マナー プロトコール 検定。 マナー・プロトコール検定とは

拓殖大学 文部科学大臣賞受賞~マナー・プロトコール検定において最優秀校に!~(拓殖大学 プレスリリース)

マナー プロトコール 検定

ビジネスマナーに対する知識や能力の証明となる資格が「ビジネスマナー検定」です。 ビジネスマナー検定と一言に言っても、検定の種類が多くどの検定を受けていいか分からない人も多いのではないでしょうか。 ここでは、ビジネスマナー検定の種類と、代表的な検定である「ビジネス実務マナー検定」の概要や受験方法などを解説しています。 これから検定にチャレンジしたい人もぜひ参考にしてください。 ビジネスマナーの検定とは 現在日本国内で実施されている代表的なビジネスマナー検定は、大きく分けて「ビジネスマナー実務検定」と「マナー・プロトコール検定」があります。 いずれも文部科学省後援検定であり、ビジネスマナー実務検定は、 が、マナー・プロトコール検定は が運営・実施しています。 ビジネスマナー検定はビジネス社会の基本常識が身に着いているのかを判断する検定で、マナー・プロトコール検定は日本人として必須のマナーに加えて、国際儀礼である「プロトコール」が身に着いているかを判断する検定、という違いがあります。 これらのビジネスマナー検定に合格すると、ビジネスマナーやプロトコールが身に着いていることの証明となり、以下の3つのメリットが得られます。 履歴書の資格取得欄に記載できるので、就職や転職に活かせる。 ビジネスや日常生活、国際社会と色々なシーンで正しいマナーやプロトコールが発揮できる。 接客業やマナー講師など、ビジネスマナーやプロトコールの能力や知識が活かせる職への道が開ける。 ビジネス実務マナー検定とは ビジネスシーンで身に着けておくべき実践的なビジネスマナーの指標となる資格がです。 社会人としてぜひ取得しておきたい、ビジネス実務マナー検定の概要を見ておきましょう。 概要 ビジネス実務マナー検定とは、ビジネス社会の基本ルールである「職場常識」が身に着いているかを測る検定です。 社会人として適切な行動や判断ができるか、人間関係やビジネスマナー、コミュニケーションスキルを理解し実践できているかが問われます。 秘書検定との違い ビジネスマナー実務検定と同じく「公益財団法人 実務技能検定協会」が運営・実施している検定にがあります。 秘書検定もビジネスマナー実務検定と同じく文部科学省後援の「ビジネス系検定」にあたります。 秘書検定も、社会人として働く上で身に着けておくべき常識を測る検定です。 ただし、ビジネスマナー実務検定がコミュニケーションスキルや人間関係など、ビジネスマンとしてのマナーやスキルに重きを置いているのに対して、秘書検定は社会人としての基本的な常識を秘書技能として集約し、測る検定になっています。 よって、基本的なマナーを身に着ける上で有効な検定であるのは同じですが、秘書検定は受験難易度が高くなれば高くなるほど、秘書としての専門性の高さが求められる傾向にあります。 さらに、ビジネスマナー実務検定は社内外とビジネス上で関わる人間関係全てにおけるコミュニケーションや対応能力も測りますが、秘書検定は接遇するお客様や上司に対するコミュニケーションや対応能力に重きを置いている特徴もあります。 どんな問題が出題されるの? ビジネス実務マナー検定は、「必要とされる資質」「企業実務」「対人関係」「技能」の 4つの出題領域より 問題が出されます。 必要とされる資質とは、行動や判断、身だしなみや自己管理、仕事の進め方などビジネスマンとしての資質や執務要件に関する問題が出題されます。 例えば、3級なら「仕事の指示の受け方」、2級なら「職場における協調性とは」などです。 企業実務とは、業務分掌や職位・職制、会社の社会的な役割についての理解や知識を求める、組織の機能についての問題が出題されます。 