今度 は 絶対 に 邪魔 しま せん 7 話。 今度は絶対に邪魔しませんっ!

今度は絶対に邪魔しませんっ! 【小説版】

今度 は 絶対 に 邪魔 しま せん 7 話

思ったよりよかったです。 漫画より奥が深い、 けど少しセリフというか登場人物の考え方が中二病っぽくてくどいので この本は人を選ぶかなと思います。 そして10代の男の子があんなにこまやかに気をつかったり。 いくら相手を好きでも あそこまで女の子の内心を洞察できるとは思えない。 ちょっと理想が入りすぎかと。 男の子って、もっとアホでばかで単純で、女の子の表面的なことしか見えてないにぶちんなのが 普通なので、あれは作者の理想の男性像なんだろうなと思いました。 むしろあの殴りたくなるような、ヒロインの父親の方がよくある男性像なんかじゃないかと思います。 自分中心で相手の気持ちが想像もできないアスペっぽいところとか。 漫画の方とは随分雰囲気が違うので、別の本と思ったほうがいいようです。 でもヒロインの両親の親戚が出てこないのが違和感というか不思議です。 あの世界観の貴族社会なら親戚の叔父叔母とか祖父母とかたくさん出てきそうに思うし、 父親そっくりなら父方の親戚にかわいがられたんじゃないかなとか想像します。 漫画版がコミカルな雰囲気で面白かったので購入してみましたが、小説版はヴィオレットの葛藤がしっかり描かれている分、暗い雰囲気が出ています。 でもそこが小説版の良い所だと思いますし、その分ヴィオレットに感情移入できるというか、父親滅びろと何度も思うところだと思います 笑 メアリージュンは良い子なんですが、空気読めない&父親のせいで漫画版よりイライラしますね。 小説の内容や雰囲気自体は好きだったのですが、誤字が多くて読みにくい所が結構多かったです。 記憶にあるだけでも3か所くらいあったと思います。 文章のレベルは良くあるネット小説という感じのレベルでした。 それが読みやすいかどうかは人それぞれかな、と思います。 内容自体は好きなので、続きを楽しみにしています。 是非ヴィオレットを幸せにしてほしいです。 個人的にはヴィオレット大好きなユランとマリンも幸せになってほしいですね。

次の

【無料Twitter漫画】『今度は絶対に邪魔しませんっ!』第12話後編が更新されました!✨ユランへのご褒美を買いに訪れたのは…?今回もよろしくお願いします~! #邪魔しまtournews.biz はるかわ陽@邪魔しま②発売中

今度 は 絶対 に 邪魔 しま せん 7 話

by ざくっとネタバレすると 超イケメンの父親。 その父親が大好きすぎて、ストーカーまがいに無理矢理結婚した母親。 だから父親は母親のことを愛していなくて、外で女を作り、ほぼ同時期に本妻と愛人に子供ができる。 その本妻側の子供が主人公。 もちろん好きでもない女性との間にできた子供なので、父親は主人公のことを全く人間扱いしていない。 体裁だけは求めるネグレクト状態。 母親は、父親の代わりに娘を愛するんだけど、娘ではなく「大好きな人のレプリカ」として愛している。 誰も自分を見てくれないし愛してくれない主人公。 美貌と頭脳があるけど、愛され方を知らずに育ったので、愛敬がない。 反対に愛人の子は天才肌の上、両親に愛されて育った、本当に真っ直ぐで純粋で天使のような子。 母親が死んですぐ愛人親子が家に来て。 愛され方の違い、自分の居場所を奪っていき、欲しかったものを全て手にした義妹に嫉妬した主人公が罪を犯し、牢獄で死を覚悟したら、やり直しの人生になったところから話はスタートします。 とにかく主人公がここまで報われない作品もなかなかないと思います。 とにかく主人公の親が2人とも毒親!!父親もひどいけど母親はもっとひどい。 そして、無自覚の毒ほど恐ろしいものはない。。。 幼なじみのヤンデレ具合も面白いけど重い。。 笑 ぜひ読んでみてください! by 匿名希望 ユラン頑張れ!ユランと幸せになって〜 とにかくユランとのハッピーエンドを切に希望します!! ヴィオレットは2度目だから俯瞰して物事を見ることができ余裕もあり冷静。 1度目の自分の狂いっぷりを再確認するのはアイタタタだけど、とにかく王子とメアリージュンをくっつけようと頑張る頑張る。 そんな姿が周りからはまさかの高評価(実父除く) ヴィオレットからすれば、黒歴史の一年があるためクローディア王子への気持ちもすっかり冷めているけれど、王子からしたら昨日の今日。 「押して駄目なら引いてみる」典型的な恋の駆け引きになってて、またそれがどハマり(笑)それを察した王子の友人、優秀なミラ。 上手いこと場を作ってしまう。 余計なことするな! 憎き妹メアリージュン。 のはずが彼女にすら懐かれ王子と恋仲になる気配なし。 最初はその無垢で純真さ故の罪深さにムカついたけど、この子は何も悪くないのよね。 一生懸命で天才肌でお姉ちゃんっ子。 叱られたのにしっかり懐いて、素直な良い子なのよ。 可愛いよメアリージュン。 安定の胸糞悪さは実父。 ほんっとムカつく。 いるよねこーゆー人。 マリンが超キレてくれてるのが嬉しい。 そして1番気になるのが、1度目の事を知っているのはクローディアとユランも?? たまに出てくる回想シーンが、それは1度目の時の事?って思えてとても気になる。 その後、父親はその2人を伴い平然と家に帰って来ます😳 …信じられない。

