食害とは ゾム。 【我々だ】ゾム!食害したらチューすんで!【男主】

いっぱい食べる君が好き:ブロマガの主役は我々だ!:チャンネルの主役は我々だ!(○○の主役は我々だ!)

食害とは ゾム

スポンサーリンク 魔界の主役は我々だ!18話のネタバレ 大食いチャレンジ開催中 シャオロンは最近上の空だったーーー…ウツは処刑玉砲で自分より活躍できなかったのが堪えたか…と嬉しそうにするが、そうではない。 シャオロンの手には『イルマ、アスモデウスを下し見事『2』へ昇級!!』と入間が1面の新聞があるのだった。 「学食にお集まりのみなさーん!只今デビルビーフ666人前大食いチャレンジ開催中ー!胃袋自慢は奮ってご参加くださーい!!」 そんな時学食から聞こえてきたイベントーーー…ゾムは楽しそう、トントンは肉が食いたいから…という理由で参加しようとシャオロンに話しかける。 ウツは大食いできても女にはモテないしパス…シャオロンも興味ないだろ…と不参加を促す。 「せやな」 シャオロンはそう呟き、『我々チーム』と参加者登録をして、参加することにするのだった。 ウツも強制参加 いくらチームとはいえ、大食いの土俵じゃシャオロンは目立たない…とウツはシャオロンを諭そうとする。 しかしシャオロンは「俺を見くびってもらっちゃあ困るぜ…!」と自信満々そうに話すーーー…ウツはそれに嫌な予感しか感じないのだったーーーー…。 チャレンジスタート! 「え〜〜それでは我々チーム…大食いチャレンジスタート!!」 シャフの合図のもと、我々チームは食べ始めるーーー…すると周りからは歓声が上がった。 …というのも、トントンとゾム ついでにトン が食う量も早さも尋常じゃなかったからーー…これは666人前完食するのではないか…という期待が高まっていた。 目立っているのはトントンとゾムーー…ウツはシャオロンにどないすんねん…と言うと、シャオロンはにやっとする。 そしてシャオロンは目の前にあるお肉をもぐもぐし、魔茶を飲んで「あーおいしかった」…といって一人前をやっと完食するのだった。 「シャオちゃんッッ!!?やる気あんのか!?」 シャオロンののんびり具合にウツはキレるーーー…シャオロンはめちゃくちゃやる気があると言うが、思いっきり箸が止まっていた。 「まあ落ち着けよ大先生…俺の見立てじゃ『そろそろ』や」 そう言ってシャオロンがゾムのほうを指差すーーーー… 「…………飽きたわ」 ゾムはフォークを置き、残った肉をトントンに渡していく。 トントンはさすがにそんなに食べれない…と困った様子だが、ソムはただトントンが 苦しみながら いっぱい食べてる姿を見られれば満足やから…と、ニコォ…と笑った。 やっぱりこうなると思ってた…と話すシャオロンーーー…このままでは完食できない…どうする…というところでシャオロンが動きだすのだったーーー…。 自分にできること 「俺の出番やなーーー!!」 そう言って動きだすシャオロンーー… まさか残りを全部食べる気…と思いきや、なぜか急に料理をし始めた。 トントンたちはシャオロンが人気欲しすぎてついに頭おかしくなったのか…と引き気味。 しかしシャオロンにはちゃんと考えがあった。 「ここで俺が手を加えて、より食べやすくインパクトがあって飽きのこない料理にアレンジしたるねん」 シャオロンのしていることはありがたいーー…でもいつものシャオロンなら「俺がー俺がー」いくところ。 やっぱり何かおかしい…と疑うトントンたちに、シャオロンは『入学してから今まで俺全然大したことできてへんな』と考えていたことを打ち明ける。 トントンみたいに優秀な使い魔は呼べないし、飛行試練で勝てたのはほとんどゾムのおかげ…、かといってウツほど道化に走りたくはない。 それに特待生 イルマ はいつだってシャオロンの遥か先を行く。 正攻法じゃそんな優秀な人よりシャオロンは目立てないーー…だからそれに対抗するためにシャオロンはできることを考えたといって、調理していた鍋のフタを開ける。 「俺の出来ることはーー暴れ散らして 引っかき回すことや」 シャオロンが調理していた鍋から真っ黒の…不思議な物体が動きだし、ウツを襲った。 この料理はなんだ…一体どんなアレンジを加えたんだ…とトントンたちはやばさを感じる。 するとシャオロンは、より食べやすく 自らの口に突っ込んでくる 、インパクトがあって おぞましい見た目 、飽きのこない いつ襲ってくるかわからない緊張感 …そんな料理だと教えてくれた。 これは料理ではないーー…もはやキメラだと抗議するトントンーーー…しかしそんなトントンの口に料理は入り込んでいった。 「さ〜〜〜てあとはゾムさんが食べれば完食ですねぇ…」 シャオロンもゾムが 苦しみながら いっぱい食べてる姿みたいなぁ…と笑って近づくーー…それにゾムはたじろいだ。 あの『這い寄る脅威』がタジタジしている…と、料理を作ったシャオロンは注目を浴びるのだったーーー…。 というワケで、無事666人前を完食した我々チーム。 シャオロンは密かに『炎の料理人』と呼ばれ恐れられるようになったとかならなかったとかーーー…ただし彼らの記憶はその日のうちの入間によって破られた。 それはイルマが666人前を1人で完食してしまうというものなのだったーーー…。 悪魔として忠実な行動…なんですかね。 美味しそうな肉をおぞましいものに変えるシャオロンやべえっす。 お願いだから口に入れ込まないでくれっす…。 入間くんが上に登っていくたびに…。

次の

〇〇の主役は我々だ!

