性病 蕁 麻疹。 梅毒にかかると、蕁麻疹とか出来ますか?

梅毒にかかると、蕁麻疹とか出来ますか?

性病 蕁 麻疹

あなたは、ご存知ですか? HIV検査キットの信頼性はどれも同じではありません。 選ぶなら第四世代のHIV検査です! STDチェッカーは保健所や病院と同じ、信頼性の高い第四世代のHIV検査です。 ・ ・ 第四世代の抗原抗体検査について、詳細説明を関連サイトでどうぞご覧ください。 私自身、自分のHIV感染疑惑のきっかけは全身に現れた発疹でした。 これがHIV感染の急性期に現れる「HIV急性皮疹」ではないかと疑ったのです。 それはもう5年以上も前のことです。 ところが、つい最近、5年前と全く同じ発疹が出ました。 症状が100%同じです。 当時は危険行為の後でHIV感染を疑い、大パニックになりました。 しかし、現在はHIVに感染していないことは検査を受けて分かっています。 何も不安に思うことはありませんでした。 そんな人達の中には、危険行為の後に何らかの自覚症状が出て、それでHIV感染が不安になる人もいます。 いわゆる急性HIV感染症を疑う人たちです。 5年前の私がまさにそうでした。 そして、その自覚症状の中には皮膚疾患、発疹も含まれています。 自分の身体にどこかに発疹が出て、これがHIV急性皮疹ではないかと不安になるのですね。 これも私が経験したことです。 しかし、私の全身の発疹は、蕁麻疹(じんましん)でした。 HIV感染症とは全くの無関係だったのです。 もしかして、あなたも私と同じように本当はただの蕁麻疹なのに、HIV感染症を疑ったりしていませんか? そう思って、今回蕁麻疹を記事にしてみようと思いました。 5年前には総合病院の内科で受診したのですが、今回は皮膚科で受診しました。 元来私には全くアレルギー症はないので、自分が蕁麻疹になるとは思ってもいませんでした。 しかし、今回蕁麻疹について色々と医師の話を聞くことができ、納得できました。 まず、今回の私の症状を写真に残したので、それをお見せしましょう。 私の腕と太ももの蕁麻疹です。 写真1.腕に出た蕁麻疹 ・ 写真2.太ももに出た蕁麻疹 このような発疹が腕や太ももだけでなく、首からしたの全身に出ました。 初めは腕に出て、それからお腹です。 ポツリ、ポツリと発疹が出てかゆくなり、そこからわずか30分ほどであっという間に全身に広まっていました。 もう、全身がかゆくて気が狂いそうになるほどでした。 かいてはいけないと思いつつも、あまりのかゆさにかきむしりました。 この時、発疹の他には何も自覚症状はありません。 発熱も下痢、頭痛などもなしです。 そして、5年前と同様、3時間から4時間後にはまるでウソみたいに発疹は消えてしまいました。 私の身体から発疹は消え、ただかきむしった跡だけが残っていました。 これが私の蕁麻疹です。 HIVとは何の関係もありません。 しかし、実際には蕁麻疹を発症した人の70%は原因不明なのだそうです。 