厭世的時代考証。 天上的异象 耶利米的异象 一 神的呼招与检选

慘遭活埋的母子:廢材娘親傲異世

厭世的時代考証

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 が含まれているおそれがあります。 ( 2019年10月)• 日本中心に書かれており、 からの説明がされていないおそれがあります。 ( 2020年5月) 時代考証(じだい こうしょう)とは、・の映像作品 や などで、用いられている衣装や道具や装置 (・)、風俗や作法 ()などが、題材となった時代のものとして適当なものか否かについてすること。 専門分野に応じて 美術考証(びじゅつ こうしょう)・ 衣装考証(いしょう こうしょう)などとも呼ばれる。 また略して単に 考証(こうしょう)ともいい、 (かんしゅう)としてクレジットされることもある。 セリフの や、制度、史実との整合性 なども考証対象とされる。 について語られることが多いが、近代・現代を扱った作品でもこうした業務は必要とされる。 なお、小説や漫画を論じるに際しても「時代考証」の語が用いられることがある(漫画では外部の専門家が時代考証としてクレジットされることがある)が、本項ではドラマ制作における時代考証を中心として述べる。 テレビドラマ制作上の時代考証 [ ] 業務概要 [ ] 時代考証の業務の主要なものとしては、事前にシナリオをチェックすることや、撮影中に現場からの疑問や質問に答えることが挙げられる。 NHKで時代考証担当ディレクターを務めるによれば、「ドラマの時代考証とは、番組で取り上げられる史実・時代背景・美術・小道具等をチェックして、なるべく史的に正しい形にしていく作業」 、突き詰めれば「へんなものを出さない」ための仕事 である。 「時代考証学会」を設立し会長を務めるは、「一言でいうと、その時代らしい映像やストーリーを作るために情報を供給する仕事」と述べている。 NHK大河ドラマの場合 [ ] 21世紀初頭(2000年代-2010年代)のNHK大河ドラマ制作においては、時代考証はおおむね以下のように行われる。 台本の初稿ができあがると、・、外部の専門家(時代考証をはじめとする各種考証担当者)、およびNHK内(制作側)の考証担当者が定期的に集まる「考証会議」が設けられる。 原稿の読み合わせが行われ、考証の見地からの意見が出されて議論が行われ、台本原稿が修正されていき、最終的な台本が仕上がる。 「考証会議」でストーリーそのものが変更されることは基本的にはないという。 また考証者の見解をどの程度反映するかは脚本家 や演出家 の判断となる。 シナリオチェックでは、セリフの言葉遣いや歴史的事実(「このような出来事はあり得ない」「この人物がここにいるのはおかしい」等)などの確認が行われる。 戦国時代を舞台とする複数の大河ドラマで考証を務めたは、この段階で修正を行った実例として、「絶対家族を守る」というセリフ(「絶対」も「家族」もにはない表現) 、4月の京都から軍勢が「桜吹雪の中で」出発する描写(旧暦と新暦の取り違い)や 、を「米どころ・酒どころ」と述べるセリフ(現代の感覚を過去にさかのぼらせたことによる誤り) などを紹介している。 小和田によれば人名の読み方(の姓をどう読むかなど)も案外に多く問題になるという。 ドラマ撮影の現場から上がってくる様々な疑問や質問に答えるのも時代考証の職掌である。 たとえば食事のシーンを撮影する際しては、どのような食材や調理法が存在するか、描写された人物の状況において適切であるかなどという情報が必要であり 、考証担当者はその場で、あるいは資料を調べたのちに折り返し回答をすることになる。 小和田は「時代考証の仕事として結構時間がとられるのが、制作・演出の人たちとのやりとりである」と述べ 、『』で時代考証を務めたも、撮影中は「何か疑問があれば四六時中プロデューサーから電話が入る」日々であったと言う。 また、同じく『真田丸』で時代考証を務めたは、制作スタッフやキャストから「この人はどういう人物なのか、どうしてこういう行動をとったのか」という質問をよく受けたという。 時代考証の担当者は、小道具の制作に関与することもある。 たとえばドラマ内で使われる書状について、制作・演出の狙いに沿い、当時のものとして不自然ではない文面や書式で作成するなどの作業である。 文書に関しては 古文書考証の担当を外部に依頼することもある。 また、テレビ放送後に番組に寄せられる問い合わせや「時代考証の誤り」ではないかとする指摘に対する、番組側からの回答にも関わることになる。 丸島和洋によれば、時代考証担当者の作品への関わり方は様々である。 事前にシナリオをチェックしてセリフを直し、撮影後に映像をチェックするだけの場合もあれば、脚本段階から議論を重ね作品制作に参加することもある。 小和田哲男は『』で原作者のと執筆段階からコンタクトを持っており、大河ドラマでは従来「ねね」と呼ばれていたの名を「おね」とするよう説得したと記している。 丸島は『真田丸』で脚本段階から関わり、資料提供を行ったという。 時代考証の担当者 [ ] 『』で使用された衣装。 衣裳考証は小泉寛明()が務めた。 一般的に、ドラマのクレジットで「時代考証」あるいは「監修」として名前が挙げられる歴史学者や考証家が行うと認知されている。 また制作側でも時代考証の能力や知識は必要とされ、制作側に時代考証の担当者が置かれることもある。 NHK職員向けの考証資料をもとに『考証要集』(文春文庫)等を上梓した大森洋平は、NHKのディレクターとして時代考証業務を担当する。 「時代考証の専門家とドラマ制作現場をつなぐ仕事」であり 、専門家が専門分野から検討するのに対して、専門家の守備範囲外をカバーする「雑学」的知識の集積に努めているという。 TBSドラマ『』などの時代考証を担当したは「時代考証家」の肩書で活動している。 山田は放送作家・番組制作の経験の持ち主であり、テレビ番組のリサーチと企画構成を専業としている。 『天皇の料理番』において、山田は台本以前の仮本の段階から言い回しを確認にあたった。 山田はドラマのロケにも同行するスタイルをとっており、ロケ地には事前に入って建築物の様式のチェックも行う。 美術や衣裳など、「時代考証」と別に「考証」の役職が設けられることがある。 美術考証 [ ] 映画やテレビドラマにおいて、大道具・小道具・衣裳のデザインなどは一般にの職掌とされており、ある時代や状況に即したものかを考証することもそのうちに含まれる。 衣装考証 [ ] 演劇や映画などでは、一般的に美術担当スタッフが衣装を決定するが、時代的考証のために専任者を置くことがある。 歴史的事実とドラマ的真実 [ ] の一つ、。 一部は長野県に指定されている。 「時代考証をやりながら、これは絶対に無理だというものがある。 〔…中略…〕まず、馬である。 」「本当はそうした馬を使って撮影してもらいたいところであるが、そうなると頭数を揃える難かしさが生まれてくる。 」(小和田哲男) 時代考証は、歴史的事実とドラマ的真実(リアリティ)の整合をはかる作業である。 小和田は「歴史ドラマはどこまでフィクションが許されるのか。 このことについての明快なガイドラインはまだない。 だからこそ、時代考証という仕事の重要性があるのではないかと考えている」と述べる。 丸島は時代考証について、「史実に忠実でさえあればいいのかというと、そうではない」と述べている。 ある言葉や言い回しがその時代にあったかという点は考証の重要な対象の一つであるが 、たとえば戦国時代の言葉だけでセリフを構成するのは不可能であり、視聴者が理解できなくなってしまってはドラマとして本末転倒である。 映像作品を仕上げるという目的のために、考証担当者が「誤り」と知りつつ認める点も多々ある。 近代以前の日本の馬は体高の低いであるが、調達することが困難であることと、映像的な見栄えの点でが使用されるのが代表的な例である。 近代以前の日本では一定の身分の者や既婚女性はをしていたが、今日の視聴者の感覚には相いれない。 事業が進んだ今日、中世・近世さながらの田園風景をロケ地として確保するのは困難であり 、燭台しかなかった時代の室内照明の「暗さ」を表現しようとすれば画面の見やすさに関わる。 「歴史的な正確さ」への期待 [ ] 小和田は、多くの人々がNHK大河ドラマを「歴史再現ドラマ」として捉えている、という認識を示している。 大河ドラマはもとよりフィクションであるが、映像になっているものが史実として刷り込まれるかもしれない 、ゆえにドラマの制約の中でも「史実に近づける努力」はしなければならない と小和田は言う。 小和田はドラマの影響力の大きさを認知し、「従来のイメージ」ではあるが誤りと考えられる点を退け、学界での通説や、新たな研究成果を取り込むことも試みているという。 一般に「真田幸村」の名で知られる戦国武将について、小和田は『』(2009年)監修時に「信繁が正しい名乗りであることを世間にアピールするよい機会と考え」て考証会議で信繁を使用することを主張したが、通らなかったと述べている(なお「幸村」の使用を主張する側も、江戸時代にが編纂した『左衛門佐君伝記稿』を論拠に論陣を張った)。 なお、NHK大河ドラマで「真田信繁」が実現するのは『』(2016年)からである。 『』で監修を務めた丸島は「この時代」のはしていたこと を描写すべく、「演出上わかりづらい」と難色を示す制作側と交渉し、終盤で映像化を実現している。 「の際に織田信長が自ら鉄砲を持って応戦し、銃撃戦を展開するシーン」は、多くのドラマ・映画・漫画でたびたび描かれてきた。 『』(2006年)の脚本でも銃撃シーンがあり、小和田は考証会議の席で『』を示しながら信長が鉄砲を持ち出す記述がないと修正を主張したが、制作側から「その夜の本能寺に鉄砲が一挺もなかったという史料はありますか」と反論され、それ以上「だめ」と言えなくなったという。 小和田は『』(2009年)においてはが倒れるシーン(史実ではの厠で倒れた)で演出側から「場所の変更」の打診を受け、当初は史実通りの描写を主張したが、厠で倒れる姿は映像にしにくいなどの意見を受けた結果、「謙信ほどの英雄が厠で倒れるというのも少しかわいそうだ」とも思われて場所の変更を可としている。 なおその結果放送後に「抗議」が殺到し、小和田は「謙信が厠で倒れた」ことが広く知られていることに驚くとともに、NHKには「演出上の変更」と回答してもらったという。 考証の結果として導かれたものであるとしても、視聴者の期待するイメージと考証が反する場合は反発を醸すことがある。 大河ドラマ『』では、考証に基づいて原色の色使いの衣装を採用したが、否定的なものを含め「さまざまなご意見」があったという。 「面白いドラマ」への期待 [ ] NHKの大森は「資料が残っていない部分は演出のさじ加減」 、「時代考証とは、登場人物の服装、行動、話し方などの枠組みを決める作業です。 その枠の中では、自由に遊んでもいいんです。 あくまで史実に引っかけた『ファンタジー』ですから」としている。 『』の時代考証を務めたは、大河ドラマは「歴史ドラマ」であり「歴史ドキュメント」ではないと述べる。 原口は『西郷どん』のプロットづくり(脚本は)から関わっているが、あえて史実と異なる「フェイク」 も多く通している。 歴史学者のには、映画化された著書もあるが(『』『』)、「歴史映画」について「その時代のエッセンスがわかるということは重要ですが、必ずしも史実にのっとっている必要はない」「実際起きていなくても、起きうる出来事を描いていれば、それは歴史映画だと言っていい」と述べている。 時代劇研究家のは『なぜ時代劇は滅びるのか』(2014年)において、「極端に言えば、それ〔注:時代劇〕が作品として面白ければ考証として正しかろうが間違っていようがどうでもいい」と自らの関心を述べ 、「多くの観客が時代劇に求めるのは「正確な史実」でも「最新の学説の発表」でもない。 「ロマン」つまり「こうだったら面白い」という世界である」とする。 春日は、テレビドラマ『』(中村吉右衛門主演)で表現された「江戸情緒」を高く評価しているが、一方で時代劇というジャンルが「時代考証」に過剰に縛られドラマとしての表現を窮屈にする結果を招いてしまい、作り手にとっても視聴者にとっても時代劇が「敷居の高い」「つまらない」ジャンルになって衰退してしまったとする。 春日は考証とドラマ制作との関係について、「考証に忠実な美術監督」と評価されているの、時代劇のセット設計で最も重要なのは考証に忠実かではなく、ドラマの情感をどれだけ表現できるかであるという言葉を紹介している。 春日は、制作者側が自由にイマジネーションを働かせ、細部まで完成された虚構世界を築き上げた「ファンタジーとしての時代劇」 の復活を期待するが、「いい加減に作られた時代劇」を「ファンタジー」と呼ぶ傾向を批判する。 なお春日は大河ドラマに関して、「歴史の残酷さに翻弄される人間たちの無力さ、儚さ」 や「寂寥感」 が魅力という見方を示しており、「史実を忠実に再現することが必ずしも正解ではない」と主張する。 その証左として、「名作」と呼ばれる大河ドラマ作品のほとんどは物語性のために創作を盛り込み史実を改変してきたと述べる。 春日は2000年代以降の大河ドラマの一部についてリアリティがないと酷評しているが 、考証の観点ではなく物語性の観点からであり、「わかりやすさ」を追究したご都合主義的な脚本を批判している。 歴史 [ ] 舞台演劇 [ ] 過去の歴史や人物を扱ったを、実際のものに近づけようとする試みはさまざまに存在した。 19世紀後半、ドイツのが自ら指導にあたった (、) は、近代演劇運動に重要な足跡を残したが 、この劇団が行った革新の一つが「歴史的に正確な」衣装や装置を導入することであった。 たとえばシェイクスピアの『』を上演するにあたっては、が暗殺されたのの景観(、議場であった、)を、当時の研究に基づいて舞台装置で再現しようとしている :7。 当時の新聞には博物館のようであるという評が、肯定的にも批判的 にも用いられた :4。 考証に凝りすぎることを「マイニンゲン風」( meiningerei マイニンゲライ)と呼ぶ言葉も残した。 が演じる『』の平重盛 日本においては、明治期のの革新運動()の中で、従来の荒唐無稽な「時代物」に代わり、演目の設定、人物像、筋立て、扮装、装置などの時代考証を厳密にした「」の制作が行われるようになった。 中心となったのはで 、()座元の 、狂言作者の第一人者である 、漢学者・劇作家の らが協力した。 黙阿弥やらによる脚本の新作・改作、衣装や小道具・装置を史実に沿ったものにするなど 、写実的な新演出を試みた。 活歴物は史実に忠実であろうとするあまり芸術的完成度の点は不十分であったと評され 、一般観客には受け入れられなかった。 「活歴」という言葉自体、劇評家でもあったが『二張弓千種重藤』を「活歴史」と評したことに由来し、これは依田学海らの「時代物は活きたる歴史でなくてはならない」とする発言を受けたものであるが、魯文は「これは芝居ではない」という揶揄的な意味で用いたのであった。 活歴物はほとんどが途絶し、現在も演じられているのは『』(通称『高時』)程度である。 しかし、活歴物で試みられた演出や演技は、歴史演劇に大きな影響を残した。 テレビドラマ [ ] 歴史雑誌編集者で著書に『時代劇の「嘘」と「演出」』があるによれば、「「時代考証家」という肩書きで常に語られ、また時代考証という営み自体が一般に知られるようになる端緒を開いた人物」はであるという。 なお、NHK大河ドラマで初めてスタッフ・クレジットに「時代考証」が記されるようになったのは、1967年の第5作『』(担当は歴史学者の)である。 著名な時代考証家 [ ] 文筆家 [ ] (1870年 - 1952年) 江戸文化・風俗を研究して広範な分野で膨大な書籍を残し「の祖」と呼ばれ、また時代考証の「元祖」として扱われることの多い人物。 ただし、鳶魚の時代に「時代考証」という言葉は使われておらず、本人も「時代考証家」と名乗ってはいない。 大正時代から盛んになったにおいて考証が杜撰であることについて、著書『大衆文芸評判記』『時代小説評判記』で辛辣な非難を加えている。 (1912年 - 1996年) 新聞記者・雑誌記者から文筆業に入る。 NHK大河ドラマでは第6作『』(1968年)にはじまり、『』、『』、『』、『』(1976年)まで5作の時代考証を担当。 『歴史考証事典』『時代考証事典』など数多くの著書がある。 (1922年 - 1999年) 宣伝部に勤務し監督作品の時代考証に従事(1960年に退社)。 映像メディアに必要とされる風俗考証から、江戸時代の草双紙や浮世絵の研究へと進み 、江戸文学・浮世絵の研究家として活動するとともに、映画・舞台・テレビ番組などの時代考証家としても活躍した。 時代考証をめぐる随筆集『時代風俗考証事典』(1977年)において、「考証のためにドラマがある」のではなく「ドラマのために考証がある」という考証スタンスを主張している。 (1958年 - 2005年) 稲垣史生に師事。 漫画家・江戸風俗研究家として知られる。 1993年に漫画家を引退し、江戸風俗や浮世絵の研究に専念した。 