加藤 紀子 バス 旅。 【芸能】蛭子能収の痴態もついに最後!「バス旅」最終回で見せたクズ言動

水バラ 太川&蛭子のバス旅~全部見せますラストラン未公開SP~

加藤 紀子 バス 旅

提供 画像:太川蛭子の旅バラ公式サイト 太川陽介&蛭子能収コンビによる『太川蛭子の旅バラ』(テレビ東京系)が、本日フィナーレを迎える。 そこで今回は、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」として2007年にスタートした第1回から前回までの全32回のバス旅シリーズから、このコンビとともに苦楽をともにしたマドンナのうち、印象に残る5人をチョイス。 珍エピソードとともにご紹介しよう。 天候的にもかなり厳しい旅となったが、それはようやくゴールの枕崎まであとバス1本となった鹿児島中央駅で、彼女がお手洗いに立ち寄ったときのこと。 バスの時刻表を確認する太川と蛭子の間でこんなやり取りが……。 「もし、万が一この間に最終バスが来たら、バスかマドンナか、どっち選ぶ?」(太川) 「もう、行っちゃおう! 」(蛭子) しかも悩むことなく即決である。 この血も涙もない蛭子の発言に太川も「4日間かけて来た仲間をあんなにあっさり置いて行くっていう?」と苦笑いするしかなかった。 しかもこのあと間に合ったバスのなかで今のやりとりを知った芳本が大号泣。 実は自分がトイレに行ってる間に最終バスが来てしまったら……と内心焦っていたのだ。 ゴール出来る嬉しさの涙ではなく、その目前の予期せぬアクシデント。 まず、蛭子とは過去に別のバラエティ番組で共演していたため、扱いに慣れていた感じで適度にツッコめるさじ加減が絶妙だった。 逆に蛭子はというと「加藤紀子にはどんなタイプ(の男性)も合わない気がする」などとこれまでのマドンナとは比べ物にならないくらい躊躇なく毒を吐き……と、この2人のやり取りがとにかく爆笑ものだった。 一方で、案内所での聞き込みの際にはメモを取ったりと太川のこともちゃんとサポート。 中でも大ファインプレーだったのが、瑞浪駅の案内所で手詰まりになったときのこのひとこと。 「駅の反対側にはバス停はないんですか?」。 これによってコミュニティバスのルートが見つかっただけでなく、マドンナ本人が猛ダッシュしたことで、出発寸前だったバスを捕まえることに成功。 最後までゴール出来るかの際どい状況続きのなかでギリギリ成功した、まさにポイントとなった。 このロケの時期はちょうどロンドン五輪の最中だったこともあり、ゴール後には太川から手作りの金メダルが贈呈されたことも印象的。 何せバスの中で蛭子に話しかけまくり。 そのおかげで、車中ではいつもすぐ寝る彼が、なんとこの旅では1回しか寝なかった……というより寝られなかった(笑)。 しかも「私、蛭子さんが大好きなんです」との大胆告白もあって当の蛭子も終始デレデレしてまんざらでもない様子。 何せ登場シーンから「私、1日200歩しか歩けない」と番組の趣旨をよく理解してない発言が飛び出したほど。 歩いたら歩いたで水辺で遊んだりと観光気分全開。 そのあまりの自由さにあの蛭子が「太川さんちょっと注意してよ。 バス旅は割りと急ぐんだよ」と苦言を呈する始末。 さらにバス待ちの間には太川に地元の女子高校生から自転車を借りさせてコンビニにコーヒーを買いに行かせるなど、ワガママ連発。 そしてしまいには「無理」「疲れた」「つらい」とグチのオンパレードで蛭子いわく「(マルシアは)途中で帰るかと思った」。 とにかく最初から最後まで太川&蛭子コンビを振り回しまくりでよくゴール出来たなと思った番組ファンは数知れず(笑)。 ある意味、ヒールキャラとしてインパクト大のマドンナだった。 選んだのは同番組で最高視聴率8. 1%を獲得したマドンナ・宇垣美里の回だ。 彼女、超負けず嫌いな性格。 そして地図を凝視して自らもルートを探っていく積極性がアダとなって、なんとリーダーの太川と衝突してしまったのだ。 遠回りながらも確実に繋がるルートを行きたい宇垣に対して、太川は早く進める可能性のあるショートカットルートを選択。 これが裏目に出てバス停についても3時間待ちという大タイムロスに陥ってしまった。 この結果に太川が「そんな目で責めないでね、僕を」と言うほどにご立腹。 「私は言った、何度も言った」とキツーい返しをしたほど。 さらにこのあとのバスの案内所では太川が質問しているにもかかわらず、横から割って入って質問。 これにキレた太川が思わず「君ちょっと待て」「君は待ちなさい」と制止。 結局、ゴールには成功したものの、蛭子ではなく太川とここまでのバトルを繰り広げたマドンナは彼女ただひとりだけだったりする。 なんやかんやありながらも、今回選んだのはすべてゴールに成功したマドンナだった。 逆に失敗した中では、バスが繋がらない区間でバス旅史上ひと区間最長の約16キロを歩いた遠藤久美子が印象的。 その顔触れも気になるが、やはり注目は最後のバス旅で見事、ゴールなるか! ? 福島県郡山から山形県銀山温泉へと向かうラストラン。