何か分からないけど発疹が出てかゆくなり、2時間ほどすると治まっていく・・・。 これが典型的な蕁麻疹のパターンなのだそうです。 まさに私はこのパターンでした。 むろん、食品による蕁麻疹もあります。 エビ、カニ、サバ、原因は人によって異なります。 あるいは薬品によるアレルギーもあります。 あなたが新しい病院で受診すると、必ず過去に注射や薬でアレルギー反応がなかったか、聞かれるはずです。 こうした食品、医薬品の他にも物理的な刺激や過労、ストレスなども蕁麻疹の原因となることがあるそうです。 こうなるともう、何でも原因になる可能性ありです。 治療法も根本的なものはなく、かゆみや発疹を抑える対処療法がメインとなります。 私の場合は頻度が極めて低いので治療も受けていません。 ただ、私は生まれつき体質的に皮膚が弱くてかぶれやすく、少しの刺激でも変化が現れ残ります。 私のような体質者は蕁麻疹が出やすいのだそうです。 あなたの身体に突然発疹が出て、それが数時間で消えてしまったなら、それは蕁麻疹である可能性が高く、HIV感染を心配することはありません。 皮膚科で診察してもらいましょう。 ただし、次のような場合は要注意です。 (紅斑丘疹とは、皮膚が小さい範囲で盛り上がり、赤くなる発疹です。 これはHIV急性皮疹の特徴です。 まぁ、文章で書けばそういうことなのですが、実際には見ただけでは分かりません。 専門誌にHIV急性皮疹の写真が沢山載っているのを見たことがあります。 パッと見では蕁麻疹と区別出来ないような皮疹が多く載っていました。 いずれにしても発疹が出たときは皮膚科で診てもらうのが正解だと思います。 そして、あなたご自身にHIV感染の不安や感染の心あたりがあるなら、ぜひHIV検査を受けて下さい。 例え皮膚科の医師がHIV検査を指示しなかったとしてもです。 必ずしも皮膚科の医師がHIV感染まで配慮してくれるとは限りません。 あなたを診察した医師は、今までに一度もHIV感染者を診察したことがないかも知れません。 そんな医師は随分多いはずです。 どうか皮膚科の医師任せにせず、あなたの意思、判断でHIV検査を受けて下さい。 どしても病院や保健所に行く余裕のないあなたには自宅で使える郵送式のHIV検査キットも利用出来ます。 STDチェッカーなら保健所や病院と同じ、第四世代のHIV検査なので信頼性の高い検査が可能です。 STDチェッカーは保健所や病院と同じ、 第四世代のHIV抗原抗体検査です。 急性期の検査では第三世代の抗体検査より信頼性が高いとされています。 第四世代のHIV抗原抗体検査です! ・HIV検査専用です。 (男女共通) ・私はたったの10分で終わりました。 ・ ¥4,600+消費税 重複感染は単独感染より危険です。 ・HIV ・梅毒 ・B型肝検査 (男女共通) ・ ¥7,750+消費税 一番人気、主要5項目を同時検査。 ・HIV ・梅毒 ・B型肝炎 ・クラミジア ・淋菌 ・ ¥9,200+消費税 ・.