NHKのバラエティー番組「」に解説者として9年間レギュラー出演したほか、多くのエッセイを記した。 画家 [ ] (1875年 - 1954年) 日本画家。 舞台装置や時代考証も手掛け、知られた。 (1887年 - 1940年) 日本画家。 風俗考証に定評があったといい、挿絵・装幀のほかに舞台や映画の装置も手掛けた。 林美一は『時代風俗考証事典』において、1926年(大正15年)に監督が『』を撮影した際に髪や衣装のデザインを小林に依頼し、この時に用いたのが「時代考証」という用語の始まりという説を書き留めている。 (1901年 - 1974年) 画家。 「連載小説の挿絵画家の第一人者」と評されるとともに、1937年の映画『』(監督)で「美術考証」を務めたのをはじめ、『その前夜』、『すみだ川』、『』、『』(監督、1956年)で考証を行った (1904年 - 1963年) 日本画家。 に師事し歴史風俗画を描く。 黒澤明監督の映画『七人の侍』で衣装考証を行ったほか、歌舞伎『新忠臣蔵』の舞台装置制作、吉川英治『太閤記』の挿絵を手掛けた。 (1922年 - 1997年) 日本画家。 大仏次郎や山本周五郎の小説に挿絵を多く描いたほか、舞台や映画の時代考証も多く手がけた。 学者 [ ] (1884年 - 1979年) 日本風俗史学者。 1911年に風俗史研究会を組織。 研究発表・講演や実演を通して普及に努めたほか、映画やテレビ番組、京都のやの時代考証家としても活躍した。 (1902年 - 1979年) 歴史学者。 専門は法制史であるが、家学の研究を受け継ぎ、葵祭や時代祭、などの時代考証を行った。 子の(考古学者) も時代祭考証委員長などを務めている。 (1902年 - 1987年) 歴史学者。 専門は日本中世史・茶道史。 『』など、大河ドラマの時代考証・監修を4度にわたって務めた。 (1940年生) 歴史学者。 専門は日本中世史(戦国時代)。 有職故実研究の第一人者とされるとともに『花の乱』(1994年)から、『軍師官兵衛』(2014年)まで時代考証・風俗考証として14作に関わる。 時代考証に関する著書として『時代劇と風俗考証:やさしい有職故実入門』(吉川弘文館、2005年)。 テレビにおける時代劇表現の向上を図るなど放送文化の向上に貢献したことを理由として、2005年度のを受賞している。 (1944年生) 歴史学者。 専門は日本中世史(戦国時代)。 NHK大河ドラマでは『』(1996年)以来、『』『』『』『』『』『』で時代考証を務める。 時代考証に関する著書として『歴史ドラマと時代考証』などがある。 (1953年生) 歴史学者。 専門は日本近世史。 『』『』『』『』『』で時代考証を担当。 2009年に「時代考証学会」を設立し会長に就任。 (1957年 - 2020年) 歴史学者。 専門は日本近世史。 テレビ番組の歴史解説や時代劇作品の時代考証も多数務めた。 その他 [ ] 3代目(1891年 - 1952年) 歌舞伎小道具方。 画家に師事、鎧づくりの名手とされた。 有職故実、時代考証に造詣が深く、歌舞伎のほか、新派、新国劇、オペラ、バレエ、新劇などの小道具も手掛けた。 (1912年 - 2006年) 武術家。 武術の実践とともに時代考証家としても著名であり 、捕り物道具のコレクションがに寄贈されている。 『絵でみる時代考証百科』『間違いだらけの時代劇』などの著書がある。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 小和田は『』において、シナリオでは秀吉と蜂須賀小六の出会いの場所をに架かる橋()の上としていたものを、当時矢作川に橋が架けられていなかったという知見に照らして修正したこと(小舟の上で出会うこととなった)を、呼称等の修正に対して「ドラマの根幹」にかかわる変更を行った例として挙げている。 NHKの大河ドラマでは夜の室内が明るく表現されすぎていると考えていた小和田は、『秀吉』で初めて時代考証を担当した際にいつもより暗く撮ってもらい「まずまず」満足していたところ、の団体からこれでは何も見えないと抗議を受けたという。 『真田丸』での「信繁」使用は制作陣からの提起で、考証を打診された丸島が「制作陣の本気を感じました」と述べている。 も参照。 西郷隆盛と妻の糸(史実では糸が16歳年下)を幼馴染するなど。 この設定について原口は「脚本のさんが『2人は子供のときに会わせたい』との希望でしたので、『まあ、いいでしょう』と」と述べる。 考証的正しさに囚われない作品として、映画『』(監督)で、西部劇的なスタイルを求め、ピストルやマフラーを仲代達矢演じる人物に持たせた例などを挙げている。 『』(1979年)で架空の人物「伊東祐之」が物語の根幹にかかわる重要な役割を担った例、など。 『』以降の俗に「スイーツ大河」と呼ばれる風潮、特に『』を俎上に挙げている。 マイニンゲン劇団、マイニンゲン公劇団、マイニンゲン宮廷劇団とも訳される。 主席演出家は ()。 批判的なものには、この劇団の演出で重要なのは役者ではなく考古学者・歴史家・背景画家などであると書かれた :5。 出典 [ ]• デジタル大辞泉(コトバンク所収). 2020年5月6日閲覧。 精選版 日本国語大辞典(コトバンク所収). 2020年5月6日閲覧。 大辞林 第三版(コトバンク所収). 2020年5月6日閲覧。 SEKAI. 2020年5月6日閲覧。 マイナビニュース(週刊ポスト2013年4月26日号の転載). 2020年5月6日閲覧。 大森洋平『考証要集』(文春文庫)• exciteニュース. 2020年5月6日閲覧。 歴人マガジン. 2020年5月6日閲覧。 Smart FLASH 2016年7月24日. 2020年5月6日閲覧。 小和田(2010年)、kindle版位置No. 221• 小和田(2010年)、kindle版位置No. 230• 小和田(2010年)、kindle版位置No. 331• 小和田(2010年)、kindle版位置No. 280• 小和田(2010年)、kindle版位置No. 159• 小和田(2010年)、kindle版位置No. 902• 996• 黒田基樹『羽柴家崩壊』(平凡社〔中世から近世へ〕、2017年)、kindle版No. 3022• 小和田(2010年)、kindle版位置No. 1000• 小和田(2010年)、kindle版位置No. 203• 文藝春秋. 2020年5月6日閲覧。 スポーツニッポン. 2015年5月24日. 2020年5月6日閲覧。 日本映画テレビ美術監督協会. 2020年5月11日閲覧。 日本映画テレビ美術監督協会. 2020年5月11日閲覧。 きもの用語大全. きもの館 創美苑. 2020年5月11日閲覧。 923• 明治大学リバティアカデミー. 明治大学. 2020年5月6日閲覧。 小和田(2010年)、kindle版位置No. 小和田(2010年)、kindle版位置No. 953• 小和田(2010年)、kindle版位置No. 363• 小和田(2010年)、kindle版位置No. 992• 小和田(2010年)、kindle版位置No. 小和田(2010年)、kindle版位置No. 小和田(2010年)、kindle版位置No. 小和田(2010年)、kindle版位置No. 618• 小和田(2010年)、kindle版位置No. 680• 小和田(2010年)、kindle版位置No. 645• 2020年5月11日閲覧。 smartFLASH. 2018年1月28日. 2020年5月10日閲覧。 産経新聞. 2018年6月10日. 2020年5月10日閲覧。 トレンドニュース. GYAO 2017年6月2日. 2020年5月11日閲覧。 春日(2014年)、kindle版位置No. 854• 春日(2014年)、kindle版位置No. 863• 春日(2014年)、kindle版位置No. 884• 春日(2014年)、kindle版位置No. 897• 春日(2014年)、kindle版位置No. 1708• 春日(2014年)、kindle版位置No. 1718• 春日(2014年)、kindle版位置No. 1646• 日本大百科全書 ニッポニカ (コトバンク所収). 2020年5月28日閲覧。 日本大百科全書 ニッポニカ (コトバンク所収). 2020年5月6日閲覧。 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典(コトバンク所収). 2020年5月6日閲覧。 世界大百科事典 第2版(コトバンク所収). 2020年5月6日閲覧。 世界大百科事典 第2版(コトバンク所収). 2020年5月6日閲覧。 日本大百科全書 ニッポニカ (コトバンク所収). 2020年5月29日閲覧。 マイナビニュース(週刊ポスト2013年6月28日号の転載). 2020年5月7日閲覧。 大阪府立図書館. 2020年5月7日閲覧。 20世紀日本人名事典(コトバンク所収). 2020年6月6日閲覧。 20世紀日本人名事典(コトバンク所収). 2020年6月6日閲覧。 東京文化財研究所. 2020年5月7日閲覧。 2020年6月6日閲覧。 松岡正剛. 松岡正剛の千夜千冊. 2020年5月7日閲覧。 イミダス 2005年7月. 2020年5月7日閲覧。 2020年6月6日閲覧。 2020年6月6日閲覧。 伊野孝行のブログ. 2020年6月6日閲覧。 文春写真館 2015年11月9日. 2020年5月7日閲覧。 2020年6月6日閲覧。 20世紀日本人名事典(コトバンク所収). 2020年6月6日閲覧。 2020年6月6日閲覧。 20世紀日本人名事典(コトバンク所収). 2020年6月6日閲覧。 20世紀日本人名事典(コトバンク所収). 2020年6月6日閲覧。 奈良新聞. 2016年2月19日. 2020年6月6日閲覧。 20世紀日本人名事典(コトバンク所収). 2020年6月6日閲覧。 2020年5月7日閲覧。 2020年5月7日閲覧。 20世紀日本人名事典(コトバンク所収). 2020年6月6日閲覧。 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典, 日本大百科全書 ニッポニカ (コトバンク所収). 2020年6月6日閲覧。 朝日日本歴史人物事典(コトバンク所収). 2020年6月6日閲覧。 明治大学博物館年報 明治大学博物館事務室. 2020年5月7日閲覧。. 参考文献 [ ]• 『歴史ドラマと時代考証』(中経出版〔中経の文庫〕、2010年)• 『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社〔新潮新書〕、2014年) 関連書籍 [ ]• 『時代考証事典』 稲垣史生 1979年• 『時代風俗考証事典』林 美一 2001年 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

逆天寶寶:廢材娘親傲異世

厭世的時代考証

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 はなどを用いてください。 ( 2015年1月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2015年1月)• 曖昧な記述になっています。 本名は 学乗。 は 枚叔。 を面で支えたことから、・と並ぶ「革命三尊」の一人として尊崇される。 中国の伝統思想()をのもとに論じたことから、「国学大師」とも形容される。 生涯 [ ] 生誕から戊戌政変まで [ ] 、での家の四男として生まれる。 幼少より母方の祖父と父からの手ほどきを受けた。 、にある「詁経精舎」に入学する。 詁経精舎は、によって建設され、に由来する皖派の伝統を継ぐ書院だった。 章炳麟はそこでに師事し、や、・などのを修得した。 なお、章炳麟はのための学問を軽蔑していたため、科挙を受験していない。 章炳麟は、もしも時代が違えば、革命とは無縁の学者として活躍したであろうが、あたかもの後を追うかのように反清活動に人生を捧げることになる。 、人生の転機が訪れる。 この年、の敗戦とそれに伴うの締結は、中国の知識人たちに衝撃を与えた。 章炳麟は、この年に結成されたに参加する。 強学会は、・・らによる、としての()を主張する政治団体( 変法派・保皇派・)であり、章炳麟はその機関誌『 ()』でを務める。 章炳麟は『時務報』に二編の記事を寄稿し、変法派として一年半ほど活動する。 しかしやがて主張の相違から、変法派から距離を置くようになる。 、変法派を容れたが改革が実行するも、・ら保守派によって鎮圧され、変法派が処刑・弾圧されるという事件が起きる()。 章炳麟は既に変法派と距離を置いていたが、弾圧が自分にも及ぶのを避けるため、を経てへする。 日本への亡命 [ ] 日本では、同じく亡命中の梁啓超と再び交際するとともに、期日本の学界を通じてやについて学ぶ。 また、梁啓超を通じてを紹介されるが、このときはごく軽い交際に終始した。 章炳麟はその後、日本とを往復しつつ、変法派と対照的な 革命派として、を主張するようになる。 上海では、康有為の別の弟子で、後に ()と呼ばれる武装決起を準備中のとの面識を得る。 その縁で、6月、上海において開催された「中国国会」(会長・副会長)に章炳麟は参加する。 唐才常はこの会によって変法派と革命派の協力を画策しての開催であったため、その会規則には双方の主張が採用され、「 種族革命」と「勤皇」という相矛盾する要素が併記されていた。 ここで示す種族革命とは革命の主体を民族に置くもので、具体的には満州人に対して漢民族が行う民族革命を指す。 また勤皇とは光緒帝に忠誠を誓い立憲君主制樹立のために動くことを意味した。 種族革命を主張していた章炳麟は勤皇の方針は承諾できる内容のものでなく、以後中国国会に出席せず脱会している。 そしてを断髪し、革命派の旗幟を鮮明にするに至る。 そしてこれ以後、章炳麟は変法派の影響を完全に払拭し、革命派の主要論客として活躍することとなった。 章炳麟が変法派と完全に決別した時期は、の時期に重複する。 この事変は西太后や一部の高級官僚の保守派により扇動された民衆による外国人襲撃であったが、列強諸国の出兵により鎮圧された。 民衆を扇動した清朝の代償は大きく、巨額の賠償金の支払いや外国軍隊の北京駐留認可が講和条となった。 これに危機感を覚えた西太后等の保守派は戊戌変法を模倣したを実施したが、革命運動が衰退することはなかった。 同時期、孫文らは会党(中国の)や新軍内部に革命思想を浸透させ、次々と武装蜂起を実行、他方で章炳麟は専ら言論により革命に参加し、革命が不可避であることを宣伝した。 その言動が清朝政府による取り締まり対象となると日本に亡命し、そこで孫文や ()と交友を深めている。 「支那亡国二百四十二年紀念会」を東京で開催する計画が立てられた。 「支那亡国」とは政権の滅亡を指し、開催予定日はが自殺した日であって、それらを記念とすることにより満州王朝への復仇心の扇動を計画した。 会の宣言書は章炳麟が起草したが、その内容は革命遂行を提唱するものであった。 清国公使の要請によりは当日になって紀念会の開催を禁止したが、これ以後在日留学生の多くが排満革命に靡き、革命結社が続々と結成されるようになった。 上海での投獄、中国同盟会の結成 [ ] 上海に戻った章炳麟は、が結成した愛国学社に参加し教師となった。 そこで『 ()』を著したと出会う。 この時鄒はわずか19歳であり、その『革命軍』は革命を礼賛し、排満復仇を強く表明したセンセーショナルな書籍であった。 両者はその思想的相似点から密接な関係を構築するに至っている。 章炳麟自身は6月、「康有為を駁して革命を論ずる書」を雑誌『 ()』に連載した。 これは康有為が海外のに対し立憲こそ中国がとるべき道で革命は非であると説いたことへの反駁の論説である。 『革命軍』と「革命を論ずる書」は公然と清朝打倒を主張するものであり、知識人への大きな反響を呼んだ。 そのため鄒容・章炳麟ともに逮捕されるに至る( 蘇報事件)。 獄中、鄒容は死を迎えるが、章炳麟は日々仏教書を読んで耐え、3年後に釈放されたのち、再び日本へと亡命した。 蘇報事件により章炳麟の知名度が高まり、鄒容の『革命軍』と章炳麟の「革命を論ずる書」は知識人の間に広く知られるようになり、特に章炳麟の文章にしては非常に読みやすい文体であったこともあり、双方併せて『章鄒合刻』というタイトルで刊行された。 、蔡元培およびが中心となって、出身者を中心とする革命団体であるが上海にて結成された。 設立には獄中の章炳麟が深く関与していたとされる。 なお「光復」には清朝によって従属せしめられた中国で光り輝く中華を再度復するという決意が込められている。 8月、・・といった日本の者の協力のもと、にて、光復会・・を統合した が、孫文を代表として結成された。 章炳麟は亡命後ただちに入会し、その機関誌『』の主筆となって種族革命を鼓吹し、変法派梁啓超の『 ()』と論戦を展開した。 またにおける被侵略民族にも眼を向けてその団結を図り、亜洲和親会を発起した。 