宇崎 ちゃん は 遊び たい 献血。 宇崎ちゃんは遊びたいの献血ポスターは果たして環境型セクハラなのか? ...

宇崎ちゃんは遊びたいの献血ポスターは果たして環境型セクハラなのか? ...

宇崎 ちゃん は 遊び たい 献血

— Unseen Japan 超スプーキー UnseenJapanSite なぜツイッターで問題提起するに至ったのか。 電話で話を聞いた。 ジェイ・アレンさん(以下アレン) 妻が東京出身なので、帰省している最中でした。 妻の家族に会うために、年に数回日本に来ているんです。 家族と昼食の約束があったので、妻と一緒に新宿駅を出て歩いていたところ、駅のすぐそばにポスターが貼ってあるのが目につきました。 公の場で性的なポスターが貼り出されているのにも違和感がありましたし、よくよく見ると日本赤十字社の公式ポスターだったので、さらに驚きました。 妻も同様のリアクションでした。 ポスターは、日本のアニメ表現ではスタンダードなもので、性的な意図はないという声もありますが。 アレン 胸を過度に強調するポーズやキャラクターの表情など、エロ漫画の中ではスタンダードな表現かと思いますが、たとえば『ラブライブ!』のようなメジャーな作品においては、典型的な表現だとは思いません。 そもそも、『宇崎ちゃんは遊びたい』はエロ漫画的な要素がある作品としてスタートしたと聞いています。 今はそこから変遷して、そうとも言い切れないようですが。 アレン 表現の自由と、公共の場を安心できる空間にすることの間に、バランスは必要だと思います。 特に日本では今、多くの女性が日本社会の女性に対する扱いに疑問を感じています。 たとえば、痴漢やセクハラの問題が続いていたり、性犯罪に対する不当な無罪判決が下りて、それに抗議するデモが起こっていたりする。 このような環境で、公の場で女性を過度に性的に描写することは、「女性はこのように扱われるべきものだ」というメッセージを発してしまうと思います。 アレン 今回の騒動で初めて「TPO」という和製英語を知ったのですが、まさにTPOの問題だと思います。 今回の表現は、TPOにそぐわなかった。 こうした絵柄が秋葉原の一角に貼り出されていたのだとしたら、何の違和感も感じなかったでしょう。 秋葉原に行く人は、こうした表現を目にすることを予想しているでしょうから。 本屋の一角で原作の漫画を見かけたとしても、「好みは人それぞれだから」で済む話です。

次の

宇崎ちゃんの「第一弾と第二弾の違い」の説明を試みる

宇崎 ちゃん は 遊び たい 献血

日本赤十字社のを呼びかけるポスターがネット上で大炎上した「宇崎ちゃん」問題。 ウェブ漫画『宇崎ちゃんは遊びたい!』とのコラボ企画で、献血に行くと同作品のクリアファイルが貰えるというキャンペーンを呼びかけるポスターである。 「ジーザス・クライスト……(しばし、無言に)。 見たままだと思うよ。 どこから始めていいのかわからないけど、これは間違ってる。 どう見てもセクシュアライズしているし、日本人の女性に対しての意識が現れてるよ」 と、すでに心が折れている様子。 性的な部分が過度に強調されているというのは日本でも言われていることだが、他にはどういった点が問題だと感じたのだろうか? 「子どもの目に触れる公共の場に貼られているのもおかしいと思う。 あと、単純にこれを見て献血に行きたがる人がどれぐらいいるのかも疑問だね。 アメリカでもビールとかハンバーガーのコマーシャルで、セクシーな女のコが体にこぼしながら飲み食いするようなのがあるけど、ハッキリ言って気持ち悪いよ。 そういう広告は前時代的なものになってるし、視聴者の見る目も厳しくなってる。 しかし、今回のポスターについては、一部のコアなファンが擁護するような漫画とのコラボという部分ではなく、イラストの内容が問題になっていることを再認識するべきだろう。 ノルウェー人女性(34歳)は、その点について指摘する。 「最悪ですね……。 海外でもチャリティなどで有名人が出てくるのは普通です。 むしろ、日本より多いぐらいじゃないでしょうか。 でも、露出が激しかったり、ボディラインを強調した服で呼びかけることはしませんし、すれば必ず非難されると思います。 アニメとか漫画だからというのは関係ない」 彼女からは、ポスターに使われたイラストが献血と関係なさすぎるという意見も出た。 「そもそも、このキャラクターや作品がどう献血と関係あるのか知りたいです。 ポスターを見ても献血を呼びかけるものには見えません。 単に胸を強調してカワイイから使ったというのであれば、性的に利用しているのと何が違うんですか?」 また、取材中に自ら「俺、日本のアニメとか漫画ならわかるよ」と声をかけてきたトルコ人男性(24歳)からも、呆れ気味のコメントが。