次の

HIV感染症と蕁麻疹

性病 蕁 麻疹

以女性多發。 本病的發生一部分為自變態反態,即在一定波長(3700A以下)的作用下,釋放出具有的產物產生,而發生,另一部分可能為光毒性作用導致釋放所致。 其特徵為: 1. 常見於暴露日光後數分鐘內,在暴露部位開始出現瘙癢和紅斑,迅速形成風團。 通常數分鐘至1小時後消退,但亦可持續較長時間,特別是由可見光引起者。 有些患者在反覆暴露後可產生。 光試驗為重要的診斷方法,在短時期的試驗暴露後,照射部位即出現風團和紅斑 日光性蕁麻疹的病因 各型日光性蕁麻疹的大致相似,但致病因素和發病機制各不相同。 Harber 1963年 根據、試驗、逆被動轉移試驗將日光性蕁麻疹分成6型,但有些病例不能完全納入他的分類法。 1980年Ramsey按主要作用光譜的不同將日光性蕁麻疹分為UVB型 290—320nm 、UVA型 320-400nm 和型 290-700nm 三型。 Czametzki根據引起日光性蕁麻疹的波長和可能的、不同類型的試驗方法及一些特殊的臨床表現分為4型。 被動轉移試驗:把患者到健康人皮內,24小時後在同一部位照射日光,觀察有無風團反應。 逆被動轉移試驗:先讓健康人的皮膚照射日光,然後患者,觀察有無風團反應。 日光性蕁麻疹 SOlsr urtcaria 是指皮膚光照後發生紅斑和小風團伴瘙癢或痛,光激發試驗能誘發皮損。 日光性蕁麻疹或光化性相當少見,至今文獻上僅有90多例報告。 本病是指被各種波長的電磁波所引起的風團損害,對紅外線的輻射波反應不包括在內,因為這屬於。 日光性蕁麻疹可以是特發性的,或和某些的皮膚損害。 不同地區日光性蕁麻疹作用光譜有一定差別,歐美患者以紫外線型居多,日本患者則以型為多。 同一患者在不同時間的感應也可能發生改變。 本病好發於女性,發病年齡在20—40歲。 日光性蕁麻疹的分類 各型日光性蕁麻疹的臨床表現大致相似,但致病因素和發病機制各不相同。 Harber 1963年 根據作用光譜、被動轉移試驗、逆被動轉移試驗將日光性蕁麻疹分成6型,但有些病例不能完全納入他的分類法。 1980年Ramsey按主要作用光譜的不同將日光性蕁麻疹分為UVB型 290—320nm 、UVA型 320-400nm 和廣譜型 290-700nm 三型。 Czametzki根據引起日光性蕁麻疹的波長和可能的免疫機制、不同類型的試驗方法及一些特殊的臨床表現分為4型。 被動轉移試驗:把患者血清注射到健康人皮內,24小時後在同一部位照射日光,觀察有無風團反應。 逆被動轉移試驗:先讓健康人的皮膚照射日光,然後局部注射患者血清,觀察有無風團反應。 發病機制 根據逆被動轉移試驗將本病分成不同類型 表4.5。 特發性日光性蕁麻疹病因不明。 本病的發生與刺激的波長有關,其中有些患者有特殊的特徵。 血清熱穩定因子 heat—labile serumfactor 常見於UVB型中。 這種血清因子注射到正常人皮膚可以在5分鐘後誘發風團。 有些患者可對可見光反應,經被動轉移試驗亦發現血清熱穩定因子,但決不發生逆向被動轉移。 此種血清因子不屬IgG或IgM,它們的熱穩定性提示它與IgE一致。 日光性蕁麻疹是否有介質參與有不同看法。 Ive等 1965年 發現在本病皮損中有組胺或類似物質,約1/2-2/3的患者給予復方48/80或抗組胺藥預防治療,可減少風團發生。 在4種類型的日光性蕁麻疹中,發現血清組胺水平升高。 患者皮膚局部受刺激2-5分鐘後組胺水平達到高峰,在20分鐘後組胺恢復到正常水平。 同時嗜酸性和比正常增加3-5倍,10-20分鐘達到最高值,60分鐘時恢復到正常。 皮膚損害中有脫顆粒。 但Hawk等研究4例日光性蕁麻疹中僅2例血清組胺水平輕度升高。 總之,患者血清中存在某種未知物質,經日光照射後產生 血清因子 ,這些變應原與肥大細胞結合,使肥大細胞脫顆粒釋放化學介質和組胺。 患者血清中的抗體可能是IgE,它耐熱而且可以被動轉移。 抑制光譜:有些日光性蕁麻疹患者不管日光照射多長時間,風團要在光停止照射後發生。 表明風團產生有2種光譜起作用:一種光譜起促進作用,另一種光譜起抑制作用。 抑制光譜的波長較長,約660nm,促進光譜波長在400—500nm之間。 並非所有日光性蕁麻疹具有抑制光譜。 