こんにゃく の 黒い つぶつぶ。 こんにゃくの黒いつぶつぶの正体は?なぜ入れる?白いこんにゃくとの違いは?

黒こんにゃくの“つぶつぶ”の正体は!?(ウェザーニュース)

こんにゃく の 黒い つぶつぶ

こんにゃくの黒いつぶつぶの正体はひじき!?なぜ入れるの? こんにゃく芋を皮ごと使うこんにゃくは、元々は薄黒く染まっています。 しかし、こんにゃく芋を皮ごと材料に使うと、アクが強過ぎて、調理の時にアク抜きなどの手間がかかります。 なので最近では、黒いこんにゃくは白いこんにゃくの原材料の製粉化したこんにゃく粉を使って作ることもあります。 こんにゃく粉だけで作ると白いこんにゃくができてしまうので、本来黒いこんにゃくに見られるつぶつぶを再現するために海藻を使っているんですね。 黒いこんにゃくには、海藻の中でもひじきを粉砕して混ぜることが多いです。 ひじきを入れることで、ひじきのつぶと色素がこんにゃくに混ざって、本来の黒いこんにゃくのような姿になります。 ですから、こんにゃくにひじきを入れるのは「こんにゃくを黒くするため」だったんですね! こんにゃくの黒と白の違いは?作り方、栄養成分に差はあるの? スーパーに行くと黒いこんにゃくと白いこんにゃくが並んでいますが、どっちを買うかいつも悩みます。 こんにゃくの黒と白は、見た目以外に何か違いはあるんでしょうか? 実は、西日本と東日本では、こんにゃくの製法や好みの違いがあるんですよ! 黒いこんにゃくは主に西日本で人気があり、消費量が多いんです。 私は東日本の出身ですが、黒いこんにゃくを買うことが多いですけどね(笑) もともと黒いこんにゃくは、生芋を皮ごと使って作ります。 しかし、最近は白いこんにゃくにひじきを混ぜたものが「黒こんにゃく」と呼ばれています。 一方、こんにゃく粉で作られる白いこんにゃくは、東日本で多く消費されています。 白いこんにゃくの材料は、皮を剥いた生芋を乾燥させて製粉化したこんにゃく粉なので、匂いや アクが少なく、黒いこんにゃくと比較すると食べやすくなっています。 ひじきの入っている黒いこんにゃくと白いこんにゃくは、原材料は同じなので、栄養成分としては大きな違いはありません。 しいて言えば、ひじきに含まれるわずかな量の鉄分やマグネシウムの差ぐらいです。 なので、黒いこんにゃくか白いこんにゃくかは、料理の見栄えや、好みで選べば良いですよ。 こんにゃくと生いもこんにゃくの違いとは? 製粉されたこんにゃく粉で作られるこんにゃくと、生芋を皮ごと使うこんにゃく。 ローカロリーでグルテンフリーなのは、こんにゃくも生芋こんにゃくも同じです。 では、こんにゃくと生いもこんにゃくにはどのような違いがあるんでしょうか? まず、見てわかるとおり、色が違います。 こんにゃく粉から作られたものは白く、こんにゃくの生芋で作られたなまいもこんにゃくは皮も混ざっているので、黒ずんだ色になります。 いわゆる、生芋こんにゃくとは、元祖「黒こんにゃく」です。 そして、こんにゃく芋の皮が加わると芋のアクが増します。 ですので、生芋こんにゃくは、一般的には調理前にアク抜きや湯通しなど、下ごしらえが必要です。 栄養分は、同じこんにゃく芋を使っているにもかかわらず、若干違いがあります。 こんにゃくの皮の部分には、カルシウム、食物繊維、セラミドが多く含まれています。 そのため、生芋こんにゃくは普通のこんにゃくに比べると、カルシウム、食物繊維、セラミドが含まれていると言えます。 さらに、生芋の皮にはリン、鉄、亜鉛も、こんにゃく粉より若干多く含まれています。 特に女性には必要な栄養分が摂れるので、できるならなまいもこんにゃくを選んで、積極的に食べるといいですよ。 なまいもこんにゃくは、普通のこんにゃくよりもアクが多めですが、私は逆にそれが好きだったりします(笑) あと、食感も、普通のこんにゃくはツルンとしていて、ちょっと噛みにくいし、煮汁が染みこみにくいですよね。 一方、なまいもこんにゃくは、比較的弾力性が弱くてやわらかく、煮物にしたときにも味が染みこみやすいです。 なので、私はなまいもこんにゃくを好んで買うことが多いです。 箸で掴みやすいし(笑).