しかしやがて章炳麟と孫文両者の革命の方向性、すなわち種族革命志向と西洋的な民権の確立への志向の相違が明確になると孫文派と疎遠となり、に改めて光復会を立ち上げ、同盟会とは対立するようになる。 辛亥革命以降 [ ] 、を起因としての成功を知った章炳麟は直ちに帰国した。 その革命宣伝の功績により民国政府より勲一等が授与され、孫文・とともに「 革命三尊」と称されることとなった。 しかし「革命軍興れば、革命党消さん」と述べて中国同盟会の解散を主張したり、中華民国連合会(後に統一党と改称)を組織したことが原因で孫文との意見対立が生じたため、に期待を寄せるようになる。 辛亥革命直後、孫文らのと袁世凱のとの間で中華民国の主導権を巡る政争が行われた。 争点の一つが首都問題であり、双方が自らの政治地盤への首都設置を要求した。 さきの統一党は袁世凱を擁護して首都をではなくに置くことを主張し、そのため章炳麟は高等顧問や東北籌辺使に任命された。 しかし4月、が袁世凱によって暗殺される事件が発生されると、章炳麟は袁世凱より乖離、孫文側の勢力と合流し袁世凱打倒の活動に参加した。 その後北京に戻ったところを袁世凱により逮捕され、3年間の軟禁と長女の自殺に遭遇しながらも袁世凱側に参与することはなかった。 にが発生すると、翌年章炳麟は北京を脱出してこの運動に参加、孫文の軍政府秘書長として、、、を転戦した。 湖北から上海に帰り政界を引退した後は政体は中央集権よりもが望ましいとの主張をし、北洋軍閥及び孫文双方の統一に反対した。 、においてにおける の権益が中国に返還されず日本に移譲されることが梁啓超によって知らされると、日本に抗議する学生運動が発生した()。 この運動に連動して「サイエンスとデモクラシー」を旗印に批判を行い、また(口語)による文章の表現を主張するが展開されたが、この時章炳麟は「国粋」・「尊孔読経」を唱え、且つや「聯俄・聯共・扶助農工」政策に強く反対した。 これは、章炳麟はに強い忌避感を持っていたためである。 そのため五四運動の代表的な論者からは白眼視され、かつて敵対した康有為とともに保守反動と批判された。 この頃、上海を訪れた日本人を客人としてしばしば迎えている。 にはと会談し()、には、後に学の権威となるを迎えている。 なお、にはと結婚している。 湯国梨は、同時代のや、孫文夫人の・()らとともに、辛亥革命期の列女・中国のの源流として知られる。 晩年 [ ] にが勃発してからは、の「安内攘外」(先に中共を鎮圧し、その後で日本を討つ)政策を批判し、「抗日救国」を唱えて日本への抗戦を積極的に主張した。 また、五四運動の時とは異なり学生運動を擁護した。 、に移住し、翌年には「章氏国学講習会」を起こして講学する一方、国学の保護を目的に雑誌『制言』を発行した。 、69歳で死去。 遺体はの麓に埋葬された。 現在その近くには章太炎紀念館が建っている。 思想 [ ] 康有為・梁啓超との論争 [ ] 章炳麟の論敵は多いが、とりわけ論戦を交わしたのが、康有為・梁啓超ら変法派(保皇派)である。 章炳麟の思想は彼らとの論争を通じて形成されてきた。 今文と古文 [ ] 経学を思想基盤としていても、両者の学派は異なるため、自ずと思想も異なってくる。 康有為はを、章炳麟は古文経学を奉じるが、両学派の傾向の相違は「公羊学派は六経を「経」(聖典)と見なし、左伝派は「史」(歴史)と見なす」と説明されることが多い。 誤解を恐れずに言えば、公羊学の方がやや宗教的な傾向が強く、左伝派は「実事求是」を志向しているといえる。 こうした傾向を最大限展開したのが、康有為の立憲改革論、それに対する章炳麟の「種族革命論」である。 康有為は、当時スタンダードとされた古文経学の経書『』が 末・の学者 によって偽造されたものであって、今文公羊学にこその真意が正しく伝えられていると主張した。 さらに康有為は、孔子の真意とは伝統を維持保存するのにあるのではなく、むしろ改革こそが孔子の行わんとしたこと(孔子改制)であるとし、実はは孔子がに仮託して書いたものだ、という。 いうまでもなくこの意見はマイナーなものであって、正統な経学とは言い難い。 こうした突飛なことが言えるのは、康有為が考証の堅実な積み重ねに拠らずして「微言大義」に依拠しているからである。 「微言大義」とは経書の僅かな字句に孔子の隠された真の意図が込められていると考え、それを読み取ろうとする解釈法である。 非常に解読者の主観が忍び込みやすいと言わねばならない。 康有為によれば孔子の真の意図とは要するにや自由平等な社会の到来であったとされる。 端的に言えば、康有為の孔子とは社会制度の改革者と宗教的な予言者を兼ね備えた存在であった。 他方で清末考証学において、孔子はすでに独尊の存在ではなく、墨子等の他のと同じ地平にまで引き下ろされていた。 孔子の真の教えを考証でもって探ろうとした考証学は、皮肉にも孔子の聖人性を減じ、諸子の一人としてしまったのである。 そうした清末の思想状況にあって、「孔子改制」を唱えるためには、六経およびそれを著した孔子は神秘性を帯び権威を持った存在であらねばならなかった。 かくして康有為は儒教に(あるいは孔教)という新たな呼称を与えて、儒教を宗教化する運動を推進したのである。 しかし儒教宗教化は単に改革正当化としてのみ企図されたのではない。 政治制度や価値観(から自由・平等へ)をたとえ変えても、不変的な精神的支柱 - たとえば西洋のキリスト教や日本の神道のごときもの - が国家にあらねばならないという意識も背後にはあった。 いずれにしても康有為は経学・孔子のイメージを大きく書き換えようとしたと言えよう。 他方、章炳麟は「劉子駿私淑弟子」(子駿は劉歆の字)という印を使用していたことからも知れるように、古文経学の徒である。 章がはじめ変法派に与していたことは上に述べたが、その中で次第に公羊学との差異を意識するようになり、その後『左氏伝』の民族主義的部分を殊更に強調し対抗するに至った。 章炳麟は六経を聖典ではなく歴史ととらえる。 よって孔子や経書に神秘性は全く不要であり、当然孔子教という発想にも猛反対する。 そして「微言大義」の解釈恣意性を取り上げ、「孔子改制」は実質「康子改制」にすぎないと非難した。 しかし章炳麟にとって歴史として六経を解することは、決して経書及び孔子への敬意が損なわれることを意味せず、むしろ尊敬の所以に他ならない。 また民族に歴史を与えた孔子は間違いなくそれだけで不朽の存在であった。 何故なら歴史こそが民族に文明と伝統がいかに作られたかを知らしめるからだという。 そして章炳麟はここから、孔子およびその後継者(つまり史家)は漢民族の輝かしい中華文明の事績を書き留めてきたが、その継承者たる漢民族が夷狄たる満州族の足下にひれ伏してよいはずがない、と考えを推し進める。 ここに至って章炳麟は、古文経学から文明とはすなわち 国粋という概念を抽出し、それを光復するために種族革命を唱道するに至るのである。 こうした思想は古文経学からのみ導き出されたのではなく、考証学の一学派たる浙東史学、とりわけの「六経皆史」という考え方(儒教の経典は全て歴史として捉えるべきという考え)に影響されたためだと言われている。 この浙東史学は民族主義的である点がその特徴の一つであって、章炳麟の種族革命はそれに助長された部分があると思われる。 満州族支配をめぐって [ ] 清朝はいうまでもなく、にが打ち立てた王朝である。 その満州人支配をどう解釈するかも、章炳麟と康有為の間に横たわる大きな差異であった。 2人とも経学に拠って語る以上、それは畢竟の基準は何かという点に行き着かざるを得ない。 公羊学には社会が進むにつれて、中華と夷狄の差異が解消していき、最終的には大一統に至るという理念がある。 康有為はそれを漢民族と満州族に当てはめ主張した。 康有為によれば華夷思想における華と夷の違いとは、文明か野蛮かの違いであるという。 したがって今の満州人は教化・礼楽・言語・服飾いずれも漢民族と変わりないことから同一のものと見なすべきであり、皇帝が満州人であってもなんら問題ない。 さらに満漢相争う事となれば内戦とならざるを得ず、それは中国のためにならない、つまるところ「 満漢不分・君民一体」をもってテーゼとしたのである。 これに対し章炳麟は華夷の別は民族にあり、ということを強く主張した。 それは『左伝』の「我族類に非ざれば其の心必ず異る」といった民族主義的な箇所を拠り所とするものだった。 またのごとき、清朝初期の苛政を思うとき、章の心は平静でいられなかったためでもある。 康有為は満州人はすでに漢民族と同化しているというけれども、満州語を保持し、固有の宗教観も持っている。 何よりも辮髪は漢民族も行うが、これは支配受容の証として強制されているだけであって本来漢民族固有のものではない。 つまりこれは同化ではなく抑圧であることの証拠に他ならない、よって漢民族は満州人に 復仇せねばならないと章は主張した。 一言で言えば「 駆除韃虜」をテーゼとすべきと説いたのである。 章炳麟の主張は辛亥革命以前にあっては激烈そのものであったため、周囲と摩擦を引き起こさざるを得なかった。 彼が名儒兪樾の門下であることはすでに述べたが、章が種族革命の旗幟を鮮明としたことで師弟の間には亀裂が生じた。 すなわち兪越に「不孝不忠は人類に非ざるなり」と叱責・破門され、他方章も「謝本師」(『民報』第九号)を書いて師と絶縁するのである(「謝」はいとまごいする、の意)。 改革か革命か [ ] 列強に圧迫される現状を好ましくないとする点では同じであっても、満州族支配をめぐって激しく対立する両者の政治方途が同じであるはずはない。 康有為は満漢不分を唱えたが、それは満漢両民族ともに列強に圧迫され存亡の危機にさらされており、その意味では運命共同体にほかならず、この危機を乗り切るに当たって、公理に従い政治改革を進めなければならない、と康はいう。 公理とはすなわち社会進化の法則であって、具体的には立憲君主制を経てへ進む過程を指し、その順序を越えてやのごとき共和革命をいきなり行なってしまえば多大な流血を余儀なくされ、列強につけ込まれてしまう、という主張であった。 戊戌変法が失敗に終わり、清朝から刺客を差し向けられても、康有為が革命に傾くことはなかった。 それどころか各国政府に働きかけて光緒帝の廃位を阻止し、を設けて海外から立憲運動を展開するのである。 一方、章炳麟は立憲君主制を採用すれば、流血の事態とならないという康有為の主張に反論する。 彼はそもそも頼りとすべきは惰弱であって頼むに足らないために、康有為の構想する上からの改革は必ずや流血を招かざるを得ず、であるならば革命の方が簡便である、というのである。 よしんば立憲君主制が成就しようとも、議会には上下二院を設けるが、その上院には満州人の貴族たちが居座り、真の改革は行えないであろう、とも章は述べる。 さらに康有為の公理に対し、章炳麟も進化と革命を結びつける。 すなわち進化とは生存競争であるが、その生存競争により智慧は生じ、その競争の主体は革命であらねばならないとする。 そして革命によって共和と民主の世を招来せねばならないと訴えるのである。 ここで注意を要するのは、「革命」ということばが現在我々の使う意味での革命と同義になっている点である。 清末まで「革命」は「」を指していた。 つまり現君主に対し異姓の君主が取って代わることで、代わったとしても君主制そのものはあり続けることが前提とされるものだった。 しかし清末以後、孫文や章炳麟が使用する革命ということばは政治体制の変更をも視野に置いた革命であって、意味が現代的に変化しているのである。 こうしたことばの変化は、西洋と接触した清末の状況によるものである。 国学・仏教・西洋思想 [ ] 国学の大成 [ ] 章炳麟は革命事業のただ中に身を置きながらも、考証学を骨格として諸学問を昇華し、国学を大成した。 その中にの発明(現在も台湾で使われている)、「」という呼称の制定、諸方言を学と結合させ新分野を開いたこと、戴震『孟子字義疏証』の思想的意義の顕彰等がある。 また多くの優秀な後進も育成している。 たとえば民国期のの国学系教授はほとんどその門下(、、朱希祖、呉承仕など)で占められ、学閥をなしていた。 章炳麟が 国学大師と称される所以である。 こうした国学の誕生は、欧米学問の刺激によるものである。 清末に欧米から新学問が流入しはじめると、伝統的な学問に波紋を広げるようになる。 既に述べたように元々清朝考証学はその一部門である諸子学を発展させ孔子や六経の聖性を希薄化する方向に進展してきたが、それがにおける外からの刺激によって一層加速した。 列強がであることの背後に中華とは異なる価値観・学問体系があることが認知され始めたからである。 これを受けて伝統学術は再編成を余儀なくされたが、その試みの一つが康有為の儒教の宗教化や附会説であり、章炳麟にあっては国学の大成であった。 章は国学によって中華の伝統・歴史を再発見し、民族の誇りを呼び起こそうとしたのである。 このことから章炳麟の深い部分で種族革命と国学の大成が通底していたことが分かる。 その著作の多くはあまりに難解な文章・思想で綴られていたために、に「浅学われわれのごときにはほとんど句読もきれぬ」と言わせたほどである [ ]。 ところでこの国学は清朝考証学がそのまま拡大し成立したものではない。 国学には以下のような淵源があると言われる。 からの、古文経学・小学・諸子学• ・・・からの、 ()・礼制の学、『』・『』の学• の清末仏教からの、・の哲学• 西洋・明治日本からの、・ 上記のような諸学問が密接に接合することで国学は誕生した。 特に小学(音韻学、方言学)の分野では『 新方言』や『 文始』のような画期的な成果を世に残した。 また『 国故論衡』や『 検論』にも多く小学の研究が収められている。 この両著については、後に国故整理運動を推し進めたは『』や『』に比肩する著作として激賞している。 章炳麟の小学研究は音韻を基礎に据えたものであって、文字はまず音があってその後に字形が作られたという。 さらにそれまでの伝統的小学と異なるのは、こうした小学の成果を歴史・社会研究に積極的に活用した点である。 これは漢字が表意文字であるからこそ可能であった。 たとえばある文字が古文やにはなく、にだけあるとすると、その文字が意味する概念は大篆を使用していた時代には無かった、という風に論ずるのである。 章の構想した国学にあって、小学はすでに経学を単に補完するだけの学問ではなく、独自の存在理由を主張する学問であった。 すなわち小学は国学の一翼を担った時点で儒教の軛を脱し近代的な言語学へと変貌していったといえよう。 ただ章炳麟はの存在を承認せず、発見されたと称するものは全ての偽造だと断じたため、この点はやらによって訂正されなければならなかった。 またその他の業績としては仏教哲学を用いて解釈した諸子学がある。 章炳麟は仏教哲学によって荘子思想を解釈した『斉物論釈』や『荘子解故』を著した。 章炳麟と仏教 [ ] によって仏教は清末に再び盛んとなり(清末仏教)、康有為や譚嗣同を始めとした革命家たちの間で広く流行した。 章炳麟もその一人であったが、彼が特に好んだのは「唯心哲学」とも形容される唯識などの思弁的な仏教であった。 知人のやらに勧められたらしいが、本格的に取り組んだのは蘇報事件で捕らえられていた期間に『』(世親著・訳)や『』(同じく玄奘三蔵訳)といった仏教書を読破した以降であるようだ。 章炳麟に拠れば、唯識は実証分析的且つ理論的である点が考証学に通ずるという。 唯識に深く傾倒した章炳麟は、上に記したように諸子学研究に活用するなど、彼の学問・政治論全般にその影響は見られる。 論敵・康有為が儒教を完全に宗教化しようとしたことは述べたが、章炳麟も中国に宗教が必要だと思う点では同様であった。 というのも、革命の失敗の原因は担い手の道徳腐敗にあると考えていたためである。 そこで章炳麟は的な観点から、その道徳の退廃を正すために仏教が宗教として適切だとした。 孔子教は論外であった。 儒教には富貴利禄を求める伝統が染みついており、採用はできないとする。 または西洋には良くても中国には益はないという。 今中国にあるキリスト教はを信仰するのではなく、実は西洋を信仰するにすぎない偽キリスト教であって取るに足りない(欧化主義批判)、また真のキリスト教もの例を見れば分かるように野蛮な国が採用すれば進化するが、中国のような文明国が信仰すれば退化する、という。 なお、しばしば対立した孫文は当時の中国の知識人としては珍しくクリスチャンであった。 結局、章が推奨したのは仏教であった。 種族革命と仏教の取り合わせは一見奇異に映るが、章炳麟は以下の理由で問題ないとする。 すなわち仏教(法相)は平等を重んじて奴隷根性を去り、平等を犯すものを廃する戦いを承認する。 したがって満州族と漢民族間、あるいは君臣間の不平等を一掃することに何ら不都合はないという立場なのである。 革命道徳の話に戻せば、仏教()は「普(あまね)く衆生を度(すく)う」、「頭・目・脳髄、一切を衆生のために捨てるを辞さない」という自己犠牲精神を眼目とするために、今の世にふさわしいと章炳麟は言う。 彼はこうした仏教の平等性を強調し、後述する社会進化論の影響で当然視されていた「弱肉強食」に異を唱えようとしたのである。 