湖畔の道路をずっと進んできた気がします。 ドライブとしての景色も楽しめる場所です。 そしてやはり印象的なのは、 その色ですね。 ちはやふるの中でも誰かが「 真っ赤やよ」って言ってましたが(笑) 見上げれば 視界いっぱいに広がる朱色は感動します。 その朱に続く階段を一歩一歩踏みしめて歩く時のドキドキ感は今でも忘れません。 かるたの名人とクイーンが生まれる場所 そもそも、 近江神宮が何故、かるたの聖地と呼ばれるかというとですね。 毎年、 競技かるたのトップを決める「 名人戦」「 クイーン戦」が近江神宮で行われるからです。 しかし何故、それが近江神宮なのかというと… 小倉百人一首の巻頭に天智天皇の歌が詠まれているからです。 近江神宮の御祭神が天智天皇という関連からかるたの聖地なのかと…。 境内には 百人一首のそれぞれの歌とイメージ写真がばばーんと飾られています。 天智天皇に始まり、有名な 小野小町や 紫式部、 在原業平や 平兼盛などなど 豪華な顔ぶれが並びます。 (中にはこの人誰?…って人も) 絵馬もかるたを取っている絵馬なのがこだわりですね。 一度でいいから、 クイーン戦とか見てみたいなぁ…。 ちなみに 競技かるた体験なんかもやってます(笑) また毎年1月中頃には新年恒例のかるた初めの行事である 「 かるた祭・かるた開きの儀」が行われています。 こっちも気になりますね! クイーン戦はこんな感じです。。。 近江神宮にはもう一つ裏の顔があった えーと、裏と言ってしまうのも間違っている気がするのですが 「かるたの聖地だ」ということしか頭になかった私にとっては 裏の顔です。 近江神宮は 時計の神様としても祀られているんです。 それもそのはず…。 日本で初めて「 時刻」の制度を作ったのが 天智天皇なんです! ビックリー!! 日本書紀にも記してあって「 初めて漏刻を用い鐘鼓を鳴らして時を知らせた」とあります。 近江神宮の境内にも「 時計館宝物館」なるものが建てられています。 日時計や 水時計、 火時計など、馴染みのない時計がおもむろに置かれています。 日時計は今もちゃんと時刻を示しているんですよ。 意外な裏の顔でした。 私が訪れたのは 早朝の誰もいない近江神宮でした。 巫女さんや神主さんがようやく動き出したような時間です。 朝の凛とした空気と近江神宮の朱色が、何とも言えない神聖な空気をまとっていました。 やがて昇ってくる太陽と鳥居が重なって神々しかったのを覚えています。 近江神宮に行くなら早朝がおすすめです! アクセス方法 新幹線で「京都駅」から湖西線に乗り換えて「大津京駅」で下車します。 (この間、11分ほどです) 大津京駅から徒歩で「京阪皇子山駅」に向かいます。 150メートルほどです。 京阪線に乗り1つめの「近江神宮前駅」で下車したら、徒歩で9分程度で到着です。 各地から新幹線を使って訪れる場合は、同じルートになります。 最寄駅が「近江神宮前駅」ですが、徒歩9分のうちの半分は 境内に入っているので、楽しんで歩けますよ。

次の

近江神宮でちはやふるの聖地巡礼!登場人物の気分を満喫できる体験やグッズも必見!

