迅速なご確認。 迅速な成形性確認

報道発表資料:建築確認手続き等の運用改善の方針について

迅速なご確認

「迅速」という言葉の意味は「物事やタスクをきわめて早くこなすこと」や「物事の進行がきわめて早いこと・はかどっていること」、また「すみやかに行動を起こすこと」などと言い、一般的に「迅速な対応」と言われる場合は「きわめて仕事を早くこなすこと」という意味合いで使われます。 主に仕事をする場合では、この「迅速な対応」というのが日常的な行動に課される形で認められ、「何をするにも早く、正確にこなすこと」という標語が設けられる場合が多く見られます。 「何でも物事を早くこなすこと」というのはまるで美徳のように言われますが、この「迅速な対応」という言葉の意味には「ただ早く物事をするだけでなく、丁寧に仕事をし、その成果をより引き上げること」というベターな成果を目指す言葉として使われます。 「迅速な対応」の意味は先述のように「きわめて早く、正確にその仕事を終えて、従来の成果よりもさらに大きな成果を獲得すること」を言います。 これは主に仕事上での専門用語としてだけではなく、日常生活においても頻繁に使われ、その場合でも「物事を丁寧かつ正確に、さらにそのことを早く終わらせる」という意味合いをもって使われます。 そもそも「迅速」という言葉の意味には「すみやかに物事を終わらせる」という、「あまり手間をかけずにその物事をし終える」という意味合いがあり、この場合の「手間取らない」という意味は「他の物事に注意をそらさず、まっすぐにそのことだけをする」といった集中力を引き上げることを言います。 その意味合いをもって言えば、「ただ早く終わらせず、正確かつ丁寧に仕事をする」という、集中してその物事をこなすという背景がうかがえてきます。 ビジネスでの「迅速な対応」の使われ方 ビジネス上で「迅速な対応」という言葉が使われる場合は、たいてい「正確に仕事をすること」と「丁寧に仕事をすること」、そしてなおかつ「その仕事をきわめて早く終わらせること」という三拍子の意味合いで使われる場合がほとんどです。 ただ早く仕事を済ませるのであれば、その仕事に集中しないでも、いい加減に終わらせることは可能で、そうしたいい加減・あいまいな仕事の済ませ方を望んでいることは仕事上においてありません。 そのためこの場合の「迅速な対応」という言葉の真意には、「早く終わらせるのは当然で、その早く仕事をするための集中力を高めよ」という、社員各自の仕事に対する姿勢の補強を図る言葉として受け取られます。 メールでの「迅速な対応」の使われ方 ビジネスメールやプライベートでのメールを問わず、この「迅速な対応」という言葉を用いた表現は非常に多くの場面で見られています。 「何かできごとが起きて、その物事に対する処置や対応を急ぐとき」などには必ずと言ってよいほど、この「迅速な対応」という言葉やそれに準じる言葉をもって相手に伝えられます。 ・受験の準備を、迅速な対応をもってし終えてください。 ・入社式に間に合わすために、書類選考を迅速な対応で済ませてください。 ・迅速な対応をもって、何事にも対応してください。 ・楽器の調達を、迅速な対応をもって行なってください。 「これからしよう」という場合や、この先にあるイベントやタスクに間に合わせる形で「迅速な対応」という言葉が使われます。 そしてこの場合でも「ただ早くそれをするだけ」ではなく、「正確にそのイベントやタスクに対応できるよう、ことを慎重に運ぶ」という姿勢が求められます。 社内での「迅速な対応」の使われ方 ビジネス上では常にいろいろな仕事が飛び交うため、この「迅速な対応」という言葉がその要所で使われるのは誰でも納得できるでしょう。 その場合でも主に「対応すること」を念頭に掲げた「迅速さ」が求められますので、会社内外における「対応の場面」ではこの「迅速な対応」という言葉が頻用されます。 ・この書類作成は、迅速な対応をもって臨んでください。 ・今度の入社式への準備は、今から迅速な対応をもってしなくては間に合いません。 ・迅速な対応をもて、先方にこれらの書類を回してください。 ・プリントを迅速な対応で行なってください。 ・接客では迅速な対応が必要です。 このようにビジネス上では「あらゆる対応の場面」がありますので、この「対応する場面」では必ずと言ってよいほど「迅速さ」が義務づけられます。 この場合の「迅速な対応」の意味合いにも、「正確かつ丁寧に、物事への対応を早くすること」が含まれます。 日常での「迅速な対応」の使われ方 先に少し触れましたが、この「迅速な対応」という言葉は日常(プライベート)の多くの場面でも使われます。 ただそのまま「迅速な対応」という言葉をもって使われることは少ないですが、それでも「迅速な対応」と同じ意味合いを持つ別の言葉をもって、物事を迅速にすることを伝える場合は多いです。 ・早急に(迅速な対応をもって)ビジネス書類を作成しよう。 ・すぐに(迅速な対応をもって)レシピを作ろう。 ・とにかく早く(迅速な対応で)自転車を買いに行こう。 敬語表現では「迅速な対応」という言葉が使われることはまず少ないです。 この場合は「早急に」や「早々に」、また「早速」などと言葉が置き換えられ、表現そのものが変えられて表現されます。 ・早急に折り返し、お電話をさせていただきます。 ・早々に、ご提示いただきました案件に対応させていただきます。 ・それでは早速、事業計画案をご提出させていただきます。 このように「早急」、「早々」、「早速」といった別の言葉に置き換えられて表現される上で、「迅速な対応」という言葉の基本的な意味合いを相手へ表明します。 尊敬語での「迅速な対応」の使い方 先述での「迅速な対応」の敬語表現例を踏まえた上で、尊敬語で相手に伝える場合はどうするのか。 尊敬語というのは「目上の人や司に当てて敬意を示して言う敬語表現」であり、ビジネス上では最も使われる敬語表現の1つとなるでしょう。 ・早急に(迅速な対応をもって)書類作成をさせていただきます。 ・可能な限りで早期に(迅速な対応をもって)、事業計画を打ち立てます。 ・その案件につきまして、迅速に行動に移らせていただきます。 ・早々に報告書を作成させていただきます。 このように、「迅速な対応」という意味合いを持つ別の言葉で表現されることが多いですが、尊敬語で言う場合は「自分より相手の立場が上位にあること」を踏まえて言うため、「迅速に行動するのが自分であること」をあらかじめ表現しています。 そのため、自分の行動に当てて「迅速な対応を心がける」という言い方は非礼には当たりません。 謙譲語での「迅速な対応」の使い方 謙譲語というのは「相手の立場や自分との関係性を問わず、自発的に自分の立場・姿勢を低めて敬意を示す表現」を意味します。 この場合でも相手を立てて言うため、「迅速な対応」という言葉をそのまま「自分宛て」に使うことはできます。 ・微力ながらも、その案件につきまして早速ご対応させていただきます。 ・できるだけ早い時期をプラン立てし、そのお仕事に就かせていただきます。 ・早急に書類作成させていただきます。 ・迅速な対応をもって、わたくしどもが請け負わせていただきます。 このように、謙譲語で言う場合でも尊敬語の場合と同じく、「迅速な対応」をするのが自分であることを相手に打ち明け、その表現をもって「早々に仕事を終わらせる」という旨を相手へ伝えられます。 丁寧語での「迅速な対応」の使い方 丁寧語というのは「不特定多数の人々に敬意を示す敬語表現」で、主に「です・ます口調」によって公式な場面や情報メディアに公表される、尊敬語にも謙譲語にも認められる敬語表現を意味します。 ・迅速な対応をもって仕事に当たらせていただきます。 ・迅速にご対応させていただきます。 ・ご連絡は迅速な対応をもってさせていただきます。 ・早急にご連絡いたします。 ・迅速な対応によって、それへの解決を図って参ります。 このように公式掲載される情報や言葉になりますので、伝える相手が不特定多数ということもあり「特定の人物に対する非礼」ということはありません。 そのため、丁寧な言葉や口調をもって「迅速な対応」という言葉はそのまま使用される場合が多いです。 