尽力致します。 ビジネスメールで使える! 「ご尽力」と「お力添え」の意味の違いと正しい使い方とは?

「ご尽力いただき」は目上の人に使うと失礼になる!?意味と例文も紹介

尽力致します

「ご尽力」の詳しい意味と、「お力添え」との違いとは 「ご尽力」の詳しい意味は、言葉を分解してみるとよくわかります。 「尽力」は「力を尽くす」や「努力する」という意味ですが、目上の人に対して使う場合には、尊敬語である「ご」を接頭辞として結合させます。 そうすることで、 「相手(目上の人)が自分に対して力を尽くしてくれたこと」を敬意をもって感謝する表現となるのです。 接頭辞「ご」を抜いて「尽力」のみにすると、自分自身が精一杯力を尽くすことを表します。 目上の人へ使う場合には「ご尽力」を、自分の努力を表現したい場合には「尽力」と使い分けましょう。 「ご尽力」と「お力添え」使用するシーンに注意 先ほど「ご尽力」と似た意味を持つ言葉に「お力添え」があることをご紹介しましたが、使用する場合には注意が必要です。 「お力添え」は、上司など目上の敬意を払う相手に援助をしてもらいたい時や、された時に使う謙譲語です。 「より一層のお力添えをお願い致します」など、こちらもビジネスシーンではよく利用される言葉です。 「尽力」は言い方によって、相手を敬う言葉にもなりますし、自分に対しても使うことが可能な一方、「お力添え」は相手からの助けを指す時だけに使用する言葉です。 接頭辞「お」を抜いたとしても自分に対して使うことはできません。 そして、「ご尽力」も「お力添え」も助けてもらったことに対して使いますが、簡単に言い表すと 「ご尽力」は「努力」、「お力添え」は「援助」と、助力の度合いが違い、「ご尽力」の方が重い意味を持つことがわかります。 軽い手助け程度で「ご尽力」を使ってしまうと、嫌味に捉えられてしまうこともありますから、相手にどの程度助けてもらったのかを判断して使い分けましょう。 ・I put some hard work into this presentation. ・When it comes to this project I will spare no effort. 「ご尽力」や「お力添え」はビジネスメールで目上の人に送ろう! ビジネスマンとして円滑にコミュニケーションを取るには、正しい言葉づかいが重要です。 特に目上の人へ使用する「ご尽力」や「お力添え」に関しては、使い方を間違えることのないようにしましょう。 ビジネスメールでは、言葉の選び方ひとつで文章の伝わり方が変わってしまいます。 言葉一つで印象アップも可能なので、相手と良好な関係を築いていくためにも、 目上の人とのメールでお礼を述べる際には「ご尽力」を正しく使いこなしましょう!.

次の

「尽力を尽くす」は間違った日本語!正しい例文を紹介!