次の

蛭子能収の痴態もついに最後!「バス旅」最終回で見せたクズ言動

加藤 紀子 バス 旅

12月25日で「太川蛭子の旅バラ」 テレビ東京系 が最終回を迎え、同時に「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」も終了した。 同番組は蛭子能収のクズ言動が話題になるが、最終回もダメオヤジっぷりを遺憾なく発揮した。 それは番組冒頭でいきなり飛び出した。 最終回ということで今回のマドンナは、さとう珠緒、加藤紀子、熊切あさ美の3人。 蛭子がもう一度旅をしたいと望んだということで蛭子が紹介したのだが、自らが選んだにもかかわらず、マドンナの名前をメモを見ながら紹介する始末。 もはや名前を覚えることすら億劫なようだ。 そして、無事ゴールできたらマドンナ3人と蛭子、太川で混浴しようという話になった時のこと。 蛭子は今でも女性の体に興味があること、特に胸が好きであることを告白。 3人の中で誰の胸が好きか聞かれると、さとう、加藤、熊切の胸をなめるように見比べた。 「いつもボーッとしている蛭子が、真剣なまなざしになった唯一の瞬間でした。 72歳の蛭子がいやらしい目つきでマドンナを見比べる様子は、放送コードぎりぎり 笑。 もっとも、実際に混浴した時は伏し目がちで恥ずかしがっていましたが」 テレビ誌ライター 下トークはその後も飛び出し、蛭子はほんの3カ月前に妻とキスしたことを打ち明けている。 当然、マドンナ3人はドン引きだ。 「クズ言動はもちろんですが、一番驚いたのは、蛭子さんが精神的にかなり参っていることです。 尾花沢待合所で最後のバスがあるかどうか確認した時のこと。 バスがあればゴール、なければ失敗という状況でした。 結果、バスがあり太川やマドンナは大喜び。 ところが蛭子さんはポカンと1人、不思議顔をしていたんです。 あの時、蛭子さんは状況をまったく理解できていなかったんだと思います。 見ていて心配になりましたよ」 テレビ誌ライター ただ、12年にわたるバス旅で習得したこともあった。 バスに乗る時にマドンナに先を譲る。 レディーファーストを身につけたことを指摘されていた。 そんな蛭子能収のクズ言動も今回で最後。 もう二度と観られないのは寂しい限りだ。

次の

加藤紀子がローカル路線バス乗り継ぎの旅に出演!見所を紹介!

