帝王 の 娘 スベクヒャン 続編。 帝王の娘スベクヒャン|日本語字幕/吹き替えの動画視聴が出来ないならココ!

韓国ドラマ『帝王の娘スベクヒャン』はHulu・U

帝王 の 娘 スベクヒャン 続編

では、ドラマの時代背景や各話の詳しいあらすじと見どころ、キャストの魅力をまとめて紹介している。 は、2010年以降、と朝鮮時代が舞台のドラマを放送してきた韓国MBCにて2014年3月まで放送された作品。 (2009年)、(2011年)以来久々に百済を舞台にした長編時代劇。 脚本は、MBC独立記念日スペシャルドラマ「絶頂」を手がけたファン・ジニョン、監督はイ・サンヨプがタッグを組んだ。 ヒロインの百済、武寧王の娘、スベクヒャンを演じたのは、、やで今、もっとも注目を集めている演技派女優の1人ソ・ヒョンジン。 など、コミカルからシリアスまで演技幅の広い女優だ。 本作は、そんな彼女にとって本作は初主演作品だった。 劇中アクションや百済の皇室舞踊なども披露し、当時その多彩多能さで視聴者を驚かせた。 スベクヒャンの異父妹ソルヒをのソウが担当。 また、で30代王・武王役を演じた日本でも人気のチョ・ヒョンジェが、今度は26代王の聖王となるミョンノン役で登場。 変わらぬビジュアルと優しいカリスマ性で女性視聴者のハートをがっちりつかんだ。 そしてミョンノンを憎み復讐を誓うジンム役担当したのは、のチョン・テス。 劣等感に苛まれるジンム役を演じ、悪どい一面とカリスマ性溢れる一面を披露し高い評価を受けた。 ちなみにチョン・テスは、主人公の女優ハ・ジウォンの実弟で、2018年1月、34歳という若さで亡くなった。 強烈なストーリーに衣装や小道具の豪華さ、そしてメインキャストの4人の好演が話題になった「帝王の娘 スベクヒャン」の放送をお楽しみに。 この時、ユンはチェファがユンの子供を身ごもっていることを知る由もなかった。 その頃、現王で第24代王 東城 トンソン 王を暗殺したチェファの父・ペク・カが命を落とし、チェファは伽耶 カヤ に亡命。 従弟・東城王に代わって即位したユン(武寧王)は、やがて「ソルラン」が自分の娘だと知り…。 一方ソルランが武寧王の娘だと知った異父妹ソルヒは、ソルランに成りすまし百済の王女の座を奪う。