この場合は特に「上司から部下へ仕事を命令される場面」で使われ、その際に「仕事を早く済ませること」を伝える際に「迅速な対応」という言葉がそのまま使われます。 ・Aプランに関する書類作成を迅速な対応をもってしなさい。 ・会議プランを迅速な対応で進めてください。 ・今度の土木建設に関する施工工事を、迅速な対応で進める必要があります。 このように、上司から部下に命令される場合は特に表現に遠慮する必要がないため、そのまま「迅速な対応」という言葉が使われます。 基本的にはこのように表現されますが、それでも「迅速な対応」という言葉は少しお堅い表現となるため、この場合でも「早急に」や「早々に」といった伝えやすい言葉に置き換えられる場合もよく見られます。 日本語には全てる義後と対義語というものがあり、その言葉の意味合いと近い言葉・全く正反対の意味を持つ言葉、というように分類されます。 この類義語や対義語をワンセットで覚えることで、1つの言葉を覚える際にも多角的な理解が求められます。 ・早急の行動 ・すみやかな対応 ・素早い処置 ・いち早い行動 ・スピーディな対応 ・要領のよい行動 ・効率的な行動 ・一にも二にもない対応 ・さっと ・すぐに ・直球的な行動 ・直接的な対応 ・ストレートな行動 ・早々の対応 ・迅速な行動 ・すばやい行動 他にもありますが、一般的にはこれらの言葉や表現が使われます。 どの言葉にも「素早く行動し、正確にそのタスクに見合った対応をすること」という意味合いが含まれます。 「迅速な対応」の対義語 先述で少し触れましたが、部下が上司に対して「迅速な対応をよろしくお願いします」という言い方はタブーになります。 そもそも「迅速な対応をしてください」という表現そのものが命令調を含む表現になりますので、この場合は部下から上司に命令している図にもなりかねません。 ・ご都合がつく限りでかまいませので、できるだけ早々のご連絡をお待ちしております。 ・なるべく早くのご対応をいただければ幸いです。 ・早急のお取り計らいを感謝申し上げます。 こちらの方につきましても、よろしくお願いします。 このように「迅速な対応」という言葉は使わず、必ず別の表現によって「早くしてください」という旨を伝えてください。 どうしても「早くしてほしい旨」を伝えたい場合であれば、最後の例文のように、先に感謝を伝えておき、その後に「早くしてほしい」という旨を伝えると印象も悪くなりません。 部下への「迅速な対応」の使い方 何か仕事や案件を依頼される際に、この「迅速な対応」という言葉が使われる場合があります。 その場合でもこれまでにお伝えしましたように、上司から部下であればそのまま「迅速な対応」という言葉が使われ、部下から上司、または先方会社などに依頼する場合には、相手に対して非礼のないよう、あらかじめ表現を変えておくことが大切です。 ・先日、ご依頼させていただきました件につきまして、ご都合がつく限りで再度ご確認をお願いいたします。 ・先日、ご依頼させていただきました件につきまして、その後のご進展はいかがでしょうか。 ・依頼した件につき、できるだけ迅速にご連絡をください(上司から部下に対しての場合) ・ご依頼させていただきました件につきまして、早急のお手続きをいたしております。 このように場面や状況、また相手が変わることによって「迅速な対応」という言葉や表現も変わってきます。 お礼の手紙やメールにおいては「迅速な対応」という言葉がどんな場面でも使われています。 これは、その手紙の送り主がその文面の主体になるため、その話題での場面設定や話の流れや経過を、その送り主によって自由に設定できるためです。 ・わたくしどもへの迅速な対応を心がけていただきまして、誠に感謝申し上げます。 ・早急のお返事をいただくことができたことを、誠に感謝いたしております。 ・早々のご返信を、誠にありがとうございます。 さまざまな文面によって「迅速な対応」という言葉が使われますが、お礼状などに見られる場合の「迅速な対応」という言葉の意味合いには、主に物事の経過について説明した上で感謝の意を述べることになるため、お礼状という形で始めから相手への敬意が示されることになります。 