こうした章炳麟の仏教への尊崇の念は、『五無論』(『民報』16号)のような的な文章を時に書かせた。 すなわち当面は民族主義を掲げるが、やがては「無政府」・「無聚落」・「無人類」・「無衆生」・「無世界」に至らなければならないと言う。 つまるところ章は個々人が多種多様であることを許され、かつ自立して他者を侵害しない世界を理想としていた。 これは当時一世を風靡していた社会進化論の描く理想郷とは異なる世界といえよう。 仏教はこれに対抗する強力な思想的武装だったのである。 西洋・日本からの影響 [ ] ナショナリズムは章炳麟が国学を作り上げる大きな動機となっている。 ただし、西洋の学問を拒絶しているわけではなく、その著述を開ければ至る所でや、などに言及している。 日本の思潮で似ているものを挙げるとすれば、やらの結社出版の雑誌『』が唱えた「国粋保存」であろう。 政教社のメンバーは東京英語学校や出身の者がほとんどで、彼らは国際社会の中における国粋の発揚を主張していた。 実際、章炳麟の国粋という概念は政教社から影響を受けたという研究もある。 上に挙げた西洋哲学者にしても、その学説を知ったきっかけは日本に滞在し、その翻訳を読んで知識を仕入れた可能性が高い。 章炳麟に限らず当時日本にいた中国人は明治日本を経て西洋思想に触れたのであって、西洋思想という光を一方から受けて別の方へ照射するという意味で、明治日本は思想のプリズム的役割を果たしていたことになる。 社会進化論も明治日本を経由して章炳麟に影響を与えた学問である。 社会進化論は、に厳復が『天演論』で中国に紹介し、一大ブームを起こしていた。 一方で、『天演論』の古風な文体は読解が困難だったこともあり、出版社が日本語に翻訳されたものを再度漢訳したり、日本人社会学者の著書を翻訳していた。 その翻訳を担ったのが在日の中国人たちであり、章炳麟はその一人であった。 彼は日本に亡命した際、梁啓超の紹介での『社会学』を翻訳し、に広智書局から刊行している。 この本はの社会進化論に則って書かれたもので、章炳麟はこの本より種族間生存競争に勝つためには国粋への誇りを胸に宿して同種族が堅く結束し、多種族に対抗しなければならない、という社会進化観を獲得した。 もっともそれはストレートに受容されたのではなく、従前の仏教によって修正されている。 すなわち社会進化論では、往々にして進化とは悪が漸次無くなり、かわって善なるものが増加する過程だとされる。 これに対し、章は「 倶分進化論」(『民報』7号)において、進化とは善なるものも、悪なるものも並進して進化するのだという。 今の人類は太古のそれより生活は豊かになったが、文明の利器によって多くの同類を殺戮できるではないか、というのである。 日本の土を三度踏んだ章炳麟は、日本と浅からぬ縁があることは言うまでもない。 清朝からの追っ手を避けた先が日本であったし、西洋知識や仏典を獲得したのも日本であった。 しかし同時に、清朝の依頼とはいえ度々革命活動を明治政府に妨害され、文部省が『清国留学生取締規則』を公布したために友人のが自殺している。 さらに日本がやなどを行ったこともあって、これが章炳麟を日本嫌いにしたといえよう。 これに対し日本側もその奇矯ぶりをあげつらったり、西洋哲学の理解が一知半解だとする批判を展開した [ ]。 逸話 [ ] は、にの海外視察員として上海に滞在していた際、当時54歳の章炳麟と会談しており、その風貌について次のように書き残している。 「氏の顔は決して立派じゃない。 皮膚の色は殆黄色である。 口髭や顎髭は気の毒な程薄い。 突兀と聳えた額なども、瘤ではないかと思う位である。 が、その糸のように細い眼だけは、-上品な縁無しの眼鏡の後に、何時も冷然と微笑した眼だけは、確かに出来合いの代物じゃない」「章炳麟が袁世凱に捕らえられてなお生きていられたのは、この眼の鋭さのためだ」と述べている。 章炳麟は奇行が多いことで知られ、瘋子(常軌を逸した人)と諷された。 種族革命に心血を注ぎ、変法派に徹底した批判を加えた革命家の熱情が、時として変法派以外にも向けられたためであろう。 すなわち孫文を痛罵し、五四運動に反対し、白話運動にも非難を加え、学術方面では甲骨学にも異を唱えた。 また日本及び日本の学者にも批判の矛先を向けている。 革命事業においてその熱情は反骨精神として評価されるが、それ以外に向けられた場合(特に辛亥革命以降)には頑固な保守、あるいはアナクロニズムと評されることが多い。 章炳麟評を聞く限り、周囲に緊張を強いて、ある種近寄りがたい雰囲気を持つ人物だったかのようだ。 )は、青年期にとして日本に滞在しており、、弟のらとともに東京の章炳麟邸にて『』の講義を受けている。 魯迅は当時の章炳麟について、上述の奇行録とは対照的に温和な人物として回想している。 魯迅は同じ浙江出身の章炳麟を尊敬していたようで「先生の業績は革命史に残るものの方が、学術史に残るものよりもきっと大きいであろう」との評を下している。 また「先生のにこやかな音容は今もなお眼のあたり見るごとくであるのに、講義していただいた『説文解字』の方は、一句もおぼえていない始末なのである」、「お偉方にはとかくむかっ腹をたてられたが、学生に対しては実に優しく、家族や友人と同様に気軽に談笑された。 …まじめかと思えば冗談をとばし、にこにこ講義をされる」とも述懐している。 周囲の厳しい章炳麟評を当然承知したと思われるが、魯迅は「にこやか」、「冗談をとばし」と形容しており、ここに章炳麟に対する深い敬愛の念を感じ取れる。 ちなみに章炳麟と魯迅の師弟は同年に亡くなっている。 そして上に引いた文章「太炎先生に関する二、三の事」は魯迅が亡くなるわずか10日前に書かれた絶筆である。 著作 [ ]• 『訄書』初刊本、1899年• 『訄書』重訂本、1904年• 『章氏叢書』1915-1919、全24冊 『春秋左伝読』叙録一巻、『新方言』十一巻、『荘子解故』一巻、『斉物論釈』一巻、『国故論衡』三巻、『検論』九巻等を収む• 『章氏叢書三編』1939 『太炎文録続編』七巻、『自定年譜』、『古文尚書拾遺定本』等を収む。 『章太炎全集』2014-2017、全17巻20冊、上海人民出版社 章炳麟のにあたるの呼びかけのもと、上海人民出版社・の合作で編纂された、全論著・関連史料を収録する、最新の全集• 『章炳麟集』・近藤邦康:編訳、〈〉、1990年、 参考文献 [ ]• 『清末政治思想研究』、1960年、• 『中国革命の先駆者たち』、1965年、• 『辛亥革命と章炳麟の斉物哲学』研文出版、1984年、• 小林武『章炳麟と明治思潮』、2006年、• 石井剛『戴震と中国近代哲学:漢学から哲学へ』、2014年、 脚注 [ ]• 2020年4月23日閲覧。 杉本史子、立命館文學 608号, pp. 154-169, 2008年• 浙江省政府. 2020年4月21日閲覧。 姜义华, ed 1993. 胡适学术文集:新文学运动. 中華書局. 124-127• 島田虔次『中国革命の先駆者たち』 [ ] 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 中国語版ウィキクォートに本記事に関連した引用句集があります。

次の

孚佑帝君呂洞賓/呂純陽《百字銘》長生不老/八仙之首,道教仙人之一/呂純陽的《百字銘》/“丹田有寶休尋道,對境無心莫問禪/呂純陽說:“一粒粟中藏世界,半鐺鍋內煮山川/【養氣忘言守,降心為不為,動靜知宗祖,無事更尋誰,真常須應物,應物要不迷,不迷性自住,性住氣自回,氣回丹自結,壺中配坎離,陰陽生反復,普化一聲雷,白雲朝頂上,甘露灑須彌,自飲長生酒,逍遙誰得知,坐聽無弦曲,明通造化機,都來二十句,端的上天梯。】 @ 姜朝鳳宗族 :: 痞客邦 ::

厭世的時代考証

《紅樓夢》書內提及的別名,還有《情僧錄》、《》 、《》;故事是從補天時所剩下的一塊石頭講起,因此又名《石頭記》。 四十九年(1784年)夢覺主人序本題為《紅樓夢》(甲辰夢序抄本)。 1791年在第一次活字印刷(程甲本)後,《紅樓夢》便取代《石頭記》成為通行的書名。 原本前80回尚存。 程偉元稱自己經過多年收集、重金購得《紅樓夢》後四十回殘稿,並與高鶚一起對不連貫的地方進行補綴。 於1791年和1792年印行一百二十回《紅樓夢》。 一百多年間,《紅樓夢》以此120回本流傳。 但某些學者研究認為:據批語,本書應少於114回,並據此認定後40回為偽作。 但持後40回含有曹雪芹原稿觀點的人認為《紅樓夢》第一回已說作者增刪改數次,不排除作者在這部巨著的數年寫作途中更改思路和故事架構,因此出現不符,也有人認為脂批屬於偽造。 從1920年代開始,「大膽假設、小心求證」,認為後四十回非曹雪芹著,並提出高鶚續書後四十回,且後四十回不如前八十回,程乙本並非紅樓夢最佳讀本。 胡適在甲戌本跋中舉例,天香樓事合家皆知,「無不納罕,都有些疑心」,程乙本竟作「無不納悶,都有些傷心」,質疑扭曲上下文意。 認為後四十回是無名氏續,並由和整理,且此無名氏的生活年代要晚於曹雪芹,而早於高鶚和程偉元。 另外則認為《紅樓夢》原著共108回,現存78回,後30回迷失。 《紅樓夢》被評為中國古典的巔峰之作,思想價值和藝術價值極高。 在20世紀,《紅樓夢》是中國最受重視的文學作品之一。 因為其不完整、原作者曹雪芹已亡故、內容鉅細靡遺且結局設定超乎尋常等特性,留下許多謎團引人探究,也構成了一門學問——。 自作《》以來,一般認為曹雪芹以其家族的命運投射在《紅樓夢》一書。 作者 [ ] 「紅樓夢作者究竟是誰」這個問題引起中國文學界的漫長爭論,並持續至今。 1791年發行的程甲本稱作者相傳不一。 只有在原作第一回裡,作者提及「曹雪芹於悼紅軒中,披閱十載,增刪五次,纂成目錄,分出章回」。 但曹雪芹是假託的名字,還是實有其人?對此一直存有爭議。 早期一般認為前80回與後40回是同一作者,直到1920年代,提出《紅樓夢》後四十回和前八十回的作者並非同一人,懷疑後40回為高鶚所寫。 經過許多人多番考證,此後普遍被接受的觀點是:前八十回的作者為曹雪芹,後四十回的作者為高鶚。 但是,隨著研究深入,2010年代出版的《紅樓夢》署名又從「曹雪芹、高鶚著」更改為「曹雪芹著,無名氏續」,使得作者問題進一步複雜化。 前八十回 [ ] 清朝孫溫所繪第38回,林瀟湘魁奪菊花詩 薛蘅蕪諷和螃蟹詠 《紅樓夢》第一回正文中,將作者歸之為「石頭」,這自然是小說家自言。 緊接著又提到,此書經「曹雪芹於悼紅軒中披閱十載,增刪五次,纂成目錄,分出章回」。 而早期抄本中的大量脂批則直指曹雪芹就是作者。 如本第一回有批語:「若云雪芹披閱增刪,然則開卷至此這一篇楔子又系誰撰?足見作者之筆狡猾之甚。 」脂批還多次說《紅樓夢》的故事很多取材於曹家史實,也可作為旁證。 由於中透露作批者與曹雪芹及其家族關係緊密,也熟知甚至部分地參與了《紅樓夢》的創作,因此脂批可以說是曹雪芹作為《紅樓夢》作者的最直接證據。 但曹雪芹也仍可能為原本作者之化名,甚至脂評也可能為故意誤導當權者判斷,而幫助隱瞞作者真實身分。 清代詩人在其《》詩中說:「曹子雪芹出所撰《紅樓夢》一部,備記風月繁華之盛,蓋其先人為織府。 其所謂大觀園者即今隨園故址。 惜其書未傳,世鮮知者,余見其鈔本焉。 」另一位清代宗室詩人作於三十三年的詠《紅樓夢》詩題曰:「因墨香得觀《紅樓夢》小說吊雪芹三絕句(姓曹)」。 這大概是除《紅樓夢》本身和脂批之外,最早指出曹雪芹是《紅樓夢》作者的記載。 明義和永忠都是曹雪芹同時代人,雖然沒有證據表明他們認識曹雪芹,但他們與曹雪芹的朋友、兄弟有密切往來,因此他們的說法被認為是具有很高的可靠性。 但迄今沒有在敦誠、敦敏兄弟的文字中找到關於曹雪芹是《紅樓夢》作者的記載。 在《紅樓夢》的各種抄本以及過去的絕大部分刊印本上,並沒有署明作者是誰。 但在等人的批語中以及與曹雪芹同時代的、明義和等人的文字記載中,都已明確地視曹雪芹為原作者。 本世紀初,胡適等人考定曹雪芹為《紅樓夢》前八十回的作者,這是以胡適為代表的「新紅學」之代表性觀點,後來脂本脂批的發現更強有力地支持了這一結論。 在曹雪芹生前,《紅樓夢》前八十回已基本定稿。 八十回以後,他也已寫出了大部分初稿,但卻並未流傳下來。 近年來,一些學者對脂本的由來提出質疑。 大陸學者歐陽健所著《還原脂硯齋》以版本學和明清小說研究得出結論,「脂本出現在程甲本與程乙本之後」。 歐陽健還認為,脂批版本全部為後人抄錄版本,而非原本。 而且,這些抄本全部於胡適理論發布後忽然出現,其中觀念語言所有不符合常識之處,有後人作假之嫌。 近年來雖不斷有人提出《紅樓夢》作者另有其人,但均缺乏足夠的證據。 後四十回 [ ] 早期觀點認為,後四十回與前八十回一樣,都是同一作者所作,直到1920年代,胡適提出《紅樓夢》後四十回和前八十回的作者並非同一人。 對於後四十回作者,主要有如下幾種觀點:• 曹雪芹是唯一作者:• 白先勇先生近作《正本清源紅樓夢》認為,沒有人能夠續作紅樓,還一續四十回,佔全書的三分之一。 他相信,曹雪芹生前已經完成了一百二十回紅樓夢。 他還認為:「曾有人指出,後四十回與前八十回文風有差別等,據此認為後四十回是高鶚續寫,但這都不是「鐵證」,「從另外一個角度講,我也寫作,《紅樓夢》前八十回已經千頭萬緒,如果真的換人續寫,不可能模仿的那麼一致。 從小說家的角度來看,我相信前後是一個人寫的」。 亦認為,曹雪芹是《紅樓夢》唯一的作者。 主要作者仍是曹雪芹,由、根據曹雪芹舊稿增補刪減而成。 此說的主要依據便是程氏在乾隆五十六年(西元1791年)120回本《紅樓夢序》中說,後40回中有20餘回是他自「藏書家甚至故紙堆」中找到 ,剩餘10數回則得之於「鼓擔」,他和只是「細加厘剔,截長補短」。 同一時間前後,在《閱紅樓夢隨筆》提到乾隆庚戌年(西元1790年):「雁隅以重價購抄本兩部,一為石頭記,八十回;一為紅樓夢,一百二十回,微有異同。 」相當一部分人相信,後40回中的確保留了部分曹雪芹的舊稿。 在程甲本問世之前已有一百二十回《紅樓夢》抄本流傳在世。 證據有三:1.《閱紅樓夢隨筆》記載: 「乾隆庚戌秋,楊畹耕語余云: 『雁隅以重價購鈔本兩部:一為《石頭記》,八十回;一為《紅樓夢》,一百廿回,微有異同。 』乾隆庚戌,即乾隆五十五年 1790 ,在《紅樓夢》程甲本之前,與程偉元《紅樓夢序》所言「好事者每傳抄一部,置廟市中,昂其值得數十金,可謂不脛而走者矣。 然原目一百廿卷,今所傳只八十卷,殊非全本」十分吻合。 2.脂本《紅樓夢》中唯一的一百二十回本是《乾隆抄本百廿回紅樓夢稿》,簡稱《》。 3.《》絕句是目前發現的最早的題紅詩,早於程甲本出現,而且透露出《紅樓夢》後四十回的情節信息。 指出:明義《題紅樓夢》「末了三首已寫到八十回後賈府敗落事,且並無『未窺全豹』之憾」。 如「傷心一首葬花詞,似讖成真自不知。 」詩意流貫在第二十七回與第九十七回之間; 「莫問金姻與玉緣,聚如春夢散如煙;石歸山下無靈氣,縱使能言亦枉然。 」概括了寶玉與寶釵的「金玉良緣」及命運結局,濃縮了一百二十回《紅樓夢》的一條重要意脈。 認為後40回為曹雪芹著,程高「修補」。 他認為:第一,不能因為讀者自己不喜歡後40回情節就認定是偽作:「我讀一本小說,可以不滿意故事的收場,但是不能因為我個人不滿意,便「訂」為小說末部是「偽」。 這樣還算得科學的訂偽工作嗎?」,第二,前後情節有個別不符可能是作者寫作中幾易其稿所致,不能就此定為偽作:「關於後四十回的發展,有四五處與前八十回所暗示不符(雪芹曾有一百二十回的回目),如史湘雲的 「金麒麟白首雙星」 的話等。 誰也應該知道,文人自初稿至殺青的時候,尤其在這樣的巨幅,經過十年苦心經營,易稿再四,作者到了收場,應當與初稿擬定略有不同,或有刪削。 作者應有此權利。 這不足為後四十回為高鶚「作偽」之證。 脂硯齋本「畸笏」已經明明說有幾回,因人家借閱而散佚,當時的情形可見。 殘稿一定有散佚,經過高鶚的整理補訂才有個眉目連貫。 這真是文學史上一件大事,我們不應作求全之毀,因為有些小出入而斷定後四十回是「偽」。 」,第三,若曹雪芹只寫了80回,則自甲戌本出現直到其去世,曹雪芹究竟在幹什麼?於理不合:正如胡適推算,「如果甲戌以前雪芹已成八十回書,那麼,從甲戌到壬午這九年之中,雪芹做的什麼書?」 「雪芹既有十年時間可以補完此本小說之重要下部,使成完璧,豈有不補完之理?」第四,林語堂舉出14件後40回與前80回呼應的地方,認為前後照應,人物性格品行並無二致,除非是曹雪芹本人,其他人極難代筆。 而高鶚續了,續得被廣大讀者接受了,要不是民國後幾個大學問家特別是胡適的『考據』功夫,讀者對全書一百二十回的完整性並無太大懷疑。 唐德剛認為,後四十回部份是曹雪芹舊作,高鶚另補寫了一部份,故後四十回有的非常好,有的非常壞,並不協調。 中國紅學會顧問、中國藝術研究院研究員胡文彬認同程高二人僅僅是整理了曹雪芹的殘稿加以增刪補綴,他認為:第一,後四十回雖然水平比不上前八十回,但前八十回埋下的伏筆,在大方向上,後四十回基本都有體現。 第二,從那時到現在沒有一個續書比得上程高本的後40回。 第三,「高鶚沒有時間寫、沒有才華寫,他根本也沒寫。 那時他正在忙著弄八股文準備應試,想辦法走後門當縣令。 」第四,「大家痛罵高鶚是不公平的,應該公正評價後四十回,程偉元、高鶚的工作使得有一個120回本傳世,這個功勞不應抹殺。 