スマホ 容量 増やす。 今さら聞けない!【スマホのメモリ・容量・キャッシュの違い】とは?

Android スマホの内部共有ストレージの空き容量を増やす3つの方法

スマホ 容量 増やす

空き容量を確認する まずは、空き容量(ストレージ)がどのくらいあるか確認しておきましょう。 「設定」の「ストレージ」に関するメニューを探します。 左はNexus端末、右はGalaxy端末の画面の例 2. 「ストレージ」画面から、現在の利用状況と、その内訳をを確認することができます。 左はNexus端末、右はGalaxy端末の画面の例 空き容量を増やす手順 空き容量が少なくなっている原因は、人それぞれかと思いますが、多くの場合は、• アプリがたくさんインストールされている• アプリ内で利用する大容量のデータ(音楽やゲームなど)が保存されている• 大量の写真や動画などが保存されている といったことが多いのではないでしょうか? また、知らないうちに増える原因として、• アプリ毎に保存しているデータや、キャッシュ(一時データ)• ブラウザなどからダウンロードしたファイル• その他広告ファイルなどの不要なデータ などの増加があります。 空き容量を増やす手順としては、まずはご自身の傾向を見て、 アプリの容量が大きい場合は、アプリの削除や最適化から、写真や動画の容量が大きい場合は、写真や動画の削除から行った方が良いかと思います。 次の順番でご紹介いたします。 の2つをご紹介いたします。 端末の「設定」から、アプリの削除・最適化を行って空き容量を増やす まずは一般的な方法として、端末の「設定」から、アプリの削除・最適化を行う方法をご紹介いたします。 ただし、端末や、OSのバージョンによって、名称が異なる場合や、機能自体が無いものありますので、お使いの端末でご確認ください。 「設定」の「ストレージ」に関するメニューを探します。 端末や、OSのバージョンによって、名称が異なる場合や、機能自体が無いものもありますが、 「空き容量を増やす」や、 「今すぐ解決」、 「アプリケーション」などから、 不要なデータを削除して、簡単に空き容量を増やすことができます。 左はNexus端末、右はGalaxy端末の画面の例 また、 アプリ一覧から、複数のアプリを選択して削除することもできます。 過去一定期間使用していないアプリは積極的に削除して、空き容量を増やしましょう。 左はNexus端末、右はGalaxy端末の画面の例 2. アプリを開くと、端末の権限に関するメッセージなどが表示されますので、確認して先に進みます。 しばらくすると、 「使用していないアプリ」というカードが表示されます。 過去一定期間使っていないアプリを自動的に抽出してくれます。 タップします。 削除したいアプリを選択して、画面下部の 「アンインストール」をタップしましょう。 画面の指示に従って先に進めば、簡単にアプリを削除することができます。 その他、知らないうちに増えているデータを見つけて教えてくれるので、確認しながら削除することができます。 例えば、• ジャンクファイル(アプリ毎に保存している一次データ)• 重複しているファイル• ダウンロード済みのファイル• 特にサイズが大きいファイル など。 他にも、SDカードを使用できる端末では、SDカードにファイルを移動することもできます。 誰でも簡単に空き容量を増やすことができるかと思いますので、是非、興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。 近くの友だちに、インターネットを経由せずに安全にファイルを転送することができる機能も付いています。 写真や動画の削除を行って空き容量を増やす 写真や動画の容量が大きい場合は、写真や動画の削除を行って空き容量を増やしましょう。 Google フォトを使えば、 簡単にバックアップをとることができますので、端末の写真や動画を削除して空き容量を増やすことができます。 Google フォトとは、 撮影した写真や動画を、Google に保存して、管理、整理、検索などができるサービスです。 はじめての方は バックアップの設定を行いましょう。 バックアップしていれば、いつでも、どの端末からでも、過去の写真や動画を見ることができますので、 メニューから 「空き容量を増やす」をタップして、 端末に保存してある写真や動画を削除しましょう。 既にバックアップされているものだけが削除されますので、うっかりバックアップしていなかった、ということが無いので安心して利用することができます。 はじめにご紹介した、端末の 「設定」や、 Files by Google アプリから、インストール済みのアプリ一覧画面に移動して、「並べ替え」メニューからサイズ順(容量が大きい順)に並べ替えを行って、容量が大きいアプリを確認します。 音楽アプリや、漫画アプリ、ゲームアプリなど、端末に大容量のデータを保存しているアプリがある場合は、 それぞれのアプリを開いて、ダウンロード済のファイルを削除するメニューがあるか確認しましょう。 例えば、いつでも、どの端末からでも、音楽を聴くことができる聴き放題のサービスでは、端末にダウンロードされている音楽を削除しても、ストリーミングで聴くことができたり、再度ダウンロードすることができますので、空き容量が少ない場合には、 ダウンロード済みのものを削除するメニューから、積極的に削除を行いましょう。 まとめ いかがだったでしょうか? Android で空き容量を増やす一般的な方法と、誰でも簡単に空き容量を増やすことができるアプリ Files by Google をご紹介いたしました。 Files by Google は、このようにストレージ管理や、ファイル操作を行うことができるアプリですが、こんな 可愛らしいキャラクターが要所要所に登場してナビゲートしてくれるため、気軽にアプリを開いて確認することができるのではないでしょうか。 気がつくと、空き容量が足りない、あるいは使っていないアプリでいっぱいになっているといった方は、是非、試してみていただければと思います。

