ビャ ルケ インゲル ス。 人、建物、クルマなどが情報でつながる実証都市「Woven City」。Mobility for Allを追求していきたい方の参画を歓迎します。

ビャルケ・インゲルスが海に街をデザイン!?「Oceanix City」が海面上昇の打開策に|ELLE DECOR [エル・デコ]

ビャ ルケ インゲル ス

「様々なタイプの水門が設置され、さらに水が上昇するのを見て、人々が心から興奮している様子を見ました。 公園はとても広大なのでアニメーションは長くなりましたが、そのおかげもあり、人々はこのプロジェクトの規模と性質を真に理解するようになりました。 そして、それは多くの人々にとって畏敬の念を起こさせる瞬間でありました。 」と、ビャルケ・インゲルズ・グループの景観設計者であるAutumn Visconti氏は述べた。 世界の変化が地域社会に新たな課題をもたらす中、大手建築事務所や建築家とデザイナーのチームは、そこに住む人々の生活の質を向上させながら、緊急の課題を解決するためにその才能を発揮しています。 今回は、ビャルケ・インゲルス・グループと建築家、都市家、造園家、エンジニアなどからなる国際的なチームによって作成されたデザイン案「The BIG U」のケースです。 ハリケーン・サンディによる被害を受けたあと、Rebuild By DesignおよびHUDのイニシアティブによって、BIG Uではマンハッタン南端部に信頼性の高い革新的な洪水対策を提供すると同時に、レジャースペース、グリーンパーク、屋外フィットネスエリアなど、地域社会が一体となって活動できるスペースを開発すること目指しています。 の景観担当ディレクターであるJamie Maslyn Larson氏は、「海面上昇や気候変動のためにコミュニティの周りに壁を作ることはできません。 私たちは、人々がそこに住みたいと思う場所を作らなければなりません。 」と述べています。 この魅力的なストーリーでは、BIG Uのデザイン案を紹介し、ビャルケ・インゲルス・グループがコミュニティに焦点を当てたデザインにどのようにアプローチしているか、LUMIONのアニメーションがデザインのアイデアを一般の人々に伝える上でどのような役割を果たしているかについて、深く鋭い考察を提供します。 このミニ・ドキュメンタリーでは、次のことを学びます。 リンク• 「マンハッタン南部全体に要塞を築くのではなく、そこに住む人々やそこで働く人々の役に立つ必要があると強く感じました。 」-景観担当ディレクター:Jamie Maslyn Larson氏• 「私はこれまで、LUMIONがデザインのアイデアを一般の人々に伝えるために使われてきたことや、デザインをアニメーションで表現するトレンドとして成長する様子を見てきました。 」-景観設計家:Autumn Visconti氏• 「子供たちが動画を指をさして視聴し、全体をよりよく理解している様子を見て、また、人々がじっくりとアニメーションを視聴したり、私たちに話しかけたり、さらには自分たちに何が来るのかをよりよく理解しているように感じられたのは、とても驚きでした。 」-ジュニア景観デザイナー:Doug Breuer氏• 「さまざまな種類の洪水ゲートが展開され、増水するのを見て人々が本当に興奮している様子を見ました。 また、公園は広大さはアニメーションの長さに繋がりましたが、それによって人々がそのスケール感を理解できるようになり、このプロジェクトが選ばれたと考えています。 」-景観設計家:Autumn Visconti氏• 「デザインだけではなく、プロジェクトのスケール感を動画やアニメーションで表現できることは、本当に重要なことだと思います。 」 -景観設計家:Autumn Visconti氏 御礼 このストーリーは、この動画のためにお話をしていただいたビャルケ・インゲルス・グループ、B. 景観担当ディレクターのJamie Maslyn Larson氏、B. ジュニ景観デザイナーのDoug Breuer氏、B. 景観設計家のAutumn Visconti氏のおかげで実現しました。 また、ビデオの制作に携わってくださった皆様にも感謝の意を表したいと思います。 日本のユーザー様向けに、一部内容を変更・修正している場合があります。 元の記事をご覧になりたい方は下記をクリックしてください。