例えば、3級なら「注文した物と違うものが届いた場合の正しい連絡先」2級なら「異動の内示を受けた時の適切な行動」などです。 対人関係とは、人間関係の心理や対処法への理解や知識、ビジネス実務としての服装やマナーを実践できるか、人間関係への結びつきや正しい敬語、目的に応じた話し方ができるか、慶事や弔事の正しい作法や服装、知識と一般的な交際業務についての知識を測る問題が出題されます。 例えば、3級なら「断りの言葉を柔らかく言う時の正しい表現」、2級なら「訪問先での正しいマナー」などです。 技能とは、情報の収集や整理、伝達に関する理解、文書作成や取り扱いに関する理解、会議の知識や運営に関する理解、事務機器や事務用品への知識を測る問題が出題されます。 例えば3級なら「電話で伝言を受けるときの正しい方法」、2級なら「総会の定足数を満たす人数とは」などです。 ビジネス実務マナー検定がおすすめの人 ビジネス実務マナー検定は「職場常識」の育成を目的にした検定です。 よって、ビジネスシーンですでに活躍している現役の社会人の人はもちろん、これから社会に出る学生の人にもおすすめです。 実際に「飛騨高山高等学校ビジネス科」では3年生の選択科目「ビジネス実務」でビジネス実務マナー検定3級に取り組んでいます。 ビジネス実務マナー検定の難易度 ビジネス実務マナー検定は1~3級まであり、球威に応じて難易度が上がっていきます。 平成30年6月24日に実施された、第55回ビジネス実務マナー検定の結果や合格率は以下の通りです。 1級…受験者数65名 合格者27名 合格率41. 2級…受験者数1,324名 合格者数796名 合格率60. 3級…受験者数2,981名 合格者数1,799名 合格率 60. 履歴書に書くときの注意点 履歴書には資格の正式名称と取得級を書きます。 例えばビジネスマナー実務検定2級を取得しているなら「文部科学省後援 ビジネス実務マナー技能検定 2級」です。 履歴書には3級から記載できますが、十分な現場常識を兼ね備えていると評価されるのは2級からです 日程・受験料・申し込みの流れ ビジネス実務マナー検定は年に2回、6月と11月に実施されます。 受験するには、受付期間内に所定の3つの方法いずれかで申し込みと受験料の払い込みを行います。 申し込み方法はインターネット申し込み、書店申し込み、郵送申し込みがあります。 なお、インターネット申し込みはクレジットカードもしくはコンビニで、書店申し込みは申込時、郵送申し込みは現金書留で現金を申込書と一緒に添えて、受験料の払い込みを行います。 なお、詳しい各申し込み方法と次回の日程は、ビジネス実務マナー検定試験の公式サイトに記載されています。 ビジネス実務マナー検定問題集・本2選 最後にビジネス実務マナー検定合格のための問題集と参考書をご紹介します。 ぜひビジネスマナー実務検定の勉強に役立てて下さい。 ビジネス実務マナー検定 受験ガイド ビジネス実務マナー検定の出題範囲や内容を分かりやすく解説した公式参考書です。 1級、2級、3級各級が発売されています。 また、ビジネス実務マナー検定受験のためだけでなく、実際の企業の社員教育や研修にも活用できる一冊です。 出版元:早稲田教育出版• 3級:税込価格 1,080円 本体価格 1,000円• 2級:税込価格 1,296円 本体価格 1,200円• 1級:税込価格 1,728円 本体価格 1,600円 ビジネス実務マナー検定 実問題集 ビジネス実務マナー検定の過去5回分の試験問題を収録しています。 検定前に実際の問題を解いて受験勉強に活用したり、問題の出題形式や傾向を確認したりできます。 3級と1・2級の二冊が発売されています。 出版元:早稲田教育出版• 3級:税込価格 1,296円(本体価格 1,200円)• 1・2級:税込価格 1,620円(本体価格 1,500円).