「迅速な対応をせよ」といきなり言われても、すぐにその対応ができるかと言えば、それは土台無理な話と言えます。 迅速な対応というのは先述のとおり、「物事や仕事を正確かつ丁寧に、それでいてそのタスクを素早くこなすこと」を言いますので、日頃から「物事や仕事を正確にこなすスキル」を身につけておかなくてはなりません。 つまり「迅速な対応ができる」というのは、日頃からの仕事への向き合い方がまず問われ、そこで積み上げてきた経験(キャリア)によって、その物事・仕事を迅速にできるスキルを培うことができます。 したがって、「迅速な対応をするための準備」というのは、この日頃からの鍛錬が必要になり、日頃からまず仕事やあらゆる物事を正確にできるスキルを身につけておき、その上でそのタスクを「どうすれば素早く、効率よくすることができるか」というアイデアを工夫し続けることが大切です。 先にご紹介しました「迅速対応」の英語表記を活用して、いくつかの英語の例文をご紹介します。 下記の例文は、英語圏内でも一般的に使われる例文です。 ・His deeds always are quickly. 「彼の行動は常に迅速です。 」 ・Thanks for your quick response. 「迅速なご対応をありがとうございます。 」 ・Her communication extremely was rapid. 「彼女の会話は常に迅速を心がけます。 「この国の対応はいつも素早く、かつ行動的です。 」 「迅速な対応」の英語表現と意味(2) 先述の「迅速な対応」の英語表現に加えて、もう少し具体的な「迅速な対応」の意味合いが活用された例文をご紹介します。 ・Her quick response always overstates ours. 「彼女の迅速な対応は、いつでも皆を驚かせます。 」 ・This country's prompt response is also important in anticipating the future economic vision. 「この国の迅速な対応は、今後の経済的な展望・ビジョンを想定する上でも重要です。 」 ・Their ability to communicate quickly is superior to any ethnic group. 「彼らの迅速なコミュニケーション能力は、どの民族よりも優れています。 」 いかがでしたか。 今回は「迅速な対応」の意味・使い方・読み方・類義語と題して、「迅速な対応」という言葉の正確な意味合いや用法、その類義語、またさまざまな場面での用例についてさまざまな場面や分野からご紹介しました。 「迅速な対応」という言葉はビジネスをはじめ、普段の日常生活でも頻繁に使われている言葉に認められ、特に「素早い行動や対応」を指す形で、いろいろな表現をもって言われます。 また「迅速な対応」という言葉をそのまま使う例よりも、「早急」や「早々に」といった別の言葉で表現される場合も多く見られます。 何度も「迅速な対応」という言葉を使っていくうちに、「迅速」や「対応」というそれぞれの言葉の根本的な意味合いも理解できるようになり、「言葉を使って覚える」という実践的な学習をすることによって、「迅速な対応」という言葉の正確な用法もしっかりマスターできるようになるでしょう。

次の

報道発表資料:建築確認手続き等の運用改善の方針について

迅速なご確認

PR IT化の加速や新型コロナウイルス感染症の影響を受け、さまざまな業界で、対面ではなくオンラインで業務を完結できるソリューションが求められている。 ここで問題となるのが、本人確認の手続きだ。 現状、本人確認は対面や郵送で行われるのが一般的だが、ここには人や設備などのコストがともなう。 TCA調べ)を持つNTTドコモ(以下ドコモ)が提供を始めたのが、「本人確認アシストAPI」だ。 携帯キャリアとして保有する身元確認済みの顧客情報を使い、オンラインでの本人確認(身元確認と当人認証)を支援する。 本人確認アシストAPIとは、どのようなシーンで利用できるものなのか。 