アルゴ ルール。 相手のカードの数字を当てるゲーム。アルゴの遊び方(ルール)を紹介!

相手のカードの数字を当てるゲーム。アルゴの遊び方(ルール)を紹介!

アルゴ ルール

若干ルールが異なりますが、アルゴの方がカードやチップを使うことでさらにゲーム性が高いです。 少しづつオープンになるカードの情報から数字を推理し、連続で数字を当てることで一発逆転も可能! 情報が少ない時は勘で数字を宣言するしかないのですが、これが当たるとまた違った爽快感がありますね! 東京大学数学科の有志や数学者のピーターフランクル氏が共同開発したということで、「頭がよくなるゲーム」として知っている人も多いと思います。 アルゴってどんなボードゲーム?• 推理と勘のバランスが秀逸!数字当てカードゲーム• 世代問わず誰でも遊びやすいシンプルなデザイン• 東京大学数学科の人たちが考えたゲームということで頭がよくなりそう笑 アルゴの評判 アルゴ ペア戦 裏向きの黒と白の札を配られる。 左に小さい数字、右に大きい数字が来るように並べかえてゲーム開始。 手番が来たら並び順や自分の持ってる札をヒントに他の人の札を当てる論理パズル! 最近書店などでも見かけるゲームです。 嫌いじゃないんだけど、論理的思考が弱いので…下手ですが。 推理や思考系のボードゲームが好きな人• 子供と一緒に遊べるゲームを探している人• 脳トレをやりたい人• 2人で遊べるゲームが欲しい人• フジテレビで放送された「ヌメロン」が好きな人 アルゴの詳細データ 遊べば遊ぶほど集中力・記憶力・分析力が身につき、論理的思考能力が向上。 子供から大人まで脳のトレーニングに役立つカードゲームです。 アルゴは相手のカードの数字を当てるゲーム。 遊びながら思考力・集中力・記憶力がみるみる向上する、大人と子どもが対等にプレーできる推理カードゲーム。 アルゴは、算数オリンピック委員会(会長:広中平祐京都大学名誉教授・文化勲章・フィールズ賞受賞)、東京大学数学科の学生有志、 第一回数学オリンピック優勝者で、大道芸人としても著名な数学者ピーター・フランクル氏らが共同で発明・開発したゲーム。 ルールはカンタンなので、誰でもすぐにプレーでき、プレーするうちにゲームのおもしろさと奥深さに驚く。 遊べば遊ぶほど集中力・記憶力・分析力が身につき、論理的思考能力が向上。 子どもから大人まで脳のトレーニングに。 【遊び方】 カードはアルゴ基本ルール通りにならべ、数字がわからないようにふせて置く。 対戦相手の、ふせてあるカードの数字を推理して当てる。 自分のカードの数字と、ゲームを進めていくうちにわかってくる条件をヒントに推理する。 相手のカードを先に全部当てた方が勝ち。 左から小さい数字を並べる。 同じ数字の場合は黒を左に並べる。 山札から引いてきたカードも同じルールに沿って並べる。 アルゴを遊ぶ上で覚えることはこれだけです! この並べ方は相手のカードの数字を推理する時に必要なので絶対に覚えましょう。 わかりやすい! ゲームの準備• 親を決めます。 (カードを全て混ぜて小さい数字の人が親になります。 同じ数字の時は黒の方が親です。 親がそれぞれ伏せた状態で4枚づつカードを配り、残ったカードは山札にします。 説明書と数字カード、チップのみなのでコンパクトですね。 黒白の2色で、それぞれ1〜11が1枚づつ入っています。 赤:40点、青:30点、黄:20点、緑10点です。 チップが無くてもゲームは遊べますが、点数制にするとゲーム性が増します。 ゲームの流れ• 親が山札からカードを1枚引いて自分だけ確認します。 相手のカードの中から数字を当てるカードを決め、山札から引いたカードを相手の前に置いて「アタック」(=数字を宣言して当てる)します。 (最初は情報が少ないので勘で宣言します。 アタックされた人は数字が当たっていれば「イエス」、当たっていなければ「ノー」と返事します。 「イエス」(数字が当たっていた)場合は続けてアタックするか「ステイ」(アタックをやめて伏せた状態で自分の場札に並べる)を選べます。 「ノー」(数字が外れていた)場合は、アタックに使用したカードをオープンした状態で自分の場札に並べます。 1〜4を繰り返し、全て相手のカードをオープンにした方が勝利です。 (これで1ラウンド終了)• 親を交代し、2ラウンド行ったらゲーム終了です。 合計点数が一番多い人の勝利。 ) アルゴの遊び方例 2人プレイの場合の遊び方を説明します。 ルールに従って小さい数字を左から並べます。 (本来は自分しか見えません。 アルゴのおすすめポイント 推理と勘のバランスが秀逸!数字当てカードゲーム アルゴは一言で言うと『相手の数字を当てる推理ゲーム』です。 昔、子供の頃に紙と鉛筆を使って3つの数字を当てるゲームをやったことがある人もいるかもしれませんがあのゲーム感覚に近いです。 数年前はフジテレビで「ヌメロン」という名前で放送もされていましたね。 お互いにカードを引き、数字を宣言しながら相手のカードの数字を当ててオープンにしていきます。 相手のカードを全てオープンにした方の勝利。 最初は自分のカード情報から推理するのである程度の勘が必要ですが、少しづつカードがオープンされると情報が増えるので推理のハラハラ感が増します。 また、アタック(相手の数字を当てる)が決まると続けてアタックができるので、連続正解で一気に逆転も可能!連続で当たると気持ちいいですね! 「頭のよくなるゲーム」というキャッチコピーの通り思考性が強いゲームですが、ルールが簡単なので小学生から楽しめます。 家族でも遊べますね。 ちなみにアルゴは東京大学数学科の学生達が考えたゲームということで、算数に強くなるそうです。 笑 推理力と勘や運の要素がバランス良く、何度でも遊べます。 2人から4人まで遊べる点も良い。 Amazonのランキングでも人気が高い理由はこれですね! 人数にもよりますが15分から30分かかるので、お酒でも飲みながらじっくりまったり遊ぶのもおすすめです。 世代問わず誰でも遊びやすいシンプルなデザイン! アルゴのデザインは白黒でシンプルでわかりやすい。 誰にでも遊びやすいデザインです。 サイズは小さめで持ち運びも便利です。 (チップ不要でカードだけならもっとコンパクトにできます。 ) 値段は1500円程度と安いので、この価格で世代問わず何度も遊べるならお得ですね! 東急ハンズやおもちゃ屋など、割りとどこでも売っているので購入はしやすいです。