次の

【マナー・プロトコール検定】の資格って役立つ?使える仕事や試験の内容など!

マナー プロトコール 検定

仕事で接客をしていると、「接客マナーでよく注意を受けてしまう」「正しい接客がわからない」と不安になることはありませんか?日本は「礼儀の正しさ」にシビアなので、企業としても「感じのいい接客ができる人」は重宝されます。 接客力のスキルアップなら、「サービス接遇検定」がおすすめですよ!取得するメリットや、ほかの資格との違いをご紹介します。 接遇マナーの検定・資格とは 接遇やマナーに関する資格は民間資格なので、複数の団体が検定を作っています。 主な検定として、以下のものが挙げられます。 サービス接遇検定:サービス業務や接遇の心構え、おもてなしの心や行動を学ぶ• 接客サービスマナー検定:ワンランク上の上質な接客サービスを学ぶ• マナー・プロトコール検定:国際儀礼 プロトコール に関する知識や技能を学ぶ• ビジネス実務マナー検定:ビジネスマンとしての適切な行動や判断、マナーを学ぶ• 秘書検定:感じがよい人柄を育成し、秘書をはじめ社会人として必要な知識を学ぶ 「接遇」は接客と違い「おもてなし」の意味があります。 お客様はもちろんのこと、もてなした相手に満足してもらうことを指すので、接客より高いレベルとして使われる言葉でもあります。 つまり、接客レベルを高めてスキルアップしたい人には、接遇が学べる「サービス接遇検定」がおすすめです。 接遇マナーの検定・資格を取得するメリット 接遇やマナーの資格を取ると、以下のようなメリットがあります。 アンケート調査によると、お店の口コミに接客内容の悪さが書かれていたら、「そのお店に行きたくないと思った」という人は85. 参照: つまり、接客の良し悪しはお店の売り上げにも大きな影響を及ぼしますので、採用する企業側は「きちんと接客や接遇ができる人か」という点もしっかりチェックします。 その時に、接遇マナーを証明するための資格があれば履歴書だけでもアピール力が上がりますし、採用する会社も1つの判断材料としてみてくれるでしょう。 社内規定による また、接遇を身につければクレームを未然に防ぐこともできるので、企業にとっても取得した本人にとっても大きなメリットになるでしょう。 サービス接遇検定は国際的なマナーまでは学べませんが、文部科学省が後援している資格で認知度もあるので、ホテルや百貨店といった接客業であれば転職の際にもアピールの1つになります。 サービス接遇検定を通して正しい接客やマナーを身につければ、不測の事態に備えることもできます。 毎日の仕事に自信をもつことができますよ! サービス接遇検定とは サービス接遇検定とは、以下のような検定です。 サービス接遇検定の特徴 サービス接遇検定とは、文科省が後援している「ビジネス系検定」の1つです。 言葉遣いや態度、振る舞いはもちろんのこと、サービスに関する考え方や対人心理など接客の深い部分まで勉強できます。 平成29年11月度の試験では、3級~1級まで合わせて2万3千人以上が受験している認知度の高い検定です。 筆記試験には記述問題やマークシートがあり、級ごとに異なります。 詳しくは後述します 出題形式や内容 サービス接遇検定の級ごとの出題形式は以下の通りです。 サービススタッフの資質・専門知識・一般知識• 内容としては、「サービスで心がけるべきこと」や「忘れ物を見つけた時の対応」、「一般常識」などがあります。 そのほか、「商品が在庫切れだった時の適切な対応」といった不測の事態に関する問題もありますし、1級になると「万引きを防止するためのお店作り」を記述で回答するなど、当然ながら級が上がるごとに難易度も高くなります。 面接 サービス接遇検定準1級と1級には面接があります。 準1級と1級で内容は異なりますが、両方ともロールプレイング形式で、審査基準は「サービス接遇者に必要な,ふさわしい話し方・態度・物腰が感じられるかどうか」となっています。 サービス接遇検定の難易度 秘書検定 受験者数 合格率 1級 660名 33. しっかりとテキストを読んだり問題を解いたりすれば、合格は難しくありません。 2級試験の前に準1級の面接を合格すると、「ロールプレイング合格」という扱いになります。 サービス接遇検定の取得をおすすめする人 サービス接遇検定は、百貨店や銀行、鉄道や航空、ホテルなど、お客様を直接接客する人すべてにおすすめです。 最近では、病院や運送の企業が受験するケースも増えています。 サービス接遇検定資格の取得におすすめの教材 サービス接遇検定の勉強方法は、独学でもテキストをしっかり勉強すれば合格は難しくありません。 以下の参考書がおすすめです。 サービス接遇検定受験ガイド 早稲田教育出版 審査基準にのっとっているので、勉強しやすいテキストです。 筆記試験対策として、まずはこちらのテキストを勉強しましょう。 サービス接遇検定 実問題集 早稲田教育出版 受験ガイドと同じく早稲田教育出版の実問題集です。 受験ガイドで一通り筆記試験の知識を頭に入れた後、実問題集をたくさん解いて覚えこんでいきましょう。 話し方や振る舞いなど、DVDを見てしっかり研究するようにしましょう。 実際に自分がロールプレイングしている様子を動画で撮影し、客観的に見直すのもおすすめです。 接遇やマナーの検定・資格取得を考えている方へ サービス接遇検定は、今回ご紹介したように毎日の仕事に大きなメリットを与えてくれます。 スキルアップを目指している人は、サービス接遇検定を通してより接客技術が上がることでしょう。 また、新人教育担当の人は、接客研修を取り入れても「人によって接客レベルにばらつきがある」と悩むこともあると思います。 サービス接遇検定は団体受験もできますので、一定の接客レベルを保つために企業での受験もおすすめです。