このサービスの仕組みや、世の中にもたらす影響について、ドコモのウォレットビジネス推進室長の田原務氏と、ウォレットビジネス推進室O2Oビジネス担当部長の川本裕子氏に聞いた。 安全なオンライン取引に不可欠な本人確認の条件 オンラインサービスの増加にともない、本人確認の重要性が高まっている。 ここでいう本人確認は、そのお客さまが実在するかを公的身分証により確認する「身元確認」に、IDパスワードや生体認証などによる「当人認証」が組み合わさったものだ。 オンラインサービスを展開する事業者は、身元確認により「誰なのか」を、そして当人認証により「本当にその人からの通信なのか」を確認することで、初めて安心して取引を進めることができる。 この本人確認を、迅速かつ低コストで支援するのが、ドコモが提供する「本人確認アシストAPI」だ。 同社ウォレットビジネス推進室長の田原務氏は、このサービスが生まれた背景として、「本人確認のコストや手間を軽減したいというニーズ」を語る。 「すべての企業が対面で直接本人確認をするのは手間がかかりますし、人件費などのコストも非常に大きくなります。 そこで、ドコモが持つデータを利用して本人確認をもっと手軽にすることができないかという考えから、パートナー企業向けに本人確認アシストAPIをサービス化するに至りました」(田原氏) ドコモ ウォレットビジネス推進室長の田原務氏 携帯電話サービスを手掛けるドコモでは、いわゆる携帯電話不正利用防止法に準拠し、契約者の多くを対面により厳格な本人確認を行っている。 回線契約時には、運転免許証や健康保険証などの公的身分証により氏名や住所、生年月日などの情報を確認しているため、同社には精度の高い身元確認済み情報が蓄積されているのだ。 本人確認アシストAPIを利用すれば、他の企業であってもドコモが保有する情報を活用し、本人確認を完結することができる。 これは、自社で独自に本人確認の仕組みを構築するよりも、コストや運用の手間を抑えられるソリューションといえるだろう。 安全性と低コストを両立させるには そもそも身元確認は、その確からしさによってレベルが3つに分かれている。 自己申告を基にした身元確認の確からしさは低く(レベル1)、郵送など非対面で公的身分証を活用したものはレベル2、そして対面で公的身分証を確認するのがレベル3だ。 ドコモの本人確認アシストAPIでは、回線契約時に対面で公的身分証を使って身元を確認しているので、最高レベルの身元確認レベルとなる。 また当人認証においても、レベル分けがある。 認証の要素には、顔や指紋などの「生体」、マイナンバーカードなどの「所持」、パスワードなどの「知識」といった複数要素があるが、複数の要素を組み合わせた認証ほど、レベルが高い。 ドコモの本人確認アシストAPIでは、パスワードとSIMカードに書き込まれた回線情報を使うことで、複数要素を使った最高レベルの当人認証を行うことが可能だ。 経済産業省「オンラインサービスにおける身元確認手法の整理に関する検討報告書(要約版)」より抜粋 ここで注目したいのが、ドコモの本人確認アシストAPIのような「金融機関・通信キャリアの身元確認済APIの活用」だ。 身元確認、当人認証の双方について、最高レベルを持ちながら、他の手法に比べて、手間やコストを大きく下げることができる。 検討報告書でも、「身元確認済みAPIの活用可能性について検討」と期待を寄せている。 この点について、ドコモでパートナー企業などのビジネスのオンライン化をサポートしている同社ウォレットビジネス推進室O2Oビジネス担当部長の川本裕子氏は、次のように説明する。 「本人確認アシストAPIは、24時間365日、オンライン上で、迅速かつ確かな本人確認を可能にします。 これは人的コストの削減にもつながりますし、ユーザビリティが向上するため、お客さまが取引の途中で離脱するリスクを防ぐことにもつながると考えています」(川本氏) ドコモ ウォレットビジネス推進室O2Oビジネス担当部長の川本裕子氏 川本氏は、現状の本人確認APIのユースケースとして、酒類やタバコ販売など、法令や業界ガイドライン上、厳密な年齢確認を要する業種を挙げた。 