食害とは ゾム

概要 メンバーカラーは黄緑。 マイクラシリーズの期待の狂人。 味方最大の脅威。 暗殺者。 特殊工作員。 ガチのFPS民。 サイコパス。 潔癖症。 問題作「ロボロをプロデュース」の製作者。 エロ小僧。 彼が視点主の、マイクラスカブロシリーズなどの編集も務める。 現在はブロマガの編集長も務めている。 海底より音も無く侵攻する技術を持ち、マグマの展開具合を見て学ぶ、すれ違いざまに顔面にマグマをぶっかけるという下手なテロリストよりもテロリスト。 グルッペン氏いわく「ゲームスキルと戦闘性にステータスをガン振りしている戦闘狂」。 悪戯の常習犯であり、場合によっては他のメンバー(主にトントン、ロボロ、コネシマ、ショッピ)と組んで行う事もある。 エロ小僧弄りされることがあるが、めちゃくちゃ恥ずかしがる。 敵は殺すが味方も殺す。 いつの間にか敵地の塹壕に隠し通路を作り、そこから侵入・暗殺・貴重品の強奪・逃走経路の隠滅まで行うなど、戦闘とそれに関する頭の回転に関しては一線級の模様。 その為トントンから作戦の相談を受けるシーンも度々見られる。 なお一級線すぎてマイクラ人狼ではバレる事も多い。 ガチのFPS民らしく、L4D2においても初心者三人を連れてゲームを先導するPSを公開。 ゴール前では瀕死の仲間を問答無用で射殺。 特殊感染者が敵でもスナイプで防衛。 ゲームによってはジャイアニズムを行い部下や弱小国から没収や圧力を行うが見事報復される事もある。 ハンターとなった場合、相手によっては取り引き(という名の脅し)を行う。 かなりの大食いであり、腹いっぱいの相手に食べ物を食べさせ苦痛に歪む表情を見ることを好み、その行為を「食害」と評される。 ただしロボロに敵わず逆食害を受けたこともある。 最近は一度に食べきれる量が減ってきたと少し気にしている。 なお、この様子をモチーフとしたTRPG企画『その男、食害につき』もYouTubeで公開中。 『psは殺意でカバー』と宣言しているように、相手が敵ならたとえ身内だろうとコラボ相手だろうと誰でも容赦がない。 自身のサイコパスが効かないらっだぁとは不仲であるようだが、それはここだけの話。 メンバーからは「ゾム大佐」「ゾムーク」「 マケドニアの)兄貴」などと呼ばれる。 特徴的な笑い方をする事が多く、数年後のカルタ決め生放送でそれを指摘された際、「そんな笑い方したっけ?」と本人が述べるほど変わりまくっている。 我々式大喜利ではかなり危ない回答をしまくっているらしくよくカットされている。 またコネシマと同様、鬱先生の暴露ネタを非常に好む。 マイクラスキンは背面にクリーパーを模したスキン(フードを脱ぐとハゲ)。 背面から見るとクリーパーと酷似しており、他メンバーが見間違えてひやりとすることもある。 匠は親戚。 立ち絵は目元が暗いフード付きのつなぎを着た男性。 語録 「なんかもう穴見たらマグマ入れたくなるもん」 - ウィザー12体VS我々 part1 「無事に渡れると思うなよ!?」 - 【GTA5】本気のトライアスロン、開催! 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-19 12:00:00• 2020-07-18 18:00:00• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-19 12:28:01• 2020-07-19 12:27:42• 2020-07-19 12:27:28• 2020-07-19 12:25:57• 2020-07-19 12:24:55 新しく作成された記事• 2020-07-19 12:17:04• 2020-07-19 12:14:03• 2020-07-19 11:21:15• 2020-07-19 11:08:18• 2020-07-19 12:11:07•

次の

「ゾム」に関するQ&A

食害とは ゾム

| | |「昨日また食害されてん…」 「またかよゾムこっわwww」 「うわぁ…俺されそうで怖……あ、そうや!」 「「「なんや?」」」 「ゾム!食害したらチューすんで!」 「…よし、飯行こか。 」 「…は?」 _____________ 純粋で純粋ではない 矛盾 主人公のお話。 BL専になったような気がする寝不足っす。 二作品目。 前回ご覧になった方はトン氏の作るとか言ってましたね。 嘘です 御免なさい 夜中眠れなくて考え事してて、ゾムの食害を避けるためにはどうしたらいいか考えていたらこうなりました 何があった エミさん好き。 知識なし。 【我々だ】愛しき人を、愛すだけ。 こちらもよろしくです。 忙しくて中々更新できませんでした 7月23日 20時 id: - こんにちわ。 寝不足っす。 他作品で少しだけ復活しました。 此方も時間の許す限り取り組んでみようと思います。

次の