次の

マナー・プロトコール検定試験の難易度・合格率・テキストなど

マナー プロトコール 検定

ビジネスマナー検定という資格のことを耳にしたことはありますか。 あなたは、社会人として常識的なマナーの持ち主でしょうか。 ビジネスマナー検定は、社会人としての行動、判断の適切さ、人間関係におけるマナー、話し方などビジネス社会の基本ルールを、多岐にわたって問われる試験です。 常識的な社会人になるためには、基本的なマナーや社会におけるルールをしっかりと身につけることが不可欠でしょう。 ビジネスマナー検定は、あなたの社会人としての資質を測る物差しのような検定です。 ビジネスマナー検定試験は、学校や企業ごとの団体受験で実施されており、3級・2級・1級があります。 是非受験を一考ください。 ビジネスマナー検定の問題の具体的な内容は? ビジネスマナー検定の問題は4つのカテゴリーに分かれています。 出題形式は選択式と記述式の二種類があります。 必要とされる資質、企業実務、対人関係、技能の4部門です。 それぞれの部門で出題された内容をご紹介しましょう。 必要とされる資質 必要とされる資質とは、社会人として必要な性質や才能です。 必要とされる資質の分野で実際に出題された問題は以下のようなものです。 ・仕事の指示の受け方(3級) ・職場における協調性とは(2級) ・希望以外の部署に配置された新人への対応(1級) ビジネスマナー検定3級と2級は選択式になっており、1級は記述式と選択式の2段構成です。 やはり、級が上がるほどかなりレベルの高い問題となっています。 そして、いかにも現実に起こりそうな状況が想定された問題作りをされています。 企業実務 企業実務の分野で実際に出題された問題は以下のようなものです。 ・注文した物と違う品が届いた場合(3級) ・異動の内示を受けたら(2級) ・赤字の企業の社会的責任とは(1級) ビジネスマナー検定3級と2級は選択式になっており、1級は記述式と選択式の2段構成です。 対人関係 さて、「ビジネスマナー検定、ビジネスマナー検定」と呼んでいるこの検定ですが、実を言うと、これは通称です。 英検でも漢検でも、履歴書となれば本来「英語検定3級」や「漢字検定2級」などと正式名称を記入するのが常識です。 英検や漢検などは、有名なので相手は分かってくれますが、あまり世の中の認知度の高くない資格というのは、正式名称で説得力を上げなければなりません。 では、実際に履歴書にはビジネスマナー検定のことを何と記入すればいいのでしょうか。 「文部科学省後援 ビジネス実務マナー技能検定」 これが、ビジネスマナー検定の正式名称です。 「文部科学省後援」が頭にあると、やはり箔が付きます。 一気に公式の検定という響きとなります。 よって、履歴書の資格欄に記入する際には、例えばあなたがビジネスマナー検定2級を持っている場合、文部科学省後援 ビジネス実務マナー技能検定2級と書いてください。 履歴書には何級から書いてもいいの? ビジネスマナー検定が、履歴書に書いて評価のされるのは2級からです。 決して3級が意味がないということではありません。 当然、3級でも記入しても構いませんが、あくまで評価の基準としてです。 2級を持っていると、ビジネスに関する一定の常識とマナーがあると評価されます。 ホテルなどのサービス業などは、マナーがあるかどうかで、営業に大きく影響するのでビジネスマナー検定3級でも履歴書に書くことでアピールできるでしょう。 ビジネスマナー検定2級ならなおさらです。 だたし、アピールとはなりますが、加点の材料になるかと言えば、それはまた別問題です。 確実に評価をされたいのであれば、ビジネスマナー検定の1級を取得するべきです。 1級であれば、あなたが就職を目指す企業で評価されるはずです。 社会人としてのマナーが特に問われるような企業であれば、必ずこのビジネスマナー検定1級の取得の努力は報われるでしょう。 ビジネスマナー検定用おすすめの問題集の紹介 ビジネスマナー検定の過去問題にチャレンジしてみましょう。 3級ー2級ー1級と紹介していきますので、あなたがどのレベルなのか試してみましょう。 それぞれ1問ずつピックアップしています。 最後に答えを用意してあるので、解いたら合っているかチェックしてみましょう。 