下列情況表明有抑制光譜存在:風團在日光照射時不出現,而是在照射後發生;日光照射期間和照射後僅出現速發性紅斑,但照射單色光可產生風團。 抑制光譜可能通過滅活光變應原或者滅學介質,或者阻止化學介質與結合而發揮作用。 [臨床表現] 有些患者在衣服遮蓋部位也可見損害。 皮膚暴露於日光後30秒至3分鐘有瀰漫性紅斑和小的風,類似。 嚴重時可見瀰漫性皮膚。 皮損可伴有劇癢、刺痛、燒灼痛。 風團常在1小時後消退。 常暴露於日光的皮膚,如面部和一般不發生皮損。 當皮損泛發時可伴有疲乏、虛弱、、組胺引起的、。 這些症状一般在數小時內消失。 並發 本病可以是或紅細胞生成的一種表現。 本病也可以是早期或晚期系統性紅斑狼瘡的症状之一。 文獻上報告1例用和發生本病。 另有1例同時合併冷、和熱接觸性蕁麻疹。 [] 所有常規實驗室檢查均在正常範圍內。 日光性蕁麻疹發作時胃酸分泌增加。 有些作者發現陽性,但沒有系統性證據。 Baart報告本病1例血清升高和紅脆性增加。 [] 5分鐘的風團在和皮膚附件周圍有稀疏分布的肥大細胞,與正常皮膚比較無異常。 IgC、IgM、IgA、C3和均陰性。 1小時風團血管周圍有塊狀纖維蛋白,此種改變24小時後消。 電鏡觀察肥大細胞有脫顆粒。 [診斷和鑒別診斷] 一 診斷要點 1.暴露於日光的皮膚,在光照後發生紅斑和小風團,伴瘙癢或刺痛。 2.可作光試驗,能誘發皮損發生,作被動轉移試驗和逆被動轉移試驗進一步分型。 二 鑒別診斷 1. 在暴露部位出現多形性,如紅斑、、風團樣紅斑、等,皮損消退較慢。 2.光過敏 在暴露部位出現紅斑、水腫,外觀類似接觸性皮炎,皮損消退較慢。 治療 抗組胺藥治療有效,Hl受體有效,如、、、、能等,亦可與H2受體拮抗劑聯合應用。 抗組胺藥治療無效時可試用日光或人工光源照射,增加皮膚對光的耐受性。 PUVA或UVB治療對某些日光性蕁麻疹效果明顯。 根據不同類型日光性蕁麻疹選擇誘發風團閾值的開始劑量,每周照射2-3次,逐漸增加劑量。 [預後] 日光性蕁麻疹有高度,病程最長達48年,平均7.1年。 偶有短期自動緩解,至今無死亡病例報告。 日光性蕁麻疹不用治療的原因 光用激素只能是止一時病,對於治療沒有什麼太大的作用。 並且激素用的時間長了就會讓皮膚產生依賴,以後每一次的使用藥量都要比上一次大才能有效果,並且效果是越來越差,最後就根本沒有作用了。 而皮膚在長期的激素刺激下變得不正常,一但停藥就會產生反彈,使症状比沒用之前更加嚴重。 反反覆復的使用會是皮膚患有激素性,治療起來相當的麻煩,治療的時間也比一般的要長。 治療中用激素藥物是錯誤方法,激素大並且容易形成依賴藥物。 日光性皮炎的根源是皮膚對日光中紫外線過敏出現過敏,治療的核心是對紫外線過敏進行徹底,對日光性皮炎已經出現的徹底,修復皮膚對紫外線和各類輻射的耐受性,根本阻止日光性皮炎炎症的複發。 預防 1.注意飲食,避免誘因。 蕁麻疹的發病與飲食有一定的關係,某些食物可能是誘因。 例如魚蝦海鮮,含有人工色素、、酵母菌等人工添加劑的罐頭、腌臘食品、飲料等都可誘發蕁麻疹。 另外,過於酸辣等有刺激性的食物也會降低的功能,使食物殘渣在腸道內滯留的時間過長,因而產生和,增加人體過敏的機率。 2.注意衛生,避免不良刺激。 有蕁麻疹病史的人,要注意保持室內外的清潔衛生,家中要少養貓、狗之類的寵物。 避免吸入、粉塵等。 對暑濕及蟲毒之類,要避之有時。 使生活規律適應外界環境的變化。 喝酒、受熱、情緒激動、用力等都會加重皮膚,激發或加重蕁麻疹。 橡皮手套、染髮劑、加香料的肥皂和洗滌劑、化纖和羊毛服裝等,對於的人或蕁麻疹患者都可能成為不良刺激,應予避免。 患的人不要去海水浴場,也不能洗冷水浴,冬季要注意保暖。 3.注意藥物因素引起的過敏。 在臨床中,有些藥物可以引起蕁麻疹,如、、、、、等,、等等等。 4.積極治療原有疾病。 蕁麻疹既是一種獨立的疾病,也可能是某些疾病的一種皮膚表現。 能導致蕁麻疹的疾病較多,例如就有:像、等;像、、、、等;性像;像等。 另外,、甲亢、,甚至體內潛在的等,都可能引起蕁麻疹。 5.保持健康心態,提高身體。 的發作和加重,與人的情緒或心理有一定的關係。 6.採用預防。 某些中藥,如、、、、、、、、、、、等,具有抗,提高,促進代謝,調節和等多種功能,有明顯的抗過敏作用。

