スコーン。 スコーン

~朝吹真理子のスコーン~

スコーン

こんにちは!nonkaです。 ついに…!長く続けていたスコーン研究の成果がここに!! 完成版スコーンです! サクサクの歯切れが良い食感。 横にまっすぐ割れ、焼き上がりの見た目もバッチリ。 どれも市販で手に入るものです。 1回でOK。 ボウルごと、 冷凍庫で冷やしておきます。 ・バターは1cm角にカットし、ラップで包み 冷蔵庫で冷やします。 まずはコルヌを使って(手の熱でバターを溶かさないため)バターを細かく刻みます。 あずきくらい、小さくなればOK! ここから、 サブラージュという、 バターと粉をすり混ぜる作業をします。 ポイントは、 バターを溶かさないようにすること! 体温が高い場合は、流水で手を冷やしてからやりましょう。 指先でつまむように、バターのかたまりを潰し、粉と合わせていきます。 粉の中でバターを薄くのばすようなイメージ。 ある程度かたまりが無くなってきたら、 両手を使ってすり合わせるようにします。 バター溶けてきてます。 早めに切り上げるか、ボウルごと、一度冷蔵庫に入れて冷やしましょう。 繰り返す内に、粉とバターがなじみ、サラサラになってきます! こんなかんじ。 サブラージュでよく使われる例えが、 粉チーズ。 それっぽく見えますよね! サラサラなんですが、ぎゅっと握ると固まりになります。 触るとすぐ崩れて、元のサラサラに戻る。 こんな状態になれば、サブラージュ完了です。 よく混ざれば、牛乳をすべて加えます。 コルヌで切るように混ぜ、まずは生地全体に水分を吸わせるように。 あとは、ボウルの底にたまった粉をひっくり返すようにしながら、混ぜていきます。 粉気が無くなるまで混ぜ、ボウルにあまりくっつかないようにまとまればOKです。 ボウルから離れないベタベタの状態なら、薄力粉を少し足します。 軽く打ち粉をした台に生地を出して、麺棒でのばし、 3つに折ります。 生地が柔らかいので、コルヌを使ってたたみます。 生地の向きを90度変え、 麺棒でのばして、もう一度3つに折り込みます。 これで完成! 最初より、生地に少しハリがあり、べも少なくなってます。 生地は完成ですが、このまま型抜きすると、形が綺麗にでません! ラップにつつみ、 冷蔵庫で30分程度冷やします。 生地を休めるためではなく、バターをしめる目的なので、長時間冷やさなくて大丈夫です。 この間にオーブンの予熱しておくといいと思います。 抜き型が無ければ、包丁でカットします。 抜くときは、 スパッと綺麗に切るのがポイントです!断面がしっかりでると、焼き上げるとき、しっかり真上に膨らんでくれます。 綺麗に抜けるよう、抜型にも打ち粉をまぶしておきましょう。 下火が入りやすかったので、少し温度を下げて追加で焼きました。 完成!! しっかり高さのでた、見た目も美味しそうなスコーンです! 出来立ては、さっくりふわふわ、冷めてもサクサク!大満足な出来でした。 生地が真上に上がりやすくなります。 このブログ、検索で来てくれる方のほとんどが、このスコーン研究記事に来てくれてるんですよね…。 それにもかかわらず、かんじんの完成レシピがどこにもない…!という大変に心苦しい状態が続いていたんですが、これで一安心です。 無事、リンクを貼れます。 この記事が、私のようにスコーンに迷える同志たちの、道しるべになれば幸いです。 スコーン研究に終わりはありません! nonka333.

次の

手作りスコーンの日持ちはどれくらい?