」 此外,他還認為:後四十回可能是曹雪芹沒有經過修改的一個散稿,「正因為如此,會在結構上出現一些不銜接的地方,包含了程偉元、高鶚的修改。 他們也在序言中說明,為整理出版120回刻本而『截長補短』」。 有些人認為程高是歷史人物,有史可考,脂硯齋是個無史可考的人物,從歷史研究的方法論上來看,應當更重視有史可考的人物而不是無史可考的人物,反對「疑程高不疑脂」的做法,認為「作為歷史人物,程偉元、高鶚有確鑿史料可證其真,而脂硯齋則有些虛無縹緲,似有似無。 在這種情況下,有些人只信脂硯齋而不相信高鶚和程偉元,不惜用脂硯齋否定高鶚,這是令人奇怪的一種思維方式。 有人認為不能因前80回和後40回文筆水平有差異就認為是兩人所作,並舉出其他文學作品的例子:《三國演義》在諸葛亮死後就不那麼精彩,《水滸傳》在招安之後也沒有那麼精彩……• 認同這一觀點的還有• 完全由程高二人續寫而成。 是這種說法的重要提倡者,他首先質疑程氏乾隆五十六年120回本《紅樓夢序》的說法不可靠 ,又根據《小浮梅閑話》所引《船山詩草》中《贈高蘭墅鶚同年》一篇的小註:「紅樓夢八十回以後,俱蘭墅(高鶚)所補。 」,斷言《紅樓夢》後40回是高鶚續作。 但支持後40回主要作者為曹雪芹的人認為,此處的「補」應理解為在曹雪芹原著上的「增補」,而不是指完全由高鶚補寫。 胡文煒認為,按照高鶚的年表,1788年高鶚中舉人,1791年程甲本出版,1792年程乙本出版,1795年高鶚中進士殿試三甲一名,在如此短的時間內,高鶚要一邊準備舉人、進士的科舉考試,一邊還要撰寫近三十萬字的後40回,且要邊寫邊仔細閱讀和揣摩前80回作者意圖和大量伏筆,仔細冒充不被識破,難度極大,幾乎不可能。 無名氏續,程高整理• 程高僅根據後四十回成稿作編輯工作,而該稿也非曹雪芹所做,疑後四十回作者另有其人。 1976年,文雷(胡「文」彬、周「雷」合用筆名)發表了〈程偉元與紅樓夢〉(《文物》,1976,第10期),主張程偉元與高鶚兩人的確是根據已有的後四十回稿,同時參與了整理、篡改與修補,但根據諸多新舊證據,質疑後四十回的作者也非曹雪芹,應當另有其人。 目前越來越多的《紅樓夢》已經改稱「曹雪芹著、無名氏續」,而不是原先的「曹雪芹、高鶚著」。 的助手最早質疑高鶚是續書作者一說。 王佩璋將程甲本與程乙本逐字校對,發現程乙本根本不是「聚集各原本,詳加校閱」的結果,僅是錯別字也不比程甲本少,並且是越改越壞,這種例子約有120處。 如果高鶚是後四十回的作者,改自己的稿子怎麼會越改越壞呢?• 高鶚原本受程偉元邀請一起整理修訂《紅樓夢》,並非為了謀取名利,如果說是他續寫了後四十回,為什麼要隱瞞呢?實際上,高鶚對他參與了《紅樓夢》修訂一事很是得意,從不掩飾。 他不僅給自己起了號:紅樓外史,還寫了一首詩《重訂〈紅樓夢〉小說既竣題》:「老去風情減昔年,萬花叢里日高眠。 昨宵偶抱嫦娥月,悟得光明自在禪。 除了張問陶那條「傳奇《紅樓夢》八十回以後,俱蘭墅所補」資料外,再沒有找到任何一條能證明高鶚續書的文獻資料。 所以,有理由認為,高鶚、程偉元沒撒謊,高鶚不是後四十回的作者,只是一個整理者。 其他爭議性觀點• 前八十回與後四十回作者是明末清初詩人。 」;有人認為這樣的遺囑暗示了《石頭記》書名的由來及開篇茫茫大士及渺渺真人的真實身份。 但此說完全得不到學界認同。 數理統計對作者問題的研究:• 1981年,陳炳藻通過對紅樓夢的數理,得出全120回皆為曹雪芹原作的結論。 但學術界依舊沒有對此達成普遍共識,而趙岡更是同樣通過數理統計得出完全相反的意見。 此後不同學者用數理統計方法做了研究,一些研究認為前80回與後40回用詞風格相同,而另一些研究表明前80回與後40回用詞風格不同,但是,數理統計也存在以下問題:檢驗項的選擇上有主觀傾向,統計結果出現了一些例外無法解釋。 有學者使用某些數理統計方法研究其他作家的不同文學作品,發現同一作者同一作品的不同章回有可能被分為不同類,不同作者的作品又有可能被分為一類,因此認為,某些數理統計方法並不能成為確證。 對於風格相同的結果,持前後不同作者說的人認為這是後40回作者模仿前80回作者的遣詞用句所導致的,並非一定由同一作者所寫。 對於風格不同的結果,持前後基本為同一作者說的人認為,據《紅樓夢》第一回所說,作者寫作時間很長,前後增刪改數次,這也可能造成同一部小說前後用詞風格差異,而並非一定是不同作者寫成。 此外,如果程高二人對後四十回的原稿進行了增補這一說法是真的,那也有可能造成前後用詞風格不一致,但若是這樣,後四十回仍會包含原稿內容而不是完全由程高二人虛構。 因此,即使使用了數理統計方法,作者問題仍然懸而未決。 主題思想 [ ] 作者以家庭的興衰為主軸。 為避免文字觸及時事,躲避清政府,於是虛構朝代,隱去真事,並以描寫閨閣女子來避諱。 不過此書最為人所熟知的是和的愛情及二人與之間的關係。 《紅樓夢》主要描寫一個美好世界的興起、發展,和最後無可避免的悲劇性幻滅。 小說創造了兩個對比鮮明的世界,一為以外的現實世界,一為的理想世界,即第5回賈寶玉所夢見「太虛幻境」的人間投影。 兩個世界是骯髒墮落,和乾淨純潔的強烈對比。 大觀園是賈寶玉和諸的乾淨土,把們與外界隔絕,希望女兒們在裏面過無憂無慮的逍遙日子,永遠保持青春,不要出嫁,以免染上的齷齪氣味。 大觀園所住男人只有賈寶玉一個,但他在園中跟一些女子有染。 作者創造了大觀園這個理想世界,希望它長駐人間;另一方面他又無情地寫出,現實世界的力量不斷摧殘理想世界,直至它完全毀滅。 從71回開始,作者已開始布置大觀園理想世界的幻滅,73回繡春囊的出現,正象徵大觀園的開始墮落。 原著的結局,是大觀園清淨世界的破滅,人物身份地位的顛倒。 例如原有潔癖的,在原著結局中卻淪落風塵,最為不堪。 最愛乾淨的人物走到最齷齪的角落去,強烈的對照襯託了結局的悲慘。 「索隱」說 由於清朝出現過許多,並且此書成書於清朝文字獄最為嚴酷的乾隆當朝時期,《紅樓夢》為避免受到政治干擾,使用許多暗喻曲筆,真事隱(甄士隱)去,假語存(賈雨村)焉。 於是後來許多讀者懷疑其中影射時事,因而產生了各種解讀。 這種捕風捉影的解讀及解讀方法於紅學研究中稱為。 縱使作者在首回前批自述,以此書寄託他對年輕時認識的女性的懷念。 但也很可能只是假借要寫女性,其實是要寫當時知名人物的推托之詞。 有些清人筆記(如《燕下鄉脞錄》、《松軒隨筆》),記有認為《紅樓夢》是影射時的權相與其子的家事的。 曾主張:紅樓夢隱含思想,提出了如下一些觀點:• 國姓,代表。 清朝需穿著衣冠,只有女性才能穿服飾;故而書中女子多指漢人,男子多指滿人。 其書讚揚女性與推崇紅色,「寶玉」影射,寶玉有愛紅之癖,說明滿人愛漢族文化;「好吃(女)人口上胭脂」,代表滿洲人吃漢人吐出來的東西。 書中陰盛陽衰,女人大多出色,男人大多猥瑣;而寶玉總在大觀群芳面前自慚形穢,也正說明滿人面對漢族文化何等自卑。 女子不嫁人時萬般高潔可愛,一旦嫁人就比男人還可惡;女子嫁了人,暗喻漢人投降滿人做了漢奸,也暗示女人(漢人)都被男人(滿人)糟蹋了。 另有不知名的索隱派認為,開篇甄家失火代表明朝覆亡,賈雨村(假語存)代表僥倖(嬌杏)獲致富貴的漢族降臣,甄士隱(真事隱)代表不屈的明朝遺民,「葫蘆」影射胡虜,「葫蘆僧亂判葫蘆案」影射偽朝新貴迫害舊朝恩主以圖進身的冤獄(清初江南這樣的冤獄比比皆是)。 另有不知名的索隱派認為,曹雪芹以明朝為正統,清室為偽統。 甄寶玉在南京,而南京(古名金陵)是明朝舊都,賈寶玉在北京(文中描述賈府,有「炕」,「花枝胡同」等,暗示北京;林黛玉從金陵「坐船很久才到」,則暗示經京杭大運河,由金陵而來)。 賈母及黛玉皆源自南京,例如:寶玉挨打的時候賈母說要「回南京」。 賈府新大宅門前大街映射長城,「街東寧國府」影射清發源地盛京,清代也叫東府;「街西榮國府」影射北京,清代稱西府。 書中原文「二宅相連竟將大半條街占了」,言外之意是後金政權和入關之後的清朝將關內關外大半個明朝江山占領了。 大觀園影射後庭居住區和西苑三海。 賈府影射清朝廷,寧國府祭祖九門洞開即是影射「偽朝」。 另有不知名的索隱派認為,林黛玉愛聽的明朝《牡丹亭》和《西廂記》,寫下的《葬花吟》(「花落水流紅」、「原來是奼紫嫣紅開遍,似這般都付與斷井頹垣」),行酒時吟出的酒令,說到「夢」,想到「還魂」,感嘆「花落 落紅 」與「奈何」,甚至提到《西廂》中的「紅娘」,似都寄託了反清復明的理想。 「悼紅軒」,「千紅一窟、萬艷同杯」,「怡紅院(遺紅怨)」和小說名字「紅樓夢」以及「滿紙荒唐言,一把辛酸淚」,也都是哀悼明朝朱家的意思。 台灣作家則推測與乾隆即位的宮廷鬥爭有關,並寫有一系列小說與論文。 故事情節 [ ] 滴翠亭寶釵戲彩蝶 煉石補天,用了三萬六千五百顆石頭,剩一塊石未用,是為頑石,頑石經過修煉已經有了靈性。 一僧一道攜它變幻為美帶入塵世,變成「」。 適逢對一株絳珠仙草有澆灌之恩,又動了凡心下凡遊歷人間。 絳珠仙草後修煉成女體,聞訊亦隨之下凡,打算把一生所有的還他。 僧道二人欲了結這段公案,並將「通靈寶玉」夾帶其中。 元宵時節,霍啟不慎丟失了。 葫蘆廟失火禍及甄家,落魄的甄士隱被一僧一道點化,解出《好了歌注》出家。 窮困的反而由貧入官。 賈府是之一,受有功勳,分為寧榮二府,族中最長者為,最疼生來口中就含有一塊通靈寶玉(補天頑石)的孫兒(神瑛侍者)。 賈寶玉生來不喜讀聖賢書,卻愛與青春女性玩耍,為此與其父關係緊張。 (絳珠仙草)此時入居賈府。 劉姥姥為了生計,也一進榮府。 學堂內發生一場大混戰,賈府男子眾人,醜態盡出。 寧府長孫媳去世,託夢叮囑王熙鳳盛筵必散。 王熙鳳協理秦氏喪事,場面輝煌,展示理家才能。 榮府獲選為妃並省親,榮府為元春省親修建,極盡奢華。 寶玉在池邊讀《》,黛玉第一次葬花。 與其子,最恨賈寶玉。 賈環欲燙瞎寶玉其眼,幸而未傷到眼睛,不罵賈環,把趙姨娘一頓臭罵。 趙姨娘遂又命馬道婆扎紙人作法害鳳姐和寶玉。 鳳姐有事求黛玉,被打斷,拿寶玉和黛玉的婚事取笑。 寶鳳二人忽隨即因道婆作法而發狂,一僧一道前來相救。 寶黛在結束時第二次葬花,林黛玉作成一首。 忽聞與賈府素無往來的忠順王府來人,要找寶玉問琪官下落,說出交換汗巾之事,賈政大怒。 賈政本要拿賈環出氣,賈環卻趁機說出金釧跳井之事,謊稱金釧是因寶玉意圖強姦而自盡。 賈政怒不可遏,親自下重手打了數十板,方被王夫人哭止,賈母聞訊訓斥賈政,賈政亦自後悔。 寶玉想聽《》,卻被冷落,待見得賈薔與齡官的景況,方知情緣皆有分定。 刊本的《紅樓夢》,圖上人物為襲人。 寫帖邀眾人結詩社,眾姐妹和寶玉以海棠為題作詩。 寶玉想起湘雲,邀來入社,湘雲之作眾人皆贊。 劉姥姥二進榮國府,賈母設宴招待劉姥姥,劉姥姥鬧出不少笑話;眾人行酒令,所說詞句頗有寓意,黛玉不經意說了幾句《》中的句子,引起寶釵的注意,劉姥姥的令詞又引發哄堂大笑。 眾人途經攏翠庵,妙玉請寶釵、黛玉到裡間喝體己茶,寶玉也跟去。 劉姥姥用了妙玉的一個成窯杯,妙玉嫌髒準備扔掉,寶玉做順水人情送給了劉姥姥。 劉姥姥出恭之後誤打誤撞到了怡紅院,在寶玉的床上睡著,好在被襲人發現並掩飾過去。 寶釵審問黛玉在行酒令時背出《西廂記》詞句之事,以正言相勸,二人從此和好。 黛玉於風雨夜作《》詞。 欲納為妾,鴛鴦發誓不嫁賈赦。 賈赦聞訊,明言鴛鴦看上了寶玉,實則暗指鴛鴦與賈璉有「私情」。 賈母聞訊大怒,認為賈赦有意要把她身邊的人支開。 香菱向黛玉學作詩,以月為題,苦吟多首之後終得佳作。 邢岫煙進京,路遇李紋、李綺,加上一起住進大觀園,湘雲也被賈母留下,園中熱鬧許多,交織成大觀園中最美麗的景色。 眾人爭聯即景詩。 寶琴作了十首懷古詩。 當晚,賈母在榮國府設宴。 賈母把陳腐舊套批駁一番。 鳳姐操勞成疾,李紈、探春、寶釵代為主持內務,更為嚴謹。 蕊官托春燕給帶去薔薇硝擦臉。 賈環也想要,芳官把茉莉粉給了賈環。 趙姨娘藉此進園大鬧,夏婆子從中加油添醋。 柳家的想叫女兒去寶玉房中當差,托芳官給寶玉說,芳官要玫瑰露給吃,並答應讓五兒在寶玉房裡當差。 趙姨娘內侄卻欲娶柳五兒,柳家父母同意,五兒不願,父母未敢應允,錢槐氣愧,偏與柳家相與。 柳家欲回,其哥嫂送給柳五兒茯苓霜。 的丫頭兒為到廚房要燉雞蛋羹,柳家的不給,迎春的大丫頭司棋便領人大鬧廚房。 柳五兒將茯苓霜分些贈芳官,回來被林之孝家的發現,王熙鳳叫把柳家的打四十板,永不許進二門,把五兒打四十板,交給莊子,或賣或配人。 寶玉替彩雲瞞贓,平兒向偷太太玫瑰露給環兒的彩雲說明情況,鳳姐還要追究,經過平兒相勸,鳳姐方罷。 賈敬歸天,尤氏理喪,尤老娘母女三人到寧府著家,賈蓉戲二姨。 剛烈的因柳湘蓮的拒絕娶配而引劍自盡;溫柔的因王熙鳳的迫害吞金自殺。 黛玉做「桃花詩」。 眾人改海棠社為桃花社,推黛玉為社主。 湘雲填柳絮詞,黛玉邀眾填詞。 寶釵詩中有「任他隨聚隨分」之句。 眾人後放風箏。 鴛鴦望候鳳姐,說鳳姐患的是「血山崩」。 請求鴛鴦暫把老太太的金銀傢伙偷著運出一箱子,暫押千數兩銀子支騰過去。 大觀園內撿到繡春囊,王夫人命王熙鳳帶眾仆抄檢,王熙鳳消極配合。 睿智聰穎的三妹賈探春憤而說出:「百足之蟲,死而不僵!必須先要從家裡自殺自滅起來,才能一敗塗地!」寧府夜宴,祖先靈位前竟聽見了詭譎的嘆息聲,似乎是在指責賈府的不肖子孫,即將毀掉百年的簪纓望族。 史湘雲和林黛玉中秋夜聯詩,句句似乎預言了賈府的命運,極為淒涼感傷:「寒塘渡鶴影,冷月葬花魂」。 之後寶玉的貼身丫鬟因讒言被王夫人逐,病亡之後寶玉作《》。 而薛寶釵愚蠢縱玩的哥哥薛蟠,娶了潑辣鬧家的妻子;賈寶玉懦弱溫和的二姊(堂姊)賈迎春,嫁給了殘暴淫穢的丈夫。 八十回後 [ ] 迎春出嫁,寶玉心中傷感。 賈政逼寶玉去上課。 襲人來瀟湘館打探口風,一婆子說了些造次之話,黛玉甚覺刺心,驚噩夢染上重病,探春湘雲等來探視。 宮內報元妃身體欠安,賈母、賈政等人前往宮內探視。 賈母向賈政提起寶玉親事,賈政言寶玉尚需教化,親自去試其文字。 賈母為黛玉過生日,席間薛家人趕來通知在外鬧事打死了人。 薛家人花銀子、托關係買官贖罪,官府判薛蟠是誤傷。 寶玉去瀟湘館,黛玉向寶玉介紹知識。 寶釵寄來書信,黛玉看後不勝感傷。 寶玉、妙玉走近瀟湘館,聽得黛玉撫琴悲秋之音,忽然琴弦崩斷,寶玉疑惑。 寶玉見晴雯補過的雀金裘,心中悲傷並祭奠她。 黛玉聽到寶玉定親的消息,千愁萬感,把身子一天天糟蹋起來,,一日竟至絕粒。 侍書與雪雁說寶玉親事未定,老太太要親上作親,黛玉聽了病情轉好。 賈母知黛玉心事,主張娶釵嫁黛,王夫人、鳳姐附和。 夏金桂暗戀,借送酒調戲之。 賈政、王夫人商量娶寶釵的事,寶玉來到瀟湘館,黛玉與其參禪。 賈政過問水月庵風月案,賈璉替賈芹瞞丑。 怡紅院海棠冬天開放,不知是禍是福,賈母叫辦酒席賞花。 寶玉丟玉,全家忙亂,請來妙玉。 元妃薨逝,賈家懸賞尋玉。 寶玉變得瘋傻,老太太要給寶玉沖喜,鳳姐獻掉包計。 黛玉從傻大姐那裡得知寶玉娶親消息後迷失本性,黛玉咳血病重,焚燒詩稿,寶玉成親。 寶玉欲死,寶釵說黛玉已死,寶玉昏死噩夢。 賈府人去瀟湘館哭黛玉。 賈政下屬李十兒勸他做貪官,他不肯但信任李十兒。 金桂調戲薛虬被香菱撞見。 探春遠嫁,寶玉嘆繁華易散,襲人、寶釵規勸。 鳳姐去路上遇秦氏,遇鬼而信神。 鳳姐求籤,得王熙鳳之句。 探春辭別,尤氏在園中見鬼,賈珍等相繼病倒。 大觀園不敢住人,為禽獸所棲,賈赦請法師驅邪逐妖。 金桂想藥死香菱反藥死自己。 寧府被抄,賈赦賈珍被捆走,兩府大亂。 賈母禱天寬宥兒孫。 主上宣旨革去賈赦、賈珍的世職,發配邊疆,賈政襲賈赦的世職。 雨村,包勇醉罵雨村。 王夫人將家事交鳳姐辦理。 賈母拿出銀兩給寶釵過生日,寶玉中途退席經瀟湘館聞鬼哭。 寶玉欲夢黛玉而不得,錯把五兒當做晴雯。 賈母病重。 迎春被中山狼折磨病死,史湘雲丈夫得了暴病。 賈母壽寢,鳳姐辦理喪事,可辦事力詘,失去人心。 鴛鴦自盡殉主。 何三引賊盜來賈府,妙玉為賊所搶不知所終。 趙姨娘中邪被折磨死。 劉姥姥哭賈母,鳳姐欲將巧姐託付給她。 寶玉找紫鵑表白心思。 鳳姐死,王仁混鬧給鳳姐大辦喪事,平兒幫賈璉籌錢。 甄應嘉復職進京拜會賈政。 姑子來賈府受到寶釵冷遇,激惜春出家。 賈寶玉與貌似而神異,寶玉斥之為「祿蠹」。 寶玉病重,和尚送來通靈寶玉,寶玉死而復生。 寶玉二歷幻境,看淡兒女情長。 賈璉看望賈赦,將女兒托於王夫人。 惜春出家修行,紫鵑陪伴。 寶釵勸勉寶玉,與之辯論赤子之心。 寶玉別王夫人寶釵等人離去。 邢夫人等人要賣巧姐,平兒和巧姐同去劉姥姥莊上避難。 寶玉考試中途失蹤。 探春回家。 寶玉、賈蘭中舉。 賈府復官。 賈政去金陵安葬賈母,聞喜訊回京,寶玉隨僧道而去。 香菱難產死,襲人嫁玉菡。 雨村遇士隱,歸結紅樓夢。 人物 [ ] 主條目: 《紅樓夢》寫了幾十個各有性格的人物,描述得栩栩如生,全書總共出現了768人之譜,當中丫鬟特多,數以百計,可以說出名的大丫頭有六十餘人。 有學者指出,《紅樓夢》以為中心。 但其實全書基本上以男主角賈寶玉為中心。 作者把賈寶玉周遭比較重要的年輕貴族女性列入金陵十二釵正冊、副冊、又副冊。 正冊裡是沒有ㄚ環的。 像寶玉的姑表妹妹林黛玉、姨表姊姊薛寶釵、親姊姊元春、堂姊迎春、異母妹探春、堂妹惜春,堂嫂鳳姐、外甥女巧姐,堂姪之妻秦可卿、大嫂李紈、遠房表妹史湘雲,都是列在在十二釵正冊的主要角色。 十二釵唯一不是寶玉親戚的是妙玉,但也是貴族女性。 而跟寶玉沒有親戚關係也不是貴族的侍女丫環,只會在副冊、又副冊之中。 寶玉與金陵十二釵 [ ] 賈寶玉• - 第一主角,書中的情節主要是以他為中心,故事從他的寫起,幾乎就是在寫他一生。 厭惡世俗名利,追求浪漫美學情懷的滿足。 住在,在詩社中號為「怡紅公子」更是母親眼中的「混世魔王」。 