米津玄師 歌詞 パプリカ。 【パプリカ】の歌詞に注目|みんなのうたに米津玄師とFoorinが登場

米津玄師 パプリカ 歌詞&動画視聴

米津玄師 歌詞 パプリカ

2020. 米津玄師がフーリンを選んだ理由とは? 今回は、 Foorin フーリン が歌う『 パプリカ』の歌詞の意味について解釈・考察をしていき愛と思います。 この『パプリカ』は米津玄師さんが作詞作曲を手がけ、「2020年・東京オリンピック」の応援ソングとして制作されたもの。 その後、セルフカバーという形で約1年後の2019年8月にYoutubeにて米津玄師さんバージョンの『パプリカ』が公開されたのですが・・・ どうやら、Foorin バージョンと米津玄師さんバージョンでは、同じ『パプリカ』でも意味が違ってくる様子。 ですので、今回はあくまでFoorin フーリン が歌う『パプリカ』の歌詞の意味について解釈&考察をしていきたいと思います。 楽曲を歌うのは、オーディションで選ばれた、小学生5人組で結成されたユニット 「Foorin フーリン 」が担当。 発表当時からすぐに注目は集まり、今となっては日本で最も知られてる小学生と言っても過言ではないほどです! 米津玄師が「Foorin」を選んだ理由とは? この「パプリカ」を歌うのは、オーディションで選ばれた小学生の5人組 「Foolin フーリン 」です。 メンバーを選んだ米津玄師さんは、歌声や歌い方、人間性を見た時に、一番気持ちよかったのが、この5人だったんだそうです。 また、自分が子供たちを引っ張っていこうと思っていたところ、 子供達のパワーによって、逆に、子供達が自分を引っ張ってきてくれたとまで言っているんですよね! それほどまでのパワーや魅力を持った「Foolin」が歌うパプリカは、聞く人を惹きつける力があると感じます。 米津玄師「パプリカ」歌詞の意味を解釈! まるで、子供達が、森の中の秘密基地を走り回りながら、みんなで冒険の旅に出かけたあの頃のような・・・。 そんな世界観を描いた歌詞の「パプリカ」は、 懐かしさも感じさせるメロディーがぴったりとハマった楽曲になっています。 「 誰かが 呼んでいる」は、一緒に過ごす仲間たちの声を表しています。 「 あなたに会いたい」の部分は、 暑い夏もみんなで楽しく過ごしていた日々を思い出し、会いたいなと思い出しているんですよね。 「 見つけたのはいちばん星」は、日が沈みかけた空に、ひときわ輝く星を見つけ、あの頃の自分と重なる。 「 明日も晴れるかな」とは、 毎日遊びたくて、空を見つめ、明日の天気を予想していた頃を思い出しているのではなでしょうか。 なので「パプリカの花が咲く」という意味だけでは無いようですね。 「花が咲く」という言葉は、希望でいっぱいの子供たちの未来を表現し、夢に向かって種をまこうと言っています。 そんな中、こっそり隠れて涙する子もいる… でも、そんな時も「 一人一人 慰めるように」まるで、抱きしめてくれるかのように、誰かの優しい声が聞こえるんです。 子供にとって、 母親の存在はとても大きいもので、常に思い出と共にある存在です。 2番のAメロで「呼んでいた誰か.. 」は、母親のこと と解釈しました。 そんな優しい母の手に引かれ、帰り道を照らす影法師は、懐かしさと幸せの象徴なのかもしれないですね。 楽しみで歌を歌いながら「 手にはいっぱいの花を抱えて」という自然にあふれたプレゼントを抱えて向かうんです。 「 らるらりら」とは、その時の嬉しい感情を表した歌声にも聞こえますね。 大きく描いた夢は、未来の自分や、先を担う子どもたちへ届いて欲しい。 「心遊ばせ」は、ワクワクした好奇心を描いた心情。 「かかと弾ませこの指とまれ」は、そんな気持ちを持っていた、子供の頃のように、「希望をあすへ繋ごう」と、みんなへ呼びかけているように感じます。 米津玄師「パプリカ」歌詞の意味を解釈! まとめ みんなで集まっていろいろな冒険をしたり、たくさんの時間を過ごしたあの頃。 自然に気付かされたり、誰かに励まされたり、本当に輝いた毎日… 大人になっても、あの頃を思い出せば、またあの時のように夢中になろうと頑張れる。 いろんなパワーの源でもある子供の頃を大切に想い「これからも冒険は続いていくんだ」という、希望に満ち溢れた歌詞にとても共感できますね。 ここまで考察したのは、子供目線で見たパプリカです。 「希望へ向かおう」という、子供たりの無邪気な明るさと元気さ。 そんなフィルターを通して曲を聞くと、こんなふうに感じ取れるのですが、米津玄師さんが歌うと、全く違った雰囲気に感じます。 そして、この曲がリリースされたのが、終戦記念日であること。 米津玄師さんは「パプリカ」のタイトルに意味はなく、可愛いから決めた…。 と言っていますが、これらのキーポイントが全て重なるのは 偶然にしては出来すぎている気もします。 パプリカの花言葉である「君を忘れない」。 これは、誰のことを意味して、この曲は何を意味しているのでしょうか? そんな疑問を感じてしまう米津玄師さんバージョンの「パプリカ」については、後日また考察したいと思います。

