仏壇 飾り方 曹洞宗。 曹洞宗

曹洞宗のお盆の流れとは?お供え物や仏壇の飾り方も解説します!|終活ねっとのお坊さん

仏壇 飾り方 曹洞宗

曹洞宗はどの様な仏壇の飾り方をするのでしょうか。 分かり易く、曹洞宗の仏壇の飾り方をまとめてみました。 仏壇に欠かせないのが本尊様です。 本尊様は宗派によって違いますが、曹洞宗の本尊様は釈迦牟尼仏のお釈迦様です。 名前を聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。 お釈迦様は、どのように生きれば良いのかを示してくれる神様となっています。 そんなお釈迦様をまつるのが、曹洞宗の仏壇なのです。 基本的に、曹洞宗の本尊様はお釈迦様のみで大丈夫です。 しかし道元禅師さまや瑩山禅師さまのお絵像を飾る場合もあります。 お釈迦様がいない場合は中央にかけ、お釈迦様を祭っている場合は後ろに欠けましょう。 曹洞宗の仏壇の中心は、あくまでお釈迦様なのです。 それを理解しながら飾るようにしましょう。 上段から徐々に、お釈迦様の像や木彫り等を飾っていきます。 位牌は、上段の左右に起きましょう。 お釈迦様の右側には古いお位牌を、左側には新しいお位牌を置くようにして下さい。 もし、御位牌の数が多くお釈迦様の隣に置き難くなってしまった場合は、繰出し位牌や合同位牌にしましょう。 先祖代々として位牌をまとめる事も出来ます。 上段はお釈迦様や位牌を置きますが、中段にはお供え物を置く事となっています。 基本的には5つのお供えを行う事となっており、線香やお香、お花、水、灯明、そして飲食となります。 飲食は御霊前を置く場合もあれば、果物やお菓子、生前に故人が好きだったものを置くようにしましょう。 お水やお湯をお供えする時には、茶湯器を使って下さい。 これは中段中央に配置する物であり、複数の茶湯器が有る場合は真ん中がお仏餉となります。 お菓子や果物を高杯に盛り付けその左右に茶湯器を置く場合もあります。