3級 3級はすべて選択式の問題となっています。 ピックアップした問題は、必要な資質の分野から抜粋した問題です。 新人が、先輩から仕事の指示を受けた時の対応を問う問題となっています。 極めて現実的な内容の問題です。 まだ学生の人たちは自分が社会に出て、新人教育を受けているつもりになって考えてみましょう! 仕事の指示の受け方 次は、新人の西原純子が、先輩から仕事の指示を受けたときに行っていることである。 中から不適当と思われるものを一つ選びなさい。 (1) 指示された仕事の手順がよく分からないときは、その場で教えてもらっている。 (2) 同時に幾つかの指示を受けたときは、どの順番で行えばよいのかを確認している。 (3) 指示はメモを取りながら聞き、聞き終えてから数量や日にちを復唱して確認している。 (4) 今手掛けている仕事があるときは、それを終えてからになるがよいかと確認している。 (5) 指示された期限までにできそうもないときは、誰かに手伝ってもらってよいかと確認している。 2級 異動の内示を受けたら 営業課の平沼拓馬は宣伝課への異動の内示を受けた。 異動日は1カ月後で、辞令は1週間後に出るとのことである。 次は平沼が、異動日までの準備について考えたことである。 中から不適当と思われるものを一つ選びなさい。 (1) 身辺整理などの表立った準備は,辞令が出てからすることにしよう。 (2) 異動は決まったことだから、すぐにでも宣伝課にあいさつに行くことにしよう。 (3) 辞令が出たら宣伝課長には、異動までに準備しておくことはないか尋ねてみよう。 (4) 遠方の取引先担当者への異動のあいさつは、辞令が出たら電話ですることにしよう。 (5) 辞令が出たら後任者と時間を調整して、異動日までには業務の引き継ぎを済ませよう。 2級も3級と同様にすべて選択式の問題となっています。 ピックアップした問題は企業実務の分野から抜粋した問題です。 異動の内示を受けた時の準備対応を問う問題となっています。 この問題も、いかにも現実に起こりそうな状況が想定されています。 異動の内示を受けた気持ちで考えてみましょう。 異動の内示を受けたら 営業課の平沼拓馬は宣伝課への異動の内示を受けた。 異動日は1カ月後で,辞令は1週間後に出るとのことである。 次は平沼が,異動日までの準備について考えたことである。 中から不適当と思われるものを一つ選びなさい。 (1) 身辺整理などの表立った準備は,辞令が出てからすることにしよう。 (2) 異動は決まったことだから,すぐにでも宣伝課にあいさつに行くことにしよう。 (3) 辞令が出たら宣伝課長には,異動までに準備しておくことはないか尋ねてみよう。 (4) 遠方の取引先担当者への異動のあいさつは,辞令が出たら電話ですることにしよう。 (5) 辞令が出たら後任者と時間を調整して,異動日までには業務の引き継ぎを済ませよう。 1級 1級ともなると、一気に問題が難しくなります。 1級の問題形式は選択式と記述式の2種類の構成となっています。 記述問題は箇条書きで答える問題となっています。 あいまいな知識では、歯の立たない問題です。 ピックアップした問題は必要とされる資質から抜粋した問題です。 希望以外の部署に配置された新人への対応を問う問題となっています。 もう社会人としてはベテランとなった想定で、新人教育がテーマです。 希望以外の部署に配置された新人への対応 人事課の長谷部修一は新人の中村から,「営業がやりたくて入社したのに人事課に配属された。 営業は頑張れば成果が数字に表れるが,人事の仕事はそうではないのでやりがいがない。 何とかならないか」と言われた。 このような場合,長谷部は中村にどのようなことを言えばよいか。 箇条書きで三つ答えなさい。 答え どうでしたか。 できましたか。 ビジネスマナー検定は、社会人としての常識力をアップすることはもとより、現在の自分にいかにその能力が欠けているのかを知る検定とも言えます。 この3問を見て「難しかったなぁ」と思った方は、社会の基本的なルールがまだ身に付いていません。 それでは、以下が答えとなります。 確認してみてください。 数字に表れなくてもやりがいのある仕事だ。 営業に異動することもあり得るのだから今の仕事を大切にして頑張れ。

次の