次の

米津玄師のパプリカとこの曲が異常に似てるんですが、彼はパクったんでしょ...

米津玄師 歌詞 パプリカ

スポンサーリンク パプリカの歌が怖いのはなぜ? パプリカの歌が怖いといわれるのは何故なのでしょうか? 理由は4つありました。 民謡的なメロディ• 歌詞が亡くなった人を連想させる• 子供たちの踊り• Foorinの表情 詳しく見ていきたいと思います。 パプリカのメロディは一度聞くと頭に残りますし、それが ヒットした理由の一つだと思います。 一方で、パプリカの メロディを聞いただけで拒絶反応を示す人も。 パプリカ みんな良いっていうけど 私はあのメロディラインを子供の声で聴くとホラーみたいで怖い — ちゃん hazukitohana 実はパプリカのメロディは、 日本民謡に多く使われている 『ヨナ抜音階』という音階で構成されています。 ヨナ抜音階は「ドレミファソラシド」の4番目(ヨ)と7番目(ナ)を抜いた音階。 つまり、ファとシを抜いた 「ドレミソラ」です。 『かごめかごめ』や『君が代』、『蛍の光』もヨナ抜音階で作られており、 哀愁を感じさせるのもヨナ抜き音階の特徴。 耳に残りやすいヨナ抜き音階ですが、 J-popのパプリカの曲中に溶け込むヨナ抜き音階に違和感を抱く人は少なくないでしょう。 それは、 歌詞が亡くなった人を連想させるからです。 例えば、「パプリカ花が咲いたら」というサビの部分。 「花が咲く」という表現は 亡くなった人を弔う意味があることが多いです。 また、パプリカの花言葉には• 哀れみ• 海の利益• 海のめぐみ• 君を忘れない といった意味があります。 『花が(は)咲く』と 『パプリカの花言葉』のどちらも、3. 11の震災を連想させます。 パプリカが オリンピックソングとなりましたが、 復興オリンピックという意味合いも兼ねているのかもしれません。 詳細は後ほどお伝えしたいと思います。 パプリカの踊りも独特で、どこか 洗脳 や呪われいると感じるのかもしれませんね。 歌詞の中の 「ハレルヤ」という言葉も、 ヘブライ語で 「神を讃めたたえよ」の意味があります。 英語版の作詞では、やはり 宗教的な配慮もあって削除されています。 その Foorinの子供たちの目や口角などの表情や、歌が怖いという声がありました。 Foorinの子供たちは 全力で歌って踊っています。 しかしながら、その 必死な姿が逆に「辛い」「怖い」と感じるようです。 全力で顔と体を動かしている子供達が宗教じみてて怖い。 — もうねむたい swimminzzZ おそらく 表情や歌声はそれぞれ別であれば怖いとは感じないと思います。 しかし、これまでお伝えしてきた 『メロディ』や『歌詞』、『踊り』などが合わさることで、 「Foorinの子供たち=怖い」と感じるのではないでしょうか。 スポンサーリンク 米津玄師のパプリカが怖い?裏テーマに衝撃 Foorinではなく、 米津玄師の歌うパプリカが怖いという声もありました。 みんなのうたの米津玄師版パプリカのアニメーション、なんとなく怖い映像として子供の心に残りそうな感じがする — えいちぜろな Eichi Zerona h071019 話題になったのは、こちらの米津玄師の歌うパプリカのMV。 しかし マントの少女だけが年を取っていません。 マントの少女が手を手を広げるポーズ。 これが広島市にある 『原爆の子』の像と似ています。 このシーンの無数の鶴が飛び立つ様子も、この像のモデルになった 佐々木禎子さんの「千羽鶴のエピソード」を思い起こさせます。 このMVは 2019年8月9日に、YouTubeで公開されました。 それは奇しくも 長崎県に原爆が投下された日。 パプリカの花言葉は『君を忘れない』でした。