次の

a+u Architects

ビャ ルケ インゲル ス

Error: Cannot find module '. :3538:12 at at process. js:189:7 at Function. Module. runMain module. js:625:3 ここ10数年の間に、ビャルケ・インゲルスは国際的な建築家の一人として知られるようになった。 彼はレム・コルハースの建築事務所「OMA」に勤めた後、ベルギーの建築家ジュリアン・デ・スメットと「PLOT」を設立した。 そこでの短期間の活動(2001年〜2006年)は数々の優れたプロジェクトを生み出し、多くの建築家の注目を集め、人々に知られるようになった。 このような成功を弾みにして、彼は「BIG」の愛称で知られる自身の建築事務所、「ビャルケ・インゲルス・グループ(Bjarke Ingels Group) 」を設立した。 コペンハーゲンやニューヨーク、そして北京にオフィスを持つ事務所は、現代建築に大きな影響を与えている。 実際に「BIG」には世界中の傑出した建築家、デザイナーなど200人以上が集まっている。 家具から都市計画までの様々な形で見られるその仕事は、デザインの新しい方法を提案し、視覚的な哲学による建築を試みている。 事務所のスローガンは「Yes is More」(ミース・ファン・デル・ローエ「Less is More」の再解釈)は、完全に「BIG」の積極的なアプローチを表している。 それでは、今回はこの建築事務所の歴史を表す3件のプロジェクトを紹介することにしたい。 掲載された上海からコペンハーゲンへと続く写真を見れば、住宅や公共建築の新しい姿を示すプロジェクトを見つけることができるだろう。 このプロジェクトは、公営住宅や住宅建築の考え方を変えたル・コルビュジエの建物「ユニテ・ダビタシオン」の現代的な再解釈となっている。 そのため「VM Houses」のプロジェクトは、ル・コルビュジエのプロジェクトの2つのな視点を考え直させることになった。 まず「モジュール」について。 モジュールは各部屋の大きさを定める建物の基本的なサイズとなる。 ル・コルビュジエは「ユニテ・ダビタシオン」で、コンパクトで経済的な、建築の多様な展開を可能とするモジュールの配置を行っている。 だがル・コルビュジエは2つのモジュールで建物を構成するのに対して、本プロジェクトでは230室のアパートを80以上のモジュールで構成している。 それはテトリスのゲームのように複雑かつ優雅に重なり合っている。 これは様々な形を提供する建築の多様性だけでなく、単身者や少人数の家族、そして大家族、年金生活者などを一つ屋根の下での生活を可能にしており、建物内に社会の多様性を生み出すのだ。

次の

2 ワールドトレードセンター

ビャ ルケ インゲル ス

ビャルケ・インゲルス率いる建築事務所は、手頃な価格で住宅を提供する非営利組織「」からの依頼で、多様な文化が存在するコペンハーゲン北西地区に6,800平米の曲がった壁をもつ住居を完成、「すべての人に住居を(Homes for All)」ミッションを実現させた。 この建物は、厳しい予算ながら、類を見ない3. 5mの天井、床から天井まで広がる窓、屋外テラスなどを備え、低収入の市民に66戸の新居を提供。 コペンハーゲン北西部「Dortheavej」という地名にちなんだこの5階建ての建物は、1930年代から1950年代の自動車修理工場、倉庫、工業用の建物を特徴とするエリアにある。 の特徴的なチェッカーパターンは、独特なプレハブ構造に基づいている。 多孔質の壁を思わせるこの建物は、中央に向かって緩やかに湾曲することによって、南側の通りに面した広場や、北側に面した親しみやすい緑の中庭を作り出している。 また、住民や市民が中庭にスムーズに入れるように建物には開口部がある。 このモジュール型の住宅はカーブに沿って繰り返し、周囲の建物の高さに積み重ねられている。 それにより、小さなテラスのある各戸のスペースが増え、健康で持続可能な生活の場が提供される。 日当たりの良い南側では、バルコニーは引っ込んでおり、ファサードに奥行きを与えているが、北側のファサードは平坦になっている。 すべての側面のファサードを覆う長い木製の板は、モジュール性を示し、交互にすることでチェッカーパターンを強調している。

次の