スコーン

こんにちは!nonkaです。 ついに…!長く続けていたスコーン研究の成果がここに!! 完成版スコーンです! サクサクの歯切れが良い食感。 横にまっすぐ割れ、焼き上がりの見た目もバッチリ。 どれも市販で手に入るものです。 1回でOK。 ボウルごと、 冷凍庫で冷やしておきます。 ・バターは1cm角にカットし、ラップで包み 冷蔵庫で冷やします。 まずはコルヌを使って(手の熱でバターを溶かさないため)バターを細かく刻みます。 あずきくらい、小さくなればOK! ここから、 サブラージュという、 バターと粉をすり混ぜる作業をします。 ポイントは、 バターを溶かさないようにすること! 体温が高い場合は、流水で手を冷やしてからやりましょう。 指先でつまむように、バターのかたまりを潰し、粉と合わせていきます。 粉の中でバターを薄くのばすようなイメージ。 ある程度かたまりが無くなってきたら、 両手を使ってすり合わせるようにします。 バター溶けてきてます。 早めに切り上げるか、ボウルごと、一度冷蔵庫に入れて冷やしましょう。 繰り返す内に、粉とバターがなじみ、サラサラになってきます! こんなかんじ。 サブラージュでよく使われる例えが、 粉チーズ。 それっぽく見えますよね! サラサラなんですが、ぎゅっと握ると固まりになります。 触るとすぐ崩れて、元のサラサラに戻る。 こんな状態になれば、サブラージュ完了です。 よく混ざれば、牛乳をすべて加えます。 コルヌで切るように混ぜ、まずは生地全体に水分を吸わせるように。 あとは、ボウルの底にたまった粉をひっくり返すようにしながら、混ぜていきます。 粉気が無くなるまで混ぜ、ボウルにあまりくっつかないようにまとまればOKです。 ボウルから離れないベタベタの状態なら、薄力粉を少し足します。 軽く打ち粉をした台に生地を出して、麺棒でのばし、 3つに折ります。 生地が柔らかいので、コルヌを使ってたたみます。 生地の向きを90度変え、 麺棒でのばして、もう一度3つに折り込みます。 これで完成! 最初より、生地に少しハリがあり、べも少なくなってます。 生地は完成ですが、このまま型抜きすると、形が綺麗にでません! ラップにつつみ、 冷蔵庫で30分程度冷やします。 生地を休めるためではなく、バターをしめる目的なので、長時間冷やさなくて大丈夫です。 この間にオーブンの予熱しておくといいと思います。 抜き型が無ければ、包丁でカットします。 抜くときは、 スパッと綺麗に切るのがポイントです!断面がしっかりでると、焼き上げるとき、しっかり真上に膨らんでくれます。 綺麗に抜けるよう、抜型にも打ち粉をまぶしておきましょう。 下火が入りやすかったので、少し温度を下げて追加で焼きました。 完成!! しっかり高さのでた、見た目も美味しそうなスコーンです! 出来立ては、さっくりふわふわ、冷めてもサクサク!大満足な出来でした。 生地が真上に上がりやすくなります。 このブログ、検索で来てくれる方のほとんどが、このスコーン研究記事に来てくれてるんですよね…。 それにもかかわらず、かんじんの完成レシピがどこにもない…!という大変に心苦しい状態が続いていたんですが、これで一安心です。 無事、リンクを貼れます。 この記事が、私のようにスコーンに迷える同志たちの、道しるべになれば幸いです。 スコーン研究に終わりはありません! nonka333.

次の

スコーン・紅茶のべノアオンラインショップ

スコーン

手作りスコーンの日持ちは3~5日が目安、しかし… 手作りスコーンは常温で3~5日程度は日持ちします。 しかし、保存状態によってはすぐに風味が劣化してしまうことも…。 手作りスコーンの風味が劣化する原因は? スコーンの風味を劣化させる原因は主に4つです。 スコーンに含まれる脂質、アミノ酸、色素成分などが 酸素と結びつく(酸化する)ことによって 不快な臭いを発生させる、褪色するなど 風味を劣化につながります。 スコーンの保存方法は? スコーンの保存方法 スコーンを美味しく食べられる状態で保存するには 風味を劣化させる原因である水・酸素・温度・光を 遮断することが重要になります。 焼きたてを保存したい場合は必ず粗熱を取ってから ラップに包みましょう。 しかし保存方法としてはそれだけでは不十分。 直射日光の当たらない冷暗所で保管をする必要があります。 一週間程度で食べ切れるなら冷蔵庫に保管 一週間程度で食べ切れる量のスコーンであれば、 温度変化の少ない冷蔵庫の野菜室などに 保管すると良いでしょう。 10日程度保存したいなら冷凍庫に保管 10日程度の保存をしたいのであれば 冷凍庫に保管をするのが良いでしょう。 食べるときに一工夫することで、より美味しく 冷蔵庫や冷凍庫で保存したスコーンは そのまま食べてもそれほど美味しくありません。 焼きたての風味に近づけるには 温め直しをしましょう。 スコーンをアルミホイルに包んでオーブントースターへ 冷蔵庫から取り出したスコーンは アルミホイルにやさしく包んで オーブントースターで温めます。 冷凍保存したスコーンは室温で解凍させてから 同じくアルミホイルに包んでオーブントースターへ。 最も大切なのは、できるだけ早く食べること。 スコーンは密封容器に入れて冷蔵庫や冷凍庫で保管すれば 1週間から10日程度は日持ちするお菓子です。 しかし、風味の劣化を遅らせることはできても 完全に劣化を止めることはできません。 できるだけ早く食べるようにしましょう。 スコーンなど焼き菓子の通販はこちらから 菓子工房Creamでは、スコーンをはじめとした 焼き菓子詰め合わせと自家焙煎コーヒーをセットにした 「おうちカフェセット」などを販売しています。 ぜひご利用下さい。

次の