このほかにも、どういった業種で本人確認アシストAPIは活用できるのだろうか。 「例えば民泊、家事代行、バイク(自転車)シェアなどのシェアリングエコノミー関係のビジネスでは、同じモノや空間などをお客さまが共有するため、会員の本人確認が重要になります。 また、不動産関係のビジネスにおいては無人内覧なども想定しています。 オンライン上で連絡先を含めた本人確認をすることで、内覧希望者が観たい時に、自分自身だけで内覧が可能になることを考えています。 今後、あらゆる業界でオンライン取引が増えることが想定されるため、お客さまや提供する事業者に手間がかからない本人確認の重要性が高まると考えられます。 さまざまなシーンで本人確認アシストAPIをご利用いただけると考えています」(川本氏) 本人確認APIを起点として、さらにビジネスを加速させる ドコモの本人確認アシストAPIは、本人確認を迅速・低コストで実現するソリューションだが、さらなる活用の幅も見込まれる。 最初にサービスの会員登録の本人確認シーンだけではなく、会員登録以降でも活用シーンは多い。 例えば住所変更の際には、本当に本人からの変更依頼なのかを本人確認アシストAPIを使って確認できるため、本人確認の手間を大きく減らせる。 利用者側の手間も削減でき、サービス提供側も書類確認の事務作業を削減できるわけだ。 「また、本人確認アシストAPIはドコモの顧客基盤をベースとしていますので、同じ基盤を使ってドコモが提供しているCRMソリューションを導入しやすくなるという効果も期待できます。 dポイントやd払いなどを集客につなげ、ビジネスの加速につなげていただければと思います」(川本氏) オンラインの非対面取引をスムーズにする本人確認アシストAPIだが、CRMソリューションを活用すれば、オフラインのビジネスにも効果を発揮する可能性が見えてくる。 最後に田原氏は、本人確認アシストAPIの今後の展望について、このように語った。 「ドコモ1社だけでも、全体の半分ほどの本人確認に寄与できることになります。 今は新型コロナウイルス感染症の影響から、さまざまな業種で一気にオンライン化が進んでいます。 本人確認の手間とコストは、多くのパートナー企業にとっての課題であり、そうしたお悩みを本人確認アシストAPIは解決することができます。 ぜひ、ご活用いただければと思います」(田原氏) 現在、ドコモは国内の回線契約で4割強のシェアを持っている。 スマートフォンの利用が増え、人々の生活がますますデジタル化していく中、オンラインでできる本人確認サービスはインフラとしての役割を担っていくことだろう。 今こそ、本人確認アシストAPIの導入を検討してみてはどうだろうか。 ドコモ ウォレットビジネス推進室O2Oビジネス担当課長の栗山盛行氏 本人確認アシストAPIは、その名の通りパートナー企業のオンライン上での身元確認と当人認証をドコモが支援するサービスです。 ドコモが保有する身元確認済みの情報と、携帯キャリアならではの回線認証によって、NIST(アメリカ国立標準技術研究所)が提唱する身元確認レベル、当人認証レベル、いずれも最高のレベル3(一部レベル2)で提供することが可能です。 これは、パートナー企業にとっては、スマートフォンでアクセスしてきたお客さまが本当に実在するのかを明確にできることを意味します。 公的身分証などにより実在を確認した人へ、オンライン(特にスマートフォン、タブレット)でサービス提供をするパートナー企業においては、安価かつセキュアに本人確認が可能になりますので、是非ともご活用いただきたいと考えております。 お問い合わせをお待ちしております。

次の

迅速審査の方法|【治験119番】での治験・GCP質問の受付|日本製薬工業協会

迅速なご確認