次の

宇崎ちゃんは遊びたい!

宇崎 ちゃん は 遊び たい 献血

宇崎ちゃんは遊びたいという漫画と献血がコラボしていてるようですが それを批判的に捉える人がいるという事にびっくりしています。 これを公共空間における環境型セクハラと定義している。 これはおかしい、例えばこれがエロ画像と言われるようなカテゴリーの絵であれば献血を呼びかけるものとしてはふさわしくないだろうし女性が怒るのも分かる。 仮に逆の想像でBL漫画に出てきそうなお兄さんのあられもないお姿のイラストだったら見苦しいな〜と思うからそれは分かる。 ウエイトレスの女の子がセクハラとは? ウエイトレスさんが描かれているだけのイラストに対してセクハラ! っと罵るという事は例えばアイドルがウエイトレス姿のポスターでも批判をするという事なのだろう。 別に過激な衣装を着ているわけでもなく 全くエロスのないイラスト。 普通の衣服を着ているし、女性が嫌悪感を示すような露骨なエロはないように見えます。 過去の事例を考えると 過去の事例を考えるとだったか? ポスターの女の子がセクシー過ぎるとクレームを受けている。 言いがかりも甚だしい。 今回の宇崎ちゃん献血コラボとのうりんスタンプラリー、二つの共通点は 二人ともおっぱいが大きいという事です。 もうそれくらいしか思い浮かばない 日本のフェミニストは大きな乙パイに厳しいご様子。 実は卑怯なクレームの入れ方。 フェミニストがクレームを入れるのは漫画やアニメキャラだけ。 実在する女性の水着ポスターなどにはクレームを入れていない。 何故ならクレームを入れた場合、名誉毀損で訴えられる可能性もある。 というよりも普段から女性は自由に自己表現すべきみたいなフェミニストの主張があるからそこを覆すと頭がおかしい人なる。 日本のフェミニストはこういうダブルスタンダードな思考になりがちだけどお金や裁判沙汰になると考えたら自重するのではないだろうか? あくまでも私見ですが 漫画やアニメ、ゲームのキャラクターというのは実在しない、クリエイターはいるけど創造物は反撃してこない。 つまり、殴り放題だから攻撃している。 そう感じます。 これを卑怯言わずになんと言えばいいのでしょうか? 勝てる試合しかしないというか被害者女性がいないから自分が被害者ヅラできる。 確かに男性の目を惹きつける魅力があるのは確かです。 そう言った視線をセクハラと捉える事は良くある事です。 しかし、架空の存在とは言え豊満な女性自体に文句をつけるというのは差別ではないだろうか? それはフェミニスト本来の男女は対等な立場であるという思想からは外れる気がします。 宇崎ちゃんをセクハラ扱いするという事はたくさんいるであろう豊満なバストを持つ女性をセクハラ扱いする事ではないだろうか? イラストはダメで実在する女性はオッケーというのはダブルスタンダードですね。 まとめ こう言ったツイフェミの抗議というのは非常にバカバカしく感じます。 スタイルの良い女性のイラストを飾る事がセクハラになるというのはどうなのだろうか? スタイルの悪い女性のイラストなら文句を言わないのだろうか? ごくごく一般的な衣服を着た女性キャラクターの絵をセクハラ扱いするのはかなり歪んだメガネをお持ちの方だけだろうと kesuikemayakuはそう思います。

次の