マルルクちゃんの日常 感想。 メイドインアビス

劇場版「メイドインアビス」

マルルクちゃんの日常 感想

『マルルクちゃんの日常』(かわいい)を観たあとに『深き魂の黎明』を観賞したグループと、『深き魂の黎明』を観たあとに『マルルクちゃんの日常』(かわいい)を鑑賞したグループに、簡単な計算問題のテストをさせた結果……。 ……という心理学実験は無いのだが、そんなことを考えてしまうくらいに、おれは『 深き魂の黎明』を観てしんどくなってしまった。 ぐったりしてしまった。 エンドロールが終わったあと、「あと、十分くらいここに座ってていいかな?」とか思ってしまった。 しんどい映画にもいろいろな種類がある(『』とか『』とか『ジョーカー』とか『家族を想うとき』とか)と思うが、まあなんというのだろうか、『深き魂の黎明』はかなりしんどかった。 序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ。 ほんと。 『マルルクちゃんの日常』がなければ、が相当に濁って、犯罪係数も急上昇で劇場をあとにすることになったと思う。 R15+指定は伊達じゃねえよ。 そんくらい。 しかしなんだろう、ちょっと本編の内容から離れる。 本作は、テレビアニメ『』の続編ということになる。 原作漫画があるのは別として、映像化作品としてはそういうことになる。 今どき、こういう流れも多いかと思う。 で、おれはこういう流れのなかで、迷子になることがある。 いや、本当に好きな作品ならば(おれにとってはすばらしいだが)追えるが、「劇場版? 総集編なの? 違うの?」とかなって、なんかロストしてしまうことがある。 劇場版で稼いで、続きを、という流れに文句を言うつもりはないが、原作あっての、あるいは無くてもか、なんかどう劇場版が入ってくるかみたいなところ、なんとなくなんだなぁと思ったりもする。 『』については、年末年始に「総集編劇場版」の前後編をテレビ放映してくれたので、それを録画して流れを把握できた。 「ナナチかわいい」という思いを抱いたまま、劇場に足を運ぶことにした。 いや、そりゃ観たくなるぜ。 観たくなるし、観たし、それでもってしんどくなってるんだから、まあ、自己責任よな。 ダークファンタ? となると、たとえば『』なんかが思い浮かぶが、『』のダークさは、それ以上といっていいよな。 ナナチがかわいくなければ、の声がなければ、とてもじゃないが耐えられえない。 いや、そのナナチすらどうなるかわからないのがこの作品の怖さよ。 と、ここまで書いて、「テレビは観てたな」というやつがいれば、「映画館行け」というし、「しらんけど、すごいの?」という人がいれば、「アニメか総集編を観たうえで映画館行け」といいたい。 あー、しんどい。 しかし、しんどい人生には、もっとしんどいこともある。

次の

【感想・ネタバレ】劇場版「メイドインアビス

マルルクちゃんの日常 感想

引用元:劇場版『 深き魂の黎明』キービジュアル の漫画『』を原作とする劇場アニメ。 これまでにTVアニメやそれに新規カットを加え再編集した劇場版総集編が製作されており、本作はそれらの続編的立ち位置にあります。 同時上映はショートアニメ『マルルクちゃんの日常』。 全4話週替りで上映。 ナナチを仲間に加え、ボンドルドの待つ深界五層へと冒険を進めるリコとレグ。 痛みの描写がリアルで想像できてしまうのでこっちまで痛くなってくる。 特にヘソが痛くなる、イテテ。 レグ達にとって敵であるボンドルドはそれはそれは外道で畜生なわけですが個人的にはとても魅力的なキャターとして写りました。 好奇心で動くキャラはどんなことをしても許せるのです。 あとナナチはかわいいですね。 TVアニメを見た後、続きが気になって漫画版で話の内容は知っていたけれども十分楽しめました。 【作品情報】 メディア 映画 上映時間 105分 製作年 2020年 製作国 日本 ジャンル ファンタ/アド 【STAFF】 監督 小島正幸 アニメーション制作 原作 脚本 キャターデザイン 小栗寛子、崎本さゆり 音楽 Kevin Penkin sbasami.