次の

こんにゃくの黒いつぶつぶの正体は?なぜ入れる?白いこんにゃくとの違いは?

こんにゃく の 黒い つぶつぶ

こんにゃくの黒い粒の正体は?入っている理由は? こんにゃくの黒い粒の正体は、 ひじきなどの海草です。 昔のこんにゃくは生のこんにゃく芋で作っていたのですが、皮が入るため 見た目が黒っぽく粒も入っていました。 江戸時代になり技術が発展し、こんにゃく芋を精製した粉に出来るようになったため 粉からこんにゃくを作るようになり、大量生産が出来るようになりました。 ただ、ここで問題が生じたのです。 それは、芋の精製粉には皮が含まれないため、完成こんにゃくは粒がなく白色だったことです。 そのため、白色こんにゃくを好まなかった西日本では、ひじき等の海草粉末で色をつけ、 生芋こんにゃくと同じ色味にして販売するようになったのです。 ちなみに、今でも西日本は黒、東日本は白こんにゃくが中心です。 白いこんにゃくだと違和感がある人も多く、ひじきで色をつけているのです。 一度作ってみるとわかりますが、生芋こんにゃくは味が市販こんにゃくと全然違い、びっくりするくらい美味しいです。 でも「大量生産できない」というのがよく理解できるほど手間がかかります。 生芋はシュウ酸カルシウムが大量に含まれており、直接触ると皮膚がすごく痒くなります。 ヤマイモなども痒いのですが、こんにゃく芋はそれ以上に強烈な痒みが出ます。 皮膚が弱くなくても辛い作業なので絶対にビニール手袋が欠かせません。 【作り方】 こんにゃく芋を作る人は滅多にいないと思うので、ここでは大まかな流れだけご紹介します。 実際に作る場合はこちらのサイトがお勧めですので、作るときにご覧ください。 1 こんにゃく芋をたわしでよく洗います。 皮は剥いても剥かなくてもOKで、皮を残した分だけこんにゃくが黒くなります。 2 ミキサーでドロドロ状態にします。 芋を一口大に切って、ミキサーに適量入れ、 約50度のお湯をひたひたになる程度入れてドロドロ状態にします。 その後、ボウルにあけて約40分間放置します。 3倍が目安です。 3 こんにゃくを手で練ります。 約10分練ると糸をひくような感じになり、照りも出ます。 4 凝固材を入れます。 100mlの水を小ボウルに入れ、凝固剤(水酸化カルシウムや貝殻焼成カルシウム)を溶き、 3 に入れ、素早く、しっかりと練りこみます。 5 ボウルからバットに移し、空気を抜くように手で強く押さえながら平らにします。 約20分放置すると固まります。 バットから剥がして適当な大きさに切り、沸騰した湯で約30~40分茹でて火を止めます。 しばらく放置すると弾力が出て美味しくなります。 スポンサーリンク 生芋とこんにゃく粉末の作り方の違いは? 生芋と粉末の違いはいくつかありますが、 作る際の手間というのが大きな違いだと思います。 数年前に2通りの作り方を試したことがあるのですが、 生芋から作るこんにゃくのほうがやはり美味しかったです。 ですが、ドロドロ状態にするまでの手間がかかり ものすごく面倒だった思い出が非常に強く残っています。 ですので、 家で簡単に作りたいなら、粉末からの作り方がおすすめです。 おすすめはこちらの商品です。 期間限定で、ひじきなどの混ぜ物をサービスしてもらえます。 【作り方】 1 大ボウル1600mlのお湯(約50度)を入れて泡立て器でお湯を静かにかき混ぜながら こんにゃく粉を少しずつ溶いていきます。 2 こんにゃく粉を全て入れたら、静かに混ぜ続けます。 ベトベトの、のり状になったら約30分放置します。 3 こんにゃくを茹でるためのお湯を鍋で沸かします。 4 30分間放置した大ボウル 2 を約10分間しっかりと練り込み、糸をひくような粘りを出します。 5 小ボウルに水200mlと凝固材3gを入れて溶き、 4 に入れて素早くしっかり練りこみます。 6 ボウルからバットに移し、空気を抜くように手で強く押さえながら平らにして約10分放置します。 その後バットから剥がして適当な大きさに切り、沸騰した湯で約30~40分茹でて火を止めます。 しばらく放置すると弾力が出て美味しくなります。