次の

日光性蕁麻疹

性病 蕁 麻疹

つい先日、またしても 蕁麻疹が出ました。 いやもう、いつもながら突然なので本当にびっくりし、かつしんどかったです。 今回は写真撮りませんでしたが、前回と全く同じ、こんな感じの蕁麻疹でした。 そして、毎回のことではありますが、初めて蕁麻疹が出た時のことを思い出しました。 当時はHIV感染不安を感じていた頃だったので、蕁麻疹をHIV皮疹ではないかと疑い、すごく不安になったものです。 何しろ私の蕁麻疹はめったに出ません。 初めて蕁麻疹が出たのは今から15年ほど前のことで、以来全部で4回ほど発症しています。 過去3回は足から首まで全身に出たのですが、なぜか今回は上半身のみでした。 おへそ辺りから首まで、腕も背中にもびっしり発疹が出ました。 猛烈にかゆくて、でもかくとひどくなりそうでじっと我慢でした。 首のあたりが一番ひどくて、直径2cmくらいの発疹が連発し、隣同士がつながってる感じでした。 過去3回とも4時間から5時間くらいでウソみたいに蕁麻疹は消えていきました。 今回もきっとそのくらいで消えるだろうと、ひたすらかゆみに耐えました。 今回は発症したのが夜の10時くらいだったので、いつもは寝る時間になってもかゆくて寝れませんでした。 日付が変わって深夜1時を過ぎた頃から少しずつかゆみが軽くなってきました。 鏡を見ると、明らかに発疹が小さくなっています。 やれやれ、やっと消えそうだなぁ、と安堵しました。 それからしばらくしていつの間にか睡魔に襲われ、そのまま朝まで寝入ってしまいました。 多分、2時くらいだったと思います。 翌朝起きたのは6時過ぎです。 すごい眠かったのですが、いつもの習慣通り6時に目が覚めてしまいました。 私は真っ先に鏡を見に行きました。 ほぼ発疹は消えています。 ただ、首の周りと、胸の一部に少しだけ赤い丘疹が残っていました。 でも、かゆみはほとんどありませんでした。 その小さな丘疹は丸1日残っていて、発症した翌日の夜に完全に消えてなくなりました。 これも今までとは違うパターンです。 過去3回はいずれも4時間か5時間くらいで完全に消えていましたから。 まぁ、この辺は蕁麻疹も色々なのでしょう。 毎回同じ症状だとは限らない訳です。 前ぶれもなければ、思い当たる原因、きっかけもない。 専門医のお話だと蕁麻疹とは元々そうしたものだそうです。 長くても24時間以内には消える。 こんなことですね。 ちなみに、HIV皮疹の場合はまず熱が出て、それから1週間くらいして発疹が出てきます。 そして1週間から2週間くらいして、自然と消えます。 html) 蕁麻疹もHIV皮疹も放置しておけば自然に消えるのは似ていますが、発症期間が全然違います。 また、蕁麻疹は熱が出ることはありません。 もしもあなたに原因不明の発疹が出たら、迷わず即行で皮膚科へ行って下さい。 そしてHIV感染の不安や心当たりがあれば、医師の指示がなくてもHIV検査を受けて下さい。 HIV感染による皮膚疾患は感染者の90%に現れ、その現れ方は多様です。 必ずしも蕁麻疹に似ている訳ではありません。 例えばアトピー性皮膚炎とそっくりな場合もあります。 免疫力低下による脂漏性皮膚炎や口腔カンジダ症の場合もあります。 (Visual Dermatology「HIV感染に伴う皮膚疾患」より) それらの症状があれば必ずHIVに感染してるという訳ではありません。 しかし、HIVに感染している可能性もゼロとは言えず、実際にHIV感染者に多く見られる症状には違いありません。 従って、あなたが不安に感じる皮膚疾患になったら、HIV感染も疑って下さい。 そしてHIV感染の不安や心当たりがあれば、早期のHIV検査をお奨めします。 ただ、蕁麻疹だと分かっている場合は特にHIV感染を心配する必要はありません。 数時間で消えない発疹、皮膚疾患が要注意です。 STDチェッカーは保健所や病院と同じ、 第四世代のHIV抗原抗体検査です。 急性期の検査では第三世代の抗体検査より信頼性が高いとされています。 第四世代のHIV抗原抗体検査です! ・HIV検査専用です。 (男女共通) ・私はたったの10分で終わりました。 ・ ¥4,600+消費税 重複感染は単独感染より危険です。 ・HIV ・梅毒 ・B型肝検査 (男女共通) ・ ¥7,750+消費税 一番人気、主要5項目を同時検査。 ・HIV ・梅毒 ・B型肝炎 ・クラミジア ・淋菌 ・ ¥9,200+消費税 ・.

次の