尽力致します

「ご期待に添えるよう」は、相手側から何かしらの言葉を掛けられて返答するときに使うと前述しましたが、「ご期待に添えるよう」の後に続く文章にいくつかパターンがあります。 実際に「ご期待に添えるよう」をビジネスシーンで使うとき、どのように表現するのか例文を用いて説明します。 ご期待に添えるよう尽力いたします 「尽力 じんりょく 」は漢字が表す通り「力を尽くす」という意味があり、ある目的のために精一杯努力することを表します。 主に相手のために力を尽くすときに「尽力」が用いられ、相手に力を借りたいときには使いません。 例えばビジネスで新しいプロジェクトを任された時の決意表明として「ご期待に添えるよう尽力いたします」と使います。 「ご期待に添えるよう頑張ります」よりもビジネスシーンでは年上や目上の人にふさわしい敬語になります。 ご期待に添えるような 「ご期待に添えるような」と使うときは、相手の望む内容や要望に対して自分がどう動くのかを、より具体的に伝える場合に用いることができるでしょう。 例文としては「お客様のご期待に添えるような解決案を提示します」「部長のご期待に添えるような企画案を提出いたします」など、相手が満足や納得するように自分がどう行動するのかを伝えるときに使います。 ご期待に添えるよう努力 「努力」は「尽力」と同じ意味合いで使われることが多いのですが、違いをあげると「努力」は自分のために力を尽くすときに使われることが多いです。 人事異動で部署が変わり自己紹介の挨拶として「ご期待に添えるよう努力いたします」のなどと使用します。 ビジネスシーンでは目上や年上の方には「努力」よりも「尽力」に言い換える方が敬意を表した表現になり、適切な場面もあるので上手に使い分けましょう。 ご期待に添えるよう精進 「努力」よりも「精進」の方が、ややかしこまった言い回しになりますがビジネスシーンでは「精進」もよく使われます。 「ご期待に添えるよう精進いたします」のように、もともと「精進」とは仏教用語なので「努力」と表すよりも「精進」と表す方が、より謙虚さやひたむきさが伝わりやすいでしょう。 敬語で「ご期待に添えるよう」を使ってみよう 「ご期待に添えるよう」に対して「ご期待に添えない」という場面も、ビジネスシーンでは度々登場します。 ビジネスで相手の期待に添えないということは、相手にとっては望ましくない状況なので、それを極力失礼に当たらないように伝えることが大切です。 「ご期待に添えるよう」と同じように口語でもメールでも使用することができるのですが、主にどういうシーンで使うのかまとめてみました。 相手に断る場合 相手の要望に対してその要望が受け入れられないときや断るときに「ご期待に添えず」と表す場合があります。 「お客様のお申し出について、ご期待に添うことができかねます」「選考の結果、誠に恐縮ではございますが、今回はご期待に添うことができず見送らせていただきます」などと表すことで、断る表現を柔らかくし相手に対して心配りのある言い回しになります。 謝罪をする場合 謝罪する場面でも「ご期待に添えず」を用いることができます。 お客様や取引先や上司に対して謝罪の言葉だけを伝えるのではなく「ご期待に添えず」と付け加えることで丁寧な表現になります。 「この度はお客様のご期待に添えず大変申し訳ございませんでした」と伝えることで、相手の要望に応えられなかったことに対して、謝罪を述べているのが伝わります。 ビジネスでの「ご期待に添えるよう」の使い方 上司に対して使う場合は、上司から働きぶりを期待されている場合や、新しいプロジェクトを任されたときに「ご期待に添えるよう」と付け加えることで相手を立てた表現になります。 単純に「頑張ります」と伝えるよりも「部長のご期待に添えるよう尽力いたします」と伝える方が、より相手に敬意を表した丁寧な言い方になり、自分もそう伝えることで相手の期待に応えるべく力を尽くそうと、自分自身にも改めて気合いが入るでしょう。 取引先 取引先から何かしらの要望があった場合、「ご期待にそえるよう」は主に2通りの意味合いで使うことができます。 「ご期待に添えるよう精一杯努力します」と表現した場合、取引先の要望に応えられるよう精一杯力を尽くすという意味での使い方と、「なるべくご期待に添えるよう精一杯善処いたします」など、要望に応えられるかはわからないが、応えられるように力を尽くすという使い方です。 後者の場合は「ご期待に添えるよう」と付けることで、もし要望に応えることができなかった場合も、要望に限りなく近いものになるように、精一杯力は尽くすことを相手に伝える効果があります。 年賀状で「ご期待に添えるよう」を使うには?.

次の

ビジネスメールで使える! 「ご尽力」と「お力添え」の意味の違いと正しい使い方とは?