次の

パプリカ 歌詞『米津玄師』

米津玄師 歌詞 パプリカ

東京オリンピックのNHK公式テーマソング『パプリカ』という歌があります。 幼稚園児のダンス音楽としてめちゃめちゃ流行っているので、どこかで聞いた方も多いのではないでしょうか? 実は僕、今日初めてパプリカをフルでちゃんと聴いたのですが、そしてその時に強烈な違和感を感じたのです。 その後、どうしてもその歌の意味を掘らなければいけないような気がして、4時間ほど歌詞と向き合っていました。 そしてわかりました。 もうとにかく自分でも止められなくなるほど掘れば掘るほど意味が出てくる奥深い曲だったんです。 今からここに書くのは完全に個人の解釈によるもので言ってみれば僕の妄想です。 なのでそういう読み方もできるよねと言う程度でお楽しみ下さい。 先に結論を書いておきます。 僕が見つけたこの曲の裏ストーリーは、「 少年が友達を亡くした悲しみと折り合いをつけ、未来へ向かって歩き出す歌」です。 なぜそうなるのか、順をおって説明させてください。 まずはパプリカの歌詞全文を引用させてもらいます。 ーーーー以下引用ーーーー 【Aメロ】 曲がりくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆け回る 遊びまわり 日差しの街 誰かが呼んでいる 【Bメロ】 夏が来る 影が立つ あなたに会いたい 見つけたのはいちばん星 明日も晴れるかな 【サビ】 パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ 【Aメロ】 雨に燻り 月は陰り 木陰で泣いてたのは誰 一人一人 慰めるように 誰かが呼んでいる 【Bメロ】 喜びを数えたら あなたでいっぱい 帰り道を照らしたのは 思い出のかげぼうし 【サビ】 パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ 【Cメロ】 会いにいくよ 並木を抜けて 歌を歌って 手にはいっぱいの 花を抱えて らるらりら 【サビ】 パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ かかと弾ませこの指とまれ へ ーーーー引用終わりーーーー 別タブで開くためのリンクも貼っておきます。 パプリカの歌詞解釈 ではAメロから順番に説明させていただきます。 まずAメロの歌詞全体を通して、誰もが共感できるようなノスタルジックな情景を描いていますが、よく見るとあちこちにヒントがあるように僕には見えました。 「目には青葉、山ホトトギス、初鰹」という有名な俳句がありますが、これは全て初夏の風物詩を並べています。 すなわち「青葉の森」とは「初夏の森」であり、それを人生に当てはめると「人生の春が終わり、夏に差し掛かった頃」言い換えれば「少年期が終わり、青年期に差し掛かった頃」と読み解くことができます。 つまり青年のコミュニティに入り始めている まとめると「曲がりくねったはしゃいだ道」である少年期が終わり、「青葉の森」や「日差しの街」である青年期に入り始めたことがわかります。 青年期は先ほどの説明の通り。 そしてここで注目したいのが「季節の夏」です。 日本の夏のイベントといえば何でしょう?そうお盆ですね。 あの世とこの世が重なる期間です。 つまりこの分の意味は「あの世が近くなる」となります。 ここでは、この世に対してのあの世を表します。 そして夏は太陽の光も生命の力も強まる季節です。 つまり影が立つとは「光が強くなったことによって、あの世の輪郭が強く浮かび上がってきた」という意味になります。 では次の「あなたに会いたい」ですが、これは誰に会いたいのでしょう? 「あの世が近くなる」季節に 「あの世の輪郭が強く浮かび上がる」季節に 「会いたくなる」人とは誰でしょう? 僕はここで「亡くなった友達」と結論づけました。 「亡くなった友達に会いたい」と歌った後に続くのは何か? 「見つけたのはいちばん星」です。 子供に亡くなった人のことを説明する時なんと言います? もうズバリですよね。 