次の

韓国ドラマ 「帝王の娘 スベクヒャン」 やっと視聴できた感想と視聴方法

帝王 の 娘 スベクヒャン 続編

【武寧 ムリョン 王、ユン役】イ・ジェリョン 百済第25代王。 スベクヒャンの父。 本作は、アイドルから女優に転身したソ・ヒョンジンさんの初主演作です。 今や数多くのドラマで主演を務める彼女ですが、女優としての活躍がはじまったのは本作の前後からになります。 とはいえ本作は、完成度の高い作品でありながらもオリンピック中継との兼ね合いや、視聴率的に苦戦したことなどもあり、当初全120話で予定されていたものが108話で終了してしまいました。 ただ、視聴者からは放送枠が違っていればもっと視聴率が取れたはずという意見もあるなど、非常に評価の高い作品となっています。 そんな本作の出演者は、アクションもこなすソ・ヒョンジンさんを筆頭に、悪女ぶりが板についたソウさん、優しき太子ミョンノン役のチョ・ヒョンジェさん、そしてミョンノンに劣等感を抱くチンム役のチョン・テスさんがメインキャストに起用されています。 本作のOSTに関してはあまり詳しい情報などなかったのですが、ソ・ヒョンジンさんの綺麗な歌声は必聴ですね! スポンサーリンク 帝王の娘スベクヒャンあらすじ 舞台は三国時代と呼ばれた6世紀の百済。 加林 カリム 城の城主ペク・カの娘チェファ(ミョンセビン)は、第24代百済王 東城王の従兄であるユンと密かに情を通じていました。 そんな中、ユンの側近であるヘ・ネスク(チョンソンモ)にそそのかされたペク・カ(安息ファン)が王を暗殺してしまいます。 これに激怒したユンはペク・カを自害に追い込むのですが、なんとチェファまで亡くなってしまったのです。 悲しみに暮れるまま第25代百済王 武寧王となったユンは、亡き東城王からの遺言により実子ミョンノンと東城王の息子チンムを入れ替え、チンムを王位につけようと決意します。 一方、実はペク・カの家人クチョンにより助けられ生き延びていたチェファは、逃げた先伽耶 カヤ でお腹に宿していたユンの子スベクヒャン(ソヒョンジン)を産みます。 時が立ち、ソルランとして育ったスベクヒャンは、チェファとクチョンとの間に生まれたソルヒ(ソウ)と共に暮らしていました。 しかし、ソルランの正体を知ったソルヒがスベクヒャンに成り済まそうと考え・・・。 スポンサーリンク 帝王の娘スベクヒャンみどころ 韓国の時代劇というと李氏朝鮮時代 1392年から1910年 を舞台とした印象が強いですが、実は「太王四神記」や「善徳女王」といった大ヒット作や、近年の作品だと「花郎」も本作と同じ三国時代を舞台とした作品なんです。 時代が6世紀ということもあり、朝鮮時代を舞台としたドラマと比べると衣装をはじめとして所々で違いはあるのですが、それが逆に新鮮に映るかもしれません。 とはいえ韓国時代劇ではお馴染みの権力闘争や愛憎劇も健在で、そんな中でも本作で一番の注目ポイントとなるのが主人公4人の立場が男女共に入れ替わる点にあります。 王女でありながら妹に地位を奪われたソルラン、姉の立場を奪い偽のスベクヒャンとなるソルヒ、そして幼い頃に入れ替わったミョンノンとチンム。 ソルランが本物のスベクヒャンだと分かるのはいつなのかというのも気になるところですが、そんな複雑な人間関係の中にソルランとミョンノンの純愛も盛り込まれていて、この恋がどういった結末を迎えるのかにも注目したいところ! スポンサーリンク 帝王の娘スベクヒャン感想・評価 普段はこういった長い時代劇は敬遠しているのですが、ソ・ヒョンジンさんのファンで見た人の評価も高いようなので見ることにしました。 全108話という長さに最初は相当構えていたんですが、1話あたりは30分程度なので意外とサクサク見れましたね。 ただ、子供の入れ替わりや別人が成り済ます設定などは韓国ドラマにありがちなものですし、いくら妹を探すためだとはいえ諜報組織に入ったり、都合よく太子と出会い愛し合ったり、そんな二人が兄妹かもしれない関係だったりというのは都合が良過ぎますし、登場人物たちか悩まされるのに反して視聴者は最初から正体を知っているので見ていてヤキモキさせられるんです。 その上、チェファにクチョン、そしてソルランも性格がいいのに、何故かソルヒだけ悪人というのは疑問ですし、見ていて相当イライラさせられました。 この設定を面白おかしく見れる人には楽しめるドラマだと思いますが、私のように一喜一憂し過ぎると見るのに気力がいるドラマだと思います。 最終回は? ソルランが本物のスベクヒャンだといつわかるのかや、スベクヒャンだと偽っていたソルヒはどういう末路を辿るのかなど気になるポイントは多々ありましたが、最終回は予想通り実に都合のいいものでした。 悪人は厳罰に処すべきと思っている私には、このラストはぬる過ぎるんですよね。 その上、国の問題は丸投げして恋愛に走ってしまうというのは、恋愛ものとしてはいいかもしれませんが正直納得いきませんでした。 まあこれは、短縮されてしまったゆえの皺寄せかもしれませんが。 本作は、韓国時代劇の中でもストーリーが上手く出来ていてドロドロし過ぎないのもいいと思うんですが、そもそも様々な設定や展開に突っ込みばかり入れてしまう私みたいな人には向かない作品でしたね!.

次の

帝王の娘スベクヒャン:70話〜72話あらすじ

帝王 の 娘 スベクヒャン 続編

「 帝王の娘スベクヒャン 守百香 -概要-BS朝日で放送中!あらすじや全話・相関図を最終回までお届けいたします。 一緒にいられる喜びをかみしめています。 そしてソルヒはというとチンムといる時間が増えていった。 ユン王は二人のことが気になって仕方がない… とうとうユンは、チンムに対してスペクヒャンとの関係を 指摘してしまうのだった。 ユン王の目を盗んでスペクヒャンに会いに行くチンム。 ミョンノンとソルランは気持ちは通じた物の、 ミョンノンは王室の物でソルランは仕えている立場。 よってソルランには任務がかせられることも… ユン王はソルランが危険な任務に出向く事になるのをとても心配している。 トリムはスペクヒャンの事を不審に思うようになる。 そもそもヘ・ネスクがソルヒに違和感を覚えたのが始まりだった。 しかしスペクヒャンについて聞いても、ナウンは何も言おうとはしなかった。 今日の感想 チンムはスペクヒャンの事が好きなのかな!? ユン王は、自分の娘だと思っているソルヒと、 実は本当の自分の息子であるチンムが交際に至る事になればと 心配に思っているんですよね… ユン王もまだ何も知らないけど、本当に心配すべき二人は ソルランとミョンノンだったりするのですが。 この四人の恋愛模様と、隠された真実が今後気になる所ですね。 ドラマ一覧•

次の