透露雪芹評賈寶玉用「情不情」三字,某些人認為指賈寶玉具有深廣的思想,能夠對將自己的感情賦予沒有感情的人、事、物。 - 女主角之一,與賈寶玉相映襯,為「」。 是中國古典文學中性靈形象的典型。 林黛玉為賈母外孫女,即寶玉的姑表妹,寄居賈府,父母雙亡,聰明絕頂,品貌風流,體弱多病,多愁善感,才情高捷,同時伶牙俐齒且自尊心強。 書中寶玉曾以「神仙似的」形容黛玉的氣質外貌,寶釵則戲稱她「顰兒的一張嘴讓人愛也不是恨也不是。 顰顰(本無字,賈寶玉以其「眉尖若蹙」為靈感所贈),住在,在詩社中號為「瀟湘妃子」。 占花名簽得。 脂硯齋透露雪芹評林黛玉用「情情」二字,指林黛玉能夠將自己的感情賦予自己所愛的人。 程高本後40回為病逝。 等紅學家認為最後投水自殺。 - 女主角之一,與林黛玉相對,紅樓夢曲中稱紅樓夢的主旨是「懷金悼玉」。 薛寶釵為王夫人的外甥女,即寶玉的姨表姊,隨母親薛姨媽、哥哥居住賈府。 她體態豐豔,才情亦高,為人親和圓融,心思細膩,在賈府眾多下人中,比多情敏感的林黛玉受歡迎得多,也深得賈母喜愛;住在,在詩社中號為「蘅蕪君」。 占花名簽得。 薛寶釵服膺世俗價值,雖然她身上所佩戴的金鎖,和賈寶玉的通靈寶玉是為「金玉良緣」,但在寶玉心中仍不及超凡脫俗的林黛玉。 書中反覆,如:、所居院落前大石封閉及無花冰冷的環境來看,有人認為評語似乎應為「冷情」。 警幻曲中稱「都道是金玉良姻,俺只念木石前盟。 空對著、山中高士晶瑩雪;終不忘、世外仙姝寂寞林。 嘆人間、美中不足今方信。 縱然是齊眉舉案,到底意難平!」,暗示寶玉與寶釵成親,但寶玉懷念黛玉,雖然寶釵有如山中高士,也有舉案齊眉的美德,但寶玉心中依然難忘黛玉。 - 重要配角,賈母娘家史家的侄孫女兒,和寶玉、黛玉同輩,父母雙亡,由叔父母撫養長大,家世中落,經濟拮据。 幼年時因賈母疼愛,也曾在榮府居住一段時日,是寶玉的第一個,與寶釵交好。 性格爽朗明快,為人豁達大度,厭惡忸怩作態,言談舉止自然隨性,有一次因此得罪了林黛玉。 並不住在大觀園,在詩社中號為「枕霞舊友」。 占花名簽得。 作者形容史湘雲的外表是「腰臂,勢形」,喜詩,有「詩瘋子」之稱,才思不輸薛林二人。 程高本後40回中,湘雲的丈夫婚後不久即得,令她終身守寡。 不過有人認為原著安排的情節並非如程高本後40回所說的,紅學家之間有湘雲嫁衛若蘭與嫁寶玉兩種見解。 - 寶玉長姐,同為王夫人所出,元月一日出生,故名元春,被選入宮中,後封為鳳藻宮尚書,加封賢德妃,無有子嗣。 賈府蓋大觀園就是為了元春回家省親,程高本後40回寫她後因痰疾過世,終年虛歲43嵗。 元春和迎、探、惜春四姊妹名字諧音為「原應嘆息」;姓名諧音是作者慣於暗示意涵的手法之一。 判詞稱她「虎兔相逢大夢歸」。 暗示於虎年與兔年相逢的兔年正月(卯年寅月)過世。 」一語加以變化。 - 賈寶玉的堂姐,的女兒,住在里的綴錦樓,在詩社中號為「菱洲」。 性格懦弱膽怯,處處克己忍讓,信奉,最終被嫁給一個性格暴躁的色狼武官孫紹祖,受虐而死。 判詞稱「子系中山狼,得志便猖狂。 金閨花柳質,一載赴黃粱。 」暗示被忘恩負義的丈夫虐待而死。 - 的庶出妹妺,住在,在詩社中號為「蕉下客」。 占花名簽得。 有著超卓的才幹,遠大的眼光,以及敢作敢為的個性。 有人誤以為她不願意承認自己的親生母親,尊為母親,實為當時風俗禮法如此,非其不認親也。 曾在賈府與、於病中主事,程高本後40回寫她遠嫁海疆統制周瓊之子。 判詞稱她「清明涕泣江邊望,千里東風一夢遙。 」(依甲戌本,庚辰本《脂硯齋重評石頭記》影印本與程甲本,程乙本《紅樓夢》俱作此語,甲戌本脂批「好句」確為定本。 )暗示遠嫁外地,再難回返。 - 寧府賈珍之妹,在榮府長大,是眾同輩姊妹中年紀最小的一個。 住在周圍的蓼風軒,在詩社中號為「藕榭」。 性情孤僻冷漠,善,喜,賈家衰敗後修行,終身未嫁。 是紅樓夢中另一個遠避俗世的角色。 判詞稱「勘破三春景不長,緇衣頓改昔年妝。 可憐繡戶侯門女,獨臥青燈古佛傍。 」暗示出家為尼。 - 賈府家廟中的年輕帶髮修行尼姑,她實際身份是賈府世交之女,因生父得罪於朝廷被抄家,以尼姑身份避禍於賈家。 她生性好潔,穎慧捷悟,判曲稱她「氣質美如蘭,才華阜比仙,天生成孤癖」、「依舊是風塵骯髒違心愿」,暗示可能淪落風塵。 一百二十回通行本中,被擄去,生死不明。 - 另一女主角,普遍認為是紅樓夢中最為鮮活的人物,具有強烈的世俗氣息。 為賈璉之妻,王夫人的侄女,即寶玉堂嫂及表姐,因此雖然身為邢夫人的,卻幫王夫人處理榮府家務。 精明能幹,口舌伶俐,手腕靈活,手段毒辣。 但害死尤二姐等人,導致賈府被御史彈劾;而剋扣下人違法(高利貸),也成為賈府家產被抄後無法放還的主因。 判詞稱「一從二令三人木,哭向金陵事更哀。 」一種說法認為該句暗示最後被休(拆字為人木),過世還葬金陵,即「王熙鳳衣錦(壽衣)還鄉」。 還有一種說法認為「一從二令三人木」是說該句應該讀作主動式,即開始她從於長輩等人,後來就因才幹使喚(令)別人,最後就「退休」(因為從前80回後期她確實病體纏身,卻並未有被命令或家族內失權的跡像)。 程高本後40回中並沒有被休。 程高本第一百零一回中,王熙鳳抽得籤詩「去國離鄉二十年,於今衣錦返家園。 蜂采百花成蜜後,為誰辛苦為誰甜?」暗示離開金陵二十年後,過世身穿錦繡壽衣還葬金陵,一生爭強鬥勝,積蓄錢財,最後卻不得享用。 - 王熙鳳與賈璉之女,判詞稱「勢敗休雲貴,家亡莫論親!偶因濟劉氏,巧得遇恩人。 」暗示賈府沒落後被劉姥姥所救。 程高本後40回中為舅兄王仁賈環所出賣,差點成為外藩的婢女侍妾,為劉姥姥搭救躲到鄉下,後嫁與周姓鄉紳之子。 有紅學家認為是嫁與劉姥姥的孫子板兒,並認為賈芸沒有參與出賣巧姐的事。 - 字宮裁,寶玉長兄賈珠之妻,李守中之女。 賈珠死後,守寡撫養其子賈蘭長大。 有別於王熙鳳,李紈性格恬淡守靜,待下寬和,雖是王夫人長媳,但主要工作是陪眾小姑們讀書女紅,偶爾協理家務。 大觀園內,李紈住在稻香村,詩社內號「稻香老農」。 判詞稱「桃李春風結子完,到頭誰似一盆蘭?如冰水好空相妒,枉與他人作笑談。 (依甲戌本,庚辰本《脂硯齋重評石頭記》影印本,戚序本《石頭記》與程甲本,程乙本《紅樓夢》俱作此語,甲戌本,庚辰本脂批「真心實語」確為定本。 )暗示由於其子賈蘭功名有成,守寡多年受封蔭得鳳冠霞帔。 占花名簽得。 - 是秦業從養生堂抱來的養女,賈珍之兒媳,賈蓉之妻。 名字諧音為「情可輕」,處理寧府家務,待下寬和,不落褒貶。 第五回出場,第十三回死亡(現存版本中為病死,但脂硯齋評指出原回目名稱為「秦可卿淫喪天香樓」,此段情節後被刪去)。 判詞繪有美女懸樑,稱「情天情海幻情身,情既相逢必主淫。 漫言不肖皆榮出,造釁開端實在寧。 」暗示因為淫行,受不了榮寧府中謠言的壓力而懸樑自盡。 現行版本中,仍看得見賈珍為媳婦的喪禮大肆鋪張等情節,引發讀者的揣想。 賈寶玉也曾在之夢中遇見之妹可卿(字可卿,乳名兼美,脂批稱此暗喻併兼黛玉、寶釵之美),關於賈府中的秦可卿與寶玉夢中的可卿的關係,說法不一。 近年有紅學家強調秦可卿的研究,甚至標榜為「秦學」。 金陵十二釵副冊與又副冊的部分人物 [ ]• - 甄士隱之女,原名英蓮,幼時被拐走,長大後被賣給薛家,成為服侍薛蟠的小妾。 小說中刻劃香菱純真無邪,苦吟學詩,有詩呆子之稱。 占花名簽得句「連理枝頭花正開」。 判詞稱「自從兩地生孤木,致使香魂返故鄉」,暗示因為夏金桂(兩地生孤木合為桂字)的苛虐,而去世返葬故鄉。 程高本後40回寫後來扶正成為正妻後,並未夭亡。 有人認為不合作者原意。 - 王熙鳳的丫鬟,賈璉的妾。 對王熙鳳忠心耿耿,並助理榮府諸事,但平兒聰穎善良,常暗中幫助他人。 程高本後40回寫後來扶正成為正妻。 - 賈寶玉的大丫鬟,率真靈秀,嘴巧心熱,精於女紅,相貌俊俏,因此與賈寶玉情投意合,但受到賈寶玉的母親王夫人厭惡,最終被遣送回家病逝,賈寶玉為她寫弔唁文。 判詞為「霽月難逢,彩雲易散。 心比天高,身為下賤。 風流靈巧招人怨。 壽夭多因毀謗生,多情公子空牽念。 」暗示自尊心高,被毀謗而早逝。 - 賈寶玉房中的大,本姓花,名(或珍珠,脂批雲與賈母另一丫鬟「琥珀」成對),後寶玉因見古詩「花氣襲人知驟暖」而改其名。 很得賈寶玉的母親王夫人賞識,月錢等級同。 曾和賈寶玉「初試雲雨」,卻未正式成為寶玉的妾。 程高本後40回寫她在寶玉出家後,嫁給伶人為妻。 晴雯銜恨被逐,襲人可能是告密者。 - 原名(脂批雲與賈母另一丫鬟「鴛鴦」成對),是賈母身邊的二等丫環。 黛玉來賈家後,賈母將紫鵑派去服侍黛玉,名字與黛玉帶來的小丫頭「雪雁」成對。 紫鵑本不是黛玉家的人,卻對黛玉十分忠心,常設法寬慰多愁善感的她,又明白黛玉心事,幾次試探寶玉,是一個痴情人物。 程高本後40回寫她隨從惜春出家。 - 賈寶玉祖母賈母的心腹丫鬟。 在賈府眾多丫鬟中,她的地位最高,是賈母身邊不能缺少的人。 大觀園中行酒令時,她理所當然充當行令。 被賈赦看中要娶為妾,她割髮明志,寧死不從,受到賈母的保護。 程高本後40回中她在賈母去世後上吊自殺。 - 是薛姨媽的侄女,薛蝌的胞妹,薛寶釵的堂妹。 後來嫁與梅翰林之子。 作者寫有一回,以「梅」作為薛寶琴的象徵。 - 是東府賈珍之妻尤氏的異母妹,因家貧隨母住在東府,同賈珍賈蓉有染。 後賈璉暗娶尤二姐,東窗事發,被王熙鳳騙入榮府,因庸醫小產之後,不堪委屈,吞金而逝。 - 尤二姐之妹,長相美艷,性格剛強,亦曾與賈珍等狎昵。 她苦戀柳湘蓮,柳湘蓮亦把傳家寶劍贈與尤三姐作為訂親之物。 但當柳湘蓮知道尤三姐是東府的人後,以為她不乾淨,於是要求退婚,要拿回傳家寶劍時,尤三姐在他面前用此劍自刎而死。 藝術特點 [ ] 彩繪:泄密 藝術成就 [ ] 《紅樓夢》情節豐富,布局嚴密,直接取材於現實的社會生活,和作者的親身體驗,揭露封建時代上層階級的虛偽荒淫、腐朽和剝削,是一部正面寫愛情的長篇小說,寫來純美真摯。 擺脫傳統小說的局限,強調人應有獨特的個性,不應盲目追隨主體文化。 悲劇性結局則感人至深,在中國古典小說中並不多見。 《紅樓夢》塑造一大批個性鮮明的人物形象,善於描繪人物性格或心理,寫出人物性格的形成和發展,打破「好人完全是好,壞人完全是壞」的寫法。 小說描寫生動而細膩,善於營造意境,詞彙豐富,語言凝煉,富有藝術魅力,並且出現不少優美詩詞。 紅樓夢是章回體古典長篇小說,每個章回雖然彼此獨立,卻又各有相關,有學者指出紅樓夢所採用的是一種全然不同於西方小說的結構方式,作者採用許多小事件堆疊成為一個大事件的「」架構,以數個大主軸穿插眾多小而成。 本書在小說中還包含著、詞、曲、、、、、、、等各種不同文體的創作與批評。 乃至有命理卜辭、脈案藥方、訟狀塘報等。 而本身已是長篇小說。 涉及的文字題裁,包羅萬有,蔚為大觀。 命名藝術 [ ] 書中很多名字都有特殊的含義,或諷刺,或感嘆,是為紅樓夢的藝術特點之一。 的批文指明了部分的隱意。 諧音:• 元春、迎春、探春、惜春——「元迎探惜」諧音為「原應嘆息」• 賈敷、賈敬、賈赦、賈政——「敷敬赦政」諧音為「福晉攝政」 非諧音:• 抱琴、司棋、待書(部分版本中為「侍書」)、入畫——「琴棋書畫」• 善姐——反諷:名為「善」,但其人不善 版本 [ ] 高月譚詳評紅樓夢原本 《紅樓夢》的版本可以分為和兩大。 《紅樓夢》寫成時間仍待考證。 最初以形式流傳,目前所見最早的抄本出現於中期的年(1754年)。 1792年程偉元和高鶚在《紅樓夢引言》中說:「是書前八十回藏書家抄錄傳閱幾三十年矣」。 可見,《紅樓夢》在社會上流傳當開始於1763年或1764年,也就是曹雪芹去世後不久。 其書名或為《石頭記》,或為《紅樓夢》。 因部分版本中有脂硯齋等人的大量批語而被統稱為脂評本或脂批本,簡稱為脂本。 絕大部分脂本只有前80回,被認為更接近曹雪芹的原作。 現存的早期脂本已知有十數種,全部已出版。 1911年出版的石印戚序本是第一部印刷版脂本。 1982年紅樓夢研究所以庚辰本為主要底本校訂出版《紅樓夢》。 此後出版的《紅樓夢》中,前80回大部分都是以一種或幾種脂本為底本匯校而成。 庚辰本是脂本系統中最完整的版本,目前台灣出版社如聯經、里仁皆以此為底本。 程偉元和高鶚於乾隆五十六年(1791年)整理出版120回本《紅樓夢》,被稱為程甲本。 此版本沒有脂批,因此有人認為,程甲本前80回是在的基礎上修訂的,並認為程高二人刪去了幾乎全部批語。 但也有個別觀點認為,程高之前《紅樓夢》早已風行,程高若直接刪去脂批為何當時讀者並未有反應,所以認為脂批其實晚於程高二人的版本才出現,甚至有個別人認為脂批純屬後世偽造。 最早,後40回被認為與前80回是同一作者,但1920年代胡適提出前80回與後40回並非同一作者,並認為後40回為程偉元和高鶚所續,但仍然有人認同程高二人根據曹雪芹舊稿添補而成的說法,此外,也有人認為續書者另有其人,程高只是整理者。 高鶚續書說在2010年代以前曾一度被普遍認可,但此後隨著研究進一步深入,一些新版《紅樓夢》又將「曹雪芹、高鶚著」改為「曹雪芹著,無名氏續」,作者問題仍無定論。 自程甲本誕生後至清末,程甲本被大量翻印出版,成為當時流傳最廣的版本。 程偉元和高鶚於次年(1792年)又出版了程乙本。 程乙本是在程甲本的基礎上修訂的。 存世脂本版本 [ ] 主條目: 《紅樓夢》流傳至今的抄本有 :• 甲戌本:名「至甲戌抄閱再評仍用石頭記」,共存16回(1—8回,13—16回,25—28回),4回一冊,分裝為4冊。 存有其他各本均沒有的「凡例」,(即從「紅樓夢旨義」到「此書開卷第一回也---十年辛苦不尋常」,計題名、長安、閨中、朝廷、第一回)共五條。 因第一回有當時其他程本沒有的一句話:「至脂硯齋甲戌抄閱再評仍用石頭記」,故得此名。 甲戌,指乾隆十九年(1754年)。 雖然發現年份和標定年代都最早,但一般認為此本為最後審定,準備付印的謄抄本;所依據底稿本應該在庚辰本之後(第一回有丁亥春畸笏側硃批,墨評也有署丁亥者; 抄錄時間應在乾隆23年之後)。 此本有脂硯齋一千多條批語,被稱為「脂批」,各回皆有硃筆夾批、眉批等。 「甲戌本」原為胡適舊藏,胡適去世後,此本轉存於美國。 2005年,中國將此本購回。 「甲戌本」現藏於中國。 己卯本:名「脂硯齋四閱評過,己卯冬定本」,共存42回(1—20回,31—40回,55回後半,56—58回,59回前半,61—63回,65回,66回,68—70回)。 因31回—40回這一冊的目錄頁上,有「己卯冬月定本」六個字得名。 己卯,指乾隆二十四年(1759年)。 「己卯本」現藏於。 庚辰本:名「脂硯齋四閱評過,庚辰秋定本」。 共存78回(1—80回,缺64回、67回,其68回脫去約600字,估計失去一頁)。 10回一冊,裝成8冊。 因後四冊目錄頁有「庚辰秋月定本」字樣得名。 庚辰,指乾隆二十五年(1760年)。 「庚辰本」是至今發現的含有脂批回目最多最完整的一個《紅樓夢》版本,但是其中十七、十八回未分回,十九回無回目。 每冊的卷首標明《脂硯齋凡四閱評過》字樣,此外,至第五冊起兼有《庚辰秋定本》和《庚辰秋月定本》。 有甲戌本所缺各回中的2000多條批語,十一回之前,除偶將回前總評與正文抄在一處外,都無批語,為白文本。 硃筆批語全集中在第十二回到第二十八回。 脂批中署年月名號的幾乎都發現於庚辰本,庚辰本的底本年代相當早,其時曹雪芹仍健在,故留有一些作者和批註者自存本的痕跡; 但抄手不止一人,其文化水平與認真程度都很低。 全書訛文脫字,觸目皆是。 最後一冊質量尤差,幾難卒讀。 庚辰本原出旗人家中,徐星署1933年初以八銀幣購於北京東城隆福寺地攤,「庚辰本」現藏於中國。 蒙古王府本:簡稱 蒙府本,名《石頭記》,120回。 發現於清代一王府,故名。 戚序本(又稱 石印本, 上海本, 南京本):名石頭記,80回(缺64、67兩回)。 有序,故名。 該本經過了一次專門的整理,增加了韻文總評,在第四十一回回前評後署名「立松軒」,故亦稱 立松軒本。 楊藏本(又稱 夢稿本):120回。 曾為收藏,故名。 舒序本:名《紅樓夢》,存1-40回。 有1789年(己酉)序,故名。 列藏本:沒有總書名,除少數幾回名《紅樓夢》外,各回皆名《石頭記》,存78回(缺5、6回)。 存於(舊稱),故名,又稱 聖藏本。 夢覺主人序本(簡稱 夢覺本,又稱 甲辰本):名《紅樓夢》,有夢覺主人序。 80回。 甲辰,乾隆四十九年,1784年。 鄭藏本:存23,24回。 曾為收藏,故名。 北師大本:存78回(1—80回,缺64,67回)。 共兩函,16冊。 現藏圖書館,故名。 此抄本為1957年由書店購入,1961年收入北京師範大學圖書館編《中文古籍書目》後被遺忘,至2000年被中文系博士生曹立波發現。 張俊先生和曹立波由此認為,北師大所藏《脂硯齋重評石頭記》抄本,是以北大庚辰本為底本,參照己卯本、甲戌本、戚序本、程甲本或甲辰本等版本,加以校補、整理而成的。 卞藏本:僅存前十回。 是新發現的殘脂本,2006年收藏家於上海會上購得,故名。 另外,曾稱在1959年目睹一脂本,原有八十回,存十九冊,七十七回有餘,原為揚州旗人所藏,故稱 靖藏本。 後迷失,僅留存一頁。 毛國瑤抄錄了靖本獨有的150條脂批發表。 由於此本一直未露面,紅學界對它的真偽意見分歧很大。 諸本關係 [ ] 這些本子的關係,是一個有趣的研究課題。 紅學界對此意見紛呈,沒有一個定論,甚至沒有占多數認同的觀點。 也有人認為,這些本子都只是抄本,出自同一個傳世稿本,諸本間差異是在傳抄中形成的,並非雪芹的多個稿本傳世;此人以異文統計表作論據,聲稱諸本都是配抄本(包括己卯本和庚辰本),因而,版本關係不能以「本」為單位,應當以「回」為單位。 以上各本又稱,以有評語故。 