次の

アルゴ‐頭のよくなる推理カードゲーム‐algo 公式ホームページ【アルゴの遊び方】

アルゴ ルール

algo(アルゴ)とは? algo(アルゴ)とは、 アルゴクラブのメイン教材となっているカードゲームです。 算数オリンピック委員会の一人である ピーター・フランクル氏と東京大学数学科学生が開発した教材です。 ルール説明他、アルゴのオーダーも受け付けております。 ちなみにピーターフランクル氏は 算数オリンピック委員会専務理事、国際数学オリンピック・日本チームコーチ、東京大学非常勤講師、 フランス国立科学研究センター教授と数々の豪華な肩書きを持つ方です。 2019年アルゴ名人戦・王位戦・アルゴ杯選手権の会場は、 灘中学校・高等学校の体育館で行われました。 公式大会の動画を観ると聡い顔つきの子どもたちしかいません。 つまりはそういうカードゲームです。 算数オリンピック数理教室 アルゴクラブのWebサイトです。 … 一言でいうとalgo アルゴ は数当てゲームです。 カードの位置や相手が宣言した数字等から、相手のカードを予想するため 論理力や 記憶力を鍛えることができます。 ルール自体はかなりシンプルなので小さなお子さんでもすぐに覚えられると思います。 algo(アルゴ)の面白さ ゲームの面白さの本質とは リスクとリターンにあるのですが、algo(アルゴ)はその点がかなり精巧に作られています。 またランダム要素もあり 将棋やチェスのように定石がないのも魅力的で、毎回現場で考えなければなりません。 algo(アルゴ)で勝つためには 確率計算も必要となるので子どもの確率の分野への興味も引き出せるかもしれません。 algo(アルゴ)と似たようなゲームでは ヒットアンドブローという数当てゲームがあります。 これは紙とペンだけでできるので非常におすすめです。 ヒットアンドブローが好きなお子さんはalgo(アルゴ)もきっと好きだと思います。 ヒットアンドブローのルール ヒットアンドブロ-の基本的なルールは、 相手の数字を先に当てた方が勝ちです。 何ケタでもできますが 3ケタか4ケタがおすすめです。 歩きながらだと2ケタでやることもあります。 すべて違う数字を選んでください (最初の桁は0123のように0から始めてもよいです) 2.二人が数字を決めた後に交代で相手の数字を予想します。 3.ケタが合っている数字の数はヒットといいます。 4.ケタは違うけれど使われている数をブローといいます。 例:自分の数字が「6789」のときで相手の宣言が「8739」のときには2ヒット1ブローと答えます。 このとき間違えて伝えるとゲームが成立しないので注意しましょう。 上記の手順1から4に沿って、数字の宣言を繰り返してどちらかの全ての数字が当たるまで繰り返します。 こちらも algo(アルゴ)ほどではないですが論理力や記憶力が鍛えられますのでおすすめです。 まとめ 遊びながら頭もよくなるなんて最高ですよね。 私は成人してからalgo(アルゴ)と出会ったので幼少期のころから知っていたらなあと思うことがあります。 そこらへんの電子ゲームよりalgo(アルゴ)の方が圧倒的に面白いですよ。 ぜひ、子どもと一緒にalog(アルゴ)で遊んでみてはいかがでしょうか?.