尽力致します

尽力いたしますの意味は? 「尽力いたします」とは精一杯がんばりますという意味 「尽力いたします」とは、精一杯がんばりますという意味です。 読み方は「じんりょくいたします」です。 「尽力」とは、力を尽くすと書きます。 尽くすとは、ある分を全て出し切る・使い切るという意味になります。 つまり、力を出し切る・力を使いきるという意味になります。 がんばることを相手に伝えたい時、ビジネスシーンではストレートに「がんばります」といったら幼い印象になってしまいますね。 下記の記事では「頑張りますの敬語」について紹介しています。 頑張りますの意味や敬語表現、使う時のポイントやビジネスメール例文も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。 「尽力いたします」は「尽力する」の謙譲語の敬語表現 「尽力いたします」は「尽力する」の謙譲語の敬語表現です。 力を出し切る事・全力を出して取り組むことを相手に伝えたい時、自分の行動をへりくだる謙譲語を使って丁寧に表した形です。 丁寧語の場合は、「する」が「します」に変わるので「尽力します」になります。 「尽力します」だと、かしこまった場ではふさわしくありません。 きちんとシーンに合わせて謙譲語を使い、相手を立てた敬語を使う事が大事です。 また、謙譲語は自分の行動を下げる言い方ですが、「尽力」自体は自分のための行動には使いません。 相手のために使う時に使われる言葉です。 例えば、「スキルアップの為に尽力いたします」や「自分の給料のために尽力いたします」など、自分のために全力を出してがんばる場合は「努力」を使います。 自分の行動だけど自分の為には使えないというややこしい言葉ですが、間違えずに謙譲語や敬語表現を使いましょう。 「尽力いたします」はビジネスシーンでよく使われる言葉 「尽力いたします」は、ビジネスシーンでよく使われる言葉です。 謙譲語を使って相手を立てる言葉なので、取引先などに使用します。 メールや手紙などで使うのもいいですが、実際に相手の目を見て、自分の口から伝えると気持ちがこもってより意味が伝わりやすくなります。 「尽力いたします」とは、全力を出して精いっぱいがんばる事を相手に伝わるために言う言葉です。 精いっぱいがんばる気持ちが相手に伝わらなければ意味がないので、正しい言葉遣いが出来ていればいいというものではありません。 また、多用すると信用性がなくなります。 口先だけではなく、言い方や態度も気にしてみましょう。 「参ります」とは、「行く」の謙譲語と、丁寧語が組み合わさった使い方です。 「尽力いたします」と同じくらいビジネスシーンではよく使われる表現になります。 使い方例文は、「サービス向上のため、今後も尽力して参ります」「お客様に満足していただけるよう、日々尽力して参ります」などがあります。 「尽力して参ります」の前に、今までも・これからも、といった意味の言葉を付けると、より文章として自然な使い方になります。 「参る」は「行く」の謙譲語であり、「所存」は、思っている事や考えという意味です。 読み方は「しょぞん」です。 「力を尽くして全力でやっていこうと思っています」という意味になります。 気持ちや思いが存在することを伝えている文章になるので、全力でがんばります!と言い切るより、心持ちや姿勢を表す使い方になります。 使い方例文は、「みなさまの期待に応えられるよう、尽力して参る所存です」などがあります。 「させていただきます」とは、「させてもらう」の謙譲語になります。 「いたします」は自分がすることですが、させてもらうのは、相手の許可が必要になります。 相手との交渉や話し合いで決まったプロジェクトなどに使うと適切です。 使い方例文は、「今回のプロジェクトが成功するよう、精いっぱい尽力させていただきます」などがあります。 「尽力いたします」だと、やります!と言い切るような形になりますが、「全力を出して取り組むことを、させてもらう」という、あくまで相手の許可を取ったような形になるので、シーンによっては適切な使い方です。 「存じます」とは「思う」の謙譲語に「ます」という丁寧語がついた形です。 「ぞんじます」と読みます。 「力いっぱい頑張りたいと思っています」という意味になります。 使い方例文は「品質向上のため、誠心誠意尽力したいと存じます」などがあります。 「尽力いたします」とがんばることを言い切る形ではなく、あとに何か文章が続く形になります。 使い方例文は「これからも良いサービスが提供できるよう、日々尽力いたしますので、これからもよろしくお願いします」などがあります。 「精進」の読み方は「しょうじん」です。 「精進」とは、一生懸命にがんばることという意味になります。 ビジネスシーンにおいて、よく使われる言葉のひとつです。 「これからもより一層精進してまいります」などの使い方があります。 努力とは、何かのために力を尽くして励むという意味があります。 尽力と違って自分の為の行為にも使用できる言葉です。 ビジネスシーンでは、気持ちを集中して励むという意味の「鋭意」を付けて、「鋭意努力いたします」のように使われる場合が多いです。 尽力いたしますの意味をそのまま言った形になります。 ストレートな表現なので、実際に口に出して伝えた時に、とても意味が分かりやすいというメリットのある類語になります。 シーンや使い方によっては、尽力いたしますよりも熱意が伝わりやすいと言えるでしょう。 「努めて」の読み方は「つとめて」です。 「努める」には、力を尽くす・努力する、という意味があります。 「参ります」は「行く」の謙譲語です。 「努める」には「務める」「勤める」など、同じ読み方の言葉が複数あります。 そのため、漢字の誤変換には気をつけましょう。 「誠心誠意努めて参ります」などの使い方があります。 「精励」の読み方は「せいれい」です。 「精励」には、仕事や勉強に精を出すこと・一生懸命に励むことという意味があります。 「精励する所存にございます」は非常に丁寧な言い回しになります。 ビジネスシーンなどかしこまった場で使いますが、あまり使われない言葉なので、実際に口に出すよりはメールや手紙など、文章を書くときに使用するといいでしょう。 「尽力いたします」は一生懸命がんばる気持ちを込めて使おう 「尽力いたします」は、相手の為に一生懸命がんばるという気持ちを伝えるために使う言葉です。 自分自身のためになる行動には使えません。 力を尽くして努力する時に使いましょう。 類語には「精進して参ります」や「全力を尽くします」などがありました。 シーンや使い方によって、それぞれ適切な形が変わってきます。 口で直接伝える場合や、手紙やメールなど、伝え方はさまざまです。 どれくらいの気持ち・熱意があるのかで変わってきます。 また、類語の「努めて参ります」は、漢字の誤変換に注意が必要になってくる言い方です。 同じく、口で伝える時は同じ音の言葉と間違えやすくなり、紛らわしくなりますので気をつけましょう。 「尽力いたします」の前には、日々・誠心誠意・より一層などを付けると、文章として自然に仕上がります。 誰が、なんのために、どんなふうに尽力していくのかを考えて文章を作っていきましょう。

次の