PR IT化の加速や新型コロナウイルス感染症の影響を受け、さまざまな業界で、対面ではなくオンラインで業務を完結できるソリューションが求められている。 ここで問題となるのが、本人確認の手続きだ。 現状、本人確認は対面や郵送で行われるのが一般的だが、ここには人や設備などのコストがともなう。 TCA調べ)を持つNTTドコモ(以下ドコモ)が提供を始めたのが、「本人確認アシストAPI」だ。 携帯キャリアとして保有する身元確認済みの顧客情報を使い、オンラインでの本人確認(身元確認と当人認証)を支援する。 本人確認アシストAPIとは、どのようなシーンで利用できるものなのか。 このサービスの仕組みや、世の中にもたらす影響について、ドコモのウォレットビジネス推進室長の田原務氏と、ウォレットビジネス推進室O2Oビジネス担当部長の川本裕子氏に聞いた。 安全なオンライン取引に不可欠な本人確認の条件 オンラインサービスの増加にともない、本人確認の重要性が高まっている。 ここでいう本人確認は、そのお客さまが実在するかを公的身分証により確認する「身元確認」に、IDパスワードや生体認証などによる「当人認証」が組み合わさったものだ。 オンラインサービスを展開する事業者は、身元確認により「誰なのか」を、そして当人認証により「本当にその人からの通信なのか」を確認することで、初めて安心して取引を進めることができる。 この本人確認を、迅速かつ低コストで支援するのが、ドコモが提供する「本人確認アシストAPI」だ。 同社ウォレットビジネス推進室長の田原務氏は、このサービスが生まれた背景として、「本人確認のコストや手間を軽減したいというニーズ」を語る。 「すべての企業が対面で直接本人確認をするのは手間がかかりますし、人件費などのコストも非常に大きくなります。 そこで、ドコモが持つデータを利用して本人確認をもっと手軽にすることができないかという考えから、パートナー企業向けに本人確認アシストAPIをサービス化するに至りました」(田原氏) ドコモ ウォレットビジネス推進室長の田原務氏 携帯電話サービスを手掛けるドコモでは、いわゆる携帯電話不正利用防止法に準拠し、契約者の多くを対面により厳格な本人確認を行っている。 回線契約時には、運転免許証や健康保険証などの公的身分証により氏名や住所、生年月日などの情報を確認しているため、同社には精度の高い身元確認済み情報が蓄積されているのだ。 本人確認アシストAPIを利用すれば、他の企業であってもドコモが保有する情報を活用し、本人確認を完結することができる。 これは、自社で独自に本人確認の仕組みを構築するよりも、コストや運用の手間を抑えられるソリューションといえるだろう。 安全性と低コストを両立させるには そもそも身元確認は、その確からしさによってレベルが3つに分かれている。 自己申告を基にした身元確認の確からしさは低く(レベル1)、郵送など非対面で公的身分証を活用したものはレベル2、そして対面で公的身分証を確認するのがレベル3だ。 ドコモの本人確認アシストAPIでは、回線契約時に対面で公的身分証を使って身元を確認しているので、最高レベルの身元確認レベルとなる。 また当人認証においても、レベル分けがある。 認証の要素には、顔や指紋などの「生体」、マイナンバーカードなどの「所持」、パスワードなどの「知識」といった複数要素があるが、複数の要素を組み合わせた認証ほど、レベルが高い。 ドコモの本人確認アシストAPIでは、パスワードとSIMカードに書き込まれた回線情報を使うことで、複数要素を使った最高レベルの当人認証を行うことが可能だ。 経済産業省「オンラインサービスにおける身元確認手法の整理に関する検討報告書(要約版)」より抜粋 ここで注目したいのが、ドコモの本人確認アシストAPIのような「金融機関・通信キャリアの身元確認済APIの活用」だ。 身元確認、当人認証の双方について、最高レベルを持ちながら、他の手法に比べて、手間やコストを大きく下げることができる。 検討報告書でも、「身元確認済みAPIの活用可能性について検討」と期待を寄せている。 この点について、ドコモでパートナー企業などのビジネスのオンライン化をサポートしている同社ウォレットビジネス推進室O2Oビジネス担当部長の川本裕子氏は、次のように説明する。 「本人確認アシストAPIは、24時間365日、オンライン上で、迅速かつ確かな本人確認を可能にします。 