次の

『algo(アルゴ)』レビュー!論理的思考力が試される数字当てゲーム

アルゴ ルール

こんにちは。 かどさんです。 ==================== algo(アルゴ)って何だ。 ==================== さて、そんなアルゴの ゲーム内容ですが いつものノリでまとめると こんな感じです。 こんな0~11の数字が書かれた 白黒のカードを使います。 (合計24枚) 詳しいルールは後述として ゲーム自体は あの学習教材なんかで有名な (株)学習研究社 が出しています! おなじみ学研。 ルールはカンタンですから、だれでもすぐにプレーでき、プレーするうちにゲームの面白さと奥深さに驚くことでしょう。 遊べば遊ぶほど集中力・記憶力・分析力が身につき、論理的思考力が向上します。 子どもから大人まで脳のトレーニングに役立つ、まさに「頭のよくなるゲーム」それがアルゴです。 ご家族やお友だち同士でぜひおたのしみください。 ・・・とのこと。 これ確実に すごいな。 そう思ってしまう ゲームですね。 準備1: 白黒のカードを混ぜてから お互い1枚カードを引きます。 数字の小さい方が 親になりますよ。 下記6点のイラストは説明書より 準備2: 親はカードをよく切って 4枚ずつカードを配ります。 残りは山札に。 準備3: お互い相手に 数字が見えないように 小さい数字が 一番左にくるように並べます。 ちなみに同じ数字を 持ってる場合は 黒が小さい数字とします。 合言葉は…ちびくろッ! 図では数字が見えてますが、 実際は相手に見えないように置きます。 お互い 相手の伏せられた 数字を当てるわけですね。 相手の数字を 全部当てたら勝ち! というゲームです。 準備ができたら ゲーム開始です。 山からカードを 1枚引きます。 で、このカードは 相手に見られないように。 「ノー」だった場合は アタックした札を 表にして自分の列へ。 こんな感じに 左から数字小さい順ルールで 並べます。 段々数字の 予測がつきやすくなるのが お分かりでしょうか・・・。 例えば白の2の左に 白があるということは これは白の0か1であることは 予想できますね。 話しを元に戻して。 「イエス」の場合は 当てられた数字を オープンします。 ここでアタック側は 引き続き別のカードに アタックしてもいいですし アタックをやめて カードを伏せたまま 並べてもOKです。 伏せたまま並べると 相手に数字が バレにくい利点も。 以後、 どちらかのカードが 全て当てられるまで 繰り返しです。 3~4人用も大体同じ感じで 4人用だと2対2なんて戦い方も。 1人用は少し特殊になるので 買ってみての お楽しみということで。 ですが しっかり論理的思考が 養える作りになっていますよ。 チップを使った楽しみ方も! ==================== algo(アルゴ)はどこで 買えるかな? ==================== 地元和歌山では 大きめの本屋さんでも 売ってました。 本も出版している 学研制だからかな? 知育玩具コーナーで 積み木やパズルなんかと一緒に 置いてましたよ。

次の