次の

今度は絶対に邪魔しませんっ! 【小説版】

今度 は 絶対 に 邪魔 しま せん 7 話

by ざくっとネタバレすると 超イケメンの父親。 その父親が大好きすぎて、ストーカーまがいに無理矢理結婚した母親。 だから父親は母親のことを愛していなくて、外で女を作り、ほぼ同時期に本妻と愛人に子供ができる。 その本妻側の子供が主人公。 もちろん好きでもない女性との間にできた子供なので、父親は主人公のことを全く人間扱いしていない。 体裁だけは求めるネグレクト状態。 母親は、父親の代わりに娘を愛するんだけど、娘ではなく「大好きな人のレプリカ」として愛している。 誰も自分を見てくれないし愛してくれない主人公。 美貌と頭脳があるけど、愛され方を知らずに育ったので、愛敬がない。 反対に愛人の子は天才肌の上、両親に愛されて育った、本当に真っ直ぐで純粋で天使のような子。 母親が死んですぐ愛人親子が家に来て。 愛され方の違い、自分の居場所を奪っていき、欲しかったものを全て手にした義妹に嫉妬した主人公が罪を犯し、牢獄で死を覚悟したら、やり直しの人生になったところから話はスタートします。 とにかく主人公がここまで報われない作品もなかなかないと思います。 とにかく主人公の親が2人とも毒親!!父親もひどいけど母親はもっとひどい。 そして、無自覚の毒ほど恐ろしいものはない。。。 幼なじみのヤンデレ具合も面白いけど重い。。 笑 ぜひ読んでみてください! by 匿名希望 ユラン頑張れ!ユランと幸せになって〜 とにかくユランとのハッピーエンドを切に希望します!! ヴィオレットは2度目だから俯瞰して物事を見ることができ余裕もあり冷静。 1度目の自分の狂いっぷりを再確認するのはアイタタタだけど、とにかく王子とメアリージュンをくっつけようと頑張る頑張る。 そんな姿が周りからはまさかの高評価(実父除く) ヴィオレットからすれば、黒歴史の一年があるためクローディア王子への気持ちもすっかり冷めているけれど、王子からしたら昨日の今日。 「押して駄目なら引いてみる」典型的な恋の駆け引きになってて、またそれがどハマり(笑)それを察した王子の友人、優秀なミラ。 上手いこと場を作ってしまう。 余計なことするな! 憎き妹メアリージュン。 のはずが彼女にすら懐かれ王子と恋仲になる気配なし。 最初はその無垢で純真さ故の罪深さにムカついたけど、この子は何も悪くないのよね。 一生懸命で天才肌でお姉ちゃんっ子。 叱られたのにしっかり懐いて、素直な良い子なのよ。 可愛いよメアリージュン。 安定の胸糞悪さは実父。 ほんっとムカつく。 いるよねこーゆー人。 マリンが超キレてくれてるのが嬉しい。 そして1番気になるのが、1度目の事を知っているのはクローディアとユランも?? たまに出てくる回想シーンが、それは1度目の時の事?って思えてとても気になる。 その後、父親はその2人を伴い平然と家に帰って来ます😳 …信じられない。

次の