競技 かるた 聖地

近江神宮へのアクセスは? 近江神宮へは電車または車で訪れることができます。 花見や紅葉シーズン、年末年始以外はあまり混雑することはありません。 まずは、電車・車それぞれで訪れる場合について、見ていきましょう! なお、アクセスはから確認することができますが、公式サイトには載っていない注意点も書いていきます。 電車を利用して訪れる まず電車ですが、最寄り駅として京阪電車の近江神宮前駅がありますので、下車してから徒歩約10分で近江神宮の入り口に到着します。 ちなみに、近江神宮前駅は無人駅となっています。 JRをご利用の方は大津京駅で下車し、そこから京阪電車の京阪大津京駅に乗り換え、近江神宮前駅まで行きます。 大津京駅は改札が1つで、改札を出て階段を降りていくと京阪電車までの案内看板も出ていますので、迷うことはありません。 京阪大津京駅から近江神宮前駅までは1駅で、乗車時間は1分となっています。 運賃は170円で、約10分おき間隔で運行していますので、非常に便利です。 ちなみに私は、1駅分の運賃代を節約したいと思い、大津京駅から一度近江神宮まで歩いたことがありますが、のんびり歩いて25分ほどかかりました。 Googleで調べてみると、徒歩約20分となっていました。 けっこう疲れるのであんまりおすすめはしません。 笑 大津京駅ではタクシーもたくさん停まっていますので、訪れる人数が多い場合はタクシーを利用してもいいですね。 車を利用して訪れる 車で訪れる場合は、近江神宮内の駐車場を利用することができます。 まずは、下記写真のように近江神宮の入り口を目指しましょう。 近江神宮を入っていくと、駐車場が見えてきます。 駐車場というよりは、敷地内の側道に駐車するようなイメージです。 料金は無料で、台数も公式サイトでは200台停められると記載されています。 しかし、12月31日の夜~1月5日のみ駐車料金は500円で有料となりますので、ご注意ください。 近江神宮内を散策 近江神宮には、赤色を基調とした建造物が並んでいます。 手水舎を過ぎると、楼門が構えています。 綺麗な赤色をしており、非常に壮観です。 楼門をくぐると、本殿への階段、神符授与所、各所への道が並んでいます。 神符授与所では、御守りやおみくじ、御朱印を頂けます。 私が訪れた時期はちょうど七五三の時期で、記念撮影も実施されていました。 私が近江神宮内を散策している中で目を引いたのが、拡大された百人一首の絵札です。 百人一首の聖地ならではのものですね! その他、実寸大の百人一首も飾られていました。 近江神宮内の歌碑・句碑 近江神宮内には多くの歌碑・句碑があります。 芭蕉句碑• 天智天皇御製• 横井時常歌碑• 平田貫一歌碑• 香川進他歌碑• 保田與重郎歌碑• 春日真木子歌碑• 伊藤香舟女句碑• 桂樟蹊子句碑• 高市黒人歌碑• 柿本人麻呂歌碑• 吟友の碑 歌碑・句碑は各所に点在しています。 例えば、下記写真は天智天皇御製です。 非常に立派な碑ですね。 御朱印のデザインは? 近江神宮の御朱印は、神符授与所で頂くことができます。 御朱印を頂ける窓口は1つとなっています。 そして、私が頂いた御朱印は下記の写真です。 神紋と「古都大津京鎮座」、「近江神宮」の文字を描く、非常にシンプルな御朱印となっています。 独特な御朱印を求めている方にとっては少し物足りないかもしれませんが、百人一首聖地の御朱印として頂いておきたいところです。 御朱印の料金・受付時間は? 御朱印の料金と受付時間は下記表の通りです。 料金 受付時間 300円 午前9時~午後4時30分 一般的な料金と受付時間となっています。 私が訪れた時期は、紅葉が色付き始めた時期で紅葉シーズンの少し前でしたが、特に受付に列はありませんでした。 しかし、繁忙期は混雑が予想されます。 余裕を持って訪れるようにしましょう! ちはやふるの映画の舞台にも!! 近江神宮は天智天皇が祀られているため、百人一首の聖地として有名ではありますが、それだけではありません。 近江神宮には 近江勧学館と呼ばれる場所があり、競技かるた大会の会場でもあります! 近江勧学館内では様々な展示物がなされています。 また、競技かるたの会場は一般公開されており、中に入ることも可能です。 さらに、近江神宮は女優広瀬すずさん主演のちはやふるの映画舞台にもなりました! 近江勧学館内では、そのときの様子がギャラリーで飾られています。 映画に出演された方々のサインまで飾られていました。 ちはやふるを好きな方は、一度足を運んでみても良いかもしれませんね!.

次の