次の

黒こんにゃくの“つぶつぶ”の正体は!?(ウェザーニュース)

こんにゃく の 黒い つぶつぶ

蒟蒻を芋から作る! さて、今日はこんにゃく芋からこんにゃくを作る体験をしましたので、その事について書きたいと思います。 今回、コンニャク作りを教えて頂いたのは三浦幸枝さん。 上田信子さん(大家さん)と信子さんの妹さんと一緒に教えて頂きました。 物静かで穏やかなこんにゃく作りの先生。 (切っていないこんにゃく芋の写真が無いのは僕が遅れて行ったせいです。 ごめんなさい。 ) で、きちんと煮えて箸がスッと通るくらいになったら、お湯から上げて皮を剥きます。 皮は新じゃがの皮のように薄くむけます。 その後、ミキサーにかけるので2~3cmの大きさに切ります。 ミキサーにかけるので大きさは適当で大丈夫です。 山口の方言で言えば「世話ない」です。 という意味)」です。 ミキサーに入れる前に計量をします。 こんにゃく芋1kgに対し、40度くらいのぬるま湯を3リットル用意します。 この時は1. 5kgあったので、4. 5リットル用意しました。 こんにゃく芋とぬるま湯を入れて、ミキサーにかけます。 量が多い場合には何度かに分けてかけることになりますが、最後にぬるま湯だけ入れて回すとミキサーにこびリついたコンニャク芋がきれいに取れるのでその分のぬるま湯は確保しておいたほうが良いと思います。 ミキサーでどの程度撹拌すればよいかですが、わかりやすい指標は回していてこの中心の穴がなくなった時です。 (ミキサーを回している状態で) ミキサーで回した後、一つのボウルなどに入れてしっかりと混ぜます。 全体が混ざって弾力が出れば十分です。 その後、30分くらいおいて、いよいよ炭酸ナトリウムを加えます。 炭酸ナトリウム こんにゃく芋には強いアクがあり茹でたり焼いたりしてもエグくて食べられません。 それを取り除き凝固させる物質が炭酸ナトリウムです。 昔は草木灰の灰汁でアクを取り除いていたらしいのですが、現在はこの炭酸ナトリウムや水酸化カルシウムが使用されます。 使用する際はぬるま湯200mLに溶かして加えます。 炭酸ナトリウムを加えると硬くなってくると共にあの「コンニャク独特の匂い」がするようになります。 ああ、あの匂いは炭酸ナトリウムと反応した匂いなんですね。 で、しっかりと撹拌した後は、バットなどに流し込みます。 その際、バットにコンニャクがくっつかないように水で濡らしておくとグットです! 空気が抜けるよう手でしっかりと叩いたり抑えたりして下さい。 で、このコンニャクを一晩おいて、適当な大きさに切ってお湯で茹でます。 茹で時間は20分を2回。 鍋の中でくっつかないように時々かき混ぜて下さい。 で、出来上がったのがこのコンニャク。 僕は刺し身のように切って食べました。 ゆず味噌(これも頂きました)と合って最高に美味しかったです。 あのコンニャクの匂いもあまり感じませんでした。 しっかりと茹でたのが良いのかもしれませんね。 今回は必要ないので入れませんでした。 桂米朝師匠のおでん屋の口上 以前、桂米朝師匠が「昔のおでん屋の口上」としてこんにゃくがおでんになるまでを描いた以下の口上を披露されたことがあります。 おでんさん お前の出生はどこじゃいな 私の出生は 常陸の国 水戸様のご領分 中山育ち 国の中山出るときは わらのべべ着て 縄の帯しめ べっぴんさんの おでんさんになろうとて 朝から晩まで湯に入り ちょっと化粧して 串刺して 甘いおむしの べべを着る おでんさんの身請けは 銭銭(ぜぜ)しだい おでんあつあつ この「朝から晩まで湯に入り」というのがコンニャクを作っている場面ですが、なるほど確かに何度も茹でる作業があるので「朝から晩まで湯に入」るのがコンニャクの昔ながらの作り方ですね。 しかし…クリスマスに刺身こんにゃくを食べるというのもオツなものです。

次の