加藤 紀子 バス 旅

提供 画像:太川蛭子の旅バラ公式サイト 太川陽介&蛭子能収コンビによる『太川蛭子の旅バラ』(テレビ東京系)が、本日フィナーレを迎える。 そこで今回は、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」として2007年にスタートした第1回から前回までの全32回のバス旅シリーズから、このコンビとともに苦楽をともにしたマドンナのうち、印象に残る5人をチョイス。 珍エピソードとともにご紹介しよう。 天候的にもかなり厳しい旅となったが、それはようやくゴールの枕崎まであとバス1本となった鹿児島中央駅で、彼女がお手洗いに立ち寄ったときのこと。 バスの時刻表を確認する太川と蛭子の間でこんなやり取りが……。 「もし、万が一この間に最終バスが来たら、バスかマドンナか、どっち選ぶ?」(太川) 「もう、行っちゃおう! 」(蛭子) しかも悩むことなく即決である。 この血も涙もない蛭子の発言に太川も「4日間かけて来た仲間をあんなにあっさり置いて行くっていう?」と苦笑いするしかなかった。 しかもこのあと間に合ったバスのなかで今のやりとりを知った芳本が大号泣。 実は自分がトイレに行ってる間に最終バスが来てしまったら……と内心焦っていたのだ。 ゴール出来る嬉しさの涙ではなく、その目前の予期せぬアクシデント。 まず、蛭子とは過去に別のバラエティ番組で共演していたため、扱いに慣れていた感じで適度にツッコめるさじ加減が絶妙だった。 逆に蛭子はというと「加藤紀子にはどんなタイプ(の男性)も合わない気がする」などとこれまでのマドンナとは比べ物にならないくらい躊躇なく毒を吐き……と、この2人のやり取りがとにかく爆笑ものだった。 一方で、案内所での聞き込みの際にはメモを取ったりと太川のこともちゃんとサポート。 中でも大ファインプレーだったのが、瑞浪駅の案内所で手詰まりになったときのこのひとこと。 「駅の反対側にはバス停はないんですか?」。 これによってコミュニティバスのルートが見つかっただけでなく、マドンナ本人が猛ダッシュしたことで、出発寸前だったバスを捕まえることに成功。 最後までゴール出来るかの際どい状況続きのなかでギリギリ成功した、まさにポイントとなった。 このロケの時期はちょうどロンドン五輪の最中だったこともあり、ゴール後には太川から手作りの金メダルが贈呈されたことも印象的。 何せバスの中で蛭子に話しかけまくり。 そのおかげで、車中ではいつもすぐ寝る彼が、なんとこの旅では1回しか寝なかった……というより寝られなかった(笑)。 しかも「私、蛭子さんが大好きなんです」との大胆告白もあって当の蛭子も終始デレデレしてまんざらでもない様子。 何せ登場シーンから「私、1日200歩しか歩けない」と番組の趣旨をよく理解してない発言が飛び出したほど。 歩いたら歩いたで水辺で遊んだりと観光気分全開。 そのあまりの自由さにあの蛭子が「太川さんちょっと注意してよ。 バス旅は割りと急ぐんだよ」と苦言を呈する始末。 さらにバス待ちの間には太川に地元の女子高校生から自転車を借りさせてコンビニにコーヒーを買いに行かせるなど、ワガママ連発。 そしてしまいには「無理」「疲れた」「つらい」とグチのオンパレードで蛭子いわく「(マルシアは)途中で帰るかと思った」。 とにかく最初から最後まで太川&蛭子コンビを振り回しまくりでよくゴール出来たなと思った番組ファンは数知れず(笑)。 ある意味、ヒールキャラとしてインパクト大のマドンナだった。 選んだのは同番組で最高視聴率8. 1%を獲得したマドンナ・宇垣美里の回だ。 彼女、超負けず嫌いな性格。 そして地図を凝視して自らもルートを探っていく積極性がアダとなって、なんとリーダーの太川と衝突してしまったのだ。 遠回りながらも確実に繋がるルートを行きたい宇垣に対して、太川は早く進める可能性のあるショートカットルートを選択。 これが裏目に出てバス停についても3時間待ちという大タイムロスに陥ってしまった。 この結果に太川が「そんな目で責めないでね、僕を」と言うほどにご立腹。 「私は言った、何度も言った」とキツーい返しをしたほど。 さらにこのあとのバスの案内所では太川が質問しているにもかかわらず、横から割って入って質問。 これにキレた太川が思わず「君ちょっと待て」「君は待ちなさい」と制止。 結局、ゴールには成功したものの、蛭子ではなく太川とここまでのバトルを繰り広げたマドンナは彼女ただひとりだけだったりする。 なんやかんやありながらも、今回選んだのはすべてゴールに成功したマドンナだった。 逆に失敗した中では、バスが繋がらない区間でバス旅史上ひと区間最長の約16キロを歩いた遠藤久美子が印象的。 その顔触れも気になるが、やはり注目は最後のバス旅で見事、ゴールなるか! ? 福島県郡山から山形県銀山温泉へと向かうラストラン。

次の