「お星様になる」っていいますよね。 つまり魂よ安らかなれという意味に取れます。 さあいよいよサビにいきましょう。 けれど僕は未来に向かって歩いていく。 なぜそうなるか説明します。 「種を蒔く」は未来へ向かって行動すること。 つまり「あなたの事は忘れないけれど、僕は未来へ歩き出す」と言っているのです。 日本的な宗教観では亡くなった人は神様にもなります。 つまりここでは「亡くなって神様になったあなたに感謝を伝えたい」を意味しています。 でもあなたの事は忘れない 「夢を描く」は未来へ心を向ける事。 自分の気持ちが未来を向き始めていることを表しています。 「心遊ばせあなたにとどけ」では「それでもそんな気持ちや描いた夢を、あなたに話したいんだよ」というという意味になります。 「未来に向かう事は決してあなたを忘れることではない」とすることで気持ちの折り合いをつけようとしているのです。 そんな時に木陰で泣いていたらもう死ぬほど心細いでしょう。 「こっちへおいで」と聞こえてしまったのでしょう。 しかし次のBメロで状況は変わります。 いい思い出を浮かべてみたら「あなた」との思い出ばかりだったのでしょう。 つまり「この世に帰ってくる道」 あなたを亡くしたショックで生きる気力を失い、声が聞こえるくらいあの世に近いところまで行ってしまったけれど、あなたの思い出が僕をこの世に引き戻してくれた。 という意味が読み取れます。 ここで見て欲しいのは、それでもその帰る道を照らしたのは「思い出のかげぼうし」であること。 かげぼうしとはつまり人の影。 Aメロの解釈でも出てきましたが「影」は死を表し、人の影は「亡くなった人」を表します。 つまり僕をこの世に引き戻してくれたのは「思い出の中にいる亡くなった人」なのです。 2番サビはAメロの繰り返しなので省略します。 続いて説明したいのがCメロの歌詞。 歌の流れとしてプロポーズはありえないでしょう。 そしてお墓まいりとは故人に挨拶や何かしらの報告がある時にいくもの。 ここでは「僕は未来に向かう」という報告をするという意味だと思っています。 そして最後、サビの繰り返し。 けれど僕は未来を生きる。 最後のサビで他と唯一違うのは「かかと弾ませこの指とまれ」の部分です。 それ以外の部分が「あなたへの感謝」と「未来へ歩き出す」を意味する事はもう書きましたが、この「かかと弾ませこの指とまれ」は未来への歩みをさらに進めて、そこで生きる決意を表明しています。 なぜなら「かかとを弾ませる」という事はやや駆け足気味に歩いているという事であり、「この指とまれ」は仲間を集めることを意味します。 つまり「未来へ向かって駆け足気味に歩き出し、その先で僕は仲間を見つける(君以外の友達をつくる)」という未来でいきていく事の決意表明と取れるのです。 よってこれまでの話をまとめると『パプリカ』は「少年が友達を亡くした悲しみと折り合いをつけ、未来へ向かって歩き出す歌」となるのです。 「パプリカ」というタイトルの意味 これまで読み解いてきた歌の意味を踏まえて「パプリカ」というタイトルをもう一度見てみると、ある仮説が浮かびます。 パプリカはピーマンと近しい植物です。 同じナス科トウガラシ属で、栽培方法なども似通っています。 そしてピーマンといえば、お盆にナス、きゅうりなどと共にご先祖様にお供えする野菜です。 ピーマンを「亡くなった人を想う野菜」と意味づけするならば、それと近しいけれど別のものであるパプリカにはどういった意味を見いだせるでしょうか。 「ピーマンに似ているけれど違う野菜」に「あなたを忘れはしないけれど、未来へ歩き出した僕」を見る事はできないでしょうか? そう思いながら歌を聞けば、違った意味合いを感じ取れると思います。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 この解釈があったからといって何がどうという訳ではありません。 ただどうしても、誰かに伝えずにはいられなかったのです。 この記事によって、あなたの日常の色が少しでも変われば、ぼくにとって最高の喜びです。

次の