これは人的コストの削減にもつながりますし、ユーザビリティが向上するため、お客さまが取引の途中で離脱するリスクを防ぐことにもつながると考えています」(川本氏) ドコモ ウォレットビジネス推進室O2Oビジネス担当部長の川本裕子氏 川本氏は、現状の本人確認APIのユースケースとして、酒類やタバコ販売など、法令や業界ガイドライン上、厳密な年齢確認を要する業種を挙げた。 このほかにも、どういった業種で本人確認アシストAPIは活用できるのだろうか。 「例えば民泊、家事代行、バイク(自転車)シェアなどのシェアリングエコノミー関係のビジネスでは、同じモノや空間などをお客さまが共有するため、会員の本人確認が重要になります。 また、不動産関係のビジネスにおいては無人内覧なども想定しています。 オンライン上で連絡先を含めた本人確認をすることで、内覧希望者が観たい時に、自分自身だけで内覧が可能になることを考えています。 今後、あらゆる業界でオンライン取引が増えることが想定されるため、お客さまや提供する事業者に手間がかからない本人確認の重要性が高まると考えられます。 さまざまなシーンで本人確認アシストAPIをご利用いただけると考えています」(川本氏) 本人確認APIを起点として、さらにビジネスを加速させる ドコモの本人確認アシストAPIは、本人確認を迅速・低コストで実現するソリューションだが、さらなる活用の幅も見込まれる。 最初にサービスの会員登録の本人確認シーンだけではなく、会員登録以降でも活用シーンは多い。 例えば住所変更の際には、本当に本人からの変更依頼なのかを本人確認アシストAPIを使って確認できるため、本人確認の手間を大きく減らせる。 利用者側の手間も削減でき、サービス提供側も書類確認の事務作業を削減できるわけだ。 「また、本人確認アシストAPIはドコモの顧客基盤をベースとしていますので、同じ基盤を使ってドコモが提供しているCRMソリューションを導入しやすくなるという効果も期待できます。 dポイントやd払いなどを集客につなげ、ビジネスの加速につなげていただければと思います」(川本氏) オンラインの非対面取引をスムーズにする本人確認アシストAPIだが、CRMソリューションを活用すれば、オフラインのビジネスにも効果を発揮する可能性が見えてくる。 最後に田原氏は、本人確認アシストAPIの今後の展望について、このように語った。 「ドコモ1社だけでも、全体の半分ほどの本人確認に寄与できることになります。 今は新型コロナウイルス感染症の影響から、さまざまな業種で一気にオンライン化が進んでいます。 本人確認の手間とコストは、多くのパートナー企業にとっての課題であり、そうしたお悩みを本人確認アシストAPIは解決することができます。 ぜひ、ご活用いただければと思います」(田原氏) 現在、ドコモは国内の回線契約で4割強のシェアを持っている。 スマートフォンの利用が増え、人々の生活がますますデジタル化していく中、オンラインでできる本人確認サービスはインフラとしての役割を担っていくことだろう。 今こそ、本人確認アシストAPIの導入を検討してみてはどうだろうか。 ドコモ ウォレットビジネス推進室O2Oビジネス担当課長の栗山盛行氏 本人確認アシストAPIは、その名の通りパートナー企業のオンライン上での身元確認と当人認証をドコモが支援するサービスです。 ドコモが保有する身元確認済みの情報と、携帯キャリアならではの回線認証によって、NIST(アメリカ国立標準技術研究所)が提唱する身元確認レベル、当人認証レベル、いずれも最高のレベル3(一部レベル2)で提供することが可能です。 これは、パートナー企業にとっては、スマートフォンでアクセスしてきたお客さまが本当に実在するのかを明確にできることを意味します。 公的身分証などにより実在を確認した人へ、オンライン(特にスマートフォン、タブレット)でサービス提供をするパートナー企業においては、安価かつセキュアに本人確認が可能になりますので、是非ともご活用いただきたいと考えております。 お問い合わせをお待ちしております。

次の