次の

不動卿・動かざるオーゼン『メイドインアビス』アニメあらすじ・みどころ、ネタバレ感想|#6~8話|アニメの缶づめ

マルルクちゃんの日常 感想

なにせ『メイドインアビス』は、原作漫画の精緻な美術やストーリーのみならず、ダークでハードな世界観や目を背けたくなるほどの残酷な描写まで余すことなく、全力で映像化したことで高い評価を集めたタイトル。 劇場版は、そんな作中で「筋金入りのろくでなし」「ゲス外道」と評される人物「黎明卿ボンドルド」が登場するうえ、上映直前にレーティングがPG12からR15+へと引き上げられたほどに気合の入った一本。 素晴らしい出来ではあるが、少なくとも記者は公開初日に観に行って「翌日が休みで本当によかった」と思ったほどにハードだった。 負荷は深度が増すほど強くなり、劇場版で主人公らが訪れる深界五層では「全感覚の喪失と意識の混濁・自傷行為」があらわれる。 果たしてどのような出来になっているのだろうか、4DX版を鑑賞してきたので、体感レポートをお届けしたい。 なお、ここから先は作品内容のネタバレと4DXの演出内容に言及することとなるため、ネタバレをされたくない、新鮮な気持ちで上昇負荷を味わいたい場合は注意してほしい。 つまり、マルルクちゃんは体感できない。 残酷だが、深淵に挑むというのはそういうものなのかもしれない。 冒頭の森を抜けてトコシエコウの群生地に到達するシーンでは、弱めの風が劇場内に満ち、空間が少し冷えることで開けた場所に出た感覚を覚える。 なるほどな、と思うも束の間、走るレグの顔面めがけてクオンガタリがぶつかり潰れるシーンでは少なめのミストが噴射され、顔にわずかな飛沫がかかる。 本当にわずかなのが逆に生々しい。 その後は比較的穏やかな展開が続き、姿の見えないレグとナナチを探すリコが階段を昇り、上昇負荷を受けるシーンが訪れる。 鑑賞する上で、最も気になっていたシーンの一つだ。 リコはゆっくりと階段を踏みしめるが、その時点では軽めの衝撃すらない。 しかし、砕けた奥歯を手に取るシーンで座席が一度揺れ、次いで頬が切れるのに合わせて左の首元からエアーが噴き出す。 ぎょっとしているところで空気が冷え、座席が円を描くようにゆっくりと稼働。 リコが自我と感覚を失うのに合わせてバイブレーションが徐々に強まるが、ある地点でぷつりと止まり、感覚の喪失を身をもって体感させられた。 深界五層「なきがらの海」が舞台でありながら、水が使われていたのは8割以上が体液や、それに準ずるものが飛んでくるシーンだったように思う。 冒頭のクオンガタリの汁もそうだが、カッショウガシラにボンドルド一行が襲われ血の雨が降るシーンで水が降ってきたのは、なかなかにこたえるものがあった。 同じくらい印象的だったのがフラッシュで、レグの火葬砲やボンドルドのスパラグモス、ギャングウェイといったビーム系の技を効果的に演出していた。 特に火葬砲に関しては、チャージ中の空気の爆ぜる感覚がより増幅され、発射までの緊張感を高めていた。 そしてクライマックスのレグとボンドルドの一騎討ちでは、座席が揺れる中でフラッシュと共に火葬砲が放たれ、ファーカレスが撃たれると首元をエアーが乱れ飛び、止めに砦水が崩れてバチバチ水が降ってくる。 まさに4DX全部盛りといった状態で、ともすれば肝心の映画に集中できなくなってしまいそうにも思えるが、ハイクオリティなアニメーションと音楽に合わさることで、ここまでで最高潮の没入感を提供してくれるのだ。 だが、個人的に最も素晴らしいと思ったのはその直後、プルシュカの回想シーンだ。 それまで激しく飛び交っていたエフェクトはほとんど消え、視点移動に合わせた緩やかな座席の稼働くらいになるのだが、エフェクトが急になくなることでより映像と音が際立ち、通常上映の時よりも深く没入できたように感じられた。 後半では幾度かこのような緩急のついた場面展開があったが、どの場面も没入を邪魔しない最低限レベルのエフェクトで、魅せ方の巧さはさすが『メイドインアビス』だと思わされた。 最後の最後には「プルシュカがこぼれちゃう」で大量のミストを噴射され、別の方面での『メイアビ』らしさも突きつけられたが。 注目したいポイントは他にもたくさんあるが、全体を通して『メイドインアビス 深き魂の黎明』の4DX版は、「ゲス外道」な部分も含め作品が持つ面白さをより強く感じさせてくれる出来であった。 もちろん観終わったら身体中の穴という穴から血が吹き出していたとか、ナナチのようなフワフワのぬいぐるみになっていた、なんてことはないので、ぜひともその「呪いと祝福」を劇場で体感してみてほしい。

次の