次の

仏壇の飾り方

仏壇 飾り方 曹洞宗

hatena. これらの他にも、白米やきんぴらごぼう、ひじきや煮豆、きゅうりやナスの浅漬けといったものを供えることもあります。 また、お盆での霊供膳には、肉や魚などの生臭いものを供えるのは控えましょう。 曹洞宗 つぎに曹洞宗について紹介します。 <用意するもの> こも 「こも」とは、「真菰(まこも)」という、稲の一種を編んで作った敷物で、 お盆中お供え物の下に敷きます。 精霊馬 しょうりょううま 亡くなった方が、浄土(天国)との行き帰りに使う乗り物が精霊馬です。 盆提灯 2つを対で飾ることが多いですが、1つでも構いません。 引用:(リンク先:円道寺) おがらですが、松明タイプのものと藁を使うご家庭があるそうです。 (共同住宅の場合は火をたくのが難しいので、なくてもいいそうです。 ) また引用からはずれてしまいますので箇条書きの中には明記していませんが、メロン・スイカなどの果物(野菜)やそうめん、お菓子といったお供え物も準備しましょう。 お供え物を置くための小机も用意します。 A 仏壇の中 仏壇の中の本尊さま(中央)、両祖さま(左右)には、通常と同じように、お水・ごはん等をお供えします。 B 位牌 通常、位牌は仏壇内にお奉りしてありますが、お盆の時だけは正面に出します。 C 提灯 提灯が2つあり、仏壇の左右両方にスペースがある場合は、 対になるように置きます。 1つの場合は、どちらか片側一方に置きます。 D お供え物 果物や野菜、そうめん(乾麺のまま)、お菓子などもお供えします。 E 精霊馬(しょうりょううま) ナスとキュウリで作った精霊馬を飾ります。 F お食事(お供え) 机の上に「こも」を敷き、その上に薄い木の敷きものを置きます。 敷きものが大きい場合は、その上に一膳分の食事を置きます。 小さい場合は、板1枚にお皿1枚を置きましょう。 位牌は仏壇に引き出し式の棚があれば、その上に位牌を置き、棚がなければ仏壇内の一番前に置きます。 あるいは、盆棚の上に並べても大丈夫だそうです。 【お食事について】 お食事の数は、お盆に帰ってくる故人の数、またはお連れがある場合を考えて+1人前にします。 ただ人数が多くなりそうなら、盆棚に並べられる無理のない数で大丈夫です。 お食事はすべて素焼きの小皿(かわらけ)に盛り、箸は迎え火や送り火で使うおがらを折って作ります。 お盆期間中は朝、昼、晩のほか、午前・午後のおやつを用意します。 出すお食事の内容は、故人が帰省していると考え、 生前食べていたものと同じものを出すと良いでしょう。 喜んでくれそうなものを出すといいですね。 ただ動物性の食品はNGなので、特にさっぱりとした和食が作りやすいかと思います。 <お食事の例>• 白米ごはん• 味噌汁 「にぼし」などの動物性のダシは使いません。 煮物 ダシは椎茸か昆布で取ります。 ほうれん草とにんじんの白和え• 青菜のおひたし• そうめん• ナスのしぎ焼き• 瓜(うり)の漬け物• お吸い物• すいか• 水ようかん• だんご 引用:(リンク先:円道寺) おやつを出すなら、水まんじゅうとかでも良いです。 お盆時期は夏真っ盛りで暑いので、涼しくなりそうなものがいいかも。 煮干しやカツオの出汁などもNG。 植物油はOKです。 ただしょうがはOK。 スポンサーリンク 日蓮宗 続いて日蓮宗のお盆飾りの飾り方を紹介します。 <用意するもの>• お曼荼羅• 日蓮大聖人像• お位牌• 水の実• 灑水盤(水を入れる)• キュウリの馬• ナスの牛• お鈴(りん)• マコモ• ホオズキ 引用: 図がリンク先の寺院のほうにございます。 仏壇を閉めた時に、位牌だけではなく、必ず御本尊をお出しすることを忘れないで下さい。 調べた所、どうやら日蓮宗には決まりきった飾り方がないようで、地域にあった飾り方をするのがよいようです。 家族や親戚、ご近所さんなどに聞くのが一番わかり易いみたいですね。 参考になりそうなURLを載せておきます。 浄土真宗 浄土真宗ではお盆に提灯やお供え、迎え火や送り火といった行事を行うことはありません。 仏教にはもともと、先祖の霊があの世から帰ってくるという考え方がないからです。 とくに浄土真宗では、 祖先は浄土で仏様となっており、お盆だからといって特別霊となって帰ってくるようなことはない、と考えるようです。 ) しかし、どうしてもお盆飾りがしたいと思われるなら、絶対にやってはいけないわけではありません。 お膳は必要がなく、法事の時と同じ飾り方で大丈夫です。 よろしければ、以下の記事で一般的なお盆飾りについて書いているので、興味がありましたらご覧ください。

次の

仏壇の飾り方

仏壇 飾り方 曹洞宗

滞りなく初盆が行われ、次にしなくてはならないことは 初盆飾りの片づけ です。 昔は川に流したり、自宅の庭で燃やすなどされていましたが、現在ではこれらのことをしてしまうと 不法投棄 などの罪に問われてしまいます。 ですので、食べることのできるお供え物などは家族や親戚などでわけていただきましょう。 飾りなどについては場所によって お寺などで処分してもらうこともできますが、費用が掛かってしまう所などがあります。 地域のゴミ出しルールに乗っ取ってゴミとして処分しても構いませんが、ゴミとして捨てるのが気になってしまう場合には捨てる前に 塩をかけて清めたり、白い紙や布に包んで ゴミとして処分されることをおすすめします。 塩で清める場合に使用する塩はアジシオなど塩以外の成分が含まれているものは避けましょう。 曹洞宗以外の初盆 この記事の結論は以下の通りです。 曹洞宗では初盆に迎え火をしてお墓参りをし、棚経を上げてもらって送り火をするという過ごし方をします。 お墓参りと棚経の順番は入れ替わることもあります。 曹洞宗では初盆にお菓子・供花・清涼飲料水などをお供えします。 ろうそくやお線香もお供えものとして適しています。 曹洞宗では初盆には仏壇の前に経机を置き、上に真菰・位牌を置きます。 山盛りのご飯にお箸を立てて置き、精霊馬・盆提灯・お供えものを置きます。 初盆を迎えるにあたっての準備などについてご紹介しましたが、初盆の決まり、しきたりは宗派やお寺また、地域によって違いがあり様々です。 ですが 故人や先祖の霊に感謝の気持ちを伝えることや、故人や先祖の想いを供養する気持ちが大切です。 初盆に来ていただいた方にも感謝を込めてご挨拶をしてもてなしましょう。 地域や宗派によって違いがあり、準備で困ったときにはお寺や親族などに聞くのがいいでしょう。 初盆に関しては、こちらも参考にしてください。

次の