次の

スマホのストレージ空き容量を「ガバッ」と空ける簡単な方法

スマホ 容量 増やす

スマートフォン( スマホ)を利用していると、容量不足問題に直面することがあります。 「ストレージの空き容量がありません」などと表示され、「あぁ、容量を空けなきゃ」と対策を迫られます。 Android端末であれば、SDカードを使って容量をアップさせたり、パソコンにデータを移したりといったこともできますが、 iPhoneの場合はあとから容量を増やすことができないため、困ってしまいます。 そこで今回は、スマホのストレージ容量を確保するための方法を紹介します。 空き容量を増やすテクニックはいくつもありますが、なかでも大胆に容量を空けることができるものを中心に5つ紹介します。 まずはこの画面で、どのアプリがストレージを消費しているかを確認し、不要なアプリは削除してください。 キャッシュを削除 一部のアプリは、使用するたびに「キャッシュ」と呼ばれるファイルをスマホに蓄積していきます。 キャッシュを蓄積することによって、表示を高速化させたり、データ通信量を抑えているのです。 このキャッシュという機能には、ストレージを消費するデメリットもあります。 一例に、人気ニュースアプリ「SmartNews」の場合、数百MBものキャッシュを保持しています。 このキャッシュをクリアすることで、空きストレージを増やことができます。 キャッシュのクリアの方法はアプリによって異なり、上記のように設定画面からアプリ名を探すタイプと、アプリを起動してからアプリ内の設定画面でクリアするタイプがあります。

次の

スマホ(Android、iPhone)が容量不足に!容量を増やす4つの方法

スマホ 容量 増やす

キャッシュとは、アプリが前回使用時の設定や状況をキープするため、一時的に保存しておくデータのこと。 わかりやすいのが、「ブラウザのキャッシュ」でしょう。 例えば、あなたが毎日のようにチェックするニュースサイト。 そのすべてのデータをアクセスの度に読み込んでいては、ページを開くのに時間がかかってしまいます。 そこで、最初に読み込んだ画像などのページデータをキャッシュとして保存しておき、次に同じページを訪れたときには、まずキャッシュのデータを呼び出し、そこから更新されたデータだけを読み込む、というしくみです。 さまざまなサイトを訪れていると、このキャッシュが増えていき、やがてアプリの動きを遅くする原因となってしまうことがあります。 つまり、サクサクと軽い動きを維持するためには、定期的なキャッシュの削除が欠かせないのです。 キャッシュデータを削除するには SNSにアップするランチの写真や友達とのツーショットなど、ほとんどの人が日常的にスマホカメラを使っていると思います。 しかし、高解像度のカメラで撮った写真はファイルデータが大きく、数が増えるとストレージが減ります。 そのため、定期的にバックアップをとり、ストレージを空けるようにしましょう。 バックアップ先はPCでも良いのですが、クラウドに保存しておけば、他のデバイスと共有でき、見たいときにすぐ見られます。 中でも、Google フォトは無料で動画も保管でき、しかも容量無制限。 1枚あたりのデータ容量には制限がありますが、アップロードの際に自動的に圧縮されるため、データ量を意識せずに使えます。 Google アカウントがあればすぐに使えますし、家族や友達と写真を共有することもできますので、おすすめです。 Google フォトに画像をバックアップするには.

次の