這些抄本現在都出版了影印本。 後來,有了本: 活字印刷版本(120回) [ ]• 程甲本(1791):、於1791年出版的活字印刷本,120回。 程乙本(1792):程偉元、高鶚於1792年出版的活字印刷本,120回。 對程甲本作了不少修改。 後40回的完成 《紅樓夢》還是原名《石頭記》時曾經遭到清廷查禁,後經為《石頭記》解禁。 但解禁後原稿80回後散失。 紅學家周汝昌認為是乾隆與和珅共同閹割了整體作品《紅樓夢》,但這屬於猜測,沒有實證。 高鶚整理出版一百廿回本時,寫序說明他是收集整理殘稿。 當時清人筆記少有質疑,近代卻有許多紅學家認為不是修補殘稿而是他人續作。 有人認為,程乙本後40回由程偉元委託續寫。 也有人認為,後40回乃他人所作,高鶚只是整理人。 普遍的看法是續書在文學價值上與曹雪芹的前八十回有較大差距,但也有如林語堂、王國維等人認為後40回文學價值並不遜色。 目前對後四十回續作有一種看法:越來越多的證據表明,曹雪芹已經在逝世前基本完成了《紅樓夢》的書稿,雖然這些稿件至今未能發現,然而從各種清代文獻中尚能看到些許相關的信息。 周汝昌等紅學家們提出,《紅樓夢》原稿的計劃在八十回後可能只有二十八回,這樣全書一共有一百零八回。 史料價值 [ ] 這部巨著虛構朝代、地點,卻反映了清帝國下的生活紀實。 並且反映出當時的社會生活、制度,乃至穿戴、、亭閣、園林造景、舟車行轎等等層面。 全書中有很多關於、、思想的描寫與戲謔。 紅學 [ ] 主條目: 紅學指研究《紅樓夢》的學問。 近代紅學往往是一種史學研究。 清代後期,《紅樓夢》在北京的文士間已極為流行。 「紅學」一詞在嘉慶、道光年間出現,在當時是個開玩笑的說法。 而研究《紅樓夢》成為嚴肅專門的學問,始自在1921年所寫考証《紅樓夢》的文章。 的研究初步証實了《紅樓夢》的作者為,提出了「自傳說」。 從此,《紅樓夢》的研究工作與清代,與民初的整理國故匯合起來。 由於傳世版本多,欣賞角度與動機的不同,學者們對於紅樓夢的作者與內容,有許多不同的看法,其中大致可分為文學批評派、索隱派、考証派等數派。 索隱派 [ ] 晚清時,不少人視《紅樓夢》為清初政治小說,旨在宣揚民族主義,弔明之亡,批評滿清。 1915年撰寫《石頭記索隱》,總結其說,推論小說中人所影射的歷史人物。 故此視《紅樓夢》為政治小說的觀點,被稱為「索隱派」。 20世紀70年代,「索隱派」在台灣「復活」,代表學者是潘重規和杜世傑。 他們不再堅持小說影射歷史人物,而強調全書宗旨在或仇清悼明。 即使如此,索隱派持論說服力終嫌微弱。 另有學者中一派說法,明鄭末代君主其親近殘存勢力應該就是《》故事的原著,其實為一部性質。 因為於第五十二回中的〈真真國女兒詩〉暴露了《紅樓夢》實為「朱樓夢」,而為皇室之「國姓」在清朝甚為敏感,代表著的夢想,若非有一定安全保障的人士恐不敢如此書寫,也無必要如此書寫。 此外其詩句中更寫道:「島雲蒸大海,嵐氣接叢林」,更加指出這位懷抱夢想的人士同時又居住在有著叢林的海島 台灣 上,於明末清初之際,僅僅符合這個情況。 《紅樓夢》的故事情節與角色安排與的歷史有著高度的相似性,而書中東府寧國府又恰巧對應東寧之稱,賈府之名又影射假政權和「假鄭」,因為賈母大權在握實指鄭成功死後其妻董國太實攬大權。 然而21世紀後南京的考證發現,當地有諸多現象高度吻合紅樓夢情節,全村附近有眾多與紅樓夢對應或聯想的地名達38個之多,明顯超出巧合程度,於是又有理論懷疑作者不論為曹雪芹或他人都是出自當地,所以此一理論又否定了明鄭殘存勢力作者之說,或是引申為明鄭殘存勢力人士中有人出自花塘村根據家鄉作為題材,泛泛諸論,未有定述。 2014年,九州出版社出版金俊俊、何玄鶴整理的佚名著《癸酉本石頭記》,內容影射了明末清初時期的一些真實事件。 但對於該本的真實性,學界頗多爭議。 鑽石鼻子所著《紅樓夢已完》顯示「索隱」的證據在《紅樓夢》書里實際非常多。 例如林黛玉那句「榛子非關隔院砧」。 那「榛子」若果真指代「朱由榛」於揭陽監國,則又引出揭陽之「揭」,也無非「揭竿而起」之常談,由此論「砧」則更真矣。 概「搗衣砧」為扁平之一片石,「一片石」又關係「榛子」中一個「李」(「榛子」拆開看就是「秦木子」,故有木子李),此「李」正是興於「秦」域,在長安稱帝。 再論酒面,那李鴻基(李自成)登基,就是「鴻雁來賓」,而李自成在「一片石」戰敗之後,就是「折足雁」風急江天萬事衰,所以才叫得人九迴腸。 此外那「榛子非關隔院砧」還有一層深意,「關隔院」諧音「官閣怨」,「官閣怨」必黨爭起,不管論爭還是戰爭,總是「閣院砧」,「砧」暗喻「擊打」,就是影射明廷「黨爭不斷,禍起閣院」。 再一例,史湘雲那句「這鴨頭不是那丫頭,頭上哪討桂花油。 」細數共有三顆「頭」,卻只一瓶桂花油,明著還差兩瓶,暗裡就是無(吳)三桂。 另一個細節更是絕倫,史湘雲說完酒面,從桌子上撿了半隻鴨頭吃腦子,另一半鴨頭已沒有了,本已缺半邊腦子,再吃腦就是無腦了。 這該是說,吳三桂本想接受李自成招降,兩人本可以就此一氣同心,和衷共濟,抵禦胡虜。 可三桂衝冠一怒,丟了腦子,失卻理智,就只為了陳圓圓「那丫頭」,陰差陽錯,終於和李自成勢如水火,不共戴天。 如此把天下拱手讓與「胡虜」,竟只為一個「丫頭」。 且再看史湘雲醉臥青石板(「青」諧音「清」,即「滿清」,石板又指代「一片石」之戰)時所說的幾句「拼湊之詞」:「泉香而酒冽」(出自「醉翁亭記」,暗指醉翁之意不在酒,所以此言非真),「玉盞盛來琥珀光」(下一句是「不知何處是他鄉」,所以此地非真),「直飲到梅梢月上」(陽春白日何來梅與月,所以此時非真),「醉扶歸」(眾人皆醉而無識,所以人皆非真),「卻為宜會親友」(提示閱者陷幻境色相,迷上加迷空歡喜,所以此事非真)。 由此可知,這「紅香圃」里「一片石」上,真人,真時,真地,真言,真事全不在這「宜會親友」的團圓幻境裡。 所以「史湘雲醉臥青石板」就是影射那山海關外的「一片石」,即李自成和清吳聯軍惡戰之處。 另一細節更有影射戰爭場面的「嫌疑」: 史湘雲醉臥青石板,卻仍知用「鮫帕包了一包芍藥花瓣」作枕頭,「一群蜂蝶鬧穰穰的圍著她」。 倘如上文「拼湊之詞」的警幻提示,即「所見為假,所想非真」,那此「閒筆」就有了發用之機,若再借賈瑞風月寶鑑之訓教,反觀有美女,正看是骷髏。 同理而知,若那「一包芍藥花」讓美女香夢沉憨為假,那必然以其隱去之事為真。 只有去其皮相之色,方能抵其骨骼之真。 且思且行,要美女翻為士兵,芍藥變化火藥,不就是「一塊布包了一包火藥」,古時有作戰城防,兵士裁布包藥,引燃拋向敵叢。 如此借這「風月寶鑑」空照人事,那花圃仙境翻作「屠場一片石」,就是「隱去之真事」了。 而那一群蜂蝶鬧穰,便為虜兵破城,香夢沉憨頓作枕藥掛彩,生死未卜了。 再一例,第六十二回,寶玉慶生宴會上,李紈和邢岫煙捉對射覆,李覆了一個「瓢」字,刑射一個「綠」字,二人意會對飲一杯。 瓢就是一半葫蘆,葫蘆又諧音「胡虜」,「綠」就是「清」,所以這裡實際是借「綠葫蘆被剖為兩瓢」來暗示「清胡虜入關瓜分天下」的意思。 又如此段所暗示「見妙玉另拿出兩只杯來。 一個旁邊有一耳,杯上鐫著「(分瓜)瓟斝」三個隸字,後有一行小真字是「晉王愷珍玩」,又有「宋元豐五年四月眉山蘇軾見於秘府」一行小字。 妙玉便斟了一斝,遞與寶釵。 」先看「一耳」就是「獨耳」,可諧音「努爾」,這可以影射「努爾哈赤」但說服力很不夠,且先留用不發。 再看「(分瓜)瓟斝」,「分瓜」在書里本為一個字,就是「瓜分」之意。 而「瓟」簡單說就是「葫蘆」,可以諧音「胡虜」而暗指「努爾哈赤」。 接下來這「斝」就非常關鍵,首先「斝」就是商朝青銅製的三足酒器(和下文的「蟠虬竹根盒子」一起暗示妙玉影射殷商箕子,「盒子」形似「鼎」,「竹」暗示「青」,「根」暗指出土的古玩,所以那「盒子」就是商代有蟠虬紋的青銅鼎),而「三個隸」諧音「三國立」,合在一起說就是「三足鼎立」。 此即影射「明朝」,「後金」,「朝鮮」三國鼎立的局面。 再看「宋元豐五年四月眉山蘇軾見於秘府」這一行小字。 「眉山」可影射「煤山」,即崇禎自殺之地,而朱由檢死於公元1644年4月25日,對應農曆應該是三月十九,而《紅樓夢》寫作時不可能使用公元紀年,故而此「四月」絕對不是公曆4月。 但是根據中國傳統以二十四節氣為準的干支曆法,那公曆4月25日剛過「穀雨」之節,所以就已入「巳月」,也可以說崇禎皇帝自殺在「巳月煤山」,如此便可諧音作「四月眉山」。 畢竟「三月煤山」在當時還是極敏感於清廷之視聽的。 如果直書「三月眉山」就過於刺目,恐露破綻而開罪乾隆的「文字獄」。 此外也確實有「三」隱藏在「元豐五年」的暗示之中,因為「元豐五年」是「壬戌」年,而崇禎死於「甲申之變」,「壬」和「甲」同為「天干」,「壬」順數「三」位就是「甲」,「戌」和「申」都是「地支」,「戌」倒數「三」位即為「申」,可見兩個「三」隱於其中。 所以「宋元豐五年四月眉山」其實就是暗指「三月(巳月)煤山」,此即影射崇禎在煤山自殺殉國。 這「蘇軾」也可諧音為「輸」和「死」,就是說明思宗先「輸」後「死」。 此外,宋元豐五年,蘇軾已被貶黃州,而「黃」即「黃金」,此處又可影射那戴「金鎖」的薛寶釵背後隱藏的真實歷史,而「秘府」可理解為神秘的「禁城」,也可諧音作「迷府」暗喻「賈(假)府」。 所以「黃金」入「秘府」就是薛寶釵(金)進賈府(迷府),也就是影射滿清(後金)入主紫禁城。 要如此總結來看,那「宋元豐五年四月眉山蘇軾見於秘府」就是說:「崇禎輸掉社稷,死於三月煤山,隨後金清入主紫禁城。 」 再看那一行小真字「晉王愷珍玩」。 「小真字」已有一個「真」,而「珍玩」又出一個與之同音的「珍」,兩字皆可諧音「禎」,重疊起來就是「崇禎」。 如此那「晉王」就是指李自成,李雖不是山西人,可他卻是一路由山西打到北京,逼死了崇禎,而那「愷」就是軍隊勝利大奏凱歌之意,「玩」即「完」,大明崇禎就此結束。 另一例是書里的另一樣點心「藕粉桂糖糕」。 「藕」諧音「偶」,就是說這點心裡有分(粉)開兩個「桂」,即「糕桂」和「糖桂」,先說「糕桂」里有個「高」,吳三桂祖上江蘇高郵。 再說「糖桂」,前面「高郵」還出個「由」,就是由糖,「糖」諧音「榔」,就是朱由榔。 而朱由榔稱帝之前正是桂王。 考証派 [ ] 1921年,〈紅樓夢考証〉一文是「自傳說」的開山之作。 認為《紅樓夢》是的自傳,寫他親見親聞的曹家繁華舊夢。 在「自傳說」的號召下,許多有關的史料陸續被發現,從考証的身世,來說明《紅樓夢》的主題和情節。 受「自傳說」影響,不少學者集中研究作者的生活。 就考証的家世而言,周汝昌的《紅樓夢新証》是集大成之作,他把歷史上的曹家,與小說的賈家完全等同起來。 這種「考証派」紅學已變為「曹學」。 在20世紀50年代初已反省「自傳說」,指出其弊病為:「第一,失卻小說所為小說意義。 第二,這樣處處黏合真人真事,小說恐怕不好寫,更不能寫得這樣好。 第三,作者明說真事隱去,若處處都是真的,即無所謂『真事隱』」。 鬥爭論 [ ] 「鬥爭論」始自1954年,李希凡等中國學者對「自傳說」俞平伯的抨擊,卅多年間,在中國學界一度取得紅學的正統地位。 「鬥爭論」認為《紅樓夢》不是自傳,而是「很深刻地反映了封建社會的階級鬥爭」。 「鬥爭論」把小說當作歷史文件來看待,嚴格來說,屬於社會史的範疇而不是文學研究。 它是馬克思理論在《紅樓夢》研究上的引申和借題發揮。 文學批評派 [ ] 「文學批評派」從文學觀點研究《紅樓夢》,注重小說作者在藝術創作上的意圖,並通過全書的結構加以發掘。 清末以的美學觀點研究《紅樓夢》,提出卓見,是從文學觀點研究《紅樓夢》最早又最深刻的一人。 因「考証派」紅學興起,文學批評一度成為絕響。 20世紀70年代初,提倡「紅學革命」,著重研究的藝術構想,不再自限於自傳說。 在海外,不少學者從文學批評或比較文學的觀點來研究《紅樓夢》。 紅學家 [ ] 、、、、、、、、、、、、、、、、、等有較有影響論著。 海外著名紅學家有、、、。 評價 [ ] 魯迅 [ ] 在1924年出版了專著《中國小說史略》,其中評價《紅樓夢》:「全書所寫,雖不外悲喜之情,聚散之跡,而人物事故,則擺脫舊套,與在先之人情小說甚不同。 」評價後四十回云:「後四十回雖數量止初本之半,而大故迭起,破敗死亡相繼,與所謂『食盡鳥飛獨存白地』者頗符,惟結末又稍振。 」評價《紅樓夢》續書紛紜時說:「此固常情所嘉,故《紅樓夢》至今為人愛重,然亦常情所怪,故復有人不滿,奮起而補訂圓滿之。 此足見人之度量相去之遠,亦曹雪芹之所以不可及也。 」 《紅樓夢》是中國許多人所知道,至少,是知道這名目的書。 誰是作者和續者姑且勿論,單是命意,就因讀者的眼光而有種種:經學家看見《易》,道學家看見淫,才子看見纏綿,革命家看見排滿,流言家看見宮闈秘事……。 在我的眼下的寶玉,卻看見他看見許多死亡;證成多所愛者當大苦惱,因為世上,不幸人多。 惟憎人者,幸災樂禍,於一生中,得小歡喜少有罣礙。 然而憎人卻不過是愛人者的敗亡的逃路,與寶玉之終於出家,同一小器。 但在作《紅樓夢》時的思想,大約也止能如此;即使出於續作,想來未必與作者本意大相懸殊。 惟被了大紅猩猩氈斗篷來拜他的父親,卻令人覺得詫異。 ——《》 看《紅樓夢》,覺得賈府上是言論頗不自由的地方。 焦大以奴才的身分,仗著酒醉,從主子罵起,直到別的一切奴才,說只有兩個石獅子乾淨。 結果怎樣呢?結果是主子深惡,奴才痛嫉,給他塞了一嘴馬糞。 其實是,焦大的罵,並非要打倒賈府,倒是要賈府好,不過說主奴如此,賈府就要弄不下去罷了。 然而得到的報酬是馬糞。 所以這焦大,實在是賈府的屈原,假使他能做文章,我想,恐怕也會有一篇《離騷》之類。 ——《偽自由書》 才子原是多愁多病,要聞雞生氣,見月傷心的。 一到上海,又遇見了婊子。 去嫖的時候,可以叫十個二十個的年青姑娘聚集在一處,樣子很有些象《紅樓夢》,於是他就覺得自己好象賈寶玉;自己是才子,那麼婊子當然是佳人,於是才子佳人的書就產生了。 ——《上海文藝之一瞥》 至於說到《紅樓夢》的價值,可是在中國底小說中實在是不可多得的。 其要點在敢於如實描寫,並無諱飾,和從前的小說敘好人完全是好,壞人完全是壞的,大不相同,所以其中所敘的人物,都是真的人物。 總之自有《紅樓夢》出來以後,傳統的思想和寫法都打破了。 ——它那文章的旖旎和纏綿,倒是還在其次的事。 但是反對者卻很多,以為將給青年以不好的影響。 這就因為中國人看小說,不能用賞鑒的態度去欣賞它,卻自己鑽入書中,硬去充一個其中的腳色。 所以青年看《紅樓夢》,便以寶玉,黛玉自居;而年老人看去,又多占據了賈政管束寶玉的身分,滿心是利害的打算,別的什麼也看不見了。 ——《》 關於後四十回的成敗 [ ]• 雖然認為後四十回不是曹雪芹原著而是高鶚續作,但對後四十回評價並不低:「平心而論,高鶚補的四十回,雖然比不上前八十回,也確然有不可埋沒的好處。 他寫司琪之死,寫鴛鴦之死,寫妙玉的遭劫,寫鳳姐的死,寫襲人的嫁,都是很精彩的小品文字,最可注意的是這些人都寫作悲劇的下場。 還有那最重要的『木石前盟』一件公案,高鶚居然忍心害理的教黛玉病死,教寶玉出家,作一個大悲劇的結束,打破中國小說團圓迷信,這一點悲劇眼光,不能不令人佩服。 認為:「後四十回雖數量止初本之半而大故迭起,破敗死亡相繼,與所謂『食盡鳥飛獨存白地』者頗符,惟結末又稍振。 肯定了「四美釣魚」、「雙玉聽琴」、「寶玉作詞祭晴雯及見黛玉」等6項較為精彩,但對寶玉中舉仙去被封妙真人、賈府蘭桂齊芳等提出20條「最大的毛病」,並認為「續書「 整體水平遠不能與前八十回相比,但在一定程度上有可取之處。 但在晚年,俞平伯又認為,「胡適、俞平伯是腰斬《紅樓夢》的,有罪;程偉元、高鶚是保全《紅樓夢》的,有功。 大是大非!」 「千秋功罪,難以辭達。 在1953年出版的《紅樓夢新證》中,對後四十回深惡痛絕並徹底否定,認為後四十回是 「狗尾續貂」。 此外,周汝昌還認為《紅樓夢》共108回,前後各54回構成兩扇大對稱結構,「一部《石頭記》原計劃是寫一百零八名女子英豪(一百零八釵)——如《》之寫一百零八條男子好漢」 ,「專為和《水滸》唱對台戲——你寫108條綠林好漢,我寫108位脂粉英雄(秦可卿語)」 ,而卻認為「周汝昌根本不懂《紅樓夢》! 認為後40回主要就是曹雪芹所寫,並肯定後40回的成就。 他認為:「 前八十回幾百條草蛇灰線伏於千里之外的,此時都須重出,與前呼應人物故事,又須順理成章,貫串下來,脈脈相通而作者學識經驗、文學才思,又皆足以當之」、「我不相信高鶚有此本領」、「老實說,《紅樓夢》之所以成為第一流小說,所以能迷了萬千的讀者為之唏噓感涕,所以到二百年後仍有絕大的魔力,倒不是因為有風花雪月、詠菊賞蟹的消遣小品在先,而是因為他有極好極動人的愛情失敗,一以情死,一以情悟的故事在後。 初看時若說繁華靡艷,細讀來皆字字血痕也。 換言之,《紅樓夢》之有今日的地位,普遍的魔力,主要是在後四十回,不在八十回。 或者說是因為八十回後之有高本四十回。 所以可以說,高本四十回作者是亘古未有的大成功。 47節)」,並且,他在《平心論高鶚》第 54節中排出小說中十四件事,這十四件事均與前80回線索有關,且認為「不但能將各人與前八十回互相照應,並且能體會入微,寫出各人之性情品格、居心行事,與前若合符契,真是難能可貴。 認為「自從一百二十回本問世以後,胡適的《紅樓夢考證》發表以前,一百多年間的普通讀者的絕大多數全都相信後四十回確是曹雪芹的原作,讀的最感動乃至拋書痛哭的地方都在第九十七、九十八回,這就是說,即使後四十回全是高鶚手筆,廣大普通讀者實際上已經肯定他續得成功。 」,並認為後40回是在曹雪芹原稿上由程高補寫的,所以「好的地方太好,壞的地方又太壞」。 肯定後四十回的文學價值,認為「不能膠柱鼓瑟地認為寫人死淨家敗光才一定好。 有人認為雖然後40回沒有前80回寫得好,但也不失為優秀的文學作品:「後四十回應該和同時期的一些續書或小說比。 首先應該和繁多的《紅樓夢》的續書比。 沒有那一部《紅樓夢》的續書可以和《紅樓夢》的後四十回相比。 《水滸傳》的也有一些續書,如《蕩寇志》《水滸後傳》《後水滸傳》等,和《紅樓夢》的後四十回比也不行。 還有,就是和其前後時間差不多的一些小說比,包括像《兒女英雄傳》《三言二拍》《十層樓》這樣的作品,也都遠遠不如《紅樓夢》的後四十回,至於其它的一些才子佳人小說就更不用說了。 可以說,《紅樓夢》的後四十回,仍不失為優秀的文學作品。 (高鶚)補《紅樓夢》當在乾隆辛亥時,未成進士,「閒且憊矣」,故於雪芹蕭條之感,偶或相通。 然心志未灰,則與所謂「暮年之人,貧病交攻,漸漸的露出那下世光景來」(戚本第一回)者又絕異。 是以續書雖亦悲涼,而賈氏終於「蘭桂齊芳」,家業復起,殊不類茫茫白地,真成乾淨者矣。 關於書的主題 [ ] 殆胡適作考證,乃較然彰明,知曹雪芹實生於榮華,終於苓落,半生經歷,絕似「石頭」,著書西郊,未就而沒…… ——《》 由此可知《紅樓夢》一書,說是大部分為作者自敘,實是最為可信的一說。 ——《》 衍生作品 [ ] 影視 [ ] 主條目: 據《紅樓夢》改編的影視劇非常之多,認為國內具有影響力的作品為1944年主演的電影版《紅樓夢》、1962年、主演的越劇電影《》、1987年央視版電視劇《》、1989年北影版電影《紅樓夢》和2010年的《》。 在中國大陸,最受歡迎的《紅樓夢》改編影視作品是1987年央視版電視劇《》,該劇由多位文藝界泰斗擔任顧問,且專門建造正定榮國府、北京大觀園作為拍攝基地,從開始醞釀到拍攝完成、播出,前後共花費了5年多的時間,相對完整地展現了前80回的全貌,80回之後部分不依程高本而是根據一些紅學家的觀點重寫內容拍攝的。 該劇藝術水準極高,該劇重要顧問、著名紅學家評價它是「首尾全龍第一功」。 台灣華視製作的1996版《》最大的優勢是它73集的容量,全劇於上海大觀園拍攝。 八十回之後的劇本並非改編自通行程高本後40回,而是參考脂硯齋評點本、舊時真本等改編而成。 於2008年到2009年拍攝的《》投資高達1. 18億元,但此劇從開拍初始就伴隨許多爭議和批評。 本劇80回後情節按通行程高本後40回拍攝,劇末演職員表註明後40回是「無名氏續,程高整理」。 現代舞 [ ]• 《紅樓夢》十周年紀念舞碼,於1983年編舞,2005年春季封箱演出。 與其他表演方式最大的差別在於:《紅樓夢》現代舞中並無強調十二釵的角色,而由舞者的服裝讓觀眾自由想像,並藉舞台的布景和燈光產生春夏秋冬四季交替,表現大觀園由盛而衰的歷程。 該出舞劇於2005年3月25日到4月3日在四度上演,也是演出。 戲曲 [ ] 清末,小說第23回「黛玉葬花」改編為。 民國初年,名演員和重新編演此劇,使「黛玉葬花」故事膾炙人口。 《紅樓夢》• 《紅樓夢》、《晴雯》• 《黛玉葬花》、《晴雯撕扇》、《晴雯補裘》、《寶蟾送酒》、《紅樓二尤》、《尤三姐》、《王熙鳳大鬧寧國府》、《探春》• 《紅樓夢》。 版原為編 上、下 集,再為編撰,後又為改編。 台視《紅樓夢》。 1989年播映,由演賈寶玉,演林黛玉,青蓉演薛寶釵,高玉珊演王熙鳳。 《劉姥姥》。 2009年首演,由飾劉姥姥,飾王熙鳳,飾賈母。 戲劇 [ ]• 《》,由創作。 《》,非常林奕華創作,2011年。 音樂 [ ]• 英文《紅樓夢》,委託創作,作詞,作曲,於2008年首演。 文學作品 [ ]• 的小說《》可以說是《紅樓夢》的現代版,基本情節都是取材於《紅樓夢》,但人物和背景是20世紀初的。 在1920年代中耗時六年完成的小說《》,曾被評為「頗似取徑《紅樓夢》,可曰新紅樓夢」(《金粉世家》原序)。 這部小說描寫民國年代的總理兼銀行總董事金銓一家由富甲天下到一貧如洗的興衰史,其中又以金銓的七公子金燕西與貧家女子冷清秋從追求到結婚到相厭為主線,在敘事手法和故事結構上,都與《紅樓夢》有相似之處。 曾致力紅學考據工作,並以他的觀點撰寫考據文章與相關小說。 考據文章結集有《高陽說曹雪芹》《高陽說紅樓夢》等,相關小說有《紅樓夢斷》系列(《秣陵春》《茂陵秋》《五陵游》《延陵劍》)《曹雪芹別傳》《三春爭及初春景》《大野龍蛇》等。 繪畫 [ ]• 的長春宮,整個院子四面遊廊的壁畫,都是畫的《紅樓夢》題材。 故宮博物院並收藏有《》。 出版的《紅樓夢古畫錄》,全面梳理匯集了紅樓古畫,收有數十版本近500幅精彩的紅樓古畫。 小人書 [ ] 1982-1984年出版《紅樓夢》,全套16本,分別由不同畫家完成,封面為著名畫家之作,現已成為。 遊戲 [ ] 1998年,台灣發行由七彩狼工作室所製作的版成人向戀愛遊戲《》,2001年發行典藏版。 玩家扮演賈寶玉,透過在大觀園中的劇情發展以及平日的養成培育,可攻略黛玉、寶釵、湘雲、迎春、李紈、妙玉、襲人等女性角色,最終有二十餘種結局。 2009年春初,北京製作了一款根據《紅樓夢》改編的戀愛冒險遊戲。 玩家將扮演名為神瑛侍者的神仙,在遭遇妖魔攻擊後魂魄被打散,轉世成為賈寶玉。 在大觀園內與林黛玉、薛寶釵等眾姐妹們一起成長與生活中,主角憑藉著殘留在腦海中依稀模糊的印象,不斷追尋著自己作為神瑛侍者的記憶,故事從此拉開帷幕。 除了釵黛之外、襲人、晴雯、王熙鳳等約60個耳熟能詳的人物都將出現在遊戲之中。 2010年年初,北京發行續作《紅樓夢:林黛玉與北靜王》(台灣譯名《再續紅樓夢》)。 腳本由香港腳本作家莫妮芙(Moref)撰寫、主美由動漫插畫家白婕擔任。 遊戲程序由《仙劍客棧》主程胡穎卓設計。 《吉祥三寶》音樂製作人秦萬民為遊戲製作了3首歌曲和32首背景音樂。 特邀正大國際的青年歌手曲泉丞為本遊戲創作並演唱了一首插曲《夢紅樓》。 有聲書 [ ]• 《細說紅樓夢有聲書》,耕心藝術出版 改編及續作 [ ]• 《》 紀念 [ ] 1984年到1989年間,為了拍攝《紅樓夢》電視劇,而在興建了,在河北興建了。 也於1988年建成。 上有兩座環形山分別以書中的人物和的名字命名。 譯本 [ ] 至2017年超過150種不同篇幅文字版本,共40種120回全譯本以20多種文字(、、、、、、、、等)寫成;其中為最新全譯本。 韓譯本 [ ]• 樂善齋本全譯《紅樓夢》,餘117冊,1884年,或為主導翻譯,世界最早全譯本。 李周洪譯,《紅樓夢》,1969,全譯本共5冊,漢城乙酉文化社出版,(今)。 紅樓夢翻譯小組,《紅樓夢》,1978-1980,延邊人民出版社出版,• 翻譯組,《紅樓夢》,1978-1982,北京外文出版社出版,• 禹玄民譯,《新譯紅樓夢》,1982,全譯本共6冊,漢城「瑞文文庫」285 一290, 瑞文堂出版,。 李仲泰等譯,《紅樓夢》,1988,全譯本共15冊,亞細亞文化社出版,。 日譯本 [ ]• ・合譯「 国訳紅楼夢」(《國訳漢文大成》第14~16巻,國民文庫刊行會),1920-1922。 第一個80回全譯本。 譯「 紅楼夢」(《世界文學全集》第11・12・13卷,集英社),1979-1980。 譯「 紅楼夢」(岩波文庫),全12卷,1972-1985。 譯「 紅楼夢」(平凡社),全12卷,1996-1997。 譯「 新訳 紅楼夢」(岩波書店),全7卷,2013-2014。 俄譯本 [ ]• 英譯本 [ ]• Cao Xueqin, Gao E: The Story of the Stone. London, U. : Penguin 1973-1986. 譯前八十回、譯後四十回• Cao Xue Qin: The Dream of the Red Chamber. New York, U. : Penguin Group 1996. A Dream of Red Mansions. Beijing, China: Foreign Language Press,三卷, 1978-80. 、合譯• 香港大學圖書館數碼化項目 法譯本 [ ]• : Der Traum der roten Kammer. Aus dem Chinesischen von Franz Kuhn. Frankfurt a. 1995 馬來譯本 [ ]• 馬大中文系畢業生協會(PERJATI)、馬來人寫作基金會(Yayasan Karyawan)合譯;孫彥莊、許文榮(皆為)統籌; ( 英語 : )出版,: Mimpi di Mahligai Merah,全譯本共六冊,2007-2017,首部全譯本。 參考資料 [ ]• 裕瑞; 聯名作者. 棗窗閒筆. 出版商所在地: 出版商. 出版日期. 《紅樓夢》前言. 北京: 北京燕山出版社. : 1. 1959年12月27日胡適在臺灣圖書館做演講《找書的快樂》,回憶道:「乾隆五十六年的活字版排出了一百廿回的初版本,書前有程、高二人的序文說:『世人都想看到《紅樓夢》的全本,前八十回中黛玉未死,寶玉未娶,大家極想知道這本書的結局如何?但卻無人找到全的《紅樓夢》。 近因程、高二人在一賣糖攤子上發現有一大卷舊書,細看之下,竟是世人遍尋無著的《紅樓夢》後四十回,因此特加校訂與前八十回一並刊出。 』可是天下這樣巧的事很少,所以我猜想序文中的說法不可靠。 」(《胡適紅樓夢研究論述全編》第255頁)• 可參閱趙建忠〈程刻本後四十回作者的探尋軌跡〉《呼蘭師專學報》(2001,第1期)。 蔡義江.紅樓夢詩詞曲賦鑑賞[M].中華書局,2001:517• 鄭鐵生,百年紅學最大的錯案是閹割《紅樓夢》後四十回,《烏魯木齊職業大學學報》 2013年第2期1-5,共6頁• 台灣:文星書店出版,1966- 07• 王蒙.我的一個死結2882.今晚報,2008—11-30.• 唐德剛:《書緣與人緣》(瀋陽:遼寧教育出版社,1998),頁172。 曹立波、曹明,《紅樓夢》後四十回中的雪芹殘稿和程高補筆,《紅樓夢學刊》 2016年第5期29-47• 王攸欣,以詮釋學眼光重審《紅樓夢》高鶚續書說,《湖南大學學報:社會科學版》 2015年第5期30-37,共8頁• 1959年12月27日胡適在臺灣圖書館做演講《找書的快樂》,回憶道:「乾隆五十六年的活字版排出了一百廿回的初版本,書前有程、高二人的序文說:『世人都想看到《紅樓夢》的全本,前八十回中黛玉未死,寶玉未娶,大家極想知道這本書的結局如何?但卻無人找到全的《紅樓夢》。 近因程、高二人在一賣糖攤子上發現有一大卷舊書,細看之下,竟是世人遍尋無著的《紅樓夢》後四十回,因此特加校訂與前八十回一並刊出。 』可是天下這樣巧的事很少,所以我猜想序文中的說法不可靠。 」(《胡適紅樓夢研究論述全編》第255頁)• 《高陽說曹雪芹》,,2004年5月8日。 周汝昌:《周汝昌夢解紅樓》,316頁。 王世海,論數理統計方法研究《紅樓夢》作者問題的得與失,宜春學院學報,第41卷第4期,2019年4月• 施建軍,關於以《紅樓夢》120回為樣本進行其作者聚類分析的可信度問題研究,紅樓夢學刊,2010年第5輯• 施建軍,基於支持向量機技術的《紅樓夢》作者研究,紅樓夢學刊,2011年第5輯• 李國強、李瑞芳,基於計算機的詞頻統計研究——考證《紅樓夢》作者是否唯一,《瀋陽化工學院學報》,第20卷第4期2006年12月• :《紅樓夢的兩個世界》,頁35-59。 註:程高本,也就是前八十回遭高鶚等人大量刪改的通行本系統之內容為,補天頑石化為神瑛侍者,神瑛侍者投胎為「賈寶玉和他身上的通靈寶玉」。 其他較接近原著的許多手抄本系統,其內容為神瑛侍者投胎為賈寶玉,補天頑石化為其身上的通靈寶玉。 神瑛侍者(賈寶玉)是負責守護通靈寶玉的。 唐德剛:《書緣與人緣》(瀋陽:遼寧教育出版社,1998),頁157。 一派紅學家認為回目有「因伏白首雙星」,脂批有「後數十回若蘭射圃所佩之麒麟,正此麒麟也」,暗示與才貌雙全的衛若蘭白首偕老,不再像幼年那樣坎坷。 另有一派紅學家推測,作者原著會寫到湘雲與寶玉結合的情節,因此有「金伏白首雙星」一回。 警幻曲中有「廝配得才貌仙郎,博得個地久天長,准折得幼年時坎坷形狀。 」,而金麒麟當時是寶玉所持有。 也有一派紅學家認為,脂批「若蘭射圃」的情節並不意味著史湘雲與衛若蘭將共度餘生,因為前八十回中史湘雲已經許配某官宦人家,故警幻曲中所指可能是此位未婚夫後遭變故,兩人未能成婚。 而金麒麟一段,考慮到擁有金麒麟的實際上是賈寶玉與史湘雲兩人,故有可能是史湘雲與賈寶玉在家族敗落之後結為夫婦,相依為命。 尚有一派紅學家則覺得:金麒麟雖然代表姻緣,但作者敘事,喜愛描寫命運已定但當事人都難以逆料,像史湘雲、妙玉等人,只要對寶玉「心裡一動」,作者就不會安排嫁給寶玉的。 所以像襲人由寶玉取得紅汗巾卻嫁與。 寶玉曾擁有金麒麟也不代表就一定是這樁姻緣的男主角。 紅樓夢大辭典(增訂本). 北京: 文化藝術出版社. 2010年: 405—410頁. 余英時:《紅樓夢的兩個世界》,頁2。 余英時:《紅樓夢的兩個世界》,頁8-12。 [ 2017-12-20]. (存檔於2016-03-04). 余英時:《紅樓夢的兩個世界》,頁2-3、10、36。 俞平伯:〈讀紅樓夢隨筆〉,載《紅樓夢研究專刊》第一輯,頁105。 李希凡:《曹雪芹和他的紅樓夢》(北京:人民文學出版社,1973),頁10。 余英時:《紅樓夢的兩個世界》,頁14-16。 余英時:《紅樓夢的兩個世界》,頁27-33。 中國小說史略(魯迅全集第9卷). 北京: 人民文學出版社. 2005. 11: 235—246. 113-137. 魯迅,中國小說史略[M],魯迅全集(第9卷),上海:上海文化出版社, 2006. 232-233. 俞平伯,俞平伯論紅樓夢[M]. 上海:上海古籍出版社, 1988. 1101. 韋奈,俞平伯的晚年生活[J]. 新文學史料, 1990 4. 周汝昌,紅樓夢新證[M]. 上海:上海棠宗出版社, 1953. 112. 周汝昌,《紅樓無限情:周汝昌自傳》,北京十月文藝出版社,2005年,第350頁• 周汝昌,《紅樓奪目紅》,作家出版社,2003年,第 146頁• 林東海,《文林廿八宿師友風誼》第325頁,人民文學出版社,2010年• 胥惠民,「周汝昌根本不懂《紅樓夢》!"— — 詮釋聶紺弩先生對周汝昌《紅樓夢》研究的經典評價,《廣西師範學院學報:哲學社會科學版》 2011年第2期20-29,共10頁• 舒蕪,談夢錄[M]. 北京:人民文學出版社, 2004. 王蒙,紅樓夢啟示錄[M]. 北京:三聯書店 , 1995. 230. 2010年8月4日• 2017年6月28日• ,存於2007年5月23日• 2010年8月2日• 余英時:《紅樓夢的兩個世界》,頁46。 台大合唱團. YouTube. 百年紅樓夢. [2018年8月25日]. (存檔於2015年5月12日). 星洲網. 2017年9月29日 [2018年8月25日]. 中國作家網. 2017年9月11日 [2018年8月25日]. 國際中心. 2008年8月1日 [2018年8月25日]. SOAS, University of London. [2018年8月25日]. 百年紅樓夢. [2018年8月25日]. [ ]• Star Online. 2017年9月29日 [2018年8月25日]. 參考書目 [ ]• 《紅樓夢考證》• 《紅樓夢辯》,1923年(《紅樓夢研究》,1952年)• 《紅樓夢魘》• 《中國古典小說導論》,1968年• 《論王府本與戚序本》,《文藝研究》1979--2• 《論庚辰本》• 《紅樓夢是怎樣寫成的》,,2004年10月• 《紅樓夢新證》,,1998年8月• 《紅樓夢與百年中國》,,1999年1月• 《紅樓夢詩詞曲賦評註》,,1995年10月• 《土默熱紅學——創作真相與作品真諦新探》,,2006年1月• 《紅樓啟示錄》,,1997年10月• 《紅樓十二層》,,2005年1月• 《蔡義江解讀紅樓》,,2005年5月• 《紅樓心解》,,2005年8月• 《劉心武揭秘〈紅樓夢〉第一部》,,2005年8月• 《紅樓詩話》,,2005年10月• 《劉心武揭秘〈紅樓夢〉第二部》,,2005年11月• 《劉心武揭秘〈紅樓夢〉第三部》,,2007年7月• 《劉心武揭秘〈紅樓夢〉第四部》,,2007年11月• 《劉心武續〈紅樓夢〉》,,2011年3月 研究書目 [ ]• 胡適:《胡適紅樓夢研究論述全編》(上海:上海古籍出版社,1988)。 余英時:《紅樓夢的兩個世界》(上海:上海社會科學出版社,2002)。 吳世昌:《紅樓夢探源外編》(上海:上海古籍出版社,1980)。 宋淇:《紅樓夢識要》(北京:中國書店,2000)。 余國藩著,李奭學譯:《紅樓夢、西遊記及其他》(北京:三聯書店,2006)。 余國藩著,李奭學譯:《重讀石頭記:《紅樓夢》裏的情慾與虛構》(台北:城邦文化事業股份有限公司,2004)。 周策縱:《紅樓夢案——周策縱論紅樓夢》(北京:文化藝術出版社,2005)。 劉廣定:〈〉。 黃一農:〈〉。 黃一農:〈〉。 浦安迪:〈〉。 周建渝:〈〉。 周建渝:〈〉。 余國藩:〈〉。 余國藩:〈〉。 朱崇儀:〈〉。 廖咸浩:〈〉。 陳炳良:〈〉。 蕭馳:〈〉。 蕭馳:〈〉。 應磊:〈〉。 葉嘉瑩:〈〉。 王潤華:〈〉。 合山究:〈〉。 合山究:〈〉。 黃一農:〈〉。 黃一農:〈〉。 浦安迪:〈〉。 劉廣定:〈〉。 劉廣定:〈〉。 伊藤漱平